ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|その男、副署長の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2」は2008年7月3日から9月4日に放送されていた風間俊介さんが出演しているドラマです。

京都府河原町警察署の副署長である池永清美(演・船越英一郎)が、副署長でも自分の足で稼いだ捜査や人情をもとに事件を解決していく人気刑事ドラマです。
風間俊介さんは2008年のseason2第1話のゲスト役として出演しています。

この記事では、風間俊介さん出演ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

目次

ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月21日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。

ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜 season2」の動画を無料視聴

ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜 season2」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜 season2」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされていないのが現状です。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 取り扱いなし
Amazon 取り扱いなし 取り扱いなし
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 取り扱いなし

主要なネット通販3社や、他の通販サイトを調べてみましたが、「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」はDVD化されていないようで取り扱いや販売はないのが現状となっています。

そのため、視聴したい方はDVD化や動画配信される日を待つしかないようです。

ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」の各話のあらすじと感想

「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『なぜ、コンビニ立てこもり犯の手にしていた包丁には、店内の誰も刺していないのに血痕が付着していたのか?』

動画サイト
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第1話 あらすじ
京都河原署の副署長の池永は膨大な書類に判子を押すという仕事に追われていた。日々、女署長に捜査に介入するなとくぎを刺され、横のデスクにはお目付け役の警務課長が張り付いていた。ある日、男がコンビニに立て籠もり女性店員に包丁を突き付けるという事件が起こり、池永らは現場に向かった。しかし、その男は冷蔵庫からビールを取り出すと店員から離れ、あっけなく捕まった。池永はコンビニ付近の民家への謝罪をした。また、コンビニ突入時に破損してしまった看板に対して店主が怒り、賠償請求をされる。後日、再びある自動車会社の専務の遺体が発見されるという事件が起こった。池永はある父親と息子の人生に立ち向かうことになる。
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第1話 感想
人気警察ドラマ「その男、副署長」、主役の船越英一郎さんの好演が印象的な人気ドラマです。今回はセカンドシーズン、2時間枠のスペシャルバージョンでの放送です。船越さん演じる池永副署長は、訳あって事件に関わることはできないけれど、犯人とその家族の悲しい人生などの話に優しく共感し、犯人を自然に自首するように説得していく様子がさすがだと思いました。そして、今回感じたことは、誰もが求める、自己が幸せでいるためには家族という安らぎの場所が必要であるということであり、それがあることで不幸な犯罪を未然に防ぐことになるのではないかということでした。また、ゲスト出演陣も豪華で、視聴して良かったと思いました。

第2話『なぜ、人気漫画家は、殺された叔父の遺骨をタクシーの中に置き忘れたのか!?』

動画サイト
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第2話 あらすじ
池永は、刑事の平松や上田にタクシーに置き忘れた骨箱の落とし主を探してくれと頼まれ、渋々引き受ける。そんな時、売れっ子漫画家で超高額納税者の赤沢真美子が、不動産屋殺しの件で何日も事情聴取されていることに腹を立て、署へとやってきた。真美子はその殺された不動産屋の姪だというが、自分にはアリバイがあると主張した。しかし池永は、刑事たちが彼女に意地でも執着することに引っかかっていた。骨箱の落とし主探しの最中、あるタクシー運転手によると、骨箱を忘れたのは女でお釣りをとらずに下車したという。そして、署に戻ると火葬場でお骨を焼き上げたリストに真美子の名があった。
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第2話 感想
前回同様、ガマン、ガマンの日々を強いられる池永さんが面白かったです。そんな彼が、今回も犯人の心の闇に迫ります。売れっ子で生活が潤っていても、世間から人気があっても、抱えている過去の闇は皆等しいものだと感じました。そんな憎めなくて悲しい女性漫画家を好演していた有森也実さんが、とても印象的でした。また、「正義」という言葉の難しさも感じました。いくら自分で「正義」と言っても、相手からはそう感じないこともあるのだと、痛感しました。

第3話『なぜ、殺された人気コラムニスト胃袋からは長ネギと九条ネギの2種類が発見されたのか!?』

動画サイト
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第3話 あらすじ
判子押しで忙しい池永に、留置人からメタボ対策のため野菜を増やしてほしいというクレームがきた。そんな中平松が、先日のコラムニスト殺しで週刊タイムスの記者・島英明が参考重要人になっていると言ってきた。殺害された恩田利樹というコラムニストは辛口な物言いで世間の評判を集めていた人で、島の新聞社時代の同期である。島は昨日喫茶店にて恩田と言い合いになっているのを目撃されたのにも関わらず、事情聴取では曖昧な供述を繰り返していた。また、司法解剖の結果によると1種類のネギしか入っていないネギラーメンを食べたはずの恩田から2種類のネギが見つかった。そんな時、池永は新聞社に勤める若い美人女性編集者に遭遇するのであった。
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第3話 感想
死体の中から発見された2種類のネギが、事件のカラクリになるというのが、非常に面白い発想だと感じました。また、現代はごく当たり前のようにネットを使い、今やネットなしでは生活すらままならない、というネット社会ですが、そこは犯罪の温床であり、顔も知らない相手を無責任に傷つけることができます。事件の発端となったのも死体となって発見された辛口コラムニストの記事。現代社会における「言葉の重み」について考えさせられる回でした。

第4話『なぜ、あの近藤警務課長が制服を脱ぎ捨てて河原町署から飛び出していったのか?』

動画サイト
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第4話 あらすじ
国中昭夫という38歳の男が椅子に体を縛られ目鼻立ちが分からなくなるくらい傷つけられ殺された、という冷酷な事件が起きた。近藤課長は死体のそばにあった百合の花に反応したが、彼にはなぜか冷静さがなく池永は気になっていた。そして、池永は今回の事件を数十年前の近藤が担当した事件と酷似していると気が付き近藤の行方を追うが、彼は制服を置いて署内から姿を消していた。その数十年前の事件の犯人だった藤代の母親・美也子のもとへと向かった池永。なんと彼女のもとに近藤も先ほど来たらしい。かなりやつれていた美也子の表情が気になる池永だった。
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第4話 感想
今回は「再犯」について非常に考えさせられるような回でした。犯罪はもちろん行けないことですが、日本が再犯せざるを得ない社会を作ってしまっているというのも事実なのかもしれません。男が最後に池永たちの前で発した言葉は、一度犯罪をしてしまった者のうちにある、社会への訴えだと思います。一度犯罪に手を染めてしまってもしっかり更生した人が、もう一回1人の国民として希望と人権が与えられたらなと思いました。また、普段冷静な近藤警務課長が平常心を失い、そんな彼を救う池永副署長がよかったです。

第5話『ストーカーを殺した女は、なぜ1万6800円もする安眠枕を通販で五つも買ったのか?』

動画サイト
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第5話 あらすじ
池永は、下着を盗むストーカーに遭っているのに捜査をしない警察は税金泥棒だと騒ぎ立てたおばあさん・堀内加代子のせいで、朝から憂鬱な気持ちになっていた。一応署員に事実関係を確認したが、ストーカーらしき男は見つからなかった。そんな時、工事現場で女性雑誌のカメラマンである日吉亨の死体が発見された。財布に現金やカードがなくなっていたので強盗を疑ったが、なんと日吉の顔と加代子のストーカーの似顔絵が酷似していた。すると加代子が自分が日吉を殺したと出頭してきた。そして、その後の調べにより彼女には殺人の前科があることが分かった。しかし池永は、勤め先の制服のまま出頭する彼女と刑事課の捜査状況を疑問視していた。
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第5話 感想
今回は「母」というものについて考えさせられました。子が母を見て育つのはもちろんなのですが、その逆も然り。若くして子供を産んで周りから心配される女性が、周りの心配とは裏腹にたくましい母親になることってありますよね。それはきっと、子からの教えがあるのでしょう。池永が留置されている女の心の真相をひとつひとつ丁寧に探っていく様子に、彼の人情を感じて感動しました。また、それにより見えてきた、彼女の母になれなかった女の悲しい素顔にも胸を打たれました。

第6話『なぜ、漂着死体が発見された前日、喫茶店『ビーベリー』のコーヒーカップは温まっていなかったのか?』

動画サイト
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第6話 あらすじ
池永は、亡き妻・滝子から許しが出ているとしてコスプレセーラー服姿でのティッシュ配りのバイトを隠れてしていた娘に手を焼いていた。そんな彼の最近のお気に入りは、喫茶店「ピーベリー」のマスター・尾崎のいれる絶品のコーヒー。ある日店へ訪れるが、池永はいつもとコーヒーの味が違うことに気が付いた。その翌日、首を絞められた痕を残した高村恭一という男の水死体が発見された。彼はウォーターバスターという会社に勤務していたが、昨日の午後から音信不通になっており、彼の車が昨日の朝9時半ごろにピーベリーの前に止まっていたことが確認された。そして池永は、ピーベリーのマスター・尾崎が任意同行を求められたことに驚いた。
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第6話 感想
今回は父と娘の在り方について考えさせられる回でした。血縁関係ではあっても、所詮異性なので、そこには悲しいですが交わりきらないものがあると思います。お互い分かり合えず、不必要なことまで言ってしまい、傷付けあい距離は広まるばかり、という設定がとてもリアルだったので共感した視聴者が多かったと思います。池永さんによって分かる真犯人と、隠された父親の恨み、そして完全犯罪が崩れる瞬間までの脚本が素晴らしいと思いました。

第7話『偽装問題で揺れる大手スーパーの重役は、なぜ、真夏の熱帯夜に凍死したのか?』

動画サイト
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第7話 あらすじ
真夏の死体なのに体内温度が異常に低く凍死の可能性もあるという。大手スーパーの部長・仁科秀夫が死体で発見された。また、その死体が動かされたような痕跡があり、別の場所での殺害の可能性もあった。仁科は妻と離婚し、コンパニオンの田村理香子との関係が最近噂されていた。刑事課の捜査で、彼のワイシャツの両袖から木彫りのカフスボタンが取れていたことが明らかになった。そんな中、田村理香子が署に同行された。
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第7話 感想
今回も家族について深く考えさせられました。小さい頃に両親の仲違いを間近で見るという経験は、子供にとても深い傷をつけると思います。子供にとっての真の幸せとは、贅沢ではなく両親の良好な関係だとつくづく感じました。母は病気で亡くなり、父は母を捨て行方不明という田村理香子の、どこか乱暴な生き方には、自尊心や自己愛が感じられず、悲しい気持ちになりました。自殺大国と言われる原因には、社会の仕組み以前に、子供の心が育つ家庭に原因があるのではないでしょうか。

第8話『なぜ、面影寺の跡取り息子が、佐渡神社の石階段の下で死んでいたのか?』

動画サイト
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第8話 あらすじ
池永に梅閣寺の警備の依頼が来た。幼少期毎日のように寺の和尚に怒られていたので、尚更気の重い仕事に感じた。そんな中、佐渡神社の石段の下で佐渡神社からほど遠い面影寺のひとり息子・黒川裕之の死体が発見された。また、足と靴の隙間から何かの図柄が書かれているような何かの破片も発見された。一方梅閣寺の和尚は、貴重な文化財である寺の襖絵のデザインをあるデザイン会社の女社長に盗まれる、というトラブルに巻き込まれていた。その後の調べにより、佐渡神社の石段の上には争ったようなハイヒールの跡、そして、黒川の携帯の通話記録から襖絵のデジタルコピーをした女社長・古賀ゆたかの名前が見つかったのだ。
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第8話 感想
今回は、意見の割れる父と息子についてだけでなく、国の文化財をいかにして守っていくかについても考えさせられました。文化財の複製が可能になった科学技術が発展した今日において、1番重要なのは文化財そのものだけでなく、それを懸命に守ってきた人達の心を継承することが、真の文化の継承と言えるのではないかと思いました。伝統文化の多い日本において、その保持と革新は、難しい社会問題だと思いました。

第9話『ひき逃げ事件を目撃した学童擁護員は、なぜ嘘の証言をしたのか?』

動画サイト
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第9話 あらすじ
小学校の校門付近でのひき逃げ事件とその数時間後の祇園のホステスが刺された事件で署は慌ただしかった。ひき逃げ事件の被害者である大杉慶太は命に別状はなかったが、刺されたホステス・土屋詩織は死亡した。その後、ひき逃げ事件の目撃者である学童擁護員・小西千香子の証言をもとに、刑事課は若葉ネットワークという組織に接近した。その代表である菊間貞雄は次期府知事選への出馬表明をしており名が知れていた。そして、団体にいた茶髪の青年・鳴沢が大杉をひいたと土下座したのだった。
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第9話 感想
今回は、日本の貧困層について考えさせられました。先進国だからこそ、働いても働いても大きな支出に耐えられなくなるという、ワーキングプアの存在があり、それが犯罪につながってしまうという日本のリアルを感じました。だからこそ、池永さんのような一人一人の闇に心を寄り添ってくれる存在が必要なのだと思います。また、ひき逃げ事件と殺人事件の両方が出ていて、その真相を追うために奔走する池永さんと、それらが繋がった時に謎が解けるシナオリが、完璧だと感じました。

最終話『ネットカフェの防犯カメラに映った女は、なぜ、香水の残り香とホットケーキを個室の中に残して消えたのか?』

動画サイト
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第10話 あらすじ
下着泥棒を追いかけていた平松と上田がネットカフェで爆睡している最中に、そこでファッションメーカー社長の坪井という男がハンマーのようなもので頭を殴られたという殺人事件が起こった。現場の個室には香水の匂いがあり女が関わっている可能性が。またホットケーキとビールがあり、池永はそれに疑問視する。そんな時平松が、自分たちが店に入ったとき店の中に三条大橋で募金活動をしているおばあちゃんの姿を見たと言い出した。そのおばあちゃんとは、池永や彼の妹が昔教科書を買いに行った本屋の藤澤という女性だった。池永が彼女との再会に喜び、警察官になったことを伝えると、彼女とそのボランティア仲間は一瞬表情を曇らせたのだった。
ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」第10話 感想
ボランティアのおばちゃんを明るく、そして悲しく演じきった冨士眞奈美さんも印象的でした。事件について署長に解決させる糸口になったのも、前科者についての件も「先入観」が池永の推理を混乱させていたことに気付く、というのが面白かった。最終的に当然自首なんですが、池永が良く知る人物だったと言うことが、かなり良い感じの盛り上がりになっていて、涙が出ました。2つの事件それぞれが、それぞれの誤解につながり、かなり面白いオチだと感じました。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」の動画はアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

そのため、ウィルス感染や動画の画質や音なども気になる方も、DVDの購入をおすすめします。

先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトや、他の通販サイトを調べてみましたが、「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」はDVD化されていないようで取り扱いや販売はないのが現状となっています。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 取り扱いなし
Amazon 取り扱いなし 取り扱いなし
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 取り扱いなし

 

ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」のあらすじと見どころ

「全編が“解決篇”」というキャッチコピーの船越英一郎演じる、京都府河原町警察署の副署長・池永清美が主人公の刑事ドラマである。彼は、元刑事なのに捜査に首を突っ込むことが許されなかったり、毎日膨大な書類の決裁やマスコミ対策に追われたり、家に帰れば年頃の娘に小言を言われたり…。彼はガマン、ガマンの日々を送っている。しかし彼には、犯罪者の心の闇に迫りそれを晴らすことで世直しをするという、正義感と人情に満ち溢れた刑事魂がある。そんな彼が、内勤管理職である副署長でありながら、周囲の監視を交わして強い正義感と人情で事件を解決していくドラマである。

ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」の出演者や主題歌

池永清美:船越英一郎
池永佳子:田中美里
近藤時男:本田博太郎
上田聡:鈴木一真
野沢健作:石丸謙二郎
福来俊輔:風間俊介

主題歌:川嶋あい「カケラ」

放送年:2008年

テレビ局:テレビ朝日

ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」の見所や感想

20代女性
ガマン、ガマンの忍耐力と持ち前の正義感や人情で、「事件には別々の顔と心があり、それに迫るのが捜査だ」というモットーのもと事件の捜査をする池永のヒューマニズムに、毎話感動しました。犯罪者だからと言って先入観や型にはまった考え方をしない彼流の自首への導き方に、そして、世相を反映したテーマや社会派的な要素によって、笑いや感動だけでなく、生き方・人間関係・家族や社会の在り方など、毎回多くのことを考えさせられます。

関連動画

ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢
アキハバラ@DEEP
それでも、生きてゆく
ダンダリン 労働基準監督官
あすなろ三三七拍子
僕のいた時間
陸王
下剋上受験
サバイバル・ウェディング
監察医 朝顔

まとめ

ドラマ「その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜season2 」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

副署長で捜査へ介入することを禁じられている身でありながらも、毎回忍耐と人情で事件を解決へと導いていく主人公・池永清美の独特のキャラクターが人気のシリーズです。

ただ、動画配信サービスや、DVD宅配レンタルサービスがありませんので、視聴したい方は、DVD化や動画配信される日を待つしかないようです。