ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|西郷どんの動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「西郷どん」は2018年1月7日から12月16日に放送されていた風間俊介さん、元関ジャニ∞・元NEWSの錦戸亮さん出演ドラマです。

鈴木亮平さん演じる明治維新の立役者・西郷隆盛を、勇気と実行力で時代を切り開いた愛に溢れたリーダーとして描いた物語です。

錦戸亮さんは西郷隆盛の弟の西郷従道として、風間俊介さんは、江戸時代末期(幕末)の志士である橋本左内として出演しています。

この記事では、錦戸亮さん、風間俊介さん出演ドラマ「西郷どん」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる、いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-NEXTなら「西郷どん」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

ドラマ「西郷どん」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「西郷どん」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「西郷どん」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

U-next

見放題
31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Video market

レンタル配信
初月無料 月額550円
(ポイントなし)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月27日の時点の情報)

ドラマ「西郷どん」は動画配信サービスのU-NEXTとビデオマーケット、DVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)のみで視聴可能です。

「西郷どん」のネット視聴はU-NEXTとビデオマーケットにて配信をしており、登録後すぐに全話視聴が可能です!

※TSUTAYAディスカスはDVDレンタルなので依頼をし、自宅に届くサービスとなります。

また、U-NEXTは31日間の無料お試し期間があるので、この間に「西郷どん」を全話見放題で無料で視聴することができます。

「西郷どん」だけでなく、「チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~」「麒麟がくる」「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」など、他の風間俊介さん出演ドラマを含め、見放題作品約19万本以上を無料で視聴できるのでおすすめです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

ドラマ「西郷どん」の動画を無料視聴

ドラマ「西郷どん」を無料視聴する方法の中でもU-NEXTが1番おすすめと説明致しましたので、続けてU-NEXTで確実に無料で見る手順を説明しますね!

U-NEXTでドラマ「西郷どん」の動画を無料視聴

登録後31日間は無料で動画見放題、雑誌読み放題でき、さらに、最新作が借りれるポイント600円分がつきます。

(画像引用元:U-NEXT)

この31日間の無料期間中に、継続しない場合は解約しないと課金されてしまうので注意が必要ですが、期間中に解約すれば料金はかかりません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

U-NEXTで「西郷どん」の動画を無料視聴する流れ

1.U-NEXT公式サイトへアクセスし「まずは31日間無料体験」をクリック。

2.氏名や生年月日などの必要な情報を入力。

3.決済方法を選択して送信しますが、期間中に解約すれば料金はかかりません。

4.登録完了後の「アカウントの追加」は、後からでもOKなので「ホーム」をクリックして、戻ります。

5.U-NEXTのアプリをダウンロードして、作品名または出演者で検索してドラマを視聴しましょう。

(画像引用元:U-NEXT)

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASでドラマ「西郷どん」の動画を無料視聴

U-NEXTの初回無料体験視聴ができない方や「西郷どん」以外の風間俊介さん出演

  • 「3年B組金八先生 シリーズ」
  • 「監察医 朝顔」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「西郷どん」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「西郷どん」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「西郷どん」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「西郷どん」だけでなく、「3年B組金八先生 シリーズ」「監察医 朝顔」などの風間俊介さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「西郷どん」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「西郷どん」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「西郷どん」を視聴したい場合は、U-NEXTなら31日間無料で見れるのでおすすめです♪

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

U-NEXTならストレスフリーでドラマ「西郷どん」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひU-NEXTでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

ドラマ「西郷どん」の各話のあらすじと感想

「西郷どん」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「西郷どん」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想を20話までまとめてみました!

第1話『薩摩のやっせんぼ』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第1話 あらすじ
天保11年(1840年)の薩摩藩。西郷小吉(渡邉蒼)は、下流藩士の長男として生まれた。小吉は、少年たちに読み書きや剣術の稽古したり、忙しい日々を送っていた。妙円寺詣りでは小吉は、餅をめぐり喧嘩した平之の尾田栄作に恨みをかわれ、右肩を斬られて 腕が使えなくなってしまった。悲しみにくれていた小吉は、以前お菓子を盗みに行ってみつかり、その時に助けてくれた天狗のような様相の斉彬に再会した。
ドラマ「西郷どん」第1話 感想
西郷隆盛を好きな人は多いと思います。期待して見られたファンも今回は楽しんで見れたのではないでしょうか。小吉を演じた渡邉蒼くんは可愛くて惹きつけられました。誰にでも好かれた西郷どんらしい。お菓子に命をかけるとは今では考えられない話ですね。それから斉彬は、「かっこいい!」渡辺謙が演じているからなんでしょうが、小吉がまた会いたいと思ったのがよくわかる。小吉よりも斉彬のことが好きになってしまいました。

第2話『立派なお侍』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第2話 あらすじ
18歳になった小吉は吉之助と名乗り、年貢を取り立てる仕事を手伝っていた。 そこで、年貢を払えず変わりに娘を売ろうとする百姓一家に出会う。見かねた吉之助は、なけなしの銭を娘のために使い一文無しとなった。西郷家では、隣人の正助が藩の文書を扱う記録所書役になった祝いが行われていた。その席で糸に再会する。吉之助は年貢の徴収を行う役人に不満を持ち、なんとか苦しむ百姓たちのことをわかってもらおうと斉彬に会い行こうとする。
ドラマ「西郷どん」第2話 感想
小吉が成長して吉之助となった2話。吉之助役の鈴木亮平さんは、西郷どんにぴったりな、役者さんじゃないかなと思います。たくましい体に、惚れ惚れしてしまいました。心を打たれたのは、苦しんでいるお百姓の為に、体をはって守ろうとする吉之助。自分の家族を後回しにしていいのかい?とつっこみたくなるのはわかるけど、なぜか許してしまう。憎めないキャラが、全開の吉之助でした。成長した吉之助の仲間をみるのも面白い。

第3話『子どもは国の宝』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第3話 あらすじ
西郷家に第四子が生まれた。しかし生活はさらに苦しくなる。吉之助は父親の吉兵衛と商家から多額の借金を背負うことになってしまう。その時に武士という身分がありながらも貧しいために、家族で夜逃げをする少年に出会った。吉之助は百姓の窮状をひとまとめにして意見書として斉彬に届ける。吉之助の思いと百姓たちの思いに心動かされた斉彬は心を決める。そして父親の斉輿を隠居に追い込むことに成功するが、逆転劇が行われることになる…。
ドラマ「西郷どん」第3話 感想
大河ドラマとしては青年期に当たる今回のストーリー。主人公たちの若さゆえの主張がとても印象的だ。「子どもは国の宝」というサブタイトルが受けられているのだが、吉之助が結局父親に土下座をしてしまう。これには少し動揺した。中村半次郎は西郷に最期まで従い続けた人物であるが、この幼少期から出会っていたことに驚いた。この子役の演技力が素晴らしく、ドラマをとても面白くしてくれた。この中村半次郎がで出てきたことで、吉之助の「子どもは国の宝」という今回のサブタイトルへの象徴にもなった。そしてここから少し匂わせている、「武士である自分への強い執着」が後の西南戦争までどのようなことが起こるのか、注目していきたい。

第4話『新しき藩主』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第4話 あらすじ
斉彬を藩主にしようとする人々を父親である斉興が厳しく取り締まる”お由羅騒動”が起こる。それにより吉之助が師匠と慕っていた赤山にまで切腹の命令が下ってしまう。そして大久保家にも処罰が下され、大久保正助の父親の次右衛門は島流しにされてしまい、正助も謹慎処分を受ける。そして赤山の切腹をする介錯人は父親の吉兵衛が行うことになる。吉之助は、赤山の辛く悔しい最期に立ち会うことになってしまった。
ドラマ「西郷どん」第4話 感想
まず最初に島津斉彬が、いなくなってしまったらどうなってしまうのだろうか、という心配が加速する第4話だった。赤山靱負切腹により吉之助は何か動き出すはず、と思われたが、ここでは斉彬が覚悟を決めるための行動であったと思われる。赤山靱負の血染めの着物を見せられるというシーンは鹿児島県民であれば有名な出来事であるからだ。そしてこのまま吉之助は斉彬に執着していくのではないかと不安だ。島津斉興の隠居はもはやロシアンルーレットからとった薩摩んルーレットとして話題を呼んだ。この時代が好きな人が多いので、見ていて楽しかった。役者の熱演も素晴らしいものであったように見える。

第5話『相撲じゃ!相撲じゃ!』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第5話 あらすじ
斉彬が当主になり、ついに藩主が交代した。それにより薩摩が大きく変化するのではないか、とみんなが期待していたのだが、大して変わらなかった。それどころか父親の政治を引き継ぐと宣言までしていた。吉之助はそんな斉彬に御前相撲で優勝し、斉彬に直訴することを考えつく。果たして、吉之助は御前相撲を勝ち抜くことができるのだろうか。そして斉彬に直訴することができるのだろうか…。
ドラマ「西郷どん」第5話 感想
ますます土下座を繰り返し、安っぽい男になっていく吉之助。まるで成長しておらず、もったいないくらいだ、と思わせる演技っぷりである。もしかすると偉い人は強い人というレッテルがあったのだろうか、土下座するくらいならなぜ闘うのだろうと思った。そして謎の男とどのように今後コミュニケーションをとっていくのか、目が離せない。そして大河ドラマではよくある王道の恋愛模様が面白い。篤姫が吉之助に一目惚れしてしまうところは見所である。女性は特に目が離せなくなるだろう。そして謎の男の登場により、物語の角度が変わってくるのも楽しみである。

第6話『謎の漂流者』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第6話 あらすじ
吉之助は考えていた通りに、相撲で藩主の斉彬を投げた。すると吉之助は牢屋に入れられてしまった。そこに、奇怪な他国人のような男性がいた。その男は吉之助を怖がり、口を全く開かなかったが一緒に西郷家に逃亡し、家族で一緒に話し始めると少しずつ男は口を開いた。この男の日本に来た目的はなんなのだろうか…。その頃、結婚が近づいている糸は、厳しい父親に一切の外出を禁止された。そんな糸を正助が外に誘い出し、吉之助に対する好きという気持ちを分かってもらえるように話かける。
ドラマ「西郷どん」第6話 感想
吉之助がまさか牢屋に入れられると思わず、驚いた。現在では考えられないが、当時はそういった理不尽なことで牢屋に入れられることもあったのだろうか…。そしてもともとこうなるように仕組まれていたような謎の男の登場。これからキーパーソンになっていくのだろうと注目する。そしてなぜこのタイミングで?と思わせる須賀の父の縁談の話。吉之助は今回は自分では何もせず、母親や正助をうまく活用したように見える。頼まずとも周りが空気を呼んで行動するのはこのドラマらしくて面白い。今回の話でも急展開を迎えたわけだが、これからいろんな人物の登場により変わってくることを期待する。

第7話『背中の母』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第7話 あらすじ
西郷家はどんどん人の出入りが多くなってくる。祖父の龍右衛門が亡くなってから、母親の満佐は吉之助に結婚を早くするように急かす。吉之助は、斉彬に従い江戸に行きたいと思っていたため結婚を拒むのだが、その母親の満佐が病に倒れて寝込んでしまう。そして父親の吉兵衛と、母親の満佐までもが相次いで亡くなってしまう。吉之助は母のためにと、伊集院家の須賀と結婚するが、それはそれは愛想のない女であった。そして大山と俊斎が江戸に行くことが決まるが、吉之助は選ばれなかった。
ドラマ「西郷どん」第7話 感想
今回はかなり感動した。吉之助にとっては母親はいつまでたっても母親であって、そしてその母親にとって一番辛いのは自分自身が我が子の足手まといになってしまうことだと感じた。とても辛く切なく、共感を呼んだ。須賀の本人なりに一生懸命頑張って努力していて、ただの無愛想な嫁ではないところがとても健気で可愛らしいと思った。これは男性の視聴者の心を掴んだとも言えるだろう。それなのに、それを否定されるのは見ていて辛いものがある。せめて吉之助だけでも須賀の気持ちをわかってあげてほしいが、人の気持ちにはとんでもなく鈍感な吉之助であった。

第8話『不吉な嫁』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第8話 あらすじ
ペリーの黒船が来航し、斉彬は江戸へ行った。そして斉彬がそのお供にと吉之助も江戸に行くことが決まる。家族は大変大喜びするが、妻の須賀は反対する。そして旅費や江戸での生活費は全て自分たちで支払わなければならず、支度金として30両を用意しなければならなくなる。しかし西郷家は支度金を用意できないと伝える。諦めようとする吉之助は正助と言い争いをしてしまう。そして須賀は実家に帰ってしまい、須賀の父親から重大なことを告げられる…。
ドラマ「西郷どん」第8話 感想
須賀の言う、吉之助は優しすぎるという言葉は、本当にその通りだと思った。その優しさが多くの人を救うこともあるが、逆に自分と周りを破滅に追い込むこともあると言うことであると思う。そして今回かなり強烈な印象を残した須賀。今までのストーリーで一番感情移入した人物だ。そんな須賀も、吉之助は理解者でいてくれたからこそ頑張れただろうが、その吉之助が江戸に行ってしまったとなれば須賀が孤立してしまうのはわかっていたことでもあるだろう。そんな自分が嫌われ者であることを上手く利用した須賀。自分が吉之助の出世の邪魔になってしまうことに気付いてしまった須賀は、身を引いたのであろう。

第9話『江戸のヒー様』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第9話 あらすじ
吉之助は、家族と正助たちに支度金などを援助してもらう。そのおかげもあって、吉之助は無事に斉彬のお供として江戸の薩摩藩邸に行くことができた。大山と俊斎と再会し、品川宿の磯田屋に行く。そこで、かつて薩摩の貧しい農家の娘だったふきと再会する。ふきは紆余曲折の末に江戸に流れてきたのだ。そのふきに目を掛け力を添えて助けていたのは周りから”ヒー様”と呼ばれる男だった。そして吉之助はお庭方を命じられ、毎日庭掃除を続ける。
ドラマ「西郷どん」第9話 感想
借金のせいで売られてしまったふきだったが、その後濃い化粧と男の扱い方が上手くなり、怖そうな武士相手にも堂々と振舞う姿に驚いた。辛く大変な思いもたくさんしたであろうに、明るく振舞うふきがとても健気に感じた。そして”ヒー様”の贔屓にあったふき。このヒー様はこれからキーパーソンになっていく気がして、注目する人物の1人だ。薩摩藩士の掟は厳しかったため、門限を破って見つかった吉之助は罰として掃除番になってしまうが、斉彬のお庭方になる。が実際には警護役であった。そして命知らずな吉之助に命をかけすぎるなと言う斉彬には良く言ってくれたとあっぱれだった。

第10話『篤姫はどこへ』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第10話 あらすじ
吉之助は”ヒー様”の正体は誰なのかを確かめることにする。そのために再び磯田屋へ訪れると、そこには福井から来たという謎の医師がいた。その頃、薩摩藩邸から篤姫が失踪したと知らされる。そして吉之助は篤姫を連れ戻した。その後、斉彬は篤姫を将軍一家に嫁入りさせることを伝える。すると京都近衛家から来たという薩摩出身の教育係、幾島が篤姫のところへ来る。そこで厳しく指導され、さらには世継を産むための指導までもさせられる。
ドラマ「西郷どん」第10話 感想
謎の医師として登場する、福井藩の藩医である橋本左内。その橋本左内の妖しいキャラがとっても面白かった。そして、逃げて来てしまった篤姫に対して『悲しか時は泣いたらよか』と伝えた吉之助の言葉に泣いてしまう所にとても感動した。これは現代の恋愛ドラマでも良くあるシーンだがやはり感動する。その後のもらい泣きする吉之助に『西郷、メソメソするな、しっかいせい!』と篤姫が伝えるが、それは自分自身にも言い聞かせているかのようだった。毎週、又吉家定様に惹かれるものがあり過ぎて、家定シーンに目が離せない。そして今後家定と篤姫の絡みがどう描かれていくのかが楽しみである。

第11話『斉彬暗殺』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第11話 あらすじ
斉彬は篤姫を将軍家と結婚させて、一橋慶喜を将軍として支持し擁護して位につかせようとする。しかし彦根藩主である井伊直弼は嫌悪感を抱いていた。その時、斉彬の世継ぎである虎寿丸が突然亡くなってしまい、斉彬自身も病に倒れてしまう。吉之助は、由羅と斉興の企みではないかと疑う。その時の吉之助のとった行動とは…。そして慶喜は将軍になろうとする気持ちが全くないままだった。この後の井伊直弼はどう対立していくのだろうか…。
ドラマ「西郷どん」第11話 感想
見出しを見るだけでも、結末がわかる。そして斉彬の息子の虎寿丸が亡くなってしまうのだが、それを吉之助がお由羅の行いと確証を得て、突っ走る吉之助をお由羅が返り討ちにするのは見ていてスカッとした。ちゃんとした証拠もないのに敵陣に乗り込んでしまう吉之助に対して苛立ちすら感じていたため、この仕打ちは正直よかった。だが、吉之助にとってバカにされるような状況である。これが今後のためになり、吉之助の甘い考えだけではやっていけないともう一度まざまざと分かる事柄だと思った。この先、ストーリー内で感じてきた違和感が計算の上であるなら、期待できる。

第12話『運の強き姫君』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第12話 あらすじ
江戸に移住して二年経った篤姫は、未だに将軍家にお輿入れが決まらないでいた。 吉之助は幾島と他の藩や大奥へ働きかけた本寿院と会うことになる。 本寿院は薩摩守からの献上品を喜んで、「あとは、我らの後押しが欲しいということか。」と聞いてきたのだ。本寿院の願いは、家定を置いて先立たないことだった。それを聞いた幾島は、篤姫のもっとも優れたところは、丈夫な体と運が強いことだと話した。 「ならば、その運とやらに乗ってみようか。」と本寿院は呟いたのだった。 ようやく婚儀が正式に決まる。だが、家定【将軍】との間に子供が出来なかったと吉之助は分かって、篤姫が抱える悲痛な天運に傷心した。 そんな夜に、篤姫は吉之助にだけ秘めた胸の内を吐露し始めたのだった。
ドラマ「西郷どん」第12話 感想
篤姫様付用人として篤姫様を守りたいという思い、為政者として斉彬のやり方にどうやっても賛同できない思い、いろんな思いが吉之助に渦巻きます。 篤姫のお輿入れは、職務にもかかわらずそれ以上に吉之助は篤姫を想って行動してしまうのでした。 そんななか、吉之助は接待デビューも果たします!吉之助が考えた裸踊りを、接待の場で披露したのでした。(笑) そして、大地震の夜に、篤姫が吉之助に「一緒に逃げて」と頼んだシーン、キュンとしましたね。 吉之助の「わかりました」と颯爽と答える男気、かっこよかったですね。 甘えるだけではなく、毅然とした態度で振る舞う篤姫の姿は、御台所となる覚悟が現れているように見えました。凛々しくて素敵でした。

第13話『変わらない友』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第13話 あらすじ
篤姫の輿入れを果たした吉之助は3年ぶりに帰郷をする。家族や正助たちは再会を喜び吉之助に質問攻めをする。質問攻めに困ってしまう吉之助…。なぜなら斉彬の密命を担う吉之助にはむやみやたらに話せない内容ばかりなのだ。 質問に答えられない吉之助と友との間に埋まらない溝ができてしまった。 そんなとき、老中阿部正弘が急死する。斉彬の構想は揺らいでしまい、江戸に戻ることとなった吉之助は正助も薩摩から連れ出そうとするが、吉之助に対し正助は激怒してしまうのだった。
ドラマ「西郷どん」第13話 感想
感想追記

第14話『慶喜の本気』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第14話 あらすじ
アメリカ総領事ハリスが将軍家定に謁見をした。ハリスを前に家定は顔をそらして床を踏み鳴らす。幕府の重臣たちに緊張が走ったが、家定はしっかりと挨拶をすることができたのだった。「幾久しく友好を保ちたいと大統領に申しべるべし。」と繰り返しハリスに伝えるのだった。 江戸へと戻った吉之助は橋本佐内と一緒に一橋慶喜を将軍擁立運動を進めていく。しかし、慶喜は将軍になることを断固拒否をする。 大奥では篤姫が嫁入りした背景に、一橋派の策略があることを本寿院は知ってしまい大激怒。吉之助と左内は八方塞がりとなってしまった。そして、井伊直弼が放った刺客が慶喜に迫る。
ドラマ「西郷どん」第14話 感想
ハリスとの謁見、なかなかにスリルがあるシーンでした。家定の人見知りのような態度に、一瞬うまくいかない雰囲気でしたが、最終的にはしっかり友好的な挨拶を交わすことができて良かったなと思いました。その、友好的な挨拶をするにあたって裏で篤姫が関わっていることがとても微笑ましいかぎりですね。うつけのようで心優しい家定と、篤姫は心を交わすようになっていて本当に良かったです。 そして、次期将軍擁立に向けて、ますます幕府内の対立が激しくなってきて、なんとも物騒になってきましたね。あんなに将軍になることを拒否していた慶喜も、最終的に決意を固めて将軍になる姿はとてもかっこよかったです。

第15話『殿の死』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第15話 あらすじ
篤姫と将軍家定は仲良く夫婦の仲を深め過ごしていたが、持病のかっけが悪化をし予断を許さない状態になってしまう。 井伊直弼が病に伏せている家定のもとへ訪れ、遺書を書くように小声で家定に仕向けた。が、家定は御台に柿を食べさせて欲しいと井伊に頼んだのだった。井伊は柿の絵が描かれてある紙をあたかも遺言を聞いたかのように懐にしまう。 その後、井伊直弼が大老職に就いて、次期将軍は紀州の家茂と決まってしまうのだった。 吉之助は急いで薩摩に戻り、斉彬に報告をしに向かう。斉彬は万策尽きたと吉之助に告げて、吉之助を役目から解いてしまった。落胆するばかりの吉之助に正助は激昂する。やがて斉彬は薩摩軍を率いて京を目指す上洛計画をし始めるのだった。
ドラマ「西郷どん」第15話 感想
篤姫と家定の穏やかな日々は、続きませんでしたね…。遺言と見せかけて、篤姫に柿を食べさせてあげたいという家定の姿に夫婦愛を感じました。それにしても、井伊はなんて嫌な奴なのでしょうか。家定が病に伏せていることを、自分の良いように使って、ちゃっかり大老に就任してしまうなんて。浅ましさに驚きを隠せませんでした。 そして、なにより吉之助が奔走して、やっとの思いで漕ぎつけた慶喜の将軍継承でしたが、土壇場で井伊にひっくり返されてしまって、本当に悔しい結果になってしまいました。それでもめげない吉之助でしたが、上洛計画の真っ只中にまさかの斉彬が死んでしまいました。なんて無念なのでしょうか…。吉之助はこの苦境から立ち上がることはできるのでしょうか。

第16話『斉彬の遺言』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第16話 あらすじ
突然、斉彬が病気で他界してしまう。死因は連日炎天下で兵たちの指揮をとっていたことによる熱中死だったが、近衛氏や左内は毒殺されたのではないかと疑ったのだった。 斉彬の死を京で知った吉之助は、大切な主君がこの世にいないという悲しみを押し殺して月照と一緒に、斉彬の志を引き継ごうと奮闘した。 吉之助は近衛家を通し朝廷に影響を与え水戸藩を引き留めようとする。 その行動を井伊直弼は分かっており、幕府に強く反抗する者たちをただちに消去しようと、月照や吉之助、そして橋本左内に追跡者を出した。世にいう安政の大獄の始まりだった。
ドラマ「西郷どん」第16話 感想
吉之助があんなに頼りにしていた斉彬が突然亡くなってしまうなんて…。思いもしませんでした。命よりも大切な主君がいなくなってしまった、何度も自害をしようかと頭をよぎりますが、最終的には悲しみを押し殺して、吉之助は果敢に斉彬の志を受け継ごうと行動する姿をみて心がグッと締め付けられる思いでした。 そして、またもや井伊の土壇場な登場に腹ただしい思いで見ていました。(笑) 頼りの水戸様も慶喜も蟄居させられてしまい、関わった者が処罰されることとなります。どんどん追い込まれていく吉之助です。果たして、安政の大獄を吉之助はどう突き進むのでしょうか。

第17話『西郷入水』

動画サイト
ドラマ「西郷どん」第17話 あらすじ
幕府の追跡者から逃げ、月照と吉之助は薩摩に行き行方をくらます事に。だが、斉彬死んでからもう一度支配したのは斉彬の斉興【父親】だった。斉興は幕府に対抗する事は禁止とし、月照と吉之助を日向に追い出す刑罰を判断したのだ。日向に行くということは、実質的に処刑を意味していた。大久保正助は吉之助自身を救うために斉興に訴えかける。一方、江戸城では徳川十四代将軍家茂の母となった篤姫。家茂に「実の母親だと思うように」と言うも、家茂は篤姫のことを信じられないと立ち去ってしまう。その様子をみた幾島は、篤姫に薩摩へ帰るように進言する。が、篤姫は頑なに「私の家は徳川だ」と断るのだった。幾島も次期将軍擁立の争いに敗れた責任をとるために、京へ帰らせてもらうと篤姫に申し出る。そして、篤姫は引き止めたが、幾島の決意は固かった。
ドラマ「西郷どん」第17話 感想
薩摩に逃げ帰ってきた吉之助と月照でしたが、斉彬が亡きあとの薩摩は厳しい現実が待っていましたね。斉彬の父・斉興に日向へ追放されてしまった吉之助と月照、このまま処刑されてしまうのでしょうか。とっても気になりますね。 奔走する正助の姿をみて、本当に吉之助は仲間たちに慕われているんだと感じます。 そして、篤姫の徳川家の嫁としての決意、幾島の指導係としての決意、ふたりの決意が固いのを目のあたりにして、本当に心根が強い女性たちだと思いました。幾島の「しっかりせなあきません」の一言に厳しさと優しさが込められていましたね。大奥を去ってしまったのは寂しいですが…。幾島がいなくなった後の、篤姫の奮闘ぶりが楽しみですね。

全47話のうち第1話から第17話までをご紹介しました。

ドラマ「西郷どん」のあらすじと見どころ

西郷隆盛は、薩摩藩で武士でありながらも貧しい家庭の中で育った。両親は亡くしており、一家を守るために役人の補佐として働くが、優しががゆえに貧しい人がいると自分の給料を渡してしまう。そんな西郷を薩摩藩主の島津斉彬が目を留める。西郷は斉彬と共に江戸、京へ行く。西郷にとっての永遠の師匠である、斉彬との出会いから別れまで。そして篤姫との禁断の恋と、仲間たちとの友情と裏切り。西郷は三度の結婚と、二度の島流しという普通ではない経験をする。そして坂本龍馬と出会い、革命家となり、明治維新を最後までやり遂げる。見返りを求めない西郷を、人々は親しみを込めて”西郷どん”と呼んだのだった。

ドラマ「西郷どん」の出演者

西郷家
西郷隆盛:鈴木亮平
西郷糸:黒木華
西郷満佐:松坂慶子
西郷吉兵衛:風間杜夫
西郷吉二郎:渡部豪太
西郷園:柏木由紀
西郷従道:錦戸亮(元関ジャニ∞・元NEWS)
西郷清:上白石萌音

薩摩藩・鹿児島県
大久保利通:瑛太
大久保満寿:美村里江
大久保次右衛門:平田満
大久保福:藤真利子
大山綱良:北村有起哉
海江田武次:高橋光臣
村田新八:堀井新太
有馬新七:増田修一朗
島津斉彬:渡辺謙
島津久光:青木崇高
島津斉興:鹿賀丈史
由羅:小柳ルミ子
喜久:戸田菜穂
須賀:橋本愛
伊集院直五郎:北見敏之
愛加那:二階堂ふみ
龍佐民:柄本明

江戸幕府
徳川慶喜:松田翔太
徳川家定:又吉直樹
徳川斉昭:伊武雅刀
阿部正弘:藤木直人
井伊直弼:佐野史郎
板倉勝静:堀内正美
勝海舟:遠藤憲一
山岡鉄舟:藤本隆宏
平岡円四郎:山田純大
天璋院:北川景子
幾島:南野陽子
本寿院:泉ピン子

長州藩
木戸孝允:玉山鉄二
伊藤博文:浜野謙太
大村益次郎:林家正蔵

土佐藩
坂本龍馬:小栗旬
龍(りょう):水川あさみ
山内容堂:大鷹明良
ジョン万次郎:劇団ひとり
中岡慎太郎:山口翔悟

諸藩
橋本左内:風間俊介
松平春嶽:津田寛治
長野主膳:神保悟志

朝廷
孝明天皇:中村児太郎
明治天皇:野村万之丞
岩倉具視:笑福亭鶴瓶

京都の人々
月照:尾上菊之助
虎:近藤春菜(ハリセンボン)
ゆう:内田有紀

明治政府要人と関係者
江藤新平:迫田孝也
山県有朋:村上新悟
三条実美:野村万蔵
大隈重信:尾上寛之
井上馨:忍成修吾
板垣退助:渋川清彦

放送年:2018年

テレビ局:NHK

ドラマ「西郷どん」の見所や感想

40代女性
主人公を演じた鈴木亮平の役作りが素晴らしかった。そして吉之助役がとても安定した演技で安心して見ることが出来た。吉之助と大久保の友情とが印象的だった。そして篤姫がとにかく美しい。ドラマ内の薩摩の方言の「〜もす。」と言うのがとても好印象だった。歴史の授業は嫌いで全然歴史がわからなくても西郷どんと言う男を好きになったし、このドラマが好きになった。賛否両論だが、キャストも豪華で大河ドラマを初めて見る人でも楽しめるドラマだったと思う。子役の人たちも素晴らしい演技だった。そして西郷どんの天下国家も大事だが、人の気持ちを大切にすると言う信念を最後まで一貫していたのがよかった。
60代男性
NHKの大河ドラマ、幕末から明治に向けて近代日本の形を作った西郷隆盛の一生を描いたドラマです。近代へ向けて奔走する姿を大変興味深く毎回見ることが出来ました。多くの仲間と、そして目的を同じにして近代化を目指すものの、時代の流れの中で、それぞれの考えが変わって、西郷が理想とする近代化と相反するものたちとの闘いながらも、近代化に向けて、走り続ける西郷隆盛の思いをしっかりとえがかれた作品になっていました。西郷が目指した近代化が今の日本の礎になり、欧米と互角に交渉のできる、交際化へとつながったことが良く分かる作りになっていました。西郷の仲間が西郷の思いを引き継ぎ江戸時代から明治へと変わるなか、多くの同士が明治政府の中枢に位置していることから、西郷の果たそうとしていた、近代化が思う様に進んだものだとおもいますが、最後に西郷は国と戦わなくてはならなくなります。最後の最後は、ゆっくりとのんびりとした、生涯を終えたかったのだとおもいますが、最後まで国民の事を、そして未来の事を思いながら一生をかけて、近代化へ向けて走り続けた一生が良く描かれた作品でした。
40代男性
大河ドラマは、事前に気になったものだけ観るようにしており、西郷隆盛を扱ったこの「西郷どん」はとても興味深く鑑賞しました。というのも私自身、幕末から明治にかけてのいわゆる英雄の中では、坂本龍馬でも中岡慎太郎でもなく、西郷隆盛(と吉田松陰)を敬愛しているからです。幕末に多くの英傑が命を落とす中、明治時代まで命を長らえたメンバーで、西郷隆盛は異質の考えを持っていたと考えるからです。明治維新は近代化とともに、それまでの日本が持っていた独自の素晴らしい伝統を壊し、捨ててしまったという欠点も孕んでいます。その破壊に対して警鐘を鳴らしていた自由人西郷隆盛が私は大好きです。また、このドラマは、お堅いイメージが先行してしまう西郷隆盛の情熱や愛についても深く切り込んでおり、温かい人柄を感じられる作品に仕上がっています。この時代には、坂本龍馬を頂点とする人気者のヒーローがたくさん存在しており、ドラマ的には視聴率が冴えなかったと聞きますが、それもまた「他人がどう思うかよりも自分がどう考えるか」を大切にしていた西郷隆盛らしいエピソードだと思います。

関連動画

3年B組金八先生~第5シリーズ~
ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢
それでも、生きてゆく
純と愛
僕のいた時間
陸王
監察医 朝顔
記憶捜査~新宿東署事件ファイル~
麒麟がくる

まとめ

ドラマ「西郷どん」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

薩摩のキーパーソンとなっていく西郷隆盛は、勝海舟や坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき革命家へと覚醒していきますが、素顔は脇が甘く、愚直でうかつ。

しかし、彼に出会った人は皆、西郷が好きになり、愛嬌あふれる男の周りには、いつも笑いと愛と波乱が満ちていました。

今作は、愛と勇気で時代を切り拓いた男の激動の生涯を描いた作品です。

ドラマ「西郷どん」の動画は、動画配信サービスの「U-NEXT」「ビデオマーケット」、またはDVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴