ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|LADY〜最後の犯罪プロファイル〜を無料で視聴する方法

「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」は2011年1月7日から3月25日に放送されていた北川景子さん主演のドラマで、風間俊介さんが第9話と第10話に出演しているドラマです。

犯罪者の動きや気持ちを分析し、犯罪者を特定するプロファイリングチームが難事件に挑む姿が描かれています。

この記事では、風間俊介さん出演ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

目次

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月15日の時点の情報)

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」を全話無料で視聴することができます。

「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」だけでなく、「3年B組金八先生 ~第5シリーズ~」「連続テレビ小説 純と愛」「おしい刑事」など他の、風間俊介さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の動画を無料視聴

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の動画を無料視聴

「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」以外の風間俊介さん出演

  • 「3年B組金八先生 ~第5シリーズ~」
  • 「連続テレビ小説 純と愛」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」を全話無料で視聴することが可能です。ので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」だけでなく、「3年B組金八先生 ~第5シリーズ~」「連続テレビ小説 純と愛」などの風間俊介さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が視聴できたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされているのもありますが、画質や音が悪いので見づらくなっています。

今すぐ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の各話のあらすじと感想

「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」を視聴されたことがある方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『日本初! 犯罪分析のドリームチーム誕生!天才プロファイラーVS紙喰う殺人鬼!哀しき少年神隠しの深き闇』

動画サイト
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第1話 あらすじ
警視庁捜査一課犯罪行動分析室(CPS)は、まだ設置されたばかりだ。 香月翔子(北川景子)ら、プロファイラーたちが事件を待っていた。ある日、一家殺人事件が起きた。捜査一課から協力を受けて、分析室のメンバーたちは、プロファイリングを始める。一家殺人事件はこれで3件目で、チームの中でも単独犯なのか模倣犯もいるのか意見が分かれる。リーダーの結城晶(木村多江)は捜査会議でプロファイルの結果を報告するが、具体的な犯人像が知りたいと捜査員たちに言われてしまう。
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第1話 感想
初回なので、どんなプロファイルをしてくれるのか楽しみでした。今回は過去に虐待されていた人が犯人でしたが、まさか、その犯人の弟が虐待されて死んだからという犯行動機までプロファイルできてしまうことに驚きました。そこまで、犯人の心理を掴めるのがプロファイルなのかと感心しました。そして、どこかで犯人は救ってほしいと思っていると翔子は言っていましたが、そこまで、犯人の心理に自分が入ってしまって自分の精神状態は保っていけるのか気になりました。次回以降、翔子たち分析室のみんなの精神状態が変わらないのかにも注目したいです。

第2話『赤い死者を吊るす殺人者…』

動画サイト
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第2話 あらすじ
板橋区で女性の大友絵里(木村彩子)が殺害された。彼女は赤いコートを着てクローゼットの中に吊るされていた。二件目が起きたことで、分析室にプロファイルの要請が来て、分析室のみんなによるプロファイルが始まった。そして、被害者の二人は、ストーカーからの被害を警察署に訴えていたことが分かった。 同一人物であるストーカーによって殺害されたと見て捜査をしているが、中々進展がない。翔子は犯人が被害者の服装やメイクに注文をつけていたが髪型だけはしていないことに気づき…。
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第2話 感想
翔子が捜査一課に言った、警察は汗をかいて捜査するのが仕事だという言葉が印象的でした。自分達は頭を使って犯人の特徴や性格をプロファイルするから、 あなたたちはそれを探してというなんとも偉そうな言葉だったので捜査員たちはイラっとしたでしょうが、見てる私はスカッとしました。それだけ自分達のプロファイルを自信を持っていることに感心しましたし、事件を解決したいという思いが強く現れていたからです。少しずつ捜査員たちが分析室のみんなのことを認めていってくれたら事件の解決は早いのに・・・と思ってしまいました。次回以降、捜査員と分析室のみんなの距離が近づいていくのかに注目したいです。

第3話『純愛…VS美しき吸血鬼』

動画サイト
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第3話 あらすじ
神奈川県の路上で女性(野崎萌香)が襲われ殺された。 その女性は寺田毅彦(要潤)の恩師(片岡鶴太郎)の娘だった。本来は管轄外なのだが、恩師の娘ということもあり神奈川県警に 捜査協力をお願いした。一週間という期限のなか、犯人のプロファイルを始めた分析室。捜査資料によれば、神奈川県では同様の若い女性が襲われる事件が3件発生していた。死因はどれも失血死で、首に歯形があり、まるで吸血鬼のようだった。分析室の見解でヴァンパイアフィリアと報告するも、そのくらいはわかっていると相手にしてもらえない。
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第3話 感想
今回は神奈川県の事件を解決しましたが、やはり最初はプロファイルを信じてはくれないのだなと感じました。まだ周知されていないということもありますが、頭が固いというか、自分達のやり方に横やりが入ることにひどく嫌がる人はたくさん いるよなと思って見ていました。この人たちは信じてもいいのだよとTVに向かって声をかけてしまいました。自分達のやり方だけがすべてではない、いろんな意見を聞けるようになってほしい、と警察に言っている自分に、自分もそうだよなと改めて感じてしまいました。

第4話『VS天才死刑囚! 神予言の罠』

動画サイト
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第4話 あらすじ
分析室のメンバーは、7人を殺し死刑判決が下りている巽聡史(柳楽優弥) からの依頼で面談をすることになった。IQ140の彼は、被害者を生きたまま解剖し、丁寧に縫合してまぶたを接着剤で塗るという犯行をした。ある日、分析室のメンバーが死刑囚との面談に行くと、彼から昨日起きた事件のヒントらしきことを言われる。刑務所にいる彼になぜ分かるのか。 彼は犯人と関係があるのか、それとも頭が良いからなのだろうか…。
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第4話 感想
今回は、翔子の父親が火事で亡くなった話の進展が少しだけ見られた回でした。死刑囚は知っているのか嘘なのかはまだ分かりませんが、IQが高いと分かるものなのかと考えさせられました。自分には理解できない世界だなと感じました。まだまだ翔子の父親の事件には何かありそうなので、この後どう展開していくのかが楽しみです。翔子が、父親のことになると冷静ではいられなくなることも分かりました。この冷静さが失われた時に何も悪いことが起こらなければいいなと思います。何か事件の匂いがしてしまいます。

第5話『禁断の記憶プロファイル』

動画サイト
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第5話 あらすじ
子どもを誘拐したという犯人(川村亮介)から、死刑囚の巽聡史の事件を解決するという条件が出された。まだ解決していない事件があると判断した翔子は、独断で、巽(柳楽優弥)に面会に行く。 殺したのは7人だけではないと言う巽の言葉を信じて、捜査が始まった。誘拐犯と電話で話をした巽は、犯人を挑発して怒らせてしまう。 しかし、その電話中に犯人の居場所を特定して、犯人の逮捕に成功した。分析室の失態を問われていたが、事件の解決に一役かったのも分析室であった。しかし、誘拐された子どもの姿はなく…。
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第5話 感想
死刑囚の過去が明らかになる回でした。 翔子がいう、生まれながらにモンスターはいないという言葉が心に響いています。巽は母親が父親から受けていた暴力によって父親を殺したと思っていて、母親をはじめ次々と人を殺していったのですが、幼少期の記憶や体験が、後の人生にどれほどの影響力があるのかということを改めて思い知り、親として、生き物に対する接し方に気を付けなければならないということを身に染みて実感しました。普段の何気ない行動さえも子どもは見ているということを改めて考えさせられ、勉強になりました。

第6話『脱走犯を追え…最期の告白』

動画サイト
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第6話 あらすじ
4人を無差別に殺害した犯人(忍成修吾)が、初公判のために裁判所へ護送した直後に脱走した。犯人は、新宿で泥酔した通行人(大鷹明良)が乱暴していたところを包丁で刺し殺し、見ていたホステスも切りつけ怪我をさせた。事件の後、犯人は自首をしてきたが、自分の犯行は認めても自分の名前やどうして殺したかを言わなかった。 脱走する際に警官から拳銃を奪い取っており、また被害者が出るかもしれないと分析室のみんなも捜査一課も緊張感を持って捜査に当たった。
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第6話 感想
今回は仲間を意識して分析することと、一人ですることの違いだったり、 一人ですることの限界を思い知るきっかけに新堀(平岡祐太)がなった回で、新堀にとって仲間がいると知れる良い回だったと思います。プロファイルは一人でもできることです。しかし、仲間の意見に耳を傾けることの大切さを知った新堀は、これからのプロファイルに良い影響を与えていけると感じました。これからの新堀の成長が楽しみになりました。翔子が新堀に偉そうに説教をするシーンは、自分も勝手なことをしているくせに、と笑ってしまいました。

第7話『空白の23秒…殺人犯は刑事』

動画サイト
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第7話 あらすじ
今回のプロファイルの対象者は、刑事の柘植(ユースケ・サンタマリア)だった。前夜の射殺事件で使われた銃が彼のものであったからだ。5年前、柘植は4人の女性が誘拐監禁された事件を担当していた。監禁場所に一人で向かうと生き残っていたのは一人だけだった。生き残った一人を助け、その場に居合わせた犯人の一人を捕まえようとしたところで、気を失う。気づいた時には、犯人が自分の銃で射殺されていた。前夜に使用された拳銃は5年前に使われたもので、殺された人も5年前の犯人の一人だった。犯人は5年前の犯人なのか、それとも柘植なのか・・・
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第7話 感想
仲間のプロファイルをするべきかどうかを決める際、仲間だからこそ無実を知りたいと思う反面、仲間を疑ったりしたくないと悩む分析室のみんなでしたが、実際その立場になったらどうなのかなと、自分ならどっちの立場かなと考えさせられました。仲間を疑うことはやはりしたくはないです。でも、真実を知りたい気もします。
私も翔子と同意見で、相手を思うが故にプロファイルをする方を選ぶように思います。心苦しいテーマだったように感じます。

第8話『死の映画予告プロファイル』

動画サイト
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第8話 あらすじ
翔子は自主映画の映像に事件性がないかを調べるように依頼される。3人の女性が林で追いかけられ逃げているが捕まり、恐怖の顔をしているというものだった。 本物の表情だと判断した分析室のメンバーたちは、すぐに分析を始める。映像に映っていた女性のうち2人は遺体で発見されていて犯人も捕まっていたが、残る1人は先月いなくなっていることが分かった。3件とも同一人物が犯人だと分析した翔子たちは、捕まった犯人ではない真犯人が存在していると考えた。
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第8話 感想
警察が冤罪を生みそうになったお話でした。翔子たち分析室のメンバーが気づかなかったら殺人の犯人にされそうになってしまっていた星野が気の毒になりましたが、現実にも起こりうる話のように感じています。自分達の立場さえよければいいという考えの人は警察以外にもたくさんいるので、そんな人と関わらないようにしたいなと強く感じました。映画のシーンは母親との鬼ごっこだというプロファイルでしたが、追いかけられる方は恐ろしいのに抵抗したら殺されたというのは身勝手な犯人の考えだなと感じました。

第9話『最後の事件…最悪の24時間』

動画サイト
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第9話 あらすじ
柘植に結城の身辺捜査を依頼していた真鍋管理官(久世星佳)が殺された。 捜査を任された分析室の寺田が、犯人の逃げた痕跡を探していると翔子の名刺を見つける。翔子にも翔子の妹にも連絡が取れないこともあり、この姉妹もこの事件に関係しているのではないかと分析した。翔子は妹の舞子(岡本杏理)が誘拐され、舞子を救うため犯人の指示通り動いていた。そこで、舞子の居場所を知るという鳴海和馬(風間俊介)のことをプロファイルしていくことになった。
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第9話 感想
翔子の妹が誘拐され、居場所と犯人を見つけるために翔子自身が単独でプロファイルしていく姿は、とても冷静に見えました。妹のことなのでもっと取り乱すと思っていただけに、プロファイラーはいつでも冷静でいられるのかと感心しました。ただ、回を重ねていくうちにプロファイルをチームで行っている姿がよく見られていたので、久々の一人の行動に少し物足りなさを感じました。それだけ、チームが協力していく姿が印象的だったのだと改めて発見させられました。早くチームのみんなが翔子の置かれている状況を知って、みんなでプロファイルを行う姿が見たいです。

第10話『終幕…もう一人の真犯人』

動画サイト
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第10話 あらすじ
翔子の妹が無事見つかった。分析室に戻った翔子は、結城に父親・直也(鶴見辰吾)の火事が放火されたものであったのかと追求した。結城は10年前の事件・女子高生連続殺人事件で 翔子の父親に捜査協力をしていたことを話し始めた。父親は犯人(レディキラー)が誰かが分かったために火事によって犯人に殺され、父親の最後に残した「レディキラー」という言葉に何か犯人の手がかりとなるヒントなのではないかと言うのだ。翔子はレディキラーを捕まえようとする。
ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」第10話 感想
初回からの伏線だった父親の死が明らかになりました。まさか、犯人が精神科の先生だったとはという驚きでした。しかし、それが可能なら、これからも精神科の先生によって、操られて犯罪を犯してしまう人が出てきてしまうのではないかと思うと、怖かったです。職権を乱用してほしくないなと感じました。チームで分析していた姿は、食い入るように画面を見てしまいました。テンポよく進む分析がとても軽快で、やっぱりこの感じだよなと見てて楽しくなったシーンでした。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の動画はアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」のあらすじと見どころ

犯人が分かっていない事件や、動機、事件の概要を少ない証拠や手がかりによってプロファイルしていくプロファイラーと、それを元に捜査していく捜査官のお話です。プロファイルには、心理的な観点だったり、数学や地理、今までの事件の犯人や動機の統計、法医学などを用いて行っていきます。ひとつひとつの事件を、単独でプロファイルしたり、チームのみんなと意見を交わしたりしながら、事件を解決します。また、事件を解決していくうちに仲間意識が芽生え、チームとしても成長していく姿が描かれています。主人公の翔子の父親の事件が後半の鍵となっており、翔子だけではなく分析室のみんなや捜査官が一丸となって解決していきます

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の出演者や主題歌

香月翔子:北川景子
結城 晶:木村多江
新堀圭祐:平岡祐太
奥居マリエ:須藤理彩
藤堂壮一郎:小澤征悦
寺田毅彦:要潤
柘植正樹:ユースケ・サンタマリア
鳴海和馬:風間俊介

主題歌: 柴咲コウ「無形スピリット」

放送月日:2011年

テレビ局:TBS

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の見所や感想

40代女性
1話完結で事件の内容が分かるので、とても見やすいです。 それとは別に最終回までの謎も用意されているので、次回以降も楽しみに期待できました。 初めてプロファイルという言葉を聞いたので、どんなことをするのだろうと思って見はじめましたが、様々なやり方があり、犯人の心の声だったり行動だったりが分かっていくシーンは、毎回感激して見ていました。次はどんなプロファイルを見せてくれるのだろうと楽しみになっていきました。
30代女性
だんだんと仲間意識が強まるチームのみんなの姿が、みどころでした。最初はバラバラだったチームで、まとめるのが大変そうと結城に同情したりもしていましたが、だんだんと認め合い、絆が強くなっていく様子はほほえましい光景でした。また、続きが見たいと思える作品でした。

関連動画

3年B組金八先生 第5シリーズ
世界で一番熱い夏
婚カツ!
それでも、生きてゆく
連続テレビ小説 純と愛
僕のいた時間
察医 朝顔
チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜

まとめ

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

プロファイルを題材に事件を解決していく様子が描かれたドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」。

風間俊介さんが、記憶障害を持つ青年という役どころを見事に演じ、演技力の高さを発揮していることも見どころになっている作品です。。

ドラマ「LADY〜最後の犯罪プロファイル〜」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴