ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|アキハバラ@DEEPの動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「アキハバラ@DEEP」は2006年6月19日から7月25日に放送されていた風間俊介さん主演のドラマで、生田斗真さんも出演しています。

秋葉原に集う若者たちが、悪戦苦闘しながら青春を謳歌する様子が描かれています。

風間俊介さんは、人とコミュニケーションを取ることが苦手な青年・ページを演じています。

この記事では、風間俊介さん出演ドラマ「アキハバラ@DEEP」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる、いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「アキハバラ@DEEP」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

目次

ドラマ「アキハバラ@DEEP」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「アキハバラ@DEEP」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「アキハバラ@DEEP」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月18日の時点の情報)

ドラマ「アキハバラ@DEEP」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「アキハバラ@DEEP」を全話無料で視聴することができます。

「アキハバラ@DEEP」だけでなく、「3年B組金八先生~第5シリーズ~」「監察医 朝顔」「チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~」など他の、風間俊介さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「アキハバラ@DEEP」の動画を無料視聴

ドラマ「アキハバラ@DEEP」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「アキハバラ@DEEP」の動画を無料視聴

「アキハバラ@DEEP」以外の風間俊介さん出演

  • 「3年B組金八先生~第5シリーズ~」
  • 「監察医 朝顔」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「アキハバラ@DEEP」を全話無料で視聴することが可能です。
ので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「アキハバラ@DEEP」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「アキハバラ@DEEP」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「アキハバラ@DEEP」だけでなく、「3年B組金八先生~第5シリーズ~」「監察医 朝顔」などの風間俊介さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「アキハバラ@DEEP」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「アキハバラ@DEEP」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「アキハバラ@DEEP」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「アキハバラ@DEEP」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「アキハバラ@DEEP」の各話のあらすじと感想

「アキハバラ@DEEP」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「アキハバラ@DEEP」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『僕らの街アキハバラ オタク狩りを退治せよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第1話 あらすじ
対人恐怖症で吃音症のページ、極度の潔癖症のボックス、光の点滅を見るとフリーズしてしまうタイコ、格闘家兼メイド喫茶店員のアキラの4人は、HPで人生相談にのっているユイを通じて出会う。その頃、秋葉原の街ではオタク狩りが巷を騒がせていた。巨大IT企業の社長・中込の暗躍もあり、オタク狩りは徐々にエスカレート、ついにはメイド喫茶「あかねちん」の店員・ちなが拉致・暴行される事態に発展。もう黙っていられない4人は立ち上がり、それぞれのネットワークを使い、犯人の不良グループをあぶり出す。一時は不良たちを追い詰めたかと思ったが、中込の罠でタイコが捕まり、助けに来たアキラとボックスもピンチになってしまう。そこへダイナマイトらしきものを体に巻き付けたページが登場し、ライターの火を片手に不良たちを追い払う。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第1話 感想
オタク3人プラス闘うメイド店員という異色のグループが調子づいた不良たちを追い払うシーンは爽快です。ピンチになってやってくるヒーローは頼もしくみえるものですが、3人が追い込まれたところに現れるページは、お世辞にも颯爽とはいえないし、あまりにも頼りないです。現実にはあんなに上手いこといかないとは思いますが、勇気を振り絞って立ち向かう姿は応援したくなります。今回はアキラのアクションが目立ったのですが、次回からはもっと男3人の長所の部分が見えてくると面白いです。

第2話『戦うメイド・アキラ キャットファイトにリベンジせよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第2話 あらすじ
オタク狩りを街から追い出したアキハバラ@DEEP。アキラはその立役者として、巷ではアキラブームが起きていた。しかし思えばアキラのことをほとんど知らないページ・ボックス・タイコの3人はアキラに連れられ渋谷の地下闘技場へ。アキラは人気ナンバーワンファイターだったのだ。彼女の人気を目の当たりにして、3人はアキラの公式HPを作ることに。これがアキハバラ@DEEPの初仕事ということになった。そんな折、ユイから新たなメンバーを紹介される。コスプレオタクで法律家のダルマと天才プログラマー少女のイズムだ。2人とも個性が強く難ありな雰囲気の2人。特にイズムは@DEEPに入るつもりはないという。新たにダルマを加えた5人は、イズムを見返すため、アキラの出るキャットファイトの大会をプロデュースすることになった。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第2話 感想
前回に続きアキラのアクション全開エピソード。キャットファイトトーナメントはともかく、ページのライティング、ボックスのグラフィックデザイン、タイコの音楽と、今回は@DEEP初期メンバーのそれぞれの長所が垣間見れるシーンがあってよかったです。次はダルマの魅せ場に期待です。原作では少年のイズムが少女なのは驚きました。しかしながら元からミステリアスなキャラクターなので違和感はありません。なんとかそのイズムも@DEEPを認めてくれたようで一安心も束の間、ようやく会えたユイが倒れてしまい、気になるラストシーンになりました。

第3話『YUIの死を超えて@DEEP本格始動!コスプレ盗撮犯を捕獲せよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第3話 あらすじ
ようやくユイに会えた6人だったが、彼女は待ち合わせ場所で倒れたまま急死してしまう。ユイの葬式に参加した6人は、彼女が自殺未遂を繰り返していたこと、死因が薬物の過剰摂取だったことを聞いてショックを受ける。意気消沈していたアキハバラ@DEEPのメンバーたちだったが、イズムが作ったユイの擬似人格AIに励まされ、前を向く元気をもらう。決意を新たにした6人は事務所を構え、トラブルシューターとして活動していくことに。そこへやって来たのは人気コスプレイヤーのマミとサツキ。彼女らはイベントで頻発する盗撮被害とその犯人がマミの名を騙っていることについて相談にきたのだった。@DEEPのメンバーたちは盗撮ビデオから手がかりをつかみ、コスプレイベントを企画することで犯人をあぶり出す作戦に出る。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第3話 感想
多くの人たちを勇気づけていたユイにも暗い過去があり、問題を抱えていたことは、現代社会において誰もが悩みを抱えながら生きていることのメタファーだと感じました。劇中にユイの擬似人格AIが言っていましたが、様々な人の相談に乗り勇気を与えながら、ユイも彼ら彼女らから勇気をもらっていたのでしょう。この世に必要とされていない人間などいないと思わせてくれる良いシーンでした。

第4話『タイコの恋!? 洗脳されるアキバチルドレンを救出せよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第4話 あらすじ
アキハバラ@DEEPでは、新しい詐欺被害の報告を受ける。秋葉原では政治団体・秋憂会のリーダー・赤田の活動が活発化していた。ある日、駅前で赤田が演説をしているところに自虐少女隊というバンドが割り込み邪魔をする。その場に居合わせたタイコはボーカルのカイラに一目惚れしてしまう。日に日に赤田と自虐少女隊の対立は激化。対立がエスカレートするごとに自虐少女隊の人気も上がり、ついには秋葉原を席巻するほどの人気になる。タイコもカイラとの距離を縮め、彼女の虜となっていってしまう。そんな中、イズムが赤田とカイラの関係を突き止める。彼らは仲間同士で、全ては赤田が政治家になるための自作自演だったのだ。@DEEPは秋葉原のため、そしてタイコのためにも赤田とカイラの計画を阻止する。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第4話 感想
タイコの恋愛回。音楽を通じてカイラに恋をするタイコ。幕切れは切なかったけれど、ティーンエイジャーの恋という感じで甘酸っぱい青春を感じました。途中、いい雰囲気のタイコとカイラに、ページが一言「初期の岩井俊二みたいだ」と呟くシーンはクスッときました。また、タイコ演じる星野源がSAKEROCKというバンドでギターを演っているのも生かされていた良い回でした。事件解決の仕方が正直グダグダだった感じはするものの、政治団体を潰すには案外あの締まりの無いやり方の方がイメージを悪化させる上では正解なのかもしれません。

第5話『偽YUI現る!ヲタを狙う自殺サイトを摘発せよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第5話 あらすじ
秋葉原では急激に増加した自殺者数が問題となっていた。メイド喫茶「あかねちん」の同僚・ミズキから相談を受けたアキハバラ@DEEPはその裏に、ユイの名を騙る偽のホームページと自殺サークルの存在を知る。実はミズキはその自殺サークルからドラッグを購入しており、怖くなってアキラに相談を持ちかけたのだった。時を同じくして、デジキャピの中込も偽ユイの情報を掴み、部下の遠坂を使って探りを入れていた。遠坂は以前からイズムと面識のあるプログラマーで、目的を同じくする2人は協力して偽ユイを追うことに。他の@DEEPのメンバーは自殺サークルのメンバーを捕まえるが、彼らは偽ユイの素性を知らない。その時、イズムと遠坂が真犯人の居場所を突き止める。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第5話 感想
ユイの葬式に顔を出していた中込が、今回もユイの件に顔を突っ込んできて、いよいよこれは関係がありそうです。今回の事件では、天才プログラマーのイズムが活躍。デジキャピのプログラマー・遠坂と知り合いということは意外と顔が広いのでしょうか?
肝心の事件はといえば、偽のユイが運営する闇サイトの存在が発覚。真犯人はユイを逆恨みする人物だったわけだけれども、ここでもユイの影響力の強さに驚かされることになります。最後には消えたはずのユイの擬似人格AIも登場し、彼女はこれからもキーパーソンでありつづけるでしょう。

第6話『女子アナVSオタク メディアの暴走を制裁せよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第6話 あらすじ
アキハバラ@DEEPにテレビの取材が入った。インタビュアーは人気アナの久野アナウンサーということで、舞い上がるメンバーたちだったが、放送された内容は彼らと街のオタクを馬鹿にするような内容でメンバーは憤る。放送後、ネットでは久野を避難する書き込みが殺到。強迫まで受ける事態に。そんななかでも、久野とテレビのディレクターは久野に警護をつけて秋葉原の潜入レポートをすることに決める。警護役はなんとアキハバラ@DEEPに。当日、なんとか警護を勤め、結果的に要注意人物の確保にも成功するが、その人物は強迫犯ではなかった。止まない強迫に久野はまたしても@DEEPを頼る。久野の携帯に残っていた音声を元に、真犯人を突き止め確保した@DEEPは、散々振り回されたテレビ局の面々にささやかな仕返しを考えるのだった。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第6話 感想
社会的弱者という表現も良くはないのですが、オタクたちを馬鹿にする久野やディレクターをはじめとしたテレビ局のスタッフは見ているこっちもムカムカしました。最近はそんな風潮も薄れてきたとはいえ、彼らがカウンターカルチャーということを考えれば、マスコミとサブカルが犬猿の仲というはずっと変わらないでしょう。しかし@DEEPを何度も小馬鹿にしておきながら、最後まで彼らを頼る久野は面の皮が厚いです。ここまで図々しくないと、華やかな世界はのし上がれないのかもしれないです。何かある意味社会の縮図を見たような回でした。

第7話『アキバ・オブ・ザ・デッド オタクゾンビを撃退せよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第7話 あらすじ
これまでの事件を半ば自主的に解決してきたアキハバラ@DEEPは赤字で首が回らなくなっていた。そこで新規有料コンテンツをつくることに。しかし皆でアイデアを持ち寄るがなかなか良い案が出ず、途方に暮れる6人。と、突然ダルマに異変が起き、なんとゾンビになってしまう。5人に襲いかかるダルマをなんとか撃退し、テレビをつけてみると秋葉原の街全体にゾンビ化現象が広まっている。その内に撃退したはずのダルマゾンビが復活してきて…。と、実はゾンビはダルマのアイデアで作った自主制作映画。1口1万円で販売するダルマに他の5人は呆れ顔。しかし、そこにデジキャピの中込から300口の注文が入る。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第7話 感想
現実的なアキハバラ@DEEPの経理の話から急転直下、物語はゾンビ回へ。いきなりのトンデモ展開に少々置いてけぼりを喰らいましたが、そこは流石の@DEEPのみなさん。随所に小ネタを挟んできて、笑わせてくれました。ゾンビの弱点を調べに2ちゃんねるのサイトを頼ったり、ゾンビ化したダルマにとどめを刺すことにメンバー全員一致したり等々。日の光が弱点と知り、朝になれば万事解決とふんで、現実逃避するところも@DEEPっぽいなとついにやけてしまいました。最後は夢落ちならぬ企画落ちで、中込をちらっと出して次回に繋げるあたり、肩の力を抜いて小休憩の回というところでしょうか。

第8話『メイド大戦争勃発 エロメイド喫茶を捜査せよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第8話 あらすじ
メイド喫茶「あかねちん」のライバル店「なごみちん」が開店して熾烈な客引き競争が勃発。「あかねちん」は過激なサービスで人気を博してゆく「なごみちん」に多くの客をとられてしまい、ついには店主のアカネが心労で倒れてしまう。アキラのバイト先でもあり、いつも懇意にしている「あかねちん」の危機に、アキハバラ@DEEPが立ち上がり、イズムの潜入で「なごみちん」の悪質なサービスの実態を暴くことに成功する。ついには2店の全面抗争に発展し、両店のメイドたちが対決する事態に。そこへ「あかねちん」の店主・アカネがメイド服姿で登場する。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第8話 感想
冒頭で前回手にした三百万円を中込に返すページ。ボックスには反対されたが、突然大金を手にした者の反応としてはリアルだったのではないだろうか。さて、今回の事件はメイド喫茶にまつわるものだったが、アングラな世界で行われるブラックな悪質商法としては、こちらも現実にありそうな事件。最後の解決はまたも行き当たりばったりではあるが、なぜ繁盛しているかよくわからない「あかねちん」が秋葉原で生き残っている裏付けということではアリなエピソードだった。それよりも裏で進行するユイや中込のストーリーの方が気になった回であった。

第9話『ボックスの過去 女性恐怖症を克服せよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第9話 あらすじ
コンピュータ分野の権威・半沢教授が秋葉原にきた理由は、アキハバラ@DEEPのメンバーに中込の存在を警告する為だった。以前、中込とユイの指導をしていた半沢は、10年前のユイと中込の関係と2人の間に起こったことを@DEEPのメンバーに伝えた。ユイの過去を知ったことで動揺するメンバー。そんな時、ボックスの昔の彼女・ミキコがストーカー被害を相談にきた。@DEEPはストーカーを探り当てるが、ストーカー被害は実はミキコの自作自演。本当の狙いは、昔、彼女が襲われた時に彼女を見捨てたボックスへの復讐だった。そしてボックスもまた、その時のトラウマが原因で女性恐怖症になっていたのだった。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第9話 感想
正直ボックスとミキコの間にあった悲惨な出来事をクリアにするのは難しい。ミキコの傷は一生消えないし、ボックスも責められない。ここでもページが言いたいことを代弁してくれたように思う。すごく重々しいテーマを、コミカルなキャラクター達が上手く中和してれてドラマファンの肩の荷を少し軽くしてくれたのではないか。この演出は賛否両論あるだろうが、このドラマにはこれが一番合った選択だと私は思う。おいしいところは全部復讐屋に持っていかれていて、最後にひと笑い残してくれるのもアキハバラ@DEEPらしくてよかった。

第10話『ダルマ散る!? @DEEP解散!? 中込包囲網を突破せよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第10話 あらすじ
ユイのAIが意思を獲得して戻ってきた。ネットの海を巡り、進化したAIユイはアキハバラ@DEEPだけでなく、中込や半沢のところにも姿を表していた。リアルな受け答えをするAIユイに歓喜する@DEEPメンバー。そこへ中込から連絡が入る。@DEEPにきた中込はAIユイの買収を提案するが、ページたちは断る。中込はまだ諦めていないというようなセリフを残し、その場は引き下がった。そんな中、ページ達の留守中に事務所からAIユイが強奪される事件が起こり、留守番をしていたダルマが暴行を受け重症に。事件にショックを受けるメンバー達に対し、リーダーのページは断腸の思いでアキハバラ@DEEP解散を宣言する。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第10話 感想
ユイに対し愛憎入り混じる感情を持つ中込がついに行動に出た。あんなことをされて黙って居られないのが感情というものだろうが、冷静に考えるとページの判断がリーダーとして正しい。今回はボックス他に責められてページが可哀想に思えた。いろんなことを一人で抱えがちなページに支えになってくれる副リーダーがいれば。それは@DEEPメンバーの皆に当てはまるところがあって、その役割を果たしていたのがユイだったと考えると、改めて彼らの中のユイの存在が大きかったのだなと考えさせられる。

第11話『@DEEP出撃!電脳の城からユイを奪還せよ!』

動画サイト
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第11話 あらすじ
アキラが中込に捕まり、病院のダルマは意識を取り戻す。大怪我を負ったダルマだがバラバラになったアキハバラ@DEEPを憂い、見舞いに来たボックスとタイコに発破をかける。それを実は側で聞いていたページは奮起、アキハバラ@DEEPを再結成する。アジタのところでアキラの居場所を突き止めたページ達は、AIユイとアキラの奪還のためデジタルキャピタルに乗り込む。高坂のアシストもあり、中込のところに辿りついたメンバー達は、ついに中込と対決。なんとか中込を倒し、アキラを開放するが、AIユイは犠牲になってしまう。
ドラマ「アキハバラ@DEEP」第11話 感想
“意識を取り戻したダルマがカッコイイことを言う。その一言でアキハバラ@DEEPが再び団結するところは、誰一人として欠かせない仲間なのだなと感じさせる良いシーン。中込には「ユイ」は必要だったが、@DEEPのメンバーは、もう彼女が”絶対に必要”な段階を飛び越えていた。それは最後のユイのセリフにも現れているし、これまでを見てきた私達にはもう明白だろう。唐突なエンディングもオタクであることを誇りに思う彼らの物語らしい終わり方だった。もっと彼らのドタバタした日常を見てみたい。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「アキハバラ@DEEP」の動画はアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「アキハバラ@DEEP」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「アキハバラ@DEEP」のあらすじと見どころ

それぞれに欠点を抱えながら何かひとつ人よりも秀でたものを持つ男女6人の若者が、人生相談サイト「ユイのライフガード」を通じて出会い、ひょんなことからベンチャー企業「アキハバラ@DEEP」を立ち上げることになった。とりあえず会社を維持するためトラブルシューターを開設したページ(風間俊介)ら6人は、秋葉原で起こる様々な事件に巻き込まれながらも、解決していく。一方で「アキハバラ@DEEP」が創り出した高度な人工知能AI「クルーク」に巨大企業デジタルキャピタルの中込(北村一輝)が目をつける。

ドラマ「アキハバラ@DEEP」の出演者や主題歌

ページ:風間俊介
ボックス:生田斗真
タイコ:星野源
アキラ:小阪由佳
イズム:松嶋初音
ダルマ:日村勇紀
ユイ:本上まなみ

主題歌:オープニングTUCKER「SWAN LAKE」
エンディングSAKEROCKとTUCKER「YAWARAKA-REGENT」

放送月日:2006年

テレビ局:TBS

ドラマ「アキハバラ@DEEP」の見所や感想

20代女性
石田衣良さん著書の、同タイトルの小説が原作です。ありえないほど極端に描かれたオタクたちがコミカルで面白く、ハイテンポなストーリーも当時目まぐるしく変わっていくアキハバラの街に上手くハマっています。
20代女性
演者の人もスタッフも楽しんでいる感じがして良いです。脱線しそうで逸脱しすぎないのは監督の手腕か脚本・演出の妙なのでしょうか。おそらくアドリブも満載なはずです。最初は強烈なキャラクターに押されてしまうかもしれませんが、見ていくうちに彼らが愛おしくなるような作品です。

関連動画

アキハバラ@DEEP
それでも、生きてゆく
純と愛
ダンダリン 労働基準監督官
僕のいた時間
陸王
下剋上受験
サバイバル・ウェディング
監察医 朝顔
おしい刑事
頭取 野崎修平

まとめ

ドラマ「アキハバラ@DEEP」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

秋葉原を愛する若者たちが協力し合いながら困難を乗り越えていく姿が描かれるドラマ「アキハバラ@DEEP」。

風間俊介さん演じるページの振り切れたオタクぶりも見所です!

ドラマ「アキハバラ@DEEP」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴