ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|てるてる家族の動画を無料で1話から20話まで視聴する方法

「てるてる家族」は2003年9月29日から2004年3月27日に放送されていた元関ジャニ∞の錦戸亮さんが出演しているドラマです。

大阪でパン屋を営む家族の四姉妹の四女冬子を石原さとみさんが演じ、錦戸亮さんはヒロインの相手役として出演しています。ヒロイン冬子を中心に四姉妹の成長を描いていくドラマです。

この記事では、錦戸亮さん出演ドラマ「てるてる家族」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「てるてる家族」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「てるてる家族」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「てるてる家族」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「てるてる家族」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月20日の時点の情報)

ドラマ「てるてる家族」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「てるてる家族」を全話無料で視聴することができます。

「てるてる家族」だけでなく、「ラスト・フレンズ」「流星の絆」「1リットルの涙」など他の、錦戸亮さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「てるてる家族」の動画を無料視聴

ドラマ「てるてる家族」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「てるてる家族」の動画を無料視聴

「てるてる家族」以外の錦戸亮さん出演

  • 「ラスト・フレンズ」
  • 「流星の絆」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「てるてる家族」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「てるてる家族」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「てるてる家族」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「てるてる家族」だけでなく、「ラスト・フレンズ」「流星の絆」などの錦戸亮さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「てるてる家族」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「てるてる家族」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされているサイトもありますが、海外向けであったり、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「てるてる家族」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「てるてる家族」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「てるてる家族」の各話のあらすじと感想

「てるてる家族」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「てるてる家族」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第1話 あらすじ
物語の舞台となるのは、戦後間もない混乱期。就業中に「リンゴの歌」を歌うような能天気な銀行員、春男は、得意先に届けなければいけないお金を無くしてしまい、大ピンチに陥る。このことをきっかけに、妻の照子に、「パン屋になりたい」と相談をする。生まれたばかりの子供を連れ、佐世保の進駐軍のパン工場へ修行へ行くことになった春男は、そこでみるみるうちに才能を開花させていく。修行終了後、大阪池田にて、岩田製パン店をオープン。池田市内にある小学校の給食パンを作ることとなる。
ドラマ「てるてる家族」第1話 感想
大好きな朝ドラシリーズ、今回はパン屋さんのお話とのことで、美味そうなパンが朝からたくさん見れるんじゃないかとわくわくしています。春男があまりにも能天気すぎて見ていてハラハラするのですが、しっかり者で明るい妻の照子がそんな彼をちゃんとサポートしていて、内助の功として今後このパン屋がどんどん有名になっていくのかな?と思いました。娘たち2人を抱え、一家の主として春男にはしっかり頑張ってもらいたいものです。

第2話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第2話 あらすじ
岩田製パン店の経営は軌道に乗り、従業員も増え、とても好調な様子。そんなある日、照子と春男は映画を見に梅田に繰り出す。そこで照子は、街頭テレビに集まる人々のニュース映像が頭から離れず、池田で最初の「テレビジョンが見られる喫茶店」を開こうと心に決める。銀行に融資の相談に行くが、全く相手にしてもらえず、春男がコツコツためた貯金を資金に使わせてもらうことにする。念願のテレビジョンを電気屋で購入し、「シャトー」と命名した喫茶店をオープンさせる。
ドラマ「てるてる家族」第2話 感想
テレビジョンと言う響き、シャトーというまるで純喫茶のような響きの喫茶店、どれもレトロな雰囲気がたっぷりで、ノスタルジーを感じさせられます。まだテレビが一般的ではない時代なので、テレビが見れる喫茶店が流行る!という発想が斬新でした。そして春男役の岸谷さんと、照子役の浅野さんの掛け合いが面白くって、最高のコンビです。産まれたばかりの春子はまだ赤ちゃんでとっても可愛いです。姉妹たちが大きくなって、跡を継ぐところまで見れるのかな?と、彼女たちの成長が見れるのも楽しみです。

第3話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第3話 あらすじ
シャトーの経営も順調な照子は、梅田駅前にあるスケートリンクで、そこに付属している喫茶店を経営しないかと声をかけられる。スケートリンクという場所柄、儲かるのは冬だけでそれ以外の季節は閑古鳥が鳴くような商売とわかり、最初はがっかりして落ち込むものの、スケートと運命的な出会いを感じる。これも縁のひとつとのことで、娘の春子と夏子にフィギュアを試させると、めきめきと上達していく。照子はすっかりフィギュアスケートに夢中になり、一生懸命娘2人に習わせる。
ドラマ「てるてる家族」第3話 感想
能天気な一面もありながら、明るくて常にポジティブな照子の姿は、朝から観ていて元気を貰えます。フィギュアをする2人の少女たちもとっても可愛くて、日本でも有数の先生の指導を受けることになったら、自分でも有頂天になってしまうだろうなと感じました。ゲストとして登場した岸谷五朗さんは、目がチカチカするようなド派手な格好で、たった数シーンの出演でしっかり登場人物の心を動かす説得力があり、さすがだなと感じました。

第4話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第4話 あらすじ
日本有数のフィギュアコーチから指導を受けることになった春子は、厳しい指導のもと、益々フィギュアが上達していく。照子もますますフィギュアにのめりこむ。そんな中、冬子は、和人と知り合う。和人は家が貧しく、食パンの耳をもらいに訪れてくるのだ。冬子は彼が気になって仕方なく、周囲の大人たちも、彼女が初恋をしていることに気づく。一方、英国帰りの浪利は冬子が気になっており、三角関係となる。そんな中、和人は兄に唆され、秋子と冬子を連れ、鶏を盗みに行く。
ドラマ「てるてる家族」第4話 感想
パンの耳だから堂々と貰っていっても良いんだ!という潔さ、食べ物があるだけ幸せだという時代を感じます。また、部屋の中にある鳩時計が鳴る音で今の時刻を表すというのが、当時はそれが普通だったと思うのですが、今ではとても斬新に感じました。また、お客さんも一緒になって喫茶店の中で明るく歌って踊るシーンは、あまりに楽しそうな光景で思わず笑ってしまいました。初恋をしている冬子の姿はとてもピュアで、見ていて甘酸っぱい気持ちになります。

第5話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第5話 あらすじ
秋子は、ひょんなことから、即席ラーメンの発明に情熱をかけている研究家・安西と知り合う。安西の姿に、鉄腕アトムの生みの親である御茶ノ水博士の面影を感じ、ラーメン開発の助手になることにする。秋子はその話を照子にするが、フィギュアに夢中な照子は全く相手にしてくれず、秋子は家出、住み込みで安西の研究助手になることにする。やがて安西は即席ラーメンの開発に成功し、それをきっかけに秋子は実家に戻るが、照子は自分のせいで秋子が家出したなどと全く反省の色を見せない。
ドラマ「てるてる家族」第5話 感想
即席ラーメンの開発がストーリーの肝なので、シンプルな即席めんが何度も出てきて食べたくなってきます。ラスクのように揚げてるパンの耳が素朴ながらもとても美味しそうに見えました。春子、夏子のフィギュアに夢中な母親の気持ちを少しでも引きたい、自分のことも見て欲しいと思う秋子と冬子の気持ちがとてもよく分かり切ない気持ちにさせられました。平等に4人の子どもに愛情を振りまくのはなかなか難しいことかと思いますが、全員が母の愛情を一身に受け止められると良いなと感じました。

第6話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第6話 あらすじ

安西が発明した即席ラーメンは「ニコニコめん」と名付けられ、発売された。売れ行き上々で、喫茶店「シャトー」でも人気メニューとなった。和人の兄・賢作は、実は過去に「シャトー」で食い逃げをしたことがあると照子たちに謝罪する。その代わりに心を改め、熱心に働き始める賢作だが、五月山の盆踊りの日、和人たち兄弟を連れて居なくなってしまう。冬子は片思い中の和人に会えなくなると知り心を傷めるが、人生は「ケ・セラ・セラ(なるようになるさ)」と前を向き直す。

ドラマ「3年B組金八先生第4シリーズ」第6話 感想
ニコニコめんを売り出すときの歌唱と宣伝文句、何よりヤカンから湯気がモクモク出てきて歌うシーンは面白すぎて大笑いしてしまいました。卵をポンと真ん中に乗せた即席ラーメン、今の時代に見ても本当に美味しそうです。賢作は見た目は悪そうな奴そのものだったけど根は良い奴、って感じだったので、不意に去ってしまうのは寂しかったです。それでもその寂しさを堪え、兄弟の幸せを願う冬子のてるてる坊主には、心がじんわりと温かくなりました。

第7話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第7話 あらすじ
夏子はのびのびとした性格がそのままフィギュアの演技にも生きて、更に技術に磨きがかかる。ジュニアの大会に出場すると、実力は一番と認められたものの、規定の年齢に足りていないことを理由に優勝を逃す。理不尽を感じた夏子は、フィギュアを辞める決意を固めるが、彼女の魅力が梅田劇場の製作者の目に止まり、芸能人生活を始めることになる。こうしてドラマは、第一週の冒頭シーン、4姉妹全員が大人に成長した姿となって、新たに描かれる。
ドラマ「てるてる家族」第7話 感想
フィギュアの大会で、優勝できないなんて納得できないと審査員席に詰め寄り、注目されるのが気持ちよかったと語る夏子の姿は、少女ながらも既に大物の風格がありました。そんな夏子を見つめる春子の姿は、当然姉として寄り添う部分もありながら、同じスケートリンクに立つ戦友としての側面もあり、グッときました。少女時代のストーリーはここで終了、次回からは大人になった彼女たちの様子に切り替わるので、どんな一面を新たに見ることができるのか、楽しみです。

第8話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第8話 あらすじ
好調だった岩田製パン店だが、大手の製パン工場に押されがちな状況に陥る。冬子は伝書鳩を使い、学校で新手の売込みをする。この手法に春男は怒るが、一方の照子は商才があるのではと喜ぶ。春子はフィギュアの練習の無理がたたって入院。悔しがる春子の姿、そして芸能人として、歌と踊りのプロとして励む夏子の姿に感化され、冬子も本気で自分の夢を持ち、それを実現したいと考え始める。その頃、春男は浄瑠璃のお師匠で和服の美女と知り合う。
ドラマ「てるてる家族」第8話 感想
学校は商売をするところじゃないんだから、学校で営業するなんて言語道断!と怒る春男の気持ちも分かりますが、それに対して「美味しいパンを食べたい、岩田製パンのパンを食べたい」という同級生の気持ちを汲み取った上で行動したと言い、「その願いをただただ聞くだけで何も動こうとしないなら、その方がパン屋の娘とは問題でしょ!」と言い切る冬子の姿は格好良かったです。春子が急性肝炎になってしまって、夢半ばに休まなければいけなくなってしまうシーンは、ただただ応援したい気持ちで一杯になりました。

第9話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第9話 あらすじ
春男が浄瑠璃の師匠である和服の美女とどうやら良い雰囲気になり、浮気をしているようだ、と聞きつけた照子は激怒する。一方、冬子は五月山の佐藤に感化され、浄瑠璃に憧れる。その結果、師匠の元を尋ねることにする。冬子が浄瑠璃に向かうと知った照子は、てっきり春男の浮気が冬子に知られたとカン違いし、娘のためにも仲直りをしようと心に決める。そして佐藤を証人に、二度と浮気はしないという誓いの誓約書を春男に書かせる。
ドラマ「てるてる家族」第9話 感想
姉妹たちが夢を追う姿を見て、焦ってしまう冬子の気持ち、とてもよく分かります。そんな冬子に投げかける祖母の「無理して夢なんかほしがらんかて良いんだ。そのうちちゃんと、自分に合ってるものが分かってくるものだ」という言葉が優しくて、とても素敵な言葉だなと感じました。また、春子が帰宅するシーンから、店内に戻ってかおるが登場するまでの長回しのカメラワークが、まるで目の前で演劇を観ているかのようで圧巻されました。

第10話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第10話 あらすじ
胆石の手術を受けた照子だったが、体調は順調に回復。一騒動あった春男の浮気相手、美人な師匠も主治医との結婚することを決める。秋子は、春子や夏子のようにスポーツや芸能界で奮闘する彼女たちとは異なり、普通の生き方をしようとする。しかし、目の前に現れた抽象画家・米原に心惹かれ、憧れの人となる。米原は東京の家族を捨て、大阪にやってきていた。そのため、もう一度家族の元に戻ると言い、秋子のもとを去ってしまう。一方、照子は、冬子に宝塚音楽学校の受験を勧める。
ドラマ「てるてる家族」第10話 感想
春男に限って不倫なんてしなそうだったのに、師匠さんとの会話で「あっ、本当に不倫関係だったのか」と思わされて、驚きました。春子や夏子のように、早くから夢が決まり努力している姿に感化された秋子が、何かを目指すのかと思いきや、激しい情熱を持ちながら普通に生きてみたい、という独特な夢を語るシーンは、唖然とした顔をしている照子の表情がぴったりで面白かったです。春子は「踊りたいときに踊る。それが私のモットー。」と語るのが、フィギュアに魅せられたプロの風格で、格好良かったです。

第11話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第11話 あらすじ
春子はフィギュア、夏子は芸能界と、それぞれの世界で伸び悩み始める。そんな2人の姿を見た照子は、彼女たちのやる気を促すためにも、冬子に宝塚受験を勧めたのだった。ストレスの溜まっている姉妹たちは、梅田リンクのスケートコーチ、田中が働いている歌声喫茶に訪れ、カラオケで歌いまくり、ストレス解消する。やがて、秋子も無事に志望高校に合格。夏子は、芸能人としてもっと大きく羽ばたくために、東京への旅立ちを決意する。
ドラマ「てるてる家族」第11話 感想
才能溢れる姉妹たちのいるこの家庭で、唯一春男が「普通にしてたらいい」と焦らず平凡な思考のスタンスのままなので、教育熱心で娘たちに人生をかける照子との対比に、子育てって何が正解なんだろう、と考えさせられました。また、春子も夏子も夢が決まっていて、それに向かって努力しているのが当たり前のように書かれているので、「自分からそれを取ったら何も残らないんじゃないか」という風に考えている春子の一面が見れて、良い回でした。

第12話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第12話 あらすじ
昭和38年春、夏子の東京生活が始まる。夏子が家を出たことにより、春男はショックで日々寂しさを募らせる。ある日、岩田製パン店に、かつてパンの耳をもらいに来ていた少年、和人が成長した姿で戻ってくる。賢作は亡くなってしまったのだ。一同は寂しさを隠せない。和人はそんな兄の代わりに、岩田製パン店で働きたいと申し出る。将来は自動車をつくるエンジニアになりたい、と夢を語る和人。それを聞いた冬子は、自分の夢は宝塚歌劇に入ることだと告白する。
ドラマ「てるてる家族」第12話 感想
あれから、賢作兄ちゃんは亡くなっていたことが伝えられて、あまり彼の回想シーンは描かれていないけれど、兄弟たちに見守られて幸せな人生を贈っていたのであればいいなぁとじんわりしました。成長した和人の姿は格好良かったです!また、すごいのが、当然子役時代と青年時代は演じている俳優さんが異なるのですが、当時の子役が本当に成長したかのように似ていて驚きます。むしろ子役の役に寄せていって役作りをしたそうで、すごいなと感じました。

第13話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第13話 あらすじ
東京オリンピックに合わせ、喫茶「シャトー」はカラーテレビを導入する。そんなシャトーでは、冬子が考案したてるてるパンのメニューが好評。冬子は、宝塚音楽学校の合格を目指し、日々特訓を重ねる。喜介さんは独立し、工場長にはパン作りの専門学校からスカウトが相次いで、岩田製パンにも別れの季節が訪れる。一方、東京で奮闘する夏子の元に、初めてしっかりとした仕事のオファーが舞い込む。照子は、秋子と冬子を連れて、初舞台をを見るため東京に上京する。
ドラマ「てるてる家族」第13話 感想
白黒テレビの時代に生まれていないから分からないけど、白黒からカラーに変わるというのは、すごく大きなインパクトがあったんだなと見ていて感じました。また、独立や転職で、次々と岩田製パンから人が抜けていくのは少し寂しくも感じたけれど、それぞれの夢や大切な家族を思ってのステップアップだったりするので、彼らの今後はもしかしたら描かれることは無いかもしれないけど、応援したくなりました。夏子がついに、脇役と言えど舞台の仕事が決まったのは良かったです!

第14話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第14話 あらすじ
宝塚音楽学校への受験に向けて、初めて本気で取り組めるものと出会った冬子。猛練習で上達したダンスと歌、そして自然体で物怖じしない態度が評価され、ついに入学が決まる。一方、夏子は芸能人としての下積み生活に疲れ切った様子を見せる。コマーシャルの仕事から本格デビューの道が開け、照子は姉妹を進学させてやるためにも芸能界でがんばれ、と声をかけてしまう。しかし、何のために芸能界で頑張るのかを見失ってしまった夏子は、ついに仕事場から逃げ出してしまう。
ドラマ「てるてる家族」第14話 感想
ずっと才能が認められて頑張っていた夏子がはじめてぶつかる挫折や苦悩、分かるなぁと感じました。夢を持っていたからこそ、なかなかそれが叶わぬものと知り、また一人で上京した場所での寂しさもあって、逃げ出したくなる気持ちは本当に分かります。だからこそ、その後再度意欲を取り戻して、前向きになる夏子の強さはさすがだなと感じました。冬子もずっとくすぶっていたのに、どこでこんなに成長したんだ?というくらいシャキッとしていて、とても格好いい姿でした。

第15話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第15話 あらすじ
願い叶って宝塚音楽学校に入学した冬子は、先輩や仲間たちと、充実した毎日送り始める。普通として生きていくのが夢と語った秋子も、理科系に強い高校生としてやはり楽しそうな毎日を送る。東京にいる夏子も、少しずつ歌やダンスの仕事が舞い込み始める。そんなある日、祖母・ヨネの具合が優れず、病院嫌いの彼女を説き伏せ、検査を受けさせる。すると、病気はすでに取り返しがつかないほど悪化していると告げられる。家族はショックを受けるものの、祖母のためにも「普段どおりの毎日」を過ごそうとする。
ドラマ「てるてる家族」第15話 感想
宝塚音楽学校の様子、先輩たちからの叱責などとても厳しくて、プロとして活躍するためにはこんな並々ならぬ努力が必要不可欠なんだと感じました。そんな冬子は、初恋の人と夜にこっそり自室の窓と物干し台で話すピュアできゅんとする青春を送っていて、眩しいほどです。春子も初めて告白されるなど、彼女たちを取り巻く恋愛模様も次第に描かれるようになってきて、ますます楽しくなってきました。しかし、今までずっと家族を支えてくれていたおばあちゃんとの別れがついに近づいて、寂しい展開が近そうです。

第16話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第16話 あらすじ
夏子はついにレコードデビューを果たす。秋子は大学受験、冬子は宝塚音楽学校の稽古に励む日々を送る。しかし、春子はオリンピックの選考につながる国体が間近にも関わらず、スケートの練習に身が入らず、ついに練習をサボってしまう。そのことを知った照子は激怒するも、春子は「お母ちゃんの夢は背負いきれない」と言ってのけ、照子と仲たがいしてしまう。が、大学の先輩で恋人の岡谷とのデート中、自分はやはりスケートが好きなのだと実感し、再び頑張ろうと心に決める。
ドラマ「てるてる家族ズ」第16話 感想
成長が思い悩んでいる春子、コーチにスケート以外に何か気になってることがあるんじゃないか?と問い詰められるものの、照子に「何があっても潰す」と言われてしまい、そんなこと言われたらそりゃあ喧嘩にも発展するに決まってるし、照子落ち着いて!とハラハラしました。また、冬子は宝塚音楽学校の制服を着ているときは男性との距離を適度に保っているので、和人と本当は良い感じなのに距離感があるのがやきもきして、2人にくっついて欲しい!と思いました。

第17話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第17話 あらすじ
やる気を取り戻した春子は、国体優勝を果たす。そして、恋人・岡谷を照子と春男に紹介する。岡谷はまずは春子のオリンピック出場を応援し、ゆくゆく結婚も踏まえて真剣に付き合いたいと宣言し、照子も二人の交際を許す。宝塚音楽学校に通う冬子は、厳しいレッスンにくじけそうになる友達を支えつつ、日々努力を重ねる。秋子はついに志望大学に合格、当時憧れた米原と再会。今は絵本画家として活躍する米原の幸福そうな近況を聞く。そしてローリーは、秋子にほのかな恋心を抱くようになる。
ドラマ「てるてる家族」第17話 感想
岡谷が常に春子の大会で最前線に立っている立ち位置も面白いのに、マスコミが春子の取材に躍起になっていて、全く恋人の存在に触れないのも面白くて笑ってしまいました。照子は自分から春子が離れていってしまう、と焦るも、ついに子離れの時期も近いのかなぁと感じさせられました。冬子のレッスンの様子、プレッシャーが半端無くて、やはり生半可な気持ちでは宝塚音楽学校でレッスンなんて出来ないんだなと尊敬の念を抱きました。

第18話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第18話 あらすじ
春子は五輪出場権がかかった大試合に臨むことになり、一家総出で応援するため東京へ上京する。春子は家族と恋人の大きな声援を受け、全日本選手権に入賞をし、ついにグルノーブル・オリンピックの出場権を手に入れる。一方和人は、夜間高校を卒業。それを機に、岩田製パン店の見習を辞め、就職することを決意する。春男は、これまで息子のように可愛がっていた和人が巣立っていくことに寂しさを覚える。夏子はその後も歌手として頑張るものの、今ひとつヒット曲を生み出すことが出来ない。
ドラマ「てるてる家族」第18話 感想
幼くして両親、続いて兄も亡くし、和人は自立するために岩田製パンで住み込みで働きますが、その居心地の良さに甘えてしまってはいけない、居心地が良いからこそここにいてはいけないと、これまで苦労をしたからこそ簡単に他人に甘えることが出来ない和人に、胸が熱くなりました。春子と岡谷はすっかり良い恋愛関係を築いていて、フィギュアもプライベートの恋愛も好調な春子が羨ましくなりました。照子も、春子に自由にフィギュアを楽しんでと認める様子があったので、良かったです。

第19話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第19話 あらすじ
春子が冬季五輪出場をするタイミングで、シャトー梅田リンク店は店じまいすることとなり、照子さんは退屈な日々を送る。冬子は宝塚音楽学校の卒業記念文化祭で舞台に立つ。晴れ舞台を観に、家族だけでなく、近所の人々や、東京からこっそり夏子も観劇に。頑張るその姿に、夏子も勇気づけられる。冬子は文化祭で燃えつきたのか、今後本気で宝塚歌劇を目指そうという気持ちが出てこない。一方、岩田製パン屋を辞めた和人は、自動車会社には内定が貰えなかったものの、大手製パン会社に就職が決まる。
ドラマ「てるてる家族」第19話 感想
今まで娘たちの夢を応援し、彼女たちに自分の人生をかけていたからこそ、すっかり暇で抜け殻となってしまった照子の気持ちがよく分かりました。また、冬子を応援するべく秋子は近所の人にチケットを売りさばき、照子とは別の形で冬子の気持ちを奮い立たせる様子に姉妹愛を感じて、とても素敵でした。そして舞台に立った冬子を見ていると、「私は夢中でした。夢中で今を生きることに精一杯でした」というセリフが身にストンと落ちてきて、まるで生で舞台を観劇したかのような満足感がありました。

第20話

動画サイト
ドラマ「てるてる家族」第20話 あらすじ
将来について思い悩んでいた冬子は、ついに宝塚への入団ではなく、パン屋になることを決意する。冬子は、春男と元岩田製パンの工場長・辰造の元で職人になるべく修行を始める。夏子はレコード会社を移籍することを決意。そんなある日、岩田家では、弘子に縁談を持ちかけようと盛り上がる。そして弘子はたこ焼き屋の萩原の紹介でお見合いをすることに。その様子を見て、以前から弘子に好意を寄せていた本屋の松本が、自分の気持ちを告白。そして弘子と松本は結ばれる。
ドラマ「てるてる家族」第20話 感想
春男は最初冬子にパン屋を継がしたいと思うくらいなら、和人も引き留められたと言うのですが、血は繋がっていない本当の家族ではない和人に対しても、そこまで信頼を寄せていたんだなとじーんとなりました。夏子はいよいよレコード会社を移籍して、演出・作詞・作曲などのスタッフを一新しようという話になるので、これまで下積みを頑張っていた分、悩みながらも新たなところで頑張ろうと心機一転する夏子に、どうか芽が出て欲しいと心から思います。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「てるてる家族」の動画はアップされているサイトもありますが、外国版であったり、画像も見づらくなっています。

また、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「てるてる家族」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「てるてる家族」のあらすじと見どころ

銀行員を辞め、修行の末岩田製パン店を始めた岩田春男。そんな春男と妻・照子の間には、春子・夏子・秋子・冬子という4人の娘がいる。照子はある時、街中でのふとした光景を見たことをきっかけに、当時では珍しいテレビを置いた喫茶店を開店させる。春子はフィギュアのスケーターとして才能開花、夏子はスカウトされたことをきっかけに、芸能人として下積みを始める。優等生の三女の秋子は姉たちとは異なり、平凡な生活の中に自分の幸せを見出そうとする。冬子は宝塚歌劇学校へ入学し、将来の夢を模索する。

ドラマ「てるてる家族」の出演者や主題歌

岩田 冬子:石原さとみ
桑原 和人:錦戸亮
岩田 秋子:上野樹里
岩田 夏子:上原多香子
岩田 春子→岡谷 春子:紺野まひる
岩田 照子:浅野ゆう子
岩田 春男:岸谷五朗
岩田 ヨネ:藤村志保
白石 滝子:山崎千恵子
岩田 長介:岸谷五朗(二役)
川島 弘子→松本 弘子:森口博子
岡谷 信夫:川岡大次郎
大平 辰造:でんでん
伊藤 喜介:有薗芳記
松本 勘助:桂小米朝
萩原 肇:ほんこん
桑原 賢作:阪本浩之
桑原 政也:中村健、
佐藤 通夫:大村崑
佐藤 浪利:杉浦太陽
安西 千吉:中村梅雀
安西 節子:堀ちえみ
稲本 栄子:いしのようこ
斉藤 忠之:伊藤正之
山岡 珠美:植野葉子

主題歌:RYTHEM「ブルースカイ・ブルー」

放送月日:2003年

テレビ局:NHK

ドラマ「てるてる家族」の見所や感想

 

40代女性
岩田春男は勤めていた銀行を退職し、修行をしてパン屋を開店する。そんな彼には妻の照子との間に、春子、夏子、秋子、冬子という4姉妹がいた。そして照子は、街中で見かけた光景をきっかけにして、テレビのある喫茶店を始める。やがて春子はフィギアスケーターとしての才能を発揮し、スカウトされた夏子は芸能人となる。一方で優等生の秋子は何気ない生活の中に自分の幸せを探し、冬子は宝塚歌劇学校で自分の夢を追うのだった。
20代女性
名立たる有名女優や俳優揃いで豪華なだけでなく、戦後の時代背景もとてもリアルに描かれていて、当時はこんな風に生活していたんだなと勉強になる部分も多かったです。幼い頃からの成長を見届けるので、姉妹4人が夢に向かって成長し、大人へとなっていく姿は、まるで自分も娘を育てているような気持ちになります。また、喫茶シャトーでのミュージカルのような歌と踊りは見ていてとても元気が出るので、こんな喫茶店があったらぜひ行ってみたいと思わされました。
30代女性
私は年代としては劇中とはかなり離れていますが、当時両親と一緒に見ていて親が懐かしがっていたところも思い出としてあります。家族で安心して観ていられるドラマであったという印象が強いです。
ドラマとして面白いのですが、大事件が起きたりという部分ではもっとドラマチックなものはいくらでもあるので、てるてる家族については雰囲気を楽しむべき作品だと思っています。関西弁での軽妙なやり取りはいつもクスっとさせられますし、ほとんど主役である照子さんのキャラクターはパワフルで遥かに年上女性ながらも可愛く感じてしまいます。その意味では主役でありながら見せ場を取られまくっている冬子が可哀想になりつつ、強烈な母親+偉大なお姉ちゃん3人の中で自分らしく生きているところは共感してしまいます。まあ冬子も宝塚に入ったりと才能は十分にあるはずなのでしょうが。完全に女性家族の中で飄々した姿を見せて寛大な愛情を示した父親役の岸谷五朗さんは実はかなり重要なキーパーソンだったのかなとも思います。最初に見た時と親になってから再放送で観た時にはそうした家族のあり方の部分でも考えさせられました。
40代男性
この作品の原作は、作詞家のなかにし礼さんがご自分の奥様のご家族を基に執筆された小説です。そして、この作品を見た第一印象は、すごい家族が実在するのだなというものでした。奥様の姉妹にいしだあゆみさんがいることは知っていましたが、一番上のお姉さんがフィギュアスケートでオリンピック出場を果たしていたとは知りませんでした。物語にわざわざなかにしさんを登場させなくても、十分に楽しめる中身の濃い作品になったのも当然です。
そして、物語の中で最も楽しんで観ることができたのは、冬子が宝塚音楽学校に通っていた時代です。日本の舞台芸術の中心である宝塚には以前から興味があり、卒業生たちいろいろな番組で語る逸話を聞くのが大好きです。しかし、本当の実態がどんなものであるかは見ることはできません。この作品で、少入学からの2年間で劇団員になるためどんなことを学んでいるのかを通して見ることができて嬉しかったです。
ただ一つ疑問が残ったのは、学生たちにとってラインダンスが特別なものとして描かれていましたが、その話は今まで誰からも聞いたことはありません。現在の学生にとっても同じようにラインダンスは特別なのでしょうか。

関連動画

ラスト・フレンズ
流星の絆
1リットルの涙
トレース~科捜研の男~
パパドル!
サムライせんせい
ウチの夫は仕事ができない
よろず占い処 陰陽屋へようこそ
ごめんね青春!
ジョーカー 許されざる捜査官

まとめ

ドラマ「てるてる家族」を無料で1話から20話までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

ヒロインを中心に四姉妹の夢を追い求める姿をコメディータッチで描き、当時の流行歌に乗せて登場人物が歌い踊る演出が入ったミュージカル形式のドラマです。この趣向は朝ドラでも初めてで、日本のテレビドラマ史上でも非常に珍しい演出です。今ほど知名度のなかった錦戸亮さんの演技力も光った作品です。

ドラマ「てるてる家族」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴