ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|相棒17の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「相棒17」は2018年10月17日から2019年3月20日に放送されていた、元ジャニーズの反町隆史さんが出演しているドラマです。

人気刑事ドラマシリーズ「相棒」シリーズの17作品目となる作品で、主人公の刑事・杉下右京の活躍が描かれます。

反町隆史さんは右京の4代目相棒である冠城亘を演じています。

この記事では、反町隆史さん出演ドラマ「相棒17」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「相棒17」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「相棒17」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「相棒17」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「相棒17」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)
TUTAYA DISCAS
DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)
TELASA
見放題
30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon Prime
見放題
30日間無料 月額500円
(ポイントなし)
U-NEXT
レンタル配信
31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)
Video Market
レンタル配信
初月無料 月額550円
(ポイントなし)
Music.jp
レンタル配信
30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

クランクイン video
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年10月2日の時点の情報)

ドラマ「相棒17」は動画配信サービスのTELASA、Amazon Prime、U-NEXT(レンタル)、ビデオマーケット(レンタル)、music.jp(レンタル)、DVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)で視聴可能です。

「相棒17」のネット視聴はTELASAとAmazon Prime、ビデオマーケット(レンタル)、U-NEXT(レンタル)、music.jp(レンタル)が配信をしており、登録後すぐに全話視聴が可能です!

※TSUTAYAディスカスはDVDレンタルなので依頼をし、自宅に届くサービスとなります。

また、TSUTAYA DISCASは30日間の無料お試し期間があるので、この間に「相棒17」を全話見放題で無料で視聴することができます。

 

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「相棒17」の動画を無料視聴

ドラマ「相棒17」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASが1番おすすめと説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「相棒17」の動画を無料視聴

「相棒17」以外の反町隆史さん出演

  • 「GTO」
  • 「ビーチボーイズ」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「相棒17」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「相棒17」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「相棒17」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「相棒17」だけでなく、「GTO」「ビーチボーイズ」などの反町隆史さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「相棒17」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「相棒17」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「相棒17」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「相棒17」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「相棒17」の各話のあらすじと感想

「相棒17」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「相棒17」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『ボディ』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第1話 あらすじ
国家公安委員の三上富貴恵は大事な会議中に、何度もなる電話に渋々出ると、夫の鬼束鋼太郎からだった。そして、電話越しでとんでもない話を聞く。なんと鋼太郎の父である鬼束鐵太郎を殺してしまったというのだ。慌てて家に帰った富貴恵は床に頭部から血を流して倒れている鐵太郎の死体を目にする。慌てる富貴恵に鋼太郎は「お前のために殺したんだ」と話し始める。富貴恵の不倫の事実を知った鐵太郎は富貴恵を家から追い出そうとしていてそれを阻止するために殺したという。最初は警察に連絡しようとするが、鋼太郎に諭され、保身のために一緒に死体を隠して隠蔽をしてしまう。
二人の他に、祥という鐵太郎の若い妻もを事情を知り、手伝うこととなった。
鐵太郎の失踪を知った杉下と冠城は新たなメンバー青木も巻き込み調査に乗り出す。
ドラマ「相棒17」第1話 感想
まず、青木特命係にようこそー!っていう感じでした。
その事実を認めたくないのか、特命係の中に「サイバーセキュリティー対策本部分室」を作ってて笑いました。
事件については、息子が父親を殺したのにひょうひょうとしててなんだか気持ち悪かったですし、家族みんなで死体を隠すなんてどういう神経してんだと思いながら見ていました。
離れ屋の下に死体があると確信を得ている杉下が刑事部長に捜索を打診した際に、冠城が勝手に杉下さんのクビを賭けててびっくりしました。
さらにびっくりしたのは、結局死体が出てこなかったことです。「えー杉下さん首になっちゃう」と焦りました。

第2話『ボディ〜二重の罠』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第2話 あらすじ
前回の続き。杉下のクビを掛けて行った捜索がまさかの失敗に終わる。このことで、杉下は退職を言い渡されたが、残務整理と称して、残り僅かの日にちを事件の捜査にあてた。
杉下は、殺害された鐵太郎の携帯電話を手掛かりに、事件を隠ぺいした鬼束家の三人にプレシャーを掛けていく。そんな杉下からの圧力に怯えた一家はずっと持っていた鐵太郎の携帯電話と遺体を別の場所に移すことを決意する。
そんな中、風間楓子によって今回の離れ屋解体の件を、警察の横暴な捜査として週刊誌に掲載し、世間から非難を浴びる警視庁。杉下の巻き返しなるか…。
ドラマ「相棒17」第2話 感想
番組冒頭で甲斐さんが杉下についてめちゃくちゃ信頼していることを話していて、なんだかグッときました。
週刊誌に離れ屋の件が掲載されたときに、三上さんが上手いこと言って騒動を鎮静化させたシーンを見て、すごくしたたかなで頭のいい女性だなと思いました。
死体が見つかった後は夫婦で罪を擦り付け合っていてこんな夫婦にはなりたくない、と思いながら見ていました。
祥と鋼太郎ができていると知ってまさかの夫婦でそれぞれ不倫してたなんでびっくりしましたし、なんといっても祥の異常な感じが怖かったです。

第3話『辞書の神様』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第3話 あらすじ
男性がめった刺しになっている遺体が、公園で見つかった。その男性は出版社の編集者で、担当しているのは「千言万辞」という辞書であった。千言万辞とは普通の辞書とは違い、独特の解釈も記載されている個性的な辞書である。そんな千言万辞を愛読していた杉下は事件の調査に動き出す。
辞書の著者・大鷹という男性を訪ねた特命係。大鷹は取り憑かれたように言葉を集めることに人生をかけているような人物だった。言葉の収集に没頭するあまり、声を掛けられても気づかなかったり、集めたものをごみと間違えて捨ててしまったりすると激しい癇癪を起していた。
そんな中、事件当夜、殺された編集者と関係が良くなかった国島という大鷹をサポートしている大学教授が公園に訪れていたことが発覚する。
ドラマ「相棒17」第3話 感想
森本レオさん演じる大鷹のキャラクターが凄く強烈で、でもリアルで、本当にこんな人がいそうと思わせる演技力が素晴らしかったです。嘘を吹き込まれてオロオロしながら自首したり、線路に飛び込もうとしたり、精神的に不安定で繊細な役を見事に演じられていたと思いました。見ていてこちらまで悲しくなってしまいました。
犯人の動機が「千言万辞を潰すため」と言っていて、そんな理由で殺人を犯したの?という気持ちと殺人を犯してしまうほど辞書を愛していたのか、という気持ちと複雑な心境でした。
捜査の途中で杉下から上司ぶられる青木が何とも不本意そうで笑ってしまいました。

第4話『バクハン』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第4話 あらすじ
ある日、過去最大規模の裏カジノの一斉摘発が行われた。見事摘発を成功させた人物の一人が組織犯罪対策四課・賭博担当(通称バクハン)の源馬課長だ。源馬と組対五課の角田課長は長年ともに戦ってお互いを支えあってきた特別な関係だった。
見事裏カジノを摘発して、喜びに沸く捜査官たちだったが、一軒だけ摘発を逃れた店があることに気が付く杉下。独自に調査を進める中で、源馬が情報を流していたのではないかと考える杉下。その考えを知った角田課長は源馬を庇い、杉下と激しく対立することになる。さらに、冠城まで「角田課長を裏切れない」と杉下と距離を置いた。
孤立無援になった杉下であったが、生活安全部の百田と久我に協力を煽られ、捜査協力することに。
ドラマ「相棒17」第4話 感想
番組冒頭、杉下がカジノをやっているシーンがいきなり映ったのでびっくりしちゃいました。
源馬さんの口調や立ち居振る舞いがほんとにヤクザみたいで若干ビビりながら見てました。
角田課長と源馬さんの戦友のような関係性が素敵だなと思っていたので、杉下さんに声を荒げる角田課長の気持ちも分からなくもないと思いながら複雑な心境でした。
こんなに杉下さんに激しく対立する角田課長を見たことがなかったので、見ながら悲しくなってきて「喧嘩はやめて」とオロオロしちゃいました。
最後は源馬の過去に同情したし、角田課長と杉下さんが仲直りできて本当に良かったと思いました。

第5話『計算違いな男』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第5話 あらすじ
ある夜、杉下と冠城は不審な男性を発見する。ライトを手に何やら何かのタイミングを計っているように見えた。声をかけると慌てた様子で星を見ていた、などと話して足早にその場を立ち去って行った。杉下は状況から男性が事故を装って誰かを殺害しようとしていたのではないかと考える。
気になった杉下と冠城は男について調べる。星について熱く語っていた男性は、天文物理学者の星野という人物だと分かった。非常に優秀で近々研究のためイギリスへ行くことや、結婚を控えていることが分かり、順風満帆な生活を送っているように思えた。
そんな星野が、完全犯罪を企んでいるとなると、なんとか止めたいと特命係が動き出す。
ドラマ「相棒17」第5話 感想
今回の話はすごく杉下右京らしい追い詰め方をする回だなと思いました。
ほぼ確定していることを、回りくどく、ゆっくりネチネチと狙った人物を追い込んでいく姿が杉下の代名詞だと感じました。見てるこっちがうずうずしちゃいました。
完全犯罪を犯そうとするが、ことごとく特命係に見つかってしまう星野の歯がゆい感じが伝わってきました。
学生時代の事件がずっと星野や校長先生を縛り付けてしまっていたんだなと思うと、悲しくなりました。星野は最終的には誰も殺さずに済んで良かったなと思いました。
イギリス行きもなくなったし、いろんなものを失ったけど、婚約者だけは傍を離れずにいてくれて安心しました。

第6話『ブラックパールの女』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第6話 あらすじ
ある日、以前事件で関わりのあった連城弁護士から杉下へ連絡が入って、ある頼みを受ける。連城が顧問を務める出版社が訴えられた。訴えたのは遠峯小夜子という連続殺人犯として拘留中の女だ。内容は名誉棄損だが、和解の条件として「有能で実績のある刑事と話がしたい」というものだったらしい。その刑事に連城は杉下を選んで、遠峯と会ってくないかという依頼だった。冠城とともに遠峯に面会に訪れた杉下は遠峯と初体面を果たす。遠峯は雑誌に書かれていることは事実でないことばかりだと不満を漏らす。そんな話の中で、数日前自宅の風呂場で溺死した谷岡という研究者の名前が出てくる。その話に興味を持った杉下は事故死として処理された谷岡の事件を掘り返すことに。
ドラマ「相棒17」第6話 感想
冒頭から「連城きたー!」とウキウキで見始めました。連城との対決がまた見られると思っていましたが、終わってみるとほとんど連城が出てきてなくて少し期待外れ感はありましたが、それとは別に内容はすごく面白かったです。
遠峯小夜子に最初に会った後、早くも冠城が遠峯の魅力にやられそうになっている感じがして、冠城がなにかやらかすんじゃないかとハラハラしていました。番組の最後には杉下さんも冠城に「彼女にはあまり近づかないほうがいい」と釘を刺していたので杉下さんと考えていることが同じな感じがしてうれしかったです。
遠峯を演じた西田尚美さんの演技が、うますぎて本当に不思議な魅力のある平成の悪女に見えてきてすごかったです。

第7話『うさぎとかめ』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第7話 あらすじ
ある朝、多くのサラリーマンたちが早歩きで通勤している中、その流れを逆行するようにして歩道のど真ん中をリクガメが歩いていた。偶然、その場に居合わせた杉下はリクガメの行く先が気になって後をついていくことに。そのリクガメは目的地がはっきりわかっているかのようにある公園の中に建てられたテントの中に入っていった。杉下が中を覗くと、そこにはホームレスの男性が頭から血を流して倒れていた。
男性は病院に運ばれ、ペットと思われるリクガメは特命係で保護することになり、杉下と冠城はこの事件について調べ始めた。テントの中にあった新聞を手掛かりに、倒れていたホームレスの男性は「詠み人知らず」というペンネームで新聞に毎週掲載される短歌集に投稿していたことが分かった。
ドラマ「相棒17」第7話 感想
リクガメと杉下の組み合わせが癒しでしかなかったです。保護したリクガメのために一生懸命環境を整えてあげる杉下さんが可愛すぎました。
伊丹さんと芹沢から「特命係のカメ」という何とも懐かしいワードまで出てきてテンション上がっちゃいました。
何気にカメにはまっている角田課長も可愛かったです。カメにはこのまま特命係にずっといてほしいと思いました。
調査中に国土交通省の谷川と杉原の指に張られた絆創膏が気になってしょうがない杉下さんが面白かったです。一度質問をスルーされた後、次に会ったときに空気も読まず再度絆創膏について聞くあたりが杉下さんらしいと思いました。

第8話『微笑みの研究』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第8話 あらすじ
ある大学で教授が心臓発作で亡くなった件について、ネットで「呪い殺された」と噂になっていた。呪いというワードに興味を持った杉下は調査に乗り出す。
亡くなった教授は認知科学の権威として有名で、肝心の「呪い殺した」と噂される人物は川村里美という助教だった。なぜそのような噂が立ったのか学生たちに話を聞くと、教授が亡くなる前、川村が教授を睨みつけながら「死ね」とつぶやいたらしい。
いろいろと話を聞いて回るものの教授の死に不審な点は感じられなかったが、「事件性はない」という話になったときの川村の様子が気になった杉下。事件性はないと聞いた瞬間、川村はほほ笑んだのだ。
ドラマ「相棒17」第8話 感想
この事件の捜査を始めるきっけとなったのが青木の話からで、杉下さんが食いつきそうはワードをちらつかせ、見事飛びつかせた感があり、杉下さんの扱い方が上手くなってるな、と感じて面白かったです。調査中に冠城が杉下に指示を出したシーンで「上司は僕なのですが」と静かに突っ込む杉下さんがなんだか哀愁が漂ってて笑いました。
結局、殺された教授は研究のためなら少女たちの命なんてどうでもいいと考えている人で、めちゃくちゃ狂ってる人だと思ったし、少女たちを守るために犯行に及んだ高野准教授にかなり同情しました。
エンパスという能力を持った人がいることを初めて知って、苦労することが多いだろうなと感じました。

第9話『刑事一人』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第9話 あらすじ
捜査一課の伊丹が通う牛丼屋で店員として働く若い外国人姉弟がいた。サルウィン共和国から働くために日本にやってきたその姉弟の弟が死体となって発見される事件が発生した。
伊丹と芹沢が殺害された青年の姉に話を聞くと、最近外国人を狙った悪質な事件が多いという。顔見知りが被害に遭ったとして犯人逮捕へ意欲を燃やす伊丹であったが、なぜか上層部から捜査の手を引くように指示を受ける。
納得のいかない伊丹は一人で捜査を始めることに。お前は関わるなと言われた伊丹の相棒・芹沢であったが、伊丹が心配になり、特命係に内密に捜査協力を要請する。
伊丹は現場近くで何度も聞き込み調査を行う。そんなある日夜道を歩いていた伊丹が自転車に乗った覆面の人物たちに囲まれて暴行を受けてしまう。
ドラマ「相棒17」第9話 感想
今回の話は伊丹さんがメインとなっていて、普段特命係にネチネチと突っかかるイメージ大きい伊丹さんの捜査一課としての能力の高さや、相棒想いの優しい一面など、伊丹さんのいろんな顔が見られるレア回だと思います。
結婚を考えている相棒の芹沢の出世を考えて、厄介ごとに巻き込まないように配慮した伊丹さんはイケメンでした。いつも杉下さんに先を越されることが多くてポンコツっぽいイメージだったけど、やっぱり捜査一課の人なんだなあ、と改めて実感しました。
犯人の少年が外国人を痛めつけてしまった背景に父親との確執が関係していて、子どもよりも父親の方がくそだと思いました。
ラストでは伊丹さんが何気に失恋したっぽくなっているのが面白かったです。

第10話『ディーバ』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第10話 あらすじ
街を巡回中の特命係が110番通報を受けて駆け付けたマンションの一室で、頭部に重傷を負って倒れている若い女性を発見する。後からきた女性の母親により、倒れている女性の息子が誘拐されていることが発覚。被害に遭った女性は槙といい、衆議院議員・敦盛の孫だった。
ひ孫を誘拐されたと知る敦盛は身代金はいくらでも払うから、敦盛家の血を引くひ孫を必ず助けてくれと必死になる。
そんな中犯人からの要求により、来日中の大物歌手・神崎瞳子をも巻き込んだ騒動となる。犯人がマスコミの場で神崎に読ませた紙には「三雲生命の天野弘は自殺ではなく殺された」という内容の告発文だった。
ドラマ「相棒17」第10話 感想
スぺシャルということで大地真央さんや西岡徳馬さんなど、かなり豪華キャストで壮大な感じがして特別感があって楽しめました。
結論から言うと敦盛がクズ過ぎて唖然としてしまいました。孫娘を襲って妊娠させるなんて気持ち悪くて怒り心頭でした。
誘拐騒動は自作自演で褒められたことではないけれど、事件にかかわった五人にはかなり同情し、敦盛のしたことに比べたら、自分たちの正義を貫いていて、共感の方が大きかったです。
久しぶりに神戸さんも出てきましたし、神戸さんと冠城のツーショットは貴重でうれしかったです。

第11話『密着特命係24時』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第11話 あらすじ
警察密着のテレビ番組の取材を受けることになった捜査一課。弁護士の男が転落死した事件にカメラが密着する。その事件は転落した男の顔に赤いインクのようなものが塗られている不思議な状況だった。テレビ取材ということで気合が入る伊丹たちであったが、途中から現場に颯爽と現れ、見事に手掛かりを掴んでいく杉下と冠城にメインの座を奪われてしまう。
結局特命係を主役にしたその番組は刑事部長からの圧力でお蔵入りとなってしまったのだが、ディレクター・野田が写した事件現場の野次馬の映像からある人物を見つけ出した杉下。
その人物とは立花という元警察官だった。
ドラマ「相棒17」第11話 感想
番組冒頭、いきなり警察24時風の映像が飛び込んできてびっくりしました。見てると楽しくてこのテレビ番組見てみたいと思いました。ワイルド刑事とオールバック刑事のネーミングセンスが面白かったです。
一瞬映った野次馬の中から元警察官を見つけるなんて相変わらず杉下さんの洞察力はすごいなと感心しました。
立花さんかなり怪しかったけど、被害者の父親を庇って自分が罪をかぶるなんてなかなかできることじゃないし、自分が過去にしてしまったことを本当に悔いているのが伝わってきました。
でもそもそも父親がクズ過ぎて庇う価値はなかっただろ、と思っちゃいました。

第12話『怖い家』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第12話 あらすじ
特命係に珍しく中園参事官から調査依頼がきた。依頼内容は中園の妻の知り合いで、宮川厚子という主婦が引っ越した家で次々に心霊現象が起こるということで、原因を調べてほしいとのこと。
心霊となると目がない杉下は、嫌がる冠城を連れて早速その家を訪ねる。
宮川から話を聞くと、その家は亡くなった義父母のの家で二か月前に家族で引っ越してきたという。たんすの引き出しが開いて中のものが飛び出していたり、義母が使っていた櫛に髪の毛が大量に絡んでいたり、階段の上るギシギシという音が聞こえてきたり、心霊現象が絶えないという。しかし、夫は気のせいだろうと気にも留めてくれずに困っているとのことだった。
ドラマ「相棒17」第12話 感想
番組の内容とは関係ないのですが、冒頭の引っ越しのシーンで引っ越しのサカイの段ボールが全面的に映しだされていて「こんなに映っちゃっていいの?」と気になっちゃいました。
いつも特命係を目の敵にしている中園参事官が都合のいいときだけ頼る感じが気に食わなかったです。でも中園参事官っぽいとも思いました。
あと、今回はホラーが苦手な人にとっては普通に怖かったです。心霊現象の再現が素晴らしすぎて、内容よりも「怖い怖い怖い」という感情の方が大きかったです。刑事ドラマを見ているはずが、ホラー番組を見せられているようでした。
冠城の気持ちがよくわかります。

第13話『10億分の1』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第13話 あらすじ
冠城が夜道を歩いていると、一人の女性が橋の上で思い詰めている様子を見かける。その様子が気になった冠城が女性に声をかけると、そっけなく返事をされ、すぐに立ち去ってしまう。
その数日後、その女性がビルから転落して死亡する事件が発生する。状況から自殺と判断され、冠城は女性を助けられなかったと後悔の念を漏らした。しかし、杉下だけは自殺としては不自然な点があることを指摘する。彼女の死の真相を探るために調査を始める二人。
女性の名前は美由紀といい、半年前から無職でネットカフェで生活をしていたことが分かる。
どうやって生活費を稼いでいるのか、疑問に思っていたが調べを進めるとフリマアプリで物を安く手に入れ、モノを売って生活費を稼いでいたことが判明する。
ドラマ「相棒17」第13話 感想
フリマアプリをテーマにした回ということで時代だな、と思いました。冠城が声をかけたのに、結局飛び降りちゃったのか、と残念に思っていたけど他殺という線が出てきて気になって見はまりました。
今の時代、自分の知らないところで犯罪グループに利用されたり、巻き込まれたりしてしまうことの恐ろしさを知る機会にもなりました。子育ての日々の中で社会から取り残されたような感覚になり、SNSなどの中で人とつながっていることの安心感はとても共感できたため、感情移入してしまいました。
失ってから大切なものに気づかされるという、とても悲しい話でした。

第14話『そして妻が消えた』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第14話 あらすじ
ある日、冠城の携帯に学生時代からの知り合いである坂崎から連絡が入り、妻が姿を消してしまったいう話を聞く。坂崎は現在、犯罪心理学コメンテーターとして世間から人気を得ており、妻は元人気キャスターの絵美子で「理想の夫婦」としてメディアに取り上げられることも多かった。
冠城は杉下を連れて坂崎の家を訪ねる。そこには鍵穴をピッキングされた形跡や、床には血をふき取ったような痕跡があった。坂崎の話によると、妻は最近ストーカーに遭っていたという。しかし、調べを進めるうちに坂崎による絵美子へのDV疑惑が浮上する。
ドラマ「相棒17」第14話 感想
冠城の大学時代から親交がありということで坂崎さんは無実であってほしいなーと思いながら見てました。でもどんどん疑惑が深まっていったので「この人が犯人で決まりかな」と思っていたんですが、まさかの自作自演で驚きました。
自分が注目を浴びなくなったからここまで騒ぎを起こすなんで、どうかしてると思うし、わざわざ血を抜いたりとかそこまでするか?という気持ちで見ました。
ずっと自分の方が上だと思っていた相手に追い越されてしまって自尊心が傷ついちゃったのかな、と思いました。
そして、妹のマイもなかなかひどいことをするな、女の怖い部分が前面に出てきた話でした。

第15話『99%の女』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第15話 あらすじ
経済産業省の西崎という男が自宅で頭部を殴られ殺害される事件が発生する。一番に疑われたのは第一発見者である遠山千鶴という女性。西崎と遠山は、元上司と部下の関係であった。しかし遠山は関与を否認している。
そんな遠山の前に現れたのは、以前特命係が不正を見破ったことで検察官を辞任し弁護士となった倉田映子だった。倉田は遠山の弁護をさせてほしいと申しでるが、遠山は倉田を睨みつけ、「どうしてあなたが!」と怒りを表す。
二人は三年前にある事件で顔を合わせていた。その時は倉田が検察官として遠山を有罪へと追い込んだ。しかもその時も遠山は自分は潔白だと主張していた。
ドラマ「相棒17」第15話 感想
倉田映子が出てきた瞬間「100%の女きたー!」とテンションが上がりました。
しかも弁護士になっていて、検察官の時と同じように正義を貫くスタイルと思いきや、民間人として社会の波に揉まれて少し変わってしまった倉田に少しがっかりしました。
遠山の気持ちになれば、自分を有罪にした人が自分の弁護士になるってすごく嫌だろうな、と思いましたが、番組のラストでは笑顔を交わしていてよかったです。
倉田さんも変わったと思わせといて、実はやっぱり正しいことをしようと果敢に行動に移す姿がかっこよくて素敵でした。こんな強い女性になれたらいいな、なんて思っちゃいました。

第16話『容疑者 内村完爾』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第16話 あらすじ
男性の死体が河川敷で見つかる。殺害されたのは弁護士の小柳という男。そして、容疑者として拘束されたのが、なんと内村刑事部長であった。内村刑事部長は死体のそばに立ち尽くしていたというが、内村自身は黙秘を続けている。この緊急事態に、特別に特命係に捜査権が与えられる。
現場に訪れた特命係の二人は、遺留品から、近くの線香工場で聞き込みを開始する。その線香工場には女子高生を殺害した前科があり最近出所したばかりの須藤という男性が働いていた。須藤の弁護士を務めたのが小柳であった。そして、須藤は出社せずに行方が分からなくなっていた。
杉下は12年前の女子高生殺害事件との関連を疑い、殺害された女子高生の遺族のもとを訪ねる。
ドラマ「相棒17」第16話 感想
内村部長がメインの回はかなり珍しく、楽しませていただきました。普段は部長席に座って偉そうにしているだけの内村部長の優しさだったり、情熱のようなものが見られたような気がします。
内村部長が大変な時に、刑事部長席にちゃっかり座っている中園参事官がおもしろかったです。
事件については、犯行に及んでしまった母親の気持ちにすごく共感してみていました。自分の娘を殺しておいて12年で出てくるなんて許せる気がしないですし、懲役を短くしようとしている弁護士に同じような感情を抱いても仕方ないと思いました。
一方で、すごく反省して自分のやったことを悔いている人と、そんな人を早く社会に戻してあげたいと頑張る弁護士の気持ちも分からなくもないので、結局誰が悪いのか分からなくなりました。

第17話『倫敦からの刺客』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第17話 あらすじ
イギリス時代の杉下の元相棒の南井について、ある疑いを持っていた杉下だったが、何の確証もなかったため見逃すこととなった一年前。南井は犯罪者に対して、更生することが不可能な犯罪者は自らの手で死を選ぶべきだ、という歪んだ正義感を持っていた。その考えの元、犯罪者を自殺に追い込んでいるのではないか、ということだ。そんな南井がついに動き出す。
都内で連続殺人だと思われる事件が発生する。たまたま現場を通りかかった杉下は、一見無差別殺人だと思われる状況から、ある共通点を見つけ出す。
そんな中、杉下と冠城が花の里で食事をしていると、ロンドンから来た観光客・ジャックモランという男性が、ガイドと一緒に現れた。
ドラマ「相棒17」第17話 感想
番組冒頭から物騒なシーンで、前回は疑ってはいたものの確証が何もなかった南井との決着がつくのかな、と予想しわくわくでした。
単なる連続殺人事件じゃないという素晴らしく的確な勘が働く杉下さん凄すぎです。
被害者には殺害の前に必ず偽装電話が掛かってくると分かってから、杉下さんに偽装電話が掛かってきたときは「やばい!杉下さん殺される!」と焦りました。
そして、心配した冠城が一人で外出した杉下に対して「ここにいてくださいって言ったでしょう」と怒っていて、なんだか愛が感じられてほっこりしまいた。
ジャック・モランが死体となって見つかったときは驚きました。犯人が意外過ぎる。

第18話『漂流少年〜月本幸子の覚悟』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第18話 あらすじ
いろんな不法投棄現場で使えそうなもの集めに勤しんでいた品田と孫の直人。その日も夜な夜な古道具屋の店に並べられそうなものを物色していると、不法投棄されていた衣装ケースの中に死体を発見してしまう。自分たちが殺したと疑いを掛けられないように、朝になるのを待ち、たまたま知り合った幸子を巻き込み、一緒に死体を発見したことにしようと考えた品田だった。しかし、幸子をつれて現場に戻ったとき、なんと死体が消えていた。
その後、品田たちの様子から何かを感じ取った幸子は杉下に相談をする。そんな時、小さなお店の中で店主が首つり自殺だと思える状況で亡くなっていた。
ドラマ「相棒17」第18話 感想
番組冒頭で以前、事件で関わったハッカーの少年・椎名君と手紙のやり取りをしていた幸子さんが嬉しそうに手紙を眺めているのが印象的でした。振り返ってみるとこのシーンから、最後の幸子さんの決意は始まっていたのかもしれないと思いました。
シナトラさんと孫の直人君とのやり取りがまるでコントでシリアスなシーンなのにどこかコミカルさが加わって面白く見ることができました。
彬君が人を殺そうとしてるのか、分からなくて心配になりました。もしそうなら幸子や杉下さんたちでなんとか止めてほしいと思いながら見ていました。

第19話『漂流少年〜月本幸子の決断』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第19話 あらすじ
前回の続き。殺人事件の大事な遺留品をもったまま姿を消した彬。そんな中、幸子の元へ彬から連絡が入り、彬は幸子にある頼みごとをする。
彬の様子から唯一心を開いている大人・幸子の元へ連絡するだろうと考え、杉下は幸子に彬から連絡があったら必ず知らせるようお願いするが、幸子は杉下の言葉を聞かず、単独で彬と接触する。
そのころ、杉下は彬が所属しているバスケットチームを訪れて話を聞くことに。そのバスケットチームは金銭的に部活活動ができない子どもたちを集め、すべて無料で子どもたちにスポースをする機会を与えていた。その活動を支えているのが「ダディさん」という足長おじさんのような人物だった。
ドラマ「相棒17」第19話 感想
杉下から彬君から連絡があったら知らせてください、という言葉に対して「約束できません」と答えた幸子さんが話す言い分がごもっともすぎて、杉下さんも言い返せなかったシーンでは幸子さん強い、と思いました。
杉下さんが日本の制度について、「事件が起こってからしか動けない、でも起こってからじゃもう遅い」という刑事としての葛藤が垣間見れたシーンは考えさせられました。
彬くんが受け子になっちゃったときは、「冠城、杉下さん急げー!」と思わず力が入りました。
そして、なんといっても番組のラスト、幸子さんが自分の人生を歩み始めるために花の里を閉める決意をする。寂しさもあるけれど、幸子さんの覚悟に対し、優しく背中を押す杉下さんが素敵でした。

第20話『新世界より』

動画サイト
ドラマ「相棒17」第20話 あらすじ
秋川という大学教授が殺害される事件が起こる。秋川教授は世界的にも遺伝子工学の分野では名が挙がるほど権威のある人物だった。捜査が入り現場の物を確認していくと教授の机の下から不審な箱と「楽園の扉」という団体のバッジが見つかる。そのバッジを見て杉下は不審な箱は爆発物だと言い当てる。楽園の扉という団体は反科学主義を掲げているからだ。その活動は多少過激ともいえる。
杉下は続いて防犯カメラから、来た時と帰るときの変化があった男女の二人組を見つけ、教授の死に関係していると見て二人に接触する。名前を聞くと、成瀬真一郎と水原美波と答えた。その名前を聞いて杉下はある小説を思い浮かべる。その小説はある未知のウイルスによって世界のほとんどの人が死に、その中を懸命に生き抜いていく主人公たちの物語。その主人公たちの名前が、話を聞いた男女と全く同じだったのだ。
ドラマ「相棒17」第20話 感想
今回は見てるこちら側が翻弄されまくりの話で、常に頭をフル回転させながら必死に話に付いていった感じでした。
まず成瀬と水原の発言が謎すぎて途中まで本気で未来から来たと思っていて「相棒ってこんなファンタジーな話もあるんだっけ」と戸惑っていました。
そしてその正体が、人工的に作られた村で育った子どもだとわかっと時は今までで一番といっていいほどの衝撃でした。こんなことって可能なのかと不思議でした。
鳥インフルエンザを改良して、最悪のウイルスを作ってしまった八木橋教授の罪は重いものだなと感じました。
いつもラストで花の里で一息つくシーンがないのが何とも寂しかったです。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「相棒17」の動画はアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「相棒17」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「相棒17」のあらすじと見どころ

特命係に三人目のメンバーが加わる。前シリーズで週刊記者・風間楓子をエスカレーターから突き落としたとして、処分を受けた青木だ。いつも特命係を見下し、失脚を望んでいた場所に自分が配属されたとして現実を受け止められない青木。特命係の中に囲いを作り、あくまで自分と杉下、冠城は違うと行動で示す。しかし、それでも正式に特命係となった青木は不本意ながら杉下と冠城の捜査に協力していく。杉下の推理力、冠城の行動力に加え、青木のネットスキルを併せ持つもほぼ無敵状態となり、様々な事件を次々と解決していく。
そしてイギリス時代の杉下の元相棒の南井や、花の里の幸子など杉下とゆかりの深い人物たちとの関係性が変化を見せる。それでも変わらず、杉下の隣には相棒の冠城がいて、2人のきずなはますます強くなっていく。

ドラマ「相棒17」の出演者や主題歌

杉下右京:水谷豊
冠城亘:反町隆史
月本幸子:鈴木杏樹
伊丹憲一:川原和久
芹沢慶二:山中崇史
角田六郎:山西惇
青木年男:浅利陽介
中園照生:小野了

主題歌:「相棒」メインテーマ

放送月日:2018年、2019年

テレビ局:テレビ朝日

ドラマ「相棒17」の見所や感想

20代女性
今シリーズは特命係とゆかりがある人達との話が多かった気がしました。
青木の移動に始まり、角田課長との対立、伊丹さんのピンチ、芹沢の同期、冠城の先輩、内村刑事部長、南井、幸子の旅立ち。見ている側も知っている顔が多かったので話に入りやすかったです。個人的には青木に今シーズンいっぱいは特命係にいてほしかったなぁと思いました。人をエスカレーターから突き落とした処分としては期間が短すぎる!と感じました。
今回のシリーズで改めて感じたことは、普段みんな特命係を目の敵にしてるくせにいざ自分がピンチに陥るとみんな杉下を頼りがちということです。
そしてなにより、幸子さんの旅立ちは驚きでした。杉下さんたちの唯一のくつろぎの場がなくなるなんて寂しすぎるし、これからどうなってしまうんだろうと、すでに来シーズンが待ちきれません。

関連動画

GTO
ビーチボーイズ
あすなろ三三七拍子
花のち晴れ~花男 Next Season~

まとめ

ドラマ「相棒17」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

杉下右京が独自の観点で捜査を行い事件を解決する姿が印象的なドラマ「相棒17」。

反町隆史さん演じる冠城亘と杉下右京の息の合った掛け合いにも注目です!

ドラマ「相棒17」の動画は、動画配信サービスのTELASA、Amazon Prime、U-NEXT、ビデオマーケット、music.jp、Amazon PrimeまたはDVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴