ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|相棒16の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「相棒16」は2017年10月18日から2018年3月14日に放送されていた、元ジャニーズの反町隆史さんが出演しているドラマです。

優秀なキャリアをもちながらも、変人であることから「特命係」に所属している、水谷豊さん演じる係長・杉下右京が、相棒と共に優れた推理力・洞察力で活躍する大人気の刑事ドラマです。

反町隆史さんは右京の4代目相棒としてseason14から出演されています。

この記事では、反町隆史さん出演ドラマ「相棒16」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「相棒16」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「相棒16」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「相棒16」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「相棒16」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Telasa

見放題
30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime
見放題
30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market

見放題
初月無料 月額550円
(ポイントなし)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年10月2日の時点の情報)

ドラマ「相棒16」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )で視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「相棒16」を全話無料で視聴することができます。

「相棒16」だけでなく、「相棒15」「相棒17」「相棒18」など他の、反町隆史さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「相棒16」の動画を無料視聴

ドラマ「相棒16」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「相棒16」の動画を無料視聴

「相棒16」以外の反町隆史さん出演

  • 「GTO」
  • 「ビーチボーイズ」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「相棒16」を全話無料で視聴することが可能です。
ので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「相棒16」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「相棒16」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「相棒16」だけでなく、「GTO」「ビーチボーイズ」などの反町隆史さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「相棒16」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「相棒16」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「相棒16」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「相棒16」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「相棒16」の各話のあらすじと感想

「相棒16」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「相棒16」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『検察捜査』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第1話 あらすじ
「検察捜査」
平井という大富豪が、三人の妻を相次いで殺害したとして逮捕された。しかし、弁護士の慶子を通じて、「自分は無罪である」として、警視庁を告訴した。逮捕を決定づかせた平井の自供は捜査一課の伊丹と芹沢、そして特命係の杉下と冠城にいよって強要されたものであると主張した。
この事態に便乗したのが日下部だった。以前からあまりよく思っていなかった特命係を潰そうとこの機会を利用する。日下部は田臥という検察官に内密の指令を出す。それは特命係を脅迫罪ではなく、違法捜査を行ったとして立件しろというものだった。田臥はいろんな手を使い、特命係の二人を追い込んでいく。
ドラマ「相棒16」第1話 感想
新たなシリーズが始まって早々、特命係のピンチでいきなりヒヤヒヤしながら見ました。
冒頭での検事の態度にかなりイライラしました。そして平井の「お分かりかな?」という言い方にもなんだかイラつきました。
日下部さんがついに動き出してしまった!と思いました。青木も日下部さんにチクるなんて、いちいち嫌なことするなーと内心舌打ちしてしまいました。
平井が亡くなった奥さんの遺体を、ベッドに置いている感じが、少し不気味に感じました。
今回は1話では終わらず、珍しいなと思いました。

第2話『検察捜査〜反撃』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第2話 あらすじ
「検察捜査~反撃」
前回の続き。日下部法務次官の三つ霊を密令を受けて、捜査の指揮権を得ている田臥検察官は、特命係の二人に捜査行為の禁止を言い渡す。その真の目的は、捜査権を持たない杉下と冠城が、指示を無視して捜査活動をした際に、それを違法捜査として立件し、二人を追い出すことだった。捜査一課の伊丹と芹沢にも近づき、特命係を立件するための協力を仰ぐ。しかし、特命係の二人は警告を無視して捜査を開始してしまう。
捜査が難航する中、特命係の二人は偶然を装って平井の弁護士・慶子近づき、平井邸に潜り込んで手掛かりを探す。そんな様子を伊丹と芹沢に発見されてしまう。
ドラマ「相棒16」第2話 感想
平井が自白した際の亡くなった奥さんの三人の殺害供述調書を丸暗記している杉下さんの記憶力に驚きです。平井の家で伊丹さんたちがアメフトのボールでキャットボールをしている姿が新鮮でした。そして伊丹さんが再三忠告しているにのにズガズカと部屋を漁っていて、それが凄く可笑しかったです。
与謝野弁護士がビデオカメラ越しに追い詰められるシーンを見て、この追い詰められ方は嫌だなぁ、と思いながら見てました。
最後に峰秋の部下になったことに驚き、みんなまとめて潰されちゃう!と今後の展開が気になりました。

第3話『銀婚式』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第3話 あらすじ
「銀婚式」
ある日、峰秋からある調査を頼まれた特命係二人。その内容は、瀬川という有名商社の専務宅の玄関に灯油がまかれる騒動があり、誰が行ったのか犯人を調べてほしいというものだった。調査のため瀬川宅へ向かう途中、交通事故現場に遭遇する。事故に遭ったのは瀬川の妻・楓だった。楓はもともと車いすで生活をしており、夫・瀬川が少し目を離してる間にロックしていなかった車いすが楓を乗せた状態で坂道を自然と下ってしまったという。楓は車いすが転げ落ちる中、咄嗟に飛び降り、なんとか軽症で済んだ。その話を聞いた杉下は違和感を覚え、灯油がまかれた件と共に調査をすることになる。
調べを進める中で、楓が離婚を考えていたのではないかという可能性が出てくる。そうだとすれば、婿養子の瀬川が、地位を守るために楓の殺害を企んでいてもおかしくないという考えに繋がる…。
ドラマ「相棒16」第3話 感想
介護士・牧野は最初怪しいな、と睨んでいたのですが、めちゃくちゃいい人で見事にだまされました。
たくみさんが亡くなってしまったことにあまりに急でびっくりしました。しかも、状況的に本当に事故っぽいなと思いました。山荘で杉下さんが床を嗅ぎまわっている姿が面白かったです。
たくみの秘書との不倫をインターフォン越しに知ることになるなんてすごくショックだな、と同情しました。しかも、銀婚式のお祝いの準備の最中に。殺害したくなる気持ちもわからなくもないです。
終盤、DNA鑑定の結果が、一致しないとなって「杉下さんの読みが外れた」と一瞬焦りました。でもすかさず次の手を考える杉下さんはさすがだなと思いました。

第4話『ケンちゃん』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第4話 あらすじ
「ケンちゃん」
コンビニを訪れた冠城が出会ったとても好印象の若者のコンビニ店員。とびきりの笑顔に癒された冠城だったが、数日後そのコンビニ店員が殺害されたというニュースが飛び込んでくる。その若者は森山健太郎という。殺害現場付近では、健次郎の証言で、二年前に逮捕されつい最近仮出所した男が目撃されている。その男は宍戸といい、捜査一課は逆恨みで復讐された可能性が高いとして、宍戸の足取りを追っていた。顔見知りの事件ということで冠城が杉下を連れだし、捜査を開始する。健次郎の手の甲には「中」というような形の文字が書かれており、ダイイングメッセージではないかと考える杉下。
健次郎の兄・真一郎から話を聞くために、真一郎の職場に訪れる特命係。そんな中、事務員の中に中井小百合という女性が、健次郎から一方的に好意を抱かれていて告白をされたということがわかる。
ドラマ「相棒16」第4話 感想
健次郎君の笑顔に番組冒頭から癒されていたので、まさか亡くなるなんて思わなくてびっくりしました。特命係の二人が、兄の真一郎と中井小百合さんに話を聞きに訪れて以来、健次郎君のことを「ケンちゃん」呼びしてて、それがあまりにも自然に、当たり前のように呼んでいたので笑ってしまいました。
そして女将の数学の知識の凄さにびっくりしました。意外な趣味も素敵です。
終盤、真犯人が分かったとき「え?服部?誰?」というのが第一印象でした。すごく影が薄いというか、ほんのちょっとしか映ってなかった人だったので意外過ぎてびっくりしました。それからの服部の様子が、めっちゃ異常者っぽくて怖かったです。単なる妬みや劣等感から人を殺すなんて信じられません。
最後、健次郎君の殺害現場にたくさんのお供え物があるシーンで、すごく感動しました。すごく愛されていたんだな、と思いました。

第5話『手巾(ハンケチ)』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第5話 あらすじ
「手巾(ハンカチ)」
ある警察学校でベテラン教官の樋口という男が校内で転落事故を起こる。樋口は病院に運ばれたが意識不明の重体であった。たまたまその警察学校で働く、元警視庁鑑識で、特命係と関係が深かった米沢から連絡をもらい、現場に訪れた杉下と冠城。転落した樋口教官は、冠城も警察学校時代に指導を受けており、二人は独自に捜査を開始する。
樋口教官が入院している病院を訪れた杉下と冠城は、そこで樋口教官の娘で、現在所轄の刑事をしている真紀と出会う。
父親が意識を戻さないという状況にもかかわらず、真紀は不自然なほど冷静であっという間に担当している事件の捜査へと戻ってしまう。
ドラマ「相棒16」第5話 感想
冒頭の小さい女の子のお父さんへの手紙で、すごく微笑ましい気持ちになっていた中、次のシーンでは急にシリアスモードになってちょっと着いていけなかったです。
帆人的に久しぶりに米沢さんを見れて、とてもうれしかったです。
最初は突き落とされた樋口教官の生徒のプライベートまで探るやり方に不信感を抱いていたんですが、だんだん生徒の様子をよく見ていて細かく分析している、とても生徒思いのいい教官だったんだな、と印象ががらりと変わりました。
教官が命を取り留めて本当に良かったです。
犯人の言い草を聞き、「犯罪を犯すために警察学校に入った」とまでいう犯人に憤りを感じました。こんな人に優秀な生徒思いの教官が殺されかけたなんて悔しい気持ちになりました。
素敵な親子愛が最後に見られて、良い気持ちで見終われました。

第6話『ジョーカー』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第6話 あらすじ
「ジョーカー」
元捜査二課の早見という男が、警視庁を告訴した。内容は半年前、早見の妻・幹子が歩道橋から転落し、死亡した件について、早見は殺人事件だと主張したが警察は自殺と判断した。早見は再捜査をさせるために、知り合いに嘘の目撃証言をさせたとして早見は懲戒免職になった。それが不当な処分だとして損害賠償を請求した。そんな早見の弁護士は、以前にも特命係の前に立ちはだかった連城だった。
警視庁としては、当然、早見への処分は適正だったと主張するが、その根拠を強めるために嘘の目撃証言をした男を見つけ出すよう、衣笠副総監が指示を出す。
特命係は大河内と共に早見の妻・幹子の死の真相を捜査することに。早見から詳しく話を聞くと、幹人は生前、何者かに脅迫されていたという。
ドラマ「相棒16」第6話 感想
再び連城が登場したことに「きたー!」と思い、連城が出ていたってことはまた厄介なことになりそうだなぁと思いながら見始めました。しかし、見終わるころには「意外と連城が目立たなかったな」というのが印象です。
早見さんの妻が死んだ真相を知りたい、という気持ちも分からなくもないと思いました。
そして個人的に大河内さんがラムネをボリボリ食べている姿が意外でギャップが可愛かったです。
結局、妻の死因は自殺でしたが、父親の言葉が自殺の引き金になったようで、すごく胸糞悪い気持ちになりました。
最後に夫婦が本当に想いあっていたことが分かって、それがまた切なかったです。

第7話『倫敦からの客人』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第7話 あらすじ
「倫敦からの客人」
ある中年男性の遺体が発見される。遺体の付近に落ちていた携帯電話に入っていた動画に犯人と思われる男が映っていた。また、インターネットの裏社会・「ダークウェブ」を利用している痕跡があった。ダークウェブには同じ携帯電話から複数の殺人動画が投稿されており、捜査一課は携帯の持ち主が犯人の可能性が高いとして捜査を開始する。
杉下と冠城はというと、花の里で南井という男と事件について話し込んでいた。南井は以前、ロンドンで杉下の相棒として一緒に事件を解決してきた優秀な人物だ。
そんな中、動画に映っていた犯人と思われる人物が判明し、潜伏先まで突き止めるものの、その部屋にはなんと犯と思っていた男が遺体で発見される。
ドラマ「相棒16」第7話 感想
杉下さんのかつての相棒が登場ということでわくわくしてみてました。
杉下さんと南井さん二人の話に、冠城が付いていけてない感じが面白かったです。
ロンドンの事件も杉下さんが解決につなげたと聞いて凄すぎるな、と思いました。
ダークフェブでの動画や、画像を見て一瞬で情報を得る杉下さんさすがでした。
まさか警察官が関わっているなんてびっくり過ぎて「え?」と声が漏れちゃいました。
押収品を横流しして金儲けなんて、ばれないと思ったんでしょうかね、って感じです。
番組最初の方で「息子怪しいな」と思っていたので予想的中してうれしかったです。息子のやったことは許されないが、本人なりに自分の異常性に悩み、誰かに救ってほしかったように見えました。

第8話『ドグマ』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第8話 あらすじ
相棒16
「ドグマ」
ある日、杉下と冠城は道端で偶然、外来生物・ジゴクバチというアリを発見する。日本には存在しないとされていたアリのため、駆除を要請する。このアリは刺されても命を落とすほど危険はないが、刺されると地獄のような痛みが続くという。
駆除を手伝っていると、ある民家の玄関先でジゴクバチの群れを発見する。その民家の住人に警告をしようと尋ねた特命係だったが、部屋の中で女性の遺体を発見する。遺体には無数のジゴクバチに刺された跡があった。殺人の可能性も視野に入れて捜査が始まる。
捜査を進めると一枚の写真から遺体の女性は以前、中央アジアに訪れたことが分かる。そして、女性と一緒に映っていた人達のうち、一人の男性が女性と同じようにジゴクバチに刺されて死亡したという情報が入る。
ドラマ「相棒16」第8話 感想
今回は国際テロ組織との対決ということで、なんだか壮大だな、と思いました。
杉下さんがアリに注目したとき「アリにも詳しいの?」とちょっと笑っちゃいました。
被害者の遺体を見た時「アリに刺されながら死ぬなんて嫌すぎる」と思っちゃいました。
上層部にもいつにも増して真面目に手を引けと指示を受けても、何の効果もなくグイグイ捜査を続ける感じが、改めて特命係っぽいと思いました。
特命係に情報を与えていた東京地検特捜部の人が、日下部さんによって飛ばされていてかわいそうでした。前回の話に続き、警察官が関わっていたので「最近警察関係者が犯行に関わっていること多いな」と思いました。
幼い少年たちの未来を奪った被害者たちのことを許せなかった気持ちも分からなくもない、と思ってしまいました。

第9話『目撃しない女』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第9話 あらすじ
「目撃しない女」
あるキッチンカーに通い詰める冠城。理由は味はもちろんだが、可愛らしいキッチンカーの店主・芽依に会うためだった。しかし、何度も通い詰めているのになかなか顔を覚えてもらえず落ち込む冠城。そんな中、あるスナック店主の男性が殺害される事件が発生し、捜査一課では強盗殺人とみて捜査を始める。その事件の犯人と思われる男二人を目撃したとして、事情を聴くことになった女性が、芽衣だった。芽衣から男たちについて事情を聴く伊丹と芹沢は、芽衣の話はとても曖昧で、とくにどんな顔だったかについては何の情報も得られなかった。男たちと正面からすれ違ったはずなのにそんな様子の芽依に不思議そうな目を向ける伊丹と芹沢であった。
数日後、犯人の男たちは警察官のフリをして芽衣に近づく。その目的とは…。
ドラマ「相棒16」第9話 感想
冒頭で冠城がキッチンカーの女性に「いつもの」と注文しても伝わらなかったシーンは笑ってしまいました。めげずに通い詰める冠城がなんだかかわいく見えました。
芽衣さんが警察から帰るときの背後から現れる杉下さんが凄い不信者っぽくて笑っちゃいました。
犯人たちが変装して芽衣さんに近づいたシーンでは「危ない危ない!」とハラハラしながら見ちゃいました。芽衣さんが襲われそうになったとき、助けた冠城はめちゃくちゃかっこよかったです。刺されちゃってびっくりしましたが、杉下さんがすぐに来てくれたので安心しました。
終盤、芽衣さんが病院で冠城の姿をみてすぐ声を掛けられたシーンを見て、「お?これはまさかくっつく?」と思ってニヤニヤしちゃいました。

第10話『サクラ』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第10話 あらすじ
「サクラ」
あるショッピングモールのクリスマスイベントの会場で、白昼堂々一人の男性が拳銃で撃たれる事件が起こる。近くにいた特命係の二人は銃声を聞きすぐに現場に駆け付けるが、すでに犯人は逃走しており、なぜか被害者の男も姿を消していた。その後の捜査で、男性を打った拳銃が警察官に支給されている拳銃、通称「サクラ」だったということが判明する。そんな中、ある交番で警察官が拳銃を使って自殺しているのが見つかる。遺体からはサクラが消えており、イベント会場での犯人は遺体からサクラを持ち去ったと思われる。
サクラが奪われたということで、公表を控えようと考えていた広報課長の社。しかし、何者かがハッキングにより緊急災害速報メールを悪用し、サクラが奪われたときの映像を日本中に拡散させてしまう。その映像の端には「QTES689」というハンドルネームと思われる文字が記載されていた。
ドラマ「相棒16」第10話 感想
クリスマスも仕事に励む常連の特命係のためにお弁当を作ってあげる優しい女将さんに対して、いつも自分たち以外お客さんがいないことを突っ込む冠城に「そこ突っ込むんじゃないよ」と思って笑っちゃいました。
「QTES689」についての調べを青木が率先して手を上げ、パソコンで調査をしようとしたとき、誤ってデータを消してしまうシーンでは、青木がミスをしてしまうなんて珍しいなと思いつつ、今までの行いからちょっとだけ「ざまあみろ」感があり、ニヤついちゃいました。
冠城が悪い奴らに脅されて杉下さんを裏切ってしまいそうになるシーンでは、「冠城負けないで!杉下さんに相談して!」とハラハラしながら見ていました。
あと個人的に捜査の中で出てきたプチ情報で指紋だけではなく手の甲と静脈からも個人が特定できることに驚きました。

第11話『ダメージグッズ』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第11話 あらすじ
「ダメージグッズ」
ついにあの男が返ってきた。2年前、好きだった女性を殺され、犯人に復讐しようとした陣川。ロンドンでの研修を終え、警視庁に戻ってきた。しかし、相変わらずなことろで、ロンドンで出会った女性について特命係の二人に相談する。
その女性は咲という、陣川とはかなり年と離れた若い派手な女性だった。相談というのはその咲の親友が意味深なメールを残して自殺した件についてだ。その親友は麻里といって、二人を含む4人の少女たちが過ごした児童相談所の近くの山の中にある深い渓谷だった。少女時代よくその場所に「死ぬか、生きるか」自分たちの気持ちを試すために行ったという。咲は麻里の自殺を疑問に思い、ロンドンで出会った陣川に相談したのだった。
ドラマ「相棒16」第11話 感想
冒頭から「陣川さんきたー!」とテンションが上がりました。以前の事件からずっと出てこなかったのでどうなったんだろうと気になっていたのでまた陣川さんの姿が見られてうれしかったです。陣川さんが今回も女性がらみと知って「またかよ!切り替え早くない?」と思ってしまいましたが、相変わらずなキャラでホッとしました。
話が進むにつ入れて、少女たちの頼る大人がいない中、似た境遇の4人がお互いを支えあって懸命に生きようとしていた事情を知り、なんだか胸が痛くなりました。結局、麻里が死んだときの状況は誰が悪かったと言い切れない感じで考えされられました。死にたがっている友達を目の前に、助けたい気持ちと、共感の気持ちと、自己保身の気持ちと、いろいろ交じり合って最悪の結末になってしまったんだろうなと思いました。

第12話『暗数』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第12話 あらすじ
「暗殺」
ある夜、二人で食事をしていた衣笠副総監と青木。食事が終わり、店から出ると、いきなり二人組の男に衣笠副総監が切りつれられる事態が発生する。
捜査チームは、以前衣笠が捜査トップとして関わったカルト集団一斉検挙が関係してる可能性もあると見て、捜査が行われ、衣笠本人だけでなく娘の里奈にも厳重な警備が付けられた。
独自に捜査を始める特命係は、衣笠宅を訪れるが厳重が警備のため家に入ることは許されなかった。しかし、以前に事件の目撃者として特命係と関わり、信頼を得ていた娘の里奈の計らいで家に入れてもらうことができた。
家の中には里奈ともう一人、家政婦の晃子がいた。晃子の様子に気になる点があった杉下は晃子のことも調べ始める。
ドラマ「相棒16」第12話 感想
番組冒頭で衣笠副総監が襲われた時、何もできずただただ怯えている青木の姿が少し面白かったです。しかも、副総監のスケジュールの情報を漏らしたと疑いまで掛けられ、青木災難だなーと思いました。いつも特命係を助けている青木を、今回は特命係が助ける回となっていて、いつもの偉そうな青木が助けを求める姿が新鮮でした。
最初は絶対晃子さんが犯人だと思ってみていたけど、結局すごくいい人で、自分の家族が自殺した理由の原因ともなった人の家族に自分の身をなげうってまで尽くす姿に感動しました。終盤の里奈ちゃんから晃子さんへの手紙はめちゃくちゃ泣けました。
最後、家族3人がぎこちなさそうに一つの部屋に立っているシーンは、「みんな複雑な気持ちだろうな」と思いながら見てました。

第13話『いわんや悪人をや(前篇)』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第13話 あらすじ
「いわんや悪人をや(前篇)」
ある男が10年の懲役を経て仮出所した。その男は瀬戸内米蔵という元法務大臣である。
刑務所から出たところに真っ赤なスポーツカーに乗って兄弟弟子の尼僧である連妙が迎えに来た。そこに、やってきたのはカメラを持った週刊誌記者の風間楓子。独自に仕入れた情報により、瀬戸内の仮出所日を知り、取材に来たのだ。実家のお寺をに戻った瀬戸内だが寺は10年の間にずいぶん廃れてしまっていた。息つく暇もなくやってきたのは、元雄衆議院議員の片山雛子だった。なんと彼女は出家をしたいと申し出てきたのだった。
次にやってきたのは常盤臣吾という若者。彼は小さいときから瀬戸内と関わりがあって仮出所したと聞いてやってきたのだ。寺の掃除を臣吾に手伝ってもらっていると、なんと寺の敷地内から白骨遺体が見つかる。
ドラマ「相棒16」第13話 感想
まず冒頭で連妙さんが尼さん姿で真っ赤なスポーツカーでやってきたことに驚きました。でもかっこよかったです。
瀬戸内さんが収監される前のことが回想されることが多くて、昔の映像をたくさん見ることができたのですが、キャストが全然変わってないので長い月日がたったことがリアルに感じ取れて、内容に入り込みやすかったです。
白骨遺体の件に、ヤロポロクが関係しているのではないかという流れになり、またしても社さんが上層部のおじさんたちに囲まれてネチネチと嫌味を言われ続けているシーンでは「社さん親父たちに負けるな!」と一緒に立ち向かっているような気持ちで見ていました。
終盤の甲斐さんからの命令が、笑顔なのに威圧感が凄いなと感じました。

第14話『いわんや悪人をや(後篇)』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第14話 あらすじ
「いわんや悪人をや(後篇)」
前回からの続き。瀬戸内の寺で見つかった白骨遺体に関して、第一発見者の臣吾について調べを始める特命係。調査を進めるうちに、彼がアメリカにいた時期が、元ロシヤの工作員ヤロポロクがアアメリカに亡命した時期と被っていることがわかった。以前から社に届くヤロポロクからの手紙は第三者が中継している可能性が高かった。冠城はその中継役を担っていたのが臣吾ではないかと考え始める。
そんな時、瀬戸内から「杉下に目をつけられたらおしまいだ」と言われた臣吾は、自ら事情を話し始める。遺体がそのに埋まっているのが分かっていて掘り起こした、ある人から頼まれたのだという。その頼んできた驚きの人物とは…。
ドラマ「相棒16」第14話 感想
いよいよ出家をした片山さん。坊主姿も美しかったです。でも、またいずれ政界に戻したいと話していて、単純に出家してても政治家になれるんだ、初めて知りました。
青木のミッションインポッシブル風のシーンが面白かったです。
ヤロポロクからの手紙だと思っていたものが、実は臣吾が書いていたと知った時、そして最愛の人を臣吾が殺したという事実を知ったとき、一人で声を出して泣く社さんの姿に胸を締め付けられました。見てるだけなのにめちゃくちゃ臣吾に腹が立ちました。
最後、瀬戸内さんが臣吾に出所したら寺に来い、と話していてやっぱり出家した人は慈悲深いなと思いました。

第15話『事故物件』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第15話 あらすじ
「事故物件」
ある不動産屋を訪れた男性が「事故物件に住みたい」といってやってきた。その男は東大寺というホームレスで、たまたま強盗犯が逃亡中に隠した400万を見つけてホームレス生活から抜けだそうとしていた。そして、少し前に老人が病死したという物件に住むことに。手に入れた大金をお風呂場の天井裏に隠そうとしたとき、一冊の手記を発見する。その手記を描いたのは矢部泰造という大手家具メーカーの会長だった。手記には自分は殺されたとされる内容で、「犯人を見つけたものには謝礼として一千万支払う」という遺言書と見られる紙も挟まっていた。謝礼という言葉に奮起する東大寺。そんなとき、消えた400万の行方を追っていた特命係は、聞き込みの結果東大寺の存在にたどり着き、東大寺の家を訪ねる。
ドラマ「相棒16」第15話 感想
やっていることは悪いことなのになぜか憎めない東大寺さん。お母さんの写真を大事に飾ってある姿や、挙動不審すぎるおどおど感が可愛く思えてきました。
東大寺さんの家を訪ねた時の、杉下の家への押し入りかたが、まさに悪徳といっていいほどで笑えてしまいました。東大寺さんがお茶を噴出した時に、杉下さんが床やテーブルを拭くことなく、自分の服だけをめちゃくちゃ嫌そうに拭いていたシーンが面白くて好きです。事故物件ということで今回も冠城のビビり姿がたっぷり見られました。
事件については容疑者一家がみんなクズという稀に見る状況で、見てて気持ちのいいものではありませんでした。唯一孫娘だけが救いでした。

第16話『さっちゃん』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第16話 あらすじ
「さっちゃん」
花の里に、ある時から一人の男性が常連客として連日来店するようになった。その男性は烏丸といってちょっとしたことから幸子と知り合いになったことがきっかけで通い始めたのだ。幸子に会うために連日通っているように見えた冠城は、烏丸という男について調べる。その結果、元暴力団員の元プロボクサーという異色の経緯歴を持っていた。冠城の計らいもあって二人はデートをすることに。二人はますます惹かれあっていった。
そんな中、あるビル内で複数人が暴れまわる事件が起こり、一人が死亡した。その現場にはなんと負傷して倒れている烏丸の姿が。知らせを聞いた幸子は急いで病院に向かうも烏丸は意識不明の重体であった。
ドラマ「相棒16」第16話 感想
たまにある幸子さん主体の回でうれしかったです。烏丸さんと幸子さんのいい感じの雰囲気がじれったくてニヤニヤしながら見ちゃいました。
烏丸さんの暴力性が垣間見れた時の姿が、普段の優しそうは表情とは一変していてすごく迫力がありました。幸子さんの詳しい過去について何となくで今まで見ていて詳しくは知らなかったので改めて知れてよかったです。
幸子さんのヤクザ口調がレアすぎました。でもやっぱりいつものおっとりしてにこにこの幸子さんの方が好きだなと思いました。
結局最後に二人はもう会わない、となっていて「えーくっつけばいいのに」と一人もやもやしながら見てました。

第17話『騙し討ち』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第17話 あらすじ
「騙し討ち」
ある男性が自宅で殺害される事件が発生する。現場からは個人のパソコンがなくなっていた。
捜査一課とは別に独自に調査を進める杉下と冠城。そんな二人の前に捜査二課の梶という刑事が現れる。本来の担当ではない捜査二課が、殺人事件について調べまわっていることに疑問を感じて話を聞くことに。すると、今回の殺人事件がある贈収賄事件に関わってる可能性があると見て調べていたそうだ。そして、なんと特命係の二人に捜査二課への捜査協力を求めてきた。
そうして、特命係と捜査二課・梶の内密の捜査が始まる。調査を開始してから事件の匿名の通報者が隠された男の部屋と同じフロアに住む瀧川という男だということが判明する。
ドラマ「相棒16」第17話 感想
だんだん冠城の細かさが杉下さんに似てきた気がして面白かったです。
通報者が同じフロアに住む瀧川だと知って家宅捜索するときに、捜査二課の梶さんの家の中を調べるとき、捜索の仕方がめっちゃ荒いなあ、とおもいました。この後元に戻してくれないんだろうな、と思いながら見ちゃいました。
パソコンのパスワードを杉下さんが2回で当てたことには驚きました。そんな少ないヒントでここまでわかっちゃう?とやっぱり常人離れしてるなと思いました。
結局最後は、梶さんが凄い歪んだ正義感を持っていて、杉下さんの「警察は組織を守るためにいるのではない!」という言葉は現代の政治家や警察に言ってやりたいと思いました。

第18話『ロスト〜真相喪失』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第18話 あらすじ
「ロスト~真相喪失」
ある日、複数のATMから総額2億五千万が一斉に引き出されるという事件が発生する。
防犯カメラなどから簡単に犯人を確保することができたが、人数が半端じゃない。そしてそのほとんどが外国人で出し子といわれる犯罪グループの下っ端たちばかり。通訳を介しながら取り調べをして、犯罪の中心にいる連中の情報は全くと言っていいほど収穫がなかった。
そんな中、中国人の従業員が多いある小さな工場で社長が死体となって見つかる。その現場には部屋の隅でずっと怯えていた中国人の女性・シャオリーを保護する。事情を聴くために通訳係を通して行う。しかし、なぜか何も話そうとしてくれない。そこで、通訳を担当している西村が中国語でなにやら話してみる。すると、なんと質問に答えてくれるようになった。
ドラマ「相棒16」第18話 感想
まず出しこの数多いな、と思って現実の世界でこんな事件があったら警察大変だなと思いましたら通訳の人怪しなと思っていたので直感が当たってやっぱり!と自慢げになっちゃいました。誰も分からないからって自分の都合のいいように証言を変えるなんでほんとにダメなことですよく。こんなシーンを見たら、現実でもやってる人いんじゃない?と思ってしまいました。
二人が兄弟だと知ったときはほんとに驚きました。これはまさに運いだなぁ。これから家族仲良くできないのかな、と考えながら見てました。
そして、殺された社長がめちゃくちゃクズだったと知ってかわいそうという気持ちが減りました。逆に犯人が「あの子たちに渡すんだ」といって外国人従業員のために必死な姿を見て許してあげて!と思ってしまいました。

第19話『少年A』

動画サイト
ドラマ「相棒16」第19話 あらすじ
「少年A」
あるマンションで女性の死体が発見される。死因は撲殺で他殺とされた。現場にはかじられた形跡のあるリンゴが落ちていて、犯人は殺害後も長い時間現場に留まっていたと見られる。捜査に顔を出した杉下と冠城、マンションの下に集まる野次馬の中にいた一人の少年に目が留まる。大きな段ボールをもって呆然と立ちつくすその少年は杉下と目が合うと、すぐに去って行ってしまった。
その少年に接触し、話をする杉下は塾の会員証を見せて「山田学」だと名乗り、犯行時間には塾の自習室にいたと話す。しかし、調べてみると山田学という学生は半年前に塾をやめているということが分かった。一体少年は誰なのか、事件に関わっているのか、特命係と謎の少年との駆け引きが始まる。
ドラマ「相棒16」第19話 感想
まず加藤清史郎君がこんなに成長してることにびっくりしました。
大人たちの追及にのらりくらりかわす姿に最初は苛立ちを覚え、「なんだこのクソガキは」と思いながら見ていました。でも徐々に少年の悲惨な生い立ちが特命係によって暴かれていくうちに、同情の気持ちが強くなり、終盤には「がんばれ少年、負けるな少年」と少年が危険な目に合わないように祈っていました。母親から見捨てられ、幼い少年が弟と妹のために生きている姿はとても胸が痛みました。
今まで優しいまともな大人に出会うことができなかったんだな、と思い、これから少しずつこの兄弟が幸せになってくれることを願いました。
個人的に、暗い家に潜む杉下さんが怖くて笑えました。

最終話『容疑者六人〜アンユージュアル・サスペクツ』

動画サイト
ドラマ「相棒16」最終話 あらすじ
「容疑者六人~アンユージュアル・サスぺクツ」
ある夜、甲斐峰秋と社、衣笠副総監と青木、内村刑事部長と中園参事官がたまたま同じホテルのロビーで遭遇する。そこにさらに週刊誌記者の風間も現れれる。7人は少し話話押したのち、風間がその場を立ち去ろうとエスカレーターに乗ろうとする。その時、風間がエスカレーターから転落し、額に傷を負ってしまう。急いで風間の元へ駆け寄る6人だったが、風間から驚きの言葉が出る。「私を突き落としたのは誰ですか」と6人の顔をにらみつけた。
その後、警察を呼ぶことになったのだが、その様子を写真に収めた風間は週刊フォトスに記事を掲載する。「警察の復讐か!?」と題してこれまで捜査を揺さぶってきた週刊フォトスへの報復であるかのように書かれる。
本当に風間は6人の誰かに突き落とされたのか、それとも単なる事故なのか、特命係が調査に乗り出す。
ドラマ「相棒16」最終話 感想
今回は最終回にふさわしい豪華な話だったと思いました。まずは名だたるメンバーが容疑者として話が進んでいくので誰が犯人なのかいつも以上に入り込んでみることができなした。
そして、かなり衝撃だったのが、風間の正体でした。まさか、ヤクザの娘だったなんで驚きです。お母さんと話す時だけ出てしまう関西弁も新鮮でした。
6人が容疑者に上がっているということでなんだかその状況を楽しんで言うように見える杉下さんが面白かったです。
そして、自分たちが困ったときはみんなこぞって杉下さんを頼りにしているのが面白かったです。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「相棒16」の動画はアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「相棒16」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「相棒16」のあらすじと見どころ

相棒として安定感を増してきた冠城。冠城を相棒としてかなり信頼してきた杉下がいくつもの事件に首を突っ込む。
そんな中、特命係の失脚を望む、日下部がいよいよ動き出す。検察や捜査一課をも巻き込み、ありとあらゆる手で特命係を潰しにかかるが、杉下のずば抜けた推理力と冠城の思い切った行動力でそれらの試練を掻い潜っていく。
そして、前シリーズから謎を残していた社の愛した、ロシア工作員のヤロポロクについても結末を迎えることになる。
「週刊フォトス」の記者・風間楓子も引き続き、何かにつけて特命係の前に現れ、警察を翻弄し、捜査をかく乱していく。しかし、恨みを買うことを恐れずどんな案件にも果敢に取材に励む風間にも悲劇が訪れる。
特命係の二人はすべての問題を解決することができるのか。

ドラマ「相棒16」の出演者や主題歌

杉下右京:水谷豊
冠城亘:反町隆史
月本幸子:鈴木杏樹
伊丹憲一:川原和久
芹沢慶二:山中崇史
角田六郎:山西惇
青木年男:浅利陽介
中園照生:小野了

主題歌:「相棒」メインテーマ

放送月日:2017年

テレビ局:テレビ朝日

ドラマ「相棒16」の見所や感想

20代女性
今シリーズは警察関係者が事件に関わっていることが多かった気がしました。
青木は相変わらず、余計なことばっかりしてくれるなぁ、と言イラつきながら見ていました。でもそんな青にもピンチになることがあり、つい特命係に頼っちゃう感じが面白かったです。また、花の里の幸子さんも活躍したり、事件に関わっており、新鮮な姿が見られて見てて楽しかったです。
一番印象に残っているのは、やはりヤロポロク関連の事件で、社さんの女性としてのもろい部分と、警察官としての強い部分が見られて、一緒に一喜一憂しながら見ることができました。
また、個人的に今シリーズのオープニング映像が好きです。ビーチフラッグのように飛び込んだ後の、二人が何か話しながら笑っているシーンが大好きでした。

関連動画

GTO
部屋においでよ
最高の人生の終り方~エンディングプランナー~
未成年
部屋においでよ

 

まとめ

ドラマ「相棒16」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

言わずと知れた、大人気刑事ドラマシリーズ相棒の第16弾、「相棒16」。
前シリーズの「相棒15」では、水谷豊さん演じる杉下右京と反町隆史さん演じる冠城亘が対立したところで話のエンディングを迎えましたが、果たして今シリーズの動きはどう展開していくのでしょうか。

ドラマ「相棒16」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴