ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|平清盛の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「平清盛」は2012年1月8日から12月23日に放送されていたV6の森田剛さん出演ドラマです。

松山ケンイチさん演じる平清盛の生涯を中心に、壇ノ浦の戦いまでの平家一門の栄枯盛衰を岡田将生さん演じる語り部・源頼朝の視点を通して描いた物語です。

森田剛さんは、時子の弟で滋子(建春門院)の兄である平時忠として出演しています。

この記事では、森田剛さん出演ドラマ「平清盛」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「平清盛」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「平清盛」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「平清盛」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「平清盛」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年7月16日の時点の情報)

ドラマ「平清盛」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「平清盛」を全話無料で視聴することができます。

「平清盛」だけでなく、「喰いタン」「PU-PU-PU-」「ハロー張りネズミ」など、他の森田剛さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「平清盛」の動画を無料視聴

ドラマ「平清盛」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「平清盛」の動画を無料視聴

「平清盛」以外の森田剛さん出演

  • 「喰いタン」
  • 「PU-PU-PU-」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「平清盛」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「平清盛」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「平清盛」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「平清盛」だけでなく、「喰いタン」「PU-PU-PU-」などの森田剛さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「平清盛」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「平清盛」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「平清盛」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「平清盛」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「平清盛」の各話のあらすじと感想

「平清盛」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「平清盛」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想を20話までまとめてみました!

第1話『ふたりの父』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第1話 あらすじ
貴族が支配していた平安時代の1118年、武士である平家の長男・平忠盛は朝廷からの命令により、平家を率いて盗賊一味の討伐に出かける。そんな日々の中で忠盛は、物乞いのような姿をした女と出会う。その女・舞子はもともと白拍子であり、白河法皇の子を妊娠していた。おなかの子が不幸を招くとして殺されそうになったため逃げたと言う舞子を、忠盛はひそかに匿ってやる。そしてその舞子の孕んだ子供が、後の平清盛であった。
ドラマ「平清盛」第1話 感想
初回はスペシャルで長かったのに、全く長く感じさせないよくできた展開だった。とにかく中井貴一さんの演技が良い。本当にいい役者です。ときは1118年、忠盛(中井貴一)率いる平家が都の盗賊一味を討伐に出動する、というところから始まるのだが、この盗賊討伐シーンもリアルな演出でドキドキした。そして伊東四朗さんの院も怪演で印象的だった。すごかった。和久井映見さん演じる母・宗子の一辺倒じゃいかない複雑な継母心がちゃんと垣間見えてたり、今後心理がどう描かれるか期待したいと思った。

第2話『無頼の高平太』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第2話 あらすじ
少年なった若き日の清盛・平太。彼は育ての父・忠盛と実の父・白河法皇という二人の父を持つ数奇な運命の中で、自分が何者なのか迷い、いらだっていた。そして賭け事ばかりをするうちに「無頼の高平太」と呼ばれるようになるのだった。やがて平太は元服して清盛と名乗るようになる。そして白河法皇の殺生禁断令によってとらえられた鱸丸の父・滝次を救おうと御所を訪ねた清盛は、実の父の白河法皇と会うことになった。
ドラマ「平清盛」第2話 感想
平太がついに元服して清盛を名乗るようになり、俳優さんも子役から本役の松山ケンイチさんになりました。元服したころの清盛はまだ12歳なので、それを大人が演じているのが面白いですが、好演が光っています。自分が何者なのかわからず、「俺は何者なのだ!」と叫び続ける清盛の姿が印象的です。そして清盛と白河法皇の親子の対面も迫力があってゾクゾクしました。悪役の白河法皇を演じる伊東四朗さんの演技がさすがです。

第3話『源平の御曹司』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第3話 あらすじ
清盛は瀬戸内海に行き、そこで船を襲う海賊たちと戦っては、海賊から取り返したものを人々のところに戻してやる毎日を送っていた。そんな中で、海賊と間違って捕縛された清盛は、京都に連れて行かれてしまう。久しぶりに会った父・忠盛から御所で「北面の武士」として白河法皇の警護をするよう言われた清盛は、それを断る。そして、自分は一人の面白き人生を歩むと決意する。そんな清盛の前に、源義朝という若者がやってくる。
ドラマ「平清盛」第3話 感想
大河ドラマの主人公とは思えないほど、清盛が徹底的にやっつけられてしまう展開に驚きました。檀れいさんが演じる璋子が、何があっても超然としていて動じないのがいかにも高貴な身分の女性らしく、印象的です。その他のきゃたクターを演じる俳優さんたちも個性派ぞろいで、とても面白いと思います。今回の物語では、清盛が自分自身を見つめ直すことができて良かったです。彼が言う、、自分一人の面白き人生を歩むと言う言葉も心に残りました。

第4話『殿上の闇討ち』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第4話 あらすじ
朝廷のために真摯に働き続けたことが認められ、武士でありながら初めて殿上人になることを許された忠盛。その知らせを聞いた平氏一門は喜びに沸き立ち、御所で北面の武士として働いていた息子の清盛もそれを嬉しく思っていた。しかし、武士が出世することを不愉快に思う貴族たちも少なからずいた。そんな貴族たちの一人、藤原摂関家を束ねる長の忠実は、源氏の源為頼を使い、殿上に参内する忠盛を襲わせるのだった。
ドラマ「平清盛」第4話 感想
北面の武士になり御所で働き出した清盛の、流鏑馬の場面が格好良かったです。今回は特に父の忠盛が素敵で、印象的でした。清盛から「いつからそのようなことを考えておったのですか?」と問われて、「お前をこの手に抱いた時から」と忠盛が答えた場面では、彼の強い信念と深い愛情を感じ、胸を打たれました。そして、今は殿上人として認められるまでになった立派な忠盛が、武士としての生き方に悩んでいた若いころのことを思い出し、しみじみしました。

第5話『海賊討伐』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第5話 あらすじ
1135年のある日、宮中では藤原忠実をはじめとする貴族たちが集まり、瀬戸内海で暴れまわる海賊をどうするか話し合っていた。会議に参加した学者の通憲は貴族たちが自分の利益にばかり執着することに嫌悪感を示すのだった。源氏を海賊退治に向かわせようという意見が出る中、白河法皇の孫である鳥羽院はお気に入りの忠盛を海賊退治に行かせると決め、清盛は初陣に張り切って出陣する。しかし清盛達平氏の前には巨大な海賊船が現れ、彼らの度肝を抜くのだった。
ドラマ「平清盛」第5話 感想
清盛と義朝の掛合が何だか漫才みたいになっていて面白い。見ていてとても愉快で楽しかった。猫のくだりも道の取り合いとかも子供の喧嘩のようで微笑ましいシーンが多めだった。そしてまったく謙遜をしない義清もおもしろい。美しさを追求する彼は根っからの芸術家肌なんだなと思った。しかし、義朝は東国へ旅立ってしまったのでしばらく清盛との絡みは見られなさそうで残念。源氏親子、家臣親子がそれぞれ別れの挨拶をするシーンは印象的で良かった。とても感動した。

第6話『西海の海賊王』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第6話 あらすじ
清盛たち平氏軍は、巨大な海賊船と激しい戦いを繰り広げる。このような本格的な戦いをしたことがない清盛は戸惑い、そんな彼をかばった乳父・盛康が酷いケガを負うのだった。海賊たちの強さに圧倒された平氏軍は、一旦宿営地まで引き上げる。そんな中、相手の正体を探ろうと小さい船で海に出た清盛は、船に乗り込んできた通憲と一緒に海賊に捕まり、船の中にとらえられる。そんな二人の前に、兎丸という男がやってくるのだった。
ドラマ「平清盛」第6話 感想
今回から若い女性陣が増えて華やかになるかと思いきや、顔見せ程度の構成で実に男臭い展開だった。個人的には嫌いじゃない構成だったと思う。外野の登場は軽く、ほとんどの時間を平家の海賊討伐に費やしたのでとても見ごたえがあったし、今回は清盛にとってターニングポイントになる大事なお話だったので良い展開だった。そして兎丸と忠盛の対峙、兎丸が父親と全く同じことを言っていたのが印象に残った。兎丸に斬りつける清盛の演技に思わずホロリとしてしまった。平家になり切れないはみ出し者としての苦悩が描かれていて感動した。

第7話『光らない君』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第7話 あらすじ
無事に海賊を討伐したことで清盛は出世をし、従四位下の位になった。ある日清盛は位の低い貴族である高階基章と、彼の娘の明子に出会う。一目見ただけで清盛を気に入った基章は娘の明子を嫁に貰ってほしいと頼み、清盛も美しく物静かな明子に心惹かれる。そして清盛は歌が得意な義清に頼んで、明子に恋の歌を送ることにする。一方で明子は、自分が琵琶を教えている時子に清盛のことを話す。やがて清盛は明子に、自分の想いを伝えるのだった。
ドラマ「平清盛」第7話 感想
今までは怒鳴ったり叫ぶのが目立つうつけな子供という感じの清盛だったが、今回から少し逞しい男に成長したのがよく分かった。松山ケンイチさんの演技もとても良くて見入ってしまった。と言っても、まだたまに叫んだりするし、義清といる時などは子供っぽい面も見せるのだが。父親のことを理解して自分のことを受け入れて、今までの流れがいい感じに反映されている成長ぶりだったとのではないかな。それと今回、自分に自信のない明子にすごく共感しながら観てしまった。周りに流されたくないというのもすごく理解出来た。そんな明子に真っ直ぐな想いをぶつける清盛の目がとても綺麗だったのも印象的だった。

第8話『宋銭と内大臣』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第8話 あらすじ
1136年、博多に行った清盛は、宋の国から届いた様々な珍しい品に驚く。そして父の忠盛が朝廷の許可を得ずに密貿易をしていることを初めて知るのだった。そのころ、藤原摂関家の忠実の息子・頼長が内大臣になる。乱れた朝廷を立て直すといきまく頼長は、平氏が密貿易をしていることを知って、自分の屋敷に清盛を呼んで問いただす。すると清盛は、他の国との交易することでこの国も豊かになるのだと熱弁し、頼長に宋銭を見せる。
ドラマ「平清盛」第8話 感想
博多の貿易場に社会見学に来た清盛のはしゃぎっぷりは無邪気で本当に可愛かった。こんな演技も出来る松山ケンイチさんはマルチな役者さんですよね。そして、そんな清盛が貿易への夢に心躍らせている頃、ライバル・義朝は先住民のような過酷できついサバイバル生活をしていたなんて、なんという格差でしょうか。そんな義朝を演じる玉木宏さんの演技も光っていた。そしてついに清盛と明子夫人に待望の子が!実にいいカップルだと思った。

第9話『ふたりのはみだし者』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第9話 あらすじ
後に後白河法皇となり清盛と争いを繰り広げることになる若き日の雅仁親王は、崇徳天皇の弟であり、どこか変わったところがあった。そんな折、得子と鳥羽院との間に男児が誕生した祝いの宴が開かれ、招かれた清盛は初めて雅仁親王に会う。しかし雅仁親王は宴の最中に宮中のどろどろした人間関係のことを暴露し始め、祝いの席が混乱し台無しになってしまう。そして清盛と明子の間にも子供が誕生し、清盛は感動の涙を流す。
ドラマ「平清盛」第9話 感想
ついに雅仁親王登場が登場。かなり目立つ格好だった。松田翔太さんは神秘的で時代背景にマッチしてる俳優さんだとおもった。そして、晴れて父親になった清盛の涙に感動した。まさか自分が父親になれる日がくるとは、という感極まった思いが伝わってきて泣いてしまった。今回は親になったことで弱さと強さが隣り合わせになった清盛の複雑な成長が見える回だった。

第10話『義清散る』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第10話 あらすじ
祝いの宴で雅仁親王が暴露をしたことにより、母親である侍賢門院は深く傷つき、彼女に想いを寄せる義清との距離が近づいていく。義清と男女の関係を持っている堀河局は、義清に身分違いの恋で身を滅ぼさぬようにと忠告するのだった。そんな折、侍賢門院は雅仁親王のことで得子と言い合いになり、激しいつかみ合いになる。義清は侍賢門院のことを心配するが、彼女が本当は夫である鳥羽院を愛していると知ってしまう。
ドラマ「平清盛」第10話 感想
ついに珠子に手を出してしまう義清。容姿端麗な彼は女たちにモテモテ。清盛の屋敷で女中たちが一斉にときめいている様はまるで少女漫画のワンシーンのようにも見えた。確かに義清は素敵で、藤木直人さんにはまり役と言えるだろう。今後も清盛の友人として登場するのだろうか?ちょっと楽しみになった。そして今回、平氏も源氏も立派に武士の仕事をしているシーンがあったが、孫の為義さんへの評価が低くてかわいそうに思えた。小日向文世さんもとても素晴らしい役者さんで好演しているなと感じた。

第11話『もののけの涙』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第11話 あらすじ
皇后の得子(松雪泰子)の画策により、崇徳帝(井浦新)は得子の子・近衛帝に、みかどの座を譲ってしまう。一方、清盛(松山ケンイチ)は最愛の妻・明子(加藤あい)と子どもたちと共に、幸せな日々を送っていた。そんなある日、明子が物乞いを助けたばかりにはやり病にかかってしまう。清盛は祈とう師を呼び、なんとか明子を助けようとするが、死の床についてしまう。そして駆けつけた忠盛(中井貴一)の目に映ったものとは一体。
ドラマ「平清盛」第11話 感想
崇徳天皇に義清が詠んだ歌を聞かせに行く清盛。腹違いの弟である。清盛はネガティブすぎる崇徳に自分は同じ境遇だけど運命に流されず、面白おかしく生きていくつもりだと伝える。しかし、得子によって院政を阻まれまたも失意のどん底に。どこまでも不幸な崇徳天皇。見ていても悲しすぎる。そしてこの回の重要なところは、清盛の最愛の妻である明子が流行り病で命を落としてしまうのだ。僧を呼び祈祷を続けても治すことが出来ず、狂ったように泣きわめく清盛がかわいそうで辛かった。

第12話『宿命の再会』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第12話 あらすじ
1145年、待賢門院は出家したのち、重い病にかかっていた。侍賢門院に彼女の好きな推薦を届けてやりたいと考えた鳥羽法皇は、今は時季外れの水仙を武士たちに探すよう命じる。清盛を探しに出た清盛は、東国まで修行に出ていた義朝と数年ぶりの再会をするのだった。そして妻・明子を病で亡くした清盛は悲しみから立ち直れずに荒れてしまい、時子は清盛とその子供たちを心配して清盛の家を訪れる。そんな中、時子の弟である時忠は清盛に、時子を後妻にしてほしいと申し出るのだった。
ドラマ「平清盛」第12話 感想
清盛は明子が亡くなったショックから立ち直れず、朝廷に不満をぶちまけ荒れてしまう。そんな中、時子が子供たちを心配して清盛邸に訪れていることを知って弟の時忠がいきなり「時子後妻にしてください」と願い出る。確かに時子を演じる深田恭子さんはものすごく美しく、ドラマの中でもひときわ光っていたけれど、まだ悲しみに暮れている清盛にあんまりな頼みだと思ってしまった。しかし清盛も最後には「お前でいいから妻になれ」と求婚するので驚いた。

第13話『祇園闘乱事件』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第13話 あらすじ
1147年、清盛は盛国と兎丸などの家来を連れて祇園社まで平氏一門の繁栄の祈願に行く。だが家来たちが武装しているのを見た祇園社の僧侶たちが腹を立て、乱闘事件になってしまうのだった。忠盛は先手を打って盛国や兎丸たちを検非違使に差し出すが、比叡山の僧侶たちは強訴を起こし忠盛と清盛を流罪にしろと神輿を担いで要求する。しかし清盛は堂々と、その神輿に矢を射るのだった。そしてこのことにより、頼長らは清盛を流罪にすべきだと言い出す。
ドラマ「平清盛」第13話 感想
清盛が武装して祇園社に訪れたことに僧侶が怒って大乱闘になってしまう。いや、でもこれは兎丸を制御できなかった清盛が悪いのだ。比叡山延暦寺がここぞとばかりに平氏を非難してきた。そしてまた強訴。今回は源氏が抑えに出てきますが、清盛が現れ神輿にわざと矢を放つ。このシーンは素敵だった。そして弁慶の幼少期の「鬼若」も登場する。本当にこのドラマはキャストが豪華で華やかですね。

第14話『家盛決起』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第14話 あらすじ
清盛は賀茂の祭礼で舞をする大役を務めるため、懸命に稽古をしていた。しかし比叡山延暦寺の事件を起こしたことで謹慎処分になってしまい、弟の家盛が代わりに舞を披露することになったため、焦燥感を感じる清盛。頼長は賀茂の祭礼での舞という大役を平氏が任されたことに不満に感じていたが、祭礼の当日に家盛の舞を見て、あまりの美しさに心惹かれる。そして家盛が忠盛の正妻の息子で本来なら平氏の嫡男だと知ると、ますます興味を持つ。
ドラマ「平清盛」第14話 感想
賀茂神社では家盛が舞を披露し、それはそれはとても美しく見事だと評判になる。個人的にまさに平安時代らしい展開だと思ってた。舞を見ていた藤原頼長は家盛が忠盛の実の子でありながら清盛に遅れをとっていると聞いて平氏の中を引っ掻き回す悪だくみを思いつく。家盛演じる大東駿介の舞姿は本当にあっぱれな感じがあった。男性なのにとてもお美しい。今回のお話はそんなとこばかり気になってしまったが、とても面白かった。

第15話『嵐の中の一門』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第15話 あらすじ
1149年3月、家盛は馬から落ちたことが原因で死んでしまう。それは実は頼長の策略によるものだった。忠盛は家盛の死に大きな衝撃を受け、平氏一門の皆にもこれまで無いほどの激震が走る。そんな中、忠盛の弟・忠正らは神輿に矢を放つなど罰当たりな行動をした清盛が家盛の死の原因だと言い出す。しかし忠盛はそんな声を意に介さず、清盛に大きな仕事を任せる。それは鳥羽院のために行う高野山再建の名代であった。
ドラマ「平清盛」第15話 感想
家盛が死んだのは清盛が神輿を矢で射抜くような罰当たりなことしたからだと責められてしまうことに。頼盛も清盛のことはあんまし好きじゃないみたいなことを言いにわざわざ訪ねてきた。兄・家盛のためらしいが、頼盛の私情がぞんぶんに含まれていたのではと思ってしまった。そして西行と名を変えた義清が帰って来た。坊主姿の藤木直人さん。美形な人は何をしても美形。近所の女たちが、ごっそり差し入れを持って来るあたり、とても面白かった。

第16話『さらば父上』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第16話 あらすじ
美福門院は、平氏を利用して襲撃させようと、藤原摂関家の忠実と頼長親子を罠にかけるための策を巡らす。そして忠盛は美福門院の希望により刑部卿の地位につき、高野山の再建を無事に終えた清盛も安芸の国司に就任することになった。そして盛国たちを連れて安芸の国に向かった清盛は、官人から豪華な料理をふるまわれ、催された宴を楽しむ。だが、父の忠盛は病に襲われ突然倒れてしまい、ついに帰らぬ人となるのだった。
ドラマ「平清盛」第16話 感想
藤原忠実より藤原氏の長者の証である家宝・朱器台盤を頼長に譲るため忠通より奪えと命令され、源為義は盗賊みたいに藤原忠通の館を襲撃することに。とても強引な展開にびっくりした。義朝はもちろん父を批難する。そうなるのは当たり前でだと思う。高野山再建を遂げた清盛は安芸守になり、「おもしろいことができそうな匂いがそこかしこでする!」と嬉しそうな姿がかわいい。そんな中、とうとう清盛の父・忠盛が病気に倒れてしまい、命を落としてしまう。ただただ涙涙です。

第17話『平氏の棟梁』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第17話 あらすじ
1153年、とうとう清盛が平氏一門を束ねる棟梁となる。亡き父・忠盛のしていた仕事を継いだ清盛だが、忠盛の功績の大きさを思い知らされ、自分が棟梁の器なのかと悩む。清盛の妻である時子も一門をまとめることにまだ慣れておらず、心配の残る始まりであった。平氏と懇意な貴族・藤原家成はそんな彼らをみかねて、棟梁になった清盛を朝廷に披露する目的を兼ねた歌会を開催する。しかし清盛は歌が苦手なため、歌会の前日になってもいい歌が浮かばず、いらだって時子に辛く当たる。
ドラマ「平清盛」第17話 感想
清盛が平氏の棟梁になり、棟梁の大変さを痛感している中、時子が膳の数を間違えたりして清盛はどんどん機嫌が悪くなってしまう。ただでさえ大変なのに藤原家成から歌会で歌を詠むように命じられ、もう清盛はパンク寸前。歌が苦手な清盛はちょっとかわいい。松山ケンイチさんの何とも言えない演技もキュートだった。信西助けてあげればいいのにと心の中でお願いしてしまった。この回で分かったことは平家は家族みんな仲良し、それに対して源氏と朝廷は親兄弟での争いが絶えないということだった。

第18話『誕生、後白河帝』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第18話 あらすじ
1154年、病に伏した近衛天皇の具合がますます悪くなってしまう。母親の美福門院は必死に祈りをささげ、朝廷は大きく揺れ、混乱する。近衛天皇が崩御してしまうと、鳥羽院と崇徳院の親子が激しく権力を争うことになるだろうと、皆が思っていた。そんな中で、鳥羽院と崇徳院がどうにかして仲直りするよう、間を取り持とうとする清盛。一方、自分には関係ないという態度の雅仁親王は、旅先の美濃で乙前という白拍子に出会う。
ドラマ「平清盛」第18話 感想
朝廷では今もまだ骨肉の争いが絶えず、日々ぎすぎすしている様子、そんな心労なのかとうとう藤原家成が亡くなってしまう。平氏にとても親身になってくれた素晴らしい人だったのになんとも悲しい。平氏を味方に付けたほうが政権を握れる、平氏の地位はそこまで上がっているのだと清盛も感じているようだった。祇園女御がふたたび登場。演じるのは松田聖子さん、本当にお美しい。ドラマが一気に華やかになった。雅仁も見惚れている様子。そしてとうとう雅仁が後白河天皇になった。

第19話『鳥羽院の遺言』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第19話 あらすじ
1155年7月、雅仁親王が即位して後白河天皇となった。誰も予想しなかった事態に、朝廷には激震が走る。ますます鳥羽法皇への怒りと憎しみを募らせる崇徳上皇だったが、一方の鳥羽法皇は、写経ばかりをしているのだった。清盛はなんとかこの親子の仲を修復しなければと思う。そして、後白河天皇の即位の宴が開かれ、崇徳上皇の祝いの歌が届けられる。だがその歌には、深い憎しみを表す意味が込められていた。それに気づいた鳥羽法皇は怒りに興奮し、倒れてしまう。
ドラマ「平清盛」第19話 感想
血のつながらない育ての父・忠盛や継母である宗子、亡くなった妻の明子や弟の家盛、様々な人々の想いを受け止めて平氏一門の棟梁となった清盛。一方で、父、為朝に反発して刃向かい、血を分けた兄弟たちと争い殺し合いをしなければ源氏の棟梁になれない義朝。どちらの道も厳しく過酷で、必死に生き続ける姿に良いも悪いもないとドラマを見ながら考えさせられます。義朝の荒みっぷりを熱演した玉木宏さんが印象的で、素晴らしいと思いました。

第20話『前夜の決断』

動画サイト
ドラマ「平清盛」第20話 あらすじ
1156年。ついに物語は保元の乱へなだれこむ。崇徳上皇(井浦新)と頼長(山本耕史)は共闘し、今や後白河帝(松田翔太)と信西(阿部サダヲ)方との決戦は避けられないものになっていた。清盛(松山ケンイチ)、義朝(玉木宏)ら平氏、源氏の武士はどちらにつくのか。前夜の決断が彼らに託されるのであった。平氏の間でも上皇派と天皇派に意見が二分する中、清盛はどちらにも付かないと宣言。武士が政に携われるよう、双方の戦の恩賞を引き上げる作戦だったが、みごと天皇に見抜かれ「戦に勝っても武士は朝廷の犬でしかない」とくぎを刺されてしまうのであった。
ドラマ「平清盛」第20話 感想
棟梁になったばかりの頃と比べて清盛がだいぶ落ち着いて、成長してきたのが感じられます。平氏一門の評定の場面や信西と向かい合って会話する場面など、清盛の話し方や息遣いなどの細かい部分が忠盛を思い出させ、衣装も忠盛に似てきたと思いました。松山ケンイチさんの演技の安定感には感心します。松田翔太さん演じる後白河法皇もはまり役で、清盛に向かって話した長台詞の場面には圧倒され、釘付けになってしまいました。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「平清盛」の動画はアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「平清盛」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「平清盛」のあらすじと見どころ

平安時代も末期になり、貴族による政治が混乱を迎えていた頃、平清盛という一人の男が現れた。人々の心をつかむ力を持っていた清盛は、武士というものの位が低く差別されていた時代に、武士の頂点まで上り詰めることに成功し、やがて日本を支配した。国に港を作り、厳島神社を作り、宋の国と交易することで大きな富を得た彼は、豊かになるためには交易が必要だと国の行き先を示したのだった。平家物語の悪役である平清盛の新たな面を描いた、生きる力に溢れた男のロマンと人生の物語である。

ドラマ「平清盛」の出演者

平家一門
平清盛:松山ケンイチ
時子:深田恭子
明子:加藤あい
平忠盛:中井貴一
池禅尼:和久井映見
平正盛:中村敦夫
平忠正:豊原功補
平時忠:森田剛(V6)
平家盛:大東駿介
平経盛:駿河太郎
平教盛:鈴之助
平頼盛:西島隆弘
平忠度:ムロツヨシ
平重盛:窪田正孝
平基盛:渡部豪太
平宗盛:石黒英雄
平知盛:小柳友
平重衡:辻本祐樹
平盛国:上川隆也
平家貞:中村梅雀
兎丸:加藤浩次(極楽とんぼ)
桃李:柊瑠美

源氏一門
源義朝:玉木宏
由良御前:田中麗奈
常盤御前:武井咲
源頼朝:岡田将生
政子:杏
源義経:神木隆之介
弁慶:青木崇高
源為義:小日向文世

西行とその家族
西行:藤木直人
春子:吉田羊

朝廷
後白河法皇:松田翔太
白河法皇:伊東四朗
鳥羽法皇:三上博史
舞子:吹石一恵
璋子(待賢門院璋子):檀れい
得子(美福門院得子):松雪泰子
滋子(建春門院滋子):成海璃子

北条家
北条時政:遠藤憲一
牧の方:築山万有美

奥州藤原氏
藤原秀衡:京本政樹
藤原泰衡:小林高鹿

放送年:2012年

テレビ局:NHK

ドラマ「平清盛」の見所や感想

50代女性
キャストの豪華さも魅力のドラマでしたが、最初から最後まで飽きさせない展開も素晴らしかったと思います。このドラマは対照的な二者を対比する脚本・演出がとても面白く、清盛と義朝、璋子と得子、河内源氏と伊勢平氏。それに加えて、頼長と信西や、璋子と得子や、由良と常盤など、主人公の周囲から外れた人物たちの対比も描かれていたところが印象的でした。そして、このドラマは音楽も大変すばらしかったと思います。時代背景に合った効果的な音楽だったと思いました。
40代男性
「平清盛」は、源氏に滅ぼされた悪役というイメージが強かった平清盛のイメージを一変させるような、素晴らしい大河ドラマだったと思います。そして、人の命を大切にする優しい人物だったんだなと思いました。印象に残っているのは、港を整備するときに、それまでは当たり前とされていた人柱を使う代わりに、石にお経を書いて沈めたというストーリーで、昔の権力者でも人の命を大切にする人がいたんだなと感動しました。神戸の港を整えたり、お金という概念を持ち込んだりと現在に至るまで影響力がすごいなと思いました。そして、豊臣秀吉などもそうですが、上り詰めると少しおかしくなるのはしょうがないのかなとも思いました。結果的に滅びの道へと突き進んで行くのが、正に「盛者必衰」という感じがしました。また、松山ケンイチさんの役作りも完璧という感じで好演していたと思います。そして、奥さん役の深田恭子さんの和服姿が綺麗すぎて、安徳天皇を連れての入水のシーンは切ない感じがしました。
40代女性
平清盛というと武士が台頭をしてきた時の最初の棟梁、という印象があります。清盛出生の謎や平家の繁栄などが描かれていましたが、海賊と旧知の仲になるなどのフィクションの部分もあって、それが面白さに繋がっていたと思います。清盛というと、独裁政治を行っていたイメージもありますが、それはすべて平家のためだったんだと思いました。平時子との出会いや平家のために時子が行っていたこと、清盛の夢を叶えるために尽力をしていたことなども伝わってきました。平安時代をテーマにした大河ドラマは今までそんなに多くはなかったと思います。史料もそんなに多くは残っていませんし、謎めいた部分はたくさんあるんじゃないかな、と思いました。清盛の最期までしっかりと描いていて、それからやってくる源氏の時代にも繋がっている部分が出てくるので、斬新だと思いました。平清盛って実はこういう人だったんだということもよく伝わってきたので、面白い作品でした。

関連動画

八代将軍吉宗
毛利元就
PU-PU-PU-
零のかなたへ〜THE WINDS OF GOD〜
喰いタン
喰いタンSP 香港ぜんぶ食べちゃうぞ! 編
リスクの神様
ハロー張りネズミ

まとめ

ドラマ「平清盛」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

武士が貴族の番犬でしかなかった時代に、実力で日本の覇者に上り詰めた奇跡の男・平清盛。

今まで天下の大悪人として描かれてきた平清盛を、先見的で躍動感あふれる男として壮大なスケールで描かれた作品です。

ドラマ「平清盛」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴