ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|リスクの神様の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「リスクの神様」は2015年7月8日から9月16日に放送されていたV6の森田剛さんが出演しているドラマです。

森田剛さん演じる危機対策室渉外担当が企業の様々なトラブルに立ち向かっていく物語です。

この記事では、森田剛さん出演ドラマ「リスクの神様」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「リスクの神様」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リスクの神様」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「リスクの神様」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「リスクの神様」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月11日の時点の情報)

ドラマ「リスクの神様」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「リスクの神様」を全話無料で視聴することができます。

「リスクの神様」だけでなく、「喰いタン」「PU-PU-PU-」「平清盛」など他の、森田剛さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リスクの神様」の動画を無料視聴

ドラマ「リスクの神様」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「リスクの神様」の動画を無料視聴

「リスクの神様」以外の森田剛さん出演

  • 「喰いタン」
  • 「PU-PU-PU-」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「リスクの神様」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「リスクの神様」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「リスクの神様」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「リスクの神様」だけでなく、「喰いタン」「PU-PU-PU-」などの森田剛さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「リスクの神様」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「リスクの神様」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が画質が悪く、きちんと見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「リスクの神様」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「リスクの神様」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リスクの神様」の各話のあらすじと感想

「リスクの神様」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「リスクの神様」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『危機こそチャンス…現れた謎の救世主!』

動画サイト
ドラマ「リスクの神様」第1話 あらすじ
西行寺智(堤真一)は、これまで数々のトラブルを解決してきた伝説的な危機管理専門家。日本最大の商社・サンライズ物産社長の坂手光輝(吉田鋼太郎)にその手腕を見込まれた西行寺は、同社の危機対策室長に迎え入れられ、久しぶりに帰国する。 その頃、サンライズ物産では、電機メーカー・生島電機とともに新素材を使った次世代型バッテリー「LIFE」を共同開発し、注目を集めていた。その開発責任者は、東大卒の帰国子女で電機部主任の神狩かおり(戸田恵梨香)だ。サンライズ物産と生島電機は、新会社ライフパワー社を設立し、社長には生島電機専務の生島徹(風間トオル)が就任、かおりも商品開発担当役員に抜てきされる。
ドラマ「リスクの神様」第1話 感想
予想していたよりも、ずっとずっとシリアスな雰囲気。企業ドラマっぽさのようなものまで感じるトコロに驚きました。 この浮ついたトコロのない感じです。 西行寺(堤真一)のやり口が明らかになるラストの展開が面白かったです。 徹底的に調べて、ときには騙して、対象の弱みだって握る、西行寺を中心とした危機対策室が、これからどんな取り組みを見せていってくれるのか、どんなストーリーで楽しませていってくれるのか、楽しみです。

第2話『食品に異物が混入…倒産の危機を救え!』

動画サイト
ドラマ「リスクの神様」第2話 あらすじ
サンライズ物産危機対策室室長の西行寺智(堤真一)は、次世代型バッテリー『LIFE』のリコール問題の責任を負って同部署への異動を命じられた神狩かおり(戸田恵梨香)らとともに、傘下の食品会社・豊川フーズで発生した異物混入事件に対処する。 事件は、豊川フーズの主力商品・カップマカロニに小さなネジが混入していたというものだった。気づかずにその商品を食べ、口の中を切る被害者もいた。しかし、同社社長の天野昭雄(飯田基祐)は、相次ぐ異物混入事件に便乗した愉快犯の仕業だとして、返金などに応じようとはしなかった。するとネット上には豊川フーズを非難する書き込みが溢れ、不買運動の呼びかけが始まる。
ドラマ「リスクの神様」第2話 感想
辞めることになったとはいえ麻生さんはスッキリしていたし、吸収先の大蔵食品が米製品部門に力を入れているおかげで無くなった商品も復活するらしい。リストラ候補の社員も経験者として優遇されるそうで、いい方向に向かうことになった。 神狩自身が言ってたように大切な事を全て守るのは無理なのである。 リスクを回避するためには捨てることも大切だと言う事。会社が無くなっても理念が残る。 これはこれで凄いこと。西行寺はそこまで見越して動いているんでしょうね。 面倒な企業のしがらみの中で、それを掻い潜って最善を尽くす人たちのドラマですね。

第3話『アイドルと次期首相2つのスキャンダル…隠された真実を守れ』

動画サイト
ドラマ「リスクの神様」第3話 あらすじ
サンライズ物産が所有するクルーザーが座礁事故を起こした。西行寺智(堤真一)は、神狩かおり(戸田恵梨香)、結城実(森田剛)とともに現場に向かい、極秘裏に事故処理をする。クルーザーに乗っていたのは、次期総裁候補の民自党代議士・薮谷虎之助(名高達男)と若い女性(エミ レナータ)だった。薮谷らが収容された病院に現れたサンライズ物産社長・坂手光輝(吉田鋼太郎)は、薮谷と女性の密会そのものをなかったことにするよう、西行寺に指示した。 同じころ、広報部の橘由香(山口紗弥加)は、公私ともに親しいトップアイドルの北条ちなみ(新川優愛)から、友人が血を吐いて倒れているとの連絡を受ける。由香が向かったのは、ちなみの知り合いだという映画スタッフ・高原(若林誠)のマンションだった。無名だったちなみをCMに抜擢して以来、姉妹のように親しく付き合っていた由香は、ちなみの痕跡を消して彼女を帰すと、高原を病院に連れていく。幸い高原は命に別状はなかった。
ドラマ「リスクの神様」第3話 感想
今までの2話は、製品のリコールや食品回収といった身近に起こりそうな事件だったので、とても面白く観ていたのですが、今回はスキャンダルで、しかもサンライズ物産の社員ではない人が起こした事件でした。西行寺が1年間失踪ののちサンライズ物産に来たのは、父・関口孝雄(田中泯)のいた会社だからという事も大きくあるのだろうけど、本当の所はどういう事なのでしょうか。 「あらゆる可能性を探るのが、危機対策だ」 「すべては守れない。厳しい選択をするのも我々の仕事だ」もう少し西行寺語録がほしかったです。

第4話『美しき海を救え!爆発事故と海洋汚染…隠された罪とは?』

動画サイト
ドラマ「リスクの神様」第4話 あらすじ
サンライズ物産のグループ企業である波丘樹脂の工業薬品倉庫で火災が発生した。西行寺(堤真一)は、サンライズ物産社長・坂手(吉田鋼太郎)の指示で、かおり(戸田恵梨香)、結城(森田剛)とともに現地に向かった。西行寺らを出迎えた波丘樹脂社長の塚原(浅野和之)は、特殊な薬品を扱っているため専門知識が必要であることを理由に、対応は自分たちに任せてほしいと告げる。マスコミ対応も、塚原自身が行うという。実は塚原は、過去に会社の危機を何度も救い、危機対策のプロという異名を持つ人物だった。 消防署による現場検証の結果、出火の原因は出入り業者によるタバコの火の不始末であることが判明した。倉庫近くの河川へ薬品が流出した可能性もあるため、塚原は、倉庫内の薬品に関するデータはすべて公表し、川の水が流れ込む湾内の漁業停止および遊泳禁止を依頼するとともに、水質検査の実施も行うと発表する。
ドラマ「リスクの神様」第4話 感想
企業と市が一心同体。 町の住民の多くが、企業と何かしらの関係がある、 そんな波丘の町に漂う閉塞感が印象的でした。 塚原が見せた完璧な対応から漂ってくる、食えない感じが良かったです。 「危機はチャンス」塚原が言うその言葉は、西行寺(堤真一)のそれとは全く異なる意味合いを持っていることが明らかになる展開も面白かったし、 問題が、白川(小日向文世)と坂手(吉田鋼太郎)の抗争に影響を与え、 そこから、西行寺(堤真一)の父・関口孝雄(田中泯)の事件へと繋がっていく過程も楽しめました。

第5話『誘拐事件を解決せよ!命かけた究極の選択』

動画サイト
ドラマ「リスクの神様」第5話 あらすじ
誘拐事件を解決せよ命かけた究極の選択 西行寺(堤真一)は、父・関口孝雄(田中泯)の主治医に会った。脳梗塞を患って以来、脳血管性認知症が急速に進行していた関口が西行寺の言葉に反応したことを知った医師は、今後も辛抱強く話しかけることで何か思い出すかもしれない、と告げる。 一方、かおり(戸田恵梨香)は、天然ゴムの産地であるマーレーンに置かれたサンライズ物産の駐在所から、所長の袴田明(桜井聖)と昨日から連絡が取れないという知らせを受ける。あくる日、サンライズ物産社長・坂手(吉田鋼太郎)宛ての国際郵便が届いた。その中身は、ひび割れたメガネと袴田の写真。写真の裏にはわざわざ日本時間で記された撮影日時があり、制限時間は72時間と書かれていた。日本で暮らす袴田の妻・美沙(田中美里)に連絡を取り、メガネが袴田のものだと確認した西行寺は、彼が誘拐された可能性が高いこと、また誘拐犯が共産ゲリラだった場合、現地警察も信用できないことから、危機対策室を中心に非常時態勢で臨むよう指示。ブラジルに向かう機内にいる社長の坂手、京都に向かっていた専務の白川(小日向文世)に連絡を取るよう命じるとともに、種子島(古田新太)を現地に向かわせる。
ドラマ「リスクの神様」第5話 感想
裏番組が主演の顔芸のオンパレードで視聴率アップの狙ってくれば、こちらはジャニーズの森田さんの出番を増やして真っ向勝負ってところですかね。物語としては、これまでの商品等の欠陥による企業危機でなく、海外駐在所の所長誘拐事件と捻っており、パターン化阻止も出来て良かったと思います。 ただ、前回と同様に1時間枠内の構成が問題。結城(森田剛)を始め登場人物たちの個々の過去の話を、突然今回に限って全編に散りばめて挿入するから、まず序盤で最も肝心な犯人とのファーストコンタクトまでが盛り上がりに欠けましま。いくら、かおり(戸田恵梨香)の外国語での交渉術で魅せようにも限界があると感じました。

第6話『盗まれた会社の秘密容疑者は11人の同僚!? 産業スパイは誰だ?』

動画サイト
ドラマ「リスクの神様」第6話 あらすじ
サンライズ物産と新陽薬品は、共同開発した花粉症治療新薬の特許を出願した。だが、全く同じ製法の新薬特許が他社からすでに出願されており、認可されなかった。西行寺(堤真一)は、この一件は機密情報の漏えいだと判断し、新薬開発プロジェクトに関わっていた薬品部主任の原田(満島真之介)から事情を聴く。原田によれば、機密情報にアクセスできる人間は新薬開発プロジェクトのメンバーに限られているという。西行寺は、かおり(戸田恵梨香)、結城(森田剛)らに極秘で内部調査を行うよう指示した。 新陽薬品の進藤社長(中丸新将)は、危機対策室による内部調査に同意し、プロジェクトリーダーの望月貴子(中山忍)に調査への協力を命じる。望月の案内でプロジェクトルームを訪れた西行寺たちは、入室用ナンバーキーや、製剤機密へアクセスするためのパスワードを定期的に変更していなかったことを知る。そこでかおりは、機密データへのアクセス履歴やプロジェクトの全記録を提出してほしいと貴子に依頼した。
ドラマ「リスクの神様」第6話 感想
今回は、途中であれこれブツ切れ要素を入れず、西行寺(堤真一)の個人ネタも最後に集約したのは良かったです。話を捻りまくって、容疑者を次々と変えていく所が面白かったです。 西行寺「今回の仕事の最終目的は特許を取り返すことだ」 序盤で西行寺がこう言ったはず。なのに、肝心の特許を取り戻すくだりは曖昧のまま。危機管理の話なのに、肝心の問題解決部分を描かないのは合点がいかないですね、これからその辺も暴かれていくのでしょうか。

第7話『お家騒動に潜む罠!? 会社乗っ取りを救え』

動画サイト
ドラマ「リスクの神様」第7話 あらすじ
西行寺(堤真一)は、呉服店からスタートし、百貨店、スーパー、ホテルと事業を拡大してきた烏丸屋ホールディングスが乗っ取りの危機にあることを知る。事の起こりは、1年前、社長の岡崎竜太郎(小野武彦)を、息子である大樹(中村俊介)が解任し、自ら新社長に就任したお家騒動だった。その後、買収した日陽ホテルがわずか3カ月で経営破たんしたこともあって烏丸屋の株価は下がり続けていた。サンライズ物産は竜太郎と並ぶ筆頭株主でもあった。 大樹を訪ねた西行寺とかおり(戸田恵梨香)は、監査役の花村(大谷亮介)という男が日陽ホテルの負債を意図的に見逃した上、突然姿を消したことを知る。日陽ホテルの買収自体が烏丸屋乗っ取りを狙ったわなだと判断した西行寺は、竜太郎に会いに行く。そもそも日陽ホテルの買収は、竜太郎が持ち込んだ話だった。しかし竜太郎は、その経緯を明かそうとはしなかった。
ドラマ「リスクの神様」第7話 感想
今回は、あの家具屋騒動とハゲタカファンドを組み合わせて視聴者が興味を惹き易いテーマを持ってきた。お蔭で同族企業の特徴や親子の対立や企業買収のトリックなどを描いて、見応えのある1時間でした。今民間の危機管理対策会社の1チームの話ならそれなりに納得できますね。探偵が調査を依頼されるような話で。でも、実際はそうでないのだから、サンライズ物産をしっかり描かないと西行寺らが活躍しても意味が無いのかなとも思いました。

第8話『カリスマ女社長の嘘 赤字隠しの罪を暴け』

動画サイト
ドラマ「リスクの神様」第8話 あらすじ
西行寺(堤真一)は、サンライズ物産専務の白川(小日向文世)から、かおり(戸田恵梨香)を希望する部署に戻してやりたいとの提案を受ける。白川は、LIFE事業失敗の責任をかおりだけに負わせたやり方に納得していないらしい。続けて白川は、社長の坂手(吉田鋼太郎)が進めるメタンハイドレート開発プロジェクトなどの資料を提示し、坂手の独断的な経営がこれ以上続けば、会社にとって大きな危機になるかもしれない、と西行寺に告げる。 そんな折、グループ企業の社員を名乗る人物から内部告発のメールが届く。サンライズ物産創設期から取引がある総合衣料メーカーのトウセンが、不正会計を行って黒字を計上しているという告発だった。西行寺は、かおりや結城(森田剛)らに内密で調査をするよう指示する。財務諸表からは問題は見つからなかったが、トウセンがこの5年間、常に同じ割合で業績を伸ばしていることに不審を抱いたかおりは、繊維事業部を統括する白川に相談を持ちかけ、調査に協力してくれそうな取引先企業をあたってもらうことにする。
ドラマ「リスクの神様」第8話 感想
見せ場のひとつである、西行寺&かおりによる危機回避の説得の言葉も魅力が感じられませんでした。 今回のゲストエピソードって、エネルギー事業の問題に漂う不穏さを描きたいがためのエピソードって感じでしたね。かおりも西行寺の父の事件を知ることとなったし、白川(小日向文世)が動き出しているし、そろそろ、エネルギー事業問題をじっくり見せていってくれるのか期待です。 中途半端なゲストエピでダラダラ引き伸ばすくらいなら、がっつり、じっくり、こちらの方に力を入れて魅せていただきたいと思いました。

第9話『絶体絶命に陥った女、暴かれた過去と復讐』

動画サイト
ドラマ「リスクの神様」第9話 あらすじ
西行寺(堤真一)は、メタンハイドレート開発事業の会計資料を調べていた。そこに、シャツや手を血に染めた坂手社長(吉田鋼太郎)が現れ、一緒にいた相手が吐血して倒れたと言ってホテルのルームキーを取り出す。西行寺は、別件の調査報告で連絡をしてきた結城(森田剛)に、坂手の件も対処するよう指示する。 同じころ、かおり(戸田恵梨香)は、サンエナジーに出向中の由香(山口紗弥加)と会っていた。由香が、危機対策室からの聞き取り調査で帰国したことを知らなかったかおりは、戸惑いを隠せない。
ドラマ「リスクの神様」第9話 感想
吉田鋼太郎という役者のイメージは、ちょっと見やり手だけれど、だらしない所のある人という感じ。 まさしくこのドラマの社長の役にぴったりですね。 西行寺はこんなに出来る男なのに、実は父親の復讐のために行動しているようですし、その事実は最終回に明かされることを期待します。 来週は神狩×西行寺の戦いらしいです。「あなたはこの会社を乗っ取る気ですか」と神狩が叫んでいます。 強い女って素晴らしい! もっともっと、神狩の活躍が見たくなって来ました。

第10話『危機こそチャンス…救世主の真の狙いとは?』

動画サイト
ドラマ「リスクの神様」第10話 あらすじ
サンライズ物産の役員会で坂手社長(吉田鋼太郎)解任の緊急動議が賛成多数で可決され、新社長には専務の白川(小日向文世)が就任した。西行寺(堤真一)は、白川の指示を受け、組織再編に伴い危機対策室が解散になることをかおり(戸田恵梨香)たちに報告する。今後は、各部署に危機対策担当を配置することになったという。かおりは、西行寺が坂手を裏切って白川社長を誕生させた真意がわからず、ますます疑念を深めていた。 あくる朝、かおりは、由香(山口紗弥加)から、西行寺が社長室長に就任したことを聞かされる。すでに西行寺は、白川が掲げた積極的な経営戦略の一環として3社の買収を提案し、役員会で承認されていた。西行寺が父親を見捨てたサンライズ物産に復讐をしようとしていると考えたかおりは、それを阻止すべく彼の行動をマーク。西行寺が、アジアグローバル証券代表のフォー(木下ほうか)と会っているのを目撃する。だが、ふたりを追おうとすると、突然現れた結城(森田剛)に止められてしまう。
ドラマ「リスクの神様」第10話 感想
白川の真実を暴き、大きな不正を処理したあとは、西行寺さん自身の後始末。 更迭されるシェフの能登の弟子とは違い、優秀な西行寺の弟子である神狩が30年前の事件を全て調べてくれていた。 社会派およびサスペンスにハマった役者さんたちの存在感で作り上げた凄い世界。 誰一人として嘘臭くなかったからここまで大きい話でも受け入れて見る事が出来た。 役者力と演出の勝利でした。 このクオリティなら劇場版でもいいから、できたら続けてほしいと思えました。サンライズ物産、まだまだ何か謎がありそうですし、

ご覧頂きましたように、無料サイトに「リスクの神様」の動画はいくつかありましたが、画面が小さくなっていたり画質も悪かったりととても見づらいです。

仮に全話あったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「リスクの神様」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リスクの神様」のあらすじと見どころ

昨今、連日のようにニュースをにぎわせている、偽装、隠ぺい、不正利益供与、粉飾決算、個人情報流出などの企業による相次ぐ不祥事や、痴漢冤罪、不倫騒動などの個人間のトラブル。瞬く間に情報が拡散し、その消去が難しい現代において、“たった一度の過ち”が、企業や個人への信頼を完全に失墜させてしまうことも少なくない。 日本最大の商社・サンライズ物産は、新たに「危機対策室」を設立することになる。危機対策室長として呼ばれたのは、アメリカで数々のリスクを解決し「リスクの神様」とまで言われたた西行寺智だった。その頃、サンライズ物産と生島電気との間で立ち上げた合弁会社にて、「LIFE」プロジェクトがスタートする。しかし、「LIFEバッテリー」を搭載した掃除機に重要な欠陥が見つかり、電機部主任・神狩かおりは責任をとらされる。社内で行き場を失う神狩を、西行寺は危機対策室に迎え入れ、あらゆる危機、リスクについて対策を行っていく。

ドラマ「リスクの神様」の出演者や主題歌

西行寺 智:堤真一
神狩 かおり:戸田恵梨香
結城 実:森田剛
種子島 敏夫:古田新太
財部 栄一:志賀廣太郎
橘 由香:山口紗弥加
白川 誠一郎:小日向文世

主題歌:

放送月日:2015年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「リスクの神様」の見所や感想

40代女性

ビリギャルを書いた橋本裕志さんが書いたストーリーで、企業のリスク管理をドラマチックに描いているといった印象。従ってリスクに向き合う臨場感や、ハラハラドキドキは無いものの、お話としてさらっと見るには適していると思います。橋本さんは、ビリギャルやウォーターボーイズシリーズなども手かげてる方です。堤真一の久々のドラマだったのでかなり期待はしていました。1話と最終回が特に良かったですね。最終回の堤さんと田中さんのシーンが今でも忘れられません。見ごたえがあり好きだった。志賀さんとかあまり見ないけどいい味だすよね。堤真一の安定感は流石で、古田新太、森田剛、志賀廣太郎の脇役勢が面白かったです。社会人や大人なら、特に面白いのではないでしょうか。

30代女性
感想追記

関連動画

喰いタン
PU-PU-PU-
平清盛
ハロー張りネズミ
毛利元就

 

まとめ

ドラマ「リスクの神様」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

森田剛さんが子会社に潜入する回はとてもハラハラしますが、最後はスッキリ解決してくれます。
豪華俳優陣との共演も見どころです。

ドラマ「リスクの神様」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴