ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|幸せづくりの動画を無料でフル視聴する方法

「幸せづくり」は1999年1月4日から4月2日に放送されていた元シブがき隊の布川敏和さんが出演しているドラマです。

布川敏和さん演じる野村祐介が上司の代わりにコンピュータ見合いに参加し、そこで出会った紀子に別居結婚を提案する、ユニークな夫婦形態の姿が描かれた作品です。

この記事では、布川敏和さん出演ドラマ「幸せづくり」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪
 

ドラマ「幸せづくり」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「幸せづくり」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「幸せづくり」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月10日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「幸せづくり」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。
 

ドラマ「幸せづくり」の動画を無料視聴

ドラマ「幸せづくり」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「幸せづくり」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「幸せづくり」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「幸せづくり」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除され、最後まで見られるサイトはありませんでした。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「幸せづくり」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取扱なし 取扱なし
Amazon 取扱なし 取扱なし
Yahoo!ショッピング 取扱なし 取扱なし

主要なネット通販3社で調査しましたが、DVDを販売しているところはありませんでした。
 

ドラマ「幸せづくり」の各話のあらすじと感想

「幸せづくり」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「幸せづくり」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第1話 あらすじ
テレビのリポーターをしている紀子。30歳目前の紀子は結婚への焦りも感じ始めていました。しかしその日紀子は失恋をしてしまいます。事件の現場中継では新聞社の腕章をつけた男に何度も足を踏まれ口論になりました。紀子は恋愛で結婚するという恋愛至上主義を捨て、コンピューター見合いに入会しました。両親は紀子がコンピューター見合いに入会したことが原因で喧嘩を始めてしまいます。そして弟の新吉にはからかわれました。入会してから1週間後初めてのお見合いの通知が来ました。しかしあっけなく破談してしまいます。2回、3回と果敢に紀子は挑戦していきますが、尽く破談。規定の12回目が最後のお見合いです。そして最後のお見合いの相手がまさかの……!?
ドラマ「幸せづくり」第1話 感想
テレビ番組のリポーターである紀子は揉みくちゃになる事件現場で必死になっている姿がバリバリのキャリアウーマンといった印象がありました。そこで、ある新聞社の男性に足を踏まれて口喧嘩になるのですが、男性と口論する紀子はやっぱり逞しい印象です。そこから嫌な事続きで、その日のうちに失恋してしまう紀子に仕事面と違った女性らしさも感じます。そして、焦りを感じている紀子は恋愛結婚からのシフトチェンジをするのですが、女性の結婚に対する願望が出ていて楽しかったです。

第2話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第2話 あらすじ
12回目の紀子のお見合い相手は、現場中継で何度も足を踏まれ口論になってしまった新聞記者の人でした。紀子は嫌々ながらも食事に行きました。すると意外にも好青年で毎朝新聞の福岡支店に勤務しているということでした。紀子は次回も会う約束をします。ところが別れ際に実は自分は祐介という名前で今日はお見合いの代理で食事に来たことを告白します。それから祐介から紀子の自宅や職場に電話がかかってくるようになりましたが、紀子は騙されていたことに腹が立っていたので無視していました。しかし自宅までの帰り道で待ち伏せされ、強引に祐介の実家に連れて行かれます。そしていきなり別居離婚を提案し、紀子にプロポーズする祐介。紀子は混乱していましたが勢いで思わず承諾してしまいます。
ドラマ「幸せづくり」第2話 感想
お見合いの連敗街道をひた走る紀子は前話よりも焦りが描写に滲み出ている気がしました。入会した見合いセンターの規定となる最後の12回目に臨む紀子の見合い相手が、あの新聞記者であった時は驚きました。彼の名前は祐介と言い、福岡の新聞社に勤務しているという事を聞いたりして最初の印象とはまるで違う雰囲気に、見ていて期待感を抱きましたが、いきなり祐介がプロポーズとはびっくりしました。しかも、自分は代理だと言っているのに…。そして、OKしてしまう紀子に2度びっくりの展開です。

第3話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第3話 あらすじ
祐介が勢いで押し切った形ですが、紀子がプロポーズを了承した翌朝に祐介は紀子の両親へ挨拶に訪れます。紀子の両親は突然の訪問に驚きますが、竜夫は祐介の事を気に入る素振りを見せますが、佐江子は何の相談も無く来た祐介に立腹します。一方、祐介の両親である元治と芳江は直ぐに紀子を気に入ります。佐江子がこの件で不快な思いをしていると知った芳江は佐江子に電話をして、両家の顔合わせの食事会を提案します。そして、両家の顔合わせが行われた時に佐江子は結婚式も披露宴も行わない事を聞きます。更に福岡と東京の別居結婚も聞くと怒って出て行きます。
ドラマ「幸せづくり」第3話 感想
かなり強引な部分がありますが、やっと紀子にも春がやって来たので、良かったなぁ。と思っていましたが、佐江子を上手く扱わないと大変な事になると思っていました。こういう事って2人が良ければいい訳じゃないから、実社会でも有りがちな問題を見た気がします。祐介の挨拶だけなら、機嫌が悪いで通りますが結婚式無しの別居婚は流石に拙いだろ…と思っていたら案の定、佐江子が怒ってしまいました。出会いからこの回まで波乱ばかりですが、楽しく視聴出来ています。

第4話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第4話 あらすじ
結婚式や披露宴もしない上に別居婚の話にまで及んだ佐江子は、紀子と口をきこうとしません。自分たちの決断に納得しない佐江子の対応に困った紀子は急遽、福岡に向かい祐介に相談します。祐介に連れられて、マンションに行くと先輩の菊地が勝手に部屋に入り込んでいました。菊地は本来自分が紀子の見合い相手だと言って馴れ馴れしい態度を崩しません。祐介は紀子に対して佐江子の事は時間をかけて納得してもらう意思を紀子に伝えます。東京に戻った紀子は竜夫から佐江子の結婚式に拘る特別な思いを聞きます。
ドラマ「幸せづくり」第4話 感想
まぁ、佐江子は怒って当然でしょ。という思いで見ていました。紀子の相談も大変です。その度に福岡まで飛ばなければならないのだから、この環境に無理がある事は明らかだと思いました。ただ、祐介の真剣な思いは見ていて良く分かるので、一概にダメな選択とは思いません。それにしても、菊地は何してるの?という思いで彼のいい加減な性格が垣間見えました。竜夫から佐江子の思いを聞いた紀子の決意には本当に感動しました。応援する気持ちで視聴出来ました。

第5話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第5話 あらすじ
紆余曲折を経て出会いからかなりの速度で結婚した紀子ですが、式が終わると祐介は直ちに福岡へ行ってしまいます。紀子も結婚前と変わらず、実家から仕事に通う毎日で、結婚した気分には浸れません。こんな状況を打開するべく、紀子は、家を出ます。そして、アパートを借りて新しい生活を始めます。佐江子の反対を押し切る形ではありましたが、引っ越し当日は祐介の両親も手伝いをしてくれますが、佐江子と芳江が対抗意識を出して先が思いやられる紀子でした。
ドラマ「幸せづくり」第5話 感想
今の状況では新婚どころか、結婚している感覚すら無い紀子が心機一転を図り、引っ越しを決断したのは良いアイディアだと思いました。そこで始まる新たな火種が、佐江子と芳江の対抗心です。2人共「紀子は私の娘」という意識が過剰に出過ぎて、両者白熱した戦いに紀子が頭を痛めるといった構図になっていましたが、この様な話はどこの家庭でも少なからず、問題になるテーマがこの物語には入っていて親近感を覚えながら視聴出来ました。

第6話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第6話 あらすじ
結婚して1か月が経過した紀子ですが、別居婚の為に一人暮らしの状態には慣れてきましたが、祐介に電話をかけても不在なので寂しい気持ちが有ります。テレビ局のスタッフ達は浮気をしているはずだと紀子を揶揄います。そんな状況で、不安な気持ちが拭えないまま夜に祐介の自宅に電話をすると女性が電話に出ます。次の日、祐介から紀子に電話がありますが、紀子は離婚をする旨を祐介に伝えます。その夜、紀子は祐介の実家で食事をします。すると、祐介が…。
ドラマ「幸せづくり」第6話 感想
やっと、紀子も新生活に慣れて来たんだなぁ。という安堵感で最初は見ていましたが、祐介が電話に出ないくだりから段々と雲行きが怪しくなってきました。同僚に祐介の浮気を揶揄われ、意識がその方向に向いた時、祐介の自宅に女性が電話に出るという最悪のケースでした。離婚を一方的に突きつける紀子の表情が良く描写に表れていました。でも、一番感動出来たのは、人生の先輩でもあり、別居婚の先輩でもある芳江と元治が二人の為に上手くいく方法を教えている所は優しさを感じました。

第7話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第7話 あらすじ
結婚生活1か月目にして離婚の危機は回避されましたが、今度は祐介が紀子を気にしすぎて朝から、夜中まで電話をかけてきます。しかも、その内容と来たらどうでも良い事ばかりで、紀子は電話ノイローゼを職場で訴えますが、また会社の同僚達から祐介に疚しい事があるから、その反動で電話が多くなっている事を言われ、またまた不安になる紀子でした。しかも、祐介は無理やり仕事をスケジュールして頻繁に帰京する様になります。交通費や電話代を気にする紀子は祐介に金銭状態を聞くと、祐介から意外な言葉が…。
ドラマ「幸せづくり」第7話 感想
前回とは真逆のパターンに悩む紀子をコミカルチックに見ていました。人間はやっぱりその場の状況に足りない事に不満を大きく抱えるんだなぁ。と思いました。電話が全く無かったり、嫌になるほどかかってきたり、中々バランスの取れない紀子と祐介ですがついに金銭感覚でも喧嘩になります。親に頼るのは当たり前と考える祐介と自立こそ大人と考える紀子の間にはこれからも溝が出来る予感がしました。後、福岡出張の時に祐介の隣部屋にいた美人な大学生に嫉妬しているシーンも面白かったです。

第8話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第8話 あらすじ
紀子が福岡出張から戻ると、なんとアパートに空き巣が入っていました。盗難に遭ったのは、何故か目覚時計と炊飯器だけでしたが、紀子は恐くなって泣いてしまいます。その事を知った芳江が紀子に暫くの間、自分たちの家で暮らす事を提案しますが、今度は佐江子も自分の家に帰ってきなさいと言い出し再度、母親間のイザコザが起きてしまい紀子は板挟みになってしまいます。一方、祐介も東京勤務への移動を会社に申し出ていますが、まだ先の様です。そんな時に紀子の同僚たちが彼女を励ますためにアパートへ遊びに来ますが、祐介から来た自宅の電話をディレクターの岡崎が取ってしまい、今度は祐介が誤解します。
ドラマ「幸せづくり」第8話 感想
紀子の人生には何かとトラブルが付きまとう予感がします。空き巣に入られただけでも十分可哀想に思いましたが、そこに重ねて母親同士の確執が再燃した時には泣けるほど悩んでいたシーンがさらに追い打ちをかけている印象です。また、紀子を元気づけようとした職場の同僚達には感謝したい所ですが、その時に「岡崎ディレクターが何で電話取っちゃうんだよ。」なんて言ってしまう程、入り込んでドラマを視聴出来ました。自分が悪くなくてもトコトン運が悪い女性の様です。

第9話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第9話 あらすじ
紀子は祐介からの浮気疑惑に対して誤解を回避するも、心身共に疲れ果ててしまい仕事を休んでしまいます。そんな時に職場の同僚である、みっちゃんがお見舞いに来てくれました。2人で気楽な会話を重ねていると突然として、元治と芳江が紀子を訪ねてきました。要件としては紀子の部屋に男性が出入りしていないか確認する為の様です。紀子は祐介に夫婦間に発生した問題に対して、親に報告しない事を強く主張します。そして、翌日野村家に行くとある忠告を受けます。
ドラマ「幸せづくり」第9話 感想
トラブル回避後に疲れ果てる紀子の気持ちが、描写によく表れていて本当に可哀そうに思いました。紀子からするとみっちゃんが今の所、唯一の救いに思えます。女性2人でのおしゃべりは楽しいと思いますが、そんな時間も束の間で、祐介の両親が浮気の監視にやってきてしまう点はストレス以外何者でもないと思いました。また、野村家で言われた子作り作戦ですが、勿論良い案の気がしますが、これはこれで違う問題が勃発しそうで興味がさらに深まる展開でした。

第10話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第10話 あらすじ
紀子は子作りを理由に祐介へ帰京を伝えます。しかし、祐介は帰って来ず電話連絡も無いまま1か月が経過します。ある日、菊地から紀子に電話が入り、祐介が20日前に足を怪我して入院しているとの事でした。急遽、紀子は病院に駆け付けると芳江が既に1週間も前から看病している事実を聞きます。整体治療院を経営している芳江は、プロだからという理由を付けて、祐介の世話を全て1人でやってしまいます。自分のやれる事は無く、急な仕事も入った紀子は帰京しますが、芳江がその事に立腹してしまいます。
ドラマ「幸せづくり」第10話 感想
紀子の単刀直入に言う子作りをするというシーンがあまりにもストレートなのですが、新しい家族に頼る思い入れが、現状打破に繋がれば良いのですが、そんなに簡単なものでは無いようです。祐介が帰ってこない紀子は本当に寂しそうで、見ている方も悲しい気分になります。また、怪我が判明し慌てて祐介の所に駆け付けるも芳江が既にいた時には「何で紀子に連絡してやらないんだよ」とこちらがムキになるくらいイライラしました。それでいて紀子が帰ると文句を言う芳江が難敵に見えてきました。

第11話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第11話 あらすじ
別居婚も半年が経過した紀子達ですが、トラブルは絶えず今度は芳江が紀子に妊娠指圧があると施術し始めます。ありがたさはあるのですが、紀子からしたら遠慮も無くあちこち触られる芳江に対して怒りが収まりません。祐介を介してそれと無く断ってもらいます。しかし、芳江の行動は収まらず竜夫と佐江子に指圧をして、効果を伝えます。乗せられた佐江子は芳江に子作りを急ぐ様に伝えます。そして、祐介が週末帰京すると気まずいムードになってしまいます。
ドラマ「幸せづくり」第11話 感想
やっぱり、トラブル続きの紀子ですが、芳江に指圧されながら泣いているシーンは見ているこちら迄泣けてきました。それにしても、芳江のパワフルぶりには呆れてしまいます。佐江子もすっかり巻き込まれて、被害者の様な気がします。唯一救われたのは、祐介の姉である由美が、自分の母親なのに気にしないで欲しいと伝えているシーンは紀子のホッとした描写が現れていて良かったと思いました。それにしても、祐介が東京に帰ってきても雰囲気の良い家庭が作れないのは何とも寂しい限りです。

第12話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第12話 あらすじ
紀子と祐介は、子作りの問題が発端となりお互いの愛情があるのか不安に思えてきます。竜夫夫婦と元治夫婦に関しては芳江の指圧で仲良くなっていますが、何気ない話から子供が出来ないのは紀子と祐介のどちらかに身体的な問題があるのでは無いかという話になってきてしまいます。紀子は佐江子から病院検査まで言われて、うんざりした紀子は祐介に会いに行きます。今回は仕事もいきなり休んでの福岡行です。そこで、祐介から聞いた彼の思いとは…。
ドラマ「幸せづくり」第12話 感想
母親2人が、自分の思いの丈を存分に出している気がしました。新婚夫婦に危機が訪れているのに孫の顔見たさに余計な事しかしない親の典型だという気がしました。この二人の母親は仲が良くても悪くても、しっかり問題を起こす立場である事を再認識した回となりました。ただ、紀子が急遽、福岡に飛んだ際に、祐介が最後に子供も大切だけれど、やっぱり2人の夫婦関係を築くことの大切さを紀子に言っていたシーンには強く感動を覚えました。

第13話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第13話 あらすじ
祐介の姉である由美が芳江に、紀子と祐介に対して余計な世話を焼かない様に強く言い聞かせます。また、その頃に紀子の弟である新吉も佐江子に対して、紀子の気持ちを最優先する様に頼み、夫婦間の問題に対して、一切干渉しない約束をします。そんな時に紀子が勤務するテレビ局にひかるという赤ちゃんを抱いた女性が訪ねてきました。そして、ひかるはこれから海外旅行に行くから紀子に預かる様言います。そんな事を受ける筋合いは無い事を伝えますが、ひかるが言うには、この赤ちゃんは自分と祐介の間に出来た子供だと言います。
ドラマ「幸せづくり」第13話 感想
やっと紀子にも新吉と由美という願ってもいない救世主が現れてくれました。本当に良かったと思いながら見ていたのも束の間でした。今度はテレビ局に現れたひかるです。赤ん坊を抱いていたひかるはいきなり、紀子に預けてしまう辺りは大胆というか無責任な女として見ていましたが、なんと祐介の子供と宣言したから大変です。この悪展開は想定外でしたので、かなりびっくりして見ていました。ここから、どんな発展を見せるのか益々目が離せなくなってきました。

第14話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第14話 あらすじ
ひかるから無理やり赤ちゃんを押し付けられ、怒りに震える紀子は、祐介を直ちに呼び寄せます。祐介は赤ん坊どころか、ひかるという女性にも覚えが無い状況を紀子に伝えますが、紀子は信じられず、問い詰めを鋭く続けると会社の先輩である菊地がひかるというホステスと付き合っていた事を思い出して菊地を呼びます。そこで菊地は祐介の名刺を使ってひかると付き合った事を白状します。赤ちゃんを誰が引き取るか3人は言い合いを始めますが、最後には紀子が預かる決心を固めます。
ドラマ「幸せづくり」第14話 感想
一時は祐介の子供かと思い紀子と同じ目線で祐介を敵視していましたが、疑いが晴れて良かったです。ただ、菊地が改めてしょうもない男だった点を再認識しました。自分の子供では無い事を最後まで言い訳していましたが、どうでも良い気分です。それにしても、このイザコザの中で自分が面倒を見ると宣言した紀子は本当に凄いと思いました。やはり、いざという時には女性の方が強いのだろうという印象が強く残りましたが、子育て経験の無い紀子に赤ちゃんを預かれるのか心配でもあります。

第15話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第15話 あらすじ
紀子はひかるの赤ちゃんを世話するうちに、育児に苦労もあるが、慣れて来るにつれて赤ちゃんが可愛く思えて育児の喜びを知っていきます。また、祐介もおもちゃを買って父親の気分を味わいます。そして、ひかるが迎えに来る約束の日が来ましたが、紀子は別れを惜しみ泣き出してしまいます。祐介も赤ちゃんがいなくなり激しく落ち込みます。そして、2人は本心から子供が欲しいという気持ちにかられます。それから、紀子は芳江の妊娠する為の指圧を積極的に受けて、祐介も休みの度に帰京する事になりました。そしてついに…!
ドラマ「幸せづくり」第15話 感想
始めは問題だらけのトラブルかと思いましたが、祐介と紀子は自分がこれから置かれる状況を事前に知る事が出来て、この状況が次第に好転していく姿に心を打たれました。最後に赤ちゃんとお別れする姿は涙無しでは見られませんでした。また、この状況をきっかけに子供が欲しい思いが2人共に強くなり、今までとは比べ物にならない努力が続きます。指圧されながら自分の気持ちと葛藤して、泣いていた紀子が積極的に芳江の元に行くシーンが印象的でした。

第16話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第16話 あらすじ
待ちに待った妊娠に喜びのあまり幸せいっぱいの紀子は早速、祐介に電話して吉報を届けます。祐介も大喜びで2人は幸せを噛み締めますが、祐介が芳江に電話するというので、紀子は互いの義母に電話を入れて、公平に連絡が入る様に提案します。程無くして、紀子の妊娠祝賀会が開かれました。ただ、悪阻の紀子は食欲も無く気が進みません。その事から、またしても芳江と佐江子がいがみ合います。元治と竜夫は自分たちの妻に余計な世話をしない様、言い聞かせますが双方、大掛かりな夫婦喧嘩に発展していきます。
ドラマ「幸せづくり」第16話 感想
喜びいっぱいの2人を見ていて喜んでいたこちらの思いも束の間でした…。またしても芳江と佐江子が互いの意見が食い違い、いがみ合いをする展開へと移って行きます。でも、今回はお互いの父親が自分の妻たちに抑制を掛けていたシーンは今までと違って祐介や紀子の助けになっていると感じました。勿論、お決まりの夫婦喧嘩になっていましたが、自分の子を思う気持ちが男性と女性でこうも違うのかなという思いで視聴していました。でも、紀子の妊娠で絆が深まった2人をこれからも応援したくなりました。

第17話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第17話 あらすじ
紀子は妊娠3か月目を迎えていましたが、スクープを抑えるためにある日の夜、張り込みをします。それがきっかけで風邪をひいてしまい祐介に怒られてしまいます。祐介が芳江に連絡した為、芳江は早速看病に向かいます。その事を知った佐江子は後れを取るまいと急いで紀子の所に駆け付けます。そこから芳江と佐江子の世話焼き対決を板挟みになって見ていた紀子でしたが、由美と元治が機転を利かせて芳江を家へと呼び戻してくれます。久しぶりに親子水入らずになった佐江子と紀子に幸せな時間が流れます。
ドラマ「幸せづくり」第17話 感想
妊娠3か月の紀子が仕事を優先して張り込みを行った為に風邪をひいてしまう展開を祐介に怒られた所から暗雲が立ち込める予感がしました。案の定、イザコザの絶えない芳江と佐江子の余計なお世話合戦ですが、今回も由美と元治が手を差し伸べてくれる展開に一生懸命頑張っている人はやっぱり周囲が助けようとしてくれる典型例と思いながら見ていました。親子水入らずの時間が過ごせた紀子と佐江子の2人にも心温まる思いで視聴出来ました。

第18話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第18話 あらすじ
紀子も妊娠6か月目に入り妊婦らしい体系となってきましたが、芳江が昔着ていた手作りのマタニティドレスと腹帯を持ってきます。かなり古いデザインに困惑した紀子でしたが、芳江に気遣いを見せて仕事先にも着て行きます。テレビで紀子のマタニティ姿を見た佐江子は驚き、デパートで新しいマタニティドレスとコルセットを買って、紀子に渡します。紀子からすると何に付けてもイザコザを起こす2人の母親にうんざりしています。そんな紀子を心配した祐介は新吉に紀子の様子を見に行く様頼みます。
ドラマ「幸せづくり」第18話 感想
やっぱり、この2人の母親は何を言っても治らない気がしました。自分たちのしている事が良かれと思っての行動が逆に紀子に負担をかけている意識など毛頭無く、これからもイザコザが続く気配です。紀子は佐江子に話していますが、芳江にも言わないと収拾がつかないと思いました。そして、祐介は新吉を使って紀子の様子を見る係として依頼する辺りは若干の兆しが見えますが、先の思い悩まれる状況に決定的な打開策が必要な気がしました。実社会でも十分あり得る問題点です。

第19話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第19話 あらすじ
紀子は妊娠8か月に入り取材が無理になりながらも、スタジオの仕事を手伝いますが、ちょっとした事で転んでしまったりバランスを崩して、周囲は心配します。祐介は東京転勤を申し出るもOKが出ずに落ち込んでいます。そんな中、9か月目の妊娠で紀子は産休へと入ります。そんな中、実家に帰る事を進める佐江子と自分の家で紀子を預かると言い出す芳江に対して紀子は1人で頑張る事を告げて一切の手を借りない事を選択します。そして、夜にみっちゃんを誘いスナックで飲んでいると新吉が迎えに来ます。そこで、みっちゃんが新吉に惚れてしまいます。
ドラマ「幸せづくり」第19話 感想
今回、いつもと大きく違う展開はやはり紀子が芳江と佐江子に対してハッキリと頼らない事を申し出ていた事でしょう。この展開は意外と発生しなかった流れであり、紀子としてはハッキリNO!を突きつけた形ですが、この断り方はどうかと思いました。紀子の思いは分かりますが、余りにも感情的に断りすぎていて、この点が今後のトラブルを招く発端になる気がしました。また、このストーリーが紀子と祐介だけのラブストーリーかと思いきや、みっちゃんと新吉の間にも恋話が出てきそうな気がしました。

第20話

動画サイト
ドラマ「幸せづくり」第20話 あらすじ
出産予定日になり祐介と紀子の部屋に各両親が集まります。しかし、赤ちゃんが生まれる気配が有りません。その4日後、福岡に戻らなければいけない祐介はその日の最終便で東京に帰って来る事を伝えます。紀子はみっちゃんに付き添いを頼みますが、何故か新吉と一緒にやってきます。何と2人は付き合っている様です。余りにもいちゃつく2人に紀子は帰らせてしまいます。しかし、その直後に祐介より連絡が入り最終便の飛行機に乗れなかったと電話が入ります。翌朝、紀子は突然の陣痛に襲われます。
ドラマ「幸せづくり」第20話 感想
紀子の出産予定日に一同が会するという事は、また佐江子と芳江がトラブルを起こすのでは?と心配しましたが、今回は祐介とみっちゃんがトラブルをしっかり作ってくれました。見ていて、こんな大事な時期に何をやっているやら…と呆れるほど入り込んで視聴していましたが、あれだけ大勢の人がいたのに最後は紀子が一人きりでタクシーで病院へ行き出産に立ち向かっていくという奮闘ぶりに共感出来ました。でも、出産した時には見ているこちら迄、泣いてしまいました。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「幸せづくり」の動画は、アップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトで調査しましたが、DVDを販売しているサイトはありませんでした。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取扱なし 取扱なし
Amazon 取扱なし 取扱なし
Yahoo!ショッピング 取扱なし 取扱なし

 

ドラマ「幸せづくり」のあらすじと見どころ

テレビ局勤務の紀子はバリバリのキャリアウーマンでしたが、ある取材をきっかけに祐介と知り合います。その出会い方は最悪なものでしたが、お見合いセンターで再会を遂げます。そして祐介がみるみる紀子に惹かれて行き、二人は結婚します。しかし、ここでの騒動が周囲の人間も巻き込んで様々なトラブルを勃発させていきます。祐介と紀子の勤務地が東京と福岡というあまりにも離れた場所から別居婚でスタートを切る問題や、対人関係においてもお互いの浮気騒動から始まり嫁姑問題や2人の母親同士によるイザコザなどが繰り広げられていきます。でも、そんな中でも紀子は難題を一つずつ解決していき、ついに待望の赤ちゃんが出来ますが、出産後もトラブルが絶えません。

ドラマ「幸せづくり」の出演者や主題歌

早川(野村)紀子:五十嵐いづみ
野村祐介:布川敏和
由美:白石まるみ
菊地:武野功雄
篤子:ひし美ゆり子
京子:栗林知美
敏三:堀田眞三
早川佐江子:高橋光代
早川竜夫:内山森彦
野村元治:天田俊明
野村芳江:水野久美
律子:川津花

主題歌:西脇唯「ハピネス」

放送年:1999年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「幸せづくり」の見所や感想

20代女性
主人公である紀子の結婚前から追ったストーリーで実社会でも有り得る身近な問題がトラブルとして降りかかる展開に興味深く、最後まで楽しんで視聴できた感が有ります。お見合いセンターでも恋人探しから、彼氏が出来たかと思うといきなり結婚してしまい、別居婚として新婚生活がスタートするだけでも波乱万丈ですが、そこから嫁姑問題や様々なトラブルを乗り越えて行く紀子に共感できる部分が多かったです。個人的には紀子が祐介と結婚して二人の母親を持つわけですが、2人の母親が繰り広げる下らない意地の張り合いに見兼ねる紀子がとても不憫に思えるシーンが多かった様に思いますが、そんな中でも子供が生まれた事を喜ぶ紀子と祐介には涙が出ました。

関連動画

ウルトラマンダイナ
利家とまつ〜加賀百万石物語〜
天花
スカイハイ 2
時代屋の女房
ラブレター
 

まとめ

ドラマ「幸せづくり」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

今も昔も変わらない嫁姑問題や両家のイザコザなどトラブルが続く内容ですが、その中でも幸せや喜びを感じたり、「夫婦とは」を考えさせられるドラマです。

布川敏和さんの熱い演技に注目です。

ただ、動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービス、DVDの販売がありませんので、ドラマ「幸せづくり」を見られるサイトが出てきましたらご報告しますね!