ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|北斗ある殺人者の回心の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「北斗-ある殺人者の回心-」は2017年3月25日から4月22日に放送されていた元NYCの中山優馬さん主演ドラマです。

中山優馬さん演じる主人公・北斗が、両親から激しい虐待を受けた末に心に闇を抱え、殺人者となってしまう過程を描いています。

この記事では、中山優馬さん出演ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「北斗-ある殺人者の回心-」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「北斗-ある殺人者の回心-」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額

(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題

30日間無料 月額2,417円

(1,000円分)

Paravi

× 2週間無料 月額1,017円

U-next

× 31日間無料 月額1,990円

(600円分配布)

FOD

× 2週間無料 月額888円

(900円分配布)

Hulu

× 2週間無料 月額1,026円

(ポイントなし)

Music.jp

× 30日間無料 月額1,958円

(1,600円分)

Netflix

× 無料期間なし 月額800円

(ポイントなし)

dtv

× 31日間無料 月額500円

(ポイントなし)

Telasa

× 30日間無料 月額562円

(550円分配布)

Amazon prime × 30日間無料 月額500円

(ポイントなし)

Video market

× 初月無料 月額550円

(ポイントなし)

クランクイン video × 初月無料 月額550円

(ポイントなし)

(2020年7月16日の時点の情報)

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「北斗-ある殺人者の回心-」を全話無料で視聴することができます。

「北斗-ある殺人者の回心-」だけでなく、「恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~」「バッテリー」「ぴんとこな」など他の、中山優馬さん主演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の動画を無料視聴

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の動画を無料視聴

「北斗-ある殺人者の回心-」以外の中山優馬さん出演

  • 「恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~」
  • 「バッテリー」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「北斗-ある殺人者の回心-」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「北斗-ある殺人者の回心-」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「北斗-ある殺人者の回心-」だけでなく、「恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~」「バッテリー」などの中山優馬さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「北斗-ある殺人者の回心-」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「北斗-ある殺人者の回心-」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「北斗-ある殺人者の回心-」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の各話のあらすじと感想

「北斗-ある殺人者の回心-」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「北斗-ある殺人者の回心-」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話

動画サイト
ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」第1話 あらすじ
端爪北斗は20歳。見知らぬ2人の人間を殺して拘留中だ。国選弁護人の高井は殺人に至るいきさつを聞こうと親身に語りかけるが、北斗は「死刑にしてください」と一方的に言うだけだった。ここから北斗自身の回想が始まる。北斗の父・端爪至高は高校生までは順調な人生だったが大学受験の失敗を機に物事がうまく運ばなくなり、父親になった頃にはすっかり人並みの人生からドロップアウトしていた。プライドだけ高く今の自分の有り様を認められない至高は、家族に様々な形での暴力をふるっていた。至高が決めた独自の家族ルールをわずかでも破ったならば恐ろしい罰を受けなくてはならない。北斗の母も夫を恐れるあまり暴力を受ける北斗をかばうことはなく、それどころか「お前など生まれてこなければよかった」「悪魔の子」などと自分の子に対して吐き捨てるのだった。北斗には守ってくれる人が誰もいなかった。北斗が中学3年の頃、父には「リフォーム詐欺」と「北斗への虐待」の噂が近所で囁かれるようになる。警察や児童相談所の度重なる訪問を受けるうちに、至高は精神に異常をきたすようになる。そうこうしているうちに錯乱した父に北斗は手ひどく傷を負わされ病院に緊急搬送された。父は舌を噛み切って自殺。父の死によりやっと北斗はその暴力から解放されたのだが、「夫の暴力に支配されること」で生きてきた母が壊れ始めるのだった。
ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」第1話 感想
このドラマ、徹頭徹尾暗くて凄惨だ。本当に家族からの暴力にさらされてきた人はとても見ていられないだろう。それくらい至高を演じる村上淳さんの演技が凄まじい。自分の人生を見失い「今の自分」を認められない人でも外見だけは大人になり人並みに家庭を持ち、子供までもうけることができる。けれど何も知らずに生まれてきた子供は生まれた時から殺される。子供が少しでも幸せになることに嫉妬する親。自分以下に貶めるためなら手段を選ばない。友達の家で食事に招かれ楽しいひと時を過ごしたことすら制裁の対象だ。リフォーム詐欺をしているのだって「人を騙しながら生きる」なんて自分の中に生きている高校生の至高くんならとても認められないのだろうが、「本当の俺はこんなものじゃない」とうそぶきながら人生の階段から堕ちてしまった自分にはそうでもしなければ家の中のヒエラルキーの最上段に君臨できない。そのつらさ、社会への恨み、妬みがすべて暴力として北斗に降り注ぐ。母親も守ってくれるどころか一緒になって北斗を苛め抜く。見ているのが苦しくなる。父親が死んでくれたことによって救いの道が開けるのかと思えば、北斗を責め苛む存在はもう一人残っていたのだった、という救いがなんにもない1回目だった。

第2話

動画サイト
ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」第2話 あらすじ
長い間夫の暴力を受けてきた母は、暴力を受けることなしに生きてはいけない人間になり果てていた。今度は北斗に対して自分に暴力をふるうように要求してきた。初めははずみで殴ってしまったのが、次第にエスカレートする自分に恐れを抱いた北斗は児童相談所の富岡に助けを求める。「自分には父の血が流れている」ことを否応もなく自覚させられ、今に母親を殺すまで衝動を抑えられないのではないか苦しんだ末のことだった。家を出て施設に入っていた北斗のもとに、里親として引き取りたいと近藤綾子という女性が現れる。北斗は綾子に引き取られるが、「自分に注がれる家族の愛情」を知らない北斗にとってそれは重荷だった。近所迷惑な大音量で音楽を聴いたり、ケンカ、予備校をさぼる、果ては綾子が大切にしているのもをめちゃめちゃにする。何をしても怒らない綾子に詰め寄る北斗だったが「あなたが苦しんでいるからよ。母親は子供が苦しんでいたら一緒に苦しむの」と真っ直ぐに北斗を見つめて綾子は答えた。「あなたが私を試すのは、私を信じたいから。いくらでも試しなさい。私は絶対にあなたを見捨てない」と綾子に抱きしめられて北斗は初めて本心から子供のように泣きじゃくるのだった。「あの日から自分は生まれ変わった」と拘置所で高井に北斗は吐露する。高井は北斗に「君は生きて償うべきだ。その手伝いをさせてほしい」と告げる。
ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」第2話 感想
壊れた母親に初めは戸惑うが、体格的にも母を凌ぎはじめ、一度手を上げてしまえば歯止めがなかなか効かない自分に恐れを抱く北斗。至高の呪いを受け継いでいると苦悩した末、助けてくれるかもしれない人に相談できたのは本当によかった。あの暗くて禍々しい団地から出られてよかったのだけれど、生まれた直後から殺されていた北斗には「家族の愛」が信じられず疎ましく思うところがなんとも哀しい。ここで綾子に見捨てられたら父親と同じ路線を一直線か、自分を殺すしかないんだけれど、自殺なら前にも試みて死にきれない自分を分かっている。どんなに希望が見えなくても北斗は「生きたい」のだ。この「生き抜きたい」自分とどう対峙するかが今後の話のポイントになるだろう。北斗も今は「死刑」を望んでいるし、2人殺したらまず死刑求刑が日本の裁きの場での常識だ。綾子が本当に無償の愛を注いでくれる人で北斗は助けられたのだ。それがどうしてこんな顛末になっているのか。せっかく幸せに生きていけるようになったのに、それが長くは続かないのはほとんどの人の人生だと思う。いいことも悪いことも起こるのが人生とはいえ、北斗の場合10年以上生みの親によって殺されていたせいで、来るべき不幸に過剰に反応してしまったのだろうか?

第3話

動画サイト
ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」第3話 あらすじ
拘置所の北斗のところに綾子が同じように引き取り育てた姉のような存在の明日実が訪れる。「北斗くんが死んだら私も死ぬ」と死刑を言い張る北斗に明日実は言い放つ。綾子と暮らし始めてから北斗はそれまでとは別人のような明るく素直な青年に成長していた。大学にも合格し―父が果たせなかった―富岡と明日実と綾子とささやかな祝いの膳を囲んだあの日が自分の人生最良の日だったと北斗は振り返る。それは余りにも短い日々だった。高井は波洞水という水について北斗に尋ねる。ある日綾子がかなり進行した肝臓がんであることが判明する。悩みながらも明日実と二人で綾子にその事実を告げた北斗は懸命に綾子の闘病生活を支える。綾子の友人が「がんに効く」と波洞水を持って見舞いに訪れる。それは安くても1本1万円もするものだった。抗がん剤治療の副作用を抑えるために大量に水を飲まなければならず、綾子も「波洞水」をおいしいと気に入っているので、北斗は綾子には金額を隠して貯金を取り崩してまでも買い続けて綾子を支える。やがて綾子の貯金まで使い果たした北斗は大学の学費すら払えなくなる。そんな北斗の前にフリージャーナリストが現れ「波洞水」は何の効能もないただのであり、北斗たちは詐欺に遭っていると告げる。「波洞水」を販売しているい「生田波洞研究所」の所長・生田はがん患者を騙して儲けている詐欺師だった。動揺する北斗だったが綾子にはそれは告げられない。綾子の病室に北斗が赴くと明日実と綾子の友人が待っていた。雑誌に生田の詐欺の記事が掲載され、北斗の話も「500万円騙された少年」として書かれていたのだ。「なぜ相談してくれなかったの」と明日実はなじり、綾子の友人も「私があんな水を持って来なければ」と涙ながらに謝る。雑誌の記事を読んでしまった綾子は状態が悪化しそのまま亡くなった。綾子が息を引き取る直前、意識を取り戻した綾子に北斗は「生田に復讐したいの?」と聞く。綾子は深く息を吸い、吐き出してこと切れた。「お母さんは明確に意思を示してくれた」と北斗は高井に言う。「僕が復讐する」北斗は生田への復讐を心に決めた。
ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」第3話 感想
不幸せしか知らなかった北斗がその幸せを逃すまいともがくのは分かる。綾子がもう少し人生に達観した考え方の持ち主であれば、北斗に別れを納得させることもできたかもしれない。でも綾子は北斗のために少しでも長く生きたかったのかもしれない。ちょっと考えなくても水に「がんを治す」効能なんかないことは分かるはずだが、「死」を目の前にしてなかなか冷静になれないだろう。そして独りで悩まないで明日実にも話をすればよかったかもしれないが、北斗のような人は抱え込んでしまうのだろう。それまでの人生をほとんど閉じた社会で生きてきた北斗はあまりにも世間知が足りなかった。綾子ががんにならなくたって、大学に入ってから新興宗教やら投資話やらの怪しげなサークルに足を踏み入れていたかもしれない。そして似たような結果に収束したかもしれない。それでも綾子が健在ならもっと違う結果もあっただろう。救いの要素が潰れ過ぎているのだ。そしていつも思うのだが、病院は宗教と怪しげな療法、薬などを扱う人間にとっては草刈り場だ。「お金より命が大切」という小さな幸せを望む人の希望が異形の化け物になって現れる。どんな経緯を経ても「騙された」北斗はきっと復讐を誓っただろう。綾子の意思だと思っているだけでそれは形を変えた父と同じ「恨み」なのだ。騙された自分が考えなしだったのは分かっているが認めたくない。生田への憎悪を募らせることで綾子の死を受け入れるしかないのは本当に哀れだ。

第4話

動画サイト
ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」第4話 あらすじ
綾子を亡くした北斗は、生田への復讐だけを胸に歩み始める。生田のもとを訪問した北斗は「波洞水」のおかげで母は穏やかな最期を迎えられたと偽りの感謝の言葉を述べる。生田はそのことをマスコミに話してくれないかと依頼する。生田は既に詐欺犯として警察にマークされていた。北斗はその依頼を引き受ける。北斗の20歳の誕生日を祝う準備をしていた明日実は、北斗の心が憎しみに囚われ自分たちとは離れてしまったことに気づく。「亡くなった人に近づきすぎてはいけない」「お母さんと自分たちとは今いる世界が違う。私たちは生きているんだよ」と懸命に北斗に語り掛ける明日実の言葉はもう北斗には届かない。リュックの中にサバイバルナイフを忍ばせ、眠る明日実を残して北斗は生田の研究所に向かう。しかし生田は警察に呼ばれて不在だった。生田を待つ間落ち着かない北斗は、研究所の事務員にリュックの中のナイフを見られてしまう。焦った北斗はその事務員を刺殺。その現場を見てしまったもうひとりの研究所の人間も殺してしまう。警察から戻ってきた生田を狙うが警備員に押しとどめられ目的は果たせなかった。拘置所を出られたらすぐにでも生田を殺してやりたいと言う北斗に生田は今詐欺罪で捕まっていると高井は教える。そんなことではすまないと言い募る北斗。生田にさえ復讐できていれば、生田への復讐は綾子の意思だと叫ぶ北斗に高井は綾子が北斗の言葉に頷いたように見えたのは死ぬ間際によくある不随意運動に過ぎないと言う。思い込みで全く無関係な人たちを殺してしまったことを知った北斗は激しく動揺する。母の呪いの言葉がよみがえる。「自分など生まれてこなければよかった」。そして自分は死刑でいいのだと自暴自棄になり、父のように舌を噛み切って死のうとするが果たせない。北斗に面会に来た明日実が「本当の家族になろう」と結婚を申し込むが北斗は拒否する。そして死刑執行の日までただ生かされている肉の塊だと自分を追い込んでいく。裁判が近づき、高井と面会した北斗は髪の毛を短く切り、至高によってつけられた傷をあらわにする。「これは悪魔の印。死刑になるべき人間だという証」と高井に告げる。高井は北斗の心の壁を壊すために、特別な証人を呼んでいるらしい。そしてついに裁判が始まる。
ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」第4話 感想
綾子を失った北斗は、まるっきり父親と同じところに堕ちてしまう。至高の果たせなかった大学進学を実現したのにそうはさせじと至高が呪っているかのようにも見える。親から受けた傷がどれほどのものだったか、誰かを滅ぼし自分も滅ぼすことしか考えられない人間。恨むことだけ復讐することだけをよりどころに、それこそただ息をしている肉の塊、だ。自分では綿密に計画を立てたつもりでも、どこかで「穏やかで素直な青年北斗」が結局邪魔をして、目的が果たせないどころではなく、全く見知らぬ人を二人も殺してしまう。そして「綾子の意思」ではなく「自分の憎しみと恨み」によってそうなってしまったことを知ると、絶望して至高のように激情の果てに自分をほろぼそうとするが果たせない。今度は自分を「悪魔の子」と呼んだ母の言葉に囚われ始める。自分を破壊したい人はこんなにも苦しむものなのか。でもそれは自分のための苦しみだということに北斗はまだ気がついていない。一緒に苦しみを分かち合おうとする明日実を拒否してしまう辺りがそうだ。明日実を巻き込みたくないなんて表面的なことで「お前に何が分かる」と閉じこもっているだけだ。死ぬ、死ぬと騒ぐ北斗に「勝手に決めるな」と一喝した高井は特別な証人を用意しているようだが、北斗は自分の真実に「本当は生きたい」という自分の願いに向き合うことができるのだろうか?

第5話

動画サイト
ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」第5話 あらすじ
裁判の冒頭、北斗は傍聴席の遺族に深々と頭を下げる。そして今でも生田を殺したいと思っていること、自分は死刑で当然だと語る。高井は北斗が幼い時から両親から激しい虐待を受けていたこと、綾子に引き取られて幸せだったこと、綾子を助けたいばかりに波洞水を買い続けていたことを陳述する。生田の詐欺記事のジャーナリストや富岡、明日実も証人として意見を述べるが北斗には全く響かない。高井の用意した最後の証人、北斗の実母の美砂子がやっと姿を現す。美砂子は今別の家族を持ち、妊娠中だった。美砂子の登場に取り乱した北斗は母に激しく罵声を浴びせ、追い返そうとする。高井は「最後まで見届けろ。逃げだすつもりか」と言葉をかけ落ち着かせる。美砂子は高井の北斗への虐待についての質問に言いよどむこともなく、すらすらと答える。至高も自分も北斗を虐待したこと、素手では痛いので針金ハンガーで殴ったこと、北斗が殺人を犯すに至ったのは自分たちの虐待が原因だと認めていること。美砂子はこの時になって初めて涙を流し、北斗が殺人者になったのは自分の責任だと述べた。美砂子の言葉に驚く北斗。最後に美砂子は北斗に向かって「ひとりで生きなさい。罪を償いながらひとりで生きて」と伝える。公判後のその夜拘置所で北斗は現れた幼い頃の北斗の言葉に耳を傾けるこの時初めて北斗は「本当は生きたい」という自分に向き合う。3回目の公判で遺族たちはそれぞれ「死刑を望む」「今すぐここで死んでくれ」「亡くなった姉は死刑を望まない。自分もそう思う」と意見を述べる。閉廷後、ひどく混乱して暴れる北斗に高井は「生きるんだ。君の本心を見せてくれ」と言う。第4回目の公判、北斗は意見陳述を許される。幼い頃からの記憶から語り始め、「お母さん(綾子)」によって初めて生きる意味を教えられたこと、お母さんを騙した生田を許せなかった、無関係な人を殺すつもりはなかった、死刑で当然と思っているのに、食べて排泄してしまう。体が生きようとしてしまう。死刑が当たり前だと思っているのは今も同じだが、許されるなら生きて償いたいと、時に言葉に詰まりながら切々と今の自分の心情を言葉にする北斗。そして涙を流しながら再び遺族に頭を下げた。そして判決は・・・・
ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」第5話 感想
「生まれてこなければよかった子」に逃げ込んでいた北斗は実母の言葉によりやっと自分の「本当は生きたい」気持ちと向き合うことができた。ドラマだから、北斗の人生をつぶさに見てきて「無期」でまあこれから長い償いの日々が始まると思えるけど、現実に自分の家族や親しい人が同じ目に遭ったら、ふざけんじゃねえよってなるかもしれない。が、「許せない人間」「悪い人間」なら死んでもいいというわけではない、もしそれを是とすればただの憎しみの連鎖、応酬になってしまい終わりがない。でも、もしわが子が理由もなく殺されたらと思うとそんなに冷静に考えることができるのだろうか、また堂々巡りの話になってしまう。これがわが子が北斗の立場になってしまったら、となるともう想像がつかないのだ。なぜ?どうして?の繰り返しかもしれない。虐待を受けて育った人は自己肯定感が極端に低く、同じことをわが子に繰り返してしまうことが多いという。それでもそれを乗り越えてきちんと家族を愛している人たちもいる。私が自分の子供を育ててきて、見てきたのは暴力だけが虐待ではなく、放置することがどれだけ子供の人生をダメにしてしまうか、ということだ。さみしさから早くに子供をつくってしまい、結局自分も親と同じようなことをしている人たちがいた。世間知にもうとく、自分のそばにいてくれる人間が世界の全てみたいな状態になり、結果子供のうちから飲酒や喫煙を覚え、つまらない犯罪に手を染めたり暴力の餌食になったりだ。綾子のような里親に巡り合えたら違う人生を歩めるかもしれない。特別養子縁組や里親制度をもっと活用できるようにしてひとりでも幸せな子供が増えたらいいなと思う。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「北斗ある殺人者の回心」の動画はアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」のあらすじと見どころ

両親からの激しい虐待を受けて育った端爪北斗は、父親の死により親の軛から逃れ、綾子という愛情あふれる里親に引き取られ、生きる意味を教えられ、束の間の幸せを味わう。しかし綾子が肝臓がんを患うところから運命は再び暗転し、がんに効く水「波洞水」にすがったばかりに資産を失った挙句、綾子も亡くなる。波洞水を売っていた生田に復讐を誓った北斗だが、全く無関係に人を2人も殺害し生田への復讐は果たせぬまま拘留され、公判を待つ身だ。国選弁護人の高井は生きて償うことを北斗に求めるが北斗は頑なに死刑を望む。やがて公判が始まり、北斗の実母が弁護側証人に立ったことにより、北斗は自分と向き合い、「本当は生きたい」自分と対峙する。

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の出演者や主題歌

端爪北斗:中山優馬
端爪北斗(少年時代):大西利空
端爪至高:村上淳
端爪美砂子:中村優子
近藤綾子:宮本信子
鞠谷明日実:伊藤沙莉
高井聡一:松尾スズキ
吉永恭子:根岸季衣
生田友親:矢島健一
飯岡佳恵:和泉ちぬ
飯岡正志:嶋田久作
飯岡正昭:大和田健介
関本みのり:加弥乃
関本嘉代:飯田圭子
関本はるか:山田杏奈

放送月日:2017年

テレビ局:WOWWOW

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の見所や感想

〇代女性
人はなぜ罪を犯すのか?それも殺人という最大の重い罪を。初めから終わりまで徹頭徹尾暗い話で画面も暗く救いのある話は全て過去のもので、これは見続けるのはしんどいドラマだ。「許せない人」「憎い人」は死んでもいい人間ではないのは理屈としてはそうだが、実際の感情となると難しいところだ。日本の場合親権がとても強く、ひどい親からなかなか子供を助けることができない。なんとかして1人でも多くの子供が幸せな人生を送ることができるような制度ができてほしいと思う。

関連動画

恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~
バッテリー
Piece
ぴんとこな
SMOKING GUN~決定的証拠~
サムライ転校生 〜我ガ道ハ武士道ナリ〜

まとめ

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

重たく悲しいテーマでありながら、愛を求める人々の心情や運命を丁寧に描いている「北斗-ある殺人者の回心-」。

激しい虐待を受けた末に殺人者となってしまった主人公という難しい役を演じている中山優馬さんの、体当たりの演技は必見です。

ドラマ「北斗-ある殺人者の回心-」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴