ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|闇のパープル・アイを無料で1話から最終話まで視聴する方法

「闇のパープル・アイ」は1996年7月1日から9月9日に放送されていた元シブがき隊の布川敏和さん出演ドラマです。

布川敏和さんは、平田清役を演じています。

主演の雛形あきこさん演じる尾崎倫子は、人から豹へ変身する変身人間の血を引いています。

中村あずささん演じる生物教師の曽根原薫子に、倫子は狙われます。

この記事では、布川敏和さん出演ドラマ「闇のパープル・アイ」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪
 

ドラマ「闇のパープル・アイ」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「闇のパープル・アイ」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「闇のパープル・アイ」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月28日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「闇のパープル・アイ」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。
 

ドラマ「闇のパープル・アイ」の動画を無料視聴

ドラマ「闇のパープル・アイ」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「闇のパープル・アイ」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「闇のパープル・アイ」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「闇のパープル・アイ」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされているのもありますが、画質や音が悪いので見づらくなっています。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「闇のパープル・アイ」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 取り扱いなし
Amazon 取り扱いないし 取り扱いなし
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 取り扱いなし

「闇のパープル・アイ」は、DVDが発売されていません。
 

ドラマ「闇のパープル・アイ」の各話のあらすじと感想

「闇のパープル・アイ」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「闇のパープル・アイ」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『私は豹だ!?少女が知った運命』

動画サイト
ドラマ「闇のパープル・アイ」第1話 あらすじ
尾崎倫子は平凡な日々を過ごす普通の女子高生だったが、最近様子がおかしいことがある。なめた血を甘く感じたり、やたらと木に上りたくなったりするのだ。そんな折、倫子の通う高校に臨時生物教師・曽根原薫子が現れる。曽根原は、倫子と幼馴染の慎也が不良に絡まれているところを助けてくれた女性だった。
自身の変化に戸惑いながらも、普通の生活を送る倫子。ある日、以前絡んできた不良に拉致されて襲われそうになるが、その不良たちは、惨殺死体として見つかった。不良たちから逃げたあとの記憶がない倫子は「まさか自分が」と不安に駆られる。
その後、曽根原の父が獣に変身する人間の研究をしていたことを知り、自分の不安を相談しに行くと、態度が豹変した曽根原に閉じ込められてしまう。曽根原は研究が認められず学会を追いやられて死んでいった父の名誉を取り戻そうと、実験台となる変身人間のサンプルを探していたのだ。倫子は否定するが、曽根原に精神的に追い詰められ、ついに豹に変身してしまう。誰にも言えない秘密を抱えこみ、倫子は一人で涙を流すのだった。
ドラマ「闇のパープル・アイ」第1話 感想
原作が少女漫画だとは思えないほど、過激なシーンもあって驚きました。(原作も過激なんですけどね)原作を読んで先の展開を知っているだけに、冒頭の家族団らんのシーンや、慎ちゃんとの掛け合いが切なかったです。
曽根原先生が優しい振りして近づいてくるのにも、それに倫子が心を許していくのにも「だめ~!」と思いながら見ていました。
変身シーンの特撮(CG)は、今見ると技術的にやはり残念な感じがしてしまいますね。今の技術でリメイクしたらどんな感じになるんだろう?でも、撮影当時の状況を思うと制作サイドの熱意を感じる仕上がりになっています。
大切な慎ちゃんに本当のことを話せず、ひとりでうずくまって泣くシーンは本当に心が締め付けられます。自分が豹に変身してしまうだけではなく、それで3人も殺してしまったと分かった時の倫子の気持ちは、本当につらくて苦しかっただろうなと…果たしてこの先、曽根原の手から逃れることができるのか、原作との違いも楽しみです。

第2話『檻の中の豹少女!』

動画サイト
ドラマ「闇のパープル・アイ」第2話 感想
倫子が幼馴染の慎ちゃんに言い出せずにすれ違っていく様子が本当に見ていてかわいそうでした。そんな大きな不安を抱えているのに、家では健気な姿を見せているのもまた、涙を誘います。
自分の意思とは関係なく、どんどん変化していく身体に精神的にも追い詰められていき、そこにまた曽根原の魔の手が忍び寄る…次から次へとピンチに追い込まれて、曽根原の周到さと残忍さに、倫子だけではなくこっちまで「やめて!」と叫びたくなりました。
一度慎ちゃんが裏切ったと思わせるシーンも本当にしんどい。でも、そのあと本当は曽根原をひっかけるためのウソだったとわかり、倫子を抱きしめながらの告白シーンはときめく~男らしくてかっこいい!
最後は、1話にもちょっと出ていた小田切というライターが良い仕事をしてくれて、曽根原はいったん逃げ出すことに。正直、ここで終わってほしいと思わずにいられません…

第3話『幽霊学園の恐怖!!』

動画サイト

第4話『黒豹のプロポーズ』

動画サイト

第5話『襲われた妹舞子!!運命の死・・・』

動画サイト

第6話『復讐の女豹!!』

動画サイト

第7話『女豹倫子の妊娠!』

動画サイト

第8話『涙のウエディングドレス!』

動画サイト

第9話『倫子の死!そして17年後』

動画サイト

第10話『生きている倫子!?悲しい再会』

動画サイト

最終回『倫子の最期!そして旅立ち・・・』

動画サイト

ご覧頂きましたように、無料サイトに「闇のパープル・アイ」の動画はアップされているものの画質や音が悪いのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

そのため、ウィルス感染や動画の画質や音なども気になる方も、DVDの購入をおすすめします。

ですが、先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトでは「闇のパープル・アイ」のDVDは取り扱いがありません。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 取り扱いなし
Amazon 取り扱いなし 取り扱いなし
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 取り扱いなし

 

ドラマ「闇のパープル・アイ」のあらすじと見どころ

主人公の尾崎倫子は、父、妹、そして幼馴染で恋人の水島慎也など親しい人に囲まれ、穏やかな日々を過ごす普通の高校生。しかし、実は豹に変身する変身人間の血を引いていた。その変身人間の能力が目覚めたことで、それまでの日々は瓦解してしまう。
臨時の生物教師・曽根原薫子は、変身人間を研究し続けて学会から追放された父親の遺志を継ぎ、その名誉を回復するために変身人間を執拗に狙っていた。研究のためには殺人・拷問も平気で行う薫子と戦う倫子だったが、命を落としてしまう。
倫子の死後、もう一人の変身人間である小田切と倫子の娘・麻衣を追う曽根原。しかし、純血種である麻衣の能力は、変身しなくても強大な力を発揮するものだった。
麻衣は曽根原を撃退できるのか?母子二代に渡る壮絶な戦いの行く末を描く。

ドラマ「闇のパープル・アイ」の出演者や主題歌

尾崎倫子:雛形あきこ
水島慎也:加藤晴彦→羽場裕一
曽根原薫子:中村あずさ
森島由佳:浜﨑あゆみ
緑川園子:榎本加奈子
水島麻衣:京野ことみ
小田切貢:唐渡亮
平田清:布川敏和

主題歌:Iceman「DARK HALF〜TOUCH YOUR DARKNESS」

放送年:1996年

テレビ局:テレビ朝日

ドラマ「闇のパープル・アイ」の見所や感想

30代女性
このドラマは幼い頃に見ていましたが、かなり衝撃的な物だったのを覚えています。原作も同じく読みながら視聴しましたが、なかなかに驚きの連続だったのを覚えています。
主人公を雛形あきこさんが演じていて、人間がヒョウに変身するというなかなかにない設定で面白かったです。当時流行り始めたCGでの演出など、実写ならではの面白い場面があり良かったです。また放映当時は気づかなかったのですが、浜崎あゆみさんが出演していたなど、なかなか豪華な俳優陣ばかりで驚きました。他にも当時かなり人気だった加藤晴彦さんであったり、京野ことみさんだったりが出演していて驚きました。
原作漫画とそんなに変化しているところもなく、余計に度肝を抜かされるシーンの連続だったのを覚えています。また曽根原先生の怖さが本当に幼い頃怖くて、どんな怖い話よりも怖かったです。その曽根原先生を演じていた中村あずささんが演じていましたが、原作どおりの雰囲気をそのままに演じられていて素敵で怖かったです。面白いドラマでした。
50代女性
原作の漫画では、人間が豹に変身するシーンや豹が人間を襲うシーンなどのショッキングなシーンが特徴でしたが、やはりテレビドラマではそれをそのまま再現できていはいないと思いました。人間が豹に変身するシーンも、今ならもう少しCGなどでリアルに自然に表現できるかもしれませんが、当時はやはり違和感がありました。ただ、そのようなショッキングなシーン以外の人間ドラマの愛情や憎悪という点はそれなりに楽しめました。最終的には、豹に変身する変身人間よりも、変身人間に執着する人間(曽根原先生)のほうが恐ろしいと感じました。しかし、その曽根原先生も、最終的には変身人間・倫子が娘(麻衣)を助けるために犠牲になるというストーリーでは、究極の親子愛が感じ取れました。原作では、麻衣と再会した倫子は、麻衣の父親・慎也と生きているうちに再会できず、さらには麻衣たちを助けるために慎也の遺体とともにすぐに焼死してしまうという悲しいストーリーでしたが、テレビ版では三人でピクニックに行くなど三人で過ごす時間があったのが救いでした。
30代女性
「女性が豹に変身してしまう」という設定で、全11話で込み入った話をきちんとまとめあげていたドラマでした。原作は、篠原千絵の少女漫画です。
変身する特質を持った女性の数奇な運命と、変身する人間を追う研究者の女性との死闘が物語の主軸で、特に研究者の女性の性質の非道さ、情け容赦のなさが毎回とても印象的でした。その一方で、特殊な性質を持ちながらも周囲の人を愛し、平穏な生活を求めた主人公の女性の姿も対照的にはっきりと描かれている物語でした。
変身の描写にはCGやビデオ合成が用いられていました。当時の、連続ドラマに使われた映像技術としては、かなり水準の高いものだったという記憶があります。
そういった映像と、主人公及び宿敵役の女優さんの演技もあって、毎週の放送を楽しみに待ってしまうドラマのひとつでした。原作があることを知り、そちらの内容もちゃんと把握したいと思ったドラマは、思えばこれが初めての作品だったと記憶しています。

関連動画

私が愛したウルトラセブン
2年B組仙八先生
 

まとめ

ドラマ「闇のパープル・アイ」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

布川敏和さんは平田清を演じています。雛形あきこさん演じる尾崎倫子が、豹に変身する運命を背負い、曽根原薫子に追われながらも、家族のために戦うドラマです。

何度でも見たくなる、名作中の名作といってもいいドラマです。

ただ、動画配信サービスや、DVD宅配レンタルサービスがありませんので、視聴したい方は、DVDが発売されるのを待つしかないようです。