ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|ラストホープの動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「ラストホープ」は2013年1月15日から3月26日に放送されていた相葉雅紀さん主演ドラマです。

相葉雅紀さん演じる総合医が自分の過去と向き合いながら、患者の命のために奮闘する姿が描かれています。。

この記事では、相葉雅紀さん出演ドラマ「ラストホープ」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「ラストホープ」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

目次

ドラマ「ラストホープ」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「ラストホープ」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「ラストホープ」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月19日の時点の情報)

ドラマ「ラストホープ」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「ラストホープ」を全話無料で視聴することができます。

「ラストホープ」だけでなく、「ようこそ、わが家へ」「マイガール」「貴族探偵」など他の、相葉雅紀さん主演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「ラストホープ」の動画を無料視聴

ドラマ「ラストホープ」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「ラストホープ」の動画を無料視聴

「ラストホープ」以外の相葉雅紀さん出演

  • 「ようこそ、わが家へ」
  • 「マイガール」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「ラストホープ」を全話無料で視聴することが可能です。
ので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「ラストホープ」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「ラストホープ」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「ラストホープ」だけでなく、「ようそこ、わが家へ」「マイガール」などの相葉雅紀さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「ラストホープ」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「ラストホープ」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「ラストホープ」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「ラストホープ」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「ラストホープ」の各話のあらすじと感想

「ラストホープ」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「ラストホープ」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『死なせない、ただ一人として…見放された患者たちの最後の砦』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第1話 あらすじ
医者の中でも様々な部門のスペシャリストが集まった、帝都大学医学部附属病院の高度先端医療センターで働く、波多野卓巳。周囲の医者からは「町医者」と呼ばれているが、朗らかな笑顔の裏に隠された秘密は多い。他の医者もそれぞれに暗い過去を抱えており、その闇に迫ろうとする記者の影もあった。体内に四つの腫瘍がある宮本孝介は、病院を15もたらいまわしにされたあげく、余命半年と診断され、生きる希望を失っていた。しかし、卓巳の卓越した心音を聞き分ける能力によって一命をとりとめる。患者にとってのラストホープとして、難病の患者を救おうと奔走する卓巳だった。
ドラマ「ラストホープ」第1話 感想
どこの病院にもさじを投げられてしまい、これ以上どうしようもないという患者を最先端医療で救おうとがんばる卓巳の姿は、見ていて応援したくなります。私が一番好きなのは、マイペースな卓巳に流されつつも、小気味良いテンポで会話を進めていく医師たちのカンファレンスの部分です。最初こそそんなものは無理だ、無駄だと言っていた他の医者たちも、方法を見つけてどうにかして助けられないかと、責任感あふれる討論をかわすシーンがとても面白いので、これからに期待できる作品だと言えます。

第2話『誰もやらないなら私が救う…最先端医療か最高難易度の手術か』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第2話 あらすじ
体内に巨大な動脈瘤を2つ持つ17歳の櫻井菜穂。この患者に関して親病院での医療ミスがあり、小病院である他の病院が手術を受けるはずがなかった。そんな患者のラストホープとして、橘歩美が立ち上がる。彼女は、生物学者の父親が起こした事件により、名前を変えて逃亡。逃亡先でも母親が自殺という、悲しい過去を抱えていた。菜穂は歩美の手により助かったものの、父親は心不全で亡くなってしまう。そして、記者の宇田朋子は、以前歩美が起こした医療ミスにも触れながら、真相を知ろうと近づくのだった。
ドラマ「ラストホープ」第2話 感想
このドラマをここまで見ていて分かったのは、医者全員が表には明かせない暗い過去を抱えているということ、そして一話見るごとに全員の過去やエピソードが少しずつ明かされていくということです。心不全を起こした菜穂の父親に心臓マッサージをしながら、あの子を一人にするな、と嘆願する歩美。母親も父親も亡くし、自身だけ助かってしまった菜穂が、父親が捕まり、母親を亡くした自身の姿と重なったのだと分かり胸が締め付けられました。そして、卓巳は父親と血がつながっていないという事実が分かってしまい、今後がますます気になります。

第3話『失われた神の手を再生せよ!!患者は母を見殺しにした天才医師』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第3話 あらすじ
ある日、外科医の近松学は並大抵の医療では再生不可能な腕の損傷を抱え、医療センターに来た。その顔をみた、血液内科医の萩原雪代は目の色を変えて近松の治療に励む。実は、近松は飛行機の中で心臓疾患を起こし、倒れた雪代の母を見殺しにした医者だったのだ。ギャンブルが好きな雪代は、医者として正しい判断ができるか、己を賭け勝負することで、過去の記憶に打ち勝とうとしていた。そして手術は無事成功し、腕のリハビリに励むことになった近松へ、雪代が自身の過去を打ち明けると、近松が名乗りあげなかったのは別の便の患者であり、その人は助かっていたことが分かる。つまり、雪代の母を見捨てた患者は別におり、何と同じ病院で働く医師だった。
ドラマ「ラストホープ」第3話 感想
今回で、雪代の過去はすべて明らかになりました。後半、見殺しにしたのは近松だとばかり思っていたので、雪代と同じように憎しみを抱きましたが、畳みかけるように別の医者が見殺しにしたことが分かり、しかもそれが同じ帝都大の医者だったことで事態が急転する感じがドキドキしました。そして、その事実が分かったのちも、冷静に向き合い、治療しようとしていたんだと分かり、雪代の医者としての姿勢に感服しました。

第4話『最先端”再生医療”で瀕死の心臓に挑む!!〜決して見捨てない医者たちが患者の未来を救う!!』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第4話 あらすじ
過去の回想や、様々なケースの症例によって徐々に明らかになっていく医師たちの過去。そんな中、勤務中に心不全を起こし、寝たきり状態になってしまった坂崎多恵が運び込まれる。坂崎の心臓の細胞は七割が壊死しており、再生するには難しい心臓だった。そこで、卓巳らが編み出したのは心臓の細胞を摘出し、培養して壊死した部分を補う方法。培養されてゆく細胞を見つめながら、医療センター研究医の古牧利明は、一度死んだ息子の聡史の再生を想い、また卓巳は父親や自分たちの家族について考えていた。
ドラマ「ラストホープ」第4話 感想
患者の多恵の言葉、ある日突然自分で食べることも歩くこともできなくなってしまうなんて思わなかった、元の私に戻してください、というのがずしっと重く胸にのしかかりました。仕事ができ自分にも周りにも厳しかった坂崎が、病気をきっかけに心身が不安定になり、性格も内向的になってしまったのを見て、死を前にすると人は変わってしまう、だからこそそばで支えて励ましてくれる人が大切なのだということを切に感じました。

第5話『お腹の赤ちゃんを助けて〜瀕死の母の願いを先端医療で救え!!』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第5話 あらすじ
雑居ビルで大規模な火災が発生したことにより、100名以上が負傷し、救急は大混雑を起こす。医療センターの医師も全科の医師も集結し治療にあたるが、とある妊婦にミラー症候群という症状が起き、胎児も母体も危機的状況に陥ってしまう。胎児を取るか、母体を取るかの選択で、どちらも救うことを決意した卓巳、歩美、雪代の三人は、経験のある医師もいない中、初めての手術に踏み切るのだった。卓巳の緊張のし過ぎで、術中に手の震えが止まらなくなるなど、ハプニングがあったものの、手術は無事成功する。
ドラマ「ラストホープ」第5話 感想
普段から、こういった大災害が起こった時の医療現場の方々には本当に頭が下がる思いですが、こうした医療の現実に寄り添ったドラマを見ると、余計にそうした思いを感じてしまいます。母体を取るか、胎児を取るか、かなりの難問ですし、いうなら究極の選択だと思います。そこでどちらも救うと決断した三人は、当初はなかったラストホープとしての覚悟が備わってきているような気がしてとても嬉しい心地になりました。

第6話『命より視力を取り戻したい…余命2カ月の写真家が迫る究極の選択』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第6話 あらすじ
神経眼科医の副島雅臣は、医療センターに入りたいとセンター長にアプローチした医師である。自らが失明し、治療して回復した過去を持ち、日本の医療システムがいかに問題かを見極めた上で自分にできることを成し遂げ、金儲けしたいというのだ。そんな中、写真家の篠田登志雄が膠芽腫と加齢黄斑変性を患い、命より眼を優先してほしいと頼み込まれる。命か眼か、医師たちの間で意見は衝突するが、篠田の思いを受け止め、眼を優先的に手術することに決める。膠芽腫により命を落としてしまったが、写真家として死ぬことができ、ラストホープとしての姿勢は保たれたのだった。
ドラマ「ラストホープ」第6話 感想
この世に、命よりも眼が大切だ、とはっきり言える人がいるのかと驚いたと同時に、一途な思いやプライドをかけてまっすぐに仕事をしてきた人は、その思い故にそういう考え方の人も実際にいるのかもしれない、と深く考えさせられました。また、雅臣の生き方や考え方はこれまで謎に包まれていたので、この手術を通して、少しだけ分かったような気がしています。この話は雅臣がメインですが、その合間にも、利明や卓巳の謎が少しずつ解けていき、明らかになっていくので、これからの展開が楽しみです。

第7話『普通の女の子として生きたい…白血病患者の心を溶かす希望のノート』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第7話 あらすじ
白血病を発症してしまい、医療センターに来た西村杏子は、研修生時代の雪代が担当していた患者だった。雪代と卓巳たちはへその緒の部分を移植する臍帯血移植を勧めるが、悲観的で投げやりな杏子は、治療を受け入れない。そんな時、同じ境遇の多恵と話すという卓巳の考えによって、杏子は改めて生きたいと思うようになるのだった。そのころ卓巳は、全ての疑念やDNA鑑定書を父親の波多野邦夫にぶつけ、説明を求める。利明も聡史のクローンを作り上げるために臍帯血移植について論文をまとめるなど、医師たちの闇が本格的に動き出すのだった。また、杏子が生きる希望を持った矢先、多恵が二度目の心筋梗塞を起こし、自発呼吸をしなくなってしまう。
ドラマ「ラストホープ」第7話 感想
5年もの間、2週間毎に輸血をしていた杏子が絶望するのは当然のことですが、そんなの死に怯えているだけ、ほっとけばいいのよ、と杏子に言い放った多恵の言葉が胸に刺さりました。治ったらやりたいことを書くスターティングノートを通して、2人は仲良くなり、杏子が生きる希望を持ち始めたという場面が本当に嬉しかっただけに、杏子の目の前で心筋梗塞を起こし、目を開いたまま心臓マッサージを受ける多恵の姿は本当にショックで涙が溢れました。絶対に行きたいと願っていた多恵には、生きてほしいと切実に思います。

第8話『君は一人じゃない!!一緒に立ち向かう医者と希望の最先端移植』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第8話 あらすじ
心拍は再開したものの、脳死状態になってしまった多恵。悲しみに暮れ、延命治療を望む多恵の共同経営者の吉野万奈美は、多恵がスターティングノートの他に、様々な思いを綴ったエンディングノートを作っていたことや臓器提供の意思表示カードで心臓以外の全てに〇がついていたことなどを知る。また、多恵の死を目の当たりにした杏子は、自身のスターティングノートを捨て、病院から逃げ出してしまう。多恵がデザインしたカフェで一人沈み込んでいた杏子とたまたま居合わせた利明が多恵の行動を伝えたことで、杏子は立ち直り、生きる覚悟と同じく死ぬ覚悟をもって病気に立ち向かうことを決める。万奈美も多恵の遺志を継ぎ、会社を存続させることを心に決めて前に進むのだった。そして、卓巳の周りで起きていたことや、歩美の父親の罪について明らかになっていく。
ドラマ「ラストホープ」第8話 感想
結局脳死状態になってしまった多恵を目の前で見たことにより、生きる希望がしぼんでしまった杏子に、君の生きる覚悟と死ぬ覚悟に付き合ってくれる臨床医がいる、君は一人じゃないはずだ、という利明の言葉が印象的でした。パティシエになってケーキ屋を開きたいという杏子のために、ケーキ屋のデザインをした多恵のスケッチブックが出てきたところで泣いてしまいました。杏子には、多恵の分まで強く生きてほしいと思います。また、あらすじには書いていませんが、今回の話で聡史は、火事に巻き込まれた際に同級生を助けたために死んでしまった、ということが分かります。ヒーローになりたいなら、自分の心にある正しいと思う答えに従いなさい、という利明の言葉通りに同級生を助けたのでした。助かった子の涙の告白に微笑む利明の気持ちが痛いほどわかって涙が止まりませんでした。

第9話『容態急変〜最先端のガン治療に大きな罠?連続発症する病魔に打ち勝て!!』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第9話 あらすじ
ビジネス界の重鎮、町田恭一郎は、難しい部位を巻き込んだ膵臓がんにかかっており、家族の希望によってポリープを切除するだけと伝えていた。前回の一件で、医療センターの信用が落ちていたため、外科と内科が協力して治療に当たったが、術後に合併症を起こして難病を患ってしまい、さじを投げた医師会は、医療センターに再度手術を任せたのだった。そして、歩美の父親と利明が、脳科学の権威である桟原友宏を通してつながっていたことが分かる。自身の研究技術を使い、息子のクローンを作ろうと試みる利明を見て、周りを巻き込むな、と言い放った歩美。
ドラマ「ラストホープ」第9話 感想
人のクローンをつくることはいまだに禁忌として日本で研究することはできませんが、研究者として息子をよみがえらせるための科学技術と自身の頭脳があれば手を染めたくなるのも分からなくもないので、歩美の心からの言葉で、少しは思いとどまってほしいと感じました。また、医療センターの信頼が落ちていたからと言って外科と内科が協力した手術が失敗したのは残念であるとともにやっぱりという気持ちにもなって医師会の闇を見たような気になりました。

第10話『息子の決断…医者には決められない最先端肺移植…父を救うのか、見捨てるのか?』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第10話 あらすじ
患者に残された方法は、2人の息子の片肺を移植する生体両肺移植だった。。しかし、長男の真一は、すでに恭一郎との縁を切り他人として生活していたため、ドナーとしての負担が大きい肺の移植を断られてしまう。医者として中立の立場で真一と対話し、ようやく両肺の移植が決定した矢先、恭一郎自身が手術を拒否するという事態が起こる。さらに、卓巳と歩美の目の前でセンター長の鳴瀬が倒れ、意識を失うのだった。また、雅臣や利明、淳二、雪代、歩美、そして卓巳の闇に葬られていた過去がついに明らかになる。利明の問題は歩美や雅臣とつながり、雪代の問題は淳二とつながり、卓巳の問題はそれぞれの過去とつながるのだった。
ドラマ「ラストホープ」第10話 感想
物語もラストスパートに入ってきました。それぞれの医師たちが抱えた問題は別々のものかと思いきや、ここまで来て、すべてがつながった一つの問題だということが分かり、鳥肌が立ちました。十話では、まず雪代の母親を見殺しにしたのは淳二の恩人だったということが分かり、雪代に謝罪をして一応の解決はしましたが、雅臣や利明の問題の根がとても深そうで最終話でどのように明かされるのか不安です。また、全ての真相を知っているセンター長が倒れたことで、6人がどのようにしてセンターに集められたのかが分からないままなので、最終話がとても楽しみです。

第11話『大丈夫、必ずあなたを助ける…宿命を背負う医者の最後の選択』

動画サイト
ドラマ「ラストホープ」第11話 あらすじ
悲しみを砕く日 塚本圭吾(宮迫博之)が念願の殺人犯係に異動されることが決まった。そんな塚本の最後の捜査となる事件は12年前に起きた「巡査部長射殺事件」だ。当時巡査部長だった百瀬邦弘(黄川田将也)が指名手配中の橋本幸生(青木伸輔)に銃で2発撃たれ遺体が焼かれていた事件。その後橋本は行方がわからなくなっており、犯行後に逃亡したと見られていた。しかし先日犯行に使われた拳銃が見つかり、橋本が使用したとされる銃からは1発しか撃たれていないことが判明する。第4係は橋本には共犯者がいたとして捜査を進めるが…。
ドラマ「ラストホープ」第11話 感想
百瀬と橋本が入れ替わっていたのには驚きました。橋本は元々罪を犯している人間ですが、高峰に次第に心を開き本音を語る橋本の母を見ていると、少し可哀想だと思えてしまいました。百瀬の息子の望は口は悪いですが、子どもらしい可愛さがあり桜木と仲良くなっていく姿は微笑ましかったです。生きていた百瀬は顔を変えて望の成長を見守っていましたが、なんとなく途中で気付いてしまいました。もちろん犯した罪は許されないですが、望のためにも罪を償って一緒に暮らせる日が来ることを願います。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「ラストホープ」の動画はアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「ラストホープ」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「ラストホープ」のあらすじと見どころ

日本には約6万件のコールドケース(未解決事件)が存在する。2009年11月2日、警視庁捜査一課にコールドケース専門の特命捜査対策室が設置された。桜木泉(上戸彩)はその特命捜査対策室第4係に所属している。下っ端の桜木は捜査に不慣れで聞き込みもまともに出来ずどこか危なっかしい存在。先輩の塚本圭吾(宮迫博之)には朝御飯の買い物のパシリにされたり、室長の長嶋秀夫(北大路欣也)からは「カメ」と言われる始末。今日も庁舎に残って捜査をするも、居眠りをしてまた朝を迎えてしまう。しかしそんな「カメ」も未解決事件を追うごとに徐々に逞しくなっていく。時にはその優しさあまり被害者や加害者へ感情移入をしすぎて捜査ミスを引き起こしそうになることも。また時には持ち前のピュアさで別の角度から事件を追い、解決へと導くこともあった。第4係のそれぞれが過去の事件により心に深い傷を負いながらも、ひたむきに突っ走る桜木と共に成長を遂げていくのであった。

ドラマ「ラストホープ」の出演者や主題歌

波多野 卓巳:相葉雅紀
橘 歩美:多部未華子
高木 淳二:田辺誠一
荻原 雪代:小池栄子
副島 雅臣北村有起哉
古牧 利明:小日向文世
鳴瀬 哲司:高嶋政宏
倉本 茂:菅原大吉
時田 真希:桜庭ななみ
今井 麻衣:江口のりこ

主題歌:嵐「Calling」

放送月日:2013年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「ラストホープ」の見所や感想

40代女性
一つ一つの事件の展開が二転三転して意外な人物が犯人だったり常識が通じないところが良かったです。設定も上手く作られていて、単純な理由での事件はなく一捻りされていたので推理モノとしても楽しく見ることが出来ました。捜査班のメンバーは正直最初の頃はあまり愛着も湧かなかったのですが、回を増すごとに一人一人の性格が見えてきて個性的でいいなと思うようになりました。桜木はたまにボロを出してヒヤヒヤさせられますが、優しい性格と物事のピュアな見方で事件を解決していく様はだいぶ頼もしくなったなと感じます。塚本は喧嘩っ早くてイライラすることも多かったのですが、口下手でわかりやすい人なんだと知ると可愛らしく思えました。そして倉田と白石のおじさんコンビの不思議な上下関係も物語の合間に見るとなんだか心地良くなっていました。室長の長嶋が穏やかさも安心感があって良かったです。カメと言いつつもなんだかんだ桜木を気にかけて丁寧に育てているんだろうなと感じました。当初に比べたらだいぶ頼もしくなりましたが、これからどんな刑事になっていくのか楽しみで仕方ありません。
30代女性
最初からひょうひょうとした感じで、何を考えているかわからないような卓巳に何かしらの暗い過去があることは分かっていましたが、まさか医療センターにいる6人全員に悲しい過去やトラウマのようなものがあることに驚きました。そして、話の構成として一話で1人の過去が明かされるのではなく、11話すべて見る事で、少しずつ少しずつ全員の過去が分かっていくストーリーの組み方に次の話を早く観たいと思わせる巧妙な組み方だなと感じました。

関連動画

ヤンキー母校に帰る
喰いタンスペシャル 香港全部食べちゃうぞ!
マイガール
バーテンダー
三毛猫ホームズの推理
ようこそ、わが家へ
貴族探偵
僕とシッポと神楽坂
絆のペダル

まとめ

ドラマ「ラストホープ」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

相葉雅紀さんのフジテレビ連続ドラマ初出演作として話題になった「ラストホープ」。

医師としてどう医療と向き合っていくのか、葛藤する相葉雅紀さんの姿に胸が熱くなりました。

命の重さが突きつけられるストーリーです。

ドラマ「ラストホープ」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴