ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|先生知らないの?の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「先生知らないの?」は1998年4月10日から6月26日に放送されていた元SMAPの草彅剛さん主演のドラマです。

草彅剛さん演じる元不良の熱血教師と生徒たちの触れ合いが描かれているストーリーとなっています。

この記事では、草彅剛さん出演ドラマ「先生知らないの?」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「先生知らないの?」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「先生知らないの?」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「先生知らないの?」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「先生知らないの?」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月24日の時点の情報)

ドラマ「先生知らないの?」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「先生知らないの?」を全話無料で視聴することができます。

「先生知らないの?」だけでなく、「僕の生きる道」「任侠ヘルパー」「僕と彼女と彼女の生きる道」など他の、草彅剛さん主演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「先生知らないの?」の動画を無料視聴

ドラマ「先生知らないの?」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「先生知らないの?」の動画を無料視聴

「先生知らないの?」以外の草彅剛さん出演

  • 「僕の生きる道」
  • 「任侠ヘルパー」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「先生知らないの?」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「先生知らないの?」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「先生知らないの?」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「先生知らないの?」だけでなく、「僕の生きる道」「任侠ヘルパー」などの草彅剛さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「先生知らないの?」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「先生知らないの?」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「先生知らないの?」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「先生知らないの?」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「先生知らないの?」の各話のあらすじと感想

「先生知らないの?」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「先生知らないの?」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『噂の先生登場』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第1話 あらすじ
元チーマーの木下優作(草彅剛)は教師となり、東京下町の小学校に赴任することとなった。受け持つクラスは5年2組。子どもたちとの熱い日々に希望を抱きながら学校に向かうも道に迷い、初日からパトカーで登場。期待に胸はずませ、教壇に立ち自己紹介をする優作だったが、何ともしらけている子どもたち。何を聞いても「別に」「みんなと同じでいい」「多数決でもとったら」というような冷めた反応。肩を落とし、職員室で同僚の中村はるな(石田ゆり子)に相談するも、こちらも冷たい反応。初日から心が折れそうになるが、自分を教員として採用してくれた恩師「ボス」と呼んでいる校長の言葉で再起する。そんなある日、廊下でサッカーボールを蹴って遊んでいた5年2組の男子たちが、大切に飾られたショウウィンドウを壊してしまう。素直に名乗り出るようにと促しても、みんなで直そうと促しても、子どもたちは冷めた反応。子どもたちに伝えたいことが伝わらない優作。あきらめかけ学校を去る優作だったが、かつて「辛い時はなぜ自分が教師になろうと思ったのかを思い出せ」とボスに言われた言葉が蘇り・・・。
ドラマ「先生知らないの?」第1話 感想
昭和の時代にはないマセタ子どもたちの感じと、ちょっとドジでおっちょこちょいの先生との掛け合いが初回からとても面白い展開だった。冷めてはいるけど、根底から意地が悪いわけではない5年2組の生徒たちが、どんな風に先生を好きになっていくのかが、とても楽しみになる話だった。落ち込む優作にアドバイスするときや、詰め寄る保護者に優作という人物がどんな男なのかを伝えるときの菅原文太演じる校長の深みが、何ともたまらない作品だ。この話の最後に優作が生徒たちに「僕が君たちに伝えたかった言葉は・・・」と言う話は、今の子どもたちにとってもとても大切なものではないかと思う。

第2話『生徒がかけおち?』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第2話 あらすじ
ひとつでも得意なこと、夢中になれることを見つけてほしいと、子どもたちにヨーヨー大会を企画。そんな中、クラスの人気者あかねに恋の噂。相手はとなりのクラスの吉田。しかし、成績や進学のことを必要以上に心配し、夢中になる二人に反対する大人たち。ふたりはかけおちをする。夜になると怖くなり先に帰宅してしまう吉田だが、決して家に帰らないというあかね。家に戻らないあかね探しは学校を巻き込む騒ぎに。雨の中あかねを探し出し事情を聞く優作。大人たちは誰も彼女の声に耳をかさない中、本当の心を知った優作は、保護者が迎えに来ても帰さず自分の自宅に残し話を最後まで聞く。子ども同士の恋愛やかけおち、成績の話、そんなことにしか耳を傾けようとしない親や大人たちに優作の怒り。あかねが本当に伝えたかった気持ちとは。
ドラマ「先生知らないの?」第2話 感想
おませな年頃の5年生にはありそうな恋愛ごっこなのかと思いきや、最後にあかねが両親に訴えた気持ちは、子育ての本質をついているような心に突き刺さるような内容で、とても感慨深いものがあった。優作が他の大人たちとは違い、本気で子どもの心の奥を探ろうとする教師であるということがとても表面化して、このキャラクターを捉えるのにはわかりやすく描かれていると思った。そしてその演技をするあかね役の子は、本当に心から泣いているんだと思うような圧巻の演技で、とても見応えがある回だった。

第3話『転校生』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第3話 あらすじ
5年2組に転校生・菜々子がやってくる。転校元は滋賀県大津。菜々子がどんなところからやってきたのか、次の社会の時間にみんなに教えてほしいと、転校生に興味を持たせる優作。しかしその当日、菜々子は泣き出してしまい、登校拒否となる。いじめがクラスであるのではという他の職員。登校拒否の原因を探す優作。そんなとき、クラスでもクールな女子あおいが、菜々子を泣かしているのを見たという生徒からの話を聞く。やはりいじめの線があるのかと不安になる優作だったが「見なくてはいけないのは子どもたちの根っこだ」と諭す校長の言葉で奮起。菜々子が泣いてしまった理由、学校に来なくなってしまった理由は何か。ある時行方不明になり晩に見つかった菜々子を見て、優作は菜々子の気持ちの根っこを見つける。そして、本当の気持ちを優作に話すことのできた菜々子は、翌日から学校に来るようになり、みなに本当のことを話し始めるのだった。
ドラマ「先生知らないの?」第3話 感想
転校をしてきた不安の中、一生懸命友達を作ろうとする菜々子の、しかしそれがうまくいかずからまわりしてしまう様子。一匹狼的ではあるが、いつでも冷静で正しいと思うことをじっと貫き通せる強い心を持つあおいの関わり。転校生の登校拒否をいじめなのではないかと決め付ける他の教師にどんなことを言われても、あおいはそんな子ではないと信じ、懸命に菜々子の心をさぐろうとする教師としての優作の姿には心を打たれた。転校生を題材に、生徒のことを最後まで信じる大切さを伝えた回だった。

第4話『学校の怪談?』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第4話 あらすじ
夜の学校。家庭訪問で遅くなった優作が静まり返った学校に戻ると、数人の男子たちが懐中電灯を持って学校を徘徊していた。見つけて理由を聞くと、学校にはアシラギという子どものエネルギーを食べる妖怪が出るから、塾の帰りにみんなで集まって探している、とのこと。学校での探検は危ないし怪我をするからやめようと促すも、冒険心のやまない子どもたちは「それならばクラス全員で行事としてやるから許可してよ」と詰め寄る。子供たちの好奇心や興味に優作は了解。自由参加としクラスで行うことにした。女子たちは自分たちを弱虫だと言った男子たちを見返すために、先に学校で待ち伏せして脅かそうと計画。脅かし役を手伝ってよという女子の頼みに、もえという生徒の祖父でかつて自分が大好きだった俳優ケニーとどろきのドラキュラを推薦する。しかし一向に拒むケニー。そこには悲しい事情があったのだが、自分にとってのケニーの演じたドラキュラがどんな存在だったのかを話す優作の言葉に、ケニーの心が動き出す。
ドラマ「先生知らないの?」第4話 感想
この回は、いつもの生徒と優作の話というよりは、もえの祖父であるケニーとどろきの演じたドラキュラに夢中だった少年時代の話と、父親との思い出。そんなものが大きなテーマになっていた。学校に出る妖怪探しに夢中になる子どもたちに共感をし、ひとつのクラス行事として、そのことを了解するあたりも、子ども目線に立つ優作という教師ならではである。今度はどんな展開になるのかと楽しみになる中でのドラキュラ話。ちょっと物足りない展開かなと思っていたが、優作と父親とのエピソードは、優作という人物の人柄がとても表れている物語であった。

第5話『母の日』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第5話 あらすじ
次の授業参観日には「お母さん」をテーマにした作文を読むという課題が出る。家でまとめてくるようにという優作の言葉にうかない顔のよしき。そんな中、優作の母が学校をたずね優作に会いに来る。何かを優作に伝えたそうなよしきだったが、母とのドタバタの中話を聞くことができず、後になりよしきの話したかったことの真相を知る。よしきの母は家を出てしまい、よしきには授業参観に来てくれる母がいなかったのだ。うかない気持ちのままのよしきだが、ある日偶然に優作の母と会い、色々なことを話す中、今ではみんなのヒーロー的な先生である優作も、かつては自信もやる気もない子どもだったことや、今では仲の良い親子に見える自分たちだが、授業参観には一度も行ってあげられなかったという言葉に気持ちがほぐれてくる。かたくなに書く事を拒んできた作文も「先生、書くよ」と笑顔になる。見にも来てくれない母に向けて、それでもよしきは母への作文を書く。その気持ちを、優作は出て行ったよしきの母を訪ねて伝えに行く。授業参観に出てほしいという優作の言葉を拒み続ける母。そして、その当日はやってくるのだった。
ドラマ「先生知らないの?」第5話 感想
母と子どもをテーマにした話。優作と母との関係や、よしきと母との関係を通して、子どもの気持ちをうまく描いている。優作がよしきの母をたずね、よしきの気持ちをわかってやってほしいと懇願する場面で、「あの子は私についてこなかった。私がどんな気持ちであの家で生活していたか、先生知らないんですよ」という言葉に、優作ははっきりと「お母さんの気持ちなんて知りません。でもよしきは」と本当に子ども目線での言葉を投げかける。その言葉は本当に何に遠慮することもなく子どもの気持ちをくみ、代弁できる先生の言葉で、こんな先生がいたら素敵だと思わせるものだった。また最後、授業参観日に、よしきが母にあてて読む作文は涙なくしては聞けないものだった。

第6話『運命の恋』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第6話 あらすじ
優作に恋をするクラスでも小さくて子ども扱いされているちなつ。しかし、その気持ちはとても強く、そして優作が思っているよりももっとおマセ。ちなつのことは生徒として他のこと同じように好きだよ、などという言葉では、ちなつ自身も他の生徒たちも納得しない。「先生、きちんとちなつのことどう思っているのか教えてよ」「そんな返事じゃちなつが可哀想」と非難される。ちなつの気持ちと本気で向き合わなければならないと、原田にもたしなめされる。ある日、「優作さん」と呼ぶちなつと遊園地でデートをする。本当に一人の女性としてのような態度で迫ってくるちなつに対し、動揺する優作は「先生には好きな人がいるから、付き合えないんだ」と嘘をついてしまう。泣く泣く諦めたちなつだが、それはウソだったと学校でばれてしまい、また騒動が巻き起こる。果たして二人の恋の行方は・・・。
ドラマ「先生知らないの?」第6話 感想
ドラマの上での話とはいえ、最近の小学生はこんなにおませなものなのかと思ってしまうような作品。しかし、全編通して5年2組の女子は、どの子もこのくらいの発言をしているのだから、そこそこ間違った描写でもないのだろうと思いながら、なんだか可愛く楽しめた回だった。男性のその場しのぎの言葉は、他にも傷つける女性がいるのだと、小学生のちなつに優作が説教をされる場面や、終始たじたじの優作もの姿も、とても魅力的である。

第7話『仲間はずれ』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第7話 あらすじ
勉強が苦手なタイヨウ。今日も黒板の前に出て体積の問題を解こうとするも、なかなかできず授業が進まない。理解の遅いタイヨウに合わせて自分たちの勉強が先に進まないことに苛立つ他の生徒たちが、冷たい言葉を投げかける。優作はそれに対して「先にいけない仲間をほっておくのか」「他人を思いやることを学んでほしい」と伝えるも、子どもたちは自習したいと、校長室にエスケープする。他の勉強は苦手だが、虫のことには秀でた才能があるタイヨウ。いつか自分の育てた蛍が成虫になったら、クラスのみんなに見せてあげたいという夢を優作に話す。そんな中、理科の研究でタイヨウは優秀賞を取る。素晴らしいことだと褒める優作は、お祝いをしてあげようとクラスのみんなを促すが、その放課後残ったのはあおい一人だけ。みんなは塾がある、授業が遅れているのはタイヨウのせい、理科の優秀賞がすごいこと?と冷めた様子。みんなの行動に傷ついたタイヨウは学校に来なくなり、優作はクラス全員に「誰にだってできないことがある。でも誰にでも素晴らしいところがある」と語り始める。
ドラマ「先生知らないの?」第7話 感想
いじめをテーマにした物語。クラスで落ちこぼれ的な存在のタイヨウを、自分たちの邪魔になると感じる他の子どもたち。確かに、できない一人に合わせて授業全体が遅れてしまうことは、他の子どもたちの反応見ているタイヨウにとっても辛いことだろうなと感じながら見ていた。タイヨウが優しい優作に向かって「先生、馬鹿でごめんね」というセリフには胸を打たれるものがあった。誰にでも得意なことがある、いいところがある、ダメなところもあるけれど、それぞれ素晴しい個性があるというメッセージが強く心に響く話になっている。実際に同じ年くらいの小学生に見てもらったら、とても良いのだろうなというメッセージを感じた。

第8話『おとめ心のダイエット』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第8話 あらすじ
背が高く大人びているなるみはある日スーパーで買い物をしているときに、モデルにスカウトされる。自分はスーパーモデルになるのだという夢をクラスで語り、それに憧れた他の女子たちも一緒に、スーパーモデルになるためのダイエットを決意。みなで給食のボイコットを始める。そんな理由で一生懸命作った給食を食べてもらえないことに傷つき、給食作りのボイコットを始める愛子(篠原ともえ)。君たちにとって給食とは何なのか、成長することの意味を問い、全員でそれを理解できるまで5年2組は給食なし、弁当持参を告げる優作。男子たちは、女子のくだらないダイエットのせいだと怒り出す。しばらくすると、徐々にダイエットをやめるという女子も出てくる中、なるみだけは「私はダイエットやめない!」と意地を張り続ける。しかしある時、なるみがモデルとして映っていたのはスーパーの安売りのチラシ。それを目にしたクラスメイトからも馬鹿にされ、小顔になるためにと大金を出して買ったグッズがインチキ商品だとわかり、ショックを受ける。思春期の気持ちと優作が向き合いながら、伝えていこうとしたものとは・・・。
ドラマ「先生知らないの?」第8話 感想
モデルに憧れ無謀なダイエットをしていく気持ちに対し、優作ははじめ給食の大切さや、作ってくれている人への感謝を子どもたちに伝えていこうとする。それはなかなか頑なな女子の心には届かないが、校長が「それは思春期の冒険なんだよ」と優作に告げる部分はなるほどと説得力のあるものを感じた。大人の目線だけでは、どうしても正当化された意見だったり、子どもを正しい考え方に導こうとだけしてしまう。なぜこんなにまでモデルに憧れ、人を傷つけてまで貫こうとするものがあるのか、そんな子どもの気持ちにまで視点が行かないものである。しかしそれを思春期の冒険と言い、この冒険なくしては先には進めないという言葉は、本当に素晴らしいと思った。その冒険を経て、最後になるみが出した結論がどんなものだったのかも見物である。

第9話『先生やめないで!』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第9話 あらすじ
クラスで班ごとに新聞作りを行うということが決まり、自分たちで色々なものを取材することになる。一番もりあげってやる気満々なのは、スキャンダル新聞チーム。そんな中、優作は盲腸を患い入院となる。優作の入院中、5年2組の代理担任を努めることになった中村はるな。ただこのとき、婚約者のロンドンの転勤に際して今学期いっぱいで学校を去ることに悩んでいた。また優作の見舞いに行った中でかつての教え子ももこと出会い「結婚までの腰掛け教師」などと言われたりと、自分にとって教師とは何かに翻弄する。気がかりなことは、ももこは事故で脊髄損傷、リハビリをしなければ大好きなテニスもできなくなるということだった。スキャンダル新聞チームが、色々な取材をする中で、はるな先生が学校を去ろうとしている!ということで子どもたちか大騒ぎとなり、それが優作の耳にも入る。優作がはるなに同じ教師として伝えた言葉とは・・・・
ドラマ「先生知らないの?」第9話 感想
今回は優作入院で、教師としてのはるなの邁進を描いている。自分がなぜ教師になったのか、教師になった4年間はどんなものだったのか、これからどうしていきたいと思っているのか。かつて受け持った教え子とテニス、自分との繋がり。そんなものをふんだんに盛り込んでいる話だ。ツンデレでちょっと冷めたイメージだった初回よりも、優作と出会ったことではるながどう変わったのか、また、本当はどんな気持ちでいたのかなども描かれている。教師は、自分では気がつかないうちに子どもたちに色々な種をまいている、その芽がでたら見守っていくのだという、校長の言葉は、今回もまたぐっとくるものがある作品だ。

第10話『誰か気づいて、万引の理由』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第10話 あらすじ
クラスでも明るい存在だったタイラが、最近とてもイライラしている。大好きなサッカーの練習をしていても、あまりの態度に優作からレッドカードをもらう程荒れた行為を繰り返していた。あるとき、ゲームセンターに入り浸っているタイラに、中学生の不良少年たちが声をかける。カツアゲや万引きを繰り返す彼らに、はじめはドキドキしながらも、自分の話を聞いてくれる仲間のそんな存在は、タイラにとって拠り所だった。髪の毛もメッシュを入れたり、仲の良かったクラスメイトの話にも耳をかさない。そしてついに万引きの現行犯で捕まってしまう。引き取りにきた父親は、そんなタイラを殴り恥さらしと罵る。しかし、タイラがそうなってしまった原因は家庭にあったのだ。それを聞こうとしない父親に優作の怒りも爆発する。はたしてタイラは自分の本当の気持ちを伝えられるのだろうか…。
ドラマ「先生知らないの…。?」第10話 感想
よくある両親の理解の無さや家庭の問題によって、非行に走る子どもの物語。その気持ちをうまく伝えることの出来ない子どもたちは、このようなに気持ちを発散したり、素行の悪い友達との付き合いをしてしまうという典型的な例だった。しかし、この回でも、気持ちの良いくらいに優作の気持ちや体当たりの態度が、中学生の不良少年たちにまで伝わっていく。やはり元チーマーならではの怖いもの無し!という根底もあるだろうが、教師としてのパワーも感じる作品だ。

第11話『先生大ピンチ!』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第11話 あらすじ
教育長の視察が優作たちの学校にやってくる。不適格教師を見に来て指導をする目的で、そんな教師が学校にいると管理職の自分たちの査定にも響くのだからと、優作にプレッシャーを与える教頭。いよいよその当日、またしても5年2組で騒動が巻き起こる。鶏の卵が盗まれたり、給食のサンプルが無くなったり、しまいには居るはずのない飼い犬が教室に現れたり…。小さな弟と妹がいるマサヒロが、親の離婚と自分たちの行く末を案じて、学校にきょうだいたちをかくまったのだ。離れ離れにされてしまうマサヒロたちに同情したクラスメイトたち、理解してくれない大人たちに対し、そして子どもたちのそんな気持ちに寄り添う優作までもが教室に立て籠りを始める。そんな騒ぎを目の当たりにする教育長。しかし今、子どもたちのために必要なことは、まわりなど気にせず子どもたち自身が納得のできるものだと感じた優作は、教育長の前で「親の離婚について」の討論会を始めるのであった。
ドラマ「先生知らないの?」第11話 感想
教育長がやってきた目的と、タイミング悪く起きてしまった騒動とに、ハラハラドキドキが止まらない展開。しかし、ここまでの物語を通して、優作は今やクラスの子どもたちだけでなく他の職員からも支持される存在だ。みなで、いかに優作が子どもたちのために、全てを捧げる教師なのかということを訴えるところは、とても気持ちが良い。教育長が見ているからとか、自分の評価がどうだとかそんなことは微塵も気にせず、子どもたちのために心の授業をする優作に感動を覚える。

第12話『さよなら優作先生』

動画サイト
ドラマ「先生知らないの?」第12話 あらすじ
歯科医の父親と過保護な母親を持つユキヒサ。いつもお金でクラスメイトの気を引いたり、あらぬことを言って自分に興味も持たせている。しかし他の子どもたちは、ユキヒサが嘘でまみれていることも知っていて、オオカミ少年と彼を呼ぶ。その日もユキヒサはクラスメイトのサッカーボールの空気を自ら抜いておきながら、そ知らぬ顔をして「ボールだめになってしまったの?なら僕のをあげようか」などと言っている。そんなとき、ユキヒサの父親は不正請求で事件を起こし、彼は学校に来られなくなるが、それを他の子どもたちに優作が問いかけるもみな冷たい姿で、そしてユキヒサ自身も「ざまあみろと思っているんだろ」と優作に詰め寄る。なぜユキヒサがそれほどまでに自分を嘘で固めなくてはならなかったのか、本当はどんな気持ちでいたのか、初めて子どもが嫌いになりそうだと紆余曲折しながらも、優作がユキヒサに向けた心とは…。
ドラマ「先生知らないの?」第12話 感想
友達がほしい、自分のことを見てほしい、でも素直にそれを伝えることはできない。自分は嫌われていると思い、金と物だけが他の子どもたちを引き付けるツールとして、ユキヒサを支えていたが、父親の事件でそれすらも無くしてしまう。子ども自身の存在意義、自己肯定感、それらがいかに大切かを改めて痛感する物語だ。フィクションとは言えど、きっとそんな気持ちの子どもたちも多く存在するのだろう、そんなとき優作のように、本気の心で抱き締めてくれる教師がいたならば、救われる子どもも多いのだろうな、などという思いになった。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「先生知らないの?」の動画はアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「先生知らないの?」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「先生知らないの?」のあらすじと見どころ

暴力事件を起こしたことがあるという男が、この学校の教師としてやってくる!そんな噂の中、子どもたちはじめ学校全体がそわそわしていた。そして、元チーマーの木下優作はパトカーに乗り、初日の学校にやってきた!子どもたちとのどんな生活が待っているのか心はずませながら教壇に向かうも、優作を待っていたのは様々な試練の連続だった。個性豊かな5年2組の生徒たちと、性格が一直線で志熱い優作という教師が、たくさんの出来事を乗り越え経験を積みながら一緒に成長していく。子どもたちとの絆の深まり、他の教師たちとの切磋琢磨、本当にまっすぐな教師の様を描いた学園ドラマ。

ドラマ「先生知らないの?」の出演者や主題歌

木下優作:草彅剛
中村春奈:石田ゆり子
曽根田勝:生瀬勝久
金沢愛子:篠原ともえ
森川竜之介:ふかわりょう
大河原博:小野武彦
金沢隆輔:菅原文太

主題歌:山下達郎「いつか晴れた日に」

放送月日:1998年

テレビ局:TBS

ドラマ「先生知らないの?」の見所や感想

40代女性
草彅剛のキャラクターが何とも優しくそして強い教師を熱演している。本当に子どもの目線になれる先生、こんな先生いたらいいなと本当に思わせる心温まる物語だ。個性豊かな子どもたちも然り、優作という教師を支えるまわりのメンバーもとてもユニークである。菅原文太演じるボスと呼ばれる校長が、悩む優作を諭すセリフは毎回温かく何度も聞きたくなる。石田ゆり子演じるツンデレな感じがとても愛らしい同僚の中村も優作の良きサポーターとなっていく。そして、なぜか毎回違う職業で登場するふかわりょうも、今回は何役?と楽しみになる。子どもたちがちょっとしたことで「先生知らないの~?」と各回ごとに笑い合ったり、時に優作が迷い翻弄する場面では、大人たちの省みないセリフに「そんなこと知らねぇよ」といつでも子ども目線にタンカが切る場面は、各物語を通して共通する魅力だった。

関連動画

僕の生きる道
任侠ヘルパー
僕と彼女と彼女の生きる道
銭の戦争
フードファイト
僕の歩く道
いいひと。
独身貴族

まとめ

ドラマ「先生知らないの?」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

草彅剛さん演じる元不良の熱血教師の生徒たちにまっすぐで優しい姿に魅了された方も多いのではないでしょうか。

草彅剛さんの頼れる先生感がたまらない!温かい気持ちになれる作品です。

ドラマ「先生知らないの?」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴