ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|教師びんびん物語の動画を無料で1話から最終話まで無料で視聴する方法

「教師びんびん物語」は1988年4月4日から6月27日に放送されていた田原俊彦さん主演のドラマです。

田原俊彦さん演じる徳川龍之介とその後輩教師のコンビを中心として小学生の心の揺れなどが描かれています。

この記事では、田原俊彦さん出演ドラマ「教師びんびん物語」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「教師びんびん物語」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「教師びんびん物語」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「教師びんびん物語」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「教師びんびん物語」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月26日の時点の情報)

ドラマ「教師びんびん物語」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「教師びんびん物語」を全話無料で視聴することができます。

「教師びんびん物語」だけでなく、「逃亡者」などの、田原俊彦さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「教師びんびん物語」の動画を無料視聴

ドラマ「教師びんびん物語」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「教師びんびん物語」の動画を無料視聴

「教師びんびん物語」以外の田原俊彦さん出演

  • 「逃亡者」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「教師びんびん物語」を全話無料で視聴することが可能です。
ので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「教師びんびん物語」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「教師びんびん物語」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「教師びんびん物語」だけでなく、「逃亡者」などの田原俊彦さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「教師びんびん物語」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「教師びんびん物語」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされているものもありますが、画質が悪く非常に見づらくなっています。

また、違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスクが高く、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「教師びんびん物語」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「教師びんびん物語」の各話のあらすじと感想

「教師びんびん物語」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「教師びんびん物語」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『銀座の恋の小学校』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第1話 あらすじ
東京・銀座の銀座第一小学校に赴任してきた新米の熱血教師・徳川龍之介(田原俊彦)。5年生の担任クラスで出席を取る龍之介。しかし、目の前にいる1人の生徒の名前が名簿にないことに気付く。すでに転校しているはずの生徒であり名簿から削除していると聞かされる。 そして、その日の小料理屋での龍之介の歓迎会。地上げに伴う大幅な生徒数の減少により、いずれ学校の統廃合が決まっていることを知り、驚きを隠せない龍之介。すると、そこに、居酒屋の女将(五十嵐淳子)が現れる。龍之介は女将の顔を一目見るなり、「先生、やっぱり先生だ!」と声を掛けるが、女将は「申し訳ありません。何のことか・・・」と返答。人違い?と考える龍之介であったが・・・。
ドラマ「教師びんびん物語」第1話 感想
「学園ドラマ」・「熱血教師」を扱ったドラマ、映画は幾度となく目にしてきたため、個人的にはあまり期待せずに第1話を見ましたが、田原俊彦の自然体の演技に引かれ、ストーリーそのものも非常に面白くあっという間に見終わっていた、という感じです。田原俊彦が演じる熱血教師・徳川龍之介はハマり役です。1988年に制作されたものですが、今見ても十分に楽しめます。30年経った現在でも色褪せないというのは「不朽の名作」といっても過言ではないでしょうか?

第2話『小さな恋のラーメン騒動』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第2話 あらすじ
お昼休みに、担任クラスの女子生徒・東の母親が営むラーメン屋から出前を取った龍之介(田原俊彦)。「東、お前の店のラーメン美味しいな」と褒めるが、東は「私の店のラーメンは最低です。」と否定的。 東の母親が営むラーメン店は、銀座で1、2番に美味しいと評判のお店。一方、真向かいの佐藤の父親が営むラーメン店は不味いと不評。ともに商売敵。 東は佐藤を気遣い、否定的な言葉を発したのだった。 放課後、お店のことについて、佐藤に聞く龍之介。 数年前までは東のラーメン屋に匹敵するくらいの繁盛店だったが、ある出来事がきっかけで、全くやる気をなくしてしまった、ということだった。
ドラマ「教師びんびん物語」第2話 感想
徳川龍之介は、あくまでドラマの主人公ですが、もし小学生の頃、徳川龍之介みたいな先生が担任だったら、きっと自分は今とは違った人生を歩んでいたかも、と改めて感じさせられました。このドラマに感情移入し過ぎかもしれないですが・・・。しかしながら、生徒の頭を撫でたり、少し触れるだけでも「暴力」と訴えられる今の世の中では、このタイプの熱血教師は教師としては肩身の狭い立場に置かれることになるのが現実でしょうけど・・・。

第3話『泣けるぜ!今夜は』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第3話 あらすじ
龍之介(田原俊彦)の担任クラスに民謡が得意な生徒・関根がいるが、勉強が大の苦手。しかし、龍之介が生徒登録票に記載されているはずの住所に行ってみたが、関根の家がない・・。どうやら、学校へは託児所から通っている模様。関根の家庭には少し複雑な事情があるようだ。 場所は変わり、女将(五十嵐淳子)が営む小料理屋――。 龍之介は、関根の母(浅丘めぐみ)に「(関根と)一緒に生活してもらえないか」とお願いするが、関根の母は「とやかく言われる筋合いはない」と憤怒し退席する。ちょうどその時、同じ小料理屋に居合わせていた、まゆみ(紺野美沙子)とフィアンセ・鹿島(五代高之)。龍之介の様子を見ていた まゆみ であったが、まゆみ の一言が原因で龍之介と鹿島は殴り合いの喧嘩に。喧嘩のあと、カウンターで肩を落とし、「先生、すみませんでした」と猛省する龍之介。「私は一度も教師に就いたことはありません。」と女将は返答するが・・・
ドラマ「教師びんびん物語」第3話 感想
「子を思わない親はいない」という言葉が相応しい回だったと思います。子どもの頃に、本回をリアルタイムで視聴していた人も、現在子どもを持つ親になっている人もいると思いますが、大人になり、久々に大人の視点で、もう一度、本回を見ると、子どもの頃とは違った感動が生まれるのではないでしょうか。特に、子どもを持つ親御さんにとっては、きっと涙を流さずにはいられない回になるのではないでしょうか。まさしくタイトルどおり、「泣けるぜ!今夜は」の一言に尽きます。

第4話『愛の嵐の大暴れ!』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第4話 あらすじ
地元選出議員の第1秘書・田沼が学校を訪問する。龍之介の様子を見に来たのだった。 その夜、教頭(阿藤快)は女将(五十嵐淳子)が営む小料理屋に龍之介を誘う。 田沼が学校を訪問するのはめったにないこと。教頭は、龍之介に何か思い当たる節はないかと問い詰める。 そんな折、龍之介が居候する榎本(野村宏伸)のマンションでお酒を飲むことになった満田(萩原流行)と女性教師たち。満田は酔った勢いでベランダから隣の部屋に侵入し・・・。隣の住人・いづみ(五十嵐いづみ)の叫び声を聞き、龍之介と榎本は駆け付けるが、そこに、姉・まゆみ(紺野美沙子)が帰って来る。そして、満田は、まゆみにも・・・。さらに、フィアンセの鹿島(五代高之)が現れて大騒動に。
ドラマ「教師びんびん物語」第4話 感想
今回は、「大人の事情」が見え隠れするストーリーです。子どもを主体とした「純粋無垢」とは少し違ったストーリー展開ですが、「自分のことよりも子ども達、そして子ども達が通う学校」という龍之介の熱い信念と男気が感じられます。龍之介の “ 硬派 “ な姿を見て、私は、遡ること数年前、某小学校で発覚した教師どうしのイジメ問題が思い出されました。龍之介とは正反対の “ 陰湿系 “ です。“ 陰湿系 “ の教師なんて子どもたちにとってはいてもいなくてもいい存在ではないでしょうか?いてもいなくてもいい存在なんて、いない方がいいんじゃないでしょうか?と思う今日この頃です。

第5話『先生!戻ってきて』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第5話 あらすじ
まゆみ(紺野美沙子)の元を訪れた小料理屋の女将(五十嵐淳子)。「徳川龍之介は私のすべてだった」と、まゆみに話す。一方、学校を辞める苦渋の決断をし、榎本(野村宏伸)のマンションを去った龍之介は行方知れず。 翌朝、龍之介が学校を辞めたことを聞いた生徒たちは大騒ぎ。担任代行として龍之介のクラスの授業に向かう榎本であったが、龍之介のように上手く生徒たちの心を掴めない。 その夜、猛省した満田(萩原流行)は、まゆみのマンションを訪れ、玄関先にいるところに、妹・いづみ(五十嵐いづみ)が帰って来る。いづみは満田に、龍之介の退職について思い当たる節がある、と話す。
ドラマ「教師びんびん物語」第5話 感想
校長をはじめとして、龍之介の退職撤回に必死に奔走する人間模様に感動です。ここまで人から愛される人って、なかなかいないんじゃないでしょうか。「自分のことで精いっぱい」という現代社会では、殆ど あり得ないのでは・・・。

第6話『先生!愛してるウ』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第6話 あらすじ
龍之介(田原俊彦)と榎本(野村宏伸)がマンションに帰ると、玄関にケーキが置かれていた。そこには龍之介へのラブレターが。龍之介の担任クラスの女子生徒・渡辺からだった。 日曜日、龍之介が居候するマンションに行くことになった渡辺であったが、子供扱いされたことに腹を立て、部屋を飛び出してしまう。龍之介は渡辺を探し回るが行方知れず。途方に暮れ、披露困憊でマンションに戻る龍之介であったが、渡辺の母から「娘が家に帰って来た」と連絡を受け、龍之介は安心する。 その夜、ベランダでビールを飲む龍之介と榎本。小料理屋の女将(五十嵐淳子)と龍之介との関係について聞く榎本。龍之介は「高校時代に不良だった自分を救ってくれた恩人だ」と話し始める。
ドラマ「教師びんびん物語」第6話 感想
学生時代に先生を好きになった経験のある人もいるのではないでしょうか。 今回は、そんな小学生の純粋無垢で淡い恋心を描いたストーリーですが、一方で、龍之介が育った境遇を含め、人生の恩人との出会いについての過去が明らかになります。「過酷な 過去」という表現は適切かどうかわかりませんが、その自身の過去をすべて包み隠さずに爽やかに榎本に打ち明ける龍之介の男気に惚れ直しました。でも、それは、心から榎本を信頼しているからなのでしょうね。

第7話『あぶない課外活動』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第7話 あらすじ
河原で課外授業をすることになった龍之介と生徒たち。しかし、河原に着いて早々、バスの運転手は気まずそうに龍之介に近付き、「帰りのガソリンを入れ忘れた」と打ち明ける。助けを求めるため民家に向かう運転手であったが一向に戻って来る気配はなく、待ち続ける龍之介と生徒たち。 夜遅く、龍之介と生徒たちは無事に学校に戻ってきたが、教頭(阿藤快)と教師たちは怒り心頭。生徒を迎えにきた親御さん達に平謝りする龍之介。 そんな中、教室で母親の迎えを待つ女子生徒・国立であったが、小料理屋の常連客・江崎(大竹まこと)が迎えに来る。
ドラマ「教師びんびん物語」第7話 感想
これまでの話の中では、小料理屋の常連客・江崎(大竹まこと)が異様な存在感を醸し出していましたが、今回は江崎の人間的な心が見えた気がします。特に、学校から一緒に小料理屋まで帰る江崎と国立(龍之介のクラスの女子生徒)の二人の姿、江崎と国立の会話、国立に「おじさん」と呼ばれた時の江崎の表情、そして、江崎が国立に向ける眼差しは、まるで・・・。 同じ境遇に置かれている人にとっては涙を流さずにはいられないのではないでしょうか。

第8話『銀座はオレのステージだ!』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第8話 あらすじ
授業中、生徒の一人・岩瀬の祖父が教室に入って来て、岩瀬を強引に連れて帰ろうとする。必死に引き止めようとする龍之介(田原俊彦)と榎本(野村宏伸)であったが、突然、岩瀬の祖父の容体が急変し寝込んでしまう。心配する龍之介たちであったが、実は、これらはすべて岩瀬の祖父の演技だった。 教師の一人・満田(萩原流行)は「これは年寄りのゲームだ」と龍之介に話す。 以前、満田は岩瀬の担任だったことがあり事情を知っているようだ。
ドラマ「教師びんびん物語」第8話 感想
「年寄りが青春して何が悪い」まさに、その通りです。「年齢なんて、ただの数字」という名言がありますが、生きている限り、年月が経てば誰でも歳を重ねていきます。それが自然の摂理。人生経験が多いだけあって知恵袋といわれる人もいれば、ただ漠然と生きて歳を取っているだけの人もいます。「いい歳して・・・」とか「あんなに若いのに・・・」と口癖のように枕詞を付ける人がいますが、生きてきた年数よりも、どのような生き方をしてきたのか、が大切なんでしょうね。

第9話『オレの胸で泣け‼』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第9話 あらすじ
ロサンゼルスに行くことになった いづみ(五十嵐いづみ)の送別パーティーに参加した翌朝、榎本(野村宏伸)は深く落ち込む。龍之介(田原俊彦)は事情を聞くが榎本は、ただ泣くばかり。同じくパーティーに参加していた満田(萩原流行)にも事情を聞くが、理由はわからない。 その日の休み時間、女子生徒・国立から「自分の父親が誰なのかを知る方法を教えてほしい」と聞かれるが、答えられない龍之介。小料理屋の女将(五十嵐淳子)に「本当のことを教えてあげてほしい」とお願いする。
ドラマ「教師びんびん物語」第9話 感想
「自分の父親が誰なのかを知る方法を教えてほしい」という言葉。胸が痛くなりました。私が小学生の頃に母子家庭のクラスメートがいた記憶が蘇りました。ドラマの中の生徒・国立の境遇とは異なっていますが、そのクラスメートも第3者が決して知り得ないほどの寂しさを感じていたんだろうな、と改めて感じました。両親のいる家庭で育ってきた私が、このような感想を堂々と述べても何の説得力もないと思いますが、昨年、父が亡くなった今、父のいない生活に少しは慣れてきましたが、時折、寂しさを感じる今日この頃です。

第10話『この学校がなくなるの⁉』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第10話 あらすじ
龍之介(田原俊彦)の学校に、教育委員会を通じてアメリカ人女子大生・エリザベスがやって来る。特別実習生として3日間だけやって来たという。 英会話が苦手な教頭(阿藤快)と教師たちは慌てふためくが、エリザベスは龍之介を一目見るなり気に入ってしまう。 教頭は龍之介に、エリザベスは教育委員会のスパイかも知れない、と話す。教育委員会に高評価をもらい、統廃合を免れるためにもエリザベスの御機嫌を取ってほしいと龍之介にお願いする。
ドラマ「教師びんびん物語」第10話 感想
「どんな人間の生き方でも間違った人生なんてない。みんな一生懸命に生きている。 人それぞれの考えがあり、人それぞれの生き方がある。正しいとか間違っているとか、そんな物差しで人間の人生を評価するな。どんな一生だろうと、その人の人生は素晴らしいんだ。」これは名言だと思います。このドラマはフィクションですが、ノンフィクションの現実世界においても十分に通用する人生論ではないでしょうか。よく持論を押し付ける人がいますが、この名言を聞かせてあげたいですね。

第11話『オレの生徒に手を出すな!!』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第11話 あらすじ
龍之介(田原俊彦)と榎本(野村宏伸)に夕食をつくることを約束した まゆみ(紺野美沙子)を待ち続ける二人。そこへ、まゆみの父(平幹二朗)が「今後いっさい娘に近付くな」と龍之介のもとへ怒鳴りこんで来る。 翌朝の教室 ― 学校の統廃合の噂をすでに耳にしていた生徒たち。龍之介に問い詰める。その夜、女将(五十嵐淳子)の小料理屋で話し合いをする龍之介、教頭、教師たち。そこへ生徒・国立が「学習塾がたいへんなことになっている」と助けを求めに来る。急いで駆け付け、学習塾の撤去に抵抗する龍之介であったが・・・。話によると、まゆみの父は、まゆみを実家に連れ戻すため、まゆみが経営する学習塾の鍵はおろか、まゆみの部屋の鍵まで持って行ってしまった、という。まゆみは龍之介の住む部屋に同居することに。そんな折、龍之介の生徒たちは学校の統廃合に反対し、教室で立て籠もりを決行する。
ドラマ「教師びんびん物語」第11話 感想
「自分たちの学校をなくさないでほしい」と統廃合に抵抗し、教室で立て籠もりをする生徒たち。 もし、龍之介に出会っていなければ、”自分たちの ”学校とまで主張し、立て籠もりを決行していたでしょうか? これほどまでに学校愛が芽生えたのは、きっと徳川龍之介に出会ったことが大きく影響しているからなのでしょうね。 純粋無垢な小学生にとっては、尊敬できる存在に出会えたことは一生の財産になることでしょう。フィクションとはいえ、本当に素晴らしい教師です。心からそう思います。

第12話『小学校が消える日』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第12話 あらすじ
学校の統廃合を心配し、職員室に押し掛ける生徒たち。生徒たちをなだめ、なんとか、その場を切り抜ける龍之介(田原俊彦)であったが・・・。 そんな折、3日間の研修に行くことになった榎本(野村宏伸)。まゆみ(紺野美沙子)は「今夜21時にレストランで待っている」と誘うが、龍之介はキッパリと断る。 その夜、校長(佐藤允)、教頭(阿藤快)とお酒を酌み交わすことになった龍之介。 帰宅すると、まゆみの姿はなく、隣のまゆみの部屋の電気も消えている。 まさか、と思い、まゆみの待つレストランに駆け付けた龍之介であったが・・・。 翌日、研修から戻った榎本。学校の統廃合は、ほぼ決定だと話す。
ドラマ「教師びんびん物語」第12話 感想
「人を愛そうよ。人を好きになろう。人間の心の中で一番素晴らしいものは愛だぞ。長い、短いじゃない。人生はどれだけ人を愛したかで価値が決まると先生は信じる。」徳川龍之介が語るからこそ心に重く響きます。 オモテ向きはイイ人を着飾っていても心の中では何を考えているのかわからない薄っぺらな人が語っても、全く心には響きません。この言葉は、あくまでドラマの台詞ですが、徳川龍之介の専売特許ともいえる名言ではないでしょうか。

第13話『ありがとう!君たちを忘れない』

動画サイト
ドラマ「教師びんびん物語」第13話 あらすじ
龍之介(田原俊彦)が教室に入ると、いつもは騒がしい生徒たちが静かに着席して龍之介を待っていた。生徒たちは、最後の1週間はいい子でいようと決めた、という。納得し、出席を取る龍之介であったが、青森に転校した関根の名前を呼ぶ。すると、関根が教室に入って来る。 ぜひ家に泊ってほしい、という小料理屋の女将(五十嵐淳子)の娘・国立の申し出に応じ、龍之介は小料理屋に関根を連れていく。女将と二人で話をする龍之介。転勤先の学校も決まっていない、と話す。榎本(野村宏伸)とまゆみ(紺野美沙子)は、龍之介についていく、と決心する。
ドラマ「教師びんびん物語」第13話 感想
最終回は有終の美を飾るに相応しい熱く真っ直ぐな名言が出てきました。特に、小料理屋の女将(五十嵐淳子)が龍之介に言った言葉が心に響きました。個人的には『教師びんびん物語・名言集(仮)』を出版してほしい、と思う今日この頃です。自分にとって『人生のバイブル』になることは間違いないでしょう。印刷書籍を買わない主義の自分ですが、この『名言集』だけは特別です。もし出版が実現されれば、必ず“ 印刷書籍 ”を買います!

ご覧頂きましたように、無料サイトに「教師びんびん物語」の動画はアップされていても画質が悪くて非常に見づらく、またこれらの動画は今後削除される可能性が非常に高いです。

また違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされたり、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので、視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「教師びんびん物語」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「教師びんびん物語」のあらすじと見どころ

都心を離れ郊外へ居住する、いわゆるドーナツ化現象の進行により生徒数が減少した東京・銀座の銀座第一小学校を舞台とした学園ドラマ。「教育は愛だ!」と語る熱血教師・徳川龍之介(田原俊彦)と榎本英樹(野村宏伸)のコンビを中心に近隣の小学校との統廃合問題で揺れる学校、そして、その状況下に置かれた教師と生徒たちの揺れ動く心理状態、龍之介との触れ合いにより成長していく生徒たちの姿などを描く。果たして、学校は統廃合されてしまうのか?龍之介と榎本の運命は?

ドラマ「教師びんびん物語」の出演者や主題歌

徳川龍之介:田原俊彦
榎本英樹 :野村宏伸
奥沢いづみ:五十嵐いづみ
国立響子:五十嵐淳子
満田亀造:荻原流行
御前崎マキオ:阿藤海
江崎次郎:大竹まこと
鹿島(まゆみのフィアンセ):五代高之

主題歌:田原俊彦:「抱きしめてTONIGHT」

放送月日:1988年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「教師びんびん物語」の見所や感想

40代女性
このドラマのキャスティングをはじめて見たとき、「えっ!田原俊彦が熱血教師役?一体どんな演技をするんだろう。」と、ある意味興味を持ってドラマを見始めたのですが、見事にハマっちゃいました。
田原俊彦が演じる熱血教師・徳川龍之介と龍之介を先輩と慕う榎本英樹(野村宏伸)は当たり役だと思います。平均視聴率20%超も頷けます。国民の20%超(あくまで計算上)が徳川龍之介みたいな先生を求めていた、ということかも知れませんね。
40代女性
懐かしい、活気ある日本人の裕福な暮らしを垣間見られる、若き熱血教師のドラマに、一度見たらやみつきになります。
主人公の教師、徳川龍之介が、とにかく各話一生懸命で熱いです。何にでも必死で、話のテンポがいいですし、ドラマで使われている音楽も陽気で見飽きません。かなり元気が出ます。
今の時代には使っていない家電も、見ていて懐かしく、若い人も一昔前の日本の風景を見て楽しめます。子供に対する教育方法も、今とギャップを感じる部分もたくさんあるので、今の子供たちの様子と比較しながら見ると面白いです。
しかし、子供を信じて向き合う教師の姿は、今も昔も変わらない点もあり共感も出来るのがこのドラマの良いところです。このドラマで一番好きな部分は、コメディタッチな部分です。
ドラマの各話の中で、あるシーンでは真面目な雰囲気で話題が進み、見ていて真剣になったと思っていたら、途中でおどけた感じの面白い雰囲気になり笑ってしまったりと一つのドラマの中で、いろんな要素をたのしめるので、何回見ても面白いです。
そして、新しい発見(ドラマの小道具や、建物の風景、間取りや、出演者の衣装など今と違った物を見つける発見)をできるので、何度も見たくなります。

関連動画

逃亡者

まとめ

ドラマ「教師びんびん物語」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

ああいう生徒思いの先生がいたらいいなと憧れていました。

ドラマ「教師びんびん物語」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴