ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|ひとつ屋根の下2の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「ひとつ屋根の下2」は1997年4月14日より6月30日に放送されていたV6の森田剛さん出演ドラマです。

7年前に両親が亡くなってから離れ離れになっていた柏木家の6人兄弟が、長男の達也のもとで暮らすようになり、様々な困難を乗り越ていく様子を描いたホームドラマで、V6の森田剛さんは柏木家に居候する娘の弟役・望月 章吾を演じています。

この記事では、森田剛さん出演ドラマ「ひとつ屋根の下2」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ドラマ「ひとつ屋根の下2」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「ひとつ屋根の下2」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「ひとつ屋根の下2」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月11日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「ひとつ屋根の下2」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。

 

ドラマ「ひとつ屋根の下2」の動画を無料視聴

ドラマ「ひとつ屋根の下2」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「ひとつ屋根の下2」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「ひとつ屋根の下2」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「ひとつ屋根の下2」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画は削除されており、見れるものはありませんでした。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「ひとつ屋根の下2」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 20,328円(送料無料)
Amazon 取り扱いなし 20,400円(送料無料)
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 21,885円(送料無料)

主要なネット通販3社では、まだ発売前商品のため中古での取り扱いはなく、新品の商品では送料が無料で、一番安いのは楽天で20,328円となっています。

DVDの購入にはお金がかかってしまいますが、ストレスやリスクを考えると、一度購入してしまえば、安心していつでも見放題できます。

 

ドラマ「ひとつ屋根の下2」の各話のあらすじと感想

「ひとつ屋根の下2」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「ひとつ屋根の下2」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『さよならチィ兄ちゃん』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第1話 あらすじ
柏木家の5人兄弟姉妹(タツヤ、マサヤ、コユキ、カズヤ、コウメ、フミヤ)が貧しくも楽しく元気に生きていくドラマ。初回は全員に起きるトピックが紹介されます。マサヤのドイツ留学、コユキのお見合い、カズヤの女子風呂覗きのハプニング、コウメの大学合格、フミヤの文通相手とのデートが展開され、それに大げさに絡んでくる主役のタツヤあんちゃん。様々なハプニングを乗り越えて兄弟姉妹の繋がりは強くなります。マサヤがいなくなり、コウメは大学生活が始まり、新しい柏木家の生活が始まりました。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第1話 感想
絶大な信頼のある長男のタツヤ。兄弟姉妹の全員が一致団結して楽しく生きている貧しくも楽しい柏木家を楽しく見ることができます。様々なオチが用意されていて、女子寮に忍び込んで目指した部屋に入ればそこはオバチャンたちの宴会の場だったり、コウメの大学合格発表も落選と思わせて実は補欠合格だったり、フミヤの偽装デートは相手の彼女も同じ偽装をしていたり。全員がそれぞれスポットライトを浴びる場面があります。中でもコウメの入試不合格が補欠合格とわかって確認しに行くシーンには涙。コウメを思うみんなの気持ちが伝わります。こんな兄弟姉妹っていいなと思わせるストーリーです。

第2話『下宿人は美少女?』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第2話 あらすじ
第2話の主役はコウメ。コウメの大学資金の足しにするため、柏木家に下宿の学生が入居することになりました。しかし女子学生を希望していたところ手違いで女の子っぽい男子学生マスミに決まってしまいます。男子だと若い女性のいる柏木家には都合が悪く、コウメとコユキにバレないようにマスミを女装させて小細工。特にあんちゃんがコウメを思う気持ちは強く、コウメに近づく大学のサークルの先輩を誤解して殴ってしまうほど。コウメや他の兄弟姉妹たちはあんちゃんの振る舞いを批判しますが、あんちゃんは過去にコウメを襲ったレイプ事件を目の当たりにしたことが過剰とも思える妹を思う守りたい行動につながっているのです。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第2話 感想
過去に辛い事件に遭ってしまったコウメが第2話の主役。コウメは楽しいキャンパスライフを過ごし始めますが、まだ潜在的に若い男性に恐怖心があるのは当然。兄弟姉妹たちは事件を忘れずにいますが、コウメにはそれを感じさせないように過ごしているのもリアルな家族愛。でも過度に心配するあんちゃんのコウメを思う気持はコウメが迷惑と思うくらい熱いもの。でもきっとコウメはあんちゃんの愛をわかっていて、だからこそ柏木家はまとまっているんだろうなと感じます。いろいろと意見を出しあいながら正直に思いをぶつけあえる良い家族です。

第3話『心の貧しき者へ』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第3話 あらすじ
今回のテーマはマスミの東大合格が彼の嘘であることに端を発した事件と母親の息子を思う気持、そして柏木家全員の恋愛事情が描かれます。フミヤは文通相手のナミと静かにデートをしながらも電話では家族から電話を取り次いでもらえないと心配する恋心、コウメはサークルの先輩と付き合い始めることで誰かから嫉妬の嫌がらせ、コユキは断ったお見合い相手の双子の兄から言い寄られ、カズヤは職場の同僚ミキとパーティから盛り上がってキスまで行き、ラストシーンではあんちゃんにもいずみちゃんという女性が突然登場して抱きついてきます。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第3話 感想
母親を亡くした柏木家は、突然訪ねてきたマスミの母親を歓迎し、翌日タツヤが母親を東京観光に案内するあたりはタツヤの誠実さを感じます。まるで自分の母親を案内するように、手をつないでいるのは微笑ましいです。母親役の藤田弓子さんがとても優しいお母さんを演じています。
カズヤと同僚のミキがパーティでの喧嘩をキッカケに急接近。カズヤはタキシード、ミキもおしゃれなドレスで昼間の作業着とは別人のナイスカップル。でも最も気になるのはコユキの見合い相手とその双子の兄。宇梶剛士さんの一人二役ですが見た目も話し方も同じなので区別がつきません。このキャラは笑えます。

第4話『腐った時代の青春』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第4話 あらすじ
突然現れたいずみはあんちゃんの昔のマラソン仲間。今は指導者となり、カズヤをスカウトするため柏木家にまでやってきました。嫌だと逃げるカズヤの足は速く、引退したとはいえタツヤも追いつけないほど。逃げたカズヤはミキに会いに行くと、ミキはお金を稼ぐ理由が入院する母親の手術のためだったことを告白。手術の甲斐なく母親は亡くなり、身寄りのないミキを哀れんだカズヤはミキを柏木家に迎えます。
タツヤのことが好きなコユキは、タツヤがいずみと会って朝帰りしたことで心落ち着かず、それを理解したタツヤも「お前をそんな目で見れない」と別の男性を好きになるよう説得。コユキは見合いをして断ったピカリンが子供たちに野球を教える姿を見て心が動いている様子。フミヤの文通相手も様子がおかしく、フミヤのスケッチが欲しいとお願いして別れた直後泣き崩れる彼女。後日フミヤに彼女の友人から渡された手紙には「もう会えない」の文字。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第4話 感想
あんちゃんは結構な自分勝手ですね。何も言わずに朝帰りはするし、カズヤにマラソンを強要するし。そして自分の意志に従わないとふざけた様子ではあるけれど必ず喧嘩。いいあんちゃんだけどかなり子供です。コユキから告白された訳ではないのに、マサヤから聞いたというだけで「コユキは自分が好き」という前提で会話が成り立っているのも面白いですね。
ミキの母親が亡くなりますが、それが理由でカズヤはミキを柏木家で一緒暮らすように誘い、ミキもそれを受け入れたようです。ミキは寮に住んでいるので母親が亡くなっても住む家は困らないのに、なんで柏木家に入るのでしょう? うーん、不思議です。

第5話『車椅子の悲しき恋』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第5話 あらすじ
第5話の主役はフミヤ。ナミがフミヤに会えないのは、両親が反対しているためでした。それを聞いたミキは二人が会えるようにナミを音楽の発表会から連れ出しますが、なんと二人は電車に乗って高尾山へ。景色を見て帰るはずが、山を下りる坂道は土砂降り。車いすのフミヤは坂を転げ落ちて転倒し、夜になってもまだ下山できず雨の中。心配したナミの両親が柏木家を訪れ、柏木家は事態を知らされます。二人が会えるように仕組んだミキとマサミが二人が高尾山に行ったことを突き止め、タツヤとカズヤが車で高尾山を目指しますが、フミヤたちは夜が明けてもまだ山の中。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第5話 感想
フミヤとナミの純粋な想いが描かれています。発表会を抜け出て公園で会うだけのはずだったようですが、高尾山にまで行ってしまうのはさすがにまずいでしょう。ハンデを持った者同士なので、誰かが一緒に行くべきでしたね。下山するのもケーブルカーを使うのが当然なのに。
コユキに告白するピカリン、双子の兄がいるという嘘をついて二役を演じるなんて、涙ぐましい努力です。コユキは兄よりも弟に惹かれ始めていただけに、かわいそうすぎます。
コウメも辛い過去を乗り越えて、ようやく恋愛に一歩を踏み出せて良かったですね。キスしたばかりなのにもうセックスのことをおじさんに相談するあたり、驚いてしまいます。

第6話『車椅子の弟へ』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第6話 あらすじ
朝になり高尾山に到着したタツヤとカズヤは山道で寄り添って眠っていたフミヤとナミを見つけます。こんなことになり、ナミの父親の言う通りフミヤはもう会うことはできないと納得。
コウメはサークルの合宿のつもりが彼氏とふたりだけの1泊旅行になってしまいます。それでも夜になって怖くなり、彼がシャワーをしている間に別荘を逃げ出します。公衆電話から自宅に電話して迎えにきてほしいと伝えますが、電話口のコユキは「彼を好きならば彼のところに戻れ。迎えには行かない」と告げます。別荘に戻ったコウメは彼とベッドを共にします。しかし翌朝、二人が眠る寝室にモトカノが突然現れます。
ナミはフミヤに会いたくて自宅を抜け出しますが、交差点でバイクに撥ねられてしまいます。幸い手術はうまくいき、病院の両親を訪ねた柏木家の面々は、フミヤをナミに会わせてほしいと懇願してようやく病室のナミと再会します。ふたりの仲も認めてもらえたようです。
今回は女性が男性を想う気持をテーマにしているようです。コウメが過去の事件を乗り越えて彼と結ばれる愛情、ナミが両親から反対されてもフミヤに会いたいがためにひとり自宅を抜け出す強い愛情、そしてコウメと彼氏につきまとうモトカノの嫌がらせじみた想い。コウメは好きな男性と結ばれてようやく事件を乗り越えることができたのでしょう。モトカノの陰湿なイジメがどうなるかが心配ですが、ちょっと情けない感じの彼氏がしっかりしてくれれば解決しそう。ナミはか弱そうですがフミヤに会いたい意志が強く、その想いがフミヤに通じてお互いの願いが叶うのはハッピーエンディングですね。
感想追記

第7話『心にはダムがある』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第7話 あらすじ
コウメが彼との旅行から泣きながら帰ったことで、柏木家はまた兄弟げんか。カズヤはコユキを責めて殴り、とび出たコユキはその癒しをピカリンに求めます。
コウメと彼の仲を良く思わないミホは、コウメの事故のことを知りコウメの前で彼に告げてしまい、彼は動転。コウメも逃げるように自宅に飛び込みます。
コウメは家庭では明るく振る舞いますが、ある日兄弟姉妹で銭湯に行ったとき、自分の体が汚れていると思いこんだ衝動で銭湯の煙突に登り飛び降りようとします。追いかけるあんちゃんが説得して無事に帰宅すると、自宅前で彼が待っていてしっかりとコウメを抱きしめて一件落着。
しかし今度はコユキに問題が発生。血液検査の結果白血病だとわかり、医者から知らされたあんちゃんは言葉を失います。コユキはピカリンと結婚して幸せをつかもうと決めたばかりなのに。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第7話 感想
ようやくコウメは好きな人と普通の恋愛ができるようになったのに、ジャマをするミホには虫唾が走ります。コウメの事件をコウメの彼に伝えたのもミホであることをコユキは知っていたので、コユキが後日ミホを平手打ちしたのは溜飲が下がりました。
コウメに対する彼の描写は最初は何となく軽々しく感じられ、ミホから何か言われると言い返せない姿勢が頼りないものでした。7話のオープニングでもコウメが電車で帰ってくるのが信じられませんでしたが、今回の煙突騒ぎの後ではコウメを想う気持が確かなものになっていて、彼がコウメを抱きしめるのを見ているあんちゃんも微笑ましいと思ったのでしょう。コウメは完全に事件を乗り越えましたね。
コユキの白血病は突然降ってわいた青天の霹靂。知らされたあんちゃんの気持ちは計り知れません。

第8話『雅也よ、帰れ!』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第8話 あらすじ
コユキは一刻も早い入院が必要ですが、ピカリンと結婚して来月小笠原に行くことを決めてしまいます。幸せなコユキに病気のことを告げられないタツヤ。コウメの一言に決意し、柏木家に結婚のあいさつに来たピカリンを前にして、「俺はコユキのことが好きだ」と言います。もちろんそれは小笠原に行かせず入院させるためです。ピカリンはタツヤに剣道の勝負を申し入れます。有段者であるピカリンから一本でも取ればピカリンの負けで、コユキをあきらめるという条件。何度立ち向かってもタツヤは一太刀も浴びせることができません。「俺はお前が好きだ」というタツヤの姿に、コユキもとうとう「私もあんちゃんが好き」と叫び、それを聞いたピカリンは立ち尽くしてしまいタツヤの一本勝ち。ピカリンは潔く去っていきます。
海外のマサヤから電話があり、タツヤは「帰ってこれるか?」とコユキが白血病であることを告げます。
ある晴れた日に洗濯物を干しているコユキが突然鼻から出血して倒れてしまいます。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第8話 感想
コユキの幸せな姿を見ては病気のことは口に出すことができないタツヤの気持ちはよくわかります。弟のマサヤがいてくれたらと思うのも当然です。医者のおじさんが言ってあげればいいのに、それではストーリーが面白くなりませんね。
今回はピカリンが完全に髪を剃って剣道の試合をタツヤに申し入れますが、実に爽やかで男らしい姿に描かれています。タツヤに一本取られ、コユキの指から婚約指輪を外して帰っていく姿は実にカッコいい。
メインはコユキの話ですが、ミキには少年院から出てきた弟がいることも描かれています。弟にカズヤの名前を使って犯罪を犯させ、カズヤをおびき出すことが首謀者の目的です。関わりたくないカズヤと、弟が絡んでいて関わらずにはいられないミキ。カズヤが弟を思いやらない冷たい男のように描かれていますが、関わってはいけません。ミキは警察に言うなどの対応をしないとダメ。

第9話『愛する兄の帰国』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第9話 あらすじ
倒れたコユキは病院に運ばれ、そのまま入院。タツヤの態度で皆も気づき、白血病であることを告白。コユキ自身も自分が重い病気だと理解し、あんちゃんがそのために自分を好きだと嘘をついたことにも気づきます。
マラソンに打ち込むカズヤですが、コーチのイズミによるスタミナドリンクがドーピング剤であることを知り、陸上部に退部届を出します。自暴自棄になって昔の知人であるヤクザが仕切るバーに行き、ミキの弟をヤクザな世界から抜け出させる思いでボコボコにします。
描く絵が注目されたフミヤはテレビでも紹介されるようになりますが、出展する展覧会審査員はフミヤの先生がかつて師事した画家で、フミヤが飼い殺しにされるのを恐れて直接その画家に訴えます。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第9話 感想
コユキの容態がとても心配です。気のせいか声もか細くなり、本人も「もし自分が死んだら」という言葉を発するようになるのは話の進展が速いです。マサヤが帰国したと思わせる飛行機の着陸映像があったので、次回はマサヤの登場があるかも。
カズヤが飲んでいたスタミナドリンクがドーピング剤である疑いは前回の放送から出ていて、たぶん誤解になると予想していたのにコーチのイズミがあっさりと策略を認めたのはビックリ。タツヤは意外にも暴れることなく静かに引いてしまいます。
フミヤを指導する先生はどんな仕打ちを師匠の画家に受けていたのでしょう? 直接その師匠を訪ねて襲い掛かるくらいなのでよほどのことがあったのかも。右手を隠すグローブが気になりますね。

第10話『小雪の命、雅也の愛、達也の叫び』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第10話 あらすじ
マサヤが帰国し、コユキの医師に協力して治療に当たります。コユキのタツヤへの思いを改めて感じたマサヤは、久々に戻った柏木家でタツヤがイズミと会っていることを知り、コユキの思いに真剣に答えるようタツヤを殴り、タツヤも黙ってマサヤの声を聞きます。骨髄バンクにはコユキに適合するものはなく、マサヤはコユキの死が避けられないことを確信。それでも死を恐れるコユキを前に「俺がお前を助ける。もしお前が死んだら俺もすぐに行く。愛している」と思いを告げるマサヤ。
タツヤは祈ることしかできず、神様が本当にいるならコユキを助けてほしいと雨の中神社でお百度を踏みます。
後日、コユキには半分血のつながった妹がいることがわかり、タツヤは上野発の特急でその妹を探しに出かけます。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第10話 感想
マサヤはコユキに「何も心配するな。俺が必ずお前を助けてやる」と言いますが、コユキはまだ自分の本当の病気を知らないはずなのに。それでもクリーンルームに入ったり抗がん剤の副作用で髪が抜けたり、既にコユキは自分の病気をわかったでしょう。死を恐れるコユキの心細さが伝わってきます。
辞めたはずのマラソンに再び取り組みことになったカズヤですが、なぜか知人のヤクザが温かい目で彼の練習を見ています。カズヤはミキの弟にナイフで襲われますがそれもそのヤクザが止めに入ります。真昼間の練習場でナイフを振り回すなんて、大騒ぎですね。

第11話『地球より重き愛情-兄弟の絆』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第11話 あらすじ
タツヤはコユキの妹メグミを探しに新潟に行き、学校の前でメグミを見つけますが、変質者と思われ逃げられてしまいます。母親の元へも訪ね、メグミにコユキへの骨髄移植のための検査を受けてもらうよう申し入れます。コユキの存在を隠している母親は即答できず、必ずメグミを東京に連れて行くので1日だけ待ってほしいと答えます。彼女はご主人に告白して殴られてしまいますが、タツヤが東京に戻る新幹線ホームにはメグミを連れた母親が飛び込んできます。しかし東京ではコユキが呼吸不全を起こし、医師たちが懸命の処置をするもコユキの心臓は停止。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」第11話 感想
タツヤがメグミの通う学校の前で手当たり次第に声をかけ、メグミを見つけたら無理やり連れていこうなんて、逃げられるのも当然です。翌日になってメグミはタツヤとマスミの前に現れますが、まだメグミが状況を知らないとわかるとマスミが「お姉さん」と告げてしまいます。いつもマスミは先走って余計なことを言ってしまいます。
酔って路上の若者に喧嘩を売り、警察から身柄を引き取った木内院長の「医者はその時が来るまで患者が死ぬと思ってはいけない」という言葉は、とても医者の崇高さを感じる言葉で心に染みます。
コユキの母親のご主人がメグミを東京に行かせない気持ちは理解できます。それでも最後に「お姉さんを助けてあげなさい」とメグミに伝えるシーンは感動的。

最終回『さよなら柏木兄弟-6月の花嫁』

動画サイト
ドラマ「ひとつ屋根の下2」最終回 あらすじ
停止したコユキの心臓は再度動き出して意識が戻りますが、妹の骨髄液はわずかながらコユキには適合しませんでした。それでもコユキは移植を受けることに。
手術の翌日にカズヤはマラソン競技に出場、コユキに良い報告をするべく全力でスタートし、なんと優勝。最高の報告をすべくコユキの病院に向かいますが、コユキは移植後の拒絶反応に耐え切れませんでした。
フミヤは予定通り展覧会で特選を受賞。しかし特選を獲得した絵はフミヤの名前で出品されてはいたもののフミヤの師匠である兵頭先生が描いた絵。フミヤがかつて描いたものと全く同じで、先生がフミヤの将来を想う気持が込められたものでした。
ミキは弟のショウゴに親戚の経営する旅館での仕事を世話し、自分も一緒に住みこみで働かせてもらうことを決め、カズヤと離れ離れに。でもお互いを好きな気持ちは変わりません。
マサヤは皆に内緒で日本を去ろうとしますが皆は全てお見通し。子供のころに来た遊園地に連れてこられ、そこに現れたのはなんとウェディングドレスを着たコユキ。コユキはマサヤが自分を想ってくれた気持ちに応えてこれからはマサヤだけを見ると告げるのです。
ドラマ「ひとつ屋根の下2」最終回 感想
なんとコユキは何もなかったかのように復活を遂げます。しかもマサヤを自分のパートナーと決断。病室では医師たちが「もう助からない」という表情だったのに。ラストシーンでは兄弟姉妹たちがあまりに明るい様子だったのでコユキはどうなったの?と思いながら見ていてビックリ。このドラマに死は似合わないですが、それを差し引いて考えても驚きの演出。
カズヤのマラソンはゴール直前の逆転優勝は見ていて気持ちよかったです。でも同僚のランナーはそれまでカズヤをバカにしてたのに、優勝したカズヤの肩を担いでウィニングランとはちょっと違和感。
フミヤも自分の描いた絵ではないのに特選がそのまま有効というのはちょっとありえないですね。自分の絵じゃないと発言したときは周りにマスコミがたくさんいたはずだし。それにカシワギフミヤの名前で出品された絵が2つあったということになるので、それは問題ないのでしょうか?
タツヤのクリーニング店にはナイスボディのアルバイト女性がやってきて、タツヤにも春が来そうな雰囲気でしたが、あんちゃんとその女性(藤原紀香)では不釣り合い。コウメだけ何の描写もなかったですが、彼とは上手くいってるのでしょうか。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「ひとつ屋根の下2」の動画は、全話見れるものがないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

そのため、ウィルス感染や動画の画質や音なども気になる方も、DVDの購入をおすすめします。

先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトでの値段を比較してみたところ、新品の「ひとつ屋根の下2」のDVDの中では、楽天が送料込みで一番最安値となっています。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 20,328円(送料無料)
Amazon 取り扱いなし 20,400円(送料無料)
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 21,885円(送料無料)

「ひとつ屋根の下2」の、新品のDVDを一番安く購入したい方は楽天をおすすめします。

 

ドラマ「ひとつ屋根の下2」のあらすじと見どころ

柏木家の兄弟姉妹6人に居候のマスミとミキが加わって多くの事件や問題を乗り越える物語。長男のタツヤは家族に起きる問題を全て自分を当事者として解決していきます。次男のマサヤはドイツに留学すると伝えて渡航しますが実は行先はドイツではなくどこか医療レベルの低い地域のボランティアのようです。長女のコユキは血のつながりがなく、タツヤを愛しているのですが白血病になってしまい後半のストーリーの主役。奇跡的に白血病を克服して、タツヤをあきらめて兄のマサヤを愛するようになります。三男のカズヤは少年院上がりですが家族の中では暴れん坊ではあるものの協力的で家族思い。マラソン競技会で勝つことをコユキの励みにするよう懸命に走りぬいて競技会では見事優勝。同じ職場のミキを柏木家に招いて、庭にテントを張って一緒に暮らします。ミキもカズヤには好意を持っていますが、最後にはその好意は愛に変わります。次女のコウメは大学に合格してサークルの先輩と恋に落ちます。レイプされた過去を持ちその記憶がコユキを苦しめますが、先輩との恋で過去の記憶を乗り越えます。末っ子のフミヤは車椅子の障害者で、盲目の少女と恋をしますがお互いの障害により彼女の両親からも反対されて、事故にも遭ってしまい上手くはいきません。趣味で絵を勉強していて、展覧会に出展して特選を取りますが、その絵はフミヤの名前で出展されたフミヤの先生によるものでした。

ドラマ「ひとつ屋根の下2」の出演者や主題歌

柏木 達也:江口洋介
柏木(木内) 雅也:福山雅治
柏木 小雪:酒井法子
柏木 和也:いしだ壱成
柏木 小梅:大路恵美
柏木 文也:山本耕史
中川 恵:安達祐実
中川 京子:風吹ジュン
中川 誠次:加藤善博
望月 実希:松たか子
早川 真澄:黒田勇樹
倉橋 美保:伊藤裕子
望月 章吾:森田剛
ヨシカワ ミチコ:藤原紀香

主題歌:チューリップ「サボテンの花」

放送年:1997年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「ひとつ屋根の下2」の見所や感想

40代女性
長男のタツヤを中心とした柏木家7人の兄弟姉妹の熱くて人間味溢れる物語です。「そこに愛はあるのか」、「心にダムはあるのか」が柏木家のキャッチフレーズで、相手の心を考えて行動することを第一にするのが家訓といえます。両親を事故で亡くしてあんちゃんが親代わりのとても人間味のある仲の良い兄弟姉妹です。20年以上前の作品なので、脚本に無理があったり「なんで??」と思わせる部分が多く見られますが、全体としてはとても楽しいドラマです。6人兄弟姉妹で血縁のないコユキは別として、残り5人の正確が全く似ていないのも面白いですね。タツヤとカズヤのけんかっ早いところだけは流石兄弟という印象です。一人っ子が多かったり人間の結びつきが強くなくなった現代と比べると、人の温かさを感じることのできる良いドラマだと思います。
40代・男性
「ひとつ屋根の下2」も前作に引き続き感動的なストーリーのオンパレードだったと思います。
まずは、小梅や文也の恋が描かれていて、正に思春期という感じがしました。
特に、小梅は前作でレイプされていて、心の傷を負っていて、小雪に悩みを相談していて、小雪が真摯に答えていたのが印象的でした。
江口洋介さん演じる達也は、相変わらず熱い感じで良かったと思います。
そして、雅也が留学中ということもあり、出番が少なく、達也などとの絡みが少なくて残念でした。
しかし、最後は白血病になった小雪を一生懸命治療していたのが感動的だったと思います。
そして、なんといっても小雪が白血病に倒れるシーンがショックが多すぎました。
洗濯物を干している時に、鼻血を出しているシーンは本当に可哀想な感じがしました。
まさかの展開という感じがしましたが、最後は無事で良かったと思います。
そして、小雪が最終的に雅也を選んだのは、少しハテナな感じもしましたが、吊り橋効果的なものだと思いました。
30代女性
「ひとつ屋根の下」よりも兄弟の結束が固くなり、個人的には1よりも2の方が好きです。
でも、1の方も好きだったので、1の流れがあった上での今回の2作目ということで、かなり楽しむことができました。特に印象的だったのがラストです。
最後、酒井法子はどうなってしまうのかなと思ったのですが、私が希望する感じのラストになっていて、かなり涙してしまいましたし、何度か再放送も見ましたが、その度にラストのシーンでは涙が止まりませんでした。また、伯父の元に養子へ出されている福山雅治演じるちい兄ちゃんは、兄弟に近寄りたくても伯父の手前できない所がありました。
今作では伯父とも良い関係を保ちつつ、しっかり兄弟の輪に入っていて、より家族の結束を感じさせるドラマに仕上がっているなという印象を受けました。
本当はこの兄弟たちのその後も見たい気持ちがあるけれど、ドラマ的には2で終わるのが満足度が高いと思います。
こういうほのぼのドラマをまた見たいです。

関連動画

八代将軍吉宗
毛利元就
PU-PU-PU-
喰いタン
平清盛
リスクの神様
ハロー張りネズミ

 

まとめ

ドラマ「ひとつ屋根の下2」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

「そこに愛はあるのかい?」という長男の『あんちゃん』こと柏木 達也(演:江口洋介さん)の名ゼリフでおなじみの、フジテレビ歴代最高視聴率記録を持つ「ひとつ屋根の下」の続編の「ひとつ屋根の下2」。

柏木家には度々、さまざまな騒動が起こりますが、兄弟たちの絆に心が温まる名作ホームドラマです。

ただ、動画配信サービスや、DVD宅配レンタルサービスがありませんので、視聴したい方は、ぜひ、最安値の楽天での購入をおすすめします。