ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|ハルモニアこの愛の涯ての動画を無料でフル視聴する方法

「ハルモニアこの愛の涯て」は1998年7月11日から9月12日に放送されていたKinKi Kidsの堂本光一さん主演で、元ジャニーズJr.の大坂俊介さんも出演していたドラマです。

音楽大学でチェロを専攻する学生、堂本光一さん演じる東野秀行がアルバイト先である精神病施設にいる中谷美紀さん演じる由希と出会い、音楽を通じてお互いかけがえのない存在になっていく姿が描かれています。

この記事では、堂本光一さん出演ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「ハルモニアこの愛の涯て」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月14日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。

「ハルモニアこの愛の涯て」では音楽大学でチェロを専攻する学生役を演じていた堂本光一さんですが、動画が視聴できるサービスで取り扱いのあるドラマの「若葉のころ」では医者の息子で不自由なく暮らす学生の姿見ることができます。

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」の動画を無料視聴

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「ハルモニアこの愛の涯て」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「ハルモニアこの愛の涯て」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされているのもありますが、画質や音が悪いので見づらくなっています。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

例えば、堂本光一さんが成績優秀な中学3年生の演役を演じたドラマ「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」などであれば動画配信サービスなどで取り扱いがあり無料で視聴できる期間があるので安心して視聴することができます。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 取り扱いなし
Amazon 取り扱いなし 取り扱いなし
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 取り扱いなし

主要なネット通販3社では「ハルモニアこの愛の涯て」のDVDの取り扱いはありませんでした。

DVDでいえば、TSUTAYA DISCASのDVD宅配レンタルサービスで、堂本光一さんが浪人生役を演じたドラマ「P.S. 元気です、俊平」などを無料でレンタルできる期間があるのでチェックしてみてください♪

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」の各話のあらすじと感想

「ハルモニアこの愛の涯て」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「ハルモニアこの愛の涯て」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話

動画サイト
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第1話 あらすじ
音楽大学でチェロを学ぶ東野秀行(堂本光一)は、恩師・山岡将雄(伊武雅刀)の紹介でチェロを指導するアルバイトをすることになった。そこで担当することになったのが、ウエルニッケル不全症候群という言葉を理解できない病の浅羽由希(中谷美紀)だった。指導を通して秀行は、由希が絶対音感を持っていることに気づき興味を引かれる。一緒にチェロを買いに出かける2人。一瞬の隙にいなくなった由希を探すために、街中でチェロを弾く秀行だった。
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第1話 感想
秀征は心臓の弱い弟と2人暮らし。亡くなった両親の友人であった山岡教授に生活を頼っており、娘・保子と付き合っている。言葉を理解できないので、何を話しかけても反応しない人形の様な由希の演技が凄いと思った。また、由希の目線での視界の狭さも上手く表現されていると思った。由希が絶対音感を持つと知り、熱心に指導を始める秀行。次第に保子といる時の表情よりも、由希を見つめる眼差しの方が愛情に溢れている様な気がした。いなくなった由希を見つけたときの表情を見て、これから恋が始まりそうな予感がした。

第2話

動画サイト
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第2話 あらすじ
由希はチェロの練習を秀行のピアノ伴奏ですることになったが、なかなか弾き始めようとしない。「ずっと待つ」という秀行が「今日は辞めにしよう」と肩に触れられた途端、急に演奏を開始した由希。由希はピアノの演奏者を演奏会に向けて、いろいろな人に声をかけたが、由希は己が持つ持つ特殊能力で次々と伴奏者の心を破壊してしまう。ついに保子まで壊してしまった由希から秀行は距離を置いてしまった。由希は初めて自分からチェロを演奏し、指から血を流しながらも秀行が来るまで長い間チェロを引き続けた。その行為を見た秀行は由希をそっと抱き寄せた。
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第2話 感想
初めて秀行のピアノに合わせてチェロを弾きながらほのかに笑う由紀を見た秀行の顔が、感動的だった。どんなピアノの伴奏者が来ても拒絶して相手の心を壊してしまう由希は、「秀行の伴奏じゃなければ嫌だ」と言っている様に感じて心が熱くなった。秀行を待ちながら自分の意思でチェロを弾き続ける由希に、「できたじゃないか。君の意思で」と抱きしめる秀行の姿に、もう2人の心が通じ合っているのだなと思った。これから由希が心を開いていくのかどうか、楽しみだ。

第3話

動画サイト
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第3話 あらすじ
保子は3本も指の骨を折っていた。由希が特殊な力で自分の心に入り込み、ピアノの蓋を使って指を挟み怪我をさせられたと言う。由希から離れるよう保子から頼まれたこと秀行は、ジュリアード音楽院への留学を決意し練習に励む。由希は、秀行が来なくなってもチェロを持って毎日同じ時間・同じ場所で待ち続けるのだった。秀行は由希のことが気にかかり、演奏に集中できず試験に失敗した。秀行が試験に失敗した後、由希に会いに行ったが、そのことを知ってしまった保子との関係は最悪になってしまう。セミナーで演奏することになった由希だったがそれを成功させた。しかしそれは自殺したルー・メイ・メンドーサという奏者の完全再現だった。
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第3話 感想
一度は離れることを決心した秀行だったが、試験中も由希のことが気になって集中できない。結局大切な試験は失敗してしまうが、それ位由希の魅力から逃れられなかったのだと思う。駆けつけた秀行の姿を見た由希が、ほのかに微笑んだ顔がとても素敵だった。その一方で、由希の天才的な才能に惹かれていく秀行を見ている保子はとても可愛そうだと思った。少し狂気に満ちた由希の演奏が、謎の自殺をしたルー・メイ・メンドーサの完全コピーだと分かったとき、鳥肌が立った。

第4話

動画サイト
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第4話 あらすじ
由希の演奏に注目が集まり、深谷医師(手塚理美)の所にマスコミから取材が殺到する。由希はコピーしかできないという深谷に対し、「人のコピーなんて音楽じゃない」と由希に「自分の音」を探させようとする秀行。そんな時、由希にルー・メイ・メンドーサの追悼コンサートへの出演オファーが来る。コンサートは大成功を収めるが、更に注目を浴びることになる。深谷は昔、由希の脳手術に失敗して言葉を失わせてしまい、残りの人生を由希に捧げようとしていることを秀行に話す。山岡に襲われそうになった由希は秀行に助けを求め、秀行は由希の特殊能力に気づく。
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第4話 感想
由希は完璧な演奏を行う。どんなに賞賛されても、笑顔を見せるのは秀行に対してのみということが心に響く。深谷はとても由希に親身になっていると思っていたが、まさか由希が言葉を失うきっかけが深谷だったとは思わなかった。たとえコピーだったとしても、由希の可能性を伸ばしてやりたいという深谷の気持ちも、音楽家として「自分の音」を見つけてやりたいという秀行の気持ちもとてもよく分かった。山岡に襲われそうになった由希が助けを求めたのも、秀行だった。お互いに、お互いがなくてはならない存在になってきている様に感じた。

第5話

動画サイト
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第5話 あらすじ
山岡を殴った秀行のせいで、山岡が出演予定だったコンサートで由希が演奏することになる。そして、コンサートまで秀行が由希の講師を引き受けることになった。由希はチェロのおかげで自分から壁に紙を貼り始める。それを見て、一緒に由希の思い出の海を見に行こうとする秀行だった。一方、保子の小指が動かなくなってしまったことを知る秀行。保子にもう恋愛感情は無くなってしまったが、贖罪の気持ちからやり直そうとする。しかし、保子はもう二度と小指が動かなくなってしまったことを知り、絶望する。
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第5話 感想
由希が壁に貼り始めた紙を見て、海だと気づきそこを探し出して一緒に行こうとした秀行の愛情がとても深いものだと思った。しかし、由希と関わることで秀行の周りの人間がどんどん不幸になっていく。それでも由希と関わることを辞められない秀行は、このまま由希とたった2人になってしまうのではないかと不安になった。そしてそれを由希自身が望んでいるのかなと思った。由希の特殊能力によって、ついに自分自身もトラウマを見てしまった秀行。最後に由希が自分の音を引き始めた時の表情が、とても綺麗だった。

第6話

動画サイト
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第6話 あらすじ
心停止に陥った由希は奇跡的に一命を取り留めるが、後遺症でただ単にチェロを弾くだけの機械の様になってしまった。もはや、泣き叫び、呼びかける秀行にも応じない。深谷に「由希は、あなたが好きなのよ」と言われて初めて由希の気持ちに気づいた秀行。一方で保子は二度とピアノが引けないことを知り自殺未遂をする。心配した秀行は保子と一緒に暮らすことにする。秀行の弟・健志(大坂俊介)の容態も悪化し、秀行は大学を辞めて働くことを決意するのだった。
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第6話 感想
少しずつ秀行に笑顔を見せ始めていた矢先に倒れてしまった由希。今まで以上に何の表情もなくただ無心にチェロを弾く姿が、怖くもあり悲しくも感じた。きっと、秀行は保子を愛することができれば自分の夢を追いながら穏やかで幸せに暮らすことができるのだろうと思う。しかし、沢山のものを失ってでも由希から離れることができない秀行は、自覚はしていないけれど心の底から由紀を愛し、求めているのだなと思った。弟の病状も悪化し、これから更に秀行を不幸が襲うのではないかと心配になった。

第7話

動画サイト
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第7話 あらすじ
コンサート会場から誘拐された由希。警察の捜査が進む中で、今度は健志が心臓発作で倒れて手術をすることになる。手術は無事するが、健志の無茶な行動を叱る秀行。健志の病室にいた秀行の脳裏に、突然由希からのメッセージが届く。何度も届く由希からのSOSに、秀行は健志を待たせて由紀を助けに向かうのだった。無事由希を救出して自分が由希のことを好きなのか迷う秀行。そんな時、「兄も好きなことをして欲しい」と書き残して健志が病院の屋上から飛び降り自殺をしたことを知る。
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第7話 感想
ただの機械の様になってしまった由希が、必死に秀行にSOSのメッセージを送る姿に涙が出た。それを受け取った秀行が、周りに止められるのを振り切ってでも由希を助けに行ってしまう気持ちも分かる。しかし、由希を助けている間に健志が自殺してしまう。由希が殺したわけではないと思うが、誘拐犯を殺してしまったシーンを思い出して「秀行と2人でいたい」と由希が望んだ結果こうなってしまったのではないかと感じて怖くなった。それでも、もう引き返せないほどに2人は深く惹かれあってしまっているのだと思う。

第8話

動画サイト
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第8話 あらすじ
健志の死を受け入れられない秀行。抜け殻の様になってしまった由希だったが、秀行の言葉には微かに反応する。由希の特殊能力について調べ始める警察。不快なことが起こると特殊能力を使う由希に対して、中沢医師(深水三章)は由希の脳の中で活動している部分を全て切除することを提案する。深谷は、由希が力を使うたびに衰弱していくことに気づき、「このまま衰弱して死ぬか、手術をするか選択肢は2つしかない」と言う。全てを忘れたい秀行は山岡の勧めでニューヨークに行く事にするが、最後に由希に自分の音を弾かせてやりたいと施設から連れ出すのだった。
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」第8話 感想
弟を失い、更に「脳の活動している部分を全て切除し、人形のようにしてしまわなければこのまま由希は衰弱して死んでしまう」と知った時の秀行の絶望は計り知れない。もう全てを忘れたいと、ニューヨークに逃げ出したいという秀行を誰も責めることはできないと思う。由希に初めて「好きだ」と告げる秀行。手術の日、ニューヨークには行かずに施設から由希を連れ出し逃亡する。旅館で由希に食事を食べさせることができず、口移しで水を飲ませるシーンに涙が出そうになった。

最終回

動画サイト
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」最終回 あらすじ
由希を連れ戻しに来た深谷に対し、秀行は由希を人質に逃亡を謀る。日本クラシック大賞の会場に現れる2人。「自分の音が弾きたいという由希の願いをどうしても叶えてやりたい」と言う秀行。人と合わせられないはずの由希だったが、ステージで2人は最高のハーモニーを奏でる。その後、突然倒れる由希。次第に弱っていく由希を連れて、思い出の海を訪れる秀行。そこで2人は静かに最後の時を過ごす。亡くなった由希の灰をポケットに詰めて海に撒く秀行。「彼女はこれで幸せだったのだろうか」と海を見つめる。
ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」最終回 感想
倒れた由希を抱きしめる秀行を見て「もう、死んでゆく由希を見ているしかない」という深谷の言葉がとても残酷で悲しかった。由希を連れて思い出の海で過ごしながら、「たとえ罪に問われても、俺は由希の最後を見届けるつもりです」と書いた秀行から深谷への手紙がとても泣けた。言葉を話さない由希が、死ぬ前に最後に一度だけ秀行に返事をする。出会ってしまったがゆえに、色々なものを失った秀行と早くに亡くなってしまった由希。それでも2人が出会えたことは幸せだったのだと思いたい。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「ハルモニアこの愛の涯て」の動画はアップされているものの画質や音が悪いのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

また先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトでは「ハルモニアこの愛の涯て」のDVDの取り扱いはありませんでした。

 

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 取り扱いなし
Amazon 取り扱いなし 取り扱いなし
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 取り扱いなし

 

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」のあらすじと見どころ

音楽大学でチェロを学ぶ秀行と、ウエルニッケル不全症候群という言葉を持たない病の由希。秀行が由希にチェロを教える中で、由希は微かに感情を取り戻してゆく。しかし、由希には不快なことが起こると特殊能力で相手を攻撃してしまうという特性があった。音楽を通してお互いに惹かれあう2人だったが、由希にのめり込む中で秀行はたった1人の家族である健志を自殺で失い、恋人であった保子とも別れてしまう。それでも秀行は、「由希は人の音楽を完全にコピーできたとしても、自分の意志を持って行動することができない」という周りに対し、由希の「自分の音を出したい」という願いを感じ取り、出せるように協力するのだった。この愛の涯てに、2人は幸せになれるのだろうか。

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」の出演者や主題歌

東野秀行:堂本光一
浅羽由希:中谷美紀
山岡保子:矢田亜希子
東野健志:大坂俊介
ナオキ:松山幸次
リナ:瀬戸カトリーヌ
池田山指導員:市川勉
中沢幸一:深水三章
深谷規子:手塚理美
山岡将雄:伊武雅刀

主題歌:少年隊「愛と沈黙」

放送年:1998年

テレビ局:日本テレビ

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」の見所や感想

30代女性
言葉を持たない由希は、最初まるで人形の様だった。しかし、秀行と出会いチェロと出会い、少しずつ表情が出てくる様子に嬉しくなった。主演2人の演技力がすごく、毎回引き込まれてしまった。保子と付き合いながらも、愛情のない様子が伝わってくる秀行だったが、由希と関わる時は常に全力投球だった。自分の気持ちに気づいていなかった秀行だが、深谷に「由希は、あなたが好きなのよ」と指摘されて初めて由希の気持ちに向き合い、自分も由希のことが「好きだ」と告白するシーンは感動した。人を愛すること。たとえ何かを失ったとしても愛を貫くこと。「ハルモニア」とはギリシア語で「調和」。最後に2人が奏でるハルモニアがとても素晴らしかった。この愛の涯てに、秀行は何を見たのだろうか。切なくも満足度の高い作品だった。
30代女性
当時放送を見ていた頃はまだ子どもだったのでストーリーが少し難しく感じていましたが、子どもなりにオープニングの映像の綺麗さが素敵だな~と思っていました。音楽や芸術の世界はよく分かりませんが、それでも伝わってくるものがありました。そして、中谷美紀さんの美しさと演技力に圧倒されました。チェロの演奏もあり難しい役だったと思いますが、当時の私は中谷美紀さんはこういう人なのだと思っていたほど役が自然でしたし、上手だからこそ怖かったシーンが強烈に記憶に残っているのだと思います。何かが憑依しているような由希の姿は当時の幼い私にはただただ恐ろしいものでした。そして、矢田亜希子さん演じる保子の指がピアノの蓋で潰れてしまうというシーンもかなり衝撃的でした。ストーリーよりもそういった衝撃的な記憶が多く残っていますが、堂本光一さんと中谷美紀さんの共演という今では中々考えられないような豪華な作品で、大人になってからの方が楽しめます。
40代女性
言葉を理解できない由希が秀行の気を引くためにいきなり超能力を使い出すとか、愛情表現の癖がかなり強いです。保子がピアノのふたに指を挟まれる件は、鍵盤も手も血まみれなのに、なぜか使えなくなったのが片手の小指だけとか、正直突っ込みたくなるシーンもあります。ですが、言葉を交わさなくても絆を結んで、愛し合うことができる関係は、究極のプラトニックラブだなと感じます。周りの人間を傷つけた上で得た幸せの末路はかなりヘビーで、正直言って、ここまで残酷に描かれるのはかなり珍しいと思います。ですが、この特殊な世界観に不思議とチェロの音色がマッチしていて、ミステリアスな雰囲気を強調している気がします。音大生役の堂本光一さんも新鮮ですが、この作品のために初挑戦で猛特訓したというチェロの腕前も見所の一つです。保子という恋人がいながら、由希に浮気心を見せる秀行は、本当ならかなりのゲス男ですが、そういう風に見えないところも斬新な描かれ方をしていると思います。

関連動画

人間・失格~たとえばぼくが死んだら
若葉のころ
P.S. 元気です、俊平
ルーキー!
スシ王子!

「ハルモニアこの愛の涯て」だけでなく、堂本光一さんが新人刑事の役で筧利夫さんと共演した「ルーキー!」の動画もあわせてチェックしてみて下さい♪

 

まとめ

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

堂本光一さん演じる秀行のチェロの音色や、中谷美紀さんの言葉を使わずに目で表現する演技力が光るドラマです。

狂気の中に温かな愛情があり、「愛」について深く考えさせられるストーリーになっています。

動画配信サービスや、DVD宅配レンタルサービスがなくDVDを取り扱っている通販サイトもありませんが、視聴できるサービスが出てきましたら、また報告しますね!

ドラマ「ハルモニアこの愛の涯て」では、音楽大学でチェロを専攻する学生役を演じた堂本光一さんですが、ドラマ「スシ王子!」では天才寿司職人の顔もみることができますので、気になる方はチェックしてみて下さい♪