ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|プロポーズ大作戦の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「プロポーズ大作戦」は2007年4月16日から6月25日に放送されていた山下智久さん主演ドラマです。

山下智久さん演じる岩瀬健は恋に不器用で、大好きだった幼馴染みの礼に告白できないまま、礼と恋人の結婚式に出席することになってしまう。
時間を操れるという妖精が現れ、過去に戻してやると申し出る。そして健は、「ハレルヤチャンス」という言葉とともに過去へタイムスリップし、礼とのハッピーエンドを目指して奮闘する姿が描かれています。

この記事では、山下智久さん主演ドラマ「プロポーズ大作戦」の動画を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「5→9~私に恋したお坊さん~」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「プロポーズ大作戦」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「プロポーズ大作戦」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「プロポーズ大作戦」 の動画配信サービス状況の一覧表

 

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月20日の時点の情報)

ドラマ「プロポーズ大作戦」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「プロポーズ大作戦」を無料で視聴することができます。

「プロポーズ大作戦」だけでなく、「プロポーズ大作戦 スペシャル」「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」など他の、山下智久さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「プロポーズ大作戦」の動画を無料視聴

ドラマ「プロポーズ大作戦」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「プロポーズ大作戦」の動画を無料視聴

「プロポーズ大作戦」以外の山下智久さん出演

  • 「プロポーズ大作戦 スペシャル」
  • 「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「プロポーズ大作戦」を無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「プロポーズ大作戦」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「プロポーズ大作戦」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「プロポーズ大作戦」だけでなく、「プロポーズ大作戦 スペシャル」「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」などの山下智久さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「プロポーズ大作戦」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「プロポーズ大作戦」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。また、アップされている動画も画質・音質が悪いです。

今すぐ「プロポーズ大作戦」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「プロポーズ大作戦」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「プロポーズ大作戦」の各話のあらすじと感想

「プロポーズ大作戦」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「プロポーズ大作戦」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『甲子園行けたら結婚できる!?』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第1話 あらすじ
主人公・岩瀬健(山下智久)は幼馴染である吉田礼(長澤まさみ)の結婚式に参加をすることになった。
式に参加すると新郎の多田哲也(藤木直人)と礼が教会で式を挙げる。幼馴染であるがゆえに、彼女への思いを伝えることができず、式中どうして自分が早く礼に告白しなかったのだろうと後悔する健を見守る妖精(三上博史)。式が終わり、披露宴に参加した健は、友人代表のスピーチをする。煮えきらない思いを抑えながらスピーチを終え、スライドショーが始まる。幼少期から二人で過ごした思い出が流れる中、高校時代の野球部での最後の試合の画像が。この写真の試合で勝っていればもしかしたら自分が礼の隣にいたのかもしれないと思う健は過去に戻りたいと強く願う。そこへ妖精が現れ、過去に戻る方法を教えてもらうが、健は信じられない思いでいっぱいだ。だが、実際に戻れることがわかり、ここから健のタイムスリップ物語が始まり、礼との結婚を目指す物語が始まる。
ドラマ「プロポーズ大作戦」第1話 感想
このドラマに最初に興味を持ったきっかけは途中の野球のシーンです。まさかそこから自分の人生で一番好きなドラマになるとは思ってもいませんでした。どうしてこんなにこのドラマが好きなのかを考えると健が自分自身の青春時代と重なる部分が多くあり、健に感情移入して見てしまっているからだと考えています。妖精の冒頭の言葉で「人生で一番好きな相手は、失おうとするまさにその瞬間にこの人だったと気づくのである」という言葉があります。自分も恋愛に不器用でいつもこの人が好きだと思うときはその人に恋人ができた・その人と別れを告げなければいけないといった状況で一番感じます。相手のことを失う前に好きだと伝えられる。これだけで少し人生は明るくなるのではと思った第一話でした。

第2話『コーヒー牛乳で結婚できる!?』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第2話 あらすじ
前回、タイムスリップをしたものの変わらない現実に次こそは告白して、披露宴で礼の隣の席に座りたいと意気込む健。2回目はないと思っていた健の前に再び、妖精が現れる。スライドショーの写真に記憶がないので戻りたいという健。過去の世界に戻るとそこでは文化祭の片付けが行われてた。ニヤニヤしてる健に礼は「コーヒー牛乳」と。何のことかわかっていない健。クラスメイトで親友の奥エリ(榮倉奈々)がミス立修に選ばれるかどうかでコーヒー牛乳をかけていたのだ。エリはミス立修に選ばれ、コーヒー牛乳を奢ることに。健から借りていたMONGOL800のアルバムを礼は返すが、鶴見尚(濱田岳、以下ツル)らがそのアルバムをさらに借りようとすると礼はそれを強く拒む。その後、健は昼食へと向かうが途中、コーヒー牛乳を手に入れようと売店へ。しかし、購入できず、礼に謝りに行くと健は気付いた。礼が乳製品に関する本をたくさん借りていることを。彼女はこんなにも乳製品が好きなのかと健はコーヒー牛乳の為に奔走する。
ドラマ「プロポーズ大作戦」第2話 感想
自分が礼の立場だとコーヒー牛乳一つのために奔走してくれる健の想いは本当に嬉しい事だと思います。ただ、それを作中では幼馴染という関係性を崩せないあまり笑いに変えようとしたり、気丈に振る舞ったりしてお互い恋心を抑えているように見えるのが印象的です。この回のメインテーマであり、作中至る所でMONGOL800の「小さな恋のうた」が視聴者の流れてほしいと思うタイミングで流れてくれることがこのドラマに疾走感を加えてくれてると思います。自分の誕生日だということを忘れて奔走する健。必死に恋心を伝えようとする礼にドキドキさせられます。また、二人を気遣って友人のエリや幹雄のアシストも非常に効果的なのになかなか二人が結ばれないのが、もどかしくもあり、場に緊張感が与えられてると思います。

第3話『席がえしたら結婚できますか』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第3話 あらすじ
今回のタイムスリップ先は新郎の多田が教育実習時代に健や礼らとの別れの写真。体育祭の組体操の練習を多田とする健。バランスを崩し、倒れ多田が覆い被さる形で健の上へ。タイムスリップ早々、多田に負けている気がして幸先の悪いスタート。体育を終え、礼と二人きりになった健。いざ告白と言う時に幹雄(平岡祐太)に妨害される。話題は他クラスの教育実習生キャメロン(松本莉緒)の話題に。当時の健は毎晩夢に出てくるなどと言っていたのでタイムスリップした健は困惑。礼とエリはドン引き。今度は多田について話すも何一つわからないと一同。何もわからないのが逆に燃えるというエリは礼に共感を求めるが、健がそれを猛反対。授業に戻り、多田の授業を受けるもつまらない授業だと嘆く一同にエリが自分と結ばれる可能性はあるかとの問い。その質問に難しい回答をし、一同を困惑させる。
それについてわかりやすく黒板を使って解説しようとする多田に、礼はこんなんじゃ距離が縮まらないと黒板を消す。同じく日直の健も手伝おうとすると一つの紙を見つけ、ほつれていた記憶の糸が全て繋がる。
ドラマ「プロポーズ大作戦」第3話 感想
この回のテーマは表テーマは席替えですが、裏テーマはあだ名だと思います。お互い好きなあまりその嫉妬心や寂しさなどを上手く伝えられず喧嘩に発展してしまうあたりは喧嘩するほど仲がいいとエリらが言っていたように客観的にそう思える2人の関係性です。席替えのシーンで好きな人の隣に座れると思いつつも一度は友情を優先した健の気持ちもわかります。ただ、礼への思いを抑えられなかった健が「目が悪すぎて後ろの席からだと先生の顔がトム・クルーズに見える」と嘘の言い訳をして、再び、礼の隣の席に移動するシーンはいつ見ても笑ってしまいます。そのときの幹雄やエリの表情がまた二人の恋をアシストしているようも思えます。また、トム・クルーズの下りなどで登場する伊藤先生にも注目です。裏テーマだと思うあだ名について。健のことを礼だけが「健三」というあだ名で呼んでる理由。勘違いから始まったものが一人の特別な存在になる様、そして二人きりでいる時間に喧嘩をしつつも二人に笑顔が生まれるシーンは見ていて思わずこちらもニヤついてしまいます。健のライバル多田が現れ、早々に礼と多田の結婚のチャンスを潰すことができたにも関わらず、それをせず、むしろ多田へ感謝する健の優しさも感じられる回でした。

第4話『第2ボタンで結婚できますか』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第4話 あらすじ
今回のタイムスリップ先は高校の卒業式。タイムスリップ前の健は他の女子に制服の第二ボタンを渡してしまったことを後悔していた。今度こそは渡したいと意気込む健だが、タイムスリップ先は既に礼ではない女子にボタンを渡す直前。その女子に健はボタンを渡してしまう。その頃エリは自分のファンへのサイン会を開く。途中、ツルにボタンを渡されるもポイと捨てる。礼は健に卒業アルバムに一言書いて欲しいとお願いするも、ボタンをあげてしまったことを知られるのを恐れて、ごまかす。ボタンを取り返す作戦をツルと幹雄と立てる健。
その作戦は「Do get there.」土下座してボタンを取り返そうとするも渡した女子は友達とボタンをいくつ貰えるか競い合っていたコレクターだった。これだと思うボタンがあったもののツルに捨てられてしまう。その頃、礼とエリは多田に会い、多田の思い出の場所へと案内される。一方、捨てられたボタンを探す健だったが、幹雄から一度誰かに渡したものを他の人に渡すのは違うのではと言われる。ここから健はボタンを渡すことはできるだろうか。
ドラマ「プロポーズ大作戦」第4話 感想
間接的にボタンが欲しいと伝える礼にその乙女心に気づけなかった健。それに対し、エリのことが好きなツルはストレートにエリに思いを伝えるが、この時点では見向きもしないエリ。4人を俯瞰して見ている幹雄。その対照性と5人の関係性がこのドラマをより面白くしています。この時点で既に幹雄には彼女がいるということで4人の心境に余裕を持って接していることで、ときには心を動かす言葉をかけることができる幹雄の存在はどの回でも刺さるものがあります。制服の第二ボタンを渡すことができなかった健が、知恵を振り絞って別の形で思いを伝える様子は二人が表情で会話しているように見えました。あと一歩もうひとタイミング早く伝えることができればというところだったのに、伝えられなかった点はドラマ視聴者のイライラとワクワク両方を溜める展開で次回に期待がかかる内容になってました。卒業証書を渡すシーンでは真面目な場かと思いきやクスッと笑えるシーンもありつつ最終的にはかっこよく収める男性陣にしてやられたりです。

第5話『明日やろうは馬鹿野郎ですか』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第5話 あらすじ
今回のタイムスリップ先は健が礼にキスをしようとしてビンタをされた大学一年生の夏。タイムスリップを前に初キスの相手は礼ではないと妖精に伝える健。当時は彼女のことを幼馴染としてしか見てなかったと言う健。今度こそ告白したいという健だが、幼馴染という関係性を崩すのは難しいという妖精。タイムスリップをすると寝起きのツルとキスをしてしまった健。部屋には知らない人が。その主は礼の爺ちゃん。爺ちゃんは大学に行きたいと言い出し、ツルと健と共に大学へ。その頃、授業中の礼とエリは高校時代の教師・伊藤が授業にいることに驚く。健とツルは幹雄と彼女のキスシーンを見ている間に爺ちゃんを見失う。礼とエリが伊藤と話している時に爺ちゃんが現れ、礼は帰るよう促すも、礼と一緒にプリクラを撮りに行こうと言い出す。その後、皆で多田の研究室へ向かい爺ちゃんを待機させようとすると多田と爺ちゃんで建築議論が。その間に健らは抜け出し授業へ。健は礼と一緒に授業を受けに行こうとするも二人の学部が違うことに気づき学部を変えようと試みるが学部は変えられず。健は果たして礼とキスをすることができるのか。
ドラマ「プロポーズ大作戦」第5話 感想
このドラマで一番好きな回です。このドラマの1番の名言とも言われる「明日やろうは馬鹿野郎」という言葉に物凄く影響を受けました。このシーンが好きすぎて、そして日頃の生活で後悔しないようにしようと思い、iPhoneのロック画面にこのシーンを設定しています。何か悩み事があったとき・躊躇しそうになったときにはこのシーンを見て、自分にとって後悔のない人生を、という思いにさせられてます。礼の爺ちゃんに撮ったプリクラを渡す為に二人で爺ちゃんを追いかけていくシーンで礼がそれまで「爺ちゃん」と呼んでいたのを「じいじ」と普段呼んでいる呼び方で呼んだときの健の表情とその後のやりとりが幼馴染だからできたシーンだなという個人的解釈です。

第6話『10代最終日何を卒業しますか』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第6話 あらすじ
今回の写真では健が写ってない。多田と礼の2ショットだ。しかし、飾られた写真に小さく写っている健がいる。妖精は言う。「決めつけはタブーだ」と。その言葉を胸にタイムスリップする健。いきなり幹雄と幹雄の彼女の優子(原史奈)の喧嘩に巻き込まれる。優子は幹雄に別れると告げ、幹雄に水をかけようとするが、幹雄はそれをかわし、健にかかってしまう。風邪をひいた健。幹雄は優子の家から荷物を取りに行くが、優子は止める。再びキスを交わす。大学でランチを食べてると多田が礼にコンペに参加しないかと提案する。健は知っていた。礼がコンペで賞を受賞することを。しかし、この日は礼の10代最後の日でカウントダウンパーティーをしようと約束していた。礼はコンペを断ろうとするが、健は礼にやった方がいいと説得する。結局、礼はコンペの作品を作ることに。健は礼に何かプレゼントをしたいと思うも財布に金が入ってないことに気づく。礼はある問題で悩んでいた。それにエリは気づき答えを出したほうがいいと説得する。多田もやってみたほうがいいと言う。お金のない健は幹雄のバイト先で日払いのバイトをして、早急にお金を貯めようとする。健はお金を貯めてプレゼントを渡せるのか。そして、礼は問題の答えを知ることができるのか。
ドラマ「プロポーズ大作戦」第6話 感想
健に感情移入してしまって見ている立場としては、この回から見ていて少し心苦しくなってきます。礼にコンペを取ってもらって20代の最初は自分が一番最初に祝いたいと意気込む健に対し、10代最後の日に勇気を振り絞って健に思いを伝えようとする礼の気持ちのすれ違い。お互い相手を思いやるあまりに気持ちが交錯せず、関係性が少し脆くなっていくのがみていてとても切ないです。この時の多田はまだ礼に対しては研究室に通う一学生としか見ていないように思え、最後のチャンスをお互いに逃してしまったように写りました。二人のいつもキーになる幹雄の素晴らしいアシストも虚しく叶わない。その裏で彼氏とうまくいっていないエリとエリのことをずっと好きなツルの関係性がこの回から少しずつ動いているように見えます。今までどんなストレートを投げられなかったエリがツルの思いを少しずつ感じてきている描写が後々の関係性に大きく関わってます。

第7話『恋と花火はいつ散りますか?』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第7話 あらすじ
今回の写真は多田が礼に告白をした日の写真だ。エリは写っていない。今度こそ戻って告白すると言う健だが、お前は殻を破って先に告白できるのかと妖精。タイムスリップ早々、礼と多田がお互い好きですと言い合うシーンから始まる。状況のわからない健は俺も好きだと告白する。しかし、二人が話していたのは「冬のソナタ」について。行きつけの店SHOUGUNでかき氷を多田に奢ってもらったかわりに、5人は多田の研究室の掃除の手伝いをする。突如訪れた告白のタイミング。殻を破ろうとする健。しかし、またも幹雄に邪魔をされ告白できない。健と幹雄が外に粗大ゴミを捨てに行ってる間、エリと礼は花火と水風船を見つける。使えそうな棚を見つけ洗っているところにツルに水風船をぶつけるエリ。水風船を皆でぶつけ合う。ツルが缶目掛けて先に当てるゲームを考案。健は礼に「ここで俺が一発で当てたら俺と付き合うの決定な」と。動揺する礼。果たして、健は一発で当てて礼と付き合うことができるのか。そして多田の告白は!?
ドラマ「プロポーズ大作戦」第7話 感想
健を応援している立場としてはこの回は見ていて一番辛い回でした。礼はこの時健に対する恋愛感情を封じ込めていた為、健の本気の告白を受け取らず、最後には多田にも告白をされどこか満更でもない様子。健がもうタイムスリップを辞めたくなる気持ちが物凄く共感できます。途中、水風船を使って遊ぶシーンはThe・青春と言えるシーンで多くの人がこんな青春時代を送りたいと思ったことでしょう。また、元彼に振り回されるエリに対してひたすらストレートを投げ続けていたツルの思いがようやく響き、後に二人の関係性が変わったことを思うと、ツルや礼に対する多田の真っ直ぐな気持ちが健同様にとても眩しく見えました。

第8話『年越しに流す涙は本物ですか』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第8話 あらすじ
前回のタイムスリップ後、タイムスリップをもうしないと言ったが幹雄にタイムスリップしていたことを気づかれ、幹雄に協力して貰えればまだチャンスがあるかもと思い、再びタイムスリップをする。しかし、妖精に彼女のことを忘れて、もう披露宴に出席しない未来を選ぶこともできると提案される。タイムスリップ先は大晦日から元旦にかけて。タイムスリップした健は早速、幹雄に協力をお願いするも、超能力だろうと馬鹿にされる。話は宝くじが当たったらという話題に。健はあるけど金じゃ買えないと。エリは本にのってるブランドが全部欲しいという。その本のDKNYのブランドを勘違いして笑われる健。フォローしてくれるSHOUGUNの店長・保(菊池健一郎)。そこで礼はDKNYのバッグが欲しいという。店を後にし、幹雄に協力を求める健。拒む幹雄。なぜタイムスリップしてるのかと言われ、多田と礼が結婚式を挙げてると答える。なぜ告白できなかったのかと幹雄に問われるが、できてたらここにいないよと健。その後、毎年恒例となっている高校野球部とのカラオケに。乗り気にならない健は歌わず拗ねたまま。カラオケをあとにし、幹雄が礼を呼び止め健と礼を二人きりに。礼は多田と付き合うことにしたこと・以前に健のことを好きだったことを健に伝える。これからも幼馴染として付き合ってほしいと。現実を受け入れたくない健。礼と健が健の家に戻ると一緒に年を越せないと言っていた多田が。年越し蕎麦を食べ、みんなで初日の出を見に行くことに。しかし、健はみんなとの初日の出を用事があるからといって行かない。幹雄の説得も効かない。健はこの後の時間を一人でどう過ごすのか。他のメンバーの健への思いは。
ドラマ「プロポーズ大作戦」第8話 感想
幹雄に協力して貰えばまだチャンスがあるのではと思う健。彼女を忘れることで結婚式に参加しない未来も選べるという妖精。本気で好きになった相手はどれだけ考えても忘れられないという思いは見ていて共感する部分が多々ありました。宝くじの下りで、健が欲しいものがあるけどお金じゃ買えないという表現がお気に入りです。礼から多田と付き合うことを決めたと言われ、更に健が好きだったと言われた健の気持ちを考えるとなぜ今そのタイミングで!と言いたくなりましたが、お互いの恋心がこれまで何度もすれ違った結果だと思うと余計に辛かったです。ストラックアウトに夢中になる中で、本気で礼のことが好きだったと思える健の気持ちに健を更に応援したくなりました。そして、残りのメンバーに「健がいないとつまらない」と思ってもらえる健の存在の大きさを感じさせるシーンだと思います。最後に大学の屋上から初日の出を見ながら願い事をする健に「何お願いしてるの」と尋ねる礼に「言ったら願いが叶わなくなるだろ!」と返す健の姿・セリフがまだまだ諦めていないと感じさせられてカッコいいの一言です。

第9話『最後の一瞬に何を賭けますか』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第9話 あらすじ
前回のタイムスリップでやっぱり礼が好きだと気づいた健。今回の写真は二人が結婚を決めた日。この写真がスライドショーの最後。最後の可能性を信じて、再びタイムスリップを決意する健。タイムスリップ先は営業先。営業先を飛び出し礼の元へ向かおうとする健。しかし、会社の係長(小倉久寛)に同情され、あと2件達成すれば文句は言わないと言われてすぐに営業へ戻る。礼に一刻も早く会うために奮闘する健。幹雄は映像の制作会社で働いていてそこへツルが助けに来る。その頃、SHOUGUNで働いてることに思い悩むエリ。ツルと同様にフリーターなことに不満を感じるが、保に案外、似たもの同士だと言われ、満更でもない。健は営業がうまく行かず、もがいていた。そこへ係長がコーヒーを持ってベンチへ座る。健を送り出せず謝る係長。しかし、係長の過去の話を聞いて何事もダメ元でもいいからやってみようと思い、幹雄の職場へ。幹雄の職場で一件、契約が成立。幹雄にスライドショーの写真の最後がプロポーズの写真はセンスがないと伝えあとにする。すぐに、もう一件の契約を獲得。ノルマを達成し、健は礼の元へ走る。健の礼への思いは届くのか。
ドラマ「プロポーズ大作戦」第9話 感想
この回で、必死に外回りの営業をして契約を取る健の姿を見て、将来は健のような営業マンになりたい。そう思った時期もありました。係長の「ダメでもともと」の言葉は明日やろうは馬鹿野郎」についで好きなセリフです。指輪も買って、俺と結婚してほしいと本気の思いを伝えた健の思いは、礼に届かず見ているこちらも絶望的な気持ちになりました。しかし、その指輪が後に大きな役割を果たすことになるとは思ってもいませんでした。最後に途中でセンスがないと言われ、協力してもう一枚スライドショーを足してあげるこれまた幹雄の優しさも光る回でした。

第10話『ラスト・ハレルヤチャンス』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第10話 あらすじ
本当の最後のスライドショーの写真は新郎の晴れ舞台のパーティーの写真。もう戻っても意味がないのではと思う健。もう一度チャンスが回ってきたのなら奇跡を探せという妖精。再び、タイムスリップを決意した健。タイムスリップ先には花嫁姿の礼が。遂に奇跡が起きたと思う健。それはドレスの試着の話だった。奇跡の扉を探す健。ショッピングモールで全員で久しぶりの買い物。ゲームセンターで青春を取り戻す一同。
しかし、健は礼からあだ名で呼ばれなくなったことで、二人の距離が離れていくのを感じていた。この期に及んで、自分は何ができるのだろうと嘆く健。礼と健が二人で学生時代を振り返る。礼は健が絶対に自分から諦めないよねと。健は何か伝えようとするも幹雄らと再合流し伝えられず。みんなで話してる間にお互い知らないことが多くなり、先々の不安を感じる。夜のパーティーに備えて、礼とエリはSHOUGUNへ。健と幹雄とツルは礼の実家へ。健は奇跡の扉を開ける鍵はみつけることができるのか。
ドラマ「プロポーズ大作戦」第10話 感想
今まで健は礼から「健三」というオンリーワンのあだ名で呼ばれていたのが、急に「健」とみんなと同じように呼ぶようになったことが二人の距離が開いてしまったことが如実に現れていて、健を応援している立場としては非常に胸が痛かったです。ただ、ゲームセンターでみんなで遊んでいるシーン。学生時代の友人と社会人になっての再会は、仕事仲間ではなく、やっぱり気の知れた仲間と騒ぐその瞬間は一瞬で学生時代に戻ったような感覚でこの時間がずっと続いたらなと思わせられるシーンでした。そして、礼の実家に行って二人の原点でもある小学生時代の思い出を思い出させてくれた礼の両親・人生を賭けた勝負に出ることをいつも後押ししてくれる幹雄が今回のキーマンだと思います。また、指輪を偶然見つけたエリも健の気持ちを十分に感じている描写があり、最終回へと上手く繋がっているなと思いました。最後に、無言で礼を連れ去った健の覚悟を感じた回でした。

第11話『涙の告白は奇跡を呼びますか』

動画サイト
ドラマ「プロポーズ大作戦」第11話 あらすじ
前回、パーティーの途中で礼を連れ去った健。向かった先は二人が通っていた小学校。小学校時代を懐かしむ二人。最初にお互いが隣の席じゃなかったら、消しゴムを貸してもらってなかったら。不思議だなと思う二人。一方、会場では多田とツルが礼と健がいないことに気づく。真相を知っている幹雄はごまかしてその場をしのぐ。校庭に出て学生時代を懐かしむ健と礼。小学生の時、鉄棒でグライダーをしようとして怪我をした礼。その時怒られたのは健。健にグライダーをもう一回やってほしいという礼。健が礼に質問。「人生でやり直したいこと、後悔してることないの」と。礼は全ての過去を受け入れて現在を生きていることに健は気づいた。グライダーに再度挑戦した健。成功した健はまだまだできる、そう思えた。パーティー会場に着いたエリは礼を探す。礼と会い、見つけてしまったモノを礼に渡す。健は自分を信じて現在で勝負することを選んだ。健の勝負の行方は。そして礼の気持ちは。
ドラマ「プロポーズ大作戦」第11話 感想
健と礼、二人の原点の地へ。人生には色んな「たられば」が存在します。二人のように同じクラスじゃなければ、隣の席でなければ。その運命をその瞬間には感じることができないかもしれないですが、時間が経つに連れてそれが運命だったのかもしれない。そう自分を信じることが成功を掴む何よりの秘訣だと思いました。礼は過去に囚われることなく、現実を受け入れて生きている。そこに気づけたことが今回のドラマで一番伝えたいことだったのだと思いました。結局、過去ではなく現在の自分を受け入れて、毎日、毎日を大切に生きることが重要だ。そんなメッセージをドラマから伝えられました。健のやり直したスピーチの前後のエリ・幹雄・ツルの三人の頑張れ!・よく頑張ったと誉め讃える姿がこれまでの全てが報われたように思えました。再びスライドショーを見た後の多田の決断には少し可哀想と思うこともありましたが、健と礼の気持ちが初めて交錯したこの瞬間は健を応援してきた一視聴者としては歓喜の瞬間でした。最終回のエンディングに当時は、賛否両論あったようですが、当時の視聴率・原作なしの完全オリジナル脚本ということを考えると途中からスペシャルを意識した作りになっていたのかもしれません。主人公とヒロインだけでなく、周りの友人や各回ゲストのアシストがこのドラマをさらに面白くしていたと思います。これだけ自分の想いを語れるドラマは他に見当たらないです。今後も、このドラマを超える恋愛作品は個人的には現れないような気がします。これからも何度も何度も見ていって、後世に伝えたいベストドラマです。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「プロポーズ大作戦」の動画はほとんどアップされておらず、またアップされているものも画質・音質が悪く見づらいのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「プロポーズ大作戦」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじと見どころ

主人公岩瀬健(山下智久)は幼馴染の吉田礼(長澤まさみ)に想いを寄せていた。しかし想いを伝えることなく礼の結婚式に友人として参加することとなった。健は結婚式で流されるスライドショーを見て激しい後悔に襲われる。もう一度やり直せたらとつよく思った時、健の前に教会の妖精(三上博史)が現れ、過去に戻るハレルヤチャンスを与えるという。ハレルヤチャンスと健が叫ぶとなんと写真の当時にタイムスリップをしたのだ。スライドショーに映る写真に何度も戻る健。そのたびに自分が礼のことをちゃんと見ていなかったと後悔する。過去で礼との関係をやり直すため奮闘するが運命のいたずらなのか、決まった運命を変えることはできないのか、小さな変化しかもたらさない。とうとう結婚式という事実が変わらないまま最後の写真にタイムスリップしてしまう。そんな中、タイムスリップを重ねたことで礼の気持ちは変わっていった。小さな変化を重ねたことで礼は本当の未来とは違う礼になっていた。また友人もタイムスリップをしていることを知り協力するようになる。最後の写真でも運命は変えられなかった健。現在に戻ると最後の写真が友人によりもう1枚追加されていた。本当の最後の写真。健はすべてをかけると奮闘するが運命は変わることはなかった。現実に戻りひどく落ち込む健はうつろな瞳でタクシーに乗り込む。礼の婚約者は礼の様子を見て背中を押す。健を必死に追いかける礼だったが間に合わなかった。教会に戻り落胆している礼にあの妖精が話しかける。ある男が開けることのできなかった奇跡の扉の話。礼は妖精に背中を押され奇跡の扉を開けて走り出す。

ドラマ「プロポーズ大作戦」の出演者や主題歌

岩瀬 健:山下智久
吉田 礼:長澤まさみ
妖精:三上博史
奥 エリ:榮倉奈々
鶴見 尚:濱田岳
榎戸 幹雄:平岡祐太
根津 重人:渡部豪太
多田 哲也:藤木直人
伊藤 松憲:松重豊
柴田幸子: 紺野まひる
吉田 貴礼:森本レオ
吉田 礼奈:宮崎美子

主題歌:桑田佳祐「明日晴れるかな」

放送月日:2007年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「プロポーズ大作戦」の見所や感想

30代女性
山下智久(健)と長澤まさみ(礼)という豪華な2人が主演ということで、放送前から楽しみにしていました。
ずっと好きだった幼なじみに告白をすることができない主人公の健に、妖精がくれたハレルヤチャンス。「ハレルヤチャンス」と唱えて何度も過去に戻って幼なじみと付き合う道や結婚できる道を模索しても、結局情けない結果になってしまう健に愛着が湧きました。また、ポーズも可愛く真似をする事が当時ブームになっていました。
自分よりも素敵な婚約者の藤木直人(多田)と幸せそうな時間を過ごし、プロポーズされた事を知る健。自分よりも多田と結婚をした方が幸せになれるのかもしれないと思う事があっても、最後まで礼の事を諦めずに何度もハレルヤチャンスを行います。
最終回はは2人がどうなったか分からないまま終わりモヤモヤしましたが、スペシャル版で1年後の2人のプロポーズが見れて嬉しかったです。
50代女性
このドラマはタイムスリップをし、過去を変えることで未来を変えるという、一度はしてみたいと思うようなことがテーマになっています。主人公が片思いを寄せていた幼馴染に過去をやり直すことで未来を変えれるという希望を持ち奮闘しますが、一向に変わらない未来。何度過去を変えてもやっぱり自分じゃない新郎との結婚式に参加している。過去を変えたからといって未来が簡単に変わることはない。また過去に戻ったからといって過去に大きな変化をもたらすことができないという表現はとても現実的で面白かったです。主人公を応援する気持ちで見ているととてももどかしい思いをたくさんしましたが、運命を変えるというのはそれ相応の想いと行動が必要であることを語りかけられているようなストーリーでした。また最後の最後まで好きな相手が自分ではない相手と結婚をするという未来は変わらなかったものの、小さな変化の積み重なりで幼馴染の行動も変わり、最後には未来である現在で未来を変える行動を主人公ではなく主人公が想いを寄せていた幼馴染が起こすという結果になったところが、過去を変えなくても、今を変えれば未来は変わるというメッセージ性がありとても面白いドラマだったと思います。

関連動画

カバチタレ!
池袋ウエストゲートパーク
Stand Up!!
野ブタ。をプロデュース
クロサギ
白虎隊
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~
5→9~私に恋したお坊さん~
SUMMER NUDE

まとめ

ドラマ「プロポーズ大作戦」を無料で1話から最終回まで視聴する方法をお伝えしてきました。

一途に思い続ける主人公が素敵で、学生時代の青春を描いた作品なので懐かしみながら楽しめます!

好きな人のために日々奮闘する姿が本当にかっこいいです!

ドラマ「プロポーズ大作戦」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴