ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|刑事貴族の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「刑事貴族」は1990年4月13日から1991年3月22日に放送されていた元シブがき隊布川敏和さんが出演しているドラマです。

東京にあるとされる架空の警察署、「警視庁代官警察署」刑事課の刑事たちによるアクション刑事ドラマです。

布川敏和さんは、刑事課の最年少・若手刑事の岩田伸夫を演じています。

この記事では、布川敏和さん出演ドラマ「刑事貴族」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

目次

ドラマ「刑事貴族」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「刑事貴族」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「刑事貴族」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月25日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「刑事貴族」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。

ドラマ「刑事貴族」の動画を無料視聴

ドラマ「刑事貴族」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「刑事貴族」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「刑事貴族」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「刑事貴族」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされていないのが現状です。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「刑事貴族」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 45,000円(送料無料) 178,728円(送料無料)
Amazon 47,541円(送料337円) 98,400円(送料340円)
Yahoo!ショッピング 45,000円(送料無料) 取り扱いなし

主要なネット通販3社では、楽天とYahoo!ショッピングの中古が一番安く、新品の商品で一番安いのは、Amazonで98,400円(送料340円)となっています。

DVDの購入にはお金がかかってしまいますが、ストレスやリスクを考えると、一度購入してしまえば、安心していつでも見放題できます。

ドラマ「刑事貴族」の各話のあらすじと感想

「刑事貴族」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「刑事貴族」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『その時、狼はめざめた』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第1話 あらすじ
牧俊介はシングルのスーツとサングラスが特徴の刑事課の絶対的エース。牧は、権威を嫌い、捜査方針の違いから本庁の刑事に反発することがよくあった。ある時、印刷会社の社長の息子が誘拐されてしまう。牧は、被害者の祖父で警備員をしている飯塚に目を付けた。飯塚が勤める保税倉庫に入り込んだ牧。なんとそこで城南署の刑事である須藤に出会うのだった。黒マスクの怪しげな集団が倉庫から荷物を運んでいる現場を牧と須藤は目撃し…。
ドラマ「刑事貴族」第1話 感想
学生時代からの友人である、須藤刑事を殺されて勢いで一人で組織に乗り込む牧俊介。敵のボスである緒方を追い詰めた際の牧の表情と、今にも撃ってしまいそうなコルトガバメントのアップシーン。それを見た瞬間、これは館ひろし単独のハードボイルドドラマだという事を確信した。あぶない刑事が好きだった人にはえらい不評だったようだけど、番組の方向性が違うのだから比べてもしょうがないように思うし、とても良いものであった。しかし「あぶない刑事より2倍面白い」というあのキャッチフレーズもその要因だったような気もする。どちらにせよ、見応えのあるドラマだ。

第2話『その時、銃弾がワナを射抜いた』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第2話 あらすじ
牧と須藤はとある麻薬密造工場に乗り込んだ。そこで大量の覚せい剤を押収し、和久井という男を逮捕・事情聴取する。大量の覚醒剤を裏で売買しているとされる河合という実業家の犯罪を自供させようする二人。この河合という男は、暴力団組織、天竜組とも繋がりがあるとされている。しかし、和久井は口を開かなかった。そこで牧は、とある店を出入りしている、組員達を見張るように中島という男に指示する。すると、中島から和久井の命が狙われていると牧に一報が入る。その知らせを受け、牧は車に乗る和久井を追うのだが…。
ドラマ「刑事貴族」第2話 感想
大スターの錦野 旦が覚醒剤組織の川合役、遠藤憲一が殺し屋役と大変豪華な顔ぶれだった。ゲスト陣にも悪役ハードボイルドな顔が揃っている。覚醒剤の密造工場での逮捕劇を成功させ、大量の覚醒剤を押収した際、牧刑事の一言が渋くて格好良かった。実際には上司と部下の牧と宮本だが、兄貴分と弟分という雰囲気が出ていてその関係性に好感を持つことができる。何よりも、舘ひろしが拳銃を撃つシーンは、渋くて格好良買った。ところどころに、しゃれた会話、ユーモア、アクションがあり、面白いストーリーだった。

第3話『その時、標的は笑った』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第3話 あらすじ
実業家の伊丹は、永田町のある政治家との悪い噂が立てられていた。その伊丹が、殺し屋に狙われ牧たちは伊丹の護衛をすることになる。その晩、尾行していた泉たちの伊丹の乗る車を見失ってしまう。その後、伊丹は何者かに殺されてしまう。翌日、代官署に謎の男から電話が入って、牧に代わるよう言った。そのとき牧は、署の窓越しに見える電話ボックスの中にいる、黄色の帽子をかぶった男を見つける。その後の牧の運命はどうなるのだろうか。
ドラマ「刑事貴族」第3話 感想
いつもながらに牧の精度の高い観察力と、鋭い勘に尊敬すら感じた。今回も目が離せないほどいろんなシーンがかなり重要になるストーリーだった。最初はいつも取り逃がしてしまうことが多いが、最後にはやっぱり犯人を捕まえることができる。定番だが飽きないし、目が離せなくなる。そしてや牧の窓の外を見る姿、銃を構える姿はやはり格好良かった。牧と泉のコンビは安定していて2人のやりとりも面白く、見所満載である。

第4話『その時、野獣に牙を剥いた』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第4話 あらすじ
牧たちは、ある麻薬の運び屋をしているという男の情報を聞きつけた。その運び屋の男は、強盗殺人で6年の刑を受けた後、仮釈放された志垣とその弟だという。牧たちは、その取引現場を張り込み、志垣達が姿を現すのを待った。しばらくしてから、現場に志垣達が姿を現し取り押さえようとする牧たちだったが、岩田の失敗で彼らを逃してしまった。牧は、志垣達の車を発見し、志垣と銃撃戦を交え…。岩田のミスをきっかけに志垣が復讐の殺人鬼となってしまい…。
ドラマ「刑事貴族」第4話 感想
犯人に銃を奪われた上、人質になってしまった岩井刑事の無念さ。警官をおびき出して殺害し銃を奪い、更に銃砲店を襲い、散弾銃を奪った不気味な犯人…。更に犯人を密告し、命を狙われたにも関わらず、平然とした態度を崩さない悪女の存在。刑事や犯人、全てのキャラが立っていた様に感じる今回のストーリーである。犯人を取り逃がしてしまった岩井刑事を殴り付ける泉刑事はとてもインパクトが大きかった。そして、犯人逮捕と岩井刑事救出の許可を、課長に頼み込む牧刑事の姿も非常に印象的であった。

第5話『その時、天使がささやいた』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第5話 あらすじ
あるディスカウントショップに強盗二人組が押し入り、金庫から4000蔓延の現金が盗まれてしまう。牧たちは、店の関係者と、事件で使われた拳銃の捜査を始める。捜査途中、泉と岩田は、泉の知り合いの由紀の働く店に寄り食事をすることにした。翌日、泉は自分の警察手帳がなくなっていることに気がつく。警察手帳を無くした泉は、1人で手帳を探し始める。すると、泉はある殺人事件に巻き込まれてしまう。泉の運命はどうなってしまうのだろうか…。
ドラマ「刑事貴族」第5話 感想
長谷部香苗さんがゲスト出演している。名前でピンと来る方も多いと思うが、長谷部安春監督の娘さんで、監督が演出のドラマには殆ど出ている女優だ。ラストシーンで、逃走する犯人の車に向かってショットガンを撃って、弾が命中するところはとても格好いい。そしてこの回で、牧の車のトランクにショットガンなどが入っていたことに衝撃を覚えた。今回は泉がメインなストーリーが多く、泉ファンには嬉しい回である。牧ももちろんだが、泉の人間性も情熱的で格好いい。

第6話『その時、父の闘いを見た』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第6話 あらすじ
天神会の大曽根一家を壊滅させるため、捜査を続ける牧一行。元組合員の神崎を公判で証言させるため、神崎のガードを遂行していた。神崎は一人娘の美穂のため、牧たちに協力し、ヤクザから身を引こうとしていた。そんな時、神崎達が居住するマンションを竜神会のメンバーが見張っていることに牧たちは気が付く。リスクを避けるため、神崎と美穂を代官署へ移動させる牧一行。しかしその時、何者かが神崎の部屋に侵入してしまう。美穂の友人で、マンションの隣家に住む茜が誘拐されてしまい…。
ドラマ「刑事貴族」第6話 感想
ある事件の裁判の証言者として出廷する、峰岸演じるヤクザが人質に取られた女の子を救出するために、牧刑事と行動をともにする。そして、本庁や対抗組織の横槍にあいながらも女の子を救出する。このラストシーンの二人の会話はハードボイルドファンにはたまらないものであったように思う。そして、牧刑事が犯人の根津を撃つシーンは何よりもかっこよかった。目が離せない。

第7話『その時、女神が微笑んだ』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第7話 あらすじ
武田と泉は、窃盗容疑で逮捕された故買屋の根岸を西川崎警察署から代官署へ連行した。根岸は、2000万円の現金が入っている通帳を持っていた。武田は、その金の出所を根岸から聴取しようとするが、根岸は何も答えない。そして、代官署に着き、連行するまでの間に根岸は何者かに狙撃されてしまう。牧たちは、根岸の身辺調査をはじめ、根岸から盗品を買っていた松山という男に事情聴取をする。そして、根岸の架空口座の金が、不正入試と関係のある脅迫事件に繋がっていく。
ドラマ「刑事貴族」第7話 感想
牧刑事がライフル狙撃地点を見抜いて、間一髪で犯人を撃つシーンはとても印象的だった。そして、犯人と泉刑事の格闘シーンがとてつもなく格好よかった。今回もただの殺人事件ではなく、不正入試や汚いお金の絡むストーリー。現代離れした内容の事件だけでなく、牧刑事の普通とは異なった拳銃さばきは見所だ。そして、この時代から今でも不正入試によるお金のやりとりはなくなっていないのは、とても深い問題だと思う。

第8話『その時、あいつが消えた』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第8話 あらすじ
牧と泉は、強盗事件の捜査中に拳銃を持っていた少年尾崎を逮捕する。そして、牧たちは尾崎の自宅の家宅捜索を行うと、何かの見取り図のようなものを発見する。牧は、尾崎が暴走族の仲間たちと一緒に何かの事件を起こしたと疑う。そこで、強盗騒ぎがあった金融会社の店長に事情聴取をするが、店長は何も話さず、事件のことも否定する。その後、牧たちは周辺の聞き込み捜査をしていると、ある女性から三人の少年たちが店の前から逃走しているところを目撃したと聞く。
ドラマ「刑事貴族」第8話 感想
少年が大きな事件を引き起こしてしまうストーリーに大変驚いた。実弾の入った拳銃を持ち歩くなんてこの少年達が心配になってしまうほどであった。暴走族はその時代には珍しいものではなかっただろうが、ここまで深刻な事件にまで発展するとなると恐ろしさまでも感じた。本当にこの少年達には間違った道ではなく、素敵な大人になってほしいと願ったのは見ていた大人達全員が思ったことだろうと感じた。このストーリーのような事件が実際に起こらないことを願う。

第9話『その時、哀しみの時が過ぎた』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第9話 あらすじ
銀行強盗事件が起こり、犯人の男が女銀行員を人質にとって立てこもった。牧たちは現場に駆けつけ、男を取り囲む。そして、泉が男を取り押さえようとするがもみ合いになってしまう。すると、男の銃が暴発し、女銀行員の1人に銃弾が当たってしまう。泉は、自分の過失に責任を感じる。しかし、そんな時間も束の間で、麻薬取締事務所と代官署が合同となって、暴力団戸川組の大規模な麻薬取引の大捜査が始まることとなった。泉は麻薬取締官の安田とコンビを組んで、戸川組の麻薬捜査にでるが…。
ドラマ「刑事貴族」第9話 感想
自分のミスで、ショックを受けた泉刑事にとても痛く同情した。警察官にとって、負傷者を出してしまうこともそうだが、人質に怪我を負わせてしまったことはトラウマレベルに違いないと思う。責任感の強い商業であるのもそうだが、泉の情熱あふれる性格だからそれはなおさらであった。そして、被害者の婚約者であった安田取締官とのコンビの捜査で事件を解決したことによって、刑事としての大切な通過点を過ぎ、成長したと思った。今回は牧もだが、泉中心のストーリーでいつもと少し違うテイストで面白かった。

第10話『その時、汚名を撃ちぬいた』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第10話 あらすじ
金券ショップに二人組の強盗が押し入り、2000万円の現金が盗難される事件が発生する。牧一行と共に強盗犯を追う由美子は、不審な男がいることに気が付く。すると、男は近くにいた若い女性にナイフを向けて人質にした。緊迫する場面に遭遇した由美子は、とっさに男へ向けて発砲してしまう。なぜか助けられた女はその場から姿を消してしまった…。由美子は本庁に呼び出され、拳銃の使用について取り調べを受けることになってしまう。
ドラマ「刑事貴族」第10話 感想
志村刑事の銃弾で始まり、そして、終わった感じの話だったように思う。強盗犯を追跡中に、通行人の女性を人質にした犯人を撃つが、女性に逃げられたため、志村刑事に誤射の疑いがかかってしまう。その後、正当性を証明するために捜査していくうちに、人質の女性も共犯の可能性が出てくる…。何とも恐ろしい警察の内情だと思う。ラストに近いシーンで、犯人の車にしがみつく泉刑事に対して、「泉、降りろ」と言って犯人の車に向かって、牧刑事が撃つシーンはかっこよかった。

第11話『その時、ゲームは終わった』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第11話 あらすじ
牧と泉が繁華街を巡回していると、路上で倒れている警官を発見する。その時、牧たちの前を見知らぬ黒いバイクが立ち去っていった。その翌日、前島(MSソフトサービス社長)の令嬢であるアヤが誘拐されてしまう。その誘拐事件の犯行で使われた拳銃が、昨日襲われた警官のものであることが判明する。犯人の指示に従い、前島に身代金の受け渡しを指示する牧たち。それと同時に牧たちは前島の尾行をはじめるのだった。ところが、身代金を受け渡しに行く途中の前島がチンピラに絡まれてしまい…。
ドラマ「刑事貴族」第11話 感想
今回のゲストは大物俳優の平泉成と言うだけあって期待が高まった。そして見所は何と言っても見事なカーチェイスシーンだ。このドラマ刑事貴族の車好きのファンは多いが、特にこの第11話は車ファンにはたまらない回である。好きな車がお互い必死で追いかけ、追いかけられ、最終的には犯人の車が横転し、炎上。この車のファンとしては感動できるシーンだという。この何とも言えない牧と泉の空気感というのか哀愁漂う表情がとても印象的だったと言えるだろう。

第12話『その時、殺しを請け負った』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第12話 あらすじ
岩田に誘われた泉は、岩田の女友達と飲みに行く事になった。待ち合わせ場所の「BIG BEN」というバーに先に一人で入る泉。岩田たちを単独でしばらく待っていると突然、顔なじみのない男に合図を送られる。泉に近づいてきた見知らぬ男は、「沢木」と泉を呼ぶ。自分が誰かと勘違いされていることを察した泉は、この場はあえて沢木という男になりきり、男が何者なのかを探ろうと考える。泉は、男の指示にしたがって店を出ていく…。
ドラマ「刑事貴族」第12話 感想
泉刑事が、沢木という男に間違えられたことから、ある男の狙撃計画に巻き込まれていくという何とも警察官にとってはありがたいストーリー。泉刑事が残したわずかな手がかりを元に、牧刑事らが狙撃計画の阻止と泉刑事を救出できるかというところまでに至る展開が面白かった。ここでのストーリは、泉が事件解決のキーパーソンになり、大活躍するのは個人的に嬉しかった。あっぱれであったと思う。

第13話『その時、白衣の天使になった』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第13話 あらすじ
東都銀行代官支店前で現金輸送車が襲撃される事件が発生する。犯人は三人組の男だ。現場に向かう泉と岩田。犯人たちと銃撃戦となり、三人組のうちの一人の男に岩田が銃弾を撃ち込む。しかし、犯人たちはトラックに乗り込んで逃げ去ってしまう。その後、逃走に使われたトラックが発見されるが、犯人たちと現金は消えてしまっていた。付近で捜査を続ける泉と岩田は、岡本外科という診療所で姿を消していた三人組を見つける。しかし、犯人たちは岡本外科の看護婦達を人質に立てこもってしまい…。
ドラマ「刑事貴族」第13話 感想
由美子がナース服姿になって外科医に潜入捜査するシーンは衝撃的だった。今では考えられない潜入の仕方だが、見ていて面白かった。そして、人質の救出はおろか、外科医の子供と一緒に人質に取られた時はかなり驚きを隠せなかった。そしてピンチになると助けに来てくれる牧が格好いい。今回の刑事貴族は、舘さんの渋いセリフとかしぐさもとても良かったが、黒木さんのナース服姿が綺麗で、とても似合っていた。

第14話『その時、正義が死んだ』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第14話 あらすじ
牧たちは、特別警戒事件107号に指定されている連続ビル強盗事件の犯人を追っていた。事件の捜査中、岩田は縁のある二人と偶然出会う。同僚の高杉と番勤務時代に助けられた荻原である。翌日、これまた偶然再会した岩田と高杉は一緒に昼食をとることにした。話題は連続ビル強盗事件の話となり、高杉の「107号の気持ちがわかる」という言葉に衝撃を受ける岩田。その後、岩田は荻原に交番に来るよう声をかけられる。萩原と会う約束をしたその日の晩、荻原は謎の死を遂げていた。
ドラマ「刑事貴族」第14話 感想
この話は事件を通して、岩田刑事が一番つらかったんではないかと思った。自分を刑事に推薦してくれた恩人の死…。その恩師を死に追いやった犯人グループの意外な正体。彼のやるせなさは、犯人逮捕時によく表れていたのではないだろうか。それにしても、行方の分からない犯人をおびき出す、牧刑事の突然取った作戦。宮本課長との息の合ったやり取りは、お互いが信頼しているからこそできるものだったように思う。この息のぴったりな2人のやりとりも注目するシーンだ。

第15話『その時、哀しく女を逮捕した』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第15話 あらすじ
とあるビジネス街で、ひき逃げ事件が起こった。殺された田口と言う男の自宅で家宅捜索をしていると、ある貯金通帳が見つかる。その貯金通帳には、何度も連続して多額の金が振り込まれていた。田口の銀行口座に何度も現金を振り込んでいたとされる、岸田という男を捜査のターゲットとした牧と泉。一方、武田と岩田は犯行に使用された車の所持主である、佐伯という男から事情聴取をしていた。佐伯を不審に思った武田は岩田に尾行を指示する…。
ドラマ「刑事貴族」第15話 感想
布施 博演じる泉刑事が今回のエピソードの主役である。泉刑事は熱血なキャラで、牧刑事のクールなキャラとは正反対であると思う。泉刑事の熱血キャラが、この番組の活力源であるとも考えている。牧刑事編というのは、舘ひろしと布施博のWひろしコンビが演じる刑事ドラマ、というテーマもあったように感じている。そう思えるほど、布施 博の存在感は大きく、当時の人気には凄まじいものがあった。第15話は、強盗犯によって父親の命を奪われた娘の復讐劇を泉刑事が阻止するストーリー。今回は少し重くて、切ない内容のストーリーだったようにも見える。

第16話『その時、愛を抱いて逝った』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第16話 あらすじ
風俗街を巡回中に銃声が鳴り響いた。銃声を聞きつけ、とある雑居ビルに突入した泉と岩田は、四人の男達と対峙する。四人の男達はサブマシンガンを所持しており、その場は銃撃戦となった。攻防も虚しく、男達は逃げ去ってしまう。その後牧達が、被害を被った三宅商事の現場検証を行なうと、金庫が爆薬で破壊され、2億円の現金が消失していた。牧はその場で、割れた陶器の置物の欠片を発見し、ある異変を発見する。その後、由美子とレストランデートの約束をした牧だが、ある窃盗事件の捜査中に、とある女性と出会うことになる。被害を受けた宝石店のオーナーの結城令子である。彼女と出会った牧は次第に彼女に対して魅力を感じ始めるが…。
ドラマ「刑事貴族」第16話 感想
サブタイトルからして悲しみがそそる殉職編。牧を殺そうと黒づくめの戦闘服とマシンガンを装備して挑む犯人達の執念は凄かった。牧はリーダーと最後の決着で、マシンガンの餌食にされそうになるが防弾チョッキで免れ、リーダーは射殺。女店主に手錠をかけるシーンの牧の表情がシブくて格好良かった。その後由美子刑事が追っていた通り魔に刺されて死んでしまう展開には驚きを隠すことができなかった。バイエルンホールで宮本課長からその事実が由美子に告げられ、由美子が泣いてしまう場面や泉たちが刑事課で悲しみにくれる場面など、このエピソードは「太陽にほえろ!」の(マカロニ&ジーパン)の死に際にインスパイアされたものなのではないだろうか。職務後に通り魔に刺されて死んでしまうところや主人公と女刑事の恋仲を匂わせていた点など、舘さんのイメージに合わせた初期シリーズで最後までとても楽しむことができた。

第17話『熱い街から来た刑事』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第17話 あらすじ
殉職した牧の後任として風間明がくる。冒頭で泉や岩田が、刑事課で米国警察のカーチェイス逮捕劇のビデオを鑑賞する。そういう場所から今度着任する風間刑事のことについ触れているなか、泉だけは「ここは日本だ…」と否定的な意見をする。そして、風間は着任早々、因縁のある殺し屋に狙われてしまう。そんな、風間の頭に血が上った乱暴な捜査ぶりは周囲からの反感をかう。牧の死にまで異論して泉と衝突してしまうのだが…。
ドラマ「刑事貴族」第17話 感想
主演が舘ひろしから郷ひろみに変わる。そして他の役者も加わる。合わないかと思われたが、意外にも楽しめた。郷ひろみが演じる風間刑事は、明るくて礼儀が良い米国帰りの刑事である。その一方で、犯人には容赦をしない冷徹な顔を併せ持っている。その新しいキャラクターもなかなか良かったと思う。ドラマの終盤で、風間刑事が殺し屋の本西の肩を拳銃で撃ったシーンが心に残っている。「俺が心臓を撃った時は、デカを辞める時だ!」という風間刑事の信条とも言えるセリフが格好良かった。

第18話『殺人者は予告する』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第18話 あらすじ
ある日、管轄内の公園で殺人をする、という殺人予告の電話が代官所捜査課に掛かってきた。予告電話通り、実際に若い女性が公園で射殺される事件が起こってしまう。女性の身元がブティックの従業員であると判明し、郷ひろみと宍戸開はそのブティックへ向かう。そのブティックで応対する女性従業員は、アルマーニのスーツを着こなす風間を見るなり、「刑事に見えない」と言い放って…。
ドラマ「刑事貴族」第18話 感想
恐怖の殺人予告。しかも女性とあって代官署内の緊張感は見ているこちらにまでも伝わってきた。そして、ブティックの女性が風間を見て、刑事に見えないと言った。それは、これまで刑事貴族を見てきた視聴者の皆が思っていたことを代弁したかのような発言だったようだ。顔も格好良く、実際の刑事がアルマーニのスーツで身を固めていたら、誰しもが皆驚くであろう。現代風に言うなれば、SNSなどで叩かれるような風貌であるとも言える。

第19話『女、男、そして刑事』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第19話 あらすじ
風間たちは、ある強盗犯を捜索していた。その強盗犯は、追い詰められて親戚の家に助けを求めるが、その一家の夫婦は風間の大学時代の同級生であった。共に時代を分かち合った昔の友人との懐かしさと、犯罪に巻き込まれたくないという一家の現実に三人は苦しみ悩む。「お前、まだこの曲きいているのか。」ぽつりという風間、その言葉に少し反応する男。酒を飲み、歌を聴きながら一晩中語り合ったあの日。
ドラマ「刑事貴族」第19話 感想
強盗犯はなぜ、旧友の家族の元へ逃げ込んでしまったのだろうか。旧友の懐かしくて会えて嬉しいし、昔の同級生というよしみもあるが、相手は強盗犯。家族が巻き込まれるのは嫌に決まっている。この助けを求められて葛藤する気持ちに共感した。自分だったらどうするのだろうと考えさせられもした。犯人本人も、巻き込みたくないが、助けてほしいという矛盾に苦しんだはずだ。この問題の答えはある意味永遠にわからないかもしれない、とまで思ってしまった。

第20話『少年は見た』

動画サイト
ドラマ「刑事貴族」第20話 あらすじ
なんと、実の父が息子を誘拐するという悲しい事がおこってしまい、その時の息子は・・・
ドラマ「刑事貴族」第20話 感想
少年にとっては、実の父親に愉快されていることに気づいた時点でショックは大きかったんだろうと思う。それでも、父を守ろうとしたこと。共犯の女性に操られていると思いたかったのかもしれない。誘拐された少年に対して、「どんなにつらくても、勇気を出して立ち向かうしかない」と村木刑事が言った理由…。強くなることで、事態を乗り越えて欲しいと思ったのではないだろうか。しかし、その時はまだ少年が理解できる状況にはなかった。それほど少年の心の傷は深かったんだと思う…。

まだ「刑事貴族」のお話は続きますが、ここでは長いので20話まで紹介させていただきました。
ご覧頂きましたように、無料サイトに「刑事貴族」の動画はアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

そのため、ウィルス感染や動画の画質や音なども気になる方も、DVDの購入をおすすめします。

先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトでの値段を比較してみたところ、新品の「刑事貴族」のDVDの中では、Amazonが98,400円(送料340円)で一番最安値となっています。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 45,000円(送料無料) 178,728円(送料無料)
Amazon 47,541円(送料337円) 98,400円(送料340円)
Yahoo!ショッピング 45,000円(送料無料) 取り扱いなし

 

ドラマ「刑事貴族」のあらすじと見どころ

舞台は東京都新宿区にある架空の警察署。その刑事課の刑事たちを描くアクション刑事ドラマである。キザで愛煙家の牧俊介。よりはやく拳銃が抜けるからという理由で、ダブルではなくシングルのスーツを愛用している刑事課のエースだ。凶悪犯を完膚なきまでに叩きのめし、射殺も厭わないというクールな性格の持ち主でもある。拳銃やライフル、ショットガン、格闘技など様々な種目で高いスキルを持ち、荒々しい捜査手法を得意としている。捜査はチームで行うものの、場に応じて単独で動いたり最後は銃で解決させるパターンが多いドラマ。舘をはじめ一部のキャストが半年で降板し、新たな主演に郷ひろみを迎え、他のキャストも入れ替えた。

ドラマ「刑事貴族」の出演者や主題歌

牧 俊介:舘ひろし
風間 明:郷ひろみ
志村 由美子:黒木瞳
泉 裕史:布施博
青木 順子:高樹沙耶
岩田 伸夫:布川敏和
村木 拓:宍戸開

主題歌:オープニング Scarlett Taylor, Mark Kalfa&Kim Nazarian「Call for action」
ライナセロス「JUMP BACK,JACK」
エンディング 舘ひろし「抱きしめて」
郷ひろみ「もう誰も愛さない」、宇都美慶子「空に虹が浮かんでも」
放送年:1990年

テレビ局:日本テレビ

ドラマ「刑事貴族」の見所や感想

40代女性
高校生位の年齢の時に毎週見ていました(再放送ではなく初回放送の時です)。出演者のキャラクターが特徴的でかつ個性的で会話ややり取りや話の進み方(操作の進め方含む)等の内容が毎回面白かったと覚えています(まあドラマだから面白くなかったら視聴率が取れなくてストーリーがすぐに終了してしまうのかもしれませんが)。特に刑事貴族3の水谷豊の話し方や職場の人間関係や捜査の進め方(多彩な変装で犯人を欺く、容疑者を留置場から連れ出して泳がせる、留置場に変装で入り込み、犯人と仲良くなり真実を聞き出す、巧みな話術で犯人を煽り、ミスを誘う)等普通では考えられないやり方(あくまでもドラマだからできることなのでしょうけど)が面白かったと思います。今現在再放送をやっているかどうかは知りませんが(関西地区では再放送の話は聞きません)多分再放送があればまた見ると思います(時間があってかつ放送時間と生活時間があえばの話ですが)。
30代女性
東京にある代官署を舞台にした刑事ドラマで主演が舘ひろしさん、郷ひろみさん、水谷豊さんと変わっていた伝説的な刑事ドラマではないかと思います。アクションが多い刑事ドラマではあるものの太陽にほえろや西部警察のような派手さはないものの現場の刑事が事件解決に向けて奮闘する姿は見ているこちらも熱くなれるドラマかなと思います。主役がそれぞれ交代していきましいたが、水谷豊さんが主演の時の刑事貴族は一番面白かったです。相棒とは正反対の性格をしている水谷豊さんをはじめ、コメディやコミカルな演技がとても面白くて、シリアスな場面もあれば、刑事のメンバーが変装をしたり、芝居をしたり、犯人うまく誘い込みそれに見事にハマり犯人が捕まっていくシーンは思わず吹いてしまうようなコントのような一面もあり見ていて飽きないドラマではないかと思います。今となっては水谷豊さんの時の出演者としては、逮捕されたりお亡くなりになったり引退を
したりしている人が多いドラマで再び撮影は難しいですが、またメンバーを変えても見たいドラマの一つではないかと思います。

関連動画

ウルトラマンダイナ
利家とまつ〜加賀百万石物語〜
天花
スカイハイ 2
時代屋の女房

まとめ

ドラマ「刑事貴族」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

シリーズは全3シリーズ、計103話も続いた人気の刑事ドラマ「刑事貴族」。

出演陣も豪華で本作シリーズには舘ひろしさん、郷ひろみさん、シリーズ2以降は今は刑事ドラマに欠かせない水谷豊さんなどレジェンドたちが出演しています。

若手刑事役として出演している布川敏和さんにも注目してご覧ください!

ただ、動画配信サービスや、DVD宅配レンタルサービスがありませんので、視聴したい方は、ぜひ、最安値のAmazonでの購入をおすすめします。