ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|外科医柊又三郎の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「外科医柊又三郎」は1995年7月6日から9月28日に放送されていた元シブがき隊の薬丸裕英さん出演のドラマです。

萩原健一さん演じる執刀医としての腕はとても優秀な外科医「柊又三郎」が、同僚の島津涼子(高樹沙耶)と斉門純一(保阪尚輝)と急患の診断をめぐって対立しながら、お互い認め合う姿など医療の現場で起きる様々な人間模様が描かれています。

薬丸裕英さんは、外科医中原浩(柴俊夫)の腰巾着で又三郎を敵視する見城実役を演じています。

この記事では、薬丸裕英さん出演ドラマ「外科医柊又三郎」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

 

ドラマ「外科医柊又三郎」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「外科医柊又三郎」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「外科医柊又三郎」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月17日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「外科医柊又三郎」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。

 

ドラマ「外科医柊又三郎」の動画を無料視聴

ドラマ「外科医柊又三郎」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「外科医柊又三郎」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「外科医柊又三郎」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「外科医柊又三郎」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされているのもありますが、画質や音が悪いので見づらくなっています。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「外科医柊又三郎」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 取り扱いなし
Amazon 取り扱いなし 取り扱いなし
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 取り扱いなし

主要なネット通販3社では、取り扱いなしとなっています。

 

ドラマ「外科医柊又三郎」の各話のあらすじと感想

「外科医柊又三郎」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「外科医柊又三郎」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『魅せられる男』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第1話 あらすじ
超一流の腕を持つ外科医・柊又三郎(萩原健一)は優秀であるにもかかわらず、自ら大学病院を去った、今はただの外科医の男です。その一流の腕を見込まれて西郷総合病院に赴任する事になりますが、赴任初日から駐車場で同僚の島津涼子(高樹沙耶)の車にぶつけて傷をつけてしまったり、急患の診断に対しての診断で対立してしまいます。しかし又三郎による的確な判断とスピーディな手術により患者を見事に救います。そんなある日、病院事務局の事務長である北別府光太郎(佐藤B作)にお酒を飲まないかと誘われ病院を出ますが、又三郎は急患が来るかもしれないとお酒に一切手を出しませんでした。ちょうどその時交通事故で男児の急患が病院に運ばれてきますが、執刀した同僚の外科医・中原浩(柴 俊夫)は手に負えないと手術を途中でやめて抜け出してしまいます。すると事務秘書である吉永百合(池田有希子)は又三郎を必死に探し出し、ようやく又三郎のいる居酒屋を見つけて急患が来たと知らせます。又三郎は急いで病院に戻り、男児を執刀して見事に手術を成功させるのでした。
ドラマ「外科医柊又三郎」第1話 感想
萩原健一演じる外科医・柊又三郎の手術の腕が見事ですが、誰に対してもフレンドリーに接し、人柄に魅力のある人だと感じました。患者の手術を行った日には休みなのに夜中でも様子を見に来るなど、患者のことを思いやるとても優しい人だなと感じました。同僚の島津涼子(高樹沙耶)の車をぶつけて傷をつけてしまったとき、ハンカチで傷を拭いているシーンや娘が彼氏を家に連れてきたときの対応(彼氏の靴を逆向きにしてしまう)も笑ってしまいました。また続きがみたいです。

第2話『半分のマジック』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第2話 あらすじ
手術の腕を見込まれて西郷総合病院に赴任してきた外科医・柊又三郎(萩原健一)は、病院の屋上で拒食症で半年間も入院している少女、大杉沙織(星野真里)と出会い、話しかけますが逃げるようにその場を去られてしまいます。沙織は食事をしても腹痛と吐き気で食べたものを出してしまう症状が続いているのでした。沙織の事が気になった又三郎は、内科医である赤星健太郎(緒形幹太)にCT検査の結果を見せてもらったり詳しく症状を聞いた結果、体には異常がないと安心します。ある日沙織の病室に訪れた又三郎は「この子には点滴など必要ない!」と強引に点滴を外してしまう暴挙に出てしまい、同僚や事務長からクレームが来て対立してしまいます。又三郎は沙織の病気は内臓などの異常ではないと判断し、夜に沙織の病室に訪れ「痛いなら今すぐ手術するよ、用意してくる」と半場脅しのような感じで説得を始めます。しかし沙織に強く抵抗されてしまいますが、又三郎はそれを必死になだめ、手を握ったりお腹をさすったりして「痛くない、大丈夫」とようやく落ち着かせる事ができました。その後沙織は又三郎のもとを訪れ「痛くない、こんなの初めて」とお礼を言い、食事もしっかりと取れるようになりました。
ドラマ「外科医柊又三郎」第2話 感想
外科医・柊又三郎(萩原健一)は、病院で拒食症の少女(星野真里)に対して点滴を強引に外したり、布団を強引に引きはがすなど、少々乱暴ですが、これも少女の事を思っての行動で今時ここまで患者の事に対して真剣になってくれるお医者さんているのかな?と、又三郎の行動を見て考えさせられました。(実際にすると問題になりそうですが)少女とのやり取りの時、蹴られて棚に頭を打ち付けたり、鉛筆で手を刺されて痛がっている又三郎のリアクションが面白くて笑ってしまいました。また続きがみたいです。

第3話『思い過ごしも恋のうち』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第3話 あらすじ
外科医・柊又三郎(萩原健一)は、ナースの水野文(五十嵐 いづみ)から相談があると持ち掛けられます。水野は外科医である斉門純一(保阪尚輝)に想いを寄せていて、辛くてどうすればいいのか又三郎に相談します。又三郎は「勇気を出して告白してみる事です」と助言し、水野は斉門を呼び出して告白するも、斉門から「他に好きな人がいる」と言われてしまいます。落ち込んだ水野はショックで病院を2日無断欠勤してしまい連絡がつきません。又三郎は水野のマンションに行ってドアに「二日後の手術の患者さんは私とあなたが担当する患者さんですから、病院に戻ってきてくれることを信じてます」と書置きを残して立ち去ります。手術当日時間ギリギリまで待っても来ないものの、代わりに水野から病院に電話が来ました。電話口で又三郎は「馬鹿!体を切り刻まれる患者さんの気持ちが分からないなら来なくていい!」と怒鳴って電話を切ってしまいます。水野の代わりに代役のナースが入って手術をしようとする時、又三郎に怒鳴られて反省した水野が手術室に入ってきました。「先生、すみませんでした、よろしくお願いします」と謝る水野に又三郎は優しく笑い「よろしくお願いします」と手術を開始するのでした。
ドラマ「外科医柊又三郎」第3話 感想
ナースの水野(五十嵐いずみ)から相談があると言われた又三郎(萩原健一)が、彼女が自分に好意を持っていると勘違いした状態でのやり取りが面白かったです。その後又三郎が恋の相談を受けて困っている事を同僚の島津涼子(高樹沙耶)に「相談があるのですが」と持ち掛けるも、言葉足らずで又三郎から誘われていると勘違いした島津とのやり取りも可笑しかったです。失恋のショックで無断欠勤した水野を叱ったり、反省して病院に戻って謝った水野に対して優しい笑顔で迎え入れる又三郎は人間として魅力的な人であり、こんな上司がいたらいいのになあ、と思いました。

第4話『愛と青春の旅立ち』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第4話 あらすじ
西郷総合病院で働いている外科医・柊又三郎(萩原健一)の同僚である外科医・中原浩(柴俊夫)は、大学病院の助教授になるために病院を去る事になりました。同じく外科医である斉門純一(保阪尚輝)にも大学に戻る話が来ている事を中原は斉門に話し「一緒に戻らないか?」と誘います。それを聞いた斉門は大学に戻るか、病院に残るか悩む事になります。中原が大学病院に戻る話を事務長(佐藤B作)から聞いた又三郎と島津涼子(高樹沙耶)は「私と島津先生、斉門先生がいれば十分です」と言い切りますが、又三郎は斉門まで大学病院に戻る話が来ている事は知りませんでした。そんな中又三郎は斉門に「話があるので今夜飲みに付き合ってください」と誘い出します。居酒屋で斉門に中原が大学病院に戻る事を告げると斉門は今初めて聞いたかのようにとぼけます。又三郎が3人で頑張ればなんとかなる事を告げ「斉門先生、3人で頑張りましょう!」と鼓舞しますが、斉門は「中途半端な返事はできません、失礼します」と居酒屋から出て行ってしまいます。それから中原は「決心できた?」と斉門に返事を催促するが「まだ迷っています」と返事を濁します。その後斉門は又三郎の自宅を訪れ自分も大学病院に戻る話が来ていて、そのため中途半端な返事ができなかった事を謝ります。そして過去大学病院から去った経験がある又三郎に対して「なぜ先生は大学病院を自ら去ったのですか?大学病院に去って今はよかったと思っているのか、先生の答えが知りたいです」と問い詰めるも、斉門は「答えは永遠に分かりません、今を誠実に生きるしかないと思います。斉門先生がどちらにするかご自分で決心してください」と答えるだけでした。その後、病院から中原と「斉門」が大学病院に戻る事が発表され、それを聞いて表情を曇らせる又三郎でした。
ドラマ「外科医柊又三郎」第4話 感想
外科医・柊又三郎(萩原健一)の同僚である斉門(保坂尚輝)は、赴任してきたばかりの又三郎に対して冷たくそっけない態度を取っていたのに、今では大事な事(大学病院に戻るか病院に残るか)を相談するなど、徐々に敬意をもって接しているのには、又三郎の魅力のある人柄と外科医として優秀だから少しずつ惹かれていったのかな、と感じました。また自宅に訪れてきた斉門に対して、娘と又三郎のコソコソとしたやり取りが面白かったです。また、斉門が大学病院に戻る発表があったところで番組が終了しましたが、また続きがみたいと思いました。

第5話『愛は、ここにある』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第5話 あらすじ
外科医の斉門純一(保阪尚輝)と中原浩(柴俊夫)が大学病院に戻ると発表され、外科医の柊又三郎(萩原健一)は、一瞬表情が曇るものの、「頑張ってください!」と快く送り出そうとします。斉門を大学に送り出すプレゼント(試練)として、又三郎は斉門に難関手術を執刀するようにお願いします。「自信がありません」と戸惑う斉門を「大丈夫!」とさかんに説得する又三郎は、斉門にようやく執刀する事を決心させますが、中原は「難関な手術をさせて斉門の評価を下げさせる陰謀だ」と又三郎を非難します。手術当日まで懸命に勉強したりシミュレーションをする斉門の様子を又三郎は優しいまなざしで見守ります。手術当日緊張している斉門を冗談を言ったりしてリラックスさせ、斉門も冷静になり、手術が順調に進みますが、術中に想定外のパターンが出てきてしまいます。混乱してしまった斉門は「自分にはもう無理です、柊先生代わってください」とお願いするものの、又三郎は「だめです」と断りますが、代わりに術式の必勝のアドバイスを伝授しました。そのアドバイスを聞いた斉門は再び冷静になり、見事に手術を成功させるのでした。手術後、気が変わった斉門は、中原に「やっぱり大学病院には戻りません」と報告すると、中原はしぶしぶそれを受け入れて病院から去っていきました。その後屋上にいた又三郎にも大学病院にはやっぱり戻らないと伝えると又三郎は「それでいいんですか?」と念を押しますが、斉門は「いいんです」と答えます。すると又三郎はニコッと笑い、「分かりました!では飯食いに行こう!」と大学を後にするのでした。
ドラマ「外科医柊又三郎」第5話 感想
外科医の斉門純一(保阪尚輝)を大学病院に快く送り出そうと、また試練として難関手術をするように指示した柊又三郎(萩原健一)には、人間としての懐の大きさと、あえて試練を与えて外科医としてレベルアップさせようとする愛情の深さを感じました。難関手術を又三郎のアドバイスで見事に成功させた後、斉門に何か心の変化が起きたのか、又三郎に「やっぱり大学病院には戻りません」と伝えるシーンには感動しました。第5話ではちょうどよい区切りで終わっていますが、また続きが気になります。

第6話『女心はむずかしい』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第6話 あらすじ
外科医の柊又三郎(萩原健一)は、同級生である片岡とキャバクラ店に入りますが、又三郎の接客のため席に来たホステスは、同じ病院(西郷総合病院)のナースである立原マキ(三井まき)でした。病院ではアルバイトを禁止されているため、マキは又三郎に内緒にしてくれと懇願しますが、翌日アルバイトをしている事が婦長(鷲尾真知子)の耳に入っていて厳重注意されてしまいます。マキは又三郎が密告したと思い込み、それを知った他のナース達も又三郎を激しく非難します。それ以降又三郎が朝の挨拶をしても無視されるようになり、その様子が尋常ではないことを悟ると、自分にそっけない態度を取り始めた理由をナースたちに問い詰めます。ナースたちは「先生、マキがアルバイトをしていることを婦長に密告したでしょ」と、又三郎に詰め寄ります。又三郎は密告していないと否定しますが、ナースたちは信じてくれません。事態を重く見た又三郎は、誤解を解いてもらおうとナースたちを飲みに誘いますが、約束の時間になってもナースたちは居酒屋に来てくれません。閉店ギリギリのところで事務長が酔っ払って店に入ってくると、「3人のナースたちが今日いきなり辞めると言ってきた、3人もやめられたら病院が機能しない、どうすればいいんだ」と落ち込んでいます。その理由は自分とナースたちのトラブルが原因だと悟った又三郎は病院に戻り3人に会おうとしますがいませんでした。大雨の中、ずぶ濡れになって自宅に戻った又三郎は、熱を出して寝込んでしまいます。翌日病院に居酒屋のオーナー(田山涼成)から「又三郎は密告するような人間じゃない」と電話がかかってきて、マキは密告したのは他の人かもしれないと思い始めます。実はアルバイトをしていると密告していたのは事務秘書の吉永百合(池田有希子)だったのです。自分が密告していた事を泣きながら謝った百合はマキに許してもらいますが、先生にひどい事をしたと反省したナースたちは花をもって又三郎の自宅にお見舞いに行き謝るのでした。
ドラマ「外科医柊又三郎」第6話 感想
病院に内緒でアルバイトをしていた事が婦長にばれてしまったナースの代わりに又三郎(萩原健一)が代わりにアルバイトをして、20万円渡そうとしていたシーンでは、そこまでナースの事を考えてくれる医者はなかなかいないと感心させられました。(実際ではありえない話だと思いますが)困っているナースのためにそこまでする外科医・柊又三郎は人間的にとてもできている人格者だと思いました。私を含め、ほとんどの人間は自分さえよければいいと考えがちですが、このドラマを見て反省させられました。最後はナースたちと仲直りができてよかったと思います。

第7話『かあちゃん!』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第7話 あらすじ
あらすじ追記
ドラマ「外科医柊又三郎」第7話 感想
感想追記

第8話『パパとの夏休み』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第8話 あらすじ
あらすじ追記
ドラマ「外科医柊又三郎」第8話 感想
感想追記

第9話『悲しみよ、こんにちは』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第9話 あらすじ
外科医・柊又三郎(萩原健一)の活躍により、病院に活気が戻ってきた矢先、西郷総合病院院長である加藤勝之助(根上 淳)が心臓発作で倒れ急死してしまいます。若いころから院長を慕っていた又三郎は深く悲しみます。院長の死を聞いて今は大学病院の助教授である、かつての外科部長・中原浩(柴俊夫)と大学病院教授の国弘(寺田農)は西郷総合病院を乗っ取ろうと訪ねてきました。そこで一番邪魔な存在である又三郎を辞めさせるよう企みます。国弘はまず最初に、大学病院に席がある又三郎の同僚・島津涼子(高樹沙耶)に又三郎を辞任に追い込むために協力を要請したり、大学病院に戻る事を断った斉門純一(保阪尚輝)にも、辞任に追い込む事を協力するなら再びチャンスを与えると誘い込みます。しかし2人とも又三郎を辞めさせるのであれば自分たちも病院を辞めると、又三郎と共に抵抗すると国弘たちに宣戦布告を申し込みました。すると周りにいた内科医である赤星(緒形幹太)や事務長(佐藤B作)も辞めると必死に抵抗します。そんな周囲の思いに対して又三郎はお礼を言い、国弘たちに最後まで抵抗すると改めて心に決めるのでありました。
ドラマ「外科医柊又三郎」第9話 感想
第9話から人間として人徳者であった病院長(根上 淳)の死によって新しい病院長(寺田農)が入ってくることになりますが、ここから善と悪との対立の形式が成り立ったと思います。善は萩原健一演じる外科医柊又三郎で、悪はかつての同僚中原浩(柴俊夫)と国弘(寺田農)です。前病院長は患者ファーストの考えでありますが、新病院長は患者よりもお金を優先する人ですので、当然曲がったことが嫌いな又三郎は邪魔な存在になってしまいます。そのため又三郎を辞めさせようと企みますが、ほかの同僚がそれを許さない、又三郎の人徳によるものだと思います。続きが見たくなりました。

第10話『本当に腹は黒いか』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第10話 あらすじ
西郷総合病院を乗っ取ろうとした国弘(寺田農)は、実は肝臓がんに冒されていました。国弘の肝臓がんは難易度の高い手術をしないと治らないもので、柊又三郎(萩原健一)が執刀しないと治らないと悟ります。そこで助教授である中原(柴俊夫)に又三郎に自分の手術を引き受けるよう命令しますが、その傲慢な態度に又三郎は断ります。国弘は、なぜ自分の手術を断るのか理由を問いただすと「あなたは患者さんの気持ちが分からないから、ベッドの上でふんぞり返っている、あなたが患者さんの気持ちが分かった時、私は喜んであなたの手術をさせていただきます」と病室から去っていきます。その後悩んだ挙句、心に変化が起きた国弘は、「柊先生、助けてください」と、又三郎に自分の手術をしてくれるよう土下座をして頼み込むのでした。
ドラマ「外科医柊又三郎」第10話 感想
患者を何よりも第一に考えている西郷総合病院外科医の柊又三郎(萩原健一)は、患者よりも利権を優先する国弘新病院長(寺田農)と対立してしまいます。そんな中、国弘は実は肝臓がんを患っていて又三郎に傲慢な態度で手術を依頼するも、「患者の気持ちが分からない今のあなたでは、私は手術をお断りします」と、又三郎から断られてしまいます。医者から患者の立場になって初めて患者の痛みを知り、心に変化が出てくる様子は見どころだと思います。最後は頭を下げて又三郎にお願いするシーンはスカッとしました。

第11話『罪と罰!』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第11話 あらすじ
あらすじ追記
ドラマ「外科医柊又三郎」第11話 感想
感想追記

第12話『できちゃったんです…』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」第12話 あらすじ
外科医・柊又三郎(萩原健一)の同僚である内科医の赤星健太郎(緒形 幹太)は交際しているナースである水野文(五十嵐いずみ)を妊娠させてしまい、どうしたらいいのか又三郎に相談します。そんな時世界的にも有名な画家の坂田修平(松村達雄)が入院し、又三郎の担当になります。坂田は2年前に手術をし本人も再び手術をすることを望んでいないが、どうか手術をすることを説得してほしいと坂田の妻(中原 ひとみ)から頼まれます。そんな時、又三郎の大学生の娘である佳美(上野 美津恵)が産婦人科から出てくるところを目撃してしまいます。それによって頭がパニックになった又三郎は病院でも上の空状態で、事務長(佐藤B作)に居酒屋で悩みを相談しますが、佳美からの手紙により娘が妊娠していない事を知ると、又三郎はほっと一安心します。一方で赤星たちも結婚することが決まります。坂田はやはり手術をするのを拒み、妻も坂田の希望を受け入れて自宅に帰ることになり、又三郎たちはそれを見送るのでした。
ドラマ「外科医柊又三郎」第12話 感想
同僚が交際相手を妊娠させてしまったり、自分の娘が妊娠してしまったかもしれなくて父親がパニックになっている様子を描いています。お互い父親である外科医・柊又三郎(萩原健一)と事務長・北別府光太郎(佐藤B作)が居酒屋で飲んでいる姿は、妙に気が合う二人なので、見ているとなぜか微笑ましい気持ちにさせてくれます。また娘が妊娠してしまったときの心境を語るシーンはリアルで共感が持てました。結局又三郎の娘は妊娠していませんでしたが、それを知った時の又三郎のほっとした様子は医者ではなく父親としての表情が出ていたのが印象的です。

最終回『グッドバイ』

動画サイト
ドラマ「外科医柊又三郎」最終回 あらすじ
あらすじ追記
ドラマ「外科医柊又三郎」最終回 感想
感想追記

ご覧頂きましたように、無料サイトに「外科医柊又三郎」の動画はアップされているものの画質や音が悪いのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

そのため、ウィルス感染や動画の画質や音なども気になる方も、DVDの購入をおすすめします。

先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトでの値段を比較してみたところ、「外科医柊又三郎」のDVDは取り扱いなしとなっています。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 取り扱いなし
Amazon 取り扱いなし 取り扱いなし
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 取り扱いなし

「外科医柊又三郎」の、新品のDVDをご希望の場合は販売のお知らせを待ちましょう。

 

ドラマ「外科医柊又三郎」のあらすじと見どころ

外科医・柊又三郎(萩原健一)は、アメリカにもいた事がある超一流の腕を腕を持つ執刀医であり、その腕を見込まれて西郷総合病院に赴任する事になります。同僚の島津涼子(高樹沙耶)と斉門純一(保阪尚輝)とは、急患の診断をめぐって対立しますが、的確な診断とスピーティーな手術で患者を救う腕の良さと、又三郎の人柄に純一は徐々に慕うようになっていき、島津涼子とはお互い異性として次第に惹かれていきます。又三郎の影響で病院に活気が出てきたところで現病院長(根上淳)が急死してしまいます。新しく入ってきた新病院長である国弘(寺田農)は自分の利益の事しか考えない人間で又三郎と対立しますが、国弘は肝臓がんに冒されていて、結局又三郎に手術をお願いすることになります。その後も同僚である赤星(緒形幹太)がナースの水野(五十嵐いずみ)を妊娠させてしまったり、又三郎の娘である佳美(上野美津恵)が妊娠してしまったかもしれないなど、色々な出来事があります。そして最終では斉門が英国留学したり、又三郎が涼子にプロポーズをすることになります。

ドラマ「外科医柊又三郎」の出演者や主題歌

柊又三郎:萩原健一
斉門純一:保阪尚輝
島津涼子:高樹沙耶
水野文:五十嵐いづみ
柊佳美:上野美津恵
北別府光太郎:佐藤B作
見城実:薬丸裕英(シブがき隊)
加藤勝之助:根上淳
中原浩:柴俊夫
国弘:寺田農
赤星健太郎:緒形幹太
鈴木峰子:鷲尾真知子
今西京子:木村理恵
吉永百合:池田有希子
目方幸子:中里博美
江上翔子:安妙子
栖本陽子:深来雅映
吉井久美:黒川陽子
立原マキ:三井まき
深沢麻理:浅倉涼子
黒木徹:小栗雅弘
北川高志:板倉光生
藤木洋平:竹下恭司
源さん:田山涼成
久我奈々:星子佳

主題歌:B’z「love me, I love you」

放送年:1995年

テレビ局:テレビ朝日

ドラマ「外科医柊又三郎」の見所や感想

30代女性
萩原健一が演じる外科医・又三郎は一言で言うと変わっていて、色々な意味で奇行が多く、手術前と手術後の北斗七星へのお祈りの儀式が印象的でした。基本的に同僚に対して人当たりが良く、お金に困っているナースのために援助したり、患者に対しては手術当日は休みでも様子を見に来るなど、思いやりのある人間として魅力のある医者であり、ついつい最終回まで視聴してしまいました。ドラマとしてはコメディー的な場面もあり、思わず笑ってしまったり、時には涙ありの名作で、とても面白かったです。
50代女性
萩原健一演じる外科医、柊又三郎は実に爽快でまたどこか懐かしく温かみのある人物で描かれていました。共演者も個性的でその魅力が光っており、しっかりと脇をかためていました。若き日の保坂尚希と又三郎との熱き掛け合いも清々しく、高樹沙耶演じる女医との医療現場を通しての恋の行方もわくわくして見ていました。
しっかりしてはいるもののおっちょこちょいの事務長(佐藤B作)と又三郎の会話も軽妙かつユーモアに富んでいて楽しかったです。
そしてなによりこのドラマのすべての音楽が大好きでオープニングから始まるあのサックスの旋律はまさに萩原健一(柊又三郎)そのものに感じます!
今現在のような凝った医療ドラマのような派手さはありません。しかし何度見ても新鮮な気持ちにさせてくれる医療ドラマは個人的にはこれが一番かなと思っております。
最終話には又三郎がついに島津先生(高樹沙耶)にプロポーズ。この経緯までもが実にサラッとシンプルに描かれてはいるもののプチ感動してしまいました!
爽やかで5月の風のようなドラマ。再放送を期待しています。

関連動画

もう誰も愛さない
パパドル
パンチライン
グランメゾン東京
ビューティフルライフ

 

まとめ

ドラマ「外科医柊又三郎」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

萩原健一さん演じる執刀医としての腕はとても優秀な外科医男性が同僚たちと対立するも、信頼関係を築いていくなど医療の現場で起こる人間模様を描いた見ごたえのある医療ドラマです。

薬丸裕英さん演じる又三郎を敵視する見城実役にも注目の何度でも見たくなる、名作中の名作といってもいいドラマです。

ただ、動画配信サービスや、DVD宅配レンタルサービスがありませんので、視聴したい方は、DVD化のお知らせを待ちましょう。