ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|弱くても勝てます(中島裕翔)の動画を無料で最終回まで視聴する方法

2014年4月12日から6月21日に放送されていた嵐の二宮和也さん主演ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」には、Hey!Say!JUMPの中島裕翔さんが出演しているドラマです。

生徒役の中島裕翔さん始め、ドラマ・映画で主役を演じる俳優さん達ばかりということでとても話題になりました。

この記事では、ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」の動画を無料で視聴できる方法をまとめています。

ちなみに、TSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)なら「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」を無料で視聴することができますので、興味ある方はお試しください♪

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

目次

ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」の動画を無料視聴する方法

どこの動画配信サービスならドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」が無料で視聴できるのか、調査したものをまとめています。

◯:DVD見放題 X:未配信

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,659円(税込)
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(ポイント配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 14日間無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年11月5日の時点の情報)

ご覧いただきましたように、「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」の動画を無料視聴できる動画配信サービスはなく、DVDをレンタルするしかありません。

ジャニーズは著作権が厳しいため、ネットでの動画配信サービスで視聴できる作品はほとんどないからです。

ただ、DVDレンタルって、借りたり返却したりの手間や返却期限が過ぎてしまった・・・

など、めんどくさいですよね。

ですが、TSUTAYA DISCASなら、

  • スマホやパソコンなどで選んだDVDが自宅に届く
  • 返却は近所の郵便ポストに投函

のみの2ステップで簡単にレンタルできます♪

さらに、DVDが借り放題なので、その他の中島裕翔さん出演の「HOPE 期待ゼロの新入社員」、「理想の息子」などもまとめてレンタルすることもできます。

今、頼めば早くて明日にはDVDが届くだけでなく、TSUTAYA DISCASなら30日間お試し無料期間があるので、0円で「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」を視聴できます。

中島裕翔さん出演作品だけでなく、ぜひ「30日間のお試し借り放題」で、その他たくさんの作品を無料でお楽しみいただければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

TSUTAYA DISCASなら「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」の動画を無料視聴できることは理解できたけど、返却期限や延滞料金などサービスの詳細がわからないと不安ですよね!

そこで、次はTSUTAYA DISCASのサービスについて紹介していきます。

TSUTAYA DISCASの特徴

TSUTAYA DISCAS(宅配DVDレンタルサービス)の特徴を表にしてまとめました。

月額料金 月額2,659(税込)→初回限定0円
無料レンタル期間 30日間無料
返却期限/延滞料金 なし
送料 0円
レンタル可能作品 新作:レンタル不可
準新作:最初の8枚までレンタル可
旧作/まだまだ話題作:借り放題

TSUTAYA DISCASは店舗など一般のDVDレンタルと違って返却期限がないので、延滞料金がかかる心配もありません。

ただし、

  • 返却しないと次のDVDを借りることはできない
  • 無料期間内に解約する場合は、その間にDVDを返却する

という点を覚えておいていただければ心配ありません♪

また、TSUTAYA DISCASにおいては、DVDのレンタルが開始された日より、

新作:レンタル開始日〜90日
準新作:レンタル経過91日〜390日
まだまだ話題作:レンタル経過391日〜720日
旧作:レンタル経過721日〜

と、このように分類されています。

無料期間中は旧作・話題作は借り放題ですが、準新作については、

1枚目〜8枚目までのレンタルは準新作・旧作の両方を借りる事ができますが、9枚目以降は旧作のみとなります。(無料期間中、新作はレンタル不可)

そのため、準新作だけ注意しておきましょう!

DVDの種類 最初の1〜8枚 9枚目から
新作
準新作
まだまだ話題作
旧作

さらに、TSUTAYA DISCASではDVDレンタルだけでなく、スマホやパソコンなどでネット視聴できるドラマや映画が約1万作品もあり、こちらも合わせて30日間無料で視聴することができます。

「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」などの中島裕翔さん出演作品をレンタルし終わって、まだ無料期間が残ってしまっても大丈夫ですね!

ぜひ、TSUTAYA DISCASの「30日間のお試し無料期間」をフル活用してお得に楽しんでいただければ幸いです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

TSUTAYA DISCASなら「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」を無料で視聴できることを話してきましたが、解約できずにお金がかかったらどうしよう・・・と不安ですよね。

そこで、TSUTAYA DISCASの登録方法と解約方法について画像つきでまとめてみました!

TSUTAYA DISCASの登録と解約方法

ここでは、TSUTAYA DISCASの登録と解約方法について説明しています。

「+」をクリックしていただくと画像つきの解説がでて、さらに横スクロールでご覧いただけます。

TSUTAYA DISCASの登録方法
step1 step2 step3 step4
「今すぐ30日間無料トライアル」をクリック 個人情報、お支払い方法の必要事項を入力 同意にチェック後、「確認画面へ」をクリック 「この内容で申し込む」をクリックして登録は完了
TSUTAYA DISCASの解約方法
step1 step2 step3 step4 step5
「登録情報の確認」をクリック 「メニュー一覧」タブを開き、「サービス解除申請(サービス退会)」をクリック パスワードを入力しログイン 退会に関する確認事項に全てチェックを入れ、「次へ」をクリック 引き続き、退会に関する確認事項に全てチェックを入れ、「申請を完了する」で退会完了

※30日間の無料期間内に解約すれば1円もかからず視聴できます。

ネットでいつでも簡単に解約することができるので安心ですね!

ぜひ、30日間の無料お試し期間で、中島裕翔さん出演ドラマだけでなく、著作権の関係で動画配信にはない、たくさんのジャニーズ出演作品をお楽しみいただければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

とは言っても、動画配信サイトなどに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・

と思う方のために、登録不要な動画サイトでドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」を視聴できるのか調べてみました!

ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」の動画は無料の違法サイトで見れる?

「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」が登録不要な無料の動画サイトでフル視聴できるのか調べてみました。

検索結果は次でまとめていますが、1話から最終回までフル視聴できる動画はありませんでした。

動画の無料違法サイトは、

  • ウイルスに感染する危険
  • 偽の悪質なサイトへ飛ばされ、個人情報が抜き取られる危険
  • 広告が多く、画質や音が悪いなどのストレス

のリスクがありますので、無料だからと油断したばかりに余計な出費がかかる事態は避けたいですね・・・

せっかくなら安心、快適に動画を楽しみたい方はぜひ、TSUTAYA DISCASでのお得な無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円も費用はかかりません。

 

ドラマ「弱くても勝てます」の各話のあらすじと感想

「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『変人!?教師の野望』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第1話 あらすじ
東京大学の研究室を追い出され、日本有数の進学校で、母校でもある小田原城徳高校に、教師として勤めることとなった田茂青志。不本意ではなかったが、校長や喫茶店サザンウインドのオーナー、樽見楓とその娘の樽井柚子の説得により、OBでもある野球部に関わることとなった。この野球部はとにかく弱小で、練習時間も週に一回の三時間しかない。試合ができるどころか、球すらまともに投げ合えないへっぽこ野球部だったのだ。そして、部員は新入生を入れて6人。さらに、春の親善試合で、火だるまになった赤岩公康という部員も、部活に来なくなっていた。高校野球の取材記者、利根璃子と共に13年前の因縁の相手、常東学院の監督と話した青志は、部員が足りないために校長が断っていた常東学院との親善試合を、無駄でも勝ちたいんだ、と勝手に請け負ってしまった。そのために、少しでも注目を浴びたい亀沢俊一、超短距離走の岡留圭、柚子のストーカーの志方英介を入れ9人で、試合に臨むことになったのだった。当然のように、大差をつけられてしまう城徳高校。しかし、ピンチヒッターとして現れた赤岩や、青志の激励のおかげで、見事常東学院からスリーアウトを勝ち取った野球部。歓喜に沸くチームメイトだったが、その日は日没コールドとなってしまった。そして、落ち込む野球部たちへ、弱いままで勝つ方法を考えよう、と語りかける青志。こうして、青志は小田原城徳の野球部の監督になったのだった。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第1話 感想
最初、青志先生の、ドライで野球に関わろうとしない姿勢がとても気になりましたが、それは冒頭に出てきた常東学院との試合にありそうだということが分かり、早くも先が気になってしまいます。そして、弱いことは知っていつつも、城徳高校の野球部のあまりのへっぽこさには呆れて物も言えないくらいで、弱くても勝てますというタイトル通り、いつかこの弱小野球部が勝ってくれるのだろうかと不安と期待でいっぱいです。それに、出てくる人全員の個性が強く、野球がへたくそなのにがむしゃらで素直な人柄と、青志先生の冷酷な温度差がおかしくて笑ってしまいます。野球部だけでなく、いきなり出てきた記者の利根さんや常東学院の監督など、お世辞にもフレンドリーとは言えない登場人物が、波乱の展開を呼びそうで楽しみです。

第2話『実話原作ドラマ化!先生走る!秀才へっぽこ野球部にイジメと切ない初恋』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第2話 あらすじ
まだまだ問題ばかりの野球部。野球としての能力は白尾剛以外に偏りがなく、全員が平等に下手であるため、ポジション選びに苦戦する青志。堂東学院にスカウトまでされたにもかかわらず、城徳高校に入った白尾は、実は柚子のことが好きで、甲子園に行って堂東学院を倒せば柚子の笑顔が見れると考え、わざわざ城徳高校に入ったのだった。そして、普通をあきらめ、セオリー通りの練習をさせない青志に不満を持った白尾は、監督をやめるよう訴える。赤岩と白尾の対決で、ホームランを一本でも打てば勝ちという勝負で、もちろん白尾が勝ってしまったのだが、青志の教えの一つである、「勝負においては俺は、じゃなく俺が、の精神で行け」。これを守った部員たちの気合に気おされ、結局青志は監督を続けることとなったのだった。そして、過去の因縁相手である、谷内田健太郎は、肩の故障により日本で堂東学院の特別コーチを務めることとなった。ついに、十三年の時を経て、青志と健太郎は互いにけん制しあう勝負相手となったのだった。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第2話 感想
個人的に、白尾はあんなに野球がうまいのにどうして城徳高校にいるのかなとは思っていましたが、まさか柚子を追いかけ、笑顔を見るためだけに常東学院のスカウトを断ってまで城徳高校に入ったとは思わず、とても驚きました。そして、そんな強い信念をもった白尾だからこそ、半分バクチのような青志先生のやり方に納得がいかないんだろうな、とも思いました。それに、青志先生の因縁のライバルがメジャーリーガーの谷内田健太郎だと分かり、この戦いは長く続きそうだなと思っています。いつか、二人が直接対決をしたならば、青志先生に勝ってほしいです。

第3話『亡き父に誓った母娘の野望!女で上等よ!学費滞納の貧乏部員を救い出せ』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第3話 あらすじ
野球部の、甲子園出場への道のりは長い。柚子の焦りは募るばかりだ。甲子園が近づくと決まって試合に出場させてほしいという柚子。それには青志の試合をみた柚子の父親が、柚子が試合に出ているのを見たいといったことを忘れられずにいたからだ。それに、亀沢は経済的理由で困窮しており、練習もままならない状態という問題を抱えていた。そんな亀沢をかわいそうに思った赤岩は、部員だけでなんとかしようとするが、そんな赤岩の気持ちも逆効果だった。そんな中、部活の練習中に、突然健太郎が見学に来たことで、部員は大騒ぎし、青志も敵意を燃やすのだった。コミュニケーションでも野球の試合でも、相手のことを思いやった行動を起こせ、とアドバイスする青志。そんな青志の姿をみて、何か思うところがあったのか、健太郎はピッチングをみせ、ほほえむのだった。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第3話 感想
早くに亡くなった父親の言葉をずっと覚えており、一生懸命打席に立とうとする柚子のひたむきな思いには心打たれました。また、急浮上した亀沢の貧しい生活状況。かわいそうだとは思いながらどうすることもできずに衝突を繰り返す部員たちを見ていると、胸が締め付けられます。経済面でも勉強面でもあまり苦労せずに来られた赤岩は、経済面で困っている亀沢の気持ちをうまく理解してやれずに苦しんでいたため、青志先生の練習中のアドバイスは、試合中だけでなく、人間の根本を教えてくれるような深いアドバイスなのだと気づきました。そして、急に青志先生のもとを訪れた谷内田さんも、何かをたくらむ様なほほえみを見せるので、これからの展開が気になってしまいます。

第4話『実話原作ドラマ化!ついに発見!秀才弱小野球部が弱いまま勝つセオリー』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第4話 あらすじ
そして、試験期間が訪れ、しばらく部活動が禁止になってしまう。今まで人生に苦労したことがなく、今のうちに挫折しておきたいという赤岩は、常徳学院へ道場やぶりに行ったはいいものの、片手間で遊ばれてしまい、落ち込むのだった。そして、試合に対するコツを少しずつつかみ始めた青志や部員たち。常に時間のない部員たちにとって、試験期間中に必要だったのは素振りや筋トレでなく、時間を使うセンスだったのだと言い切る。そのアドバイスを受け、試験勉強をしながら効率よく練習をする部員たち。試験結果は赤岩のぶっちぎりの一位で終わった。試験後、練習を再開した野球部だったが、赤岩の父親、晴敏が送ったバッティングネットのせいで集中力が減ってしまい、打率がなくなってしまった部員たち。そんな危機的状況に喝を入れ、「文系で守り、理系で打つ」というモットーを打ち出した青志。それは、文系の守備を捨て、理系の打率をあげるという奇をてらった戦略だった。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第4話 感想
国内有数の進学校の試験期間だというのに、みんな野球がやりたくて、こそこそと集まる様子が少しかわいくもあり、応援してあげたくもなります。赤岩の心意気はすごいと思いますが、やはり常東学院は強く、片手で持ったバットで軽々と打たれては、赤岩も落ち込むのは当たり前だろうなと同情しました。しかも、この試験期間中だからこそできることがある、と部員たちの士気をあげ、時間がないという問題を解決する青志先生の姿はかっこよく、こんな指導者に教えてもらえたらもしかしてこの城徳高校も強くなれるのかな、と期待の念が高まります。

第5話『初試合!守備を捨て(秘)ドサクサ打法爆発 苦学生の大決断と恋の三角関係』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第5話 あらすじ
晴敏からの多額な寄付により、武宮高校との試合が決まった。バッティングネットを躊躇なく捨てた青志への復讐に燃える晴敏などどこ吹く風で、勝負論にどんどん熱が入る青志。部員たちもそれにつられるように、武宮高校の偵察に行ったり、自主練に熱が入る。そして、ハイリスク、ノーリターンを目指し、攻めの野球をするために、打球練習に励むのだった。そして、赤岩と白尾はキャッチボールをしていたが、白尾の告白宣言に動揺した赤岩は白尾にけがをさせてしまう。白尾抜きで試合をすることになった野球部だったが、前半は快調に得点を重ねるのだった。しかし、これは監督と晴敏の指示であり、後半から一気に畳みかけるように得点を取り返されたのだった。気落ちする部員たちだったが、赤岩や岡留の活躍により、一時は城徳高校の流れが変わったが、やはり実力不足で、負けてしまった。青志は落ち込む部員たちに強い気持ちでプライドを持ってほしいという願いを訴え、これからの練習へ生かすことを決意したのだった。そして、苦学生であった亀沢は、両親を無理させたくないという思いで学校をやめることにしたと青志に打ち明けたのだった。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第5話 感想
晴敏の大人げないやり方や子供っぽい逆恨みには、見ていて腹が立ちますが、最後武宮高校との試合の時に、バッティングネットは捨てたんじゃなく、むしろ感謝していたという話を利根さんから聞き、勘違いしていた自分を恥じて、姑息な戦い方をやめるように武宮高校の監督に働きかけたところだけは素直だなと思いました。これからも、こうした私情で青志先生たちを邪魔して事を荒立てるのかと思うと、行く先が心配です。そして、ただ落ち込むだけでなく、改善点を見つけこれからも上に行こうとする青志先生のポジティブな向上心には、見ていてこちらが励まされるようです。

第6話『さよならホームラン涙の最終打席…野球部が旅立つ友へ贈る別れの文化祭』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第6話 あらすじ
城徳高校の文化祭の季節が近づいてきた。そんな時、退学の意思を見せる亀沢を、両親の気持ちになって脛をかじっておけ、と青志が説得するが、亀沢の決意は揺るがない。退学の同意を得るために、両親が働く工場に出向くと、手に入れられないバットを作ってくれていたり、出し物のリハーサルの最中に、台本通りにお金を受け取れなくなってしまう亀沢を体当たりで止めようとする部員を前にして、亀沢の心は激しく揺さぶられるのだった。退学届けを提出した亀沢が、部室に足を運ぶと、バットに「もう一打席!」のメモが貼られており、不審に思う亀沢。グラウンドに一列に並んだ部員たちは、一度やってみたいと言っていた指揮者をさせてあげるために、城徳高校の校歌を歌いだすのだった。一方そのころ、高校野球の記事が谷内田健太郎の特集になりそうだと知った青志は、今でも夢に見るという13年前の出来事を記事にすることを約束すると同時に、璃子の記事への並々ならぬ思いを感じ取った。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第6話 感想
ただの文化祭の、出し物としての劇のはずなのに、柚子から差し出されたお金を見つめ、受け取れない、と亀沢がいった場面はとても悲しくなりました。この劇の前後で、優しくしてくれるみんなのことを嬉しく思いながらも、どこか申し訳なく感じていた亀沢の気持ちが痛いほどわかったからです。受け取れないと言って出ていこうとした亀沢を必死に引き止め、舞台の上から降ろさせないみんなの姿が、野球部の一員としてまだ辞めさせないぞ、という強い決意の表れのような気がして、グッときました。そして、最後に夢をかなえてあげようとし、みんながグラウンドで一生懸命校歌を歌っているところは思わず涙が出ました。また、青志先生にも決断の時がやってきます。記事にのせるということは、青志先生自身の汚点を周りにさらすことになるからです。この後の周囲の反応が気になります。

第7話『強化合宿!男だらけでケンカ続出!(秘)打法で東大にも兄弟喧嘩も恋も勝て!』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第7話 あらすじ
記者である璃子の連載により、城徳高校が大量エラーを出した伝説の試合は、青志によるものであったことを知った常東学院の監督や部員たちに知れ渡ることになった。そして、青志の提案により、城徳高校野球部初の合宿が開催されたのだが、そこは堂東学院の専用の合宿所だった。堂東学院の厳しい練習風景を見て、驚く部員たち。堂東学院の部員である藤一郎は、光安の実の兄であり、白尾のライバルでもあった。兄弟間の確執や、白尾との事情が重なり、城徳高校対藤一郎で勝負することになってしまう。次々と倒される部員たちだったが、運よく江波戸のバットに当たり、白尾との対決はお預けになってしまったのだった。さらに、常東学院の練習をみた青志も、意外な普通性に新たな決意を固め、甲子園にむけて、より一層結束を固めた城徳高校だった。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第7話 感想
連載を見た部員たちは、不満を抱くかと思いきや、むしろそんな潔い先生のことを尊敬するばかりでした。素直というか抜けてるというか、そんなまっすぐな人柄が、何にも興味がなく平穏無事に一年間をやり過ごそうとしていた青志先生には、面白い生き物に映ったのかなと思います。そして、この合宿で、常東学院にいる光安の兄、藤一郎が、中学校時代の白尾のライバルでもあったというややこしい展開を迎えます。常東学院のエースである藤一郎が、城徳高校の野球部全員に空振りさせたら勝ち、というどうしても軍配は向こうにあるような試合を受け、最後まで仲間が勝つと信じて疑いません。そしてまぐれではありますが、江波戸が綺麗に打ち込んでエースの球を打ち返したのには、常東学院に一矢報いたような気がしてすっきりしました。

第8話『不祥事!!』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第8話 あらすじ
甲子園出場に向けた一回戦の相手は、常日頃からライバルとしている武宮高校であった。試合に向け、自身の弱点を知り、よりいいバッティングに生かそうと奮闘する部員たちも増え、一丸となって取り組むのだった。そして、璃子の書いた記事のおかげで、周囲の高校と練習試合が出来るようになり、実験だと思ってやるように、という青志のアドバイスを大切にして実戦経験を積んでいく。岡留と江波戸も、お互いを認められるようになるなど、いいチームワークを築いていた。そのころ晴敏から、武宮高校の特別コーチになってくれないかという頼みに気が進まなかった楓だったが、青志が一年で高校を辞めてしまうと知り、その闘志を燃やさせようとその頼みを受け入れるのだった。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第8話 感想
今まで、強引で記事のことにしか興味がないと思っていた璃子ですが、回を重ねるにつれ、城徳高校のためにできることを探し、城徳高校のことが広まるような記事を書いてくれていることが分かって、とても好きになりました。これまでいろいろなことがあった部員たちですが、最後の目標を前にどんどんとまとまってきて、チームワークを感じられるようになったので、試合の結果が期待できます。さらに、今まで中立的な立場でただ応援するだけだった楓さんがいきなり武宮高校の特別コーチという驚くべき展開に、ワクワクします。武宮高校にはコテンパンにやられているので、今度こそ勝って一回戦を突破してほしいです。

第9話『甲子園予選1回戦!勝てる確率は1.9% なるか!?弱い奴らの涙の初勝利』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第9話 あらすじ
武宮高校は、楓の尽力のもと問題を改善していく。そんな複雑な状況で、璃子の記事の連載も危機に瀕していた。試合が差し迫る中、それぞれの思いを抱え、一人は告白し一人は決意して、全国野球選手権に臨んだのだった。城徳高校の晴れ舞台には工場で働く亀沢も駆けつけ、楓や晴敏共に、緊張感が漂う。前半、武宮高校相手に、十六対五の苦しい状況に立たされる城徳高校だったが、練習の成果か、志方や岡留、江波戸が続けてヒットを打ち出し、二十一対十八の攻防が続く。そして運命の7回、この回でコールド勝ちを狙えという青志の指示通り、順調に得点を重ねる城徳高校の野球部。しかし、楓の激励により、落ち着きを取り戻した武宮高校のピッチャーにより、赤岩は三振。7回の裏で、赤岩が決めれば勝ちという局面で、ホームベースに手が届いた。満塁ホームランを決め、喜びの雄たけびをあげる野球部たち。青志は涙し、皆が喜んだ。弱くても勝てたのだ。お前たちのことを誇りに思う、と勝利を噛み締める青志たちの前で、トランペットの音色が鳴り響いた。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第9話 感想
ついに、武宮高校との試合が始まりました。両者一歩も譲らない戦いには、息をするのも忘れ、城徳高校を応援してしまいました。いつも見ていたへっぽこ野球部だとは思えないほど、強くたくましく成長していて、なんだか感慨深かったです。ここで決めれば、という勝負の場面でしっかりと決めた赤岩もすごかったですが、それまでに得点を重ね続けた野球部全員の努力が報われたようで嬉しかったです。涙を隠すように野球帽で顔を隠した青志先生の何とも言えない感動が分かり、本当に感動しました。お前たちのことを誇りに思う、この言葉に青志先生の思い全てが詰まっていると感じました。

第10話『へっぽこ野球部に最高の監督あり!超弱小校が強豪校に勝つ!?涙のラストへ』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第10話 あらすじ
話はこれだけで終わりではない。二回戦の相手は、あの因縁のライバル、堂東学院。部員にも、青志の指導にも一層熱が入る。完璧を求める堂東学院の隙をつくどさくさ戦法を打ち立て、藤一郎からなし崩しにする作戦を立てた。そして、部員の練習中、青志は記事の取材を受ける。璃子が取った青志の言葉メモには、今までの城徳高校と青志の歴史が詰まっており、全てあいつらと関わる上で言わされたことだと笑うのだった。そして迎えた二回戦。やはり常東学院エースの打球の前には、ほとんどの部員が歯もたたず、江波戸のささやき戦法も不発に終わってしまう。その後、赤岩を筆頭に、常東学院のペースを崩し、白尾が満塁ホームランを打って、流れを変えることに成功した城徳高校。しかし、最後の最後で、藤一郎は野球部全員を敵と認め、勝負を仕掛け、城徳高校を抑え込んだのだった。城徳高校と青志の夏は終わった。青志も、部員も部室で泣きながら崩れ落ちたのだった。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第10話 感想
そして、二回戦。武宮高校との試合に勝っただけでもすごいのに、部員たちは早々に先を見据えて常東学院に勝つための準備を進めていました。本気で勝つことをあきらめていないその姿に、青志先生の今までの教えが十二分に活きており、これまでの道は間違っていなかったのだ、と確信しました。色々な作戦を立て、色々な言葉を紡いできた先生が、それらはすべて野球部部員に教えてもらったことだと笑顔で語った時、部員だけじゃなく、青志先生自身も成長し、変わったのだとそう感じました。しかし、常東学院は強く、もう少しというところで負けてしまったときは、私も同じように悔し涙を流してしまうほど、感情移入してしまいました。

第11話『卒業…二宮和也、涙の15分間のラストメッセージ!!失敗を恐れず思いきり振り切れ!!』

動画サイト
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第11話 あらすじ
秋、甲子園も終わり、三年生は受験勉強に勤しんでいた。しかし、夏の大会が終わった後も名残惜しそうな三年生や、部員が足りず試合にも出られない状態に逆戻りした二年生もくすぶっていた。亀沢も無事高卒認定試験に合格し、みんなで集まり、開いた新年会で青志は楓への今までの感謝を伝えたのだった。赤岩、柚子、江波戸は東大に合格し、白尾は早稲田で、岡留は浪人して、それぞれ頑張ることとなった。卒業式の終り、涙し、時には咆哮しながら一人一人の良い所を見つけ、道を示す青志。「出会えてよかった。お前たちのことが大好きだ。本当にありがとう。」という、一つ一つのメッセージを噛み締め、部員たちは前に踏み出したのだった。最後の親善試合として、楓や柚子、晴敏や常東学院の監督、璃子、校長を含めた十八人で試合をすることとなった。みんなで試合を楽しんだ後、どこからともなく健太郎が現れ、メットをつけろという。十三年前の夏のことを、終わらせようというのだ。二人でキャッチボールをし、ついに青志は、健太郎の全力の球を取ることが出来、自分の過去を乗り越えることが出来たのだった。大学生になった元部員たちは、三年生になった城徳高校の応援に行き、研究員に戻った青志は、少年野球のコーチを続け、野球に関わり続けることにしたのだった。
ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」第11話 感想
前回を最後として終わるのかと思いきや、まだ青志たちのドラマは続いていました。まず、三年生にとって一番大切な受験。ほとんどが当たり前のように東大に行けるのも、少し受け入れがたいですが、白尾が早稲田に行き野球をさらに頑張るという未来が見据えられる筋書きになっていてよかったです。そして、心配していた亀沢も、きちんと卒業することが出来、またみんなで集まって楽しそうにしているところが見られてこっちが嬉しくなってしまいました。また、卒業式のあと、青志が一人一人にメッセージを残し、部員が嬉しそうに聞く場面は一番泣きました。青志も部員も涙で顔をぐちゃぐちゃにして、感謝を伝え合い、笑う。一年間、ただひたむきに野球をやってきたという事実が彼らを結束させたのだと思うと、スポーツの力もまだまだ捨てたものじゃない、と思います。試合に勝ったから終わり、試合に負けたから終わりではなく、その先の未来を、それぞれ進んでいく道を見せてくれたこのドラマは、ある意味リアリティが強く、より視聴者に訴えかける素晴らしいドラマだと改めて思いました。

 

ご覧頂きましたように、無料サイトに「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」の動画は1話から最終回までフル視聴できるものがありません。

また、そのような違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、広告が多く、画質や音も悪いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASなら、安心して「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」のフル動画を、無料で楽しむことができるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円も費用はかかりません。

ドラマ「弱くても勝てます」のあらすじと見どころ

田茂青志は、東京大学の研究室を追い出され、仕方なく母校の教師になった。しかし、OBにあたる野球部は13年前と変わらず弱小であり、常東学院との親善試合で圧倒的な強さを見せつけられ、思わず野球部の監督になってしまう。無駄でも勝ちたい、俺はじゃなくて俺がの精神で、など、様々な魂の言葉を部員に教えながら、チームワークやスキルを身に着けた部員たちは急成長を遂げ、ライバルであった武宮高校を破り、常東学院に勝つまであと一歩というところで負けてしまう。一年間の野球に全力を注ぎこんだ青志と部員たちは、涙ながらにお互いをほめたたえるのだった。

ドラマ「弱くても勝てます」の出演者や主題歌

田茂青志:二宮和也
利根璃子:麻生久美子
赤岩公康:福士蒼汰
樽見廸子:有村架純
白尾剛:中島裕翔(Hey!Say!JUMP)
江波戸光揮:山崎賢人
亀沢俊一:本郷奏多
岡留圭:間宮祥太朗
志方英介:桜田通
樫山正巳:鈴木勝大
牛丸夏彦:柳俊太郎
光安祐太:平岡拓真
伊勢田秀人:阿久津慎太郎

主題歌:「GUTS!」

放送月日:2014年

テレビ局:TBS

ドラマ「弱くても勝てます」の見所や感想

20代女性
最初あまりやる気がなく、生徒とも深くかかわろうとしなかった青志先生が、野球を通して、自身のトラウマとも向き合い、時には勝利の雄たけびをあげ、時には涙するという、どんどん生徒と共に野球に感化されていく青志先生の豊かな表情には必見です。他に登場する人物もみな個性豊かで、見ていて飽きないので、一人一人の生い立ちや環境にも注目しながら見ていると、さらに人間ドラマを感じられて泣けました。

関連動画

半沢直樹
SUITS/スーツ
水球ヤンキース
理想の息子
HOPE 期待ゼロの新入社員

 

まとめ

ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

弱小野球部を何とか勝利へ導くべく奔走する青志先生と、野球を愛するへっぽこたちの熱い青春の物語をぜひご覧になってください。

ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」の動画は、TSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)のみで視聴が可能です。

ジャニーズは著作権が厳しいため、ネットでの動画配信サービスで視聴できる作品はほとんどないからです。

TSUTAYA DISCASなら、「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」以外も、たくさんのジャニーズ出演作品を視聴することができます!

30日間も無料期間がありますので、ぜひお得に、お楽しみいただければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円も費用はかかりません。