ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|若葉のころの動画を無料でフル視聴する方法

「若葉のころ」は1996年4月12日から6月28日に放送されていたKinKi Kidsの堂本光一さんと堂本剛さん主演のドラマです。

母を亡くし働かない父の代わりにアルバイトで生計を立て弟妹を育てている堂本剛さん演じる武司と、医者の息子で不自由なく暮らす堂本光一さん演じる甲斐の青春ドラマです。

この記事では、堂本光一さん・堂本剛さん出演ドラマ「若葉のころ」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「若葉のころ」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「若葉のころ」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「若葉のころ」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「若葉のころ」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月22日の時点の情報)

ドラマ「若葉のころ」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「若葉のころ」を全話無料で視聴することができます。

「若葉のころ」だけでなく、堂本光一さん出演の「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」「ぼくらの勇気 未満都市」「スシ王子!」や堂本剛さん出演の「金田一少年の事件簿」「Summer Snow」「33分探偵」など他のドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「若葉のころ」の動画を無料視聴

ドラマ「若葉のころ」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「若葉のころ」の動画を無料視聴

「若葉のころ」以外の
堂本光一さん出演

  • 「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」
  • 「ぼくらの勇気 未満都市」

堂本剛さん出演

  • 「金田一少年の事件簿」
  • 「Summer Snow」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「若葉のころ」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「若葉のころ」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「若葉のころ」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「若葉のころ」だけでなく、堂本光一さん出演「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」や堂本剛さん出演「金田一少年の事件簿」などのドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「若葉のころ」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「若葉のころ」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。アップされている動画があったとしても、画像が荒くとても見づらいです。

今すぐ「若葉のころ」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスクが高く、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「若葉のころ」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「若葉のころ」の各話のあらすじと感想

「若葉のころ」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「若葉のころ」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『涙』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第1話 あらすじ
相沢武司(堂本剛)は、働かず酒浸りである父・悟郎(根津甚八)に代わって幼い弟妹の面倒を見ながら生計を立て、学業も精一杯にこなすという貧しくとも懸命な日々を送っていた。武司は名門の進学校である嘉南高校の編入試験に合格し、転入することになる。転入初日、父親が大病院を営む藤木甲斐(堂本光一)と武司は出会う。甲斐は裕福で温室育ちの苦労知らず。武司に対して何かと高飛車な態度で接して来る甲斐に対し、武司は傷つき、内心穏やかではない。ある日、イライラした武司はメロンを盗んでしまい…
ドラマ「若葉のころ」第1話 感想
ラスト、武司がメロンを握り締めて泣くシーンが印象に残りました。これでもか、というくらい武司が不運で不幸過ぎてかわいそう。甲斐も悪い奴ではなさそうだけれども武司にあんな態度を取らなくても、と思います。が、彼もきっと全く違う環境で育った武司に対して、どう接していいのか分からないのかもしれませんね。なんとなく暗い結末に向かっていくような気がするのですが、堂本剛さん、光一さんの演技は惹き付けられるものがあります。17歳なんて信じられません。期待大です。

第2話『戦い』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第2話 あらすじ
武司はメロンを盗んだことを後悔しつつ、甲斐に対してもイライラが募る一方だった。体育の授業中、思わず甲斐と激しくぶつかって怪我をさせてしまう。教室では武司が貧乏であり、メロン盗みをしたことを級友に暴露されていた。保健室から帰ってきた甲斐はメロンは自分があげたものだと言って武司をかばう。犯人扱いされずに済んだものの甲斐から憐みの目で見られるのが面白くない武司は、甲斐に冷たく接する。家では父・悟郎が見知らぬ女といちゃついていた。武司は女を追い出し、悟郎から暴力をふるわれる。悟郎は翌日タクシーを運転中に事故を起こし、藤木病院で治療を受ける。そこで悟郎は院長の啓輔に過去のことをネタに脅し、藤木病院で働くことになった…。
ドラマ「若葉のころ」第2話 感想
孤独な武司に今回も泣けました。心の中でお母さんに話しかける武司の健気さ。甲斐は武司が泉と登校中に「お似合いだよ」と声を掛けるあたり、きっと彼が武司のいい友人になってくれると思うのですが…泉は甲斐に惹かれていくのでしょうか。武司は心を開くことができるのでしょうか。それにしても最上はイヤな奴ですね。武司を敵対視していて見ていて腹が立ってきます。今回は妹・幸さんの甲斐からもらった人形を武司に渡しに行くところが特にぐっときました。武司にちょっとでもいいことが起こればと期待しています。

第3話『友となる日』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第3話 あらすじ
相変らずお金に困る毎日。だが武司はアルバイトが学校にばれて1週間の停学処分となってしまう。さらに帰宅後、悟郎と口論となり、カッとした悟郎に武司は酒瓶で殴られてしまった。武司は意識を失い藤木病院へ搬送される。1週間の入院が必要と診断されたが、勇太が発熱したことを知り武司は病院を抜け出すが途中で倒れ、泉に勇太のことを頼む。それを知った甲斐は勇太と妹・幸を武司には内緒で自宅で面倒を見ることにする。病院にお見舞いに来た泉に武司は告白をするがあっさり泉に拒否をされてしまう。その上、甲斐が勇太と幸を預ってくれていることを知り迎えに行くと嫌がられ、アルバイト先に行くと自分の代わりに甲斐が働いていて…武司はむしゃくしゃして甲斐と殴り合いのケンカとなる。そこで初めて武司と甲斐は認め合ったのだった。
ドラマ「若葉のころ」第3話 感想
なんでこう何度もこの家族は病院に搬送されるんだ、と思うくらいの苦しみの連続に胸がつぶされそうに…。泉への告白もうまくいかず、同情されたくない甲斐に逆にいろいろと面倒を見てもらって、武司としてはイヤだったろうけど最後殴り合って分かり合えて良かったです。男の友情!って感じです。武司も一人で何でも背負ってきて苦しかったと思うから。甲斐も武司の強さに憧れていたんですね。啓輔、何かありそうです。武司の本当の父親もしや…、ってことなのか、気になります。

第4話『禁じられた初恋』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第4話 あらすじ
啓輔の根回しのおかげで、武司はアルバイトを続けられることになった。甲斐とも打ち解け、2人で啓輔のところへお礼に向かう。そこで啓輔は武司を野心があると褒め、甲斐のことは野心が無いと嘆いた。甲斐は幼い頃から啓輔が優秀な兄ばかりに期待を寄せ、自分には冷たくしてきたことを寂しく思っており、また兄に対して嫉妬を抱いてきた。ある日、武司は、悟郎が武司に暴力をふるったことから警察に捕まったとの連絡を受ける。武司は弟妹たちのために自分の単なる怪我だと主張して悟郎をかばい悟郎は釈放された。それを知らない悟郎は武司にますますきつく当たるようになる。甲斐は恋焦がれていた教師の志帆とついに関係を結んだ。志帆は実は啓輔の愛人でもあった。啓輔はある日甲斐に将来は兄を支えて病院を経営するようにと伝える。甲斐はショックと哀しみで翌日のテストをボイコットしてしまう。
ドラマ「若葉のころ」第4話 感想
雨降って地固まる、というのかな、武司と甲斐の仲の良い様子や武司が仔犬とじゃれるシーンになごみました。なかなか辛いシーンの多いこのドラマにあって、2人の語り合うシーンには本当にほっとさせられます。教師の志帆や啓輔がデキていたとは。これを知ったら甲斐くん潰れてしまうんじゃないかしら。啓輔は兄にばかり愛情を傾けて甲斐には素気なく、しかも不倫までして家庭に愛情を注がないなんて、ひどい父親だと思います。きょうだいに優秀な人間がいる辛さってありますよね。

第5話『父の恋人』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第5話 あらすじ
甲斐は追試を受けることが出来た。志帆は甲斐をデートに誘い、甲斐をその晩自宅に泊まらせた。クラスでは甲斐と志帆が付き合っているとの噂が流れ、武司は心配する。武司は志帆に啓輔との関係を問いただすが、武司の方から甲斐に伝えればいいのではないかと言われてしまう。甲斐と志帆の噂は違う学校に通う泉のもとまで届く広いものとなり、学校側から真実を問われた志帆は責任を取り教師を辞めて実家に帰ることを決める。甲斐は志帆に駆け落ちを持ちかけるが、啓輔から真実を告げられショックを受ける。
ドラマ「若葉のころ」第5話 感想
志帆は責任を取るなんて潔い感じもするけれども、結局だらしないだけで見ていてイライラしました。親子で同じ女性と関係を持っていたなんて、残酷です。泉は甲斐と志帆のことを知りショックだったことでしょう。このドラマは見るのにめちゃくちゃ体力を使います。今後志帆はいなくなって甲斐は泉に心が傾いて、武司と取り合いになるのか…これ以上の修羅場を見たいような見たくないような複雑な気持ちです。やっぱり今回一番の悪い奴は啓輔だと思います。何をやっているんだ、父親の癖に。

第6話『偽りの幸福』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第6話 あらすじ
甲斐の志帆との恋は終った。落ち込む甲斐を元気付けようと、武司は泉の通う高校へと誘い、学園祭の準備を手伝う。学園祭当日の帰り道、いつもの丘で武司と泉はキスをする。家で武司は父の上着のポケットから小切手を見付ける。しかも大金であり啓輔からのものだった。武司は啓介の元へ向かい、お金は受け取らないとキッパリ告げる。その頃悟郎は啓輔が差し向けたチンピラにボコボコに殴られていた。腹を立てた悟郎は啓輔に、過去の啓輔と亡くなった自分の妻との過ちを全てばらすと脅す。啓輔は悟郎にこの街から出て行けと冷たく言い返す。やけを起こした悟郎は帰宅し、家にいた泉を襲おうとした。バイト先から帰ってきた武司が止めようともみ合いになっているうちに、悟郎が持ち出したナイフで武司は悟郎を刺してしまった。
ドラマ「若葉のころ」第6話 感想
勇太のチームの野球観戦、丘の上でキスをする2人をニヤニヤしながら見ている甲斐くん…と幸せなシーンもありましたが。ラストが衝撃的過ぎました。急展開。ついにいろいろバレてしまいました。悟郎は確かにダメダメな男だけど、啓輔ももっとどす黒くて、そんな大人に振り回されている武司、甲斐が本当に気の毒です。この後武司はどうなってしまうんだろう。泉とせっかくうまくいったのに…幸せが見えてきたのにまた暗雲が立ち込めて、苦しすぎます。

第7話『勇気ある沈黙』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第7話 あらすじ
悟郎は救急車で搬送され、一命を取りとめた。武司は警察に連行され、悟郎が先に包丁を持ち出したのではなく、自分が悟郎を刺したのだと取り調べに対して答える。面会に訪れる甲斐に対しても、武司は真実を話すことなく無言を貫いた。その後の甲斐の面会も拒否し、武司は少年院に入ることになる。甲斐はそれでも武司に手紙を書き続ける。武司は同部屋の稔と心を通わせるが教官には冷遇され、高校が退学になったと告げられる。震える武司だったが、甲斐が送ってきたいつもの丘の上の木の葉に、心に優しさが染み込んでいくのを感じるのだった。
ドラマ「若葉のころ」第7話 感想
武司は素直にこれまでのいきさつを話せば少年院に行くことも無かったのに。武司の真意が分かりません。あんなお父さんに弟妹を任せるより武司が傍に居る方が絶対にいいのに…やっぱり、弟妹たちを犯罪者の子どもにしたくなかったからでしょうか。武司によって人生を変えられた甲斐が、武司に拒否をされても手紙を書き続けたこと、そして、返事をしなくてもちゃんと武司は甲斐の気持ちを受取っていることが分かったラストのシーンが救いでした。こうも災難と不幸続きで滅入りそうですが、彼らを見届けていきたいです。

第8話『裏切りの明日』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第8話 あらすじ
武司は少年院の理不尽ないじめにも抵抗することなく、自分を待ってくれている人たちがいる、という強い信念で生活していた。その頃悟郎は勇太、幸たち弟妹を残して立ち去ってしまい、2人は施設に入れられることになる。そして藤木家でも啓輔が病院を継がそうと期待していた甲斐の兄が交通事故で急死してしまった。啓輔は甲斐に「お前が死ねば良かったのだ」とわめき、甲斐は家を飛び出す。そんな甲斐に泉は寄り添い続けた。…頻繁にあった甲斐や泉からの手紙も武司のもとに届かなくなって3か月、季節は春になった。
ドラマ「若葉のころ」第8話 感想
武司に冷たくあたっていた教官が、武司の誠実さに感化されてまた人を信じようとしてきたところは気持ちが救われました。勇太、幸たちは大人に振り回されてかわいそうです。早く武司の刑期が終わって欲しい。武司もよくひどいいじめに抵抗せず我慢したものです。啓輔の錯乱ぶり、すごかった。そりゃ甲斐くんも家を飛び出します。泉と仲良くなりましたね。武司とはどうなるんでしょう。暗い予感しかしません。悟郎は啓輔を恨み続けていて啓輔も確かにイヤな奴ですが、大人たちのていたらくでこんなことになってしまった子どもたちが一番かわいそうです。

第9話『哀しい恋のメロディー』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第9話 あらすじ
武司は出所し、久しぶりの家で泉の手料理を堪能し、勇太と幸を迎えに施設へと向かった。だが武司が保護観察中であることから引き取りは叶わず武司は落ち込む。いつもの丘の上で武司は甲斐と再会する。武司は甲斐に、甲斐や泉の存在があったから頑張って来れたこと、これから一から出直すつもりでやっていくことを前向きに語る。泉と関係を持ってしまった甲斐は罪悪感で仕方がない。武司は就職先を見つけ必死に働く。そんな折、啓輔から養子縁組を組もうと提案されるが武司は断る。勇太と幸、そして泉と仲良く楽しく暮らしていきたいと願う武司だったが、泉の妊娠が発覚してしまう。
ドラマ「若葉のころ」第9話 感想
一番信頼していた甲斐に裏切られた武司の激情、一番の絶望だったのではないでしょうか。今までのように武司はそれでも前を向くことができるのか…いや、できないですよね、簡単には。出所して良かったねと言い切れない展開になってしまいました。甲斐と泉の苦悩も分かるけれども、そもそも最初泉は武司より甲斐に惹かれていたし、どうするのが良かったのかな…なんて思ってしまいます。悟郎さんもこれから不穏に関わってきそうな気がするし、これから最終回に向けてますます目が離せません。

第10話『友への復讐』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第10話 あらすじ
泉の妊娠によって甲斐と泉の裏切りが発覚し、勤め先もクビになってしまった武司。クビは啓輔の根回しだと悟った武司は啓輔を問い詰めに行く。啓輔は認め、なおも養子となることを勧める。武司は勇太と幸も一緒であることを条件に啓輔の養子になる。啓輔は甲斐に、武司は甲斐の腹違いの兄弟であり今後は武司と同じ屋根の下で暮らすことを告げる。武司は甲斐に悟郎を刺した夜の真実を告げ、もう誰も信じないと言い放つ。一旦武司に言われて子どもを中絶しようとした泉だったが、実はしていなかった。愛する甲斐との子どもを産みたかったからだ。それを知り、甲斐も武司にこれからは泉と子どもと共に生きて行く、もう逃げないと宣言する。
ドラマ「若葉のころ」第10話 感想
武司の顔が怖くなってる!演じる堂本剛くん、武司が憑依しています。人を信じることを止めた武司がどんどん冷たくダークになっていくさまは見ていて辛いものがあります。一方甲斐は、やっと地に足がついてきた感じで、泉と子どもと共に生きて行く覚悟を決められて、そこは良かったです。それぞれが、切ない。あの武司が嘉南高校に戻ってきて「金と力でどうにでもなる」と教師に言ったあたりはゾッとしました。そして、甲斐のお母さんでもある啓輔の奥さん!よく「啓輔のせい!」と言えました。

第11話『生命の重さ』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第11話 あらすじ
甲斐はアパートを借り、泉と暮らし始めた。泉は、武司や泉、甲斐の母から中絶を迫られるが「甲斐の赤ちゃんを産みたい」と拒む。甲斐は母からの援助も断わり、泉と子どものために昼も夜も働きづめの生活。一方武司も、弟妹たちに「兄ちゃんは変わった」と言われながらも勉強に励んでいた。そんなある日悟郎が町に帰って来ていることを武司は知る。悟郎はこっそり弟妹たちと会っていた。しかも、甲斐と同じ建設現場で働いている。武司は腹を立て建設現場へ向かい悟郎に殴りかかる。悟郎は弟妹たちを引き取らせてくれと懇願するが武司は聞く耳を持たない。そこへ上から2人に向かって鉄骨が落ちてくる。それを見た甲斐は…
ドラマ「若葉のころ」第11話 感想
甲斐くん!これからだったのに!甲斐は本当に変わったんだなと思いました。甲斐と泉の新婚ごっこのようなアパートのシーン、嫉妬したいところですが泉がむちゃくちゃかわいくて…なのにこんなことになるなんて。甲斐が泉のお母さんに「結婚を認めて下さい」というところ、おませだな、って思いました。まだ高校生で、そんな。泉と甲斐は本当に愛し合っているんですね。それぞれの役の気持ちは分かるけど、実際そんな風に行動するのかな、とも思いました。うーん、胸が痛いです。

第12話『生きることの意味、死ぬことの答え』

動画サイト
ドラマ「若葉のころ」第12話 あらすじ
武司をかばって鉄骨の下敷きになった甲斐、そして悟郎は啓輔の病院へ搬送された。悟郎は意識があったものの、人手不足であり啓輔が甲斐の治療を優先したため、悟郎は死んでしまう。通夜後、武司は悟郎の遺品から弟妹達名義の預金通帳と家族写真、そして武司の嘉南高校の学生証を見付ける。武司は以前のように弟妹達だけで暮らすことを決め、啓輔の家を出る。裏金工作や悟郎見殺しの件で逮捕された啓輔に、武司は「甲斐は自分が守る」と告げる。甲斐はなおも植物状態が続いていた。武司は脳外科医を目指し、泉は甲斐との子どもを無事出産した。そんなある日、なかなか目を覚まさない甲斐に、武司は丘でちぎった若葉を握らせる…。
ドラマ「若葉のころ」第12話 感想
最終回なので仕方がないとは思いますが、エピソードや内容が詰まり過ぎで一人一人の気持ちの変化が激しくて無理やり感も少し感じはしましたが…いやあ、いいドラマでした。武司は可哀そうすぎます。でも自ら運命に立ち向かい、選択し、決断できて武司の強さに胸打たれました。武司演じる剛さんの演技がまたもう素晴らしい!感情移入させられて、涙、涙でした。つらい青春だったけれども、武司は脳外科医になって幸や勇太と肩を寄せ合って仲よく暮らし、甲斐も泉や赤ちゃんと幸せに生きていって欲しいと思いました。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「若葉のころ」の動画は全話アップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされたり、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので、視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「若葉のころ」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「若葉のころ」のあらすじと見どころ

酒浸りで働かない自堕落な生活を送る父に代わって、幼い弟妹たちの面倒を見ながら、学業やアルバイトにいそしむ相沢武司(堂本剛)。医師の次男として生まれ裕福な生活を送りながらも親からの愛情を感じ切れずにいる藤木甲斐(堂本光一)。対照的な2人が高校で出会い、互いに違和感を抱きながらも次第に友情を深めていく。だが、そこには悲劇が待っていた…度重なる悲劇に打ちのめされ、もがきながらも前向きに生きた2人の友情と成長を軸に描いた「若葉のころ」の物語。

ドラマ「若葉のころ」の出演者や主題歌

相沢武司:堂本剛
藤木甲斐:堂本光一
蒔田泉:奥菜恵
相沢悟郎:根津甚八
相沢勇太:類家大地
相沢幸:上脇結友
藤木啓輔:宅麻伸
藤木久美子:原日出子
倉橋志帆:北浦共笑
滝本主任:中野誠也
最上祐人:篠原俊晴
戸田格:窪塚洋介
木藤良晴:斉藤洋介
松原稔:小橋賢児

オープニングテーマ:ビー・ジーズ「若葉のころ」
エンディングテーマ:KinKi Kids「FRIENDS」

放送月日:1996年

テレビ局:TBS

ドラマ「若葉のころ」の見所や感想

30代女性
学生のころにメチャクチャはまったドラマです。キンキキッズさんが二人でドラマに出演することは当時あまり珍しくなかったのですが、今考えると豪華ですごいことだと感じます。まだ若かりし頃のお二人がメチャクチャかっこよくて、堂本光一さん派か剛さん派かで別れたのが懐かしいです。物語は、青春ものですがちょっとドロドロもあり、いつもハラハラドキドキしながら見ていたのを思い出します。ヒロインの奥菜恵さんがとにかくかわいくて、彼女をめぐってキンキキッズのお二人がやり合うシーンもかっこよかったです。脇を固める俳優さんが豪華で、根津甚八さんや原日出子さん、宅麻伸さんなど本当に豪華なドラマだったと思います。キンキキッズのお二人が出演されているドラマはこのほかにも多数ありますが、私の中では一番ドキドキして盛り上がった作品だと感じています。ビージーズの音楽がまた切なさをさそい、今でもこのドラマを思い出すと必ず音楽も一緒に頭に流れてくるくらい、印象的です。
30代女性
若かりしデビュー前KinKi Kidsが主演してるドラマです。当時は小学生でよく理解できないところもありましたがとても印象に残っているドラマで大人になって改めてレンタルして見ました。家族とは、友情とは、愛情とは、そんなことをこの作品から考えました。剛くん演じる武司と光一くん演じる甲斐は正反対の家庭環境の中で育つが、高校入学を機に知り合う異母兄弟。武司は貧乏な父子家庭で、父親は飲んだくれ。小学生の弟と妹のためにバイトをしながら学業に励む日々。甲斐は医者の息子で裕福な育ち。何かと気にかけてくる甲斐のことが気に入らないし、弟や妹を手なづけようとする感じもあり最初は反発する武司。裕福故、甲斐の優しさが武司の立場だと嫌味に感じるんです。そんな二人ですが、本音をぶつけ合い仲良くなるも…そこからも波乱万丈な展開!!剛君の演技力が光る作品です。苦しい男の役をさせたら右に出るものはいないのではないでしょうか。武司と弟・妹たちとの合言葉「ぐるぐるぱーんち」当日小学生の私はハマってよくやっていました。ドラマに使われている曲がまたいい味をだしています!より感動させられます。なにより、毎回の剛君によるナレーションが素敵です。

関連動画

人間・失格~たとえばぼくが死んだら
ぼくらの勇気 未満都市
P.S. 元気です、俊平
ルーキー!
スシ王子!
金田一少年の事件簿(第1シリーズ)
セカンド・チャンス
Summer Snow
ガッコの先生
元カレ
 

まとめ

ドラマ「若葉のころ」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

堂本剛さんの優しい顔、怒りに満ちた顔、悲しみにくれる顔など、演技の幅に目を奪われます。

貧乏学生とお金持ちお坊ちゃんの友情・対立・悲劇が交差する、このドラマは必見です。

ドラマ「若葉のころ」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴