ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|ヴォイス〜命なき者の声〜の動画を無料でフル視聴する方法

「ヴォイス〜命なき者の声〜」は2009年1月12日から3月23日に放送されていた生田斗真さんが出演しているドラマです。

瑛太さん演じる医学部で法医学ゼミの生徒が、遺体の声を聞き生前に関わりが深かった人に真実を伝える姿を描いた物語です。

この記事では、生田斗真さん出演ドラマ「ヴォイス〜命なき者の声〜」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「ヴォイス〜命なき者の声〜」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「ヴォイス」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「ヴォイス」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「ヴォイス」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月16日の時点の情報)

ドラマ「ヴォイス」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「ヴォイス」を全話無料で視聴することができます。

「ヴォイス」だけでなく、「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」「俺の話は長い」「ウロボロス~この愛こそ、正義。」など他の、生田斗真さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「ヴォイス」の動画を無料視聴

ドラマ「ヴォイス」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「ヴォイス」の動画を無料視聴

「ヴォイス」以外の生田斗真さん出演

  • 「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」
  • 「ウロボロス~この愛こそ、正義。」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「ヴォイス」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「ヴォイス」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「ヴォイス」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「ヴォイス」だけでなく、「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」「俺の話は長い」などの生田斗真さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「ヴォイス」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「ヴォイス」の動画がアップされているか調べてみたところ、見れるサイトもありますが、画質も悪くすぐに削除されてしまう可能性が高いのでオススメできません。

今すぐ「ヴォイス」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「ヴォイス」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「ヴォイス」の各話のあらすじと感想

「ヴォイス」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「ヴォイス」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『失われた命を救う医学』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第1話 あらすじ
東凛大学医学部4年の加地大己(瑛太)、石末亮介(生田斗真)、久保秋佳奈子(石原さとみ)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、羽井彰(佐藤智仁)の法医学ゼミ生5人。加地は心臓外科学ゼミを志望していたが、法医学教授の佐川文彦(時任三郎)に見込まれ法医学を学ぶこととなる。佐川は学生たちに、法医学は人の死因を解明することであり、遺体が最後に伝えたかった言葉を明確に語りかけてくれる、その法医学者にしか聞こえない言葉や声をつなぐのが自分たちの仕事なのだと語る。 その後、ゼミ生は異状死の遺体の解剖を見学。他殺の可能性があったが、解剖結果から疑問を抱いた加地は生前の男性がどのような人生を送って、どんな環境にいたのかなど、あらゆる構想を練る。結果解明されたのは、他殺ではなく転落した子供を助けた為の怪我が死因であった。加地達ゼミ生は遺族に感謝され、遺体が語りかけるという意味を感じ始める。
ドラマ「ヴォイス」第1話 感想
印象的だったのは加地が「この人、昨日まで生きてたんだよ」と言ったシーン。人の死後に関わる責任の重さ、生死に向き合う深いドラマだと感じました。ヘビーな内容でしたが、メインの俳優さん達それぞれのキャラクターも愉快で、掛け合いが面白くラストは温かい気持ちにさせてくれました。 法医学、司法解剖などとあまり馴染みのないテーマでしたが、医療ドラマの要素もありつつ、人を生かすことが目的ではなく、死因を解明し遺体の声を聴くというのが新しく展開が楽しみになる内容です。

第2話『卵持って感電した男』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第2話 あらすじ
生卵を入れたビニール袋を持ったまま、自宅の近くの道路で不信死した佐野秀一(35歳)の解剖があった。警察は急性の心臓関連死を疑うが、佐野の妻である忍は、夫が急死するとは信じられないと死因の捜査を依頼する。解剖の結果、佐野は自宅で感電したが、一時回復、出かけたが帰宅途中に倒れたことが判明。加地は現場での様子や佐野自身について調べを進め、最近アメフトを引退してから、外出しなくなり働こうともしなかった。亡くなる前日に心無い言葉をかけたこと。指輪が置いてあったこと出ていこうとしていたのかもしれない、などを忍から聞いた。 加地は情報を繋ぎ合わせ、佐野の最後の行動は、決して心が離れたわけではなく、妻のため不慣れな料理をしようと、妻を想っての行動だったと忍に伝え、忍は夫の亡くなる直前の行動を理解し涙を流すのであった。
ドラマ「ヴォイス」第2話 感想
愛する人や家族が不可解な死を遂げたとき、残された者は深い悲しみに暮れると思いますが、それと同時になぜ?どうして?と大きな疑問が生じると思います。必死で当時の状況を理解しようとすると思います。亡くなった原因を知るのと知らないのでは、今後の思考や生活にも大きな影響があのではないかと感じました。 人は悲しいときはもちろん、安心したときにも涙を流すと聞きいたことがありますが、この回でのラストは亡くなった事を受け入れ、安心出来た涙だったように思えました。

第3話『15年前の母の死因は』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第3話 あらすじ
タクシーの中で突然死した女性の遺体、佐川教授は足にあるアザを見つけ、クラッシュシンドロームが死因ではないかと疑う。久保秋は、そのアザが15年前、心臓発作で亡くなった母のものと似ていると話す。心臓発作とアザは関係があるのか疑問を持ち続け、法医学の道に進みたいと願っていた。 加地の後押しにより、15年前の久保秋の母について調べる加地ら。母の元職場に出向き、母が死亡した日、この工場で何があったのかを調べた。細かい手掛かりを集めた加地、当時、同工場で働いていた八木(勝村政信)が久保秋の母と最後に仕事をしていたと特定、八木から当時の状況を説明され、久保秋が疑っていたとおり、クラッシュシンドロームで亡くなっていたようであった。久保秋は母の死因がわかり、15年間疑問に思っていたことがようやく理解でき、納得できたのであった。
ドラマ「ヴォイス」第3話 感想
相手がいなくなってから気付く、ありがたみや愛情がより象るように、はっきりしたものになるような気がしました。日常が当たり前ではない、誰にでも起こりうる死という現実。普段気付けないことが、実は本当に大切なものなのだと再認識させられました。もっと日常に感謝が出来るように、身近な人を大切に出来るようにと…そう感じさせてくれる親子の愛情が美しく表現されている内容でした。 また、探求心は人を動かす大きな原動力になる、知ろうとすることによって、本当に知りたかったことがわかるのだと思いました。

第4話『解剖台の上の親友』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第4話 あらすじ
若い男性の遺体が解剖室に運び込まれる。遺体の男性は石末の高校の同級生で親友の五十嵐富士夫(田中圭)であり石末は動揺する。遺体発見現場の五十嵐の自宅に大麻の吸殻、卒業アルバムやシーフードピザなどが残されていたと判明。顔に殴られた跡が残っていた。 大学内で大麻取引をしていた高沢という男が行方不明になり富士夫が事件に巻き込まれた可能性があると疑う。解剖の結果、五十嵐の死因は窒息死であり、急性アレルギー反応により窒息状態になったと推測された。行方不明であった高沢が大麻取締法違反の疑いで逮捕され、五十嵐を殴ったことは認めたが窒息に関しては知らないと供述。石末は1ヶ月前に五十嵐に会っていた。五十嵐の変化に気づけなかったと後悔する。加地と石末は五十嵐の父の病院を訪れ、当時、五十嵐は高沢に大麻を知り合いに売りつけるよう命令、拒否した五十嵐は殴られ、重度のエビアレルギーがあるにもかかわらず、エビの入ったピザを食べ、プライドを守ったのだと加地が状況を説明し、五十嵐の行動に敬意を示すのであった。五十嵐もプライドを守ったように、石末もまた、自身の病院を継がせようとする父に自分の思いを主張することができた。
ドラマ「ヴォイス」第4話 感想
身近な人が亡くなってしまったとき、残された者は計り知れない悲しみに包まれると思う。しかし、亡くなったことを受け入れ、前に進んで行かなければならない。それが残された者に出来ることだと感じました。 死因を理解させてくれる法医学という分野が、本当に必要で素晴らしいことだと再認識させられました。五十嵐もプライドを守ったように、石末も院長という父と向き合う勇気が持てたところ今後の親子の関係がどう変化するのかも気になる展開でした。

第5話『見えないスクープ写真』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第5話 あらすじ
加地らゼミ生達が立ち合う解剖室にフリーカメラマン岡原浩介の遺体が運ばれる。ゴシップ紙のカメラマンであるにもかかわらず死亡が確認されたのは、ニワトリ小屋の近くであり疑問点がある。残されたフィルムには有名人のゴシップ写真ばかりで、1枚だけ麺つゆの瓶を撮ったものがあった。佐川は死因をエコノミークラス症候群と突き止める。 加地は死因を究明するために遺体発見現場を視察、岡原の元妻の経営するクリーニング店へ行く。岡原と3年前に離婚していたが、息子に会いたいと言われ、半年前に会ったという。金のため貪欲だったカメラマンの岡原が残した写真にはゴシップ写真の他に餃子、ルービックキューブ、パンダなど目的のわからない写真も数多くあった。何か思いついたように、岡原の息子にお父さんと写真のしりとりをしていたかと尋ね、息子が頷く。仕事の合間に会えない息子と写真のしりとりをするため「ひよこ」の写真が撮りたかったのだろうと推測。お父さんと会えなくなってしまったが、たくさんの宝物を残してくれたと、岡原の息子に伝えることができた。
ドラマ「ヴォイス」第5話 感想
子どもを想う親の気持ちがあるからこそ、子どもは親を尊敬し、憧れを抱くのだと思いました。離婚をして、家族の形が変わってしまっても絆は消えないもの、会いたい気持ちは変えられないのだと感じます。子どもの喜ぶ顔が見たいと行動しているときの顔はとてもキラキラと輝いて見え、それを見ている方も嬉しい気持ちになりました。 メイン出演者のキャラクターも面白いところです。先ず行動しないと気が済まない加地、それに付いて行くが冷静を保つ石末、真面目で、からかわれがちな久保秋、経験豊富で料理上手な羽井、技研のご機嫌とりをする桐畑、それぞれの着眼点もよく、チームワークが出来てきたと思いました。

第6話『予期された入院患者』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第6話 あらすじ
ミュンヒハウゼン症候群が疑われるため生きている患者を診ると聞かされ驚く様子の加地ら。患者の相馬朋子(志田未来)は14歳。両親がおらず、22歳の兄、泰人(石田卓也)と生活している。泰人は優しく、しっかり者の印象、よく朋子の見舞いに通っていた。朋子は偽膜性大腸炎で入院しているが、血液検査では異常が見られない。さらに半年前から大腸炎での通院を繰り返し薬も服用しているが、悪化している様子。 朋子に会った加地は、彼女が自ら病気になっているとは信じがたかった。解析結果はペニシリンによる偽膜性大腸炎であり、朋子の兄は薬科大学生であった。大学のペニシリンがなくなっていることもあり、代理ミュンヒハウゼン症候群、兄によって朋子は大腸炎を引き起こされていたとわかった。そのことを朋子は知っていたが、兄の為ならと受け入れていた。しかし、加地は間違った愛情だと言い、兄妹は離れて暮らすことになる。別れ際、 兄は謝罪し後悔の涙をみせ、もう一度やり直せるようにと願うのであった。
ドラマ「ヴォイス」第6話 感想
代理ミュンヒハウゼン症候群、たまにニュースで見聞きすることがありますが、内容を知ったときは大変驚き、恐怖を感じました。ほとんどが親から子供への虐待だと知り、こんなに悲しく痛ましいことがなぜおきるのか理解に苦しみます。 しかし、この症状を発症するのも、ごく普通の人だといいます。普通に見える人も実は心の悩みがある、しかし間違った愛情には不幸しか生まれない、正しく見極めていくこと、子どもの身体と心の健康を守ることがとても大切だと思いました。

第7話『命がけのタイムセール』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第7話 あらすじ
60代女性の解剖作業に参加するように言われる加地と羽井、解剖が始まろうとしたとき廊下で女性の夫、野間口が解剖を中止するよう言い放った。事件の可能性もあったが、解剖するのが可哀想だ、そっとしてほしいと拒否していた。幼い頃に母を亡くし、15年もの間本当の死因を知りたかった久保秋は解剖の必要性を伝えるが、聞いてもらえずにいた。解剖の可否について意見を集める加地、亡くなったときの情報を集める中、不可解な部分が多くある。何度も通い野間口と話す中で解剖を頼むと依頼してくれるまでになった。 解剖に参加し、驚くものを目にする。野間口の元へ報告に向かい、死因は打撲によるものであったが、他にも妻は末期の胃癌であったと伝える。余命も長くないと感じていたため、夫に残す身の回りの洗濯機や目覚まし時計、日用品を買い揃えていたよう、その買い物途中で亡くなったようだった。胃癌について知らなかった野間口は驚き、妻が残してくれた思いやりに感謝し前を向いて進むのであった。
ドラマ「ヴォイス」第7話 感想
家族が亡くなったとき解剖を受け入れ死因を特定するのか、遺体にキズをつけるのが辛くて拒否をするのか…とても意見が別れるところだと思いました。まだまだ、否定される方が多いと思いますが、40年連れ添った夫婦でも解剖することで初めて知ることもあるように、死因を特定することで亡くなった方の気持ちを理解出来るのならとても意味のあることだと思いました。妻から夫への最後の目覚まし時計のプレゼントが感動的で涙ながらに見ていました。

第8話『決して消せない炎』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第8話 あらすじ
解剖室に火災現場で死亡した60代の男性が運び込まれる。警備員の男性今成は、自宅付近で火災が起こった家の子供の遺体を抱えて倒れているのを発見された。子供はカーペットに包まれおり、今成に放火が疑われた。 解剖が行われ、死因は子供と同じ一酸化炭素中毒、今成は肝炎を患っていた。そんな中桐畑が遺体の臓器のシャーレを落とし触れてしまう。佐川が応急処置を施すが、肝炎の感染が疑われ、入院する。B型肝炎であり、感染すれば命に関わるため加地らは心配をする。桐畑は自らの命の危険があることに憔悴し、法医学を辞めるつもりだと明かす。今成は以前、科学警察研究所の火事を専門に分析していたと判明した。加地らは聞き取り、情報を集め、今成はすでに火災で亡くなっていた子供の遺体を炎から守ろうとしていたと推測した。桐畑もB型肝炎に感染していないことがわかり喜び合う5人であった。
ドラマ「ヴォイス」第8話 感想
法医学をはじめ、危険な仕事に携わる方は憧れや知識だけではなく、覚悟が必要なのだと改めて思い知らされました。 自分の命が危険にさらされると知りながら、他人のために懸命な対応が出来ること、家族であればまだしも、他人のために出来ることが本当に凄いところで、まさにプロフェッショナルなのだと思いました。助けだそうとしたのは身寄りのない方だったので、このような行動が出来たのかもしれません。人の命は儚いと考えさせられる内容でした。

第9話『雨を読めた男の死』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第9話 あらすじ
清掃会社を経営する宇野慧という男性の遺体の解剖が始まる。ビルの窓拭き作業時にビルから落下したとされるが、命綱に不具合が見つからなかった。 加地は、久保秋ととも遺体発見現場を確認、不自然な拭き残しがあった。宇野は情深く周囲からの信頼も厚い人だったが、多額の負債を抱えていたことがわかる。そして血中から睡眠薬の成分が検出される。保険金目的の自殺であったとみられ、加地は宇野の息子に父の死を知った上で生きて行く意味を伝える。 一方、石末の父の病院で有名作家の桜井が入院していた。容態が安定し一時帰宅の許可が出たが、その後、容態が急変し亡くなってしまう。容態が安定していたのに…と嘆く妻は納得がいかない様子であった。密かに病院長の石末の父が医療ミスの隠蔽をしようとしていたのだ。その証拠を見てしまった石末は桜井の妻と話し、桜井の死に疑問があると言い、法医学で死因を明らかにしないかと提案する。
ドラマ「ヴォイス」第9話 感想
自殺する人が増えてしまうのはどうしてか、亡くなった人は苦しみから解放されるかもしれないが、残された人には多くの代償があることを証明されたと思いました。生きることで現実と向き合わなければならない、逃げては駄目なんだと多くの人がしらなければならない内容だと感じます。何も生み出されない、誰も幸せにならない。自殺というものがなくなって欲しいと願うばかりでした。 加地と久保秋も恋愛に発展するのか、青春要素もある内容。石末と父の今後もどうなるのか続きが楽しみです。

第10話『最後の大勝負』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第10話 あらすじ
石末は桜井の妻に解剖を勧め、医療ミスであったのか真実が知りたいと解剖が行われる。死因は病院が知らせた腸閉塞ではないと診断。しかし、原因が特定出来ず、病院側に過失があったという証拠がなければ立証が出来ないと、桜井の妻は解剖したことを後悔する。 医療ミスである証拠を探る加地と石末。病院で投与されていた薬は腎臓が思わしくない桜井には禁忌の薬であったことが判明。石末は父に医療ミスを認めるよう伝える。会見に出た石末医院長は医療ミスであったことを伝えた。加地は昔、桜井と石末の父は同じ寮にいた過去があり信頼出来る関係であったと長崎県で情報を集める。加地は桜井の妻と石末の父の前で、本当は末期の癌で苦しむ桜井の尊厳死を認めて手助けをしたのではないかと、真実に迫った。桜井は30年間ファンであり続けてくれた妻に弱る姿を見せたくないと、石末に尊厳死を依頼していたのであった。真実を知った桜井の妻は石末に感謝をし涙するのであった。
ドラマ「ヴォイス」第10話 感想
自分が自分として亡くなりたいと思う人は数多くいるのではないかと思います。尊厳死や安楽死について度々ニュースで取り上げられますが、日本は医療は進んでいるのに対し、尊厳死や法医学分野では海外に比べ遅れをとっていると感じられる内容でした。 生きてくれさえいればいいと思う人も多いですが、助かる見込みのない、苦しい思いをしている方が最期をどうしたいのか、選択できるようになってもいいのではないか、そう考えさせられました。

第11話『別れの時、僕らの明日』

動画サイト
ドラマ「ヴォイス」第11話 あらすじ
胸部を刺され死亡した成瀬喧一の遺体が解剖される。刺したのは坂田という女子高生で、ナイフを持った成瀬に襲われたときに誤って刺さってしまったと主張。正当防衛だと思われたが、彼女の体の傷、遺体の状況から佐川教授は故意に刺したのだと疑った。しかし、大学理事長の親戚である坂田に正当防衛が認められず理事長は激怒し、佐川の進退問題に発展。他大学での再解剖が行われ、正当防衛であるとの見方が下され、佐川は大学を去ることになってしまった。加地らは事件現場での証拠、成瀬の情報を集め、小柄な女子高生がもみ合いの末に刺してしまうことは考えにくいと推測した。そうして女子高生の坂田も成瀬が友達を傷付け、自殺に追いやったと恨みがあっての犯行だと認めた。 ゼミが終わりに近づき、5人がそれぞれの思いで、今後の目標を立てる。海外留学の久保秋、父の日病院を継ぐ意志の石末、科学警察研究所を目指す桐畑、法医学を続けるという加地と羽井。それぞれの道へ進むこととなる。
ドラマ「ヴォイス」第11話 感想
自分の立場が危うい状況でも、真実を証明した佐川教授は立派で影響力があり、このような教育者が増えて欲しいと思いました。学生時代での経験やきっかけはその後の人生において、とても重要な役割があると思いました。一期一会のように同じ時間、経験を共有しあった者達は深い絆があるんだと思います。 加地と久保秋の恋愛に発展するのかも気になるところでしたし、5人それぞれが自分が決めた道を進むところなど、青春要素のある内容でした。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「ヴォイス」の動画はアップされていますが、すぐに削除されてしまう可能性が高いです。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「ヴォイス」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「ヴォイス」のあらすじと見どころ

東凛大学医学部4年の加地大己(瑛太)、石末亮介(生田斗真)、久保秋佳奈子(石原さとみ)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、羽井彰(佐藤智仁)の五人はそれぞれの思いで法医学ゼミに参加する。
遺体の解剖を通して、亡くなった方の最期の声を聞くために、その人を取り巻く環境などさまざまな情報をもとに推測する。加地はなぜ、どうしてと何でも理由を知りたがる性格で、教授の佐川から法医学に向いているという理由でゼミに参加する。そして、その豊かな想像力で不可解な死を遂げた方のメッセージを遺族に伝えていくのであった。
敏腕で生徒からも慕われる佐川だが彼もまた、幼い頃の加地の言動により、法医学者の道へ進むこととなった過去がある。亡くなった方の最期の声を聞くことで、ゼミ生五人の心境にどんな変化をもたらすのか…成長していく姿を見届けたい。

ドラマ「ヴォイス」の出演者や主題歌

加地大己:瑛太
石末亮介:生田斗真
久保秋佳奈子:石原さとみ
桐畑哲平:遠藤雄弥
羽井彰:佐藤祐基
蕉木誠:泉谷しげる
夏井川玲子:矢田亜希子
佐川文彦:時任三郎
石末貴之:名高達男
堀井奈津美:さとう里香
大和田敏:山崎樹範
羽井鳳子:濱田マリ

主題歌:GReeeeN「刹那」

放送月日:2009年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「ヴォイス」の見所や感想

20代女性
ドラマ「ヴォイス~命なき者の声~」を観て、「大学生たちの成長」と「死の真相が明らかになる過程」が特に印象に残りました。
まず、大学生たちの成長についてです。このドラマでは、大学の法医学ゼミに所属する大学生たちの日々が描かれます。大学生たちは様々な目的でゼミに参加していますが、法医学に関する知識はほとんどありません。そのため、考えの甘さを痛感することも多くあります。それでも、自分にできることを考え、行動を起こしていく大学生たちの姿に元気をもらいながら観ていました。
次に、死の真相が明らかになる過程についてです。法医学ゼミでは、毎回年齢や性別が様々な遺体と向き合い、死の真相を解き明かしていきます。遺体の解剖や遺族などの人々の話から死の真相が少しずつ見えていきます。時には伝えることを拒んでしまうような死の真相であっても、法医学の知識をもとに遺体と向き合って死の真相が明らかになっていく過程が面白く、夢中になって観ていました。
40代女性
医療ドラマだと思っていました、情報を繋ぎあわせて原因を探っていく様子は推理小説のような一面もあり、見ていて展開が面白く飽きないと感じました。
1話ごとに完結する内容ですが、メイン登場人物の五人の出会いから友情に発展し、支えあう姿、それぞれが目標を持ち別々の道を目指す情景があり、重い内容もありますが爽やかな青春も感じられます。毎回のテーマも現在の社会問題となっていることが多く取り上げられ、とても考えさせられる内容だと感じます。
普段馴染みのない法医学という分野についても知ることができましたし、生と死について目をそらしてはならないものだいうことを再認識できました。より多くの方に見てもらうべき素敵な作品だと思います。
30代女性
法医学ゼミに所属する医大生5人組が、人の死に向かい合います。
法医学的な観点から、その人がなぜなくなったのかを調べて判断するだけでなく、
亡くなった人の周辺も調べることで、
どのような気持ちでいたのか、亡くなった人の声、つまり気持ちに寄り添います。ある主婦が夫より先に亡くなった話が印象的でした。
主婦は自分が病に犯されていて、余命が短いことを知っていました。
そこで、夫がひとり残されても今までどおりに暮らせるようにと心配りをしていたのです。
突然、犬を飼いだしたのは、夫が寂しくないように。
主婦の声を録音して、主婦の声でアラームがなる時計を購入します。
そのことを夫に話すことで、夫は主婦が亡くなったことを受け入れられるようになりました。
残された人は、亡くなった人の死因よりも気持ちを知ったほうが受け入れられやすいのでしょう。死は亡くなった人にとっても大きな出来事ですが、残された人に与える影響が大きいので、
そこに焦点を置いたことが素晴らしいと思いました。

関連動画

花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~
俺の話は長い
ウロボロス~この愛こそ、正義。
魔王
うぬぼれ刑事
ハチミツとクローバー
魔女裁判
昨日の友は今日の敵?
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜 卒業式&7と1/2
遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~

まとめ

ドラマ「ヴォイス」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

元は心臓外科学ゼミに合格していましたが、才能を買われ法医学ゼミに引き込まれた主人公。

同じゼミの仲間たちと死の真相を解き明かし、遺族に伝える場面は、涙なしには見られません。

ドラマ「ヴォイス」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴