ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|SP警視庁警備部警護課第四係の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「SP警視庁警備部警護課第四係」は2007年11月3日から2008年1月26日まで放送されていたV6の岡田准一さん主演のドラマです。

岡田准一さん演じる警視庁警備部警護第四係機動警護班に所属する特殊能力を備えたSP井上薫が仲間たちと様々なテロリストに立ち向かう姿を描いたドラマです。この役のために岡田准一さんが体を鍛え上げたという話は有名ですね。

この記事では、岡田准一さん出演ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「SP警視庁警備部警護課第四係」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「SP警視庁警備部警護課第四係」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年7月16日の時点の情報)

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「SP警視庁警備部警護課第四係」を全話無料で視聴することができます。

「SP警視庁警備部警護課第四係」だけでなく、「木更津キャッツアイ」「図書館戦争」「軍師官兵衛」など他の、岡田准一さん主演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」の動画を無料視聴

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」の動画を無料視聴

「SP警視庁警備部警護課第四係」以外の岡田准一さん出演

  • 「木更津キャッツアイ」
  • 「図書館戦争」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「SP警視庁警備部警護課第四係」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「SP警視庁警備部警護課第四係」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「SP警視庁警備部警護課第四係」だけでなく、「木更津キャッツアイ」「図書館戦争」などの岡田准一さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYoutubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「SP警視庁警備部警護課第四係」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「SP警視庁警備部警護課第四係」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「SP警視庁警備部警護課第四係」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」の各話のあらすじと感想

「SP警視庁警備部警護課第四係」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「SP警視庁警備部警護課第四係」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『東京都知事暗殺を阻止せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第1話 あらすじ
SPの井上薫(岡田准一)は幼い頃、両親がテロに巻き込まれ亡くなったトラウマから、五感や記憶能力など様々な能力をもつこととなります。ある日、上司の尾形総一郎(堤真一)からの命令で、井上は都知事の大川優子を警護することになります。しかし、映画館に着いた井上は、杖をついて歩く不審な男性が気になり、声をかけます。そして、突然ナイフで襲い掛かかられます。井上は男を捕まえますが、その男が都知事のテロリストだという証拠はあがりませんでした。翌朝、課長である中尾からSPの仕事は要人をまもることであり、犯人を捕まえることではないと怒られます。引き続き、都知事警護のため井上は笹本絵里(真木よう子)らと会見場へと向かうのでした。警護に集中して“シンクロ”をしている井上の姿は、ぼーっとしているようにも見えます。そのため、都知事の秘書から控室での待機を命ぜられてしまいます。再び都庁の会見場に向かった井上は、記者の中に不穏な空気を感じとりますが、また控室での待機を命ぜられてしまいます。特殊な能力に裏付けられた不安に突き動かされる井上は、ついに周囲の制止を振り切り会見場へ向かうのでした。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第1話 感想
身長の低い岡田くんですが、このドラマのためにジークンドーやカリ、修斗といった格闘技を1年以上習っていただけあって、アクションシーンが本当にカッコ良く、素晴らしいです。もともと運動神経のよい岡田くんのキレッキレのアクションを見て、これからこのドラマのアクションシーンが楽しみだなと思わされました。シリアスなドラマのようですが、所々で井上とおばちゃんの絡み、笹本と山本の絡みでクスッと笑うので、重くなりすぎず見やすいドラマでした。

第2話『元内閣総理大臣を警護せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第2話 あらすじ
深夜、6人の怪しい男達は“大和病院”の襲撃準備を進めています。この6人はテロリストで、「明日予定通り。13時に病院入り」というメールが届き、うなずくのでした。そんな中、尾形は井上と笹本に、加藤元総理の身辺警護を命令します。極秘で検査入院をするため、井上と笹本の2人で加藤元総理の護衛をすることになります。そして、検査入院の先は“大和病院”でした。加藤元総理は順調に病院へ到着したものの、待合室では診察室へ向かう加藤の様子を患者に紛れた1人の男が見つめます。それが、テロリスト6人の内の1人である沼田でした。その沼田から状況報告のメールを受け、仲間のテロリスト5人が動き出します。何も知らない井上と笹本は加藤を手術室に送り込み、昼食をとるために交代で警護をすることになります。昼休憩に入る井上と入れ替わるように病院へ侵入してきたテロリスト達は、手際よく病院の各階を制圧していきます。加藤元総理の警護についていた笹本も、テロリストらに拘束されてしまうのでした。一方で、井上は手術中の加藤がテロリストに襲われるという妄想を見て、病院へと走り出します。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第2話 感想
冒頭で井上の様々な能力を感じさせられ、病院で検査を受けるよう言われた井上。もっと色々な能力を高めたい私は、井上がすごく羨ましく感じますが、井上本人からするとその能力がもっと弱いものであってほしいと願っているのかもしれません。ただ、このドラマでは井上の能力がカギを握っているので、井上が自身の能力に嫌気がさしたとしても、この能力を目一杯駆使して、SPを脅かすテロリスト達を捕まえてほしいです。今回は、冒頭での井上の車でのアクションが、凄かったです。さすがジャニーズでバク転が出来る人だなと感じました。

第3話『テロリストを排除せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第3話 あらすじ
SPである笹本を拘束したテロリスト6人は、医療関係者や患者を1階ロビーに集めました。病院に戻り、状況が変化したことをすぐに感じ取った井上は、医師に変装し人質に紛れ込みます。制圧完了というテロリスト仲間から連絡をもらった金田は、加藤の自宅に電話を入れます。そして加藤元総理の妻に、秘書を呼べと命じます。やがて、テロリストに占拠されている大和病院のことが警視庁にも伝わってしまい、緊急会議が行われました。加藤元総理の入院する情報を流したのは井上や笹本ではないか、と公安部から疑われます。そのせいで、警護課が捜査から外されます。尾形は憤りを感じながらも、西島理事官に指示されたことで、現場の大和病院へ向かいます。加藤の秘書に身代金は株の売買で支払うよう、金田は命令しました。秘書を呼んだのは、株の売買で身代金を得るためでした。同時期に、警察車両と刑事や警官が病院の外を取り囲み、SAT隊までもが出動することになります。笑顔を浮かべ、どこか楽しそうにその様子を見ていた金田は、再度加藤宅に電話し、株取引の指示を出すのでした。井上はナース長の富永から拘束された笹本の居場所を聞き出し、動き始めます。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第3話 感想
今回はあまり、目立ったアクションシーンはありませんでした。岡田くんの、ひ弱な医師を扮している姿は可愛らしかったです。しかし、ロビーで医師がSPである井上に気付いた富永さんに、「しー」っと手でサインして、テロリストたちの様子を伺っている姿は凛々しく、また頼もしく、カッコ良さを感じました。歩いた形跡だけで、軍人というのがわかるというのは、初めて知りました。これは、ドラマの脚本なだけかもしれませんが。いつもこんなに、瞬時に色々なことを感じ取ってしまうのは、休めないから大変だなとも思いました。

第4話『元総理を救出せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第4話 あらすじ
テロリストの1人を確保した井上は、反撃を開始します。そしてナース長の富永と共に、物理療法室に拘束されていた笹本を救い出します。自分達だけで、テロリストたちを殺さずに確保すると言います。しかし、残りのテロリスト5人全員は、残した足跡から軍人か元軍人だと井上は言うのでした。金田はSP2人が動き出していることも知らずに、身代金についての指示を加藤元総理の秘書に出します。SAT隊は病院のどこからも狙撃できる体勢を整え、強行突入の準備を始めます。そんな時、現場に到着した尾形の携帯電話に、井上から連絡が入ります。井上は、加藤元総理も自分達SP2人が無事であることを報告し、SAT隊が突入するのをもう少しだけ待ってもらうように依頼します。そして、笹本とテロリストが制圧する2Fへと向かいます。しかし突然、前線の動きが慌ただしくなったのです。尾形はその動きを止めるよう、西島理事官に連絡します。しかし、テロ問題に筋金入りの強硬論者である麻田総理の手前、口を出すことが出来ないと回答します。病院内では、テロリストたちは身代金3億円を手に入れます。そして、井上はリーダーである金田を物理療法室におびき寄せたのでした。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第4話 感想
今回の1番の見どころは、やはり井上の病院でのアクションシーンです。また、生理食塩水や液体窒素などを使って、偽の爆弾を作ったり、色々なものでテロリストを驚かします。井上は記憶力やシンクロなど様々な能力が高いですが、知的で頭の良さを感じさせました。個人的には、笹本演じる真木よう子さんが、「今は何パーセントくらいよ?」と消火器でテロリストの頭を殴るシーンを見てスカッとしました。細身の真木よう子さん、クールです。

第5話『重要参考人を警護せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第5話 あらすじ
20年前に麻田総理を狙い、井上の両親を殺した山西と刑務所で、尾形は面会をしていました。尾形は真相を追求しますが、その山西はしばらくしたら出所する事だけを告げ、不気味に微笑みます。尾形は、中尾に突然呼び出され、証券取引法違反事件の重要参考人である大橋を極秘で警護するように命令されます。そして同じ頃、この事件に関係する別の男をいとも簡単に、事故死に見せかけて4人組の男が殺害したのでした。尾形や井上、山本、笹本、石田の5人は、大橋が身を隠している高級ホテルに翌日やってきます。怯えている大橋は、異常な警戒心をSPに対しても示します。しかし、そんな大橋に「私たちは、信頼を糧にして、命を懸けてあなたを護ります」と尾形は説得します。一方、4人組の男たちのもとに、大橋の殺害依頼が次なるターゲットとして届くのでした。ポールとジョージは実行担当であるため、その準備に取り掛かります。昼は笹本と石田と山本、夜は尾形と井上の2チームに分かれて警護を始めます。だが、大橋は恐怖やSPによる監視の重圧から、日々憔悴していきます。そんな時、ポールとジョージは中国人に扮装し、大橋の隣の部屋にチェックインしたのでした。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第5話 感想
ポールとジョージがとりあえず怖かったです。流暢に中国語を話すので、テロリストは目的のためなら多言語も習得するのかと、少し感心しました。違うところにその能力を使ってほしいと、平和主義の私は思ってしまいました。大橋は自分が悪いことをしたというのに、SPに守ってもらっていて、良いなあとも思いました。この大橋の脅え方は、うまい演技だったと思います。

第6話『暗殺者を確保せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第6話 あらすじ
24時間監視されていることにストレスがたまっている大橋は、隙をつき部屋から逃げ出します。テロリストのポールも部屋を飛び出しました。大橋を殺す機会を伺って、隣の部室で盗聴していたからです。間一髪のところで、大橋は石田につかまってしまい、自分の部屋へ引き返しました。大橋からの信頼が得られないため、SPらも不安が募っていました。そんな中、今度は気分転換にとホテル内のプールで泳ぎたいと言い出します。ターゲットである大橋が夜にホテルのプールへ行くことを知った、隣室のジョージとポールはそれを知り、何かを企み始めたのでした。2人はまず、1度ホテルをチェックアウトし、再度身元を偽装します。仲間2人に今夜決行すると連絡をします。そして夜、2人の韓国人がホテルのロビーでチェックインします。実は、この2人の韓国人は変装したジョージとポールでした。2人が部屋に行くエレベーターを待っていると、警護の交代でやってきた井上と尾形とに会ってしまいます。テロリスト2人とSP2人の4人が同じエレベーターに乗り込みます。井上の異常に発達した嗅覚は異変感じ、2人に軽く声を掛けました。しかし、ジョージとポールはいきなり尾形と井上に殴りかかったのです。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第6話 感想
エレベーターの中でのアクションシーンは圧巻でした。リアルタイムで放送された時に、あの狭いエレベーターの中でのアクションシーンをすごく大変だったというのを見たことがあるので、余計にそうかんじました。それにしても、わざわざ警備してもらっている大橋に「プールに行きたい」などワガママ言うなよ!とイラッとしてしまいました。警備対象者は切羽詰まったり、人を信用できない様子を、大橋を演じた片桐仁さんも上手く描いていたと思います。

第7話『特別警護を完遂せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第7話 あらすじ
尾形と井上は、ジョージとポールを確保しました。しかし、この2人が大橋を狙ったという証拠はありません。警護を強化することのできる、小規模なホテルへ移動をしなければなりませんでした。しかし、テロリストのリンゴとジョンは、その移動車に発信機を取り付けていたのでした。小規模なホテルに到着した大橋は、その狭さに不満なようです。しかし、SPは危険を感じとり、厳重な警護体制をとるのでした。ホテル地下駐車場に緊急時の導線チェックのため、井上はやって来ます。状況を素早く確認しますが、ジョンが移動車に既に爆弾を仕込んだ後でした。井上は少し異変を感じますが、違うことに気を取られ、ジョンには気付かずホテル内へと戻ってしまいます。その後SP5人が揃っている時に、大橋の部屋に宅配が届きます。大橋宛てと聞き、「いません」と答えながらも宅配物を見た尾形は、油の染みをその箱に見つけます。すぐさま危険を感じとった尾形は、大橋の緊急避難を石田班に命じます。そして、尾形は配達員を部屋から引き離します。井上は尾形の後を追いますが、一連の流れに何か作為を感じ取ります。先ほどの駐車場での記憶とともに、思考を息ができないほどに稼働します。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第7話 感想
今回はアクションシーンではなく、井上の予知能力というか、僅かな異変にもなにか違和感を感じることのできる能力に驚きました。井上だけでなく、尾形さんの危機管理能力にも脱帽します。最後に、大橋の警備担当をSPが外れることになり、大橋が「お金ならいくらでもやるから、いかないでくれ」と頼んでいた姿は、心苦しく感じました。でも、視聴者以上に辛く嫌な思いをしたのは、SPの5人なのですよね。尾形さんが大橋に「なぜ悪に手を染めた?」と問い詰める感じも、鬼気迫っていてリアルでした。

第8話『警護四係に合流せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第8話 あらすじ
井上と佐伯は、マルタイの工藤が出ると、すぐ警護体制をとります。しかし、工藤はトイレに行きたいと、トイレに立ち寄ることとなります。そこで突然襲われ、井上は退避しました。井上は工藤を守り、佐伯と一緒に工藤を安全なところへ誘導します。井上は、安全な警護車へと急ぐのですが、周囲にいる人物たちの微かな悪意を感じとります。そして、二手に分かれて制圧がかかりました。だがその瞬間、1人になった工藤に魔の手が伸びます…。これは、警察学校での訓練でした。尾形は警察学校の訓練生である井上を個別に呼び出し、井上の両親が巻き込まれてしまった事件のこと、またなぜSPになりたいのかを問うのでした。そして、井上は警護4係に配属されることが決まります。まずは環境大臣の警護につきますが、井上の少し変わった警護方法に笹本、石田、山本らは不信感を抱きます。しかし、翌日の警護中に井上が異変をすぐに感じとり事な気を得たことで、石田と笹本は、井上に何か特別な能力を感じとります。その数ヶ月後、山西は出所を迎えたのでした。井上自身が大きく関わることになる事件が起きようとしていたのです。そしてついに、事件発生当日である1月26日が訪れます。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第8話 感想
冒頭での、警察学校訓練生のときの井上の危険察知能力は見応えがありました。警察学校訓練生の時でさえも、あんな能力を発揮できていたのなら、「警察学校になんて行かないで、早く現場に行って要人を守らせればいいのに!」と思ってしまったほどです。この訓練の時に「車にいるっていうのは、ないよ~」とおどけて言っていた井上が可愛らしくて、さっきまであんな真剣に特殊な能力を使ってマルタイを警護している人にはおもえませんでした。

第9話『巨大アトリウムを警護せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第9話 あらすじ
井上ら第4係は、2日後のイベントに出席する麻田総理の警護応援をすることになりました。また一方で、麻田総理に対するテロと井上の両親を殺害した罪で、20年もの長いあいだ服役していた山西は、出所してから1週間は公安に監視されていることを知っています。そして、その監視が終了したことをしっかりと確認します。麻田総理の警護は、体裁を考えて、最低限のものに決定されました。謎の男へ「2日後、決行」という指示メールを、なぜか理事官の西島は送ったのでした。またさらに、この情報漏洩メールは、映画館で井上に確保された後釈放された、大男にも送られます。麻田総理へ憎しみの気持ちを20年間ずっと燃やしていた山西は、麻田総理が参加するそのイベントで何か事を起こしてやろうと、行動し始めたのでした。イベント前日、山西は拳銃を手に入れるためにパトロール中であった警察官を襲います。そして、尾形は井上らに、イベント当日の警護対象者は麻田総理であることが告げられたのです。両親を麻田のせいで殺された井上は、複雑な感情がわきつつも、両親が刺殺された広場に足を運んだのでした。。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第9話 感想
平田満さん演じる山西の何というか、貧相で不敵な笑みが不気味に思えて仕様がありません。山西は殺す必要のなかった井上の両親を刺殺してしまったことをどう思っているのか、と疑問に思いました。普通の人間には、人を殺そうとする人間の心理など、わかるはずもないのですが・・・。井上は惨劇のあった広場に向かいますが、自分なら絶対にその場所へ行けませんし、両親が殺される原因を作った人物が現総理であろうが、警護なんてできないよなと思ってしまいました。

第10話『警護課員皆殺しを阻止せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第10話 あらすじ
井上は麻田総理の警護を命じられ、どこか上の空といった様子。それを気にしながらも、着々と警護の準備を始める尾形や笹本、石田、山本。同時期に、拳銃を持つ山西、昨晩から狙撃銃を隠して会場に潜り込んでいた謎の男、井上に確保されたこともある大男は、それぞれの場所で動き出していたのでした。来賓や見学客が沢山集まる中、尾形は準備中の会場で理事官の西島と公安である田中の姿を見つけます。やがて麻田も登場しイベントが始まりました。イベント会場に入ってからずっとシンクロして神経を擦り減らしていたため、頭痛や強い眩暈に襲われた井上は、朦朧とした目つきで麻田を見つめました。やがて、麻田はステージに立ちます。大男は観客に紛れていたが、その大男に気づいたSPたちの動きが微妙に慌しくなっていきます。その隙を狙って、山西はステージへと近づいていきます。同時に、ずっと屋上に身を潜めていた謎の男も、麻田の胸に襲撃できるよう、銃口を向けていたのでした。大男にSPたちは視線を奪われますが、山西の姿を尾形は確認したのでした。尾形は山西へ駆け寄ろうとしますが、人に邪魔されて近づけない状況です。そんな時、銃声が鳴り響きます。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第10話 感想
今回は、いつにもなく、いつも以上に異様な緊張感がありました。自分の友人がこのイベントのロケに行ったのですが、岡田くんや堤さんの緊張感が凄かったと言っていて、それがこちらにも伝わりました。井上の麻田総理を見る目は、ものすごく怒りや憎しみに燃え滾っていて、でもどこか悲しそうで、何ともいえない表情がすごく良かったです。殺してしまいたいほど、憎らしい人間が警護対象者なら、こんな表情になるのだなと感じました。自分なら出来ないことなので、葛藤に苦しんでいる井上を警護者から外してあげたいと思ってしまいました。

第11話『動く壁を完遂せよ』

動画サイト
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」第11話 あらすじ
イベント会場は混乱を極め、麻田を守ろうと井上は腕から血を流しながらも必死に近づきます。山西はSPらを次々に襲撃します。隙をみた井上は、麻田の退避を始めたのでした。山西は立ちふさがるSPらに発砲し、麻田と井上を追いかけます。意識を取り戻した笹本や山本、石田も、山西の後を追いました。しかし、麻田の秘書である高島は、なぜか倒れたままのSPからこっそりと拳銃を奪い、その後に続きます。その頃、狙撃をした謎の男は混乱状態にあるのをいいことに、屋上から逃げていきます。井上は意識が朦朧としながらも、麻田を連れて音楽ホールに逃げ込みます。しかし、麻田の体力はもう残っておらず、足下がおぼつかない状況です。井上は逃げるのをやめ、麻田から手を離したとき、山西が遂に麻田に近づいてきたのでした。山西は「その男は命を懸け守る必要なんてない、守る価値などない男だ」と井上に言い放ちます。尾形たちは遅れてホールへやって来ますが、ホールに銃声が響き渡ります。その一ヶ月後、とある高級マンションに公安の田中たちは続々と入っていき、その部屋で見たものとは…。
ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係第11話 感想
「SPという職業に就いているから、麻田を護るのか…。麻田を警護している間、どんな気持ちなのだろうか。警護対象者にどんな感情があっても、護ることが使命なSP。使命であっても、命を懸けて護るなんて無理だよ」と思ってしまいました。実際にこのドラマのように、しょっちゅうテロなどは起きていませんから、命を懸けて護るというのは大袈裟なのかもしれません。ただ、SPのように常に危険と向き合って、命を張って仕事している方たちには、もっと国も給料をよくしてほしいなと感じます。今まで、SPという職種の方たちをテレビで見ても何とも思わなかったのですが、これを見てから、彼らを見る目が変わりました。。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「SP警視庁警備部警護課第四係」の動画はアップされているものもありますが、削除されてしまう可能性が高いです。

また、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」のあらすじと見どころ

これは、警視庁警備部警護第四係機動警備班のセキュリティポリス、通称SPを題材にしたドラマです。SPとして働く井上薫(岡田准一)や、尾形 総一郎(堤真一)、笹本 絵里(真木よう子)、山本 隆文(松尾諭)、石田 光男(神尾佑)が、テロリストたちと奮闘します。主人公の井上薫は幼少期のある事件がきっかけで、色々な能力が卓越しており、それらを駆使してマルタイを護衛します。SPらはもちろんですが、特に井上薫のアクションシーンは、圧巻です。

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」の出演者や主題歌

井上薫:岡田准一
尾形総一郎:堤真一
笹本絵里:真木よう子
山本隆文:松尾諭
石田光男:神谷佑
原川幸子:平田敦子
中尾義春:江上真悟
西山勇司:飯田基祐
梶山光彦:伊達暁
田中一郎:野間口徹
室伏茂:春田純一
麻田雄三:山本圭
伊達國雄:香川照之
森純子:峯村リエ

主題歌:V6「way of life」

放送月日:2007年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」の見所や感想

女性
とにもかくにも、面白いです。岡田准一さんのアクションシーンは、本当に見物で、圧巻されます。このドラマのために、クランクインする1年前から格闘技(ジークンドー、カリ、USA修斗)を習い、師範の免許もとったのですから、アクションだけを見ても楽しいです。また、テロリスト集団とSPの頭の戦いも興味深いです。テレビドラマとしての内容も、アクションシーンもどれをとっても素晴らしいですが、シリアスな内容の中にもちょっとしたユーモアがあります。見ていて重いだけではない、爽快感もあります。

関連動画

PU-PU-PU-
オヤジぃ。
恋愛偏差値
木更津キャッツアイ
末っ子長男姉三人
タイガー&ドラゴン
大化改新
虹を架ける王妃
軍師官兵衛
図書館戦争 BOOK OF MEMORIES

まとめ

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

岡田准一さんの鍛え抜かれた体でにアクションシーンは見所満載です。

このドラマにより、SPという仕事に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

映画やスペシャルドラマもあるので、そちらもぜひご視聴ください。

ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴