ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|スカーレットの動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「スカーレット」は2019年9月30日から2020年3月28日まで放送されていた、稲垣吾郎さん、関西ジャニーズJrの正門良規さん出演ドラマです。

実在した女性陶芸家をモデルに、滋賀県信楽で陶芸家として過ごした半生を描いています。

この記事では、ドラマ「スカーレット」の動画を無料で視聴できる方法をまとめています。

ちなみに、TSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)なら「スカーレット」をお得に視聴することができますので、興味ある方はお試しください♪

(画像引用:TSUTAYA DISCAS)

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「スカーレット」の動画を無料視聴する方法

どこの動画配信サービスならドラマ「スカーレット」が無料で視聴できるのか、調査したものをまとめています。

◎:見放題 ◯:DVD見放題 △:レンタル(課金) X:未配信

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
△(準新作)
8枚まで
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(ポイント配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 14日間無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年11月22日の時点の情報)

結論から申し上げると、「スカーレット」を無料視聴できる動画配信サービスはなく、DVDをレンタルして視聴するしかありません

ジャニーズは著作権が厳しいため、ネットでの動画配信サービスで視聴できる作品はほとんどないからです。

ですが、「スカーレット」を全話視聴するとなると、13枚分のDVDを借りる必要があります。

例えば、TSUTAYAなどの店舗で借りた場合1枚約242円くらいかかりますので、「スカーレット」を全話視聴するのに3146円かかります。

結構、高いですよね・・・そこで、お得に「スカーレット」を全話視聴できないか考えてみました!

結論は、同じDVDレンタルでも、TSUTAYA DISCAS(宅配レンタルサービス)30日間無料お試し期間を使用すれば、5枚分DVDのみをお金を払うだけで「スカーレット」を全話視聴できることがわかりました♪

なぜ、5枚分のみDVDを支払えば済むの?と疑問に思われると思うので、説明させていただきますね!

TSUTAYA DISCASは、DVDのレンタルが開始された日より、

新作:レンタル開始日〜90日
準新作:レンタル経過91日〜390日
まだまだ話題作:レンタル経過391日〜720日
旧作:レンタル経過721日〜

と、このように分類されており、「スカーレット」は準新作にあたります。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)は30日間無料期間中旧作・話題作は借り放題ですが、準新作については、

1枚目〜8枚目までのレンタルは準新作・旧作の両方を借りる事ができますが、9枚目以降は旧作のみとなります。(無料期間中、新作はレンタル不可)
なので、準新作だけ注意しましょう!
DVDの種類 最初の1〜8枚 9枚目から
新作
準新作
まだまだ話題作
旧作

そのため、「スカーレット」を視聴する場合は最初の8枚までDVDを無料でレンタルすることが可能です。

「スカーレット」のDVD全話13枚分をお金を払って借りてしまった・・・と損をしないように、TSUTAYA DISCASの30日間無料お試し期間を利用して「スカーレット」のDVDを8枚無料でお楽しみください♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

TSUTAYA DISCASなら「スカーレット」の動画をお得に視聴できることは理解できたけど、返却期限や延滞料金などサービスの詳細がわからないと不安ですよね!

そこで、次はTSUTAYA DISCASのサービスについて紹介していきます。

TSUTAYA DISCASの特徴

TSUTAYA DISCAS(宅配DVDレンタルサービス)の特徴を表にしてまとめました。

月額料金 2470円 → 初回限定0円
無料レンタル期間 30日間無料
返却期限/延滞料金 なし
送料 0円
レンタル可能作品 新作:レンタル不可
準新作:最初の8枚までレンタル可
旧作/まだまだ話題作:借り放題

TSUTAYA DISCASは店舗など一般のDVDレンタルと違って返却期限がないので、延滞料金がかかる心配もありません。

また、DVDレンタルって、借りたり返却したりの手間や返却期限が過ぎてしまった・・・

など、めんどくさいですよね。

ですが、TSUTAYA DISCASなら、

  • スマホやパソコンなどで選んだDVDが自宅に届く
  • 返却は近所の郵便ポストに投函

のみの2ステップで簡単にレンタルできます♪

さらに、旧作のDVDが借り放題なので、その他の稲垣吾郎さん出演の「ブスの瞳に恋してる」、「不機嫌な果実」などもまとめてレンタルすることもできます。

(画像引用:TSUTAYA DISCAS)

稲垣吾郎さん出演作品だけでなく、ぜひ「30日間のお試し借り放題」で、その他たくさんの作品を無料でお楽しみいただければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

TSUTAYA DISCASなら「スカーレット」を全話視聴できることを話してきましたが、

解約できずにお金がかかったらどうしよう・・・と不安ですよね。

そこで、TSUTAYA DISCASの登録方法と解約方法について画像つきでまとめてみました!

TSUTAYA DISCASの登録と解約方法

ここでは、TSUTAYA DISCASの登録と解約方法について説明しています。

「+」をクリックしていただくと画像つきの解説がでて、さらに横スクロールでご覧いただけます。

TSUTAYA DISCASの登録方法
step1 step2 step3 step4
「今すぐ30日間無料トライアル」をクリック 個人情報、お支払い方法の必要事項を入力 同意にチェック後、「確認画面へ」をクリック 「この内容で申し込む」をクリックして登録は完了
TSUTAYA DISCASの解約方法
step1 step2 step3 step4 step5
「登録情報の確認」をクリック 「メニュー一覧」タブを開き、「サービス解除申請(サービス退会)」をクリック パスワードを入力しログイン 退会に関する確認事項に全てチェックを入れ、「次へ」をクリック 引き続き、退会に関する確認事項に全てチェックを入れ、「申請を完了する」で退会完了

※30日間の無料期間内に解約すれば1円もかからず視聴できます。

ネットでいつでも簡単に解約することができるので安心ですね!

ぜひ、30日間の無料お試し期間で、稲垣吾郎さん出演ドラマだけでなく、著作権の関係で動画配信にはない、たくさんのジャニーズ出演作品をお楽しみいただければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

「スカーレット」の動画をお得に視聴するには、TSUTAYA DISCASがオススメと説明してきました。

でも、TSUTAYA DISCASに登録せずともYoutubeなどに無料動画が落ちていたら1番嬉しいですよね。。。

そこで、Youtubeなどの無料動画配信サイトで「スカーレット」の動画があるかどうかを検索した結果をまとめました♪

 

ドラマ「スカーレット」の各話のあらすじと感想

「スカーレット」の動画を無料で視聴出来ないか、無料動画配信サイトで1話から最終話まで各話ごとに検索しました。

結論を述べると、予告動画ばかりで、「スカーレット」の動画を無料視聴できる動画配信サイトはありませんでした。

仮に視聴できたとしても無料動画配信サイトでは、

  • ウイルスに感染する危険
  • 偽の悪質なサイトへ飛ばされ、個人情報が抜き取られる危険
  • 広告が多く、画質や音が悪いなどのストレス

のリスクもあります。

安心、快適に動画を楽しみたい方はぜひ、TSUTAYA DISCASを試してみてくださいね^^!

TSUTAYA DISCASで「スカーレット」の動画を視聴できることはわかったけど、まだ動画視聴の前にあらすじ・感想を見てから決めたい。

という方もいらっしゃると思います。

各話のあらすじ、感想をまとめましたので、ぜひ「スカーレット」の雰囲気を掴んで頂けると嬉しいです♪

第1話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第1話 あらすじ
昭和22年、川原喜美子と父・川原常治が滋賀県の家に住むことになった。原因は父が会社で失敗をしてしまい、部下・大野忠信から仕事の提案をされ滋賀に来ることになったのだ。喜美子は学校に通うことになり大野信作や熊谷照子と友達になったのであった。一方、常治は大阪にいた時に草間宗一郎を暴漢から守ったが帰る場所もなかった宗一郎を家に招き入れるが家にそんな余裕は無かった。その頃、喜美子は父に学問は必要ではないと言われていたことを勘違いして勉強をしなかったことに怒られる。その日に宗一郎が失踪したが残された手紙を読むのであった。ある日、照子が兄のお墓詣りに行く。兄は窯元「丸熊陶業」を継ぐ予定であったが戦死したため照子が継ぐことになったのであった。
ドラマ「スカーレット」第1話 感想
会社があまりにも上手くいかず借金だけが残る事態になるのはあまりにも悲しいところでもあります。ただそんな余裕が無くても人助けの精神は持ち合わせているところは人間がまだできているんだなと思いました。そして昔でも学校に行ける時点でまだ安心できる場面でもありました。絵が好きというやりたいことがある部分は小さい頃でもありますがすごく評価できるポイントでした。そして家庭の事情を知った宗一郎は失踪してしまいますが迷惑はかけれない感情に耐え切れなくなる思いもあったと思います。戦争で亡くした照子は胸が痛いところでもありますがそれをバネにして継いで兄の分まで発展させてほしいところです。

第2話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第2話 あらすじ
借金取りが家に押しかけていた光景を喜美子は目撃するのであった。払うものが無いので貴重なゆで卵を差し出すマツだったがそれを盗って逃げようとする次女・川原直子。借金取りに抑えられている直子を偶然にも通りかかる宗一郎が助ける。だが襲われてると勘違いした宗一郎は借金取りだと知り、お金を1000円払いその場を収めたのであった。お世話になったお礼と言って宗一郎は常治の支払いを拒むが常治は返すことを意地でも返すつもりだった。その時に見ていた宗一郎の柔道技を喜美子は興味があり、自分も習うためについていくのであった。その頃、宗一郎は4年前に行方不明になっていた妻を探していたのだが喜美子に後押しをされ東京に帰るのであった。6年後喜美子は丸熊陶業に就職予定であったが女性ということで白紙にされてしまうのであった。
ドラマ「スカーレット」第2話 感想
ここで借金取りが訪れましたがゆで卵を差し出し盗って逃げるほどの直子はとても勇気ある行動だと思いました。宗一郎も助けますが初めの頃は助けられた身で今度は助ける側になっているのは見所でもあります。恩を返す宗一郎に常治は意地を見せて返そうとしますが何かここに男にしか見えない共感を持つところであります。そして喜美子が宗一郎が投げ込んだ柔道技に興味を持つけれど女の子で柔道を習うところは凄く惚れるところでもありますね。この時代はまだ男女の差別があり何かをやると女性は貧弱だからと男の作業や仕事はやらせてもらえないという点は何かやるせない感情が芽生えました。

第3話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第3話 あらすじ
常治は白紙になった喜美子のために就職先を見つける。荒木商事という下着のデザイン会社で社長・荒木さだと出会うのであった。しかし女中・大久保のぶ子にこの仕事は若い子には無理だと言われる。喜美子は今までの恩や母の手紙を見て頑張る気持ちをのぶ子に伝えたのである。喜美子の執念にやられたのぶ子は雇うことを決めるが喜美子は不満を覚える出来事が起きる。給料日、喜美子は大卒だったので平均的に高いと予想はしていたが余りにも低い給料にテンションが下がる。ある日、下着ショーを開催されることになった喜美子は参加するために仕事を休み新聞記者・庵堂ちや子と見に行く。その時に立ち寄ったデイリー大阪の机に誰がこぼしたか分からない状態になっていた。喜美子たちはそれをかたずけるところを見ていた編集長・平田昭三がいい印象を喜美子たちに抱くのであった。
ドラマ「スカーレット」第3話 感想
白紙になったら普通なら講義する場面でもありますが前を向いている喜美子はすぐに次の就職先に行くところは強いなと思いました。大卒でもあるが給料は見習いとしての金額が払われる場面で自分がその立場でもやる気は無くなるし家庭環境も悪いならもっと稼がないと思うことを考えると苦しい感情があったと思います。そして精神的にやられる喜美子でありましたがやはり誰かが良いところを見てるのは間違いが無いポイントでその恩は帰ってくる描写が見られました。印象のとてもいい喜美子を雇う昭三は見る目があるなと思いました。

第4話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第4話 あらすじ
荒木商事が開催していた下着ショーも無事終わり仕事に戻る喜美子に朗報が飛び交う。デイリー大阪の昭三が喜美子を雇いたいと言って引き抜きを行おうとしている。その日に喜美子の転職会議が始まった。給料5倍という所に惹かれたがこちらの関係もあるということで悩む喜美子はお試しに何日か働くことを決める。デイリー大阪で働くことになった喜美子は周りの人たちに刺激され自分も得意な絵を描きながら考えるのであったがのぶ子に認められていなかった喜美子は負けるのが嫌だったので仕事をやめ荒木荘で続けていくことを決めるのであった。その頃、常治の方で盗難による事件が起きる。実を言うと常治が雇っていた若者2人がラジオと金を持ち去った疑いがあった。喜美子は常治から前借り頼まれるがそこでのぶ子が助けてくれることになった。時は流れのぶ子は引退し、喜美子が後を継ぎ一人で仕事をするのであった。2年半が過ぎたころ。荒木さだの会社が買収され独立するのであった。仕事が無い人もいれば進路について困る者もいるなか酒田圭介はある女性との出会いに一目ぼ惚れするのであった。
ドラマ「スカーレット」第4話 感想
自分が好きなことでお仕事をさせてもらってる状態で給料は5倍だけど別の仕事となると天秤にかけづらいですよね。ですが借金のことも考えれば確かに夢を追うよりも安定的に給料のいいほうを選ぶと思います。ただ合わない仕事もあるのでそれを見極めるために数日のお試し期間で見極めた喜美子はとても先のことを考えているのだと思いました。ここで盗難が常治に襲い掛かるが借金で困っているところに仕打ちが悲しすぎると思っていました。喜美子の仕送りで常治たちは救われている感じが喜美子の頑張りが大変よく伝わってくるところでもありました。

第5話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第5話 あらすじ
圭介のことが好きだった喜美子はその事実を知りながらも応援する。探していた圭介はその一目ぼれした人が泉田圧一郎の妹・泉田あき子だと判明したので話をしてみることに。しかし、全然話を聞いてくれない圧一郎は圭介が医者を目指していることを知ると状況が一転し、あき子に会うことになったのであった。あき子と圭介はより互いが深まるところ見る喜美子は傷ついていき失恋してしまったのであった。喜美子は絵を学ぶ夢が諦めきれずにいた。ある日、講師・ジョージ富士川のサイン会で宗一郎に会う。行方不明になってた妻のことを聞くが生きてはいたが別の人と幸せになっていたらしい。宗一郎はケジメをつけるためその妻がいる食堂に行き、食事を済ませてからバレずに無言で離婚届を置いて行ったのであった。宗一郎のケジメを見送った喜美子は荒木荘に戻ると常治から連絡が入っていた。どうやらマツが倒れたらしく動揺する喜美子なのであった。
ドラマ「スカーレット」第5話 感想
医者というワードで話が変わってしまうところは何とも見るに堪えない圧一郎の対応でした。兄が頑固なのは守るためであるが妹に合わせないぐらいの鬼になるところではないと思いました。そしてほのかに思いを寄せていた喜美子でありましたが告白することなく失恋を雰囲気でしてしまうところは何か思う点と悲しい場面でもありました。絵を学ぶことを諦めてない喜美子は講師の出会いで今後の展開に大きな影響を見せる場面でもありここが起点でストーリーが進んでいくところに見えてきました。ここで宗一郎がケジメを付けるために元妻に会いに行く場面はとても辛いですが幸せそうな家庭を見て宗一郎は何も言わずに帰る場面は悲しいところでもあり男を見たところでもありました。

第6話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第6話 あらすじ
喜美子は急いで実家に帰るが実は嘘だったのだ。どうやら仕送りを贈っていたが家事や身の回りのことが出来ずに困っていたので嘘を付いてでも喜美子に来てほしかったらしい。常治もマツも借金が膨れ上がりこのままではまずいと思った喜美子は返済するために丸熊陶業で働かせるのであった。心配になった喜美子は自分の夢を諦めてさだに会社を辞めることを告げ実家に帰ることを決意するのであった。夢は諦めるしか無かった喜美子であったがこの決意が人生に置いて変化をもたらす。丸熊陶業の食堂で働くことになった喜美子だったが「絵付け」に興味を持つ。その時に職人が一斉に辞める事態がおき困る社長だった。そして喜美子は仕事に興味を持ったが女性ではできないことを思っていた。そこで照子がその思いを知り動くのであった。
ドラマ「スカーレット」第6話 感想
頑張っていた喜美子であったが家の崩壊が近づいていたことに焦る喜美子の辛い場面でもあります。借金は減るどころか増えているし家は荒れてるしで普通なら混乱して嫌気がさすところですが喜美子はすぐに行動をする強い人だと思っていたので問題解決に取り組むところはとても印象のいいところでありました。ここで喜美子は陶芸の魅力に惹かれます。ですがここでもやはり女性ということでやらせてももらえないのはとても悲しい場面でありました。まずはやってダメならそこで判断するべきだと思って見てました。照子のアシストもありようやく喜美子が腕を振る番が来たようです。

第7話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第7話 あらすじ
ふか先生と呼ばれる深野心仙に絵付けについて喜美子は教わるのであった。だが仕事としてではなく体験として教わっていたためそのことに気づく喜美子は真剣に迫るも簡単なことではもちろんなかったし何年もかかるということを告げられる。条件で絵付けをやるには何年も無給になるため喜美子は悩んでいた。一方、絵付け仕事を反対していた常治だがある時、心仙との出会いがあり変化していく。あかまつという飲み屋でであったが話を聞くと喜美子のことを言っていたのであった。喜美子が根性のない感じにとらえられていたことを聞いていて常治は喜美子の丸熊陶業での絵付けを強く推したのだ。そして弟子になった喜美子は掛け持ちをしながら絵付けを教えてもらうのであった。
ドラマ「スカーレット」第7話 感想
職人の世界は簡単なことではありませんが真剣に聞いてくる人に教えるのはとても意味があるものだと思って見てました。でも何年も無給でやらないといけないは流石に辛いところです。数日なら分かりますが何年となると一人前になるまでが果てしないので生活も出来なくなってしまう。ここで熱に押された心仙は喜美子を受け入れますが常治も黙ってはいない場面でした。常治は喜美子の職先に色々登場しているので大変喜美子に対して思っているところはありますが反対されるところはもう少し自由にしてあげてと思いました。

第8話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第8話 あらすじ
昭和34年、喜美子は掛け持ちである食堂を辞めて絵付け一筋で働いていた。仕事をしてから3年の月日が経つ。周りの人たちはというと照子が熊谷敏春と婚約を交わすことに。一方、丸熊陶業はデザインを新しくするためにみんなで採用されるために応募したのであった。しかし誰のであれ心仙が作ったデザインを採用しようとしていた矢先に敏春が喜美子の作品に目が留まる。その熱もあり喜美子の作品が採用されることになったが実は敏春が初の女性絵付けしとしての看板を背負わせるための計画を立てていたのであった。商品開発の十代田八郎は喜美子が有名になるのと共に心仙が放置されていることに不満を持っていた。実は戦後の時にお金が無かった八郎は祖父の大事にしていた心仙の絵を闇市に売ってしまったという。罪悪感を引きずっていた八郎だったがそこで喜美子がその絵を再現するために描くのであった。
ドラマ「スカーレット」第8話 感想
一筋で頑張る喜美子ですがその努力の末報われる瞬間が来るところは見所でもあり何かスカッとするところもありました。その前に社長は最初から心仙の作品を選ぶなんてちゃんと審査しなさいと思いました。ですが結局マスコットとして喜美子を利用する敏春でしたが利用されてるとは言え仕事が広まるチャンスでもあるのでそこはなかなか攻めれないところでもあります。八郎との思いをここで知ることになり意気投合する2人はなにか感じられる場面でもありました。そして答えるかのように喜美子は八郎の手助けをしているなら結婚はもう目の前だと思うところでした。

第9話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第9話 あらすじ
喜美子と心仙は八郎から話を聞いて喜美子は想像して書くのと心仙は同じ絵を描くことを八郎に話すのであった。感謝する八郎だったがその時に社長・熊谷秀男が亡くなってします。ここで継ぐことになった照子だったが電気の普及のことと火鉢の需要が減ることを睨んだ照子。そして心仙は丸熊陶業を辞めることを決めたのであった。様々な絵付け師たちは丸熊陶業からやめていくがそれを知った常治が喜美子もクビになると勘違いをしてしまう。反論して納得させようとする喜美子であったが常治は納得出来ずに心仙を悪く思っていた。その頃、喜美子はまだ丸熊陶業に残っていたが給料が一人前に認めてもらっていないほどの金額だったので直談判する。熱に押された敏春はそれを認め喜美子はようやく一人前になったのであった。
ドラマ「スカーレット」第9話 感想
完成させることが出来てホッと八郎でもあるが今回の件は食べ物が無く戦後時代なら生きるために売るだろうなと思う場面でした。そして社長が無くなり継ぐことになる照子は感が鋭く時代の流れを読む感覚はとても上に立つ逸材だなと思う場面です。亡くなって悲しみに暮れる暇もなく大きな改革を考えることが出来るのは通常の人間では考えられないところでもあり照子の強さを感じました。また口を挟む常治ですがここは誤解が起きるところで行き違いが見れる場面でした。ここでようやく一人前の給料を貰えることになる喜美子ですが今までの金額で耐えていた喜美子が素晴らしく思える場面で応援したくなるところでもあります。

第10話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第10話 あらすじ
秋に向けて作品に没頭していた喜美子は完成した火鉢を八郎に見せ同じ作品名がでてきたことにより八郎のことを意識するようになったのだ。そしてまだ八郎の陶芸家の夢は終わっておらず真剣に作品作りに没頭していた。そこでお見合い大作戦という企画に参加するかどうか提案される喜美子なのであった。実は八郎は大野信作から人数合わせのために話かけられていて喜美子も呆れ話をしに行くがマスコット効果もある喜美子を信作は利用しようとするのであった。そして時代は変わり八郎は喜美子に恋をしていたのであった。感に気づき付き合うことを提案する喜美子だったが返答が付き合えないということに驚き本心でないことを言うのであった。喜美子は昔話をするとそれを聞いてくれた八郎に自分か恋をしてることに気づくのであった。そして告白する喜美子に八郎は答えるように抱きしめたのであった。
ドラマ「スカーレット」第10話 感想
喜美子と八郎が意気投合する場面の一つでもあります。夢を追いかけている八郎はとても眩しくそれに付いて行く喜美子は今後の関係は注目する場面でした。見合いの話が出てきましたが何かトラブルの予感がある感じがしました。そしてやはり喜美子をマスコットとして利用しようとする信作の手口が明らかになるのであった。恋が縮まる瞬間は早くてその場でじゃあ付き合うなんて口が滑っても言えないので喜美子の発言力はとても関心出来るところでありました。互いの昔話を聞けば寄り添う2人に今後目が離せないシーンでありました。

第11話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第11話 あらすじ
喜美子と八郎は婚約の許しを得るために常治に会いに行くが猛反対され八郎は殴られる。それでも諦めない八郎は喜美子と一緒にまた行こうということでその場は去っていた。それから会いに行っては反対され7回も断られたのだ。ある日急に出産の前兆が見られたためその状態を察した照子が立ち会う。その時に常治は八郎とようやく冷静になって話をすることになった。八郎の過去を聞いた常治だが独立という安定していない仕事が許せずに丸熊陶業に就職しろと持ち掛ける。ここで八郎は許してくれない常治を証明させるために次の陶芸展で賞を取ることで証明できると思いその条件を結婚の提案に挙げたのだった。そして八郎は陶芸展のために頑張るものの出来はあまりよろしくなく喜美子は心配する。一方、気分転換にカフェに行く八郎だったがそこでコーヒーの容器を作ってほしいと頼まれるも運悪く納期が陶芸展と同じ日で焦る八郎なのであった。
ドラマ「スカーレット」第11話 感想
常治に殴られてします八郎ですが独立で殴るまですることがやりすぎであるところだと感じました。常治は過去の失敗があるから独立に対して目の敵にしているがここは慎重に話し合いをするべき人生のターニングポイントだと思いました。そして子供のこともあり冷静になる二人であったが証明するにはやはり結果を残さないといけない八郎は賞を取れなかったら結婚しないと言うところは男気はあるがもし失敗したらどうするのだろうと思いました。ただここで結果を残すのが本物だと思う場面ですし、何より困難を乗り越えないと崩壊は早いので決意の勉強になるシーンでありました。果たして今後どうなるのか。

第12話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第12話 あらすじ
期限が迫っているのに八郎はコーヒーカップの仕事を20個も受けよりそれも無料で作ることを約束する。それを見た喜美子は心配し、八郎の負担を軽減させるために受けよろうとするが八郎に断られる。力になりたかった喜美子は号泣して八郎は半分の仕事を与えることになる。失敗を繰り返すが何とか完成させることができた喜美子は達成感を持っていた。そして焼きあがる前、喜美子は八郎と話しているうちに雰囲気が良くなり八郎からキスを狭まれキスをするのであった。お金を取るつもりは無かったが喜美子の作った物は売りに出し陽子に支払わせた。この仕事も両立していた八郎は陶芸展に出展させる作品も完成して手ごたえを感じ賞を得ることになった。祝福ムードの二人であったが結婚式は行わず写真だけで納めることになる。一方、コーヒーカップが高評価だったため大量注文を頼まれるも出来る設備がなく断ってしまう。それから数年がたち喜美子たちは工房を開きうまくいっている中、川原武志という子が誕生するのであった。借金に困っていた常治は返すために仕事を頑張るものの歳もあり限界が来ていたのであった。
ドラマ「スカーレット」第12話 感想
仕事が多くなってきた夫婦にまだ賞を得ていないが追加で仕事を受けることになる頑張り屋さんの八郎ですが結婚がかかってるのに余裕があるのか気になるところです。そして力になりたい喜美子でしたが八郎は心配をかけたくないこともあり全部自分がやると言ってしまう。結婚もかかっているので喜美子が心配するのも無理はないと思うし、八郎の切羽詰まっている感じを見たら苦しく見えるシーンでもあります。結果は賞を取ることが出来ましたがここは集中するために喜美子にも最初っから頼ってもいい場面だと思いました。二人は式を挙げずに結婚しますが今後の幸せであるかどうかは気になるところです。

第13話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第13話 あらすじ
昭和40年、喜美子は27歳になり武志は4歳になる頃、かわはら工房は順調に生計が回っていたのであった。ある日、照子が来るがそこで衝撃の事実が発覚する。なんと常治は病気で余命宣告を受けていることを喜美子に内緒にしていたのだ。そこで常治に迫るがマツとの思い出の温泉に行きたいわがままを聞いたのであった。喜美子は病院に入れようとしたが最後まで家族に見送られることを提案して家に入れるのであった。その頃、八郎は陶芸展以来の功績を残せずに色々困っていたのであった。このような家族の状態の中、お互い小さなことから喧嘩が始まる。そして常治の死が近くなるが最後に松茸料理を振る舞う忠信は喜美子の作品にマッチさせて常治に見せる。常治は幸せそうに家族を眺めながら息を引き取った。そんななか直子が東京から鮫島正幸を連れ帰ってくるが常治の死に帰ってこなかった真相を知るのであった。実は常治から直子に何があっても戻ってくるなと言われていたらしくその願いを苦渋ながらも聞き入れた直子は泣き崩れた。一方、正幸は大阪で商売をする計画を練るが喜美子に反対される。その頃、ジョージ富士川の講演会を見て喜美子たちの人生に大きな変化をもたらすのであった。その影響もあり八郎は賞を取ることもでき八郎は今度は喜美子が願いを叶える番だと喜美子の背中を押す。そして喜美子は常治の死を思いながら作品を作るのであった。
ドラマ「スカーレット」第13話 感想
かわはら工房は誕生して子供も無事に生まれてきました。喜美子は常治が隠していた余命宣告を知ることになるがここで常治の思いは心配させたくないことだと思いました。今まで喜美子に頼ってきた状態で借金も膨れ上がり返済中であるが喜美子にこれ以上負担をかけたくない最後の親父のわがままはとても感動できるところでもありました。そして喜美子は常治を最後まで見届けるために病院には入れずに家族を見ながら最後を迎えさせるところはとても親孝行してるところでもあり常治にとっても幸せな場面でありました。喜美子は作品の常治の思いを描きながら作った作品は魂が宿るほど素敵な作品になると思いました。

第14話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第14話 あらすじ
昭和44年、喜美子は31歳になり武志は小学校に通う歳になっていた。生活は八郎が賞を取ってから楽になりそれなりの生活をしていた。作品作りに行き詰っていた八郎だったが東京に個展を開くのであった。その頃、弟子を雇っていた八郎であったが言うことは聞かない扱いづらいことからクビにしてしまう。その出来事から事件が起きる。新たな弟子松永三津が来るも断る八郎であったがクビにした弟子たちの腹いせにより大事にしていたノートが盗まれてしまう。だが三津はその犯人を目撃していたため追ってノートを取り返し喜美子に返したのであった。そのこともあり一度断った三津の弟子入りを認めるのであった。喜美子は八郎が困っているため刺激与えるが逆に喜美子の才能を見せつけられ八郎は弱気になるのであった。そんな中喜美子も個展に出展するつもりであった。
ドラマ「スカーレット」第14話 感想
八郎の出世もありますますいい流れな夫婦ですがここで事件が起こります。雇っていた弟子が反乱を起こしてクビになりますがそこでノートを盗まれる被害に会います。常治も八郎も盗難にあってしまう不幸なことが起きますが実は仕事のノートではなく二人の今後を盗まれるとなると少し恥ずかしいところでもあると思います。そしてここで奪い返す三津は強すぎるなと言うシーンでもありました。ただこの先の展開で何か大きな変化を三津は起こしそうな気がしますね。

第15話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第15話 あらすじ
行き詰る八郎を思った喜美子は個展を中止させるように促す。だが三津に背中を押され仲良くなる二人。打ち合わせなども弟子と話ている感じもなくお互いに作品に対する情熱が宿っていた。ここで喜美子は八郎が妥協しているのではないかと睨み喝を入れるのであった。たが八郎はそんなことは思っていなく自分がやっていたことを見つめなおしていたのであった。一方、百合子と信作はいい関係ではあるが喜美子は弱い男は要らないということで信作に柔道をさせるも全く歯が立たないほど残念であった。その頃、注文されていた200枚を達成する喜美子。そして弟子の三津が急成長している姿を見ては喜美子も八郎も圧倒されていた。一方、直子は妊娠したという情報が流れるものの実は商売が繁盛せずにお金に困っていた直子たちの計画であったのだった。
ドラマ「スカーレット」第15話 感想
仲良くなっていく八郎と三津だが大丈夫なのかとふと思うところでもある。仕事として楽しそうになっているなら別であるが喜美子も鋭いと思っていたが仕事に対して八郎に喝を入れているシーンは心配するのそっちかと思いました。ここで弟子の三津はとても急成長している姿は喜美子と八郎に衝撃を与えたと思います。自分も後から来たが才能でどんどん追い越されるように成長していく姿はとても教える立場であれ焦るところだと思います。ここで事件が起こりそうな匂いがする出来事が起こりそうですね。

第16話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第16話 あらすじ
昔に拾った信楽焼の欠片がカギになる。東京から戻って来た八郎は何故かジョージ富士川と一緒であった。実は欠片の真実を知っていた富士川は喜美子にどうなればそれを再現できるかを話喜美子は自分で再現してみるのであった。作業している最中に機械が壊れ丸熊陶業の機械を借りることになるのであった。一方、信作からプロポーズをされた百合子は挨拶をするため親族の元へ行くも信作は間抜けなことに骨折してしまい台無しになる。その頃、今でも電気を使わずに穴窯でやっている慶乃川善という男を探す。ただ亡くなっていたため孫から情報もらい喜美子は研究するのであった。喜美子はようやく穴窯を作り目標の1200度まで燃やすつもりあったがなかなか上手くいかない喜美子は悩んでいたのであった。一方、三津は八郎と添い寝をして超えてはいけない線を超えるように寝ている八郎にキスをしてしまったのである。
ドラマ「スカーレット」第16話 感想
富士川の出会いでいろんな人生で変化をもたらしてきた喜美子だったがここは重要なポイントになりそうなところであった。そしてプロポーズが成功した信作は張り切りすぎて骨折をしてしまい挨拶が出来なくなるところは不幸なところでもあるが笑ってしまった。百合子も呆れる場面であったがそのまま結婚が通るところも愛を感じた。一方、影響を受けた喜美子の人生はまた変化して新たな挑戦をすることになる。穴窯を1200度まで熱するのに3日以上もかかるのはとてもしんどい作業に見えて待ってる時間は大変に思えた。ここで分かってしあったが三津が八郎にキスをしてしまった。不倫がよぎるが大丈夫なのかと今後が見所です。

第17話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第17話 あらすじ
穴窯を作ってから温度の壁は超えたが喜美子は思うように上手くいかなかったことに困っていた。一方、缶ぽっくりが出来ないと婚約の話が進まない正幸は目標にたどり着き許しを得るのであった。罪悪感に駆られた三津はかわはら工房を辞めてしまうのであった。その頃、喜美子は穴窯を使用して作品を作るが材料や経済的なことも考えてこれ以上の挑戦はお金が無くなると喜美子を説得する。だが喜美子は何度でも挑戦し続けるが仕舞いには武志に何かあったときの貯金にも手を出そうとする喜美子に八郎からストップがかかる。八郎は喜美子に陶芸家として作品を出すことを推奨するが意見があわず等々八郎は武志と一緒に家を出てってしまうのであった。これを聞いた照子は喜美子に迫る。説得をするもなかなか素直になれない喜美子を気分転換のために百合子が武志と一緒に動物園に行かせる計画を練るのであった。喜美子はいろんな思いを背負ったまま再度穴窯に挑戦する決意をちや子に相談して今後のことを考えるのであった。
ドラマ「スカーレット」第17話 感想
これだけ燃やしても次は上手くいかない喜美子であったが何日も作業が出来なくていざ開始になった上手くできないは結構精神が削られる場面だと思います。やはり罪悪感が来てしまい辞めてしまう三津は才能はあったけどその関係はとても崩壊を導くところでもあり何とも言えない感情がありました。それとは別の喧嘩が起こり喜美子と八郎は別居してしまう。最初は小さな喧嘩から始まりますが後に引けなくなるところから段々亀裂が入っていく姿は武志も悲しく感じるところもありますし互いに傷つくところでもあると思います。

第18話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第18話 あらすじ
研究を重ねる喜美子だが何度やっても失敗してしまう。努力の結果成功させるも資金は尽きていて考える喜美子であった。別居の噂は広まり心配した人たちが喜美子に仕事を依頼するのであった。一方、別居中の八郎は東京で働く案件が窯業研究所の所長・柴田から来ていたが喜美子のことも思いなかなか決意を固めることは出来なかった。宗一郎は帰ってきて喜美子の事情を知ることになる。だがこれから穴窯を使い危ないことをする喜美子に対して止める宗一郎だったが最後の挑戦を喜美子は決意するのであった。その末見事に完成することに成功した喜美子はちや子に取材をしてもらい世に広めたのであった。時は経ち7年後のこと、昭和53年喜美子は40歳、武志は高校2年生になり喜美子は努力の末有名な陶芸家になっていた。その頃、八郎に対して喜美子は離婚届を贈ったのであった。密かに八郎と武志は手紙でやり取りをしている最中武志は陶芸家を目指すため大学に入るのであった。合格した武志はいままでの八郎との思いを喜美子に話それを聞いた喜美子は大事な物を失ったことに気づくのであった。
ドラマ「スカーレット」第18話 感想
やっとの思いで作品作りに没頭する喜美子であるがなかなか上手くいかないのが職人の世界です。噂は広まり心配される夫婦ですがここは夫婦の問題なので他者の加入は注意するところでもあります。何回も試行錯誤を考える末、穴窯の耐久的にも最後の挑戦で成功させるところは勝負強いところでもあり本物なんだなと思う集中力でした。それから時は7年も経ち、ちや子の宣伝のおかげもあり喜美子は有名人になっていた。陶芸家にはなったがその代わりに何か大切なものを失った喜美子。成功はしたがまだ八郎との喧嘩は続いている状態です。ここで離れないで踏み留まってほしいところですがどうなるか見所です。

第19話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第19話 あらすじ
昭和57年2月、川原マツは病気のため息を引き取った。その頃、武志は大学に行き卒業後は信楽窯業研究所で陶芸家を目指して修行するのであった。実は喜美子の穴窯は継がないこと話す武志であったが掛井武蔵丸が務める信楽窯業研究所に挨拶することになった。そして一人暮らしが始まる武志だったがこの後の展開の大きな変化が訪れる。一方喜美子の作品は有名なため商品価値が高くなる状態であった。安く売りたかった喜美子だったがそこへ小池アンリという老婆が作品を売ってくれと頼みこんできた。喜美子は買って頂けることには感謝しているが高額で買い取られることに嫌気がさしていた。何とか帰らせ諦めさせる喜美子なのであった。
ドラマ「スカーレット」第19話 感想
マツは亡くなってしまい、武志は大学に陶芸家を目指し進学することになった。ここで喜美子の陶芸を継ぐかと思っていたが実は別に候補があることに驚きました。武志が就職する信楽窯業研究所に喜美子は挨拶に来るがそこの掛井武蔵丸はファンらしい事実とそこで頑張るなら喜美子のところで継ぐのがいいのではないかと思うぐらいでした。アンリと出会い喜美子は商品の価値に悩んでいた。自分が売れるために世に広がった訳では無いが買ってくれる人に売るのは自分なら喜んで売ってしまうシーンに見えました。

第20話

動画サイト
ドラマ「スカーレット」第20話 あらすじ
アンリは行方不明になっていたが喜美子の前に現れお酒を交わす二人。そして起きると何も記憶が無い喜美子はまたアンリがいなくなっていたことに戸惑いを覚えるのであった。一方、八郎のことが才能に負けた落ちこぼれ扱いされる噂が広がる。その頃アンリの居場所が分かりホッとした喜美子であったがお酒を飲んでいた時の喜美子は八郎のことをずっと言っていてそれを知る喜美子は混乱するのであった。照子の差し入れもありみんなで集まりパーティーをした感じは何か昔を思い出すような感じがしたのだ。ある日盗難をした元弟子の2人組が謝りに訪ねてきたのであった。久々に八郎は帰ってきて3人で食事をするが飛び交う言葉は他人に対しての感じが重い空気を漂わせる。そして喜美子は久しぶりに会う八郎を見て意識してしまうのであった。そして八郎は前に進むために過去の栄光を割る決断をするのであった。
ドラマ「スカーレット」第20話 感想
お酒が入り本音が出てしまう喜美子でしたがそれもそのはずでやっぱり旦那さんと何年も別れていたら何か感じるところはあると思います。ここは早く二人の修復が先にやるべきことだと思う展開です。喜美子も満更では無く八郎と何年振りかに会って食事するシーンでもやはり意識してしまうと思います。それに挟まる武志の気持ちも分かってあげてと心の声が出てきます。ただ素直ではない八郎は妻ではなく他人と話している感じを出して重い空気になるところは何かまだ怒っている感情とどうしていいか分からない感情が混ざり合って混乱しているのかと思いました。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「スカーレット」の動画は1話から最終回までフル視聴できるものがありません。

また、そのような違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、広告が多く、画質や音も悪いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASなら、安心して「スカーレット」のフル動画を、楽しむことができるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円も費用はかかりません。

 

ドラマ「スカーレット」のあらすじと見どころ

不運なことに借金を抱えてしまう家族にいろんなことが起きるも喜美子は打たれ強く耐えていく物語。

ダメな親でもあるが何か暖かいところや感情的なところもある。

そして丸熊陶業を起点に陶芸の中へ入り込む喜美子は八郎と共に生きて陶芸家を目指すが途中で八郎は断念するも諦めない喜美子。

やがて借金は返していくが二人は分れ上手くいくも何かを失った感情を抑えきれない喜美子である。

そして武志が生まれ一緒に陶芸家を目指していき真っ当な人生を歩んでいくが黒い影が武志に押し寄せる。

夢を追いかける喜美子はどんな人生を見るのであろうか。

ドラマ「スカーレット」の出演者

川原喜美子:戸田恵梨香
大崎茂義:稲垣吾郎SMAP
川原常治:北村一輝
川原マツ:富田靖子
川原直子:桜庭ななみ
川原百合子:福田麻由子
十代田八郎:松下洸平
川原武志:伊藤健太郎
大野信作:林遣都
熊谷照子:大島優子
庵堂ちや子:水野美紀
酒田圭介:溝端淳平
鮫島正幸:正門良規(関西ジャニーズJr)

放送年:2019年2020年

テレビ局:NHK

ドラマ「スカーレット」の見所や感想

40代女性
主人公の喜美子は、朝ドラの主人公にしては珍しくさばさばした男性的な考えの女性でした。天然で周りがすぐ手を差しのべたくなるような危なっかしい主人公が多い中、周りに流されない芯が通った強い女性で魅力的でした。
子供の頃は父親に、結婚してからは夫に、気を使いながら生活していたものの、あるきっかけをきに誰の良いなりにもならないことを決意して逞しく生きていく姿に憧れを感じました。題材は陶芸という少し渋いものでしたが、女性初の絵付け師から滅多にいない女性陶芸家になる主人公は、あの女性がいきにくい時代が変わっていく様子が分かるような題材だったと思います。息子の武志が慢性骨髄性白血病になり、喜美子とともに病を乗り越えようとするところももう一つの大きいテーマでした。病気を知ってから最後まで諦めようとしない二人でしたが、ドナーがなかなか見つからなく、最後は段々体力がなくなっていく様子が現実的で見ていて切ないものがありました。このドラマは大事なところがたまにナレーションベースでとばされてしまって、もっと詳しく見たかったというところが何ヵ所かありましたが、テンポのよいドラマだと思いました。
30代男性
女性陶芸家の半生を描いた作品でした。昭和という時代は女性が働くことへの理解が薄く、自分の夢を持つことすら難しいことが感じられます。父親の事業失敗、病弱な母親、二人の妹という家計を支えるために幼少時から自分より家を優先する考え方や気丈に振舞う主人公・喜美子の姿は胸が熱くなります。15歳となり、進学ではなく就職を選んだ喜美子が大阪という親元離れた場所へ一人で行かなければならず、寂しさからこれまで口にしなかった想いを父親にぶつけるシーンは辛く、それでも覚悟を決め大阪行きを決めた喜美子に生きていく強さを感じました。荒木荘という下宿屋の女中で働きながら日々過ごしていく中で、女性であってもキラキラと働く姿や自分のやりたいことに突き進む姿に心動かされる喜美子の姿は印象的で、大阪での生活がなければ陶芸への道を見つけることができなかったと感じました。故郷に帰り、自分の気持ちに正直に芸術への道に進み始めた喜美子の力強さは凄まじく、のめり込む姿にこれまで自分の夢から目をそらしてきた時間を取り返しているように感じました。みるみる実力をあげていくと共に結婚、出産、離婚を経験し、その経験が陶芸に現れる様子に陶芸家の凄味を感じます。一人息子である武志が成長し、同じ陶芸家を目指す姿に続く幸せを感じましたが、病に侵され亡くなってしまうという衝撃は涙が止まりませんでした。武志が残した陶芸作品に存在意義を感じ、そこから再び続いていく喜美子の陶芸家人生が予測できた前を向ける結末となっていました。喜美子の自分の信じた道を真っすぐに進む姿にカッコよさを感じた作品でした。
40代男性
破天荒な父親を持ったお陰で、誠実に育った喜美子だけど、優秀な成績にもかかわらず高校に進学することができず、大阪の荒木荘で住み込みで働くことになったときは、非常にかわいそうに思えました。給料も、見習いということで1000円鹿もらえなかったけど、実家に仕送りして家族の為に働いている姿けなげでした。実家が大変になっていると荒木荘と辞め実家に戻り、陶業会社で働いて家族を支え、そんな中、夢を見つけて絵付けの仕事い励む姿がとても素敵でした。八郎さんと出会い、父親の反対にあいながらもやっと結婚する事ができ、子供も持つことができたけど、陶芸の才能と熱意のせいで八郎さんと離婚してしまうのは悲しかったです。穴窯で成功し、有名な陶芸家になったけど、息子の武志が白血病を発症し、懸命にドナーを探すけど見つからず、亡くなってしまったことは悲しかったです。でも、武志が病気になったことで、八郎さんともいい関係になったことは良かったと思いました。武志の死後、八郎さんは長崎に陶芸の勉強にいき、一人信楽残った喜美子が印象的でした。

関連動画

ブスの瞳に恋してる
不機嫌な果実
ソムリエ
信長のシェフ
流れ星

 

まとめ

ドラマ「スカーレット」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

主人公が、家族や周囲の人々に支えられながら、女性では数少ない陶芸家の道で奮闘する姿が描かれたドラマ「スカーレット」。

正門良規さん演じる鮫島正幸が主人公の人生にどう関わっていくかにも注目です。

ドラマ「スカーレット」の動画は、TSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)のみで視聴が可能です。

ジャニーズは著作権が厳しいため、ネットでの動画配信サービスで視聴できる作品はほとんどないからです。

TSUTAYA DISCASなら、「スカーレット」以外も、たくさんのジャニーズ出演作品を視聴することができます!

30日間も無料期間がありますので、ぜひお得に、お楽しみいただければと思います♪

(画像引用:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。