ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|下北サンデーズの動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「下北サンデーズ」は2006年7月13日から9月7日に放送されていた藤ヶ谷太輔さんが出演しているドラマです。

藤ヶ谷太輔さんは、個性豊かな下北サンデーズの一員として今までにない役柄に挑戦しています。

この記事では、藤ヶ谷太輔さん出演ドラマ「下北サンデーズ」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「下北サンデーズ」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「下北サンデーズ」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「下北サンデーズ」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「下北サンデーズ」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年7月16日の時点の情報)

ドラマ「下北サンデーズ」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「下北サンデーズ」を全話無料で視聴することができます。

「下北サンデーズ」だけでなく、「ミラー・ツインズ」「美男(イケメン)ですね」「MARS~ただ、君を愛してる~」など他の、藤ヶ谷太輔さん主演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「下北サンデーズ」の動画を無料視聴

ドラマ「下北サンデーズ」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「下北サンデーズ」の動画を無料視聴

「下北サンデーズ」以外の藤ヶ谷太輔さん出演

  • 「ミラー・ツインズ」
  • 「美男(イケメン)ですね」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「下北サンデーズ」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「下北サンデーズ」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「下北サンデーズ」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「下北サンデーズ」だけでなく、「ミラー・ツインズ」「美男(イケメン)ですね」などの藤ヶ谷太輔さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYoutubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「下北サンデーズ」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「下北サンデーズ」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「下北サンデーズ」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「下北サンデーズ」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「下北サンデーズ」の各話のあらすじと感想

「下北サンデーズ」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「下北サンデーズ」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『小劇場と書いて「ビンボー」と読む!?』

動画サイト
ドラマ「下北サンデーズ」第1話 あらすじ
大学進学を機に山梨から上京してきた、里中ゆいか(上戸彩)は、あまり東京に馴染むことができず、高揚感が持てません。同じ頃、下北沢にある小さなスタジオで、伊達千恵美(佐田真由美)、田所双葉(高部あい)、八神誠一(石垣佑磨)、サンボ現(竹山隆範)、佐藤新(藤ヶ谷太輔)、キャンディ吉田(大島美幸)らが下北サンデーズという小劇団で、懸命に稽古に励み、汗を流していました。そんな中、大学で開催された重苦しい雰囲気の説明会を聞いていたゆいかの前に、突然数人の人たちが「下北サンデーズ.com」とホームページのURLのようなものをアピールし、立ち去っていきました。それを見たゆいかは、なぜだか微笑んでしまいます。幼少期から両親にあまり気にかけてもらえなかったゆいかは、人前でうまく笑うことが出来なくなってしまったのでした。ゆいかは、その夜に早速、下北サンデーズのホームページにアクセスし、週末に開催される下北サンデーズの新作講演を観に行くことになります。
ドラマ「下北サンデーズ」第1話 感想
アタックNo.1やエースをねらえアテンションプリーズなどを見ていたので、今回の上戸彩さんの弾けっぷりには、驚きました。さすが、女優さんだなあとも思いました。また、佐多真由美さんは凄く綺麗な方なのに、今回は売れない劇団員の役だからか、メイクも薄い印象です。女の方は、服やメイクでかなりイメージが変わるものなのだなと、改めて感じさせられました。重苦しい雰囲気の中、突然やって来た下北サンデーズの劇団員たちを見て、拍子抜けしてしまいました。あれを見たら、そりゃあホームページ見てしまうよなあと、思います。

第2話『ビバリーシモキタ高校白書』

動画サイト
ドラマ「下北サンデーズ」第2話 あらすじ
ゆいか(上戸彩)は無事、念願の下北サンデーズという劇団に入団することが出来ました。劇団の団長である、あくたがわ(佐々木蔵之介)は、1ヶ月後に新作を上演することが決定します。ゆいかには黒子の役を言い渡され、稽古が始まりました。稽古が重ねられていくうちに、ゆいかは玲子(松永京子)から劇団内恋愛の話を聞いてしまいます。江本亜希子(山口紗弥加)が団長のあくたがわの元彼女であり、現在付き合っているのが伊達千恵美(佐多真由美)であることを知るのでした。玲子から、劇団員との恋愛は気を付けた方が良いとも言われる始末です。そんな中、ある人物が登場します。その人物とは、牛乳おじさんと呼ばれる人物でした。牛乳おじさんはお芝居を観劇した後に、牛乳を差入れしてくれるのです。しかし、この牛乳の種類で、牛乳おじさんの評価が分かります。おじさんのお眼鏡に叶えば、普通の牛乳が最高評価です。その次に、少しビターなコーヒー牛乳、そして、まだまだお子ちゃま向けのフルーツ牛乳と続きます。前回の下北サンデーズの評価はフルーツ牛乳だったので、次回は昇格することをあくたがわから言い渡されます。そしてついに始まる講演、牛乳おじさんの評価は昇格するのでしょうか…。
ドラマ「下北サンデーズ」第2話 感想
ゆいかのお芝居の、ドタバタ感がすごく面白かったです!本当に舞台は生もので、アクシデントが付き物なのだと思いました。そんなゆいかのミスをカバーしようとしている劇団員さん達は、可笑しく、可愛かったです。本当の舞台でもアドリブはあるようなので、そんなことができるだなんて、素晴らしいですね。また、牛乳おじさんの差し入れが何かで、劇団員が評価されるところは、面白かったです。差し入れでもらうなら、フルーツ牛乳が欲しいなんて、思ってしまいましたけど。

第3話『仁義なき戦い〜下北女優戦争』

動画サイト
ドラマ「下北サンデーズ」第3話 あらすじ
1つの役から、100個ものイメージを引き出すゆいか(上戸彩)は、才能がありました。
しかし、「まだまだ自分は未熟だ…」と、まだ自分自身の魅力に気が付いていません。
そのため、千恵美(佐多真由美)がまぶしく見えて仕方がありません。
舞台中のハプニングのおかげで、沸々と人気が出てきているゆりかは、黒子役は「ほくろ」だと言います。そんななかゆいかは、眠眠亭でアルバイトを始めます。
ゆいかの憧れである千恵美は、主役は自分なのに、ゆいかの人気が高まっていることに複雑な思いを抱えます。
そんな中、新たな演劇で、現在のヒトミを演じるのが千恵美で、過去のヒトミをゆいかが演じることになります。
しかし立ち稽古で、ゆいかは自分の動きが把握できておらず、千恵美との息が合いません。
落ち込むゆいかに、八神は「セリフの中にある言葉のキャッチボールは、自分がもらった球に対してそっくり返すことで、会話が成立するということ。それがお芝居だ。素直に自分の感情を受け入れ、リラックスして臨むこと」というアドバイスを送ります。アドバイスをもらった、ゆいかはこの時から覚醒します。
ドラマ「下北サンデーズ」第3話 感想
千恵美さんの焦っているような、複雑な感情を表している表情が何とも言えませんでした。そりゃ、主役をは自分なのに脇役のゆいかの人気が出てしまったら、焦るし、嫉妬もしてしまいます…。でも、そんな千恵美さんもゆいかの才能に気付いているところに、千恵美さんの温かさを感じました。また、佐々木蔵之介さん演じる、あくたがわは、とっても良いキャラクターだと思います。なんだか佐々木蔵之介さんも本当に下北沢の舞台で演劇をやっていたようにと思わせます。

第4話『世界はサンボを座長と呼ぶんだぜ』

動画サイト
ドラマ「下北サンデーズ」第4話 あらすじ
サンボ現(竹山隆範)の母親(吉行和子)が現れます。
サンボは母親にお金を工面してもらうために、自分が劇団で作家と演出家を兼任していると、噓をついています。
その嘘がバレないように一日だけ、サンボが座長をすることになりました。
しかしサンボの母親は「もう息子が東京に来てから10年経っているから、青森へ連れ戻しに来た」と言いました。
母親は、息子の劇団のお芝居を観劇することにしした。
劇団員の疲れはピークに達していましたが、最高のお芝居を見せてくれました。
涙を流す母親は、「舞台って2種類しかないのね。作り手が本当に楽しんでいるものと、そうでないもの」という感想を言いました。
舞台が終演してからの打ち上げに母親も参加しますが、実はサンボの嘘に気付いていたのです。
母親は「出来の悪い息子が、いつもお世話になっています。皆さんに愛されていると分かって、すごく嬉しかったです」と、下北サンデーズの団員に挨拶をしました。
なんと、ゆいかはサンボにキスを…。
ドラマ「下北サンデーズ」第4話 感想
母親は、自分のお腹の中で子供の成長を感じ、出産しただけあって、すごい自分の子供のことが分かるのだと思いました。今回、すごく感動しました!サンボのキャラクターが、カンニング竹山さんにハマっていて、お似合いです。お金に少し汚い感じも、合っています。(カンニング竹山さんがお金に汚いという意味では全くありません…。)また、団長のあくたがわさんも、やっぱり人をまとめる力がある人物なんだなあ~とも思いました。

第5話『下北キャンディキャンディ』

動画サイト
ドラマ「下北サンデーズ」第5話 あらすじ
第5話は、キャンディ吉田(大島美幸)が主役の回です。
お昼寝中のキャンディですが、舞台でセリフを忘れてしまうという悪夢にうなされ、そんなキャンディ吉田の姿を見て爆笑しながらも共感してしまう団員たち。
オリジソ弁当屋で働き始めた友香(信川清純)は、売れ残りのお弁当をみんなに配ります。
ゆいか(上戸彩)は、手作りしたもやし弁当を持っていきましたが…。
そんな中、あくたがわ(佐々木蔵之介)の脚本がヒトステというTV番組でドラマ化されることになります。
そのドラマに、あくたがわはキャンディを推薦すると言うのでした。
しかし、ヒトステでのキャスティング中にキャンディは入ることが出来ませんでした。
そして舞台の千秋楽では、お昼寝中の悪夢が正夢になったのか、キャンディはセリフを忘れてしまいました。
キャンディは千恵美(佐多真由美)にミスを指摘されますが、あくたがわが何とか場を収め、宴会が始まります。
自信をなくしたキャンディは、演劇の世界から身を引くことを決心するのでした。
ゆいかはそれを引き留めますが…。
ドラマ「下北サンデーズ」第5話 感想
下北沢の舞台を見に行ったことはありませんが、このドラマを見ていると下北沢に見に行きたくなります。本当にこういう所で夢を追っている人はたくさんいるのだと思いますし、経済的・肉体的にも大変だと思います。舞台を見ていると、1つの舞台を作り上げるのに色々な役者さんがいて、稽古をして、生ものを作り上げて、何回も同じだけれども、毎回異なるお芝居を追い続けているのでしょう。有名になるのはテレビに出ている方ですが、実力は舞台をやっている方の方が上だと思いますし、納得しながらも大変さを感じました。今回も、感動しました!

第6話『ブルマなゆいかが下北を回す!』

動画サイト
ドラマ「下北サンデーズ」第6話 あらすじ
ゆいか(上戸彩)は、ブルマのコンテストで雑誌の表紙に使われてしまいます。
貧乏人のゆいかは、412円しか手持ちがなく、給料日まであと7日もあるので、古本屋に本を売りに出します。
しかし、300円にしかなりませんでした。
ゆいかは、どこに行っても握手を求められてしまい、大変です。
その後、女子会で寺島玲子(松永京子)とサンボ現(竹山隆範)との恋の噂が話題に上がっている中、良いか悪いか、サンボはCMの出演が決まったことを報告に来たのでした。
ゆいかは悪気はなく、いつものようにど真ん中のド直球な言葉をサンボに投げかけてしまい、照れているからなのか、ついついサンボは玲子を悪く言ってしまいます。
後日、神経性の胃炎でサンボが倒れてしまいます。
サンボは、見た目によらず繊細な神経だったのです…。
サンボは玲子対して「逆のことを言うから。一生、俺と付き合わないでください」と思いを告げます。
そんな中、大手芸能事務所の「オフィス・フォルテシモ」が、下北サンデーズの全劇団員を所属させたいと言ってきました。
しかし、千恵美(佐多真由美)は、きっと何か裏があると思い反対するのでした。
ドラマ「下北サンデーズ」第6話 感想
男性が、女性よりも繊細な神経をもっていることは、理解しています。ですが、サンボの態度はいかがなものでしょうか…。男性って、面倒くさい生き物だなと感じました!ただ、この不器用な感じもなんだか可愛らしく見えます。竹山さんに対してではなく、サンボに対してそう思っています(笑)。ラストの方の、サンデーズや、ゆいかが笑えなくなってしまったのに、サンデーズに出会ってから笑えるようになったこと、などを話しているシーンは感動しました。

第7話『僕ら薔薇薔薇…という感じ?』

動画サイト
ドラマ「下北サンデーズ」第7話 あらすじ
ゆいか(上戸彩)は、コンテストで準優勝したことで、事務所から続々と様々なオファーが届きます。
そんな時に、江本亜希子(山口紗弥加)は飲み会で、「フォルテシモのマネージャーの渋谷尚人(池田鉄洋)がチケットを350枚購入してくれた」と話します。
それを聞いた千恵美(佐多真由美)は「絶対に、何か裏がある。事務所に飼い殺しにされて、ダメになった劇団は山ほどある」と、これを聞いた亜希子はキレてしまいます。
亜希子は「不安は誰にだってある!目の前にチャンスが広がっているのに、逃げ出してしまうの?」それを聞いた千恵美はその場から立ち去りました。
そして、ゆいかの前にオフィス・フォルテシモの渋谷が現れます。
ゆいかは、「私が純粋にやりたいのは、お芝居で、アイドル業がやりたいわけではない。変装して人目を気にしたり、ビキニを着て写真撮られることが、お芝居の勉強だとは思えない」と素直な気持ちを伝え、渋谷もその意思を尊重してくれた。
しかし、劇団は各々の事情もあって、完全に空中分解してしまった…。
ドラマ「下北サンデーズ」第7話 感想
今回は、八神さんが主役でした。実際にブルマコンテストとというのがあるのかは分かりませんが、準優勝してしまうと、色々な芸能プロダクションから声がかかるものなのですかね…。芸能界という世界をよく知らないのでわかりませんが、きっと劇団で活動している方たちは、単に芝居をすることが好きなのに、芝居でお金を得るためには、このように雑誌に載ったりすることもあるのでしょう。ただ単に芝居をしたいけど、それをするためには一種の犠牲も払わなければいけないのは、仕様がないことですが、酷ですね…。

第8話『サルたちのシモキタザワ』

動画サイト
ドラマ「下北サンデーズ」第8話 あらすじ
いきなり八神がビルから飛び降りましたが、運よくテントに引っかかり、命に別条はありませんでした。
しかし、頭を強打しており、これから先、意識が戻るかどうなるのかは分からないと言う医師に、団員たちは慄いてしまいます。
八神の母親が訪れ、「幼稚舎から私立に入れて、あなた達とは違うんです。英才教育を受けさせたのに、劇団なんかにうつつを抜かして!それで、自殺未遂にまで追い込んで…。もう、二度と誠一には関わらないで下さい!」とまで言われてしまいました。
しかし、あくたがわ(佐々木蔵之介)は「お前らは演劇人だろ。それなら、演劇で勝負をして、落とし前をつけよう!」と言い、合宿をすることになりました。
合宿では芝居以外のことは禁止し、しかもゆいかの実家の旅館で行われることになったのです。
しかし、両親たちはゆいかの千葉大学理工学部のゼミで来たと言われていて、劇団員は千葉大学の大学生だと思われていました。
よく笑うようになったゆりかを見て、父親は喜びます。
両親をも巻き込んで稽古をしますが、ゆいかは両親に向けて「まだ観に来ないで下さい。いつかトップの本多劇場で舞台をした時に観に来て下さい」と言い放ちました。
ドラマ「下北サンデーズ」第8話 感想
八神が戻ってきたところは感動しました。本当に劇団員たちが家族のような結束があるのどうかは分かりませんが、本当に結束力や絆がないと、継続できないのだろうなとも思います。だけど、鳴かず飛ばずの状態でいつかは諦める時が来るのかもしれないと思いながら生活している団員たちに、八神が自殺未遂をしてしまったのは、相当ショッキングな出来事だったと思います。ラストは、本当に感動しました。こういう世界は辛いことも沢山あるでしょうけど、キラキラ輝いて見えて、羨ましいです。

第9話『さよならサンデーズ』

動画サイト
ドラマ「下北サンデーズ」第9話 あらすじ
八神も完全復帰し、無事に千秋楽を迎えました。
ヌーベル演劇祭に招待されて、次は「下北ソングス」というタイトルの、下北沢が舞台で、みんなが主役の演劇です。
そして次は、演劇のトップである本多劇場でと、張り切る下北サンデーズなのですが、江本亜希子(山口紗弥加)にとっては、辛い現実が待ち受けていました。
それは、オフィス・フォルテシモが全ての裏を仕組んでおり、ゆいか(上戸彩)を「今君の心で愛を蒔く」という連続ドラマのヒロインに抜擢しようと目論んでいたのです。
亜希子は土下座をして、「ゆいかをこの下北サンデーズという劇団から奪わないで」と懇願しますが、土下座をしても無駄だと言われ、亜希子は大泣きします。
あくたがわ(佐々木蔵之介)も、ゆいかの為になるという結論を出し、諦めた様子です。
そして運悪く、本多劇場の公演初日と、ドラマが重なってしまうのでした。
ゆいかの穴は、亜希子が代役で埋めると言い、ゆいかも土下座して残してほしいと伝えますが、亜希子は「土下座なんかしなくてもいい世界へ早く行きなさい」と諭すだけです。
ゆいかは決意を決め、ドラマの世界へ足を踏み入れます。
それでもやっぱり、ゆいかは…。
ドラマ「下北サンデーズ」第9話 感想
有名になることが必ずしも良いとは限らないのだろうなと思いました。ただ単に、自分の芝居をしたいという熱い思いが、ゆいかの中にはあって、それがずっとこのドラマの中で一貫していたのが、良かったです。ドラマの世界に入ってみて、「やっぱり自分の居場所はここじゃないな、下北サンデーズだ!」と思った、ゆいかが凛々しく見えましたし、頼もしくも感じました。やっぱり、自分が一番やりたいことが何なのか、それを早く見つけて、懸命に正しい方向で正しいやり方の努力をすることが、大切なのだと感じさせられました。とても、面白いドラマでした。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「下北サンデーズ」の動画はいくつかアップされているものもありますが、全話見れるサイトはありませんでした。

また、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「下北サンデーズ」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「下北サンデーズ」のあらすじと見どころ

このドラマは、石田衣良が原作です。笑顔を忘れてしまった女子大学生の里中ゆいか(上戸彩)が、全く売れない下北沢の小さな劇団と出会うことで、変化していきます。

ゆいかは、この劇団に魅力を心の底から感じてしまうのでした。そんなゆいかは、貧乏人生活を送りながらも、夢を持って芝居に打ち込みます。また劇団員たち同士が真正面からぶつかり合って、みんなで夢を追っていくストーリーです。

笑いもあり、感動的でもあり、ほっこりするヒューマンコメディドラマです。

ドラマ「下北サンデーズ」の出演者や主題歌

里中ゆいか:上戸彩
佐藤新:藤ヶ谷太輔
あくたがわ翼:佐々木蔵之介
伊達千恵美:佐田真由美
江本亜希子:山口沙弥加
八神誠一:石垣佑磨
サンボ現:竹山隆範
キャンディ吉田:大島美幸
寺島玲子:松永京子
田所双葉:高部あい

主題歌:藤井フミヤ「下北以上 原宿未満」

放送月日:2006年

テレビ局:テレビ朝日

ドラマ「下北サンデーズ」の見所や感想

30代女性
下北沢にまた行ってみたいなあと、いつも思わせてくれる作品です。主演の上戸彩さんもきっと、頑張ってこれに挑んだのだろうなという感じがします。出演者の方たちも割とバラエティーに富んでいるので、見やすい気がします。このドラマでは、今まで見てきた上戸彩さんと少しタイプが違うので、新鮮味がありました。劇団員たちの正直に心の底から不器用ながらにぶつかり合っている姿は、素敵だと思いました。また、そんな人間関係にあこがれもあります。

関連動画

白虎隊
美男(イケメン)ですね
美咲ナンバーワン!!
ビギナーズ!
PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~
理想の息子
仮面ティーチャー
独身貴族
MARS~ただ、君を愛してる~
ミラー・ツインズ Season1
ミラー・ツインズ Season2
やめるときも、すこやかなるときも

まとめ

ドラマ「下北サンデーズ」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

下北の劇団が舞台で、藤ヶ谷太輔さんのメガネ姿も話題になった大ヒットドラマ「下北サンデーズ」。本当はオタク気質という演技がコミカルでした。

毎回、感動したり笑ったり出来るストーリーで見ごたえ十分。

ドラマ「下北サンデーズ」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴