ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|流れ星の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「流れ星」は2010年10月18日から12月20日に放送されていたジャニーズWESTの桐山照史さんと元SMAP稲垣吾郎さん出演のドラマです。

多くの困難に立ち向かい、乗り越えていく男女の恋愛を描くストーリです。

この記事では、桐山照史さん、稲垣吾郎さん出演ドラマ「流れ星」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる、いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)なら「流れ星」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「流れ星」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「流れ星」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「流れ星」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年7月16日の時点の情報)

ドラマ「流れ星」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

「流れ星」のネット視聴はTSUTAYA DISCASが動画配信をしており、登録後すぐに全話視聴が可能です!

※TSUTAYAディスカスはDVDレンタルなので依頼をし、自宅に届くサービスとなります。

また、TSUTAYA DISCASは30日間の無料お試し期間があるので、この間に「流れ星」を全話見放題で無料で視聴することができます。

「流れ星」だけでなく、「ハングリー!」「ソムリエ」「ごくせん」など、他の桐山照史さん、稲垣吾郎さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「流れ星」の動画を無料視聴

ドラマ「流れ星」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASが1番おすすめと説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「流れ星」の動画を無料視聴

「流れ星」以外の桐山照史さん、稲垣吾郎さん出演

  • 「ソムリエ」
  • 「ごくせん」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「流れ星」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「流れ星」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「流れ星」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「流れ星」だけでなく、「ソムリエ」「ごくせん」などの桐山照史さん、稲垣吾郎さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「流れ星」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「流れ星」の動画がアップされているか調べてみました。アップされている動画もありますが、音が切れているのでドラマの話がわからなくなります。

今すぐ「流れ星」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「流れ星」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「流れ星」の各話のあらすじと感想

「流れ星」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「流れ星」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『最愛の人は一年の命…契約から始まる愛!』

動画サイト
ドラマ「流れ星」第1話 あらすじ
水族館に勤務する岡田健吾の妹のマリアは幼い時から肝臓の難病を患っていた。手術するには、親族かその配属者から臓器移植を受けるしかない。一方、夜の店で働く梨沙は、兄が作った借金を返済するために自暴自棄になり、健吾が働く水族館を訪れた。学校でコンクールに出す作品を作っている途中、マリアは持病の悪化で倒れてしまい、入院することになった。そこで落語オタクの沢村涼太に出会う。その頃、健吾がドナーには不適合であることが告げられ、健吾も母の和子も親戚にドナーになってくれる人がいないかあたったが、リスクが少なくともあることを恐れ、受け入れてくれる人はいなかった。結局、健吾の婚約者の美奈子とも別れることになった。
ドラマ「流れ星」第1話 感想
まさか自分が結婚しようとする相手と別れてまでドナーになる人を見つけ、借金を肩代わりしてまで契約結婚を結ぼうとするとは思わなかったので驚きました。しかし、自分の幸せを捨て、お金を払うことでマリアを救うことができるならと決断した健吾は凄いと思いました。そこまでして妹を守りたいと思う兄の姿として素晴らしいものですし、評価することでもありますが、もし適合しなかったときのことを深くは考えていないような素振りを見せているので、正直どうなるかとハラハラしていました。

第2話『命がけの想い』

動画サイト
ドラマ「流れ星」第2話 あらすじ
ようやく借金が返済できたと思った矢先の借金追加にますます自暴自棄になり、電車ではねられ自殺を図る梨沙を庇った健吾は、梨沙の借金を肩代わりする代わりに健吾の妻になってマリアに肝臓を分けてほしいと頼む。借金を払ってくれるのならと梨沙は条件を飲み、健吾の家に住むことになる。一方、屋上でマリアの親友の瑞希と話すマリアのもとに、亮太がやってくる。落語を見に行こうと言い出す涼太と涼太に惚れる瑞希、一度は渋っていたが行くことにしたマリアの3人は病院を抜け出した。落語を鑑賞している最中、亮太が薬を飲む。その薬が自分が飲んでいる薬と同じだということに気付いたマリアは、亮太が自分と同じ病気であることを勘付き、直接聞きに行ったところ、ビンゴ。
ドラマ「流れ星」第2話 感想
家族が病気の時に助けてあげられないもどかしさがあるのは皆同じなのだと思いました。そうなると、いくら赤ちゃんを授かったとしても素直には喜べないのだと思い、なんとも言えない気持ちになりました。しかし、誰もが家族を助けたい、誰かの力になりたいという気持ちは誰にも持っているといったことを心に留めておくことが必要なのだと感じました。梨沙のような、最初はお金のために自分の肝臓を差し出すような人でも結局は助けたいという気持ちが根本にあるのだと感じました。

第3話『二人の秘密…』

動画サイト
ドラマ「流れ星」第3話 あらすじ
婚姻届を出し、300万円を梨沙に渡す健吾。借金を返し、店を辞めた梨沙のもとを訪れた兄の修一だったが、店長に追い返される。そこで修一は、初めて妹が店を辞めたことを知る。一方、マリアは涼太の姉に会い、涼太の親戚も移植できる人がおらず、脳死になった人を待っている状態であることを知る。涼太の姉は、涼太を助けてあげられないもどかしさを感じていることをマリアに打ち明けた。マリアが書いていたウェルカムボードでマリアには梨沙と結婚したことが知らされていないということを神谷医師が知ることになる。
ドラマ「流れ星」第3話 感想
嘘をつくのは悪いことだと小さいころから誰もが教わってきていることですが、人を傷つけないためにつく嘘が本当にいけないのかといったことは悩みどころだとこの回を見て思いました。コンクールのために一生懸命になるマリアの気持ちはかなり分かる気がしました。やりたいことを思いっきりやることができるといった環境は子供でも大人でも必要なのだと思いました。たとえ病気であれ、1人の人間としてかかわるべきなのだと改めて思いました。そして、ありのままの自分を表現することの大切さ、自分を認めてくれる人がいる心強さが分かりました。

第4話『衝撃の告白』

動画サイト
ドラマ「流れ星」第4話 あらすじ
病院の屋上で、梨沙とマリアが顔を合わせ、ネイルをするといった約束を取り付ける。何色がいいかと聞かれたマリアは、海の色がいいと言う。梨沙は青色を示すが、マリアはオレンジがいいと言う。海の色とは思えない色に、梨沙は少し戸惑う。翌日、くしゃみをするマリアに、涼太は姉からもらったマフラーをマリアの首に巻かせる。数日後、梨沙と結婚したことを話すために外泊を許可してほしいと頼む健吾に、神谷は多少疑いをかけ始めていた。そして外泊で家に帰り、梨沙と結婚したことを伝えた。理解ができていないマリアに移植をしないと助からない、誰もドナーに適合しなかったことを説明したが、時間が欲しいと自分の部屋に行くマリア。移植はどうなるのだろうか。
ドラマ「流れ星」第4話 感想
まず思ったのが、涼太がとても良い奴だということです。マリアのわがままを全面的に受け入れ、マリアが話した悩みに寄り添っていたり、自分の周りに移植できる人がいないにもかかわらず誰も責めたりしないし、妊娠していると謝ったお姉さんにもなんで謝るのか。めでたいことだろと笑ったり、とにかく明るく、前向きに生きていると感じました。自分のことより人の事を思えることがどれだけ素晴らしいことか分かった気がしました。海に行って移植するかどうか決めたマリアも、健吾のことを思っての言動だったことが分かり、結局梨沙から肝臓を貰いたくないと言うその心は、私たちには想像もできないくらいの葛藤があったのではないかと思いました。

第5話『壊れた絆』

動画サイト
ドラマ「流れ星」第5話 あらすじ
受け入れることができないマリアは、病院を再び抜け出す。同じ電車の車内で涼太と出会うと、一緒に旅をする運びになった。その頃、健吾や和子はマリアを探すことに全力だった。その夜、マリアは休憩したいという涼太を連れてラブホテルに向かう。悩みを涼太に話し終え、涼太も同じだと言ってくれたことでマリアは少し気持ちが落ち着く。寝る前の子守歌として落語を聞かせてほしいというマリアに、涼太は短すぎる落語を披露する。もっと長いのはないかとマリアは不機嫌そう。そんなマリアに、涼太は練習中だからそのうち聞かせると約束した。明日海に行ってどうするのと尋ねる涼太に、決めるとだけ返したマリア。一体、マリアは何を決めるというのか。
ドラマ「流れ星」第5話 感想
涼太が亡くなったとき、最後の最後までマリアを気遣う優しさに涙が出てきました。自分が一番辛いはずなのに、マリアのわがままにも忠実に応えてくれる人がいるということがどれだけ大切なことなのかを教えてくれている気がしました。マリアにとって涼太という存在がどれだけ大切だったのか。本当に心の支えになっていたのだと思うと感動せずにはいられませんでした。特に、長い落語を聞かせてほしいと無理を言っていたにも関わらず、録画で応え、なおかつその話がマリアに沿った話であったことには涙が止まりませんでした。亡くなった人の家族や親しかった人が最後になっても何もできず、見守るしかないその辛さは、第3者にははかり知れません。しかし、亡くなった人をどう思うかでその人の人生は大きく変わるのではないかと思いました。

第6話『愛と死』

動画サイト
ドラマ「流れ星」第6話 あらすじ
マリアの手術しないという気持ちは変わらなかった。そんなマリアを涼太は問い詰めた。必死にドナーを見つけてくれたのになぜ断ったのかと。マリアは、分かってくれようとするつもりはないと突き放す。涼太はそんなマリアを見かねたのか、看護師に健吾を呼ぶように言う。看護師に呼ばれた健吾が涼太の病室を訪れると、涼太は話すのも辛そうなのに、マリアに生きていてほしい。マリアに手術を受けさせてと頼む。それからしばらくして、居ても立っても居られなくなったマリアは、涼太の部屋を訪れるも留守。個室に移ったことを聞かされる。個室に足を踏み入れたマリアは、約束通り涼太の肖像画を描く。元気になったらスカイツリーの展望台からの景色を描いてと手を握る涼太。苦しそうなのを悟ったマリアは、今日はここまでと打ち切る。それが、最後の会話だった。。
ドラマ「流れ星」第6話 感想
誰もが自分の周りの人だけを気にしがちですが、それが衝突することでとんでもない変化をもたらしてしまうのだと思いました。協調するということはかなり難しいことではありますが、お互いを信じあいながら歩み寄っていくことが大切なのだと感じました。愛する人がひどい目に合うということは誰もが避けなければならず、そのためには誰かを犠牲にしなければならないこともあるかもしれません。しかし、人を思いやるという気持ちは無くしてはならないものだとこの話から読み取ることができました。

第7話『二人きりの夜』

動画サイト
ドラマ「流れ星」第7話 あらすじ
病院のファックスに臓器売買に加担したから手術を中止しろという紙が届いた。確認するから黙っててと神谷医師から言われた看護師だったが、修一に連絡する。修一は認めて電話を切る。神谷医師はそのことを梨沙に伝えた。梨沙は、お金は返すから。返すなら臓器売買にならないだろうという。その後、梨沙は健吾の家を出ていった。元の家に戻ると、修一がいた。ファックスを送ったことを認めた修一に、梨沙は怒って出ていった。健吾が梨沙の家を訪れた後、美奈子には結婚できないと美奈子に伝える。その後、健吾は家に帰ってきた梨沙に帰ってくるように言う。そして、マリアに真実を告げる。マリアが梨沙と話したいと言い、健吾と交代する。そしてまた健吾に交代。マリアは手術を受ける決意をする。
ドラマ「流れ星」第7話 感想
涼太との約束を果たすことができて、本当に良かったと気付いたら本人になったような気分で見ていました。それぞれが前に進んでいると思いました。それぞれが悲しみ、後悔、苦しみ、憎しみなどの感情を持ちながらも、自分のペースで前を向いて歩いているのだと感じた。進むペースは人によって様々ですが、前に進むことができているというだけでも大きな成長なのではないかと思いました。人は生涯にわたって成長する人間です。少しずつでもゆっくりでも前に進むことができれば、その後の人生も大きく変わるのではないかと思いました。

第8話『最後の夜』

動画サイト
ドラマ「流れ星」第8話 あらすじ
手術は無事成功した。梨沙はすぐに家を出ていこうとするが、健吾は家が決まるまで居ていいという。動けるようになり、健吾と部屋を探しているとき、梨沙は星が見えるかと呟いた。その頃、マリアは瑞希に留年するだろうと伝えていた。肖像画を直接送ろうという瑞希。その後、マリアの元に数人続々とお見舞いに来た。その中には、美奈子の姿もあった。お兄ちゃんが選んだ人が梨沙さんで良かった。マリアはそう言った。その後、瑞希が涼太の姉を呼び、マリアが自画像を渡す。涼太が喜ぶと涼太の姉は喜んで受け取った。梨沙が家を出ていく最後の日。健吾は梨沙に自転車のカギを渡し、自転車を買っておいたという。
ドラマ「流れ星」第8話 感想
週刊誌というものは怖く、事実でも事実ではなくても騒がれてしまう、状況によってはかなり厄介であり、人を傷つける凶器にもなり得るのだと思いました。ズルをしないでドナーが間に合わずに亡くなった涼太と、臓器売買で命が助かったマリアとは様々な点で異なっているし、良し悪しを判断するのは難しいとは思います。しかし、ズルをして助かっても、何もせずに亡くなってしまっても、後悔はどちらにも残るのだと思いました。難しい問題ではありますが、考えなくてはならない問題なのかとも思いました。

第9話『引き裂かれた絆』

動画サイト
ドラマ「流れ星」第9話 あらすじ
修一が週刊誌に臓器売買のことをバラしたことで、病院にも被害が及び、マリアにも知らされることになる。それでもマリアも健吾も梨沙も強くあり続けた。その夜、流れ星に願い事をする話を健吾と梨沙はしていた。願いが叶うにはずっと思っていなくてはならないのだと健吾は言う。週刊誌の記者が押し掛けてきたことで、健吾は水族館の飼育員を辞めることを決めた。週刊誌の記者が仕事場にも押し掛け、マリアの関係する人は全て被害を被られた。人は変わる。梨沙はそう言った。
ドラマ「流れ星」第9話 感想
辛いときがあるのは人なら誰でも同じですが、それをどう乗り越えようかはその人次第なのだと思いました。クラゲは脳が無いので何も考えず、のうのうと動いていますが、果たして本当にそれがいいことなのかといったことには深く考えさせられます。脳があるから感情があり、感情があるから豊かに生きることができるのだと、そう教えてくれた気がします。信じ続けていれば、どんなことでも叶うことができるということは一見きれいごとに聞こえるけど、蓋を開けると本当に大切なことが見えてくると思いました。

第10話『二人の絆』

動画サイト
ドラマ「流れ星」第10話 あらすじ
修一は週刊誌の記者を装いマリアのもとを訪れた。マリアは全て正直に答える。梨沙がいないと生きられないと修一は自殺しようとする。一年がたち、マリアは神谷と再会する。梨沙は修一の手助けをするようになり、魚屋で働いている。マリアはコンクールで入賞するし神谷医師は北海道の医科大学病院へと活躍の場を移す。みんなが前を向いて、一歩ずつ歩いている。しかし、修一は梨沙の貯金をすべて持って姿を消した。ある日、健吾のポストに、梨沙の通帳が入っていることに気付く。健吾が梨沙が働いていた魚屋さんを訪れたことを知り、梨沙は健吾を追う。
ドラマ「流れ星」第10話 感想
人ならば誰でも、辛いときは、そのことをどの様に乗り越えようかと考えると思います。そのやり方もその人その人次第だなと思いました。また、クラゲには、脳が無いことから、何も考えずに、動きますがそれが本当にいいことなのかどうかを考えさせられました。人間にも動物にも、脳があるからこそ、感情もあり、豊かに生きる部分があるのだと思いました。このドラマでは、そんなことを教えてもらえた気がします。信じ続け努力をしていけば、どんな困難や、夢も叶うことができるということ。きれいごとにも見えますし、聞こえるけど、さまざまな大切さが見えてくると思いました。

ご覧いただきましたように、アップされている動画もありますが音が切れていて話がわからなかったり、画質が悪く見づらいのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「流れ星」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「流れ星」のあらすじと見どころ

人を思いやる気持ち、人を愛することがどんなことなのか、この話はそんな人間の本質が描かれています。肝臓の病気を患っているマリアやマリアと同い年の入院患者でマリアと同じ病気の涼太の二人や契約結婚を結んだ健吾と梨沙といった男女関係だけではなく、家族の本質や自分と他者とのかかわりについて深く考えさせられる。もし自分だったらどうするだろうか。そんなことを考えながら見ると、違った視点から楽しむこともできるだろう。

ドラマ「流れ星」の出演者や主題歌

岡田健吾:竹内豊
槇原(岡田):上戸彩
岡田マリア:北乃きい
沢村涼太:桐山照史
槇原修一:稲垣吾郎
原田美枝子:岡田和子
神谷凌:松田翔太

主題歌:コブクロ『流星』

放送月日:2010年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「流れ星」の見所や感想

30代女性
ドナーを探すということがどれだけ難しいことなのか、この回を見てよく分かりました。受け入れてくれない親族の気持ちも、助けてあげたい家族の気持ちも分かるので、どうかしようとしてもどうしようもないことを受け入れるのには勇気と覚悟が必要なのだと思いました。また、借金を作ることは人の勝手ですが、それを妹だからと押し付けるのもどうかと思いました。借金を返済するのは本人の義務であり、逃れられないことです。だからこそ、自分が行った行動には責任を持つべきであると再認識することができました。

関連動画

ごくせん
真夜中のパン屋さん

まとめ

ドラマ「流れ星」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

桐山照史さんと稲垣吾郎さんはゲスト出演し、命、家族、愛と深く考えさせられた方も多いのではないでしょうか。
コブクロの「流星」ともマッチし素敵なドラマとなっています。

ドラマ「流れ星」の動画は、「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴