ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|向井荒太の動物日記の動画を無料でフル視聴する方法

「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」は2001年1月13日から3月17日に放送されていたKinKi Kidsの堂本剛さん主演で、元ジャニーズJr.の秋山純さんも出演されていたドラマです。

堂本剛さん演じる向井荒太が獣医になるために、たくさんの動物や周りの人たちと出会い、動物と生きていくためについて考える青春ドラマです。

この記事では、堂本剛さん出演ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

目次

ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月10日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。

ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の動画を無料視聴

ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされているのもありますが、全話見れるサイトはありませんでした。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取扱なし 取扱なし
Amazon 取扱なし 取扱なし
Yahoo!ショッピング 取扱なし 取扱なし

主要なネット通販3社で調査しましたがどこも取り扱っていませんでした。

 

ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の各話のあらすじと感想

「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『ペットホテル開業99匹大脱走!!』

動画サイト
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第1話 あらすじ
主人公の向井荒太は、お人好しでプライドも信念もなく、ただただ動物が好きなだけの獣医学部の学生。舞台は、八王子大学、獣医学部のキャンパス。1月のある朝、荒太は、カンニングの仲裁に入ったことで、ペナルティを受けることになる。そのペナルティは、99匹の犬の世話だった。体力のない荒太は、重労働の犬の世話を行い貧血で倒れ、犬のことを考え悩むと貧血で倒れる。それでも世話を続けていた。愛犬チャッピーを亡くした春奈とロシナンテの交流を見ていた荒太は、飼い主を亡くしたロシナンテが保健所に連れていかれそうな所を、「僕の犬です」と言って、荒太はロシナンテを飼うことになる。彼らはアパートを追い出され、大学構内の獣医学部の女子寮に引っ越すことになり、荒太とロシナンテの生活が始まった。
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第1話 感想
動物を扱うドラマということで、癒される内容かと思いきや、ちょっと意外な内容だったかもしれません。前半は、荒太のおっとりした言動とちょっと反抗的なロシナンテの言葉にほっこりさせられましたが、ほのぼの感動系の話だけではなく、悲しくなるような現実も表現されていました。今までにはあまりなかったようなドラマのようですが、荒太とロシナンテの今後が楽しみです。

第2話『空飛ぶオウムが死んだ』

動画サイト
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第2話 あらすじ
風邪をひいたという九官鳥のゴールドちゃんの飼い主がやってきた。実際は、飼い主の咳ををまねしただけだったが、ストレスがたまっていたゴールドちゃんを荒太は体育館の中で飛ばせてあげた。後日、飼い主が家でゴールドちゃんを離してしまったとき、空へと飛び立ってしまう。そして、野良猫に襲われてしまった。飼い主は怒って、病院を訴える。チャッピーを亡くし悲しみが癒えない春奈は、ふさぎ込んでいた。チャッピーはお父さんから誕生日プレゼントとしてもらった大切な家族、兄弟だったのだ。
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第2話 感想
ペットの寿命は短いということは、誰でもわかっていることのはずなのに、忘れていることが多いような気がします。獣医として、飼い主として動物とどう過ごしていくのか・・・。動物の幸せとは何なのか、動物を飼ってる人には、とても考えさせられる内容だと思います。ゴールドちゃんは、一度でも大空を飛ぶことができたし、チャッピーは、飼い主に見守られながら死ぬことができて幸せだったのではないでしょうか。

第3話『猛牛大騒動!! 命の誕生』

動画サイト
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第3話 あらすじ
浦島院長と東野教授は、学生三人のうちの一人でも牛の世話を放棄するかどうかの賭けをしていた。荒太・みちる・エミリは、三日間、牛の世話をする事になった。はなこ(高齢のメス牛)には乳房炎が見られ、世話をすることに。無事に終わった後、はなこが産気づくのを荒太が発見する。逆子のため、引っ張り出す必要があったのだ。皆が一つになって引っ張りだし、子牛が産まれた。そんな矢先、はなこを健体解剖することになる。さっきまで一生懸命世話をしてきたはなこを生きたまま解剖することに耐えられない学生は、その場から逃げ出すが、荒太は逃げ出さなかったのだ。
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第3話 感想
荒太は人一倍体力が無いのだけれど、お人好しで友達からいいように使われてしまうけれど、忍耐力や愛情、辛抱強く続ける所は、誰にも負けていないと思います。一見、獣医には向いていないように見えるけれど、獣医として、人として一番大切なものを持っているのがよく伝わってきました。残酷に見えるような事でも、獣医として動物への愛情があるからこそやり遂げられるのかもしれません。

第4話『獣医の条件…恋のために僕は走る』

動画サイト
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第4話 あらすじ
動物中心に動くため、獣医学部は定時に終わることはない。エミリには彼氏がいたが、約束の時間に行けず振られるかどうかの瀬戸際にあった。彼に逢いたい一心で、入院中の犬を残し会いにいってしまう。しかし、疲れきったエミリを見た彼は去っていってしまった。そんな時、エミリが置いてきた入院中の犬が急変した。エミリに対して、人間として最低のことをしたと、すぐにでも辞めさせる、と教授は言った。エミリは勢いで、転部届を出してしまう。荒太は、エミリの為にアメリカへの視察旅行をめぐる浦島と東野の賭けで、転部を取り消して欲しいと直談判し、優勝を目指す。エミリの中でも、病院に戻りたい気持ちが大きくなっていった。
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第4話 感想
動物と向き合う覚悟について、問うているような内容でした。そこまでの覚悟がないと獣医は勤まらないのでしょうね。逃げずに体当たりして、乗り越えようとしている学生さんたちに感動しました。そして、仲間のために頑張れる荒太を見ていると、本当の強さを教えられたような気がします。何をするにも、信念って大切ですね・・・。学生さんたちの心の成長が感じられる内容でした。

第5話『露天風呂温泉合宿!! 野生猿の叫び』

動画サイト
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第5話 あらすじ
荒太は、福引きで温泉旅行が当選したが、なぜかこの温泉旅行がゼミ合宿になった。温泉で荒太は野生の猿に持っていたおにぎりを取られ、それを見たエミリとみちる達は猿にエサを与えてしまう。それから猿は、村へ来ては食べ物を荒らすようになった。怒った住民は、猿を捕まえて駆除しようとする。野生の保護動物でも、人に被害を与えた時点で駆除してもいいことになっているため、年間一万頭もの野生動物が殺されていると教授に聞いた荒太たち。野生の猿を助けるため面倒を見ることになり、荒太はその子猿に、「すず」という名前つけ、愛情を注ぐ。荒太たちは猿を山に帰そうとするが、野生へ帰る訓練をしなかったために、人間のもとに帰ってきてしまった。地元住民は、その子猿を銃で撃ち殺してしまう。
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第5話 感想
人間と動物との共存について考えさせられる内容でした。人間たちの都合で動物をかわいがり、そして人間の都合で追いやる・・・動物たちが話せるとしたら、なんて言うのでしょうね。ロシナンテのように心の声が聞こえたらいいのにな、って思ってしまいました。こんなことが続けば、人間が動物たちに振り回される日が来るかも・・・。でも荒太を見ていると、きっと共存できるはずだと思わせてくれます。

第6話『教授の不倫愛発覚!! 競走馬の宿命』

動画サイト
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第6話 あらすじ
乗馬クラブへ往診に行った浦島教授と荒太たちは、一人の女性にくぎ付けになる。その日から、浦島教授は乗馬クラブに通い出し、さらに「お金を貸してくれ」と言い出した。ある日、教授の奥さんが「あの人に変わった所はないか?」と大学へ訪ねに来た。荒太は素直に「恋をしています」と言ってしまう。でも実は、女性ではなく、一匹の馬が目的だった。教授が初めてお産に立ち会ったショータローという競争馬で難産の末に誕生し、ケガをしながらも優勝したという名馬だった。教授は、自分の子供・ショータローが病弱で逝去し酒びたりになっていた時に、いつも力を与えてくれていたのだ。競走馬の引退後、ショータローは動物プロダクションで働かされていた。教授は、ショータローを買い取るためのお金を集めようとしていたのだった。ショータローに会いにいった荒太は、ショータローが病気なのに気づき、教授が引き取る事になる。教授が見守る中、ショータローは苦しみ出した。「安楽死」を実行しようとする教授。そこに、荒太が吹いたファンファーレが鳴り響く。それを聞いたショータローは立ち上がり、走り出した。翌日、ショータローは眠るように逝った。
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第6話 感想
今回も、とても感動する回でした。たった一つの出会いで心を動かされ、そして人生が変わっていく。動物たちに励まされることも多いと思うので、共に生きていくことの大切さを再認識させられる内容でした。人間も動物もお互いを必要としながら生きているのですね。頑張って生きていく・・・人間にも忘れられない思い出があるように、動物にも忘れられない思い出ってあるのですね。

第7話『猫に乗っ取られた家老母との再会』

動画サイト
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第7話 あらすじ
浦島教授は、研究テーマ「猫の腸内細菌に有効な抗生物質について」を進めるため、荒太達に猫の糞を取ってくるように指示する。ロシナンテの散歩の途中、多くの猫を飼っている家を見つけた荒太は、そこを訪れる。ご近所さんが、猫に糞をされて迷惑だと怒鳴り込んでくると、飼い主のおばさんは胸を押さえて倒れ込んだ。同情して許してもらおうとするいつもの仮病だった。おばさんは、自分は先行き長くないから猫の里親を探してほしいと、荒太達に頼む。荒太達は里親探しに奔走するが、難航していた。そこへ猫を処分すると、おばさんの息子が現われた。そんな時、おばさんが一番可愛がっていた「テツオ」という高齢の猫の異変に荒太は気づく。テツオの死期を悟った荒太は、おばさんのいる病院へ密かに連れて行くが、息子に見つかってしまう。しかし、猫の名前がテツオと知って、息子は驚いてしまう。息子の名前もテツオで、おばさんは息子が出て行った日に家の前で拾った猫に同じ名前をつけていたのだった。おばさんは、隣にテツオがいてくれたおかげで容体は安定したが、テツオは安らかに逝った。
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第7話 感想
毎回、考えさせられるテーマが続きますね。飼っている動物より、飼い主が先に死んでしまったら・・・。あまり考えたくない内容ですが、現実では避けられない問題ですね。動物にとって何が幸せか・・・分かろうとする荒太を、ますます応援したくなりました。このドラマでは、重いテーマが続きますが、荒太演じる剛くんの柔らかい感じと、ロシナンテの着ぐるみを着た細川さんに癒やされています。

第8話『さよならロシナンテ死にゆく運命』

動画サイト
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第8話 あらすじ
臨床実習が始まり、エコーをとったりする学生たちは実習対象のビーグル犬の運命を知らずに世話をしていた。荒太は、一番小さな犬に「ちび」と名付けて可愛がっていた。この犬の運命は、「脾臓の摘出」。これを阻止するため、教授からの指示である採血を行うが、技術が未熟な学生たちは内出血させてしまう。荒太は、ほとんど眠らず看病し続けた。実験のために利用される犬達を思い、たった一つの命なのにという荒太に対して、「逃げずに考えろ、考えつづけろ」と教授は伝える。荒太達は犬たちを「安楽死」させる事を聞く。荒太は、チビをロシナンテと共に散歩に連れてくと、チビの様子がおかしい事に気づく。そのまま「安楽死」は決行されることになり、自ら決行をかって出た荒太は、その夜、ロシナンテを外へ置き去りにして姿を消した。
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第8話 感想
とても胸がしめつけられる回でした。普通に生活していたら、知らないようなことをたくさん見せてくれるドラマです。動物実験は、昔ほどではないようですが、獣医を育てるためには必要なことのようですね。そして、一見冷たく見える教授ですが、いろんな葛藤を乗り越えて、獣医をされていて、今もなお問い続けている素晴らしい方に思いました。心優しい荒太の今後が気になります。人より優しく、たくましい獣医になってほしい・・・

第9話『東京-山梨死の99キロ愛犬は走る!』

動画サイト
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第9話 あらすじ
実習犬のチビを安楽死させてしまった荒太は、ロシナンテを残して姿を消してしまった。荒太は、故郷の寺で別人のような姿で過ごしていた。その頃、肺に穴があく病気を患ってしまったロシナンテが、荒太に会いにいくため一度しか行ったことのない、荒太のいる寺へ走り出す。ロシナンテの肺が破裂するかもしれないと知った仲間達は、ロシナンテを捜す。荒太は、動物は人間と居ると不幸になるのではないか、と自問自答していた。お寺の住職は「捨てる人間が居たら、拾う人間になればいい。傷つける人間が居たら、傷を治す人間になればいい」と荒太へ伝える。荒太に会いたい一心で走りつづけてきたロシナンテが、途中車にひかれ足を引きずりながら、荒太の元へたどり着くが倒れてしまう。仲間たちとともに病院へ戻り、「あきらめるな」「必ず助ける」という教授に励まされる荒太。手術は成功する。獣医になりたいと誓った荒太は、術後歩けるようになったロシナンテと散歩をしていた。子犬が道路へ出ていく姿を見た荒太は、助けるために飛び出しひかれてしまう。
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」第9話 感想
動物は人間以上に愛情深い生き物なのかもしれません・・・。荒太に会いたい一心で走り続けたロシナンテに涙が止まりませんでした。悩み続ける荒太へ、お寺の住職さんの言葉が染み入りました。人がどんな行動を取ったとしても、自分はどういう行動をとるのか?すべての行動に通じることなので、グサッと刺さりました。荒太もロシナンテも、お互いに大切に思える存在に出会えて幸せなんだろうな・・・。

最終回『車イスの獣医? 愛犬よ永遠に… 』

動画サイト
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」最終回 あらすじ
荒太は、交通事故で脊髄を損傷し、足が動かなくなり車椅子での生活となった。ある日、ロシナンテをバスに乗せようとしたした荒太は、盲導犬は乗車出来るが、介助犬はバス会社のテストを受けないと乗車できないことがわかり、テストを受けることになった。テストでは、ロシナンテは、足を思いっきり踏まれたり、美味しそうなパンを目の前に出されて食べてしまう。また、荒太は車椅子でも獣医を目指そうとしていたが、体力的にも無理だと気づき始めていた。そんな中、バス停にいた一人の車椅子の少女と出会う。彼女はバスに乗って学校へ行きたかったのだ。荒太は、リハビリ次第で歩けるようになると診断されると、ロシナンテを少女に譲るため、リハビリを始める。ロシナンテは、介助犬として厳しい訓練に耐え、バスの乗車テストに合格した。荒太はロシナンテと最後の散歩をし、少女の元へともらわれていった。月日は流れ、荒太が獣医になった頃、一匹の血だらけの犬がで運ばれてきた。ロシナンテだった。ロシナンテは少女を守るため、襲われても抵抗しなかったらしい。しかし、少女は病気になり介助犬として利用できなくなったロシナンテを手放したのだ。そして、ロシナンテは荒太の元へ帰っていった。
ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」最終回 感想
ドラマ全体を通してのテーマでもありますが、動物は、決して人間の都合で使う道具ではなく、きっと共存できる存在なんだ・・・それを改めて教えてくれた回でした。誰かのために行動できる、荒太とロシナンテはほんとに素敵な相棒です。 きっと、悩みながらも荒太は立派な獣医になっていくのでしょうね。荒太とロシナンテにとって、幸せな生活が続くことを願って。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の動画はアップされているものの最後まで見られないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトを調査したところ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」のDVDの取り扱いはありませんでした。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取扱なし 取扱なし
Amazon 取扱なし 取扱なし
Yahoo!ショッピング 取扱なし 取扱なし

 

ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」のあらすじと見どころ

獣医師を目指す獣医学部の学生・向井荒太と1匹の犬・ロシナンテ(ラブラドール・レトリーバー)を中心に繰り広げられる物語。お人好しで受け身な性格の主人公・向井荒太は、いつも損な役回りばかり。ひょんなことから、1匹の犬を自宅で預かるはめになり、さまざまな騒動が巻き起こる。荒太目線、ロシナンテ目線、それぞれを通して、ほっこりしつつも深く考えさせられる物語。

ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の出演者や主題歌

向井荒太:堂本剛
山口可奈子(寮長):水野真紀
遠藤春菜:安倍なつみ
工藤みちる(同期生):秋山純
桜庭エミリ(同期生):山田麻衣子
番周作:蔵野孝洋
左門典之:石塚義之
白金美樹:上原歩
花形淳:内田滋啓
前田早苗:高田聖子
母゛はる子(養護教諭):樹木希林
予告ナレーション:太田真一郎
ナレーション/ロシナンテ(声):細川俊之
東野伊織(教授):北村総一朗
浦島一郎(直属教授):根津甚八

主題歌:KinKi Kids「ボクの背中には羽根がある」

放送年:2001年

テレビ局:日本テレビ

ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」の見所や感想

40代女性
全体を通して、たくさん考えさせられるドラマでした。毎回、心温まるシーンだけでなく、心が痛くなるシーンもたくさんあり、涙なしでは見れませんでした。人一倍優しい荒太から見た世界、荒太のことを想うロシナンテから見た世界がとても愛おしく感じられました。この先も、荒太とロシナンテのふれあいを見ていたい、そんな気持ちになりました。主題歌ともリンクしているところがあり、心に残るドラマです。
30代女性
堂本剛さん演じる向井荒太の動物思いで獣医を目指す学生が、とても好感が持てます。元飼い主を思っている犬のロシナンテを引き取ったり、自分が診る動物に対しても思いやりがあったりします。そんな彼は、同じゼミの仲間とも良い関係です。そういう純粋で一生懸命な飼い主・荒太に対して、時にはシュールに時には優しい言葉をかける飼い犬のロシナンテのナレーションが妙に面白いです。実際にしゃべる犬ではありませんが、無邪気な荒太の行うことに対して、何かと心の声を述べています。何だか、頼りない飼い主に突っ込みを入れているようです。飼い主の荒太よりも飼い犬のロシナンテの方が冷静で大人なので、不思議な関係の飼い主と犬です。そんな荒太たちに、次々に不運とも呼べる災難が訪れてます。一難去ってまた一難というような災難に見舞われてながらも、荒太と飼い犬・ロシナンテの間にはお互いに思いやる気持ちがあるようで、見ていて心が温まります。
30代女性
向井荒太役の堂本剛さんの演技に毎回泣かされていたドラマでした。動物に対する荒太の優しさがすごく伝わる演技で、接する時の眼差しがとても愛に溢れている分、辛く悲しい話の時の荒太の表情は見ているだけで胸をえぐられるような気持ちになり、とても感情移入できました。私自身はペットを飼ったこともないですし、あまり動物と触れ合う機会のない人間ですが、それでもこんなに感情移入して辛くなるほどだったので、実際にペットを飼っているような人が見たら大変なのではと思います。辛いシーンの印象が強く残ってしまっていますが、荒太のキャラクターが愛らしくとても魅力的で、見ていてほっこりするようなシーンもたくさんあります。動物にそこまで興味のない人が見ても楽しめる作品ですし、人間と動物が一緒に生きていくことを改めて考えさせられる、とても素敵なドラマです。また、主題歌もドラマの内容とリンクするような歌詞があったりしてメロディーも切なくて好きです。今もイントロを聞くだけでこのドラマを思い出します。

関連動画

人間・失格~たとえばぼくが死んだら
金田一少年の事件簿:学園七不思議殺人事件
セカンド・チャンス
金田一少年の事件簿:雪夜叉伝説殺人事件
金田一少年の事件簿:第2シリーズ
帰ってきたセカンド・チャンス
ぼくらの勇気 未満都市
to Heart ~恋して死にたい~
Summer Snow
ガッコの先生

まとめ

ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

堂本剛さん演じる荒太の優しさや葛藤、苦悩がしっかりと描かれ、涙なしでは見られないドラマです。

獣医になるための動物との関わり方や、人間と動物の共存について、深く考えさせられる作品です。

動物を飼っている人にも飼っていない人にも見てほしいドラマになっています。

ただ、動画配信サービスや、DVD宅配レンタルサービスがありませんので、ドラマ「向井荒太の動物日記 ~愛犬ロシナンテの災難~」が見られる新しい情報が出てきましたらまた報告しますね!