ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|リーガル・ハイの動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「リーガル・ハイ」は年4月17日から6月26日に放送されていた元KAT-TUNの田口淳之介さんが出演しているドラマです。

堺雅人さん演じる性格に難のある天才弁護士が、不利な裁判を大金で請け負い覆していく姿を描いたコメディドラマです。

この記事では、田口淳之介さん出演ドラマ「リーガル・ハイ」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「リーガル・ハイ」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

目次

ドラマ「リーガル・ハイ」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「リーガル・ハイ」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「リーガル・ハイ」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年7月16日の時点の情報)

ドラマ「リーガル・ハイ」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「リーガル・ハイ」を全話無料で視聴することができます。

「リーガル・ハイ」だけでなく、「きょうは会社休みます。」「有閑倶楽部」「がんばっていきまっしょい」など他の、田口淳之介さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リーガル・ハイ」の動画を無料視聴

ドラマ「リーガル・ハイ」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「リーガル・ハイ」の動画を無料視聴

「リーガル・ハイ」以外の田口淳之介さん出演

  • 「有閑倶楽部」
  • 「がんばっていきまっしょい」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「リーガル・ハイ」を全話無料で視聴することが可能です。
ので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「リーガル・ハイ」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「リーガル・ハイ」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「リーガル・ハイ」だけでなく、「有閑倶楽部」「がんばっていきまっしょい」などの田口淳之介さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「リーガル・ハイ」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「リーガル・ハイ」の動画がアップされているか調べてみたところ、見れるサイトもありますが、画質も悪くすぐに削除されてしまう可能性が高いためオススメできません。

今すぐ「リーガル・ハイ」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「リーガル・ハイ」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リーガル・ハイ」の各話のあらすじと感想

「リーガル・ハイ」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「リーガル・ハイ」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『最高だけどサイテーの弁護士愛も法も嘘をつく!?』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第1話 あらすじ
弁護士の黛(新垣結衣)は、殺人容疑で起訴された坪倉(中村蒼)の裁判を担当するが、一審で敗訴。無実を信じる黛は引き続き控訴審を担当することを希望するが、所長の三木(生瀬勝久)は許してくれない。坪倉を見捨てることができない黛は、三木の秘書・沢地(小池栄子)から古美門(堺雅人)の存在を教えられる。三木の元部下の古美門は、人格は最低だが、訴訟では無敗神話を誇っているという。黛はわらにもすがる思いで古美門を訪ねる
ドラマ「リーガル・ハイ」第1話 感想
訴訟内容は冤罪事件。二人の最初の事件。勝訴。物語は自白を強要された被告人をどう守るかというもの。争点は彼が殺人を犯したかどうかの量刑ではなく取り調べに違法行為があったかどうか。そうすることで、それを証明出来れば状況証拠は揃っているこの被告人でも無罪へと持ちこめる。とっても面白いです。裁判で何を争うかって物凄く大事なんだなとしみじみ思いました。それを受けて結果は勝訴したのに単純に正義が勝つってしなかったラストがとにかくとにかくお気に入りです。

第2話『著作権訴訟はカネになる!?』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第2話 あらすじ
古美門(堺雅人)の事務所に移籍した黛(新垣結衣)は、弁護士会である案件を紹介される。金になる著作権侵害の訴訟と聞き、古美門は渋々応じるが、その依頼はパンクロッカーのボニータ(福田沙紀)がカリスマ音楽プロデューサーの葛西(鶴見辰吾)に自作の曲を盗作されたというものだった。葛西の曲はしずか(友近)が歌い大ヒット中だ。裁判が始まると、古美門は早々に葛西の顧問弁護士・三木(生瀬勝久)により劣勢に追い込まれる。
ドラマ「リーガル・ハイ」第2話 感想
盗作訴訟。結果ー和解。早々に因縁対決・三木先生との勝負を見せてくれたのは面白かったです。歌が可哀想だからという優しさで和解に応じる結末は切なく心温まるものでした。コミカド&黛の関係性以外の部分で丁寧に毎度描いてくるエピが人情深くて、また世の無情を表わしてもいて楽しいです。今回の争点はは盗作されたことをどうやって証明するか。争点は被告人の作った曲と盗作されたという曲の整合性と思わせておいて被告人と依頼人の接点ー依拠性というもの。接点を証明出来ればそこから盗作の可能性が生まれるし関係者がいるなら証言も得られるという攻め方。なるほどでしたね。まずは事実関係を明らかにするため調査を行う過程は毎度刑事ドラマのようで楽しいです。

第3話『初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第3話 あらすじ
黛(新垣結衣)は、結婚式場から新婦の美由希(原田夏希)を連れ去り、監禁したストーカー・榎戸(永山絢斗)の弁護を担当することになった。一方、古美門(堺雅人)はテレビ番組の密着取材を受けていた。仕事中の姿を撮影するため、古美門はミドリ(阿知波悟美)の依頼を引き受ける。野球ファンのミドリは、下品なヤジを理由に警備員に球場から連れ出されたが、その際に腰を打ったので、球団に1千万円もの慰謝料を請求すると言う。
ドラマ「リーガル・ハイ」第3話 感想
これはちょっと泣いた回でした。何度見ても黛の切ない片恋が痛いです。ストーカー裁判。コミカドー勝訴。黛ー敗訴。哀しくてちょっと気に入っている話です。とにかく脚本と演出が見事に噛み合ってて素晴らしかったですね。同じ迷惑行為を題材にしているためコミカドの力量・戦略も明瞭で果ては真逆の結論が出る。捻られた結論に唸りました。更に合わせて黛弁護のストーカーくんと、大学時代の伝えられなかった初恋を准えてくるからより敗訴した黛の裁判に色と含みを持たせてあるのがこれまでの趣向とちょっと違って特殊的でした。それも素敵でしたね。

第4話『太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第4話 あらすじ
黛(新垣結衣)は、日照権の侵害を心配する久美子(村井美樹)から、自宅近くで計画が進む高層マンションの建築を阻止したいという相談を受ける。黛は引き受けるつもりだったが、当の久美子から、町内会長が大貫(大和田伸也)という別の弁護士を雇ったからという依頼を断る電話が入る。そんな中、古美門(堺雅人)に同行してクライアントの会社に出掛けた黛は目を疑う。そのクライアントとは、久美子らを悩ます建築会社だったのだ。
ドラマ「リーガル・ハイ」第4話 感想
法廷には出ずミーティングだけで片が付けられた示談金解決。その分盛り上がりは少ない。けれども黛の中の正義感と信念が揺れる様がよく描かれている回でそれは結局、弁護士って職業を色濃く縁取っていく。そういうのが面白かった回です。黛が一般的に正義だと信じる主観は所詮独り善がりで独善的なものでしかない。所変われば正義なんて簡単に覆る。それでも真理を求めたいなら弁護士という職業には向かない、不謹慎だと言わんばかりに コミカドに論破されるシーンが印象的でした。

第5話『期限は7日!金か命か!?悪徳政治家を守れ』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第5話 あらすじ
古美門(堺雅人)は、収賄事件で実刑が下された代議士の富樫(江守徹)から控訴審の弁護を依頼されて、検討すると答える。金で無罪を買おうとする富樫に、黛(新垣結衣)はあきれている。2年前、特捜部が捜査中、金庫番の秘書・浅井(藤井宏之)が自殺し、事件は迷宮入りと思われたが、浅井の部屋から見つかったメモが決定的証拠となり、富樫は有罪に追い込まれた。古美門は検事の辰巳(津田寛治)が証拠をでっち上げた可能性を疑う。
ドラマ「リーガル・ハイ」第5話 感想
収賄罪で実刑を喰らった政治家を控訴まで持ってけいるかどうかの証拠集めに奔走するお話。結局断念。でもこれはいつもの法律の冷徹さ、融通の利かなさを皮肉るのではなくましてや誰から誰へ献金が流れたかもどうでもよく群がる取り巻きの顔ぶれなども関係なくポイントは何故政治家が金に執着するのか?という問いで。それは金を持ち続けることが地位と権力の象徴であるという富樫議員の 政治家生命を説くお話でした。これはこれで地味ですけど男臭くて面白かったです。

第6話『DV?二股?流血の離婚裁判刺客は元妻』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第6話 あらすじ
古美門(堺雅人)の事務所に、人気作家の神林(鈴木一真)から妻・安奈(青山倫子)との離婚調停の依頼が舞い込んだ。離婚紛争を毛嫌いする古美門だが、‘理想の夫婦’といわれた神林夫妻を円満に別れさせたいという黛(新垣結衣)に懇願され、依頼を引き受けることに。しかし、協議に臨んだ古美門は、相手側の主任担当者・圭子(鈴木京香)が現れると、黛らを置き去りにして逃げ出してしまった。何と圭子は古美門の元妻だったのだ。
ドラマ「リーガル・ハイ」第6話 感想
離婚裁判。和解。夫婦対決。ちょっと風変わりな1章でした。痴話喧嘩の仲裁だけはやりたくないと駄々を捏ねまくるコミカド。しかし相手側弁護士が三木法律事務所だと知ると態度は一転。「ものっすごく聞き覚えのある声だよ!!」 そして三木事務所に顔を出せば、軽快なテンポを一転させる相手弁護士・コミカドの前妻登場!意気込んで飛び込むも元妻にたじたじ。コミカドのイキオイも全体的に押され気味で物語は進んでいくのが新鮮ですね。

第7話『骨肉の相続争い!醤油一族に潜む秘密と嘘』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第7話 あらすじ
古美門(堺雅人)と黛(新垣結衣)に、地方のしょうゆ会社から遺産相続訴訟の依頼が舞い込む。亡くなったのは社長の嘉平(菅登未男)で、彼の下で働いていた黛のいとこ・千春(木南晴夏)からの依頼だった。会社を訪れた古美門、黛、服部(里見浩太朗)の3人は、代表取締役の紀介(丸山智己)から歓待を受ける。紀介によると、嘉平は会社を傾かせた長男・泰平(皆川猿時)、奔放に生きてきた長女・清江(宍戸美和公)ではなく、紀介に全ての財産を託すという遺言書を書いたというのだ。しかし、泰平と清江も、ほぼ同じ内容の遺言書があると主張し、紀介は二人に対して証書認否確認訴訟を起こす。すぐに解決するものと思われたが、泰平、清江もそれぞれ弁護士を雇い、三つどもえの争いとなってしまった。
ドラマ「リーガル・ハイ」第7話 感想
この回は法律云々よりもコミカドのナチュラルハイがヘタレと化している所が楽しいです。前回からどうもペースも乱されがちなコミカド。ついでに如何にコミカドが常人からズレているかを如実に物語っていましたね。しかも多くの人が小ネタに爆笑した筈。服部さんと職人とか。まさかの水戸黄門ペア。堂々と掛かる水戸黄門BGM。ついでに犬神家の一族の世界、温泉で逆さに入ってる井手くん。こういうとこはすごく好きです。もうこれだけで充分な回でした笑。

第8話『親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第8話 あらすじ
古美門(堺雅人)は、天才子役・メイ(吉田里琴)から個人事務所の社長でもある母親・留美子(小沢真珠)と親子の縁を切りたいと相談を受けた。法律上は虐待などが明らかであれば、子ども自身が請求権者となって親権喪失や停止を申し立てることは可能だ。そして、メイは、夜遊びで肺と肝臓がボロボロになったのは母親のせいだと言う。一方、留美子の依頼を受けた三木(生瀬勝久)は、古美門の父親で検事の清蔵(中村敦夫)を呼び寄せる。
ドラマ「リーガル・ハイ」第8話 感想
親権争い。訴訟ではなく申し立て(審問)。勝訴。実は隠れた名作回。コミカド父登場!コミカド家の確執と依頼人の母娘関係を鏡像にして描くことで物語が極太にしているのが面白い。過干渉な親と無関心な親。表面的な愛情の執着が露骨な分、冒頭の母親の愛情は一般的です。この時点ではカードを取り上げられ、男友達と断絶させられ、拗ねているだけの子供の我儘に見える。ところが前半のそういう常識的な物が後半見事に反転させられるそんな回でした。

第9話『恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ!!』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第9話 あらすじ
古美門(堺雅人)を頼って地方から春夫(二瓶鮫一)ら5人の老人が上京してきた。彼らは元村長夫人のたね(左時枝)の指示で、東京で一番の弁護士を探しにきたというのだ。彼らの住む地域では、大企業の化学工場が完成以来、住民らに原因不明の体調不良が続き、死者まで出ているらしい。そんな黛(新垣結衣)は、古美門に追い返された春夫らが見捨てられず、1人で現地に向かった。調べると、井戸水や農産物からヒ素化合物が検出される。
ドラマ「リーガル・ハイ」第9話 感想
伝説の神回でした。もう多くを語るのは無粋な気がする濃密回。公害裁判。完全勝訴。状況や原因の説明責任・立証責任は原告側にある訳でそれが公害裁判の場合の課題というか弊害だって言われているのをストレートに持って来たのは当然なんだけど頷ける流れですね。アメリカで当時最大の賠償額ぶんどった公害裁判が映画化しちゃったのもその風刺を評価されている訳で。その物質が本当に仙波科学から出たものなのか 仙波科学から出たものだとしてそれが本当に人体に有害なのか、仮に人体に有害なのだとして村人の病気はその物質が原因なのか、もう逃げ道いっぱいあります。企業は訴えられても科学的根拠はないとの一声で無罪放免だ。それがリアルな公害裁判でもみんながぶつかる壁な訳で。原告側の困窮さがとても面白く描かれていた回だと思います。

第10話『破産か5億か!?さらば誇り高き絆の里』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第10話 あらすじ
春夫(二瓶鮫一)らが大企業を相手取って始めた公害訴訟の裁判が開廷。古美門(堺雅人)らは、被告代理人の三木(生瀬勝久)から、疾病と工場との因果関係の立証を迫られる。しかし、工場の汚染水から検出された新物質は、研究が進んでいないため、科学的立証が難しい。そこで、古美門と黛(新垣結衣)は工場で製造する「カーボンX」の開発者・佳奈(田畑智子)に接触するが、佳奈はガードが固く、味方に引き入れることができない。
ドラマ「リーガル・ハイ」第10話 感想
公害裁判決着。コミカドの非道っぷり炸裂。このほぼ敗訴確実って案件を一気に逆転させるのがコミカド裁判の真骨頂というかリーガルハイの面白いところです。ついでに手持ちのカードをどこで使うかとかどう出すかって所が裁判の駆け引きなんだとつくづく納得。つまり因果関係は証明不可能でも社内で健康被害が出ていたことを仙波科学は認識していたという事実とそれを隠していたことに対しての責任があると争点を変更する。そのための切り札の人物を口説き落とす仕掛けが実にアクドイというか、コミカドらしい。人の命や死や病気までも利用できるものは利用しちゃうオトコなんですよね。

第11話『内部告発者を不当解雇から救え!!最強の弁護士がついに敗北!?真実は常に喜劇だ!!』

動画サイト
ドラマ「リーガル・ハイ」第11話 あらすじ
公害訴訟をめぐって黛(新垣結衣)が古美門(堺雅人)の元を去ってはや1年。公害訴訟で古美門側の証人となった佳奈(田畑智子)が、新しい勤務先で不当解雇され、黛が弁護を担当することになった。黛は古美門に手伝ってほしいと頼むも、多忙を理由に古美門は拒否。と思ったら、法廷の場で黛の前に現れたのは、なんと古美門だった。さらに天敵のハズの三木(生瀬勝久)と手を組んでいた。ついに最終回、この二人の闘いはどうなるのか。
ドラマ「リーガル・ハイ」第11話 感想
1年後という設定でコミカドと黛の有り得ない穏やかな会話からスタート。「先生とこんな穏やかに話せる日がくるなんて・・・」「時というものは人を大人にしてくれるねぇ」・・・とか言っておきながら大人気ない戦いが始まります笑笑  当時、裁判沙汰になるネタは身近にゴロゴロしているんだなと改めて気付かされました。身近なテーマをドロドロにしてきた上で更に極論言わせちゃう手腕が特徴的で魅惑的でした。様々な人間模様を法律で切る手法も面白かった。それを1話完結でスッパリを収めていたのも軽快で締まりが良い。脚本ありきなドラマでした。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「リーガル・ハイ」の動画はアップされていますが、すぐに削除されてしまう可能性が高いです。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「リーガル・ハイ」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リーガル・ハイ」のあらすじと見どころ

弱者救済の使命に燃える新米弁護士・黛真知子。黛は初めての担当裁判で、殺人の嫌疑をかけられ自白を強要されたという青年の弁護を担当していたが、敗訴。諦めきれない黛は控訴に奔走する。そこへ三木の秘書である沢地君江が黛に声をかけ、「力になるかもしれない」と、連戦連勝だというある弁護士を紹介される。しかし黛がそこで出会ったのは、偏屈で毒舌、気分屋で自己中心的、あげくに「正義は金で買える!」と豪語する人格破綻者の弁護士、古美門研介であった。古美門はかつては三木法律事務所に在籍していたが、ある切実な出来事により三木と袂を分かち独立。持ち前の腕前を発揮し、裁判では無敗記録を続けている敏腕弁護士だったのだ。

ドラマ「リーガル・ハイ」の出演者や主題歌

古美門研介:堺雅人
黛真知子:新垣結衣
加賀蘭丸:田口淳之介
服部:里見浩太朗
三木長一郎:生瀬勝久
沢地君江:小池栄子
井手孝雄:矢野聖人
坪倉裕一:中村蒼
斎藤博也:六角慎司
島村智子:波瑠
山内花江:福田沙紀
ジャンゴジャンゴ東久留米:窪田正孝
柊しずか:友近
葛西サトシ:鶴見辰吾
大貫善三:大和田伸也

主題歌:小野恵令奈「えれぴょん」

放送月日:2012年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「リーガル・ハイ」の見所や感想

20代女性
全体的に出演者が豪華でした。新垣結衣と堺雅人の演技力に圧倒させられました。二人の演じるキャラクターがそれぞれ似合いすぎていて、他の役者が演じていることは全く想像できないほどです。とくに堺雅人のセリフに驚きました。あれだけの早口で長く、複雑なセリフが言えるのは彼だけなんじゃないかなと思うほどです。おそらくアナウンサーでも一度目ですらすら言えないだろうなとも思いました。改めて言葉の持つ力はすごいんだなと思いました。見ていて法律についても学べるので、とても勉強になりました。BGMはストーリーやドラマの雰囲気にとても合っていて、作品をより良くしてくれていたように感じます。笑える場面も多く含まれていて、全話を通して楽しめました。ハマりすぎて私は何度も見返しています。誰が見ても面白いと思うので、見たことがない人はぜひ一度は観てほしい作品です。新垣結衣と堺雅人のテンポの良い掛け合いにも注目して観てほしいです。
女性
何気にお互いに水を得たと思わせる関係図がたまらなかったです。実力と同様にプライドまでが月の高さまで行ってしまった古美門弁護士の鼻につく感じと、一方で依存心の塊で嫌なことは嫌とはっきり言うマザコンチックな雰囲気がバランスが、よいキャラを作り出していました。その小御門の怒りのツボをつつくガッキーとの掛け合いは漫才級です。負けるかもって思った時にお互いがお互いに偶然打開策を思い付く。BGMの駈けあがっていくテンポに合わせて盛り上がるので、とても好きでした。堺雅人さんに負うところも大きいですが、脚本演出小道具大道具みな素晴らしいです。法廷での争いも堺雅人の圧倒的早口と怒濤の言葉数で論破していく様は爽快そのものです。

関連動画

きょうは会社休みます。
有閑倶楽部
がんばっていきまっしょい
少年は鳥になった
Happy!
花嫁とパパ
七つの会議

まとめ

ドラマ「リーガル・ハイ」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

主人公、古美門研介のマシンガントークが話題になったドラマ「リーガル・ハイ」

実際の法廷でやったらすぐさま追い出されるであろう爆笑シーンの数々や、たまに入るシリアスなシーンでの堺雅人さんの演技は芸術の域に達しています。

田口淳之介さんは、主人公が経営する古美門事務所に雇われたスパイとして出演されていますので、是非チェックしてみてください。

ドラマ「リーガル・ハイ」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴