ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|リーガルハイ 2ndシーズンの動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「リーガルハイ 2ndシーズン」は2013年10月9日から12月18日に放送されていた田口淳之介さんが出演しているドラマです。

堺雅人さん演じるお金に目がない天才弁護士が、絶対に勝てないと言われる不利な裁判に挑んでいく姿を描いた物語です。

この記事では、田口淳之介さん出演ドラマ「リーガルハイ 2ndシーズン」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「リーガルハイ 2ndシーズン」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

目次

ドラマ「リーガルハイ2」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「リーガルハイ2」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「リーガルハイ2」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月10日の時点の情報)

ドラマ「リーガルハイ2」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「リーガルハイ2」を全話無料で視聴することができます。

「リーガルハイ2」だけでなく、「きょうは会社休みます。」「有閑倶楽部」「がんばっていきまっしょい」など他の、田口淳之介さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リーガルハイ2」の動画を無料視聴

ドラマ「リーガルハイ2」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「リーガルハイ2」の動画を無料視聴

「リーガルハイ2」以外の田口淳之介さん出演

  • 「有閑倶楽部」
  • 「がんばっていきまっしょい」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「リーガルハイ2」を全話無料で視聴することが可能です。
ので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「リーガルハイ2」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リーガルハイ2」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「リーガルハイ2」だけでなく、「きょうは会社休みます。」「有閑倶楽部」などの田口淳之介さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「リーガルハイ2」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「リーガルハイ2」の動画がアップされているか調べてみたところ、見れるサイトもありますが、画質も悪くすぐに削除されてしまう可能性が高いのでオススメできません。

今すぐ「リーガルハイ2」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「リーガルハイ2」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リーガルハイ2」の各話のあらすじと感想

「リーガルハイ2」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「リーガルハイ2」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!』

動画サイト
ドラマ「リーガルハイ2」第1話 あらすじ
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、恋愛問題が発覚したアイドル相手に騙されたと訴えるファンたちを弁護。ハチャメチャな論理で被告を追い詰める古美門は、黛ではなく羽生晴樹(岡田将生)を指名して交代。羽生は人情に訴えて、アイドルに罪を認めさせた。 その夜、古美門法律事務所で祝勝会。検察官の羽生は、弁護士職務経験として古美門法律事務所にいたのだが、この日で終了。古美門は、羽生にほれ込んでいた様子で検察官を辞めて自分の事務所に入るよう誘う。しかし、羽生は自分の道を模索すると古美門に別れを告げた。
ドラマ「リーガルハイ2」第1話 感想
初回から古美門研介(堺雅人)の人生はじめての負けエピソードをみせられるのもへこむところだったけど、安藤貴和(小雪)のエピソードも多分上告するようなかんじであったので、最終話にまで持ち越されるのかと思うとなんだか気が遠くなるようです。 指紋が偽装工作されたものだという1点で争う案件なことかも、あまり大しことでもなく、案外あっさりと軽く解決してしまうかんじも受けてしまった。 安藤貴和(小雪)本人が急に態度を変える原因となった拘置所に来た人物(吉永慶子)との関係が明らかになれば、(軽く解決できないものも感じられるけど)あっけなく勝ってしまうかんじがけっこうあったことからも、なんで放送時間を長くとったわりに引っ張ったのか疑問がのこるばかりです。

第2話『逆ギレ天才起業家〜“つぶやいたら”名誉毀損?』

動画サイト
ドラマ「リーガルハイ2」第2話 あらすじ
古美門研介(堺雅人)は黛真知子(新垣結衣)とともに安藤貴和(小雪)を訪ねる。黛は被告人尋問の前に拘置所に来た吉永慶子なる人物に何かを言われたのではないかと聞くが、貴和は判決の承諾は自分の意思だと言う。それでも古美門は執拗に上告を迫るが、はぐらかされてしまった。 事務所に戻った古美門と黛は服部(里見浩太朗)に動画サイトを見せられる。それは、若くして会社を創設、一流会社を次々と買収し“時代が生んだ天才”とうたわれた鮎川光(佐藤隆太)のインタビュー番組。インサイダー取引などの容疑で実刑判決を受け出所したばかりの鮎川は、自分を誹謗中傷したマスコミらを訴えると息巻く。服部は、鮎川が起こす訴訟に絡んで法律事務所に依頼が飛び交っていると古美門たちに教えた。
ドラマ「リーガルハイ2」第2話 感想
今回は単純に楽しめました。 このテンションの高さ、痛快っていうよりもう快感ですね。 「誰が得するんでしょう?  この爆弾が爆発したらプライバシーの暴露合戦になる。玉川さんもお父さんも鮎川も。  みんなが傷つく!」 「裁判とはそういうものだぁー」 「僕はそうは思いません。双方がWinWinになる道をみつけるために裁判はある筈だ」 「WinWin?羽生くん・・・敗者がいるから勝者がいるんだ。  訴訟は勝つか負けるかのギャンブルだー!かかかかかー!!」 というところ、一番笑いました。 これでこそリーガルハイ。 ドラマの主旨を的確に表現していると感じました。 これでもかって程注ぎ込んでくるコミカドのリアクションネタがもう腹が捩れる程可笑しくて仕方がない。毒舌もノリノリですが「予想外のキツイキャラだ」とか、ツッコミも痛いですね笑。 満足した回でした。次回も楽しみです。

第3話『顔か?心か?どちらを選ぶ?前代未聞の整形裁判』

動画サイト
ドラマ「リーガルハイ2」第3話 あらすじ
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、安藤貴和(小雪)に上告させて弁護人になりたいのだが、上手くいかない。弁護人になるための条件として、古美門は貴和から毎朝5キロ走るよう言われるが体力が持たない。黛に至っては、貴和からブスとののしられ、化粧の仕方ぐらい覚えろと命令されてしまう。 弁護依頼が少なくなった古美門法律事務所は火の車。服部(里見浩太朗)は羽生晴樹(岡田将生)の事務所に行ってみたらと言いだす。古美門にその気はないが、服部から事務所運営のアドバイスと言われ、、。
ドラマ「リーガルハイ2」第3話 感想
依頼人の熊井健悟が最後に振られるこのオチ、世知辛い。これぞリーガルハイですね。 ようやく2期らしくなってきて面白かったです。 コミカドの下衆っぷりも上がってきて嬉しい、楽しい。今回は脚本が見事でした。 リーガルハイの真骨頂を見た気分。整形は詐欺かどうかを論じるのに、否定側をコミカドが弁護するから面白い。当然身も蓋もないサイテーの論破が続く。人として最低限のラインをとっくに超えちゃっているかのような尊厳もクソもない無礼の応酬。 クダラなさもここまで来ると天晴です。

第4話『お隣り付き合いは蜜の味!?嫉妬渦巻く隣人裁判!!』

動画サイト
ドラマ「リーガルハイ2」第4話 あらすじ
ご近所様と言えども、些細なことでもめ事が起こる昨今。古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)も毎度のことだがもめている。古美門の奏でる麗しいとは決して言えないバイオリンの音に、黛がクレームをつけたのだ。黛は自分だけではなく、近所からもクレームが来ると言うのだが、服部(里見浩太朗)は一度もないと否定する。 そんな古美門法律事務所に、近隣訴訟が持ち込まれる。依頼に来たのは東山冬海(猫背椿)。最近もめ事が多かった隣家の西平なつ(佐藤仁美)にハサミで腹を刺されたのだ。幸い命に別状はなかったものの、先に冬海がゴルフクラブで殴り掛かったという経緯から刑事裁判で、なつは無罪となる。この判決に不服の冬海は民事裁判を起こすことにしたのだ。
ドラマ「リーガルハイ2」第4話 感想
前半はくだらない茶番劇を愉しませつつ後半の末広がりな展開はなかなか豪華でした。 特に今回は裁判長の環境までちょっとだけ触れたのは世界観が広がってみえて良かったです。 そのための下地として刑事裁判で勝訴した案件で民事を起こしたっていう設定も面白い。 ついでにコミカドと黛の息の合い方、シンクロ度が 素晴らしすぎて、ナイスコンビです。コミカドを制御できるのは黛しかいないし黛に付いて行けるのはコミカドしかいないですね。羽生くんの「君が必要だ」を対極に積み上げられるコミカドと黛の無意識のこの近接度。大満足の回でした。

第5話『権利は誰のもの?窓際社員のキャラクター裁判!!』

動画サイト
ドラマ「リーガルハイ2」第5話 あらすじ
今回、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)が扱うのは、著作権侵害問題。16年前、零細文具メーカーの「あじさい文具」は、倒産の危機にひんしていた。しかし当時、30歳の田向学(野村将希)が、何気なく落書きで書いた犬のキャラクター「おやじいぬ」が空前の大ヒットとなり、現在では社名も「AJISAIカンパニー」に変え、巨大なビルにオフィスを構えるほどに急成長を遂げた。 一方、古美門法律事務所には珍客が現れる。男は、長年勤めた会社を定年退職したが、現役のころ職場環境の改善に取り組んできたため、人権を無視した職場を看過できないと古美門に訴える。てっきり、ブラック企業を訴えたいという依頼かと思った古美門は、帰ってきた黛をいつものように罵倒する。しかし、その男は黛の父親の素夫(國村隼)だった。
ドラマ「リーガルハイ2」第5話 感想
ゲストさんの演技も描写も油が乗っていた。 訴訟を持ちかけた窓際社員の田向さん。 野村将希さん。だから、水戸黄門BGMなのですね。 キャラクター訴訟という名目上キティちゃんにポケモン。ついでにメガネが曇る影の薄さ演出がもうなんか沸々とした笑いが込み上げてきます。 ここの演出はよく考えたなと言う感じでした。 法廷に立ち、自分の権利は正当なものだと自信を持てた瞬間、曇りが消えラスト、自己尊厳に再び自信を失くしたと同時に曇っていく。 視覚的描写にスパイスが効いてます。

第6話『新しい愛の形か重婚か!?訴えられた妻は夫が3人』

動画サイト
ドラマ「リーガルハイ2」第6話 あらすじ
古美門研介(堺雅人)が、まだ眠りから覚めやらぬ朝、古美門法律事務所を嶋澄江(高林由紀子)という婦人が訪ねてきた。応対する黛真知子(新垣結衣)に、澄江は嫁の愛子(鈴木保奈美)についての相談をする。 澄江によると、愛子は息子の悟(林泰文)のほかに複数の夫を持つ“一妻多夫”を営んでいるらしい。しかも、その事実は悟も了承済み。だが、澄江には理解できないため相談に来たのだ。 話を聞いていた服部(里見浩太朗)は、古美門が面白がりそうな案件とうなずく。しかし、黛は古美門が面白がる案件は危険と判断。しかも、年金暮しの澄江に古美門への高額な弁護費用の出費は無理と、黛は羽生晴樹(岡田将生)を紹介する。
ドラマ「リーガルハイ2」第6話 感想
今回はとても切なかったですね。でもコミカドVS黛はこのドラマの底辺だからどこかで入れてくるとは思ってたのでこんな形で前哨戦にしてくるとは思わなかったけどテンションが上がりました。 テンション下がったり上がったり忙しい回だった。 1期最終回でも離別したけど、あの時はもっとポジティブな気持ちで見れた。黛のベクトルが逆になるだけでこうも違うテイストになるとは。 そして、コミカドの言う様に最後に子供の親権まで奪い取っていれば勝ててた裁判だった。 最後に息子の続柄を奪い取ったコミカドの非情勝ちでした。

第7話『天才か暴君か!?世界的アニメ監督パワハラ裁判!!』

動画サイト
ドラマ「リーガルハイ2」第7話 あらすじ
ついに古美門研介(堺雅人)と袂を分かった黛真知子(新垣結衣)は、かねてより誘われていた羽生晴樹(岡田将生)の事務所『NEXUS』に入る。黛は本田ジェーン(黒木華)や磯貝邦光(古舘寛治)にも快く迎えられた。 しかし、黛は自分が去ったあとの古美門法律事務所が少し心配。羽生から古美門が助手を探しているらしいと聞いた黛は、こっそりと様子を見に行く。しかし、すぐに加賀蘭丸(田口淳之介)に見つかってしまった。蘭丸も黛が抜けたことで古美門が困っていると言うのだが…。古美門が困っていたのは助手の選考方法。芸能事務所のオーディションまがいに美女を集め、誰を選ぶか悩んでいただけ。黛は呆れて帰ってしまう。すると蘭丸は、古美門に黛が『NEXUS』で担当することになった案件を教える。
ドラマ「リーガルハイ2」第7話 感想
1期とは異なり2期はホント相関図を掘り下げてくるなと感じました。ダイジェストのようだった3つの裁判も細かくみると何気にセンスある展開でした。設定の関係上、割愛されてしまったのでしょうけどじっくり描かれたらそれはそれで面白かったんだろうなと思うと、とても見たかったですね。 コミカドの非常識さに8割突っ込んで残り2割の、極論だけど弁護士としての在り方を説いていた1期とは一線を画し敵として実戦で鍛えるやり方では直接的な教育論が出来ないからコミカドの弁護士としての素質がちょっと視聴者に分かり辛いのかなとも思いましたね。1期を見ているのが前提な展開になっている気がしてきました。

第8話『世界に誇る自然遺産を守れ!!住民訴訟驚きの真実』

動画サイト
ドラマ「リーガルハイ2」第8話 あらすじ
古美門研介(堺雅人)を、黛真知子(新垣結衣)と羽生晴樹(岡田将生)が訪ねて来る。『NEXUS』で受けた案件の共同弁護を古美門に頼みに来たのだ。古美門は、即座に断るのだがすでに服部(里見浩太朗)は黛たちについて行くことになっているらしい。ひとり残されるのがイヤな古美門は、しぶしぶ同行することにした。 『NEXUS』が受けたのは、奥蟹頭にある“おざおざの森”を世界財産に推奨する地元住民と反対派の訴訟。黛と羽生は、推奨派の赤松鈴子(角替和枝)たちの依頼だった。鈴子の案内で、反対派に会いに行く黛たち。反対派の代表は、赤松麻里奈(遠野なぎこ)。同姓の鈴子と麻里奈には、何か因縁がありそう。だが、それより先に波乱を起こしたのが古美門。なんと、古美門は麻里奈の代理人になっていたのだ
ドラマ「リーガルハイ2」第8話 感想
今回 最も描きたかったのであろう 「王子様の危うさ」やら 「にやけ顔の薄ら寒さ」やらも それなりに楽しめました。羽生に漂う気持ちの悪さや違和感について ここまでハッキリと分かりやすく描いてくるとは思わなかったので、驚きもあります。 爽やかな好青年にも ちょっと酷薄な人間にも感じられる岡田さんの風貌と羽生のあの感じが ピッタリとハマっているのは面白かったです。 前回に引き続き 今回も しっかり貴和(小雪)のエピソードに興味がわく展開になっているアタリはさすが。羽生の件に 貴和の件、真知子は どんな風に動いてくるのか楽しみです。

第9話『ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う』

動画サイト
ドラマ「リーガルハイ2」第9話 あらすじ
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、上告を決めた安藤貴和(小雪)に面会。貴和は、殺人容疑については否定しない。また、地裁での判決前に面会に来た吉永慶子は、昔世話になった近所のおばさんと話す。それでも古美門は、最高裁では貴和の無罪を勝ち取ると言い放った。貴和が真実を何も話してくれないことを気にする黛に、古美門は打つ手をすべて打って無罪にすると、あくまで強気。だが、古美門のこだわりは、裁判の勝率を100%に戻すことの様子。
ドラマ「リーガルハイ2」第9話 感想
今回のストーリーを見て色々納得。 成程。これを言いたくてここまでこういう話にしてきたのかと大きく頷けました。 シリーズ開始早々、無敗神話のコミカドが負けるなんて突飛な話題を持って来たのも全てはこのネタをやりたかったからなのですね。 すごいと思うのは裁判員制度やロースクールなどで司法を身近なものにしようと世間がアクティブになっている今民間に馴染みすぎるリスクの方を指摘してきたこと。「裁判に民主主義を持ち込んだら司法は終わりだ」これが第1話から引っ張ってきて、この回でも言いたかった最大にして唯一の狙いだったんだろうと感じました。

第10話『二転三転する最後の法廷!!執念で救え依頼人!!真実は悲劇か喜劇か!?』

動画サイト
ドラマ「リーガルハイ2」第10話 あらすじ
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、最高裁判所で安藤貴和(小雪)の差し戻し判決を得ることに成功。しかし、直後に古美門たちは貴和から弁護代理人を解雇されてしまう。古美門は、これまでの流れの裏に前回の高裁判決前、貴和と面会した吉永慶子なる人物が関与していたことに気づいた。その吉永が羽生晴樹(岡田将生)であることにも…。 黛が『NEXUS』に行くと、磯貝邦光(古舘寛治)しかいない。羽生と本田ジェーン(黒木華)は姿を消している。その頃、拘置所の貴和に三木長一郎(生瀬勝久)と井手孝雄(矢野聖人)が面会していた。そこには、沢地君江(小池栄子)の姿も。三木たちを差し向けたのは羽生だった。
ドラマ「リーガルハイ2」第10話 感想
とてもリーガルハイらしいエンディングでした。 裁判の目的は利益なのか、真実なのか、元来の命題に立ち戻り各々の決断に焦点を当てた脚本もそれを際立たせるためであろうラストもコミカドー黛ー羽生の三つ巴戦のようになった骨格もどれもすごく良かったです。茶番劇繰り広げる卑劣さなんかは1期のノリっぽくて楽しめました。最後のコミカドと羽生の対決は迫力ありましたね。総合的に大満足でした。1期もそうですけどこのドラマ観てきて良かったなと思える内容でした。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「リーガルハイ2」の動画はアップされていますが、すぐに削除される可能性が高いです。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「リーガルハイ2」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「リーガルハイ2」のあらすじと見どころ

黛真知子は、巷を騒がさせていた「連続保険金殺人事件」の被告の弁護の依頼を受けてきた。被告である安藤貴和は結婚を前提に付き合う男性たちを保険金目的で殺していた「世紀の悪女」と言われて世間で叩かれ、証拠も揃っていて控訴審でも死刑判決は確実であったが、古美門はあえて控訴審の弁護を引き受けることとなった。 いつもの戦術で裁判は有利に進んだかに思われたが、被告人質問で貴和が改めて「殺人」を法廷の場で認めてしまう。結果、控訴審は棄却となり、貴和の死刑判決は確定となった。それは、無敗の敏腕弁護士・古美門研介の、弁護士人生初の敗北でもあった。金と名誉をこよなく愛する古美門研介が、貴和の死刑判決を覆すことで名誉の回復を果たすことを軸に、第2期の物語は展開する。

ドラマ「リーガルハイ2」の出演者や主題歌

古美門研介:堺雅人
黛真知子:新垣結衣
加賀蘭丸:田口淳之介
服部:里見浩太朗
三木長一郎:生瀬勝久
沢地君江:小池栄子
井手孝雄:矢野聖人
羽生晴樹:岡田将生
本田ジェーン:黒木華
磯貝邦光:古舘寛治
安藤貴和:小雪
醍醐実:松平健

主題歌:9nine「Re:」

放送月日:2013年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「リーガルハイ2」の見所や感想

20代女性
オープニングタイトル場面が、何気に秀逸。 前作からありましたけど、古美門と黛がウルトラマンのような特撮で対峙するオープニングタイトル。 前作より手が込んで、妙にカッコ良く出来ていて見応えがあります。 周りの建物が全て倒壊し荒野になっているのは、二人の勝手な争いに周りが迷惑している様を表しているようで楽しい。大量セリフの掛け合いの楽しさ。 序盤の古美門と天才実業家・鮎川の掛け合いから、期待通りのハイテンポとズッコケ。セリフ量も莫大に好き勝手に古美門がしゃべり倒します。もっともっと訴訟相手を増やせるぞ! とけしかける古美門の言葉に乗せられたと思いきや、「弁護は断る!」と断言する鮎川に古美門ズッコケ。 古典的ですが楽しいです。

関連動画

きょうは会社休みます。
リーガル・ハイ
有閑倶楽部
がんばっていきまっしょい
少年は鳥になった
Happy!
花嫁とパパ
七つの会議

まとめ

ドラマ「リーガルハイ2」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

2012年に放送された「リーガル・ハイ」の続編となる本作。

半沢直樹のヒット後すぐの放送でしたので、主人公を演じた堺雅人さんの演技のギャップが凄まじいと話題になりました。

1年の時を経てさらにパワーアップしたキャスト陣にも注目です。

ドラマ「リーガルハイ2」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴