ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|反乱のボヤージュの動画を無料でフル視聴する方法

「反乱のボヤージュ」は2001年10月6日、10月7日に放送されたV6の岡田准一さん主演で関ジャニ∞の横山裕さんも出演しているドラマです。

岡田准一さん演じる医学部一年生の坂下薫平が、教育学部に通う横山裕さん演じる葛山天も含め首都大学の学生寮を舞台に大学生活を過ごしていく姿が描かれています。

この記事では、岡田准一さん出演ドラマ「反乱のボヤージュ」の動画を後編まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ドラマ「反乱のボヤージュ」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「反乱のボヤージュ」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「反乱のボヤージュ」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月29日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「反乱のボヤージュ」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。

ドラマ「反乱のボヤージュ」の動画を無料視聴

ドラマ「反乱のボヤージュ」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「反乱のボヤージュ」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「反乱のボヤージュ」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「反乱のボヤージュ」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされている動画はありませんでした。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「反乱のボヤージュ」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取扱なし 取扱なし
Amazon 取扱なし 取扱なし
Yahoo!ショッピング 取扱なし 取扱なし

主要なネット通販3社では、ドラマ「反乱のボヤージュ」の取り扱いはありませんでした。

ドラマ「反乱のボヤージュ」の各話のあらすじと感想

「反乱のボヤージュ」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「反乱のボヤージュ」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

前編『』

動画サイト
ドラマ「反乱のボヤージュ」前編 あらすじ
2001年10月、1970年代の学生運動と同じような光景があった・・・。 その1ヶ月前の首都大学のキャンパス内にある弦巻寮。ここは古くからある学生寮で、廃寮を進める宅間とそれに反対するの寮生たちの争いが続いていた。 大学側からの嫌がらせで、不便な生活を強いられていた寮生の薫平たち。ある時宅間が「弦巻寮に舎監を置く代わりに寮の存続を認める」とした。そして数日後、名倉という男が舎監として寮にやってくる。名倉は65年前の寮則を皆に見せ規則を守るよう伝えるが、その規則は今の寮生たちには厳しいもので生活は一変していく。名倉は元警察で、学生運動の時に勤務していた機動隊員だった。 ある日、父親の借金の取り立て屋に詰め寄られているところを名倉に助けられた薫平は、自身の生い立ちを語る。名倉はそれを聞き、「お父さんを、早く捨てなさい」と助言する。その後奈生子のことを体を張って助けてくれたこともあり、寮生たちは名倉に心を開いていく。
ドラマ「反乱のボヤージュ」前編 感想
今の岡田くんからはほど遠い雰囲気の少しおどおどした雰囲気の薫平はいつも寮生たちをどこか客観視しながら見ているところがあって、コーヒーを入れている姿がなんだか可愛い。 お話自体は重めな内容で、借金の取り立て屋から助けてくれた流れで名倉さんに自分の過去を語るシーンは今までの苦労や母親に対する後悔がにじみ出ていて非常に切ないです。その後静かに薫平の肩に手をやる名倉さんのところで涙が出てしまいました。渡哲也さんの演技は本当に唯一無二だと思います。お父さんに甘えることが出来なかった薫平が、名倉さんに父親を感じる部分も泣けます・・・。

後編『』

動画サイト
ドラマ「反乱のボヤージュ」後編 あらすじ
首都大学の学生が殴られ大けがをするという事件が起こる。警察は弦巻寮の寮生を怪しいとするのだった。その中でも麦太が犯人と疑われるが無実を訴え、薫平も麦太のために動き、名倉がまたも助けに入る。結局犯人は別にいた。しかし、とうとう薫平たち寮生は寮の自治権を失うことになる。奈生子の留年が決まり寮則に沿った決定だった。寮生はこれに対抗し、名倉も寮を守ろうとするが大学側に背いたことで解雇されてしまう。それでも寮に残った名倉と語り合う薫平の意思は固かった。そして学校側の強制執行が激しさを増す中、名倉は薫平たちに寮から出るよう指示をする。そして大学側が仕組んだ廃寮へのシナリオが暴かれた。それによりさらに起きてしまう暴動の中、薫平は何を思うのか・・・。
ドラマ「反乱のボヤージュ」後編 感想
今までおとなしかった薫平がだんだんと自分の意思を持ち、意見を言ったり訴えたりするようになっていく成長に心を動かされました。自分はどうしたいのか?どう生きたいのか?それを真剣に考えることにぶつかるけど、意外とこの答えはシンプルなものなんだな、と思いました。 名倉さんとの出会い、関わりがきっかけなのは言うまでもなくですが、その名倉さんにも重い過去を背負って生きている。みんな何か意味を見つけようとしている人間模様を見て、自分自身も見つめ直してしまう。寮生たちは決して悪いことだけをしているわけじゃないけれど、大人たちの圧力に潰されることがある。過去に起きた学生運動についても考えさせられるドラマでした。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「反乱のボヤージュ」の動画はアップされていませんでした。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

そのため、ウィルス感染や動画の画質や音なども気になる方も、DVDの購入をおすすめしますが、先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトでの値段を比較してみたところ、「反乱のボヤージュ」のDVDの取り扱いはありませんでした。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取扱なし 取扱なし
Amazon 取扱なし 取扱なし
Yahoo!ショッピング 取扱なし 取扱なし

「反乱のボヤージュ」の、DVDの取り扱いはありませんでした。

ドラマ「反乱のボヤージュ」のあらすじと見どころ

首都大学に古くからある弦巻寮では、それを廃寮させようとする大学側と寮を存続させ自分たちの生活を守ろうとする寮生たちの争いが続いていた。大学側の意向で舎監として寮にやって来た名倉憲太朗は、最初こそ寮生たちにとって嫌な大人だったが、多くを語らない彼と触れ合う中で、次第に生きざまを教わっていく。様々な機会で自分を犠牲にしながらも寮生たちを守ろうとする名倉だったが、大学側の策略により弦巻寮は明け渡さなければならなくなる。寮に残った薫平たち数名の寮生と名倉は、大学側と戦うことを決意する。いよいよ行われる強制執行、重機が建物を壊し始めていく。そんな中でも薫平たちのために名倉は自身がすべてを背負おうとするのだった・・・。

ドラマ「反乱のボヤージュ」の出演者や主題歌

坂下薫平:岡田准一(V6)
司馬英雄:八嶋智人
本多真純:山口紗弥加
神楽敏章:岡本健一(元男闘呼組)
田北奈生子:新山千春
薩川あゆみ:鈴木えみ
立花:宮迫博之(雨上がり決死隊)
葛山天:横山裕(関ジャニ∞)
安達清起:西岡竜一朗
池井戸教授:藤田宗久
久慈刑事:渡辺いっけい
江藤麦太:堺雅人
名倉加寿子:いしだあゆみ
日高菊:麻生祐未
手島修一:青木堅治
宅間玲一:津川雅彦
名倉憲太朗:渡哲也
杉崎哲也:豊原功補

主題歌:
主題歌…MISIA「時をとめて」

放送年:2001年

テレビ局:テレビ朝日

ドラマ「反乱のボヤージュ」の見所や感想

30代女性
文化庁芸術祭参加作品で、第52回芸術選奨文部科学大臣賞(放送部門)受賞作ということもあり素晴らしい作品でした。サブタイトルには「2001年の学生運動」とありましたように、弦巻寮をめぐっての大学と寮生たちとの戦いのストーリーではあるのですが、重きは妻を亡くしひとりになって生きがいをも失くしてしまった名倉と、父親の愛情を満足に受けられなかった薫平の自立を描いていたように感じました。このドラマを私が初めて見たのは高校生の時でしたが、今見るともっと深い部分を感じたように思います。きっと見る方によっても様々な着目点が生まれるのでは・・・。何度も見返し考えたくなる、貴重な作品です。テーマは重めではありますが、純粋さ溢れる岡田くんや、可愛らしい横山くんの演技もぜひお見逃しなく。
40代男性
岡田准一さんと渡哲也さんが共演を果たした作品で、岡田さんが今のような屈強なイメージではなく気弱な大学生の役を演じています。物語は学生寮の取り壊しをめぐって大学側と寮生たちが対立し、昔の学生運動を思い起こさせる騒動に発展していきます。この作品の見どころは、岡田さんが演じる薫平をはじめとする学生たちの成長を見守りながら見せる渡さんのいろいろな表情です。
渡さんが演じた名倉は、文句ばかりで行動の伴わない学生たちに対しはじめは軽蔑の感情を持ち辛らつな言葉をかけます。しかし、その言葉とは裏腹に学生たちに対する態度は敬意を払ったもので、常に危険なことに巻き込まれないように目を光らせていました。そして、寮内で問題が起きると学生たちが自分たちの力で乗り越えられるよう彼も寮の一員として協力をするようになります。ラストの立てこもりの頃には、最初とは別人のように成長した学生たちを見て、名倉が本当にうれしそうな表情をみせます。
この作品を見て、年齢の重ねた男性の表情がこんなにも魅力的であることを感じて欲しいと思います。

関連動画

PU-PU-PU-
Vの炎
木更津キャッツアイ
D×D
拝啓、父上様
怖い日曜日 最終回 「古着屋」
行け行けイケメン!

まとめ

ドラマ「反乱のボヤージュ」を無料で前編から後編までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

岡田准一さん演じる医師を目指す男性と、関ジャニ∞の横山裕さん演じる教師を目指す仲間たちとの大学での寮を舞台とした生活が描かれた見ごたえのあるヒューマンストーリーです。

何度でも見たくなる、名作中の名作といってもいいドラマです。

ただ、動画配信サービス、DVD宅配レンタルサービス、DVDなどの取り扱いがありませんので、残念ながら現在は視聴する方法がありません。