ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|花嫁とパパの動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「花嫁とパパ」は2007年4月10日から6月26日に放送されていた元KAT-TUNの田口淳之介さんが出演しているドラマです。

田口淳之介さんは主人公の石原さとみさんの恋人役で、OBECA広報室の社員を演じています。

この記事では、ドラマ「花嫁とパパ」の動画を無料で視聴できる方法をまとめています。

ちなみに、TSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)なら「花嫁とパパ」を無料で視聴することができますので、興味ある方はお試しください♪

(画像引用:TSUTAYA DISCAS)

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「花嫁とパパ」の動画を無料視聴する方法

どこの動画配信サービスならドラマ「花嫁とパパ」が無料で視聴できるのか、調査したものをまとめています。

◯:DVD見放題 X:未配信

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,659(税込)
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(ポイント配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 14日間無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年11月5日の時点の情報)

ご覧いただきましたように、「花嫁とパパ」の動画を無料視聴できる動画配信サービスはなく、DVDをレンタルするしかありません。

ジャニーズは著作権が厳しいため、ネットでの動画配信サービスで視聴できる作品はほとんどないからです。

ただ、DVDレンタルって、借りたり返却したりの手間や返却期限が過ぎてしまった・・・

など、めんどくさいですよね。

ですが、TSUTAYA DISCASなら、

  • スマホやパソコンなどで選んだDVDが自宅に届く
  • 返却は近所の郵便ポストに投函

のみの2ステップで簡単にレンタルできます♪

さらに、DVDが借り放題なので、その他の田口淳之介さん出演の「七つの会議 」、「リーガルハイ」などもまとめてレンタルすることもできます。

(画像引用:TSUTAYA DISCAS)

今、頼めば早くて明日にはDVDが届くだけでなく、TSUTAYA DISCASなら30日間お試し無料期間があるので、0円で「花嫁とパパ」を視聴できます。

田口淳之介さん出演作品だけでなく、ぜひ「30日間のお試し借り放題」で、その他たくさんの作品を無料でお楽しみいただければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

TSUTAYA DISCASなら「花嫁とパパ」の動画を無料視聴できることは理解できたけど、返却期限や延滞料金などサービスの詳細がわからないと不安ですよね!

そこで、次はTSUTAYA DISCASのサービスについて紹介していきます。

TSUTAYA DISCASの特徴

TSUTAYA DISCAS(宅配DVDレンタルサービス)の特徴を表にしてまとめました。

月額料金 月額2,659(税込)→初回限定0円
無料レンタル期間 30日間無料
返却期限/延滞料金 なし
送料 0円
レンタル可能作品 新作:レンタル不可
準新作:最初の8枚までレンタル可
旧作/まだまだ話題作:借り放題

TSUTAYA DISCASは店舗など一般のDVDレンタルと違って返却期限がないので、延滞料金がかかる心配もありません。

ただし、

  • 返却しないと次のDVDを借りることはできない
  • 無料期間内に解約する場合は、その間にDVDを返却する

という点を覚えておいていただければ心配ありません♪

また、TSUTAYA DISCASにおいては、DVDのレンタルが開始された日より、

新作:レンタル開始日〜90日
準新作:レンタル経過91日〜390日
まだまだ話題作:レンタル経過391日〜720日
旧作:レンタル経過721日〜

と、このように分類されています。

無料期間中は旧作・話題作は借り放題ですが、準新作については、

1枚目〜8枚目までのレンタルは準新作・旧作の両方を借りる事ができますが、9枚目以降は旧作のみとなります。(無料期間中、新作はレンタル不可)

そのため、準新作だけ注意しておきましょう!

DVDの種類 最初の1〜8枚 9枚目から
新作
準新作
まだまだ話題作
旧作

さらに、TSUTAYA DISCASではDVDレンタルだけでなく、スマホやパソコンなどでネット視聴できるドラマや映画が約1万作品もあり、こちらも合わせて30日間無料で視聴することができます。

「花嫁とパパ」などの田口淳之介さん出演作品をレンタルし終わって、まだ無料期間が残ってしまっても大丈夫ですね!

ぜひ、TSUTAYA DISCASの「30日間のお試し無料期間」をフル活用してお得に楽しんでいただければ幸いです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

TSUTAYA DISCASなら「花嫁とパパ」を無料で視聴できることを話してきましたが、解約できずにお金がかかったらどうしよう・・・と不安ですよね。

そこで、TSUTAYA DISCASの登録方法と解約方法について画像つきでまとめてみました!

TSUTAYA DISCASの登録と解約方法

ここでは、TSUTAYA DISCASの登録と解約方法について説明しています。

「+」をクリックしていただくと画像つきの解説がでて、さらに横スクロールでご覧いただけます。

TSUTAYA DISCASの登録方法
step1 step2 step3 step4
「今すぐ30日間無料トライアル」をクリック 個人情報、お支払い方法の必要事項を入力 同意にチェック後、「確認画面へ」をクリック 「この内容で申し込む」をクリックして登録は完了
TSUTAYA DISCASの解約方法
step1 step2 step3 step4 step5
「登録情報の確認」をクリック 「メニュー一覧」タブを開き、「サービス解除申請(サービス退会)」をクリック パスワードを入力しログイン 退会に関する確認事項に全てチェックを入れ、「次へ」をクリック 引き続き、退会に関する確認事項に全てチェックを入れ、「申請を完了する」で退会完了

※30日間の無料期間内に解約すれば1円もかからず視聴できます。

ネットでいつでも簡単に解約することができるので安心ですね!

ぜひ、30日間の無料お試し期間で、田口淳之介さん出演ドラマだけでなく、著作権の関係で動画配信にはない、たくさんのジャニーズ出演作品をお楽しみいただければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

とは言っても、動画配信サイトなどに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・

と思う方のために、登録不要な動画サイトでドラマ「花嫁とパパ」を視聴できるのか調べてみました!

ドラマ「花嫁とパパ」の動画は無料の違法サイトで見れる?

登録不要な無料の動画サイトで、「花嫁とパパ」がフル視聴できるのか調べてみました。

検索結果は次でまとめていますが、いくつか無料の違法サイトに「花嫁とパパ」の動画がアップされているか調べてみましたが、字幕が邪魔だったりと快適に見れるサイトはありませんでした。

動画の無料違法サイトは、

  • ウイルスに感染する危険
  • 偽の悪質なサイトへ飛ばされ、個人情報が抜き取られる危険
  • 広告が多く、画質や音が悪いなどのストレス

のリスクがありますので、無料だからと油断したばかりに余計な出費がかかる事態は避けたいですね・・・

せっかくなら安心、快適に動画を楽しみたい方はぜひ、TSUTAYA DISCASでのお得な無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円も費用はかかりません。

 

ドラマ「花嫁とパパ」の各話のあらすじと感想

「花嫁とパパ」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「花嫁とパパ」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『もう父の言いなりになんかならない 』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第1話 あらすじ
今春、念願のアパレル会社に就職が決まり、宇崎愛子(石原さとみ)はとてもウキウキしていた。 しかも、配属されたのは社内の中でも花形部署、広報室だった。 愛子がずっと入りたかった憧れの場所だ。 初出勤の日、愛子は嬉しくて会う人全員にあいさつをして回る。 すると聞きなれた声が向こうの方から聞こえてきたのであった。 なんとそこには、スタッフに紅白まんじゅうをあいさつ代わりに配る愛子の父親・宇崎賢太郎(時任三郎)の姿が。 そんな広報室には、愛子と同じく新人の三浦誠二(田口淳之介)が配属されることになっていた。 賢太郎のせいで恥をかかされた愛子と、上司の槙原環(白石美帆)に怒られへこんでいた誠二はお互いに親近感を抱く。 仕事終わりに誠二から食事へ行かないかと誘われた愛子だが断り急いで帰路に着く。 愛子の家には賢太郎の決めた家訓があり、20年間守り続けてきた愛子は癖で勝手に体が動いてしまったのである。その翌日、愛子が出社すると室長の鳴海駿一(小泉孝太郎)が出張から戻り広報室にやって来ていた。 鳴海は愛子を見るやいなや、その格好じゃ仕事に期待できないと言い放ち、愛子はショックを受ける。
ドラマ「花嫁とパパ」第1話 感想
父の行き過ぎた娘愛が思った以上に凄すぎて、初回からとても笑ってしまいました。 職場にきてまで紅白まんじゅうを配っているのには本当にびっくりしました。 家訓の内容にもびっくりしてしまいましたが、賢太郎がうるさいからただ単に守り続けてきただけだったとしても愛子はとても偉いなぁと思いました。 門限があったことでたくさんのことを我慢もしたりしたんだろうなぁと愛子に同情してしまいました。 私だったらぜったいに勘弁して欲しいと思いながら楽しく見ることが出来ました。

第2話『結婚は許さん!?』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第2話 あらすじ
どうせクビになるだろうからと父親・賢太郎(時任三郎)に勝手に辞表を出された愛子(石原さとみ)はその辞表を取り返そうと朝早くからオフィスに行くが室長・鳴海駿一(小泉孝太郎)と鉢合わせてしまう。 愛子の説得をよそにいつでもクビを切れるからと鳴海の判断で、クビにならずに済んだ。 クビにならずにホッとしたのも束の間、愛子の結婚宣言を真に受けた賢太郎が、仕事中でも電話をかけてくるようになった。 そんな時、会社で新歓コンパが開かれることになった。 しかし新歓といっても、広報室では新人が幹事を務め先輩社員たちをもてなす会のことを言い、失敗するとクビになるという噂があるという。 三浦誠二(田口淳之介)と愛子は休みの日に新歓コンパに使用する店を下見しに行く。 するとそこに賢太郎が現れる。
ドラマ「花嫁とパパ」第2話 感想
勝手に辞表をだす父親は本当にヤバすぎるけどついつい笑ってしまいました。 現実にこんな父親いるのかなぁと疑問に思ってしまいました。 愛子も苦労してるなぁと同情してしまいました。 ある程度の自由を与えてあげれば家族の仲もギスギスしなくていいのになぁと賢太郎には愛子に歩み寄ってあげてほしいなぁと思いました。 三浦がなんとか愛子と賢太郎が仲悪くならずに上手く行くようにと考えてあげているところがとても優しいと思いました。

第3話『最悪の初キス!?』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第3話 あらすじ
三浦誠二(田口淳之介)から結婚を前提に付き合ってほしいと言われた宇崎愛子(石原さとみ)は、突然のことに戸惑いながらも嬉しさを隠せないでいた。 それを聞いた父親・宇崎賢太郎(時任三郎)は、【男女交際禁止】と家訓を持ち出し、三浦と喋ることも禁じ、申し出すらも断ってこいと愛子に言う。 愛子は父親に交際を猛反対されたことを三浦に話すと、ふたりで賢太郎を説得しようと言われる。 どうにか賢太郎を説得するため、犬飼美奈子(和久井映見)が営むカフェに来て欲しいと頼むがいくら待っても賢太郎は現れない。 後日、賢太郎に交際を認めてもらうことは叶わないまま、愛子は三浦と初デートに向かう。 夕方になり門限を気にする三浦だったが、愛子は門限を破っていいと言い張り帰ろうとしないのであった。
ドラマ「花嫁とパパ」第3話 感想
わざわざ家にきて賢太郎のまえで結婚を前提に付き合いたいと申し出た三浦はとてもかっこいいと思いました。 なかなかできることじゃないなぁと。 愛子と付き合いたければ賢太郎の攻略は必須なのでとても勇気と覚悟のいることだったろうなと思いました。 賢太郎がなんと言おうと2人の問題なのでなんとか頑張ってほしいなと2人のことを応援したくなりました。 賢太郎も少しは愛子を自由にしてあげないと反発されてどんどん自分が辛くなるのになぁと思いました。

第4話『ふたりだけの夜』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第4話 あらすじ
愛子(石原さとみ)と三浦(田口淳之介)がキスしているところを見てしまった父・賢太郎(時任三郎)は、そのショックで部屋に引きこもってしまう。 賢太郎の様子が気になる愛子だったがその翌朝、愛子はいつもと変わらない賢太郎に、昨晩のことを話そうとするが話をそらされてしまう。 賢太郎と話せぬまま出社した愛子は鳴海(小泉孝太郎)からアシスタントとして青山のプレスルームに有名デザイナーの新作のディスプレイに立ちあう仕事を任される。 いつもなら先輩である環(白石美帆)が受け持つ重要な仕事で責任重大であるにも関わらず、昨夜のことが気になって仕方ない愛子は仕事に集中できないでいた。 その日の夜、愛子の自宅前に三浦がやって来ていた。 賢太郎に交際を認めてもらおうという三浦だが熱を出しておりそれどころではない状態だった。 それに気付いた愛子は三浦を家にあげるが運悪く賢太郎が帰ってきてしまい、自室の納戸に三浦を隠すことにした。 だが、賢太郎はなにかを感じ取り、呆気なくバレてしまう。
ドラマ「花嫁とパパ」第4話 感想
これまでの話もですが、タイミングの悪さがピカイチだなと思いました。 それだけ賢太郎が愛子のことが心配でつきまとっているということなのかどうなのか、ここまでくると驚きより笑いがきてしまうので毎回、楽しく観ることができています。 さすがに今回は体調不良のこともあり、三浦を追い出すなんてことはしないと思いますが賢太郎の気が気じゃない様子がいまから想像できてしまい、これからの展開がどうなるのかとても期待してしまいます。

第5話『カレと同居開始』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第5話 あらすじ
愛子(石原さとみ)の父・賢太郎(時任三郎)は三浦誠二(田口淳之介)の実家に住所も分からないまま挨拶に行くといって暴走してしまう。 そこで三浦は両親は海外旅行に行っているため自宅には居ないと嘘をつき、なんとか事なきを得る。 賢太郎の暴走ぶりに呆れる愛子であったが、三浦との交際を前向きに考えてくれている様子に喜びを隠せないでいた。 ある日、愛子が勤めるアパレル会社で「ビリーブ」というブランドが新しく作られることになる。 愛子の先輩・金山初音(西原亜希)が担当することになり、愛子はそのアシスタントに任命される。 初音や槙原環(白石美帆)らはこの決定に驚き、不満を漏らすが広報室の室長である鳴海駿一(小泉孝太郎)は経験を積ませるためといい、その場を去ってしまう。 アシスタントになった愛子は、初音の役に立てるよう奮闘するが業界の知識がないと怒られてしまう。 そんな中、初音は憧れのディレクターと仕事が出来ることになりやる気に満ち溢れていた。 失敗されては困るからと初音は愛子に一切の仕事を与えず、自分ひとりで仕事を進めていた。 そんな時、重要な伝票にミスが見つかり、担当を外されそうになった初音はそのミスは愛子がしたことだと嘘をつく。
ドラマ「花嫁とパパ」第5話 感想
大事な一人娘だからと張り切りすぎて空回りしてしまう賢太郎がなんだか可愛く見えてきてしまいました。 少しやり方が大袈裟で、行動ぜんぶが重すぎるだけで根はとてもいい父親なのであとは感情のコントロールさえ出来れば完璧なのに。と思いながら見ました。 初音もはじめての大仕事で張り切る気持ちはわかりますが一人ですべてをこなせるわけがないので、愛子にできる仕事を振ることも先輩としてはやらなければいけない仕事なんじゃないかなぁと思いました。 濡れ衣をきせられた愛子がどうするのか続きがとても楽しみになりました。

第6話『別れてください』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第6話 あらすじ
食事の席で酔いつぶれてしまった宇崎愛子(石原さとみ)を鳴海駿一(小泉孝太郎)はおぶって愛子の家まで送り届けた。 その光景に、宇崎賢太郎(時任三郎)も三浦誠二(田口淳之介)も驚く。 鳴海は帰る間際に愛子が未熟なのは賢太郎が子供扱いしすぎるせいではないかと言う。 翌朝、二日酔いで起きてきた愛子は賢太郎にこれからも付き合いで帰りが遅くなるかもしれないため門限を大目に見て欲しいと頼むと賢太郎はあっさりと快諾した。 愛子が会社につくと、賢太郎から電話がかかってきた。 愛子に対して他人行儀に話す賢太郎は今日限りで子離れをすると宣言し、一方的に電話を切ってしまう。 そんな賢太郎を不審に思っていると三浦から自分の母親に結婚をしたい相手がいると話したことを伝えられる。 その次の日、愛子に三浦の母親・房江(田島令子)から電話がかかってくる。 仕事で東京に出て来ているから会えないかという のだ。 その日の夕方にホテルのロビーで会う約束をする。 そこには高価そうな和服を着こなした房江がおり、愛子は緊張する。
ドラマ「花嫁とパパ」第6話 感想
賢太郎は鳴海の言うことはけっこうすんなり聞き入れるのは何故なんだろうと思いました。 愛子の上司だからなのか、社会的に成功してる人だからなのかとても疑問に思ってしまいました。 結果的に鳴海がバシッと言ってくれたおかげで愛子は少し賢太郎の束縛から逃れられたのでよかったなぁと思いました。 三浦の母は見るからに攻略が難しそうだなと思いました。 結婚はさせないと母親から言い出すのは相当厄介だと思うので波乱の予感がします。

第7話『笑顔でサヨナラ』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第7話 あらすじ
三浦誠二(田口淳之介)と別れることにした宇崎愛子(石原さとみ)は、宇崎賢太郎(時任三郎)の前では明るく振る舞うように努めていた。 しかし部屋では号泣するほどショックを受けていたのであった。 その翌朝、愛子は昨夜とはまるで違う元気いっぱい賢太郎に接する。 賢太郎はいてもたっても居られず、三浦の母・房江(田島令子)が営む呉服店に向かった。 賢太郎を客だと思った房江は採寸しながら息子の三浦のことを話し始める。 するとそこへ三浦がやって来て、房江は賢太郎が愛子の父だとわかると息子と愛子を結婚させることはできないと不快感をあらわにし、三浦に実家に戻ってこないと親子の縁を切ると言い、その場を立ち去ってしまったのであった。
ドラマ「花嫁とパパ」第7話 感想
お似合いだなぁと応援していたのに房江のせいで別れることになってしまってとても残念です。 家族からの愛情不足の三浦には賢太郎と愛子のような家族愛が溢れている人と幸せになってもらいたいと思いました。 房江は三浦のことをいい縁談から仕事に繋げる道具のようにしか思ってない感じがしてとても腹が立ってしまいました。 愛子は仕事の方は鳴海のおかげで順調そうなのであとは変に反感を買わず、うまくやっていけるといいのになとハラハラしながら楽しくみることができました。

第8話『恋より大切な事』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第8話 あらすじ
一度は別れることになった三浦誠二(田口淳之介)と宇崎愛子(石原さとみ)だが結婚を前提に再び付き合うことになったのであった。 愛子は嬉しくてすっかり元気を取り戻したのだった。 しかしその夜、鳴海駿一(小泉孝太郎)に会い、「三浦と別れてほしい」と告げられてしまう。 一方、会社では、鳴海が広告代理店を無視し、とあるデザイナーと直接交渉をするために押しかけようと計画していた。 先方のデザイナーと会うために槙原環(白石美帆)と愛子を出張に同行させると言うのだ。 環は、万が一このことが会社の上層部に知れたら大問題になると鳴海に反発するが鳴海は全く聞く耳をもたない。 帰宅後、愛子が賢太郎(時任三郎)に鳴海と環との出張のことを告げると、当然のごとく大反対する。 そこで鳴海がやってきて賢太郎に、愛子を出張に連れて行くのは愛子に見どころがあるからだと伝える。 しかし出張当日、なぜかいっしょに同行するはずだった環が賢太郎の元へ尋ねてきたのであった。
ドラマ「花嫁とパパ」第8話 感想
応援していた三浦と愛子がまた付き合いだしてとても嬉しく思いました。 鳴海もなんだか愛子に特別な感情を抱いている気がして、仕事もよく振っていたり大きい案件に同行させたりと私情がはいってる?と思ってしまうシーンがあって鳴海もいいなぁと思えてきました。 愛子、三浦、鳴海で三角関係な感じになってきたのでこれからの展開がとても楽しみになってきました。 それに出張に同行してるはずの環がなぜ賢太郎を訪ねてきたのかも気になります。

第9話『危険な三角関係』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第9話 あらすじ
鳴海駿一(小泉孝太郎)は独立して会社を立ち上げることを心に決めていた。 そして、そんな鳴海についていくと宇崎愛子(石原さとみ)もまた、決心したのであった。 そんな鳴海に契約を断られていたデザイナー・桂木(小市慢太郎)から鳴海と一緒に仕事がしたいと連絡が入る。 自宅では父・賢太郎(時任三郎)と三浦誠二(田口淳之介)の2人が愛子の帰りを待っていた。 独立する鳴海についていくという愛子を賢太郎と三浦は止めるが聞く耳をもたない。 会社でも鳴海が愛子を引き抜いた話が広まり、二人の関係を怪しむ声まで囁かれ始める。 そんな時、鳴海がデザイナーと直接交渉をする契約違反を侵したことが広告代理店に知られてしまった。 鳴海は、広告代理店に情報を話した人物が槙原環(白石美帆)だと知り追及した。 そして鳴海は愛子に引き抜きの話はなかったことにしてくれと言い、立ち去ってしまう。 その夜、愛子の家に訪ねてきた三浦はポケットから指輪をだし愛子に結婚を申し出る。
ドラマ「花嫁とパパ」第9話 感想
最初はセンスのかけらも感じられないと愛子をバカにしていた鳴海でしたが、引き抜きの話まで持ちかけて、愛子のことを認めたのかな?それとも公私混同?といろいろなことを考えながら楽しく見ることができました。 環がリークしたのも今までいっしょに頑張ってきたのにという気持ちが暴走してしまったからなんだろうなと思いました。 ずっと憧れていたプロポーズ、愛子は結婚と仕事、どちらをとるんだろうと続きがとても気になります。

第10話『パパと父の対決』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第10話 あらすじ
三浦誠二(田口淳之介)から、無事にプロポーズを受けた宇崎愛子(石原さとみ)は、その幸せを噛みしめていた。 三浦は疎遠になっていたはずの誠造(大和田伸也)から、自身の薦める女性と見合いをするため、愛子と別れるように言われてしまう。 見合いの話を耳にした賢太郎(時任三郎)は、自分の親も説得できないなら愛子との結婚は認めないと三浦に伝える。 三浦は父親・誠造(大和田伸也)と話し合いをするために静岡の実家に向か。 翌朝、宇崎家に賢太郎の姿が見当たらず、嫌な予感がした愛子は、浦に連絡する。 すると賢太郎は三浦の実家に行っており、昨夜父親と話せなかった三浦は賢太郎に言われ、ついに父親と話すことになった。 しかし、誠造は見合い写真を三浦に突きつけるのみでまったく話を聞いてくれないのであった。
ドラマ「花嫁とパパ」第10話 感想
なんで三浦の両親は三浦の話を聞いてあげないんだろうと疑問に思ってしまいました。 賢太郎もドラマの中でなぜ子供の話を聞かないのかと問い詰めていましたが、答えることなく去ってしまった誠造に腹が立ってしまいました。 プロポーズされて喜んでいた愛子が可哀想でもあるし、三浦もせっかく気持ちを伝えたのに可哀想すぎると思いました。 それなのに、三浦の最後の行動の意味が分からなさすぎて結局は親に逆らえないということなのかどうなのかモヤモヤが残ってしまいました。

第11話『娘の涙と父の涙』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第11話 あらすじ
母親が亡くなってしまったのは自分を産んだからだと知った宇崎愛子(石原さとみ)は、大きなショックを受ける。 心配する父・賢太郎(時任三郎)は愛子に電話をかけるがスルーされてしまう。 そして愛子は、父・誠造(大和田伸也)が入院する病院に向かい、到着すると三浦に母親の件を話そうとするが誠造のことで頭がいっぱいの三浦にそんな余裕はなかった。 そんな三浦は愛子に、自分と結婚して一緒に静岡の実家について来てほしいと伝えるが、愛子はその頼みを聞くことができなかった。 翌日、愛子の本心を確かめようと三浦が宇崎家を訪ねてきた。 結婚できない理由はなぜだと聞く三浦に、「仕事を続けたいから」だと言う愛子の言葉を三浦も、賢太郎も納得できないでいた。何かを隠しているのではないかと思った三浦は愛子に電話をし、真実を話してくれるように頼む。 すると愛子は母が死んだのは自分のせいで、賢太郎にとって一番大切な人の命を奪ってしまったから賢太郎をひとりにできないと話す。
ドラマ「花嫁とパパ」第11話 感想
誠造が倒れたことによって三浦が結婚に焦ってしまっていて愛子の気持ちは完全に無視なところが残念で仕方ありませんでした。 愛子は愛子でとても辛い事実が発覚して、思い悩んでいるのにと怒りも感じてしまいました。 きっと賢太郎は母親が死んでしまったのは愛子のせいだと思っていないし、命を奪われたと恨むこともぜったいにないのに自分にむける愛情の深さを知っているからこそ賢太郎に対して愛子は罪悪感を強く抱いてしまっているんだろうなと思いました。 自分だったらと立場を置き換えてみましたが、辛すぎるなぁと思いました。 賢太郎と愛子には幸せになってほしいなと強く思いました。

第12話『娘に贈る歌…』

動画サイト
ドラマ「花嫁とパパ」第12話 あらすじ
宇崎愛子(石原さとみ)の父・賢太郎(時任三郎)は、三浦誠二(田口淳之介)の父・誠造(大和田伸也)に、愛子と三浦の結婚を認めてもらえないかと頼みにいくが、まったく聞き入れてもらえなかった。 自宅に戻った賢太郎は、落ち込んでしまっている愛子を見ているのは辛いからと、なんとか誠造を説得するため愛子を連れてもう一度三浦の実家へと向かったのであった。 三浦の実家についた賢太郎と愛子は三浦が見合い結婚をして店を継ぐことに決めたと誠造に話しているのを聞いてしまったのであった。 数日後、久しぶりに会社にきた三浦は、会社を退職することに決めたと周囲に報告する。 そして誠造の手術当日。 愛子と賢太郎がやってきたことに三浦は驚きながらも、二人に不安な気持ちを打ち明ける。 自分が見合い結婚をすれば店を救うことができるかもしれないこと、父のように店を守っていく自信がなくいということ、どうするべきなのか迷っていると話した。 それを聞いた賢太郎は三浦にとって大事な物はなんだと質問する。
ドラマ「花嫁とパパ」第12話 感想
最終回、とてもよかったです。 結果的に三浦と愛子は結婚することが出来て、とてもステキなハッピーエンドでおわりホッとしました。 愛子の母親からの手紙にはとても感動してしまいました。 三浦が宇崎さんのお父さんと呼んだ時に、お父さんでいいと言った賢太郎。 とてもかっこよかったです。 三浦のことを認めた瞬間だったのでとても嬉しかったです。 ハネムーンに送り出したと見せかけて着いてきちゃう賢太郎がいつも通りすぎて笑ってしまいました。 賢太郎に愛されまくった愛子と親からの愛情不足を寂しく思っていた三浦なので暖かい家庭になること間違いなしだろうなと思いました。 感動もして、笑いもあったとてもいいドラマでした。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「花嫁とパパ」の動画は1話から最終回までフル視聴できるものがありません。

また、そのような違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、広告が多く、画質や音も悪いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASなら、安心して「花嫁とパパ」のフル動画を、無料で楽しむことができるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円も費用はかかりません。

 

ドラマ「花嫁とパパ」のあらすじと見どころ

この春めでたく念願のアパレル会社に就職が決まって、宇崎愛子(石原さとみ)はとてもウキウキしていた。 配属されたのはなんと社内の花形部署である広報室だった。 愛子がずっと入りたかった憧れの場所だ。 すると聞きなれた声が向こうの方から聞こえてきたのであった。 なんとそこには、スタッフに紅白まんじゅうをあいさつ代わりに配る父親・宇崎賢太郎(時任三郎)の姿があった。 20歳になったにも関わらず、賢太郎の過保護な部分に振り回される愛子。 そんな宇崎家には「門限7時。男女交際は一切禁止。外泊なんてもってのほか。あいさつは忘れずに」と賢太郎が勝手に決めた家訓があった。 この家訓のせいで会社での付き合い、恋愛と全てにおいて賢太郎が絡んでくることになる。 娘だいすきな父・賢太郎と過保護な父に振り回される娘・愛子の笑えて泣ける日常の物語である。

ドラマ「花嫁とパパ」の出演者や主題歌

宇崎愛子:石原さとみ
三浦誠二:田口淳之介KAT-TUN
宇崎賢太郎:時任三郎
鳴海駿一:小泉孝太郎
槙原環:白石美帆
岡崎安奈:滝沢沙織
金山初音:西原亜希
岩倉舞:今井りか
犬飼美奈子:和久井映見
岡部真弓:佐津川愛美
五味紀男:浅野和之

主題歌:加藤ミリヤ&COLOR「My Girl feat.COLOR」

放送月日:2007年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「花嫁とパパ」の見所や感想

40代女性
子離れできない父親を演じる時任三郎さん、笑うと目尻がクイッとさがって過保護なパパ役がとても似合っていました。 自分がされたらぜったい面倒くさいだろうけどウザかわいい父親を憎むに憎めないなんともいえない気持ちになりました。 次から次へと問題が起きてしまう石原さとみさん演じる愛子の周りにはぜったいに賢太郎がいて、それがなんとも面白くて賢太郎がトラブルメーカーなのでは?と思ってしまう場面がたくさんあります。 愛子と田口淳之介さん演じる三浦の恋愛にもしっかり参加してくる賢太郎。 上手くいくものもいかなくなってしまうんじゃないかとハラハラしてしまいました。 最後はどこかで子離れするのかな?と最初から最後までとても楽しみながら見ることが出来ました。

関連動画

がんばっていきまっしょい
七つの会議
有閑倶楽部
リーガル・ハイ
こちら葛飾区亀有公園前派出所

 

まとめ

ドラマ「花嫁とパパ」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

親子愛がほほえましく、ちょっと笑えるコミカルな大ヒットドラマ「花嫁とパパ」。

石原さとみさんの恋人を演じた田口淳之介さんもハマり役でした。

ドラマ「花嫁とパパ」の動画は、TSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)のみで視聴が可能です。

ジャニーズは著作権が厳しいため、ネットでの動画配信サービスで視聴できる作品はほとんどないからです。

TSUTAYA DISCASなら、「花嫁とパパ」以外も、たくさんのジャニーズ出演作品を視聴することができます!

30日間も無料期間がありますので、ぜひお得に、お楽しみいただければと思います♪

(画像引用:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円も費用はかかりません。