ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|八代将軍吉宗の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「八代将軍吉宗」は1995年1月8日から12月10日に放送されていた森田剛さんが出演しているドラマです。

綱吉の側用人から大老格に出世した権力者柳沢吉保の子供の役を森田剛さんが演じています。

この記事では、森田剛さん出演ドラマ「八代将軍吉宗」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「八代将軍吉宗」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「八代将軍吉宗」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「八代将軍吉宗」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「八代将軍吉宗」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年7月16日の時点の情報)

ドラマ「八代将軍吉宗」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「八代将軍吉宗」を全話無料で視聴することができます。

「八代将軍吉宗」だけでなく、「喰いタン」「PU-PU-PU-」「平清盛」など他の、森田剛さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「八代将軍吉宗」の動画を無料視聴

ドラマ「八代将軍吉宗」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「八代将軍吉宗」の動画を無料視聴

「八代将軍吉宗」以外の森田剛さん出演

  • 「喰いタン」
  • 「PU-PU-PU-」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「八代将軍吉宗」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「八代将軍吉宗」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「八代将軍吉宗」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「八代将軍吉宗」だけでなく、「喰いタン」「PU-PU-PU-」などの森田剛さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「八代将軍吉宗」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「八代将軍吉宗」の動画がアップされているか調べてみましたが、ほとんどの動画が削除されており、全話見れるサイトはありませんでした。

今すぐ「八代将軍吉宗」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「八代将軍吉宗」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「八代将軍吉宗」の各話のあらすじと感想

「八代将軍吉宗」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「八代将軍吉宗」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『母の肖像』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第1話 あらすじ
江戸中期、御三家・紀州藩主である徳川家光貞の四男として生まれた源六(のちの吉宗となる)は、家老の家に養子に出されることになった。いたずら好きのわんぱく坊主に育った源八は五歳まで伸び伸びと暮らしていたが、兄の次郎吉が亡くなったことをきっかけに、父・光貞のもとへ引き取られることに。母のいない環境に置かれることになり、寂しさと反発心から、度のすぎたいたずらや乱暴を繰り返す源八。また、母の出自が卑しい身分であることから、幼いながらに引け目を感じてしまい、居心地の悪さを感じるのだった。
ドラマ「八代将軍吉宗」第1話 感想
吉宗については「将軍吉宗」となったところから歴史の授業で学んだり、なにかにつけ触れる機会が多かったので、幼名や生まれた環境など、今回初めて知ることになった。また、後に将軍となって今の時代にも名を広く知られることになった彼が、身分の低いところからスタートしていたことも意外だった。しかし、だからこそ民に寄り添ったと今でも言われるような政策を考えたり、慕われていたのかも知れない。一話ではまだ子どもの源六。これからの成長を楽しみに思う。

第2話『お犬さま』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第2話 あらすじ
長男を亡くし跡継ぎに恵まれずにいた時の将軍・綱吉。綱吉の母である桂昌院は、いつまでも息子に子どもができず、また孫の鶴姫にも子ができないことで、次期将軍に対する不安と焦りを感じていた。そこで、発令されたのが「生類憐みの令」である。桂昌院の強いすすめによって綱吉が発令するに至った。最初は犬をかわいがる程度で済んでいたが、この生類憐みの令が、次第に社会にゆがみを生じさせることになる。一方、源六のもとには、一年前に嫁に行った姉が亡くなったという知らせが届き、源八は胸を痛める。
ドラマ「八代将軍吉宗」第2話 感想
母と離れ離れの生活は寂しいだろうからと、人形を送ってくれるような優しい姉の死。慣れないところへ大人の事情で連れてこられて、母と別れて暮らすだけでも辛いだろうに、大好きな優しい姉の死なんて、どれほど辛かったことだろうと思う。この時代は死が今よりもずっと身近で、助からない病気や事故も多かっただろうから、子どもの源六でも悲しみながらも、姉の死を受け入れて行ったのだろうと思うけれど。本当に子どもにとっては受難の時代だと思う。

第3話『将軍の娘』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第3話 あらすじ
源六はすくすくと育ち無事に元服の日を迎えることに。源八から「新之助」と名を改めることになった。しかし、元服を迎え、新之助になったというのに、以前と変わらず、粗野な行動の目立つばかりの新之助を、育ての親である「お常」は案じている。そこで、お常は実の母である「お紋」のところへ自ら訪ねて行って、どうにか新之助に会って話してみてはくれないかと伺うが、やはりお紋は首を横に振る。お紋が城への誘いを断るのはこれが初めてではない。だが、その行動が、実は新之助を傷つけていた。
ドラマ「八代将軍吉宗」第3話 感想
山田邦子さんが演じるお紋。こうと決めたら動かない、というお紋の性格が黙っていても伝わる良い配役だと思う。もう会わないと決めて別れた新之助に対しても、自分に対しても厳しく、本当は会いたいに決まっているのに、頑なに会わないと伝える場面では、こちらまで切ない気持ちになった。しかし、新之助も元服したとはいえ、まだまだ子どもでもあり「大好きな母が会ってくれない」=「自分に会いたくない」とそのまま考えてしまうのも無理はない。これから、少しでも関係が修復されるといいのだけれど。

第4話『殿様の子』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第4話 あらすじ
江戸で大火が起きてしまうも、新之助の兄・綱教の指示に従って、紀州藩邸も、順調に立て直しが進んでいく。また、新之助と母親の断絶していた関係も、少しずつではあるが、ゆっくり前進している。父親の貞光は、そんな新之助の成長をとても喜び、二番目の兄の頼職とともに、上洛することが決定する。頼職は、新之助の母親の身分の低さから、幼い頃は新之助のことも見下し、互いにケンカの絶えない仲であったが、今では、食事をともにでき兄弟としての会話も増えてきた。新之助は官位を与えられ「主税頭頼方」となり、名前も「頼方」と改めることになる。
ドラマ「八代将軍吉宗」第4話 感想
今回は、少しずつではあるけれど、お紋と新之助の関係が、母子として再生していく場面があり、温かく、ほっこりさせられた。また、兄たちとの関係にも変化が見られた。前は取っ組み合いになるほどの派手なケンカをしていたり、頼職は新之助の母親の身分が低いからとあからさまに見下していたけれど、今回は一緒にごはんを食べるシーンがあって、時の経過と、一緒に時間を過ごすうちに、兄弟として同じ目線で関係しあうことができるようになったのだなと実感させられた。

第5話『江戸の迷子』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第5話 あらすじ
兄の綱教、その妻の鶴姫との間に子どもができる。懐妊を喜んだ将軍が、わざわざ紀州藩邸まで足を運んでくれるということになった。将軍を迎えいれることは非常に名誉なことである反面、それ相応のもてなしを必要とするため金銭的な負担も覚悟せねばならない。紀州藩は、親類の吉良上野介に協力を頼み、将軍を迎え入れるための準備をはじめることに。もし、鶴姫の子が生まれれば綱吉の孫となり、綱教は時期の将軍になれるかも知れないと皆の期待は広がるばかりだが……。
ドラマ「八代将軍吉宗」第5話 感想
自分の子どもが次々亡くなっていき、最後に残った娘の鶴姫の孫が生まれるとなれば、綱吉の喜びようも分かる気がした。結果は、悲しいことになってしまったけれど、主人公の頼方にとっては、悲しいばかりでは終わらなかった。頼方は、鶴姫のはからいで将軍とつながりを持つことができた。今の日本では、十歳そこそこの子どもで、自分の権利の獲得や地位を高めるために頑張る必要など普通はない。頼方を見ていると低いところから脱しようと這い上がる強さを感じると同時に、先人たちがこうした日本を形作ってくれたことについて思うものがあった。

第6話『親の七光り』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第6話 あらすじ
次の将軍の座を狙った、御三家の駆け引きがいよいよ本格的にはじまることに。尾張家を筆頭という立場から、紀州家は綱吉の娘の婿を持つ立場から、水戸家は隠居となった光圀が、既に亡くなった綱吉の兄の子・甲府宰相綱豊を推す形で、御三家それぞれが時期将軍を狙う。隠密をおくるなど、日の当たらない場所での政争が静かに激しさを増す中で、頼方は参勤交代のため紀州に帰っていた。そこで、田畑で熱心に落ち穂拾いをする子どもたちを目にする。
ドラマ「八代将軍吉宗」第6話 感想
江戸時代は、戦乱の時代ではないので、この物語を見ていて、やや地味な印象を受けているけれど、日本の歴史上、権力争いは常に起っていたのだなと実感させられる今回。あからさまに人が死んだり、血が流れるということは少ないが、裏で巡らされる策略と「次の将軍を我が家から出すのだ!」という熱量のすさまじさ、なんとしても勝ち抜く執念は、刀での戦にも負けないものがあるように感じさせられる。その一方で、貧しい者たちにも目を向け思いをはせる頼方の姿に心が温まる。陰と陽の良いバランスで物語が成り立っていた。

第7話『草いちご』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第7話 あらすじ
尾張では、将軍との結びつきを強くしようと養女を迎えるもあっけなく亡くなってしまう。また続けて不幸が起きる。前藩主の正室が亡くなってしまったのだ。この正室は、三代将軍・家光の娘であったことから、将軍家との繋がりであった糸が続けざまに切れてしまうことに。一方、紀州家では、次男の頼職を江戸に置くことで、新しく藩主になった長兄の綱教を補佐させ、次期将軍への駆け引きをより有利に進めようと考えた。三男の頼方は出番なく、隠居する父とともに紀州へ向かうことになり、悔しい思いを抱く。
ドラマ「八代将軍吉宗」第7話 感想
頼方は三男だから仕方のないことなのだけど、いつの時代も、上の兄弟たちが活躍したり、親から自分より良いものを与えられたりということになれば、下の子は面白くないだろうなと思う。特に、この時代にあっては、長男は生まれながらにして最強の権利と地位を持つ。頼方の若さと、彼の性格では余計に受け入れることが難しいだろうなと思った。それでも腐らず、父の言葉に耳を傾ける素直さがあること、下々のものに向ける温かな目線は頼方の武器になっていくのだろうな。

第8話『綱引き』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第8話 あらすじ
年頃を迎えた頼方は、異性に興味を持ったり、ときに落ち込んだりと、感情の起伏に惑わされるも、母・お紋の存在によって励まされる。また、そうして悩みを語ることで、母との結びつきは、より確かなものになってゆくのであった。そんな中、次期将軍をめぐる争いの中で、尾張家が早くも事実上の敗北を迎える。また、水戸家は、甲府宰相綱豊を推すという考えに変わりはなかったが、肝心の豊綱本人には、次期将軍に対してそこまでの思い入れはない様子。尾張家は、水戸家に嫌がらせをするためにあれこれと裏で働くが、その動きがかえって綱吉の怒りを買ってしまう。
ドラマ「八代将軍吉宗」第8話 感想
裏でこそこそ悪いことをしているとろくなことにならないけれど、歴史ものの場合はそれが明らかにならずに事態がこじれることもあるので、ハラハラした。今回の場合は、尾張家の姑息なやり口を綱吉がしっかり咎めてくれたので、一安心。また、今でこそ「将軍吉宗」と語り継がれてはいるが、やはり子ども時代から思春期へと成長し、惑う時期があり、その悩みが今の子たちと変わらないことのように描かれていて、頼方のことをより身近に感じられた。そんな頼方の悩みも受け入れ、温かく話すお紋。良いお母さんだなと心温まる場面だった。

第9話『刃傷松の廊下』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第9話 あらすじ
尾張家の隠居・光友、水戸家の隠居・光圀が相次いで亡くなる。後ろからそれぞれの家の実権を握り、この次期将軍にも大きく関わっていた二人の隠居を失ってしまった両家。対する紀州家は、一気に有利な立場に。そして、紀州家は、綱吉の娘である鶴姫を通し、藩主・綱教を再び江戸屋敷へ将軍御成を実現させることになる。だが、御成の四日前に、大変な事件が起こってしまう。江戸城内で浅野内匠頭長矩が、吉良上野介義に切りつけたという、刃傷松の廊下事件である。頼方は、親類である吉良上野介のもとへ、見舞いに訪れる。
ドラマ「八代将軍吉宗」第9話 感想
刃傷松の廊下事件、赤穂事件のドラマや小説を読んできた自分としては、やはりどうしても浅野内匠頭長矩が良い人、吉良上野介義は悪い人というような先入観があって、今回もそういう目で見てしまう部分があった。けれど、頼方にとっては親戚のおじさんの一人であって、見舞いにも行けば、将軍が訪ねてくるときにはお金を貸してもらったりして、それぞれに行き来や関係がある。本当に彼は、悪役だったのか。どういう人物だったのだろうかと、考えてしまった。

第10話『恋ごころ』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第10話 あらすじ
側用人・柳沢吉保は、綱吉から下げ渡された側室・染子が出産する。染子は、下げ渡される前は、綱吉の側室のなかでも特に気に入られており、特別に寵愛を受けていた。生まれた子どもは、吉保と染子との子に間違いはなく、その子どもは当然のことながら吉保の嫡男となるのだが、綱吉は納得がいかない。気に入っていた側室に男子が生まれたことを受け入れられず自分の子どもだと思い込み、「時期将軍にするのだ!」と駄々をこねて周囲を困らせる。
ドラマ「八代将軍吉宗」第10話 感想
もともと、将軍職を務めるには厳しい年になっていて、明らかに耄碌している様子が見られる将軍の綱吉。娘の鶴姫に対して、あんなにも愛情深い面を今まで見せてきたので、次期将軍となるはずだった息子が生きていたら、どれほど大事にしてかわいがったことだろうと思うと悲しくなる。また、子どものように騒ぎ立てる姿にも哀れみを感じてしまう。今後、綱吉には男の孫も子も生まれることがなく、ドラマでも今の頼方が後に将軍を継ぐことになるのだろうけど、そのときどんな言葉をかけるのだろう。

第11話『赤穂浪士』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第11話 あらすじ
頼方が初めて恋をした相手は、兄・頼職のお付きになる予定の娘・須磨であった。しかし、頼方の側近・久通のはからいによって、頼方は須磨のことを側室として迎え入れることに成功する。その頃、江戸では赤穂浪士たちが吉良上野介の家に討ち入りに……。頼方の親類であった吉良は、その事件で命を落とす。儒学者の荻生徂徠は、浪士たちを擁護するも、林信篤は厳しく罰するべきと訴えるも、結局、赤穂の浪士たちは切腹を命じられる。これに対し、上杉家は赤穂に復讐すると激怒するも、紀州家は関わりを持たずに次期将軍の争いに専念する。
ドラマ「八代将軍吉宗」第11話 感想
運だけで将軍にまでのし上がったのではないともいわれる吉宗。まだ将軍への道は、今の段階では見えてはいないものの、好きになった娘をうまいこと仕組んで自分のところの側室にしてしまうんなんて、やっぱりこの辺りから、既に「運」以上のものを備えていたということだと思う。また、紀州家も、上杉家の誘いには乗らずに、淡々と次期将軍をとりに行くために備えを続ける辺り、やはりなるべくして紀州家はこの戦いに勝っていったのだなと思った。

第12話『鶴姫の死』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第12話 あらすじ
ある日、水戸家の綱豊と、紀州家の綱教がすれ違った際に、綱豊側が無視をするという事件が起こる。水戸家は、綱豊のほんの気まぐれのようなもので、別段気にすることはないというが、この事件をきっかけに水戸家と紀州家に表立って亀裂が入ることとなってしまった。そんな折、尾張家から前藩主の妻・本寿院が大奥へやってきて、まだ幼く力のない現藩主を後押ししてくれないかと頼む。一方、綱教と頼職が紀州を訪れている間に、江戸では大火と大地震が一度に起り、紀州邸は焼け落ちてしまう。そして、鶴姫は体調不良にみまわれていた。
ドラマ「八代将軍吉宗」第12話 感想
幼いころから頼方に目をかけて可愛がってくれていた鶴姫の死が、とても悲しい。鶴姫を亡くしたことで、将軍との繋がりも薄まってしまうことになるのだが、それ以上に、しっかり者で優しい鶴姫が消えてしまうのは、紀州家にとって辛い出来事だと思う。実の姉のように慕っていた頼方も、また夫婦仲のよかった綱教も、一人娘を失った綱吉も、次回でそれぞれの悲しみの描写があるのだと思うと、こちらまで辛く、悲しい思い。今回の本珠院などを見ていると、やっぱりこういう人ほど長生きするのだろうなと思ってしまった。

第13話『紀州の悲劇』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第13話 あらすじ
鶴姫が亡くなったという知らせは、将軍・綱吉の耳にも届く。最後に残された子すらも失うことになり悲嘆にくれる綱吉、そして大事な孫を失ったショックで桂昌院は、急に頭の働きが衰え、呆けてしまう。綱吉は、ようやく次期将軍について一つの決断をする。綱豊を養子とすることに決めたのだ。将軍の後継者争いは、これにて決着がつくこととなり、紀州家はこの御三家の争いに負けた。鶴姫を失ったことに加えて、今までの苦労が全部無駄になり、綱教も頼職も自暴自棄に。その後、参勤交代で紀州で戻る途中、綱教は病に倒れてしまう。
ドラマ「八代将軍吉宗」第13話 感想
鶴姫の存在に、みんなが支えられ、このバランスが守られていたことが分かった今回のお話。かわいい孫であった鶴姫が亡くなり、孫と同時にひ孫に会うこともできなくなってしまったことは、やっぱり大きなショックだったのだと思う。そして、今回は鶴姫に続いて夫の綱教までもがあっけなくこの世を去ってしまった。最後、頼方に対して切々と話す綱教の姿が、胸が痛いほどだった。優しく穏やかなお兄さんで、本当に素敵な人だったと思う。史実とはいえ、こんなに早く綱教・鶴姫夫婦が退場してしまうのは寂しい。

第14話『出世街道』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第14話 あらすじ
頼りにしていた綱教を亡くしたことで、大きなショックを受ける光貞。紀州家の後継者問題が持ち上がり、順番としては頼職に、というのが正しい順ではあるのだが、やけを起こして乱れた生活を送る頼職にはとても任せられそうにない。幕府から使者がやってきて、後継者について聞くが、高齢な上に綱教を亡くしたことも影響し、光貞はうまく言葉が出ない。そんな窮地に、頼方がとっさに代理人として発言し、どうにかその場は切り抜ける。結果的に、次期藩主は頼職がつとめることとなるが、この頼職もまた、間もなく亡くなってしまう。
ドラマ「八代将軍吉宗」第14話 感想
折に触れて頼方に大事な言葉をかけ、育て見守ってきた光貞もいよいよ年には勝てず、そこに追い打ちをかけるように息子が亡くなってしまって、かつての勢いもない。鶴姫が亡くなってから辛い展開が続いている。そんな中、なんとなく前回から、気のいい親戚のおっちゃん風だった頼純も怪しい感じの部分が出てきている。次々と身内を亡くしている頼方にとって本来一番頼りたい人ではあるけど、頼り切ると危険な感じもする。機転が利いて、相手に自分を認めさせる頼方の優秀な面が今回は光っていた。

第15話『花嫁教育』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第15話 あらすじ
頼方は、綱吉から一文字をもらい、新しい名を吉宗とすることに。そして、正式に紀州藩主となった。藩主となったことで、藩主にふさわしい妻を娶ることになり、光貞の正室・天真院の姪である理子がやってくる。須磨に義理立てしようと理子とは距離をとる吉宗だが、やがて理子とも情を通わせることとなった。一方、正式に将軍の養子となった綱豊は、家宣と名を改める。江戸城の家宣のもとには、大名たちから多くの貢ぎ物が届いていた。綱吉の側用人である柳沢吉保も、家宣に献上品を贈るが、家宣は吉保を警戒しつつ、適度な距離間での付き合いにとどめる。
ドラマ「八代将軍吉宗」第15話 感想
考えてみると、側室制度というのは女性にとってとんでもない制度で、現代の日本では特に女性側の共感を得るのは難しいことなんだろうけれど、それでも世継ぎを残せない綱吉みたいな場合もあり、名前を継いでいくための手段の一つだったのだろうな。吉宗は、このドラマでは情がある人のように描かれているから、須磨のことも理子のことも、言葉通り大事にしていくのだと思う。新しい将軍は決まったけれど、綱吉とは違って、吉宗とは相いれそうにない感じ。私もあの人の下で働きたいとは思わない。

第16話『はだか大名』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第16話 あらすじ
相次いで藩主を亡くしたために葬儀が続いた上、長年の御成御殿の造営によって、紀州藩の財政はひっ迫していた。そこで吉宗は、久通と、大名や商人などに顔が広い有馬氏倫を御側御用取次とする。お互いをライバル視しながら、ともに財政再建案をすすめていく二人。一方で、まだ将軍として身を置いている綱吉だが、娘と母を亡くし、その身には明らかな衰えが目立ち始めていた。養子となった家宣は、側室が懐妊し、後の跡継ぎの心配はないように思われたが、せっかくの男児もすぐになくなってしまい、子宝に恵まれない日々が続く。
ドラマ「八代将軍吉宗」第16話 感想
やはり昔も財政には苦労したのだなと、頭を悩ませる吉宗を見ていて思った。昔と違うのは、当時は上の意見で割と自由に役職を決められたことだろうか。透明性や平等性からいえば今の選挙やなんだというやり方になるのだろうけど、優秀な人間を直接上の人間が選んで使命できるというのは、合理的だし無駄が無いように感じた。まあ、上に立つ人間も優秀であることが大前提になるが。頼もしい吉宗とは逆に、登場当時は元気だった綱吉が、あきらかに老いていく姿が悲しい。

第17話『綱吉の薨去』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第17話 あらすじ
宝永の大噴火のため、大名たちに負担金を課すという知らせが届く。相変わらず財政が厳しい紀州藩。吉宗は、将軍に直に会いに行き、負担金の減免を頼みに行くことに。そこで綱吉は、吉宗が質素倹約と質実剛健を目標に、華美に着飾ることを戒めた生活を心がけていることを知ると、感心して「そちのような息子が欲しかった」との言葉をかける。町の人々や大名たちが、新しい将軍に期待をかける中、綱吉は寂しい気持ちを紛らわすため、養女をとる。かつての権力者であった綱吉、養子となった家宣もそう若くないことから、吉宗は自分にも機があるのではと考える。
ドラマ「八代将軍吉宗」第17話 感想
大火や大地震、今回は大噴火と、平和だとされていた江戸時代も、やっぱり天災には悩まされていたのだと知る。負担金の減額なんて言いにくいことだろうに、直談判に向かう吉宗はやっぱり魅力的に映る。また、とても自然に「自分の息子だったら」と目を細める綱吉が、切なくて仕方なかった。綱吉については、子煩悩で愛情深い姿や、それが伝わる場面が多く描かれていた。歴史の授業では「生類憐みの令」を出したことで犬公方と呼ばれたなど、不名誉な記載があったことを覚えているが、少なくともこのドラマ内では綱吉の血の通った人間らしい部分をしっかり描いており、それは十分に伝わった。

第18話『報復人事』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第18話 あらすじ
綱吉が亡くなり、いよいよ六代将軍・家宣が誕生する。家宣は将軍になった途端、綱吉の遺言に逆らって生類憐みの令を撤廃、綱吉が信頼していた家臣たちも次々に元の大役から外していった。吉保にだけは、こっそりと隠居をすすめ、吉保も本意ではなかったが、時世を読んで家宣の言葉に従い隠居することとなった。家宣の打ち出した政策は大衆にも受け入れられ、人気を得ることに。家の問題を抱えながらも、将軍に謁見した吉宗は、早く子どもを作るように言われ、不快な気持ちを抱くのだった。
ドラマ「八代将軍吉宗」第18話 感想
仕方のないこととはいえ、綱吉の退場も寂しい気持ちにさせられた。さて、代わりに将軍として張り切っている家宣なのだけど、私はあまり好きになれない。主人公の吉宗も、彼に対して綱吉ほどの思い入れはなく、今後もそうはならないように感じる。でも、民というのは、私もそうだけれど、常に変革を望んでいる。それが今回のように分かりやすく「減税」なんて言われたら、すぐに多くの人は支持派にまわるだろう。家宣は、最初にやり口としてはうまくいったようだが、今後はどうだろうか。

第19話『名君づくり』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第19話 あらすじ
将軍・家宣は、江戸にやってきた太閤・近衛基熙を迎え入れる。近衛基熙は、家宣の正室の父親であり、家宣は義理の父親から助言をもらうことで、江戸城の風習などをあらためていきたいと考えている。しかし、これに対して吉宗は、家宣の望みを推し進めていくと、公家のように軟弱化した体制になってしまうのでは?と、内心危惧する。参勤交代で吉宗は江戸を離れることに。五年ぶりに藩主となって戻った吉宗は、懐かしい顔に会うが、一方で養父の衰えを目の当たりにし驚く。また、正室・理子の流産の知らせを受けるなど、気が休まるときがない。
ドラマ「八代将軍吉宗」第19話 感想
家宣の目指すところも分からないではない。けれど、この時代に吉宗が、公家化・軟弱化を案じるのは、自然なことだと思う。実際、そうして時代ごとに少しずつ変わっていた結果、最終的に将軍の治める時代は終わってしまうのだから。吉宗は、本当に先のこともよく見えていて、考えていたのだなと思う。だが、女関係については最初に話していたより、弱いようにも思う。理子は自分のことを大事にされていないと感じていたし、今回のことでも須磨にすぐ気持ちがいってしまうし。その辺の軽さは、あまり好きになれない。

第20話『論争の鬼』

動画サイト
ドラマ「八代将軍吉宗」第20話 あらすじ
参勤交代の列に加わり、江戸へやってきた須磨。吉宗と仲睦まじく過ごし、やがて懐妊。はじめての我が子の誕生を心待ちにする吉宗。一方、家宣の側室にも、再び懐妊の知らせがあるも、やはり生後間もなく、亡くなってしまうことに。そして、紀州では、叔父の頼純が、病に臥せってしまう。病床の頼純は、吉宗に、嫡男・頼雄の廃嫡について、真実を語る。吉宗の兄・頼職が亡くなった後「頼雄を新たな藩主に」と推す一派が存在していたこと。また、実は頼雄はその話には関係がなかったのだが、頼雄も関わっていると勘違いした頼純が、頼雄を廃嫡にしてしまったのだという。
ドラマ「八代将軍吉宗」第20話 感想
子どもができた、生まれるというだけでも少なく、生まれた後でさえ長くは命が続かないことが多く、医療や妊娠の知識が十分でない時代、命を守り繋いでいく苦労が伺える。また「子宝」という言葉に、一層の重みを感じさせられる。今回、ときどき出てきては場をなごませることの多かった頼純も亡くなってしまうことに。嫡男として大事に育ててきた子を廃嫡するなんてよっぽどのことだと思っていたが、まさか親子の勘違いと行き違いからのことということが判明して、何とも言えない気持ちになった。史実では、頼雄は非業の死を迎えるようだが、この話を聞かされた吉宗はどう彼と関わっていくのだろうか。

今回は、全48話のうち20話まで紹介しました。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「八代将軍吉宗」の動画は1部だけ切り取られた動画しかアップされていないのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「八代将軍吉宗」の視聴が可能ですので、続きが気になる方、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「八代将軍吉宗」のあらすじと見どころ

紀州藩主である徳川光貞の四男として生まれた「源六」(後の吉宗となる)。母・お紋の身分の低さから城に住むことは許されず、生まれたのちも家老の家で育てられることとなったが、兄の次郎吉が亡くなったことから、源八に声がかかることに。源六に期待をよせる父や、育ての母であるお常に見守られながらも、五歳で実の母が傍にいない環境にさみしさを感じ、自分の存在に後ろめたさを感じながらも、ひとりでは抱えきれず、つい乱暴な行動やいたずらでまぎらわそうとしてしまう源六。だが、そんな源六も元服し新之助、頼方、そしてよく知られている「吉宗」の名を得るまでに、様々な人々との出会い、出来事を重ね、後に数々の別れも乗り越えながら、将軍へとのしあがっていく。

ドラマ「八代将軍吉宗」の出演者や主題歌

徳川吉宗:西田敏行
徳川光貞:大滝秀治
お紋:山田邦子
徳川綱吉:津川雅彦
徳川家宣:細川俊之
桂昌院:藤間紫
鷹司信子:松原智恵子
加納久通:小林稔侍
有馬氏倫:すまけい
徳川宗春:中井貴一
徳川光友:根上淳
徳川光圀:長門裕之
徳川綱條:山本圭
土屋政直:名古屋章
柳沢吉保:榎木孝明
柳沢吉里:森田剛

放送月日:1995年

テレビ局:NHK

ドラマ「八代将軍吉宗」の見所や感想

40代女性
今までいくつか時代物のドラマを見たり、小説を読んでいると、生まれながらにして上を目指そうという場合「次男」であっても、進む道はかなり険しく難しい場合が多いように感じていた。吉宗の場合は、スタートが「四男」の上に、母の身分が高くないという生まれた時点から多くを期待できない位置にいた。にも関わず、ときに兄たちとの待遇の差に腐りかけそうになっても、賢さと運、周囲に助けられ、着実に出世の道を上っていく吉宗。時代のせいか、そういう星回りのせいか、兄たちや姉、義理の姉、父を見送り、皆の遺志を汲む姿を見せながらも、悲しみにくれてばかりはいない逞しい吉宗の姿勢には、いつの時代も求められるリーダーとしての資質を感じる。また、父や母の言葉に耳を傾け、また自分の思いも打ち明け、自分の糧とするような素直さや、役職や身分にとらわれない人の見方・物の考えをする柔軟さといった彼の魅力が物語のあちらこちらに、ちりばめられている。
30代女性
この作品を見なくても徳川吉宗のことはすでに知っているつもりでしたが、それは将軍になってからの功績だけだったようです。吉宗のイメージである快活で皆に優しいイメージも、苦労なく育ったことによる素直さと勉学に励み才に恵まれたことが理由なのだと勘違いをしていました。本来であれば紀州家を継ぐことすらできない立場にいた人物が将軍に昇り詰めた姿を見ると、物語の中でも言われていたように個人の才覚ではなく天に選ばれた人物だったのかもしれません。
そして、この作品には彼の輝かしいところだけでなく苦しみも描かれています。幼少期にうけた扱いもその一つですが、最も苦しんだのは次期将軍を誰にするかでした。徳川家のルールと決められている嫡男と優秀な弟のどちらに後を継がせるべきかをずっと迷っていました。その選択には、彼の父親としての顔と将軍としての顔の両方が見え苦悩の深さは計り知れません。
吉宗が将軍としてどんな決断下すのかを楽しみして最後まで作品をご覧ください。

関連動画

喰いタン
PU-PU-PU-
平清盛
ハロー張りネズミ
リスクの神様
毛利元就
零のかなたへ〜THE WINDS OF GOD〜

まとめ

ドラマ「八代将軍吉宗」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

時代劇での演技力の高さも評価されている森田剛さん。こちらの作品が森田剛さん時代劇出演の1作目です。

ドラマ「八代将軍吉宗」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴