ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|デカワンコの動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「デカワンコ」は2011年1月15日から2011年3月26日に放送されていた元NEWSの手越祐也さんが出演しているドラマです。

ゴスロリ大好き新人刑事の花森一子(多部未華子)と組むことになった桐島竜太(手越祐也)。
最初は迷惑がっていた桐島竜太(手越祐也)だが、一子のたぐいまれな才能を認め、徐々にいいコンビとなりさまざまな事件を解決してくストーリーです。

この記事では、手越祐也さん出演ドラマ「デカワンコ」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「デカワンコ」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「デカワンコ」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「デカワンコ」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「デカワンコ」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月10日の時点の情報)

ドラマ「デカワンコ」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「デカワンコ」を全話無料で視聴することができます。

「デカワンコ」だけでなく、「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」「ヤマトナデシコ七変化」「しゃばけ第一弾(しゃばけ)」「ガチバカ!」など他の、手越祐也さん出演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「デカワンコ」の動画を無料視聴

ドラマ「デカワンコ」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「デカワンコ」の動画を無料視聴

「デカワンコ」以外の手越祐也さん出演

  • 「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」
  • 「ヤマトナデシコ七変化」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「デカワンコ」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「デカワンコ」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「デカワンコ」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「デカワンコ」だけでなく、「マイボスマイヒーロー」「ヤマトナデシコ七変化」などの手越祐也さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「デカワンコ」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「デカワンコ」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされていても画質が悪かったり話数が飛んでいたり、またこれらの動画は今後削除される可能性が非常に高いです。

今すぐ「デカワンコ」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪
違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「デカワンコ」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「デカワンコ」の各話のあらすじと感想

「デカワンコ」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「デカワンコ」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『ライバルは警察犬』

動画サイト
ドラマ「デカワンコ」第1話 あらすじ
殺人捜査官13係で刑事として仕事を始めて1ヶ月が経った花森一子、通称ワンコ(多部未華子)はゴスロリの格好をして人生初の殺人事件の犯人を捜す事になります。同僚の6名と共に犯人を捜し、被害者が殺害された現場を見てみるとビルから突き落とされた事がわかり、捜査を開始します。鼻が犬並みに効くワンコは、検証現場で警視総監の松田洋雄(伊東四朗)の匂いが付着した手すりを発見します。ワンコは総監に会いに行き、衝撃的な事実を聞かされることになります。それは13係の中に暴力団へ情報を漏らしている人間がいるということ。また、その人物こそが殺人事件を起こした犯人である事を知るのです。事実を知った後、同僚6人の尾行を始めます。一旦は皆、潔白であるとワンコは思ったが、同僚2人が暴力団の1人を連行し、刑事からの情報漏洩について問い詰めたところ自白しました。日頃から情報交換を行なっているカフェに行き、そこで情報漏洩の証拠を手に入れます。鼻が効くワンコはその紙切れの匂いから、ついに犯人を突き止めるが・・・
ドラマ「デカワンコ」第1話 感想
まず初めに花森一子、通称ワンコ(多部未華子)の刑事としてあるまじき服装に驚かされました。本来であれば、スーツを着るところですが、ゴスロリの格好をして仕事をこなす姿は異様でした。しかし、ストーリー展開は視聴者が自然と釘付けになる内容であり、ワンコが所属している殺人捜査官13係の中に殺人犯が紛れている事が発覚します。それからワンコが同僚を一人ずつ尾行していきますが、どの刑事も怪しい行動を取っており、そこから推理していく様子が純粋に面白かったです。また、ワンコの鼻の良さを警視総監以外理解できていない事から出て来る会話のすれ違いも視聴者の笑いを誘います。

第2話『狙われた婦警さん』

動画サイト
ドラマ「デカワンコ」第2話 あらすじ
平和な日常が訪れる中、ワンコの同僚である重村完一、通称シゲ(沢村一樹)と小松原勇気、通称コマ(吹越満)は意見の相違によりいつも通り喧嘩をしていました。しかし、ワンコが小学校教諭の杉田一郎の遺体の第1発見者になる事で、いつも通りの日常から非日常へと変わってしまいます。遺体発見後、すぐに捜査が始まりワンコは鋭い嗅覚で血の付着したナイフをエセ英語を使用するデューク・タナカことデューク(水上剣星)と発見します。同時刻に名警察犬ミハエルは犯人の匂いを辿って小学校に到着したものの、多くの人が在籍する学校では犯人を特定することが出来ませんでした。ところが、13係で聞き込みを行い、犯人と思われる数名が浮上してきました。中でもアリバイ工作をしていた教員、佐久間が犯人だと思われたが、人妻と密会している裏が取れ、捜査が振り出しになります。しかし、鼻の効くワンコが真犯人の手がかりを得ることで、捜査は一気に進展をしていきます。
ドラマ「デカワンコ」第2話 感想
ワンコが遺体を発見してから捜査をする際、名警察犬のミハエルと勝負する場面があります。中々普段見る事のない戦いでしたので、シュールな光景ではありましたが、滑稽すぎて自然と笑いが込み上がってきました。ワンコとミハエルが真剣勝負している中、水上剣星演じるデュークの気の抜けたエセ英語が1人と1匹の勝負に水をさす場面があり、肩の力を抜いて視聴する事が出来ました。第2話では、犯人がサイコパス的思考を持っており、意中の人を永遠に自分の物にする為に殺害計画を企てる話でした。犯人の狂気的な演技に圧倒されたのは勿論の事、沢村一樹演じるシゲが、その狂気的な犯人に物怖じせず事情聴取している姿は刑事そのものでした。

第3話『新婚ラブラブ作戦』

動画サイト
ドラマ「デカワンコ」第3話 あらすじ
ワンコがオフの日に強盗殺人事件が起こり、緊急招集されます。被害者はお店の店長の斎藤で、加害者2名は200万円を盗み逃走を図りますが、事件が起きてすぐに加害者の岡田が逮捕されます。岡田は、店長を刺したのも現金を盗んだのも共犯者の中村であると供述したため、中村の身辺調査が始まります。中村と関わりのある元妻、新しい恋人等を調査する事になりました。ワンコと桐島竜太、通称キリ(手越祐也)は中村の元妻を調査するため近くのアパートを一室借りて調査をします。中村の元妻には娘がおり、誕生が近い事をワンコが娘本人から聞き出し、直接プレゼントを渡しに来る事を確信してその日を待ち構えていました。ワンコが予想した通り、中村は元妻と接触してきましたが、取り逃がしてしまいます。中村を取り逃し謹慎を言い渡されてしまったワンコとキリは、どのようにして事件を解決させるのでしょうか。
ドラマ「デカワンコ」第3話 感想
キリ演じる手越祐也とワンコの義理の恋人設定で犯人を追う時のコミカルな掛け合いはクスッと笑えました。また、ワンコをライバル視しているキリが足を怪我しているワンコを背負って事件を解決しようとしている姿を見て、事件を解決したいけれどワンコに協力したくない心の葛藤が見てとれてもどかしい気持ちになりました。しかし、キリの優しい一面が見られてなかなかいいコンビとも思いました。キリが子供の前で親を逮捕するかしないかって時に犯人をその場で逮捕せずに自主するよう求めていて、素直にかっこいいなと目を奪われました。

第4話『嘘ってどんな匂い』

動画サイト
ドラマ「デカワンコ」第4話 あらすじ
撲殺事件が起こり、被害者の川辺は花瓶で殴られた事により死亡した事が判明しました。不可解な事に凶器の花瓶は持ち去られていましたが、犯人のマフラーが残されていたのです。川辺と関係があった鈴木がワンコとシゲの尋問後すぐに「俺がやった」と自白したのです。しかし、ワンコは鈴木の取り調べ中の体臭の変化が気がかりになり、シゲはすぐに鈴木が自白した事に違和感を持ちました。鈴木の取り調べ後に、ワンコは持ち前の鋭利な嗅覚で凶器である花瓶を見つけ出します。やはりその花瓶には鈴木の指紋が付着しており、殺人犯である事が確定しかけました。けれど、鈴木の恋人と名乗る山本が現れ、山本は川辺との間に金銭トラブルがあり殺害したと供述した。すぐに解決すると見られた事件も、それぞれ犯行を自供する2人の容疑者によって、捜査は難航していきます。また、ワンコはこの取り調べ中の容疑者の体臭の変化が気がかりとなり、ずっと刑務所にいるガラに会いに行っていました。そこで、ワンコは鈴木と同じ体臭の変化がガラにも起こった事によりガラが嘘をついている事に気付きます。1話で起きた殺人事件には真犯人がいるのでは、と思うようになるのです。
ドラマ「デカワンコ」第4話 感想
ワンコの嗅覚の鋭敏さには毎度驚かされますが、今回の話の中で、殺人の罪で拘留されているガラが本物の犯人ではない可能性が出てきたため、ますます今後のストーリー展開が楽しみになってきました。第4話での事件は愛する恋人がお互いの罪を被ろうとした結果、捜査が難航する事件でした。その中で、恋人同士が相手を思うがゆえに行動している姿を見て、刑事ものの話ではありますが、感動しました。また、沢村一樹演じるシゲがあらゆる手を使って言葉巧みに取り調べをしている様子を見て、演技力の幅が多い俳優であることを改めて知りました。

第5話『前世は犬だった!?』

動画サイト
ドラマ「デカワンコ」第5話 あらすじ
和田純、通称ちゃんこ(石塚英彦)は以前より北風(兄)の落語を見に行っていました。北風の落語をわざわざ見に行っていた理由は、5年前に起きたスーパー強盗殺人事件に関係がある事をワンコと柳誠士郎、通称ヤナ(大倉孝二)が突き止めたからです。ちゃんこがその事件に異常なこだわりを見せる理由は、スーパー強盗殺人事件に関与している北風の弟が、ちゃんこが当時乗っていた車でスーパーから逃走してしまい刑事として、負い目を感じていたからです。更にその車には愛犬の白が乗っており、5年前からちゃんこはずっと探し続けていました。その為、北風(兄)をずっと監視していたのです。監視を続けていたある日北風の弟が兄へ連絡をした事がわかり、2人が待ち合わせた場所にワンコとちゃんこが向かいます。2人は北風(弟)を捕らえることが出来るのか、果たして愛犬の白はどうなっているのでしょうか。話の最後には、ワンコはガラに会いに行きますが、遂に面会を拒否されてしまい、ガラが何か隠している事をワンコは確信します。
ドラマ「デカワンコ」第5話 感想
まず初めに、石塚英彦が演技できることに素直に驚きました。食リポのイメージが強いので、本当に演技ができるのだろうかと疑心暗鬼が拭えないまま5話を視聴しましたが、動物を心の底から愛していることが伝わる演技で、素晴らしかったと思います。更に、自分の失態で犯人を取り逃がしてしまった負い目をひしひしと感じられる話でした。第4話でもガラの様子がおかしく、今回もワンコは面会を拒否されてしまい、ガラが殺人犯でない可能性が高まったのですが、真犯人がまだ誰かわかっていないため、非常に楽しみです。また、ガラが、真犯人を庇っている理由も気になります。

第6話『イケメン刑事は誰・お茶会ナウ』

動画サイト
ドラマ「デカワンコ」第6話 あらすじ
ワンコは、遂に門間次郎、通称ボス(升毅)からゴスロリの服装を注意されます。ボスがゴスロリの服装を嫌う理由はボスの娘であるちえみが幼いながらにゴスロリの服装を好きになり、その服装で外出する事を心配しているからです。親の予感は的中するもので、ゴスロリで外出していたちえみは工藤に後を付けられます。しかし、ちえみの後をつけていた工藤が何者かに殺害されてしまいます。幼いちえみには工藤を殺すことが出来ない為、真犯人は別に存在しているとワンコは確信します。工藤が殺害された現場では、ゴスロリの服装をした女性が逃走している姿を見たとの目撃情報が入りました。そんな中、工藤を撲殺した凶器と思われるコンクリートの匂いをミハエルが嗅ぎ、ゴスロリの為のお茶会が開催されるサロンドヤマテに行きつきます。サロンドヤマテにキリが従業員として潜入し、様々な情報を入手します。キリの仕入れた情報とワンコの得意な匂いを嗅ぎ分ける力で、ついに犯人を逮捕することに成功するのです。
ドラマ「デカワンコ」第6話 感想
個人的に今回の章で、手越祐也演じるキリが、潜入先で女装している姿を見て微笑ましくなりました。6話では、初めからゴスロリの女性が犯人であるという固定概念があったため、男の人が、ゴスロリの格好をして犯行に及んでいたと知り、騙されたと思いました。また、ワンコとミハエルがお互いにライバル視している場面があり、犬と人間がライバル関係にあること違和感がありましたが、設定としてはありだと思いました。ワンコは嗅覚が優れており、たまに大げさな演技をしますが、憎めませんし何だかミハエルとライバルでいいなと思っている自分がいます。

第7話『容疑者Xの逆ギレ』

動画サイト
ドラマ「デカワンコ」第7話 あらすじ
殺人犯として取り調べをシゲからされることになった山村は、被害者の塚本のアトリエに侵入し、絵画用ナイフで殺害した疑いをかけられます。しかし、塚本の殺害された時刻に山村はジュースのライブに参戦していたことを供述していた。そのため、ワンコ、ヤナ、ちゃんこ、キリは山村のアリバイを立証すべくジュースの半券5万枚の中から山村が所持していたもう片方の半券と合うものを探すことになりました。本来であれば、言葉巧みなシゲがものの数秒で犯人を自白させるが、山村は手ごわかったのです。山村は本当に犯人なのか、アリバイは立証されるのか、山村が塚本を殺害する動機はあるのか、ワンコたちは無事に事件を解決出来るのでしょうか。
ドラマ「デカワンコ」第7話 感想
今回の章では人間の心理に基づいた殺人事件であると感じました。思春期の子供に多い犯行動機だと思いますが、自分の好きなものを馬鹿にされ、カッとなって殺してしまうことは現実でもよく聞く話です。やはり、現実味のある話となると感情移入しやすくなり、犯人の考えている事に一部共感することができました。高額な値段で絵画を売られたことに犯人は怒っているのではなく、自分が好きのものを馬鹿にされたことに対して怒りの矛先が向いてしまう気持ちが非常によくわかりました。

第8話『コレって最終回!?』

動画サイト
ドラマ「デカワンコ」第8話 あらすじ
歌舞伎町でやくざが射殺され、ワンコとその同僚は捜査を開始します。やくざ会では有名な銀星会が絡んでおり、捜査は難航します。犯人はわからないまま、急にガラが中央警察病院に入院することになったとワンコの元へ情報が入ります。ワンコは、以前ちゃんこが大腸ポリープで中央警察病院で入院している時に警視総監の匂いがしたことを思い出し、ガラとの関係を暴こうとします。ほどなくして、歌舞伎町でやくざを射殺した犯人が見つかります。しかし、これだけで事件は終わりませんでした。実は、ガラが捕まった後も警察庁の情報が外部に流れ続けており、ガラ以外のスパイがいることが判明します。ガラは、その犯人を自分の手で捕まえようと病院から抜け出すのです。そして、弱みを握られたと勘違いされた銀星会と警察庁の内通者をガラは捕まえることに成功します。
ドラマ「デカワンコ」第8話 感想
1話からワンコが所属している殺人捜査官13係の同僚のガラが殺人犯として逮捕され、その真相が徐々に明らかになっていく話の展開が非常に面白いと感じました。ガラが捕まったあとも尚、外部に警察庁の情報が流れていることが判明し、見ている自分自身も真犯人は誰かと推理しながら見ていくのは楽しかったです。少し気がかりなのは、1話での殺害現場で真犯人の匂いをワンコが検知していなかったことです。今回の話で、ガラが悪意を持って被害者を殺害したわけではないことが明かされましたが、警視総監の話があまり出てこないため、事件との関係性があるのではないかと疑っています。

第9話『警察犬が喋った!?』

動画サイト
ドラマ「デカワンコ」第9話 あらすじ
冒頭から被害者はナイフで殺害され、ワンコとミハエルが現場に残っていた足跡の匂いから犯人の追跡を始めます。ワンコは、樋口の部屋にたどり着き、一緒に同行していたデュークが樋口をとらえることに成功します。同時刻にミハエルは何もない駐車場にたどり着きまたもやワンコに負けたと落ち込んでいました。ワンコは勝利を確信し、シゲに取り調べを任せていたが、現場の靴の跡は一致したものの、樋口が犯人である証拠が見つからず、釈放することになりました。樋口の供述から捜査に真犯人が浮かび上がり、ミハエルの追跡がきっかけとなって真犯人が逮捕されました。ワンコに負けたと落ち込んでいたミハエルでしたが、無事犯人逮捕に貢献して事件は解決します。
ドラマ「デカワンコ」第9話 感想
ワンコが飼っているトイプードルと意思疎通している姿を見るのは毎度驚かされますが、今回はついにミハエルの擬人化がワンコの夢の中に出てきており、不思議な世界観ではあるが刑事物語として成り立っており良い作品であると思っております。今まで、調子に乗っていたワンコですが、失態を犯してしまいます。今回この章で私は改めてワンコから「初心忘れるべからず」を学びました。ワンコは匂いだけで事件の真相に迫ろうとしますが、何よりも証拠が大事であることをガラに気付かされ、刑事として成長していると感じました。

第10話『愛と絆! 13係ラブ』

動画サイト
ドラマ「デカワンコ」第10話 あらすじ
ワンコは逮捕した犯人に「一生恨んでやる。」と言われショックを受けます。刑事は感謝されることが少ないとわかってはいたもののワンコにとっては相当なダメージでした。ダメージを受けてはいましたが、同僚と慰安旅行に行くことになります。数日間刑事であることを忘れて羽を伸ばそうとした矢先、ワンコは2年間逃走していた犯人の野々村に拉致されてしまいます。ワンコが拉致されている間に嗅いだ匂いを同僚に説明して、同僚たちはワンコを見つけることが出来ました。拉致されたことに憔悴しきっていたワンコでしたが、自分が仲間から信頼されていて、愛されていることがわかり元気を取り戻すのです。
ドラマ「デカワンコ」第10話 感想
今回はワンコの喜怒哀楽の表情が見られ、多部未華子の演技力の高さに驚かされました。更にワンコの嗅覚が大活躍し、仲間との信頼を勝ち取る姿を見ることができ、私まで嬉しくなりました。刑事はどうしても人から感謝されるより恨まれることの多い職業なので、そのことがよく描かれている話であると思いました。1話では、ワンコが特殊な捜査方法や服装をしており、全く同僚から信頼されていなかったが最後は打ち解けあうことが出来ており、安心しました。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「デカワンコ」の動画はアップされているものもありますが、画質も悪くいつ削除されるかわからないのが現状です。

また、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「デカワンコ」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「デカワンコ」のあらすじと見どころ

殺人捜査官13係で刑事として仕事を始めて1ヶ月が経った花森一子、通称ワンコ(多部未華子)はゴスロリの格好をして様々な殺人事件の犯人を捜す事になります。同僚の6名と共に犯人を捜査していく話です。鼻が犬並みに効くワンコは、その特性を生かしながら捜査に加わっていくが、時には匂いだけで解決しない事件があることを学びながら信頼できる同僚と成長していきます。同僚だけではなくライバルにも恵まれ、そのライバルと切磋琢磨しながら多くのことを学びます。様々な殺人事件を解決していく中で、警察庁から外部へ情報が流出していることが発覚します。すぐに犯人が見つかったとワンコを含めた殺人捜査官13係の人たちは思っていたが、実はこの事件はもっと根深く、ワンコの知らないところで歯車が狂っていくのです。

ドラマ「デカワンコ」の出演者や主題歌

花森一子:多部未華子
重村完一:沢村一樹
桐島竜太:手越祐也
門馬次郎:升毅
柳誠士郎:大倉孝二
デューク・タナカ:水上剣星
青木琴美:渡辺直美
和田純:石塚英彦
田村和正:田口トモロヲ
小松原勇気:吹越満
五十嵐太一:佐野史郎
松田洋雄:伊東四朗

主題歌:まきちゃんぐ「愛と星」

放送月日:2011年

テレビ局:日本テレビ

ドラマ「デカワンコ」の見所や感想

 

30代女性
面白くて可愛く、ライバルは警察犬という一子が天然で良かったです。犬並みの臭覚がありそれを頼りに、事件を解決していくところが面白くて見やすかったです。笑いもあり、感動もあり最終回になるのが少し寂しかったぐらいです。最終回では、皆で慰安旅行に行くのですがいちご狩りをするシーンではEXILEのChoo Choo TRAINのようにしていちご狩りをしていたり、鼻が利かなくなり焦るのですがそれは、花粉症なだけとツッコミ要素が多くそれでいてみんな仲間思いで一子が居なくなり必死に探して一子から連絡があると安心したりと見ていてほっこりしました。また、一子の部屋や髪型が可愛かったです。第一話から最終回まで、楽しく見れました。
20代女性
まずは登場人物のキャラクターが濃いです。主人公の多部未華子さん演じる花森一子は刑事でありながらゴスロリを着ています。それがとっても似あっていて、毎回今日はどんな格好をするだろう?と楽しみになっています。普通ならゴスロリ刑事みたいな設定にしそうなところ、ゴスロリに関係なく、鼻が犬並みによく効いてそれで事件を解決するというのが斬新で面白いと思います。デカワンコというタイトルも一子と犬のワンコがかかっていてよく考えられているなと思いました。一話で仲間の刑事が逮捕されるというありえない展開からスタートし、しかもその事件がその後のストーリーにも関係しています。毎回愉快な?というのはあれかもしれませんが面白い事件があります。刑事ドラマといえば愛憎や復讐などシリアスな展開が多くなり、暗い印象ですが、全体にコミカルに仕上がっています。それでいて事件の内容はしっかり考えられているので満足感があります。刑事なのにお相撲さんみたいな体格の人がいたり、取り調べのおとしのプロがいたり展開がいつも読めずに面白いです。
20代女性
多部未華子の演じるキャラクターのように嗅覚が良かったら、本当に警察犬いらないだろうなと思いました。独特のロリータファッションの多部未華子は、似合っていて最高に可愛かったです。このドラマを見た女の子たちは、一度は真似したくなってしまうこと間違いなしです。他のキャスト陣も豪華で、こんな職場で働けたらこれまでにないくらい幸せになれるのにと妄想してしまうくらいです。優しい上司に囲まれた職場は憧れます。くだらないのに笑えてしまうので、毎回とても楽しんで観ていました。ドラマで使われる音楽は、ストーリーやドラマの雰囲気にぴったりマッチしていて良かったです。この作品の良さを際立たせてくれていました。ドラマを観てから何年も経ちますが、今でも音楽を覚えていて時々鼻歌を歌ってしまうくらいです。原作コミックを読んでいない人でもしっかり楽しめる作品だと思うので、まだ観ていない人はぜひ観てほしいと思います。手越祐也ももちろん良い演技をしています。

関連動画

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー
ヤマトナデシコ七変化
ガチバカ!
氷点
しゃばけ 第一弾「しゃばけ」
しゃばけ 第二弾「うそうそ」

まとめ

ドラマ「デカワンコ」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

ゴスロリ大好き、嗅覚が犬並みに優れている主人公、殺人捜査第13係で繰り広げられる人情味あふれるドラマ「デカワンコ」。

刑事ものなのにどこかコミカルな作品なので、普段刑事ものを見ない方にもおすすめ。

また、普段バラエティー番組で活躍している手越祐也さんの別の一面も見れるので、ファンにはたまらない作品です。

ドラマ「デカワンコ」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴