ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|ブラザーズの動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「ブラザーズ」は1998年4月13日から6月29日に放送されていた元SMAPの中居正広さん主演ドラマです。元タッキー&翼の今井翼さんも出演しています。

中居正広さん演じる兄に劣等感を抱き、仕方なく実家の住職を継号とする男性が、木村佳乃さん演じるお寺のお手伝いさんとしてやってきた天真爛漫な女性、服部ナナが起こす数々の事件を乗り越えながら、お互いかけがえのない存在になっていく姿が描かれています。

この記事では、中居正広さん出演ドラマ「ブラザーズ」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ドラマ「ブラザーズ」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「ブラザーズ」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「ブラザーズ」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月15日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「ブラザーズ」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。

ドラマ「ブラザーズ」の動画を無料視聴

ドラマ「ブラザーズ」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「ブラザーズ」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「ブラザーズ」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「ブラザーズ」の動画がアップされているか調べてみましたが、確認できませんでした。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「ブラザーズ」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 取り扱いなし
Amazon 取り扱いなし 取り扱いなし
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 取り扱いなし

主要なネット通販3社では、ブラザーズのDVDの取り扱いはありませんでした。

DVDの取り扱いがなく、配信しているサイトもなく残念ですが、ここでどのようなストーリーだったかあらすじや感想をまとめてみました。

ドラマ「ブラザーズ」の各話のあらすじと感想

「ブラザーズ」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「ブラザーズ」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『甘い恋の予感…坊主だってキスをする!』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第1話 あらすじ
藤原真心・「ジン」は、4人兄弟の次男坊。優秀で実業家をしている兄である真文・「ブン」と自分を比べて劣等感を抱いているが、夢だったスポーツライターになる夢もあきらめ、しかたなく家業である住職を継ぐことを漠然と考えていた。そんなある日のこと、真文は万引きしたところを追われている「服部ナナ」という女性と知り合う。ナナは、藤原家でお手伝いとして住み始めることになる。天真爛漫で明るいナナだが、おっちょこちょいな一面があり事件を呼び込むことになる。
ドラマ「ブラザーズ」第1話 感想
SMAPや、司会業ではその場やメンバーを引っ張って、器用にまとめる力もある中居くんが、急にあらわれた女の子にドギマギして、振り回される姿がかわいい。また、明らかな成功者である中居くんがジンとして役に入ると、なんとなくしょぼくれた普通の若者に見えてしまうのも面白い。いかにも作りこんだという感じはなく、自然な演技で見せるという形が中居くんらしく、またキャラクターを身近に感じながら見られた。

第2話『募る恋心 三角関係の始まり』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第2話 あらすじ
ある日、お寺の室内に火のついたままのタバコが落ちているのが発見された。ナナは、そのタバコが高校生の真雄が吸ったものだと気づいて、真雄をかばうため「自分が吸った」とウソをつく。ナナのウソに勘付いたジンは、彼女をきつく叱りつける。そんなある日、兄の真文がプロデュースしたという店のパーティーに招待されることに。そこで、彼らは思いがけずナナの意外な姿を目にするのだった。
ドラマ「ブラザーズ」第2話 感想
ナナの優しさをあえて厳しく叱りつけるジンに、素の中居くんの厳しくもやさしい一面が重なって見えた。お父さん役の原田芳雄さんもかっこよく、画面に出てこられると、全体が引き締まって感じる迫力、存在感がある。父と子の間には、なにか理由があるようで、次男のジンをなぜか跡取りにしたいという意思がくみ取れる。それはなぜなのか、まだ分からないが、登場人物が豪華なので、ドタバタコメディに留まらない話の掘り下げを期待する。

第3話『深まる絆 俺たちが守ってやる』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第3話 あらすじ
藤原家のお手伝いとして働く前、なんとナナはショーパプで働いていたのだということが明らかになる。真文は知っていたようだが、その事実をはじめて知ったジンは明らかに動揺し、ショックを受ける。結構な稼ぎがあったようだが、ショーパプでの給料をなにに使ったのかをナナは頑なに言わない。そんな折、真愛と遊んでいたナナがケガをしてしまう。だが、ナナはなぜか病院へは行かないと話す。
ドラマ「ブラザーズ」第3話 感想
ショーパプで働いてお金を稼いでいたというナナ。ナナみたいな女の子が、そんなところで必死に働かなければならないというのは、ジンでなくても胸が痛くなる事実だった。また、その理由を話さないナナの様子が切なく感じた。ナナが、藤原家でやさしい男性たちに囲まれながら、傷をいやしてくれるような展開になるのだろうか。ジンの素直でまっすぐな性格、ナナへの接した方にほっとさせられる。

第4話『すれ違い 悲しい衝突の始まり』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第4話 あらすじ
ジンは、前の晩、自分の幼なじみで好意を寄せている礼子が、兄の真文と一緒にホテルに入って行くところを見てしまった。朝になってもジンの気持ちは落ち着かず、そわそわした様子で、あきらかにいつもと違う。自信家で仕事でも強く我を通すキレ者の真文に対し、ジンはコンプレックスを募らせていた。真文から「礼子に惚れてるのか?」と挑発されるも、ジンは何も言えない。ナナは、不器用ながらまっすぐな言葉でそんなジンを励ます。
ドラマ「ブラザーズ」第4話 感想
ジンにも良いところがあるはずなのに、本人は兄への劣等感を募らせるばかりで、見ていて痛々しく、また気持ちも理解でき、抱きしめてあげたいような切なさを感じる。弟である真雄が「なんで自分をかっこ悪いようにいうんだ!」と思い切り声を張り上げるシーンでは、一緒に加勢したくなった。それでも、なかなか自分に自信が持てないようだが、話が進むにつれて、ジンも自分の良いところに気付けるようになればいいなと思う。

第5話『決断の時 人生にifは無い…』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第5話 あらすじ
ブンは、独立して初めて「空間プロデューサー」としてデビュー。華やかなスタートを切り、ブン本人も満足している様子。誰も、彼の失敗など想像もしていない。その一方で、ジンは、礼子と会っていた。サッカーのワールドカップへ取材に行き、記事を書いてみないかと誘われる。元はスポーツライターを夢見ていたジン、うれしい誘いではあった。しかし、今の副住職の仕事にも未練があり、気持ちが揺れる。
ドラマ「ブラザーズ」第5話 感想
ごく自然に人に暖かい気持ちを分け与えることができる、そんなジンの良い面がにじみ出るようなあたたかさの伝わる回だった。ジンのよさをきちんと理解していて、かげながら見守るナナも良い子だなと思う。主役だが、ジン一人で突っ走っていくような展開ではなく、周囲のキャラクターが自然と絡み合って、成り立っている物語、ジンという存在に、やはりとても人間らしいぬくもりを感じる。

第6話『坊主なんてやめてやる! 衝撃の悲しい事実』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第6話 あらすじ
礼子から持ち掛けられた夢をかなえるチャンス、本当はスポーツライターとして活躍したいという話をなかなか家族に打ち明けられないジン。事情を知っているナナは、ジンに夢をかなえて欲しいと思う反面、やはりお寺から出て行って欲しくない、今のままの生活が変わらないで続いて欲しいという気持ちもあり、手放しでジンを応援することができない。スポーツライターの最終面接まで進んだジン。だが、試験当日、ジンの恩師の訃報が届く。
ドラマ「ブラザーズ」第6話 感想
中居くんというのは、こんなに美しい佇まいだっただろうかと、ジンの、お経をあげる姿を見ながら思うところがあった。伸びた背筋が美しく、まさに「真心(まごころ)」を体現しながらお経をあげる姿に、引き込まれるものがあった。また、家族とのやりとりを見ながら、ジンは一家のお母さんのような存在で、彼が家を出ていくということは家族の誰にとっても、またジン本人も現実としてあり得ないことなのだろうなと感じた。

第7話『出生の謎 せつない口づけ…』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第7話 あらすじ
ジンは、正式に寺を継ぐ決意をする。その決意を知り、父の住職も、兄の真文もホッとしてジンの選択を受け入れる。また、三男の真雄が、サッカーをまたはじめたいと話し、それを聞いたナナは自分のことのように笑顔で喜ぶ。一旦は落ち着いたかのように見えた藤原家だったが、末っ子の真愛が学校でいじめられ、落ち込んでしまう。そして、明るい真愛も、ひとつだけ家族に言えない悲しみを抱えていた。
ドラマ「ブラザーズ」第7話 感想
かわいい真愛くんが、自分だけ生きているお母さんのことを知らない、ということをあんなに深く悲しんでいたことが明らかになって、どうしようもないことではあるのだけど、切なかった。また、長兄の「自分だけ顔が似ていない」というコンプレックスも明らかに。次男三男がジャニーズ、四男も可愛らしい配役だなと思いながら見ていたが、確かにいくら仕事ができても、顔は一生ついて回るものだし、コンプレックスとして気になるというのもの分かるように思った。

第8話『抱いて』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第8話 あらすじ
ジンは、住職として大役を任されることになった。長永寺の将来の跡取りとして、法要で「大師」を務めることになったのだ。緊張しながらも、粗相のないようにとその日に備えて練習を重ねるジン。ナナもジンのことを支えたいと、ジンの傍について付きっ切りで応援し、見守る。そして、大事な法要の日がやってきたのだが、思いがけないタイミングで行方を捜していたナナの母親の情報が届くのだった。
ドラマ「ブラザーズ」第8話 感想
法要での大師という大役のために必死に練習を重ねるジン。中居くんではなく、あくまで「ジン」として役を演じているが、どうしても中居くんがこの役に込めた熱意や努力のあとが透けて見えてしまって、いい意味で彼自身の良さがジンの役ににじみ出ているように感じる。ナナとのキスシーンもきれいに演出されていた。

第9話『別れ』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第9話 あらすじ
ジンはナナと一緒に、ナナの母親が生活していたという真鍋家へ。そこで、妹の奈々子から、母親がナナの存在をずっと隠していたこと、今更会いになど行けないと泣いてばかりいたことなど、母親の話を聞く。妹の奈々子が取り出した封筒。そこには「七色の虹のような人生を。母より」とだけ書かれた、虹の絵が描かれた絵はがきが入っていた。奈々子は、母がなぜ「ナナ」と名前を付けたのか、姉がいるのならば知って欲しいと思ってナナを探していたのだと話す。
ドラマ「ブラザーズ」第9話 感想
奈々子とナナの名前が似すぎている気がしたが、それぞれに違う意味が込めらていると明かされ、その意味と思いが伝わった。12話ということで終わりに近づいている感じが伝わってくるが、真雄のエピソードやナナのお母さんの話については、もっとじっくり描いて、ゆっくり語って見せてくれたらもっといいのになと惜しい気もした。話の全体に少ししっとりした影のある話で、ラブコメとも違った重さがあるが、ラストはハッピーエンドで終わって欲しいと思う。

第10話『最後の夜 もうどこへも行くな』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第10話 あらすじ
天狗になって周囲の意見を聞くことができないでいた真文。ここに来て、仕事で大きな失敗をする。一方、ナナは、藤原家を出ていく決心をする。亡き母が身を置いていた真鍋家へ行くと話すナナだが、ジンは突然のことですぐには受け入れられない。ナナが出て行くことを決めたきっかけは、実は真雄の言葉に原因があったのだが、そんなことは知らない住職の真学は、思い出作りにみんなで旅行に行こうと提案する。
ドラマ「ブラザーズ」第10話 感想
一般的な目で見れば、ジンとナナは関係性としてかなり進んでいるように思うのだけれど、本人たちにはその実感がないようで、思いも言葉もすれ違ってばかりのように感じる。一方、兄のブンは仕事で失敗。次第に態度が大きくなっていく姿が目立っていたので、いつか大きく失敗するか、仲間に見捨てられるのではという予感はあったが、ジンの憧れでありコンプレックスの原因だったブンの挫折を目にするのは、岸谷さんの演技力も相まって、どこか空しい気持ちにさせられた。

第11話『家庭崩壊』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」第11話 あらすじ
「行くな」とナナを引きとめたジン。ナナは心を惹かれ、やはり真鍋家には行かず、このまま藤原家に留まることにする。今までの穏やかな生活が続いていくものと思っていたが、真文の会社が倒産してしまう。生まれて初めての挫折。真文はホテルに逃げ込む。「たった一度の失敗で」と父に諭される、真文。ジンは失敗しても何度でも起き上がってきた、と。だが、そのジンは、檀家との何気ない会話から自分が藤原家の子どもでないことを知ってしまう。
ドラマ「ブラザーズ」第11話 感想
父親の真学さんの言葉が、ブンだけでなくて、見ているこちら側にも響くものがあった。また、ブンも初めての挫折を経験した大人にしては素直な面があり、ひどく反発するものと思っていたので意外だった。藤原家の子たちはみんな、まっすぐいい子に育ってきたということだろうか。藤原家のために、家族のために奔走してきた、藤原家の一員だからこそ頑張って来られたジンにとってはその根幹が揺らぐ事実だと思う。不安で荒んだ気持ち、中居くんはうまく表現していたと思う。

最終回『涙のキス…別れし 哀しいことじゃない』

動画サイト
ドラマ「ブラザーズ」最終回 あらすじ
自分が藤原家の子どもでないと知らされたジンは、ショックのあまり家を出て行ってしまう。真文は、ナナからジンがこの家の子ではないと知ってしまったこと、そしていなくなってしまったことを聞くも、自分のことで手一杯の真文は、すぐに動き出すことはできない。ようやく成田空港から引き返して帰ってきた真文は、ナナに「迎えに行ってやってくれ」と頼むが、ナナは首を振り「ブンさんじゃないとだめ」と返す。
ドラマ「ブラザーズ」最終回 感想
ブンに殴られながらも互いに本心を言い合い、気持ちを打ち明け合ったジンとブン。また、ジンの出生の秘密が父親の真学さんの口から語られ、三男と四男も事情を知ることとなったが、かえって家族の絆は深まったのではないだろうか。そんなふうに見えた。藤原家としては、ブンの仕事仲間も「やり直そう」と手を差し伸べてくれ、ジンも住職の道をまっすぐに進み、みんながおさまるところに丸くおさまったようだが……ナナとジンの関係が、結局実らずに終わってしまった形であることが少し寂しい。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「ブラザーズ」の動画はアップされていませんでした。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

そのため、ウィルス感染や動画の画質や音なども気になる方も、DVDの購入をおすすめします。

先程も説明したとおり、主要なネット通販サイトでの値段を比較してみたところ、「ブラザーズ」のDVDの取り扱いはありませんでした。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取り扱いなし 取り扱いなし
Amazon 取り扱いなし 取り扱いなし
Yahoo!ショッピング 取り扱いなし 取り扱いなし

「ブラザーズ」の、DVDが販売されることを期待したいと思います。

ドラマ「ブラザーズ」のあらすじと見どころ

藤原真心「ジン」は、4人兄弟の次男。スポーツライターになるという夢を持っていたが、今は父であり日蓮宗長久山長永寺住職の真学のもとで、副住職として働いている。兄の真文と、父親は、将来はジンにこの寺の跡取りとなって欲しいと考えている。その藤原家に、ひょんなことから縁あって服部ナナという女性と知り合う。一度はジンに追っ払われたナナだったが「お手伝いさん募集」の張り紙を見たと、お手伝いさんとして藤原家に住みはじめる。ナナは藤原家の一員となり、彼らを振り回したり、彼ら家族に振り回されたりのドタバタあり、ときに切なく、最後には家族の絆を実感するあたたかな物語。ナナとジン、兄・ブンやジンの幼なじみ・礼子も加わっての恋愛模様の行方も見どころ。

ドラマ「ブラザーズ」の出演者や主題歌

藤原真心:中居正広
服部ナナ:木村佳乃
藤原真文:岸谷五朗
藤原真雄:今井翼
藤原真愛:明石亮太朗
三島礼子:伊藤裕子
真鍋菜々子:星野真理
山崎守:小林すすむ
浅井喜一:財津一郎
青山幸枝:菅井きん
藤原真学:原田芳雄

主題歌:SMAP「たいせつ」

放送年:1998年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「ブラザーズ」の見所や感想

30代女性
中居くんがあまり自分に自信が無いという役どころという点から、まず新鮮な気がした。意外ではあったが、彼自身の影の部分というか静かな秘めた部分が、ジンという役にうまく重なっていて、とてもよかった。また木村佳乃や岸谷五朗といった面々も役柄にピッタリ合っていて、本当に日本のどこかにこういう家族がいて、あたたかく暮らしていたらいいのにな、という気持ちにさせられた。本当の子どもではない「ジン」が、家族として自然に受け入れられ、家族でないと分かった後も続いていく関係。彼のいう「一期一会」の重み。案外、恋愛要素は薄く、家族、人と人のつながりに気持ちを込めて作られた一作であるように感じた。

関連動画

ATARU
砂の器
白い影
新ナニワ金融道
味いちもんめ
伝説の教師
婚カツ!
最後の恋
輝く季節の中で

まとめ

ドラマ「ブラザーズ」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

中居正広さん演じる実家の住職を継号としている男性と、木村佳乃さん演じる天真爛漫でそそっかしい面のある女性の複雑な思いを抱えながらお互いがかけがえのない存在になっていく姿を描いた見ごたえのあるラブストーリーです。

何度でも見たくなる、名作中の名作といってもいいドラマです。

ただ、動画配信サービスや、DVD宅配レンタルサービスがありませんので、視聴したい方は、再販のおしらせを待ちましょう。