ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|僕と彼女と彼女の生きる道の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「僕と彼女と彼女の生きる道」は2004年1月6日から3月23日まで放送されていた草彅剛さんが出演しているドラマです。

仕事にしか興味がなく、家庭のことなど全く無関心な銀行員の徹朗(草彅剛)が、突然、妻・可奈子(りょう)から離婚してほしいと頼まれた後、娘と2人で暮らしていくなかで、草彅剛演じる徹朗が徐々に父親らしくなっていく姿が描かれています。

この記事では、草彅剛さん出演ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できるいろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTSUTAYA DISCASなら「僕と彼女と彼女の生きる道」を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「僕と彼女と彼女の生きる道」 の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年7月16日の時点の情報)

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」はDVD宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )のみで視聴可能です。

ジャニーズは著作権の関係で動画配信サービスで視聴できる作品が少ないです。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス )は、30日間無料お試し期間があるので、この間に「僕と彼女と彼女の生きる道」を全話無料で視聴することができます。

「僕と彼女と彼女の生きる道」だけでなく、「僕の生きる道」「仁侠ヘルパー」「銭の戦争」など他の、草彅剛さん主演ドラマのDVDも無料でレンタルできるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の動画を無料視聴

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」を無料視聴する方法の中でもTSUTAYA DISCASのみで視聴可能と説明致しましたので、続けてTSUTAYA DISCASで確実に無料で見る手順を説明しますね!

TSUTAYA DISCASでドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の動画を無料視聴

「僕と彼女と彼女の生きる道」以外の草彅剛さん出演

  • 「僕の生きる道」
  • 「仁侠ヘルパー」

など、著作権の関係でジャニーズ出演作品などの動画配信されていないドラマも合わせて観たい方はTSUTAYA DISCASがおすすめです。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

登録後30日間無料で利用でき、「僕と彼女と彼女の生きる道」を全話無料で視聴することが可能です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASで「僕と彼女と彼女の生きる道」の動画を無料視聴する流れ

1.登録方法は、TSUTAYA DISCASの公式サイトからページから「今すぐ30日間無料トライアル!」をクリックします。

2.必要事項を入力、決済方法を選択して登録しますが、無料期間中は料金はかかりません。

3.登録後、トップページからドラマ名を検索し、DVDを追加するとリストに追加されます。

4.発送先の住所などを入力し、1〜3日後にDVDがご自宅に届き、返却は郵便ポストへ投函。※送料はかかりません。

継続しない場合は、30日間の無料期間中に解約手続き、及びDVDの返却も行いましょう。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の動画は無料の違法サイトで見れる?

さて、「僕と彼女と彼女の生きる道」だけでなく、「僕の生きる道」「仁侠ヘルパー」などの草彅剛さん出演ドラマを無料で視聴する方法を説明してきました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYoutubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「僕と彼女と彼女の生きる道」の動画がアップされているか調べてみました!

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか動画がアップされているものもありましたが画質が悪く、見づらいのが現状です。

今すぐ「僕と彼女と彼女の生きる道」を視聴したい場合は、TSUTAYA DISCASなら30日間無料で見れるのでおすすめです♪

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の視聴が可能です♪

ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の各話のあらすじと感想

「僕と彼女と彼女の生きる道」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「僕と彼女と彼女の生きる道」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『離婚の朝』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第1話 あらすじ
みどり銀行の社員、小柳徹朗は、いつもの通りの朝を迎えていた。妻の可奈子は徹朗の前に新聞を置き、いつものココアを置く。徹朗はそれらを手に取る。そして出勤の支度をしようと立ち上がろうとした。そのとき可奈子が座ったまま、「話があるの」と切り出す。いい加減に返事をした徹朗に可奈子は、「離婚したいの」と言うが、腹を立てているだけだと思った徹朗はまともに取り合わなかった。駅へ急ぐ徹朗は、靴べらを握り締めたままだった。会社の手前の信号で、同僚の宮林功二に会う。鞄から見える靴べらを不思議そうに覗いた。
会社では上司だった男が今日で転勤になる挨拶に来た。何の気持ちも沸かない徹朗は儀礼的に挨拶をして、すぐに仕事に戻る。後輩の岸本肇は嘲笑していた。徹朗は井上部長に呼ばれ、今扱っている件は順調であると伝えた。その夜、帰って話し合うと可奈子と約束したが飲んで帰った。しかし帰宅するとそこに可奈子の姿はなく、娘の凛だけがそこにいて…。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第1話 感想
仕事ばかりで家庭を省みず、悦に入っている徹朗が残念で仕方ありませんでした。離婚を切り出されても悪びれずにお酒を飲んで帰る徹朗が最低だと思いました。収入が十分で、どんなに素敵なマンションに住んでも、ゴミの日も知らない夫と離婚したくなる可奈子の気持ちに深く共感しました。ただ、凛ちゃんを残して出て行ったのは信じられません。追い詰められていたとは言え、こどもを放って出て行く人間に親の資格はないと思いました。お腹が痛くて泣いている凛ちゃんがかわいそうで仕方なかったです。

第2話『別れの理由』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第2話 あらすじ
お腹の痛みで入院してしまった凛。凛の家庭教師・ゆらが徹朗に物申す。「凛ちゃん、言ってました。『お父さん、凛のこと迷惑に思ってる』って。本当はほっとしてるんじゃないですか?」ゆらの指摘と凛の言葉にさすがの徹朗もショックを受けた。
銀行では最近の勤務態度を部長に指摘されたが、徹朗はもう大丈夫ですと答えた。凛の退院には、可奈子の母・美奈子が付き添う。美奈子に凛を預けることになり、徹朗は心底ホッとした様子。
母の三回忌で実家に帰る徹朗。父の義朗には、可奈子のことを話せなかった。義朗は女房を甘やかすなと言う。
後日、小学校に転校の話をしに行く。担任の心配をよそに転校の手続きを進める徹朗。帰宅すると、ゆらがいた。徹朗は家事や凛の世話が疎かになった言い訳を始め…。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第2話 感想
凛ちゃんをおばあちゃんに預けることになってホッとしている徹朗に嫌悪感を抱きました。でも凛ちゃんの幸せを考えると、このまま徹朗といるよりいいのかもしれないと複雑な気持ちです。ただ、徹朗の性格や価値観は父譲りのものなんだと思いました。義父にまで家政婦扱いされていてはたまりません。時代にそぐわない古い価値観を感じました。しかし、一家団欒どころか父親とキャッチボールすら体験したことのない徹朗もまたかわいそうな気がしました。ハーモニカの練習をしていただけで怒鳴られる凛ちゃんを見て胸が痛みました。ゆら先生が凛ちゃんの気持ちを代弁してくれるので、もっと言ってやれと応援したくなります。

第3話『悲しき抱擁』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第3話 あらすじ
妻の「私、凛を愛してない」という言葉に、徹朗は復縁を断念。正式に離婚が決まる。部長に離婚の報告をすると、「離婚を期にダメになっていく社員もいる」と言われ、自分は大丈夫だと答えた。凛の気持ちを考えるようになった徹朗は、凛を美奈子に引き取ってもらうのは音楽会が終わった1週間後と決めた。
徹朗は実家に帰り、小学校1年生の時の作文を見つけ持ち帰った。「手は何の為にあるか、知ってる?僕は知ってるよ。手は繋ぐ為にあるんだ。悲しんでいる人を抱きしめる為にあるんだ。」という文章を読み、徹朗は信じられなさそうに笑う。
帰宅すると、美奈子が来てくれていた。徹朗は父に離婚の報告ができなかったことを伝えた。美奈子は、自分の娘が子供を置いて出て行ったことについては、母親にあるまじき行動として、お詫びのしようがないと言った。しかし本当は、父親と暮らすのが良いのではないかとも思っていた。
後日、徹朗の離婚に宮林も驚く。徹朗はせめてあと1週間、凛に父親らしいことをしてやろうと思っていると話した。このまま、ずっと一緒に住んでたりしてなという宮林に、それはないと薄く笑う徹朗だった。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第3話 感想
残りの一週間だけでも良い父親でいてやろうと決心した徹朗が、会社の帰りにスーパーでレーズンパンを探すシーンに感動しました。凛が食べるいつものパンが売切れてしまい、スティックのパンと、食パンのものとどちらがいいか悩む徹朗に、凛への愛情を確かに感じました。どちらでも良いと答え優しく微笑むゆらとの時間が微笑ましかったです。このドラマで初めてほっこりとした印象を持ちました。しかも徹郎が悩み抜いて買った両方のパンを前にした凛ちゃんが、「両方食べていいですか」と聞くのがとても可愛かったです。普通の父娘からしたら何でもないやり取りですが、二人に絆が芽生えていたことに感動すると同時に、別れが近いと思うと切なくなりました。凛ちゃん、転校せずに済んで良かったです。徹朗が少しずつ変わって行くのをしっかりと感じました。

第4話『愛おしい娘』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第4話 あらすじ
凛と暮らすことを決心した徹朗。朝、凛は徹朗に教えてもらいながら、ココアを自分で作った。
井上部長は、今月の目標と東日本地域での営業成績が1位で中でも徹朗の成績はダントツであったと話す。宮林は、自分には野心はないが、徹朗は同期の中で一番早く課長になるのではないかと言った。酒の席で、娘を引き取ったことを部長に話し、仕事には響かせないと言う徹朗を部長は叱咤する。その後会社に戻った徹朗に、岸本がゼロ金利の企画を申し出るも徹朗は取り合わなかった。翌日、腹を立てた岸本が悪態をつく。険悪な雰囲気になった。
帰宅する徹朗に凛が返って来た算数のテストを見せると、徹朗は凛を叱責した。しかし担任にまだ一人では勉強できないと言われ、徹朗は反省する。帰宅するとゆらが来ていた。凛に対し叱責したことを謝ると、凛の顔に笑顔が広がった。ゆらに授業科目を増やしてほしいと頼む徹朗に、ゆらが承知した。後日昼休み、もうすぐ定年退職する徹朗の父の義朗と徹朗はランチを食べた。そこで離婚の話を切り出す。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第4話 感想
凛ちゃんとの二人きりの生活を通して、徹朗が頑なだった価値観を変えて凛ちゃんに愛情を注ごうと奮闘している姿を見られるのがとても嬉しいです。最初は全く笑わなかった凛ちゃんでしたが、嬉しそうな顔を見せるようになったことに感動します。逆上がりができた凛ちゃんを見て涙を流した徹朗は、もう家庭を省みなかった昔の徹朗ではないと思いました。未だに不器用で無神経なところもある徹朗ですが、心から応援したい気持ちになりました。

第5話『娘のために』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第5話 あらすじ
凛との心の交流ができるようになった徹朗。しかし営業成績は思わしくなかった。朝、徹朗は凛は上履きをベッドの下から出して隠すのを見た。履き替えるのを忘れたのかと思ったが、凛は靴がなくなったと言う。その時は深刻に受け止めなかったが、帰宅した徹朗は凛がしょんぼりしているのに気づく。母の可奈子が作った体操着袋も無くなってしまったと言う。母を思い出した凛はショックを受けていた。
翌朝、徹朗は先生にちゃんと言うように凛に言い、今夜はなるべく早く帰宅すると約束した。そのため、徹朗は井上部長から言われた接待を断った。代わりに岸本を連れて行く部長。部長の怒りに気づいていた徹朗だったが、凛のことが心配だった。イジメを疑うゆらに、徹朗は信じられない様子だったが、ゆらのアドバイスを受け、連絡帳に靴と体操着袋の紛失の件を書いた。挽回しようと必死で残業する徹朗のもとに、ゆらから電話が入り…。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第5話 感想
せっかく徹朗との生活に少しずつ慣れてきたのに、まさか凛ちゃんがいじめにあうとは思いませんでした。母を恋しがって心が壊れてしまいそうな姿を見るのが辛かったです。学校行くこと自体を拒絶してしまう凛ちゃんを心配する徹朗に愛情を感じました。徹朗が担任の先生に向かって啖呵を切った姿は、父親の威厳があって素晴らしかったと思います。凛ちゃんへの愛情が溢れてくるようになった徹朗が今後仕事と育児をどのように両立して行くのか気になります。

第6話『娘との旅』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第6話 あらすじ
登校を拒否し続ける凛を心配した美奈子が徹朗の家に泊まるようになった。そこで徹朗がゆらに週の半分以上も凛の世話を頼んでいたことを知り、それは甘えすぎだと忠告した。
徹朗は来月いっぱいで退職したいと井上部長に切り出す。部長は露骨に「ムカつく」と言った。徹朗にムカつくのではなく徹朗を信じて目をかけてきた自分にムカついているのだと言う。徹朗は家の近くの信用金庫に再就職するつもりだった。給料は半分になるが、残業も接待もない。今度の人事で井上課長は常務へ昇進するらしい。もっと自分も井上課長にすり寄っておけばよかった、徹朗がうらやましいと言う宮林に徹朗は淡々と退職を告げた。ある夜、凛の小学校の担任・石田が突然、徹朗の家にやって来た。凛の靴と、下敷きを徹朗に出した。同級生の女の子が凛の困った顔を面白がり、隠していたのだと言う。問題は解決したが、翌日も凛は学校へ行こうとせず…。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第6話 感想
あんなに仕事一筋だった徹朗が、凛ちゃんのために会社を辞めることに対して、それは周りは驚いただろうと思います。
ゆらに相談したり悩んだりと勇気のいる決断をしたのかなと思いましたが、凛ちゃんのために当たり前の判断だと腹をくくっている様子が見て取れて、とても清々しかったです。徹朗にとって仕事よりも凛ちゃんのほうがもっと大切な存在になっていて、雪山に連れ出し二人で笑い合うシーンには感動しました。凛ちゃんにとってもまた、徹朗は大好きなお父さんになったのだということがよくわかりました。

第7話『元妻の復讐』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第7話 あらすじ
徹朗に井上部長が飛び下り自殺したという連絡が入る。幸い命は助かったが、意識が戻らない。会社も騒然としていた。義朗の面会時間を気にして、井上部長がいつもと違う様子なのに気づきつつその場を後にした。それからすぐ部長が飛び降りたと悟る。驚く義朗に徹朗は怒りと悲しみをぶつけた。
ゆらが淹れたココアに徹朗は心も体も温まる。翌朝、徹朗はこれから毎朝野菜や果物のジュースを作ると言うと、凛は嬉しそうにした。その顔に徹朗は安堵した。意識を取り戻した部長のもとへ徹朗は見舞いへ行く。仕事の鬼だったの部長が穏やかに今日はいい天気だなどと話し驚いた。妻と子供たちに怒られたという部長は泣き始めた。すぐに笑顔に戻り徹朗に上手くいくといいなと言葉をかけた。部長もまた家族の大切に気づいたようだった。しかし容体が急変し…。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第7話 感想
仕事一筋でかつての徹朗の未来図だったような井上部長の自殺未遂に、考えさせられるものがありました。可奈子が離婚を切り出さなければ、徹朗が家族の尊さに気づかなければ同じ末路を辿っていたのかもしれないと思うと苦々しい気持ちになりました。父・義朗もまた徹朗の未来図であり、徹朗以外誰も見舞いに来ないような人であることが改めて悲しいと思いました。徹朗や凛ちゃんの大切さをこれからでも気づいてほしいと思います。カラオケでいたずらをしたり、泣き出してしまう徹朗がとても人間らしいと感じ、部長と父との違いを感じました。

第8話『凛を返せ!』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第8話 あらすじ
徹朗の、ニコニコ信用金庫への再就職話が白紙になった。ハローワークに通って仕事を探すも条件に合う仕事が見つからない。徹朗がゆらに弱音を漏らす。ゆらは先日電話に出なかったことを気にしていた。徹朗への気持ちを自覚するゆら。亮太に「好きな人がいる」と告白を断った。
下校中する凛の前に、可奈子が現れる。凛は可奈子に抱きつく。徹朗が毎日買ってくるお弁当、出前の名前を聞き、やはり凛の面倒をきちんと見ていないのだと思った。「できるだけ早く、一緒に暮らせるようにするからね」という可奈子の言葉に凛は戸惑う。
いつものスーパーで買い物をしていたゆらは、マミに声をかけられる。これから徹朗の家に行くと言われ、帰宅してからも、ゆらは落ち着かなかった。
凛は徹朗に元気がないことに気づいていた。しかし可奈子に「迎えに行く」と言われた凛は「三人がいい」とゆらに告げ…。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第8話 感想
改めて、親の離婚で一番傷つき振り回されるのは子供なんだと思いました。最悪のタイミングで可奈子が帰ってきて、しかも勝手に凛ちゃんに会いに行って、イライラしました。追い詰められていた、置いて行くしかなかった、色々と言い訳を並べても、「凛を愛していない」という強烈な一言を受け流すことができません。おばあちゃんのビンタがすごく心に響きました。「三人一緒がいい」と言う凛ちゃんに対し、「三人一緒には暮らせない」と言う徹朗の言葉にピースサインが出せないシーンが切なかったです。

第9話『和解』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第9話 あらすじ
徹朗はゆらに自分の決意を伝えた。そして、徹朗は可奈子に親子3人で暮らしたいと伝える。徹朗は真剣な顔で「俺、本当に変わったんだ」と言ったが、可奈子には信じられなかった。「たった数ヶ月面倒を見たくらいで父親ぶらないで」と、焼け石に水。徹朗が凛の為に、みどり銀行を辞めたことも信じてもらえなかった。可奈子は家庭裁判所へ審判を依頼する。徹朗にはもはや、凛のいない生活は考えられない。不安な気持ちをゆらに打ち明けた。仕事が決まるまでの間、徹朗は洋食屋で働くことに。慣れない仕事、更に金銭的な余裕もなくなり精神的にまいる徹朗。
ゆらにも家庭教師は英語だけに戻してくれと頼んだが、ゆらは、自分がここに来たいから月謝はいいと断った。徹朗がカレーを作り、ゆらと凛と3人で食べているところへ義朗が来る。戸惑う義朗。その光景に義朗は戸惑うも、すぐにみどり銀行を辞めた徹朗に詰め寄る。家族のことを考えたい、親父のようになりたくないと、自分を否定する徹朗の言葉に義朗は傷つく。後日、凛が徹朗の職場のレストランへやって来た。徹朗の働く姿をスケッチする凛に、徹朗は愛を感じていた。そして調停の日…。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第9話 感想
凛ちゃんのためにやり直して三人での生活を提案した徹朗でしたが、本音はゆら先生に気持ちが傾いているんじゃないかなと思います。つらい時、いつも支えてくれたのはゆら先生で、凛ちゃんを大事に思えるようになったのもゆら先生のお陰だからです。レストランではしゃぐ凛ちゃんを見ていると、このまま幸せな時が続けばいいのにと思いました。義朗に本音をぶつけ傷つけてしまいましたが、これをきっかけに義朗が気付くこともあったようなので、義朗もまた変わりつつあるのかなと思いました。宮林が言った、「バカだと思う。でも俺がどう思おうと関係ないだろう。自分の決めた道歩いてるんだから」という台詞に感動しました。宮林は腹黒い人だと思っていたので、徹朗を思いやる言葉が聞けて嬉しかったです。

第10話『別離』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第10話 あらすじ
凛の親権は審判となった。徹朗はそれは自分の我が儘なのではないかと悩み、ゆらに弱音を吐いた。凛にも現状を話すと、凛は素直にそれを受け入れた。徹朗はゆらから、弁護士を紹介してもらう。美奈子が訪ねてきて、凛の親権を可奈子に渡してほしいと頭を下げたが、徹朗もそれだけはどうしても譲れなかった。
徹朗と凛の生活を調査しにやってきた、家庭裁判所調査官・令子は徹朗に席を外させ、凛への質問を始めた。凛と会った可奈子は徹朗に凛を今晩、家に泊めたいと言い出した。動揺する徹朗だったが、楽しそうな凛を見ると「いいよ」としか言えなかった。翌日、凛を連れた可奈子はゆらに会う。「近いうちに凛は私と暮らすことになると思うの。それまでよろしく」と言って去った。ゆらが徹朗のマンションへ行くとそこに義朗がいた。ゆらを見た義朗は弁護士の件でゆらに礼を言う。義朗のところにも調査官が来ることに困惑している様子だった。そして審判の最初の日…。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第10話 感想
義朗も徹朗が凛ちゃんを大事にする様子を見て、変わったんだなぁと思う愛情溢れる手紙に感動しました。徹朗は確かにこの数ヶ月で変わって、仕事と両立して凛ちゃんのために必死にやってきたと思いますが、可奈子の信用を取り戻すのは不可能なんだと思い知らされました。一度きりとは言え、浮気はかなりマイナスの印象だったと思います。これまで何年間も黙って我慢していた可奈子を思うと、同情してしまいました。でも、徹朗の話に全く耳を傾けない態度や、ゆら先生に牽制するような態度がどうしても好きになれません。

第11話『サヨナラ凛』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第11話 あらすじ
徹朗が洋食屋で働いている間、義朗が家に来て、家事を手伝ってくれることになった。美奈子は家庭裁判所の調査官から、凛と徹朗の生活について聞かれ、「至らないところもある」と答えたが、内心は複雑だった。美奈子はこれからは何があっても凛のことを一番に考えるよう、可奈子に約束させた。
可奈子は宮林と会い、徹朗の退職の件が本当だったことに驚く。ゆらは仕事から帰宅した徹朗に、凛が「一度でいいから、お父さんとお母さんと3人で、遊園地に行きたいそうです」と言っていたことを伝えた。徹朗は可奈子に連絡を取り、日曜日三人で遊園地に行くことに。凛は二人の真ん中で二人と手をつなぎ、とても嬉しそうだった。ペンキ塗りたてのベンチに座ったことを思い出し、凛と徹朗は笑った。それを見た可奈子はショックを受けるのだった…。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第11話 感想
今まで三人で遊園地すら行ったことがなかったのかと思うと、最初で最後の三人での遊園地にはしゃぐ凛ちゃんがより切なく見えました。そして、おばあちゃんが娘の肩ばかりを持たず、徹朗の父親ぶりを評価してくれたことは意外でした。親の心情として、どうしても娘の味方になってしまいそうなところを押し殺し、ちゃんと公平に徹朗についても意見を述べてくれて良かったです。親権が可奈子のものになり、凛ちゃんがいなくなった部屋で一人立ち尽くす徹朗を見て涙が止まらなくなりました。生きがいだった凛ちゃんも仕事も失って、これから徹朗がどうして生きていくのかとても気になります。

第12話『絆』

動画サイト
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第12話 あらすじ
凜が可奈子に連れていかれた。徹朗は放心状態で凛の部屋に座り込んでいると、ゆらが徹朗の隣に座る。二人で泣き、そのまま朝まで寝てしまった。徹朗は仕事中も集中できず、結局帰らされてしまった。翌日は仕事を休んだ。スーパーへ買い物に行くと、そこでゆらに出会う。仕事のことはもうどうでもいいと自暴自棄になる徹朗をゆらが諫める。
その頃、可奈子のことを間違えて「お父さん」と呼ぶ凜。可奈子はお父さんに会いたいかと聞くと、会いたくないと笑顔で答えるのだった。次の日出勤した徹郎は、帰りにゆらの元を訪ねる。徹朗は可奈子に不服申し立てをするかしないかで悩んでいた。凛は徹郎と可奈子どちらかを片方を選ぶことはできない。もっと大切なことがあるのじゃないか、と言われた徹郎は…。
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」第12話 感想
凛ちゃんを失った徹朗がしばらく茫然自失としている姿があまりにも可哀想で悲しかったです。その時にゆら先生が側に付いていてくれたことが何より救いでした。自暴自棄になった徹朗の目を覚まさせてくれたのもゆら先生でしたから、やはり徹朗にはゆら先生が必要なのだと感じました。最後に可奈子に徹朗が以前とは違うんだということを分かってもらえてホッとしました。また、可奈子が凜ちゃんのことをちゃんと愛していたんだと描写もあり、安心しました。夫婦関係は戻らずに別れてしまい、親権は母に取られるというとてもリアルな展開になりましたが、凛ちゃんとはたとえ離れていても親子の関係でいられそうで良かったです。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「僕と彼女と彼女の生きる道」の動画はアップされている回もありますが、画質が悪く見づらいです。

また、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかりますので視聴するのにリスクが生じます。

TSUTAYA DISCASならストレスフリーでドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の視聴が可能ですので、ウィルス感染や、動画の読み込みの遅延が気になる方はぜひTSUTAYA DISCASでの無料視聴を試してみて頂ければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」のあらすじと見どころ

ある日、小柳家は普段通りの朝を迎えていた。しかし突然、妻の小柳可奈子が、夫の徹朗に離婚を切り出す。出勤前だったこともあり、まともに取り合わない徹朗。会社から帰宅すると、そこに可奈子の姿はなく、娘の凛だけが残されていた。仕事ばかりで家庭を省みてこなかった徹朗はどのように凛と接すればいいかわからず戸惑う。凛の家庭教師の北島ゆらが科目を増やして凛の面倒を見ることが多くなった。ゆらに影響された徹朗は、少しずつ凛との距離を縮めていく。

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の出演者や主題歌

小柳徹朗:草彅剛
小柳凛:美山加恋
小柳義朗:大杉漣
北島ゆら:小雪
宮林功二:東幹久
岸本 肇:要潤

主題歌:&G「Wonderful Life」

放送月日:2004年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の見所や感想

20代女性
初めは冷たい態度をとり、凜に対して関心が無く、仕事一筋の哲郎。次第に凛ちゃんと心を通わせていく過程に、とても感動しました。
20代女性
これまでずっと家族より仕事を第一にしてきた哲郎が、娘の凜と向き合い、心を通わせていくところがとてもよかった。凜が「はい!」と返事をするシーンがとても印象に残っている。

関連動画

いいひと。
僕の生きる道
僕の歩く道
任侠ヘルパー
独身貴族
銭の戦争
嘘の戦争

まとめ

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

家庭に無関心で仕事にしか興味がなかった男とその娘が次第に心を通わせていく「僕と彼女と彼女の生きる道」。

草彅剛の優しさや人の良さが出ているドラマです。また親子の関係性についてとても考えさせられるドラマでした。

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の動画は、DVD宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」で無料で全話フル視聴ができますので、是非確認してみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴