ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|アルジャーノンに花束を(山下智久)の動画を無料で最終回まで視聴する方法

「アルジャーノンに花束を」は2015年4月10日から6月12日に放送されていた山下智久さん主演でSexy Zoneの菊池風磨さんも出演しているドラマです。

山下智久さん演じる知的障がいのある主人公が、知能が向上する手術を受け変わっていく姿を描いた物語です。

この記事では、ドラマ「アルジャーノンに花束を」の動画を無料で視聴できる方法をまとめています。

ちなみに、TSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)なら「アルジャーノンに花束を」を無料で視聴することができますので、興味ある方はお試しください♪

(画像引用:TSUTAYA DISCAS)

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ドラマ「アルジャーノンに花束を」の動画を無料視聴する方法

どこの動画配信サービスならドラマ「アルジャーノンに花束を」が無料で視聴できるのか、調査したものをまとめています。

◯:DVD見放題 X:未配信

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS

DVD見放題
30日間無料 月額2,659円(税込)
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(ポイント配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 14日間無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年11月5日の時点の情報)

ご覧いただきましたように、「アルジャーノンに花束を」の動画を無料視聴できる動画配信サービスはなく、DVDをレンタルするしかありません。

ジャニーズは著作権が厳しいため、ネットでの動画配信サービスで視聴できる作品はほとんどないからです。

ただ、DVDレンタルって、借りたり返却したりの手間や返却期限が過ぎてしまった・・・

など、めんどくさいですよね。

ですが、TSUTAYA DISCASなら、

  • スマホやパソコンなどで選んだDVDが自宅に届く
  • 返却は近所の郵便ポストに投函

のみの2ステップで簡単にレンタルできます♪

さらに、DVDが借り放題なので、その他の山下智久さん出演の「コードブルー」、「プロポーズ大作戦」などもまとめてレンタルすることもできます。

(画像引用:TSUTAYA DISCAS)

今、頼めば早くて明日にはDVDが届くだけでなく、TSUTAYA DISCASなら30日間お試し無料期間があるので、0円で「アルジャーノンに花束を」を視聴できます。

山下智久さん出演作品だけでなく、ぜひ「30日間のお試し借り放題」で、その他たくさんの作品を無料でお楽しみいただければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

TSUTAYA DISCASなら「アルジャーノンに花束を」の動画を無料視聴できることは理解できたけど、返却期限や延滞料金などサービスの詳細がわからないと不安ですよね!

そこで、次はTSUTAYA DISCASのサービスについて紹介していきます。

TSUTAYA DISCASの特徴

TSUTAYA DISCAS(宅配DVDレンタルサービス)の特徴を表にしてまとめました。

月額料金 月額2,659円(税込)→初回限定0円
無料レンタル期間 30日間無料
返却期限/延滞料金 なし
送料 0円
レンタル可能作品 新作:レンタル不可
準新作:最初の8枚までレンタル可
旧作/まだまだ話題作:借り放題

TSUTAYA DISCASは店舗など一般のDVDレンタルと違って返却期限がないので、延滞料金がかかる心配もありません。

ただし、

  • 返却しないと次のDVDを借りることはできない
  • 無料期間内に解約する場合は、その間にDVDを返却する

という点を覚えておいていただければ心配ありません♪

また、TSUTAYA DISCASにおいては、DVDのレンタルが開始された日より、

新作:レンタル開始日〜90日
準新作:レンタル経過91日〜390日
まだまだ話題作:レンタル経過391日〜720日
旧作:レンタル経過721日〜

と、このように分類されています。

無料期間中は旧作・話題作は借り放題ですが、準新作については、

1枚目〜8枚目までのレンタルは準新作・旧作の両方を借りる事ができますが、9枚目以降は旧作のみとなります。(無料期間中、新作はレンタル不可)

そのため、準新作だけ注意しておきましょう!

DVDの種類 最初の1〜8枚 9枚目から
新作
準新作
まだまだ話題作
旧作

さらに、TSUTAYA DISCASではDVDレンタルだけでなく、スマホやパソコンなどでネット視聴できるドラマや映画が約1万作品もあり、こちらも合わせて30日間無料で視聴することができます。

「アルジャーノンに花束を」などの山下智久さん出演作品をレンタルし終わって、まだ無料期間が残ってしまっても大丈夫ですね!

ぜひ、TSUTAYA DISCASの「30日間のお試し無料期間」をフル活用してお得に楽しんでいただければ幸いです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円もかかりません。

TSUTAYA DISCASなら「アルジャーノンに花束を」を無料で視聴できることを話してきましたが、解約できずにお金がかかったらどうしよう・・・と不安ですよね。

そこで、TSUTAYA DISCASの登録方法と解約方法について画像つきでまとめてみました!

TSUTAYA DISCASの登録と解約方法

ここでは、TSUTAYA DISCASの登録と解約方法について説明しています。

「+」をクリックしていただくと画像つきの解説がでて、さらに横スクロールでご覧いただけます。

TSUTAYA DISCASの登録方法
step1 step2 step3 step4
「今すぐ30日間無料トライアル」をクリック 個人情報、お支払い方法の必要事項を入力 同意にチェック後、「確認画面へ」をクリック 「この内容で申し込む」をクリックして登録は完了
TSUTAYA DISCASの解約方法
step1 step2 step3 step4 step5
「登録情報の確認」をクリック 「メニュー一覧」タブを開き、「サービス解除申請(サービス退会)」をクリック パスワードを入力しログイン 退会に関する確認事項に全てチェックを入れ、「次へ」をクリック 引き続き、退会に関する確認事項に全てチェックを入れ、「申請を完了する」で退会完了

※30日間の無料期間内に解約すれば1円もかからず視聴できます。

ネットでいつでも簡単に解約することができるので安心ですね!

ぜひ、30日間の無料お試し期間で、山下智久さん出演ドラマだけでなく、著作権の関係で動画配信にはない、たくさんのジャニーズ出演作品をお楽しみいただければと思います♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

とは言っても、動画配信サイトなどに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・

と思う方のために、登録不要な動画サイトでドラマ「アルジャーノンに花束を」を視聴できるのか調べてみました!

ドラマ「アルジャーノンに花束を」の動画は無料の違法サイトで見れる?

登録不要な無料の動画サイトで、「アルジャーノンに花束を」がフル視聴できるのか調べてみました。

検索結果は次でまとめていますが、いくつか無料の違法サイトに「アルジャーノンに花束を」の動画がアップされているか調べてみたところ、見れるサイトもありますが、画質も悪くすぐに削除されてしまう可能性が高いのでオススメできません。

動画の無料違法サイトは、

  • ウイルスに感染する危険
  • 偽の悪質なサイトへ飛ばされ、個人情報が抜き取られる危険
  • 広告が多く、画質や音が悪いなどのストレス

のリスクがありますので、無料だからと油断したばかりに余計な出費がかかる事態は避けたいですね・・・

せっかくなら安心、快適に動画を楽しみたい方はぜひ、TSUTAYA DISCASでのお得な無料視聴を試してみてくださいね^^!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円も費用はかかりません。

 

ドラマ「アルジャーノンに花束を」の各話のあらすじと感想

「アルジャーノンに花束を」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「アルジャーノンに花束を」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『無垢な夢、愛友情がもたらす奇跡』

動画サイト
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第1話 あらすじ
主人公の白鳥咲人(山下智久)は、実年齢は28歳だが、知的障害があり知能は6歳児程度。
彼が働く「ドリームフラワーサービス」は、少年院などに入っていた等の「事情がある」若者も共に働く配送センター。
ある日、咲人は同僚である柳川隆一(窪田正孝)と共に軽トラでバラの花束の配送に出かけた。
配達先は望月遥香(栗山千明)のマンションだったが、咲人に知的の障碍がある事を知らない遥香は、咲人の対応に驚き、警察に連絡をしようとしてしまう。
共に配達に来ていた柳川が慌てた様子で駆けつけ、事情を説明した為、その場は収まりかけるが、咲人は更に玄関に飾ってあったアクセサリースタンドのイヤリングの光り輝く様子に惹きつけられ手を伸ばしてしまい、再度騒動を起こしてしまった。
荷物を届ける事も満足にできない咲人だったが、心優しくピュアな心の持ち主の彼の夢は、ママが好きになってくれる「お利口さん」になることだった。
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第1話 感想
最初は見えなかった事が色々見えてきました。 監修が野島さんですかさすがだなぁと思いました。 以前のユースケサンタマリアさんのドラマの時はパン屋さん役だったのが今回は花屋さんの役なんですね。 花が画面に広がってほんわかした雰囲気です。 萩原聖人の役が少し変わった経営者という設定で、少年院から出た少年たちや、咲人のようにハンデのある人を雇い面倒を見ていく役です。とても気のいい人です。 片や脳生理科学研究所という所でひと騒動が起きていました。研究所に勤める望月遥香(栗山)が研究中だったモルモットを逃がしてしまい、研究所は騒然とします。 その逃げたモルモットを、色々な巡り合わせで咲人が捕まえましたが、さて、これからどうなるのでしょうか。まだストーリーは始まっていませんが、私は続きを見てみたい。そんな印象の1話でした。

第2話『対等な友情、親友のために溢れでる涙』

動画サイト
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第2話 あらすじ
白鳥咲人(山下智久)が勤務する花の配送センター「ドリームフラワーサービス」の給料日当日。竹部社長(萩原聖人)の方針によって、柳川(窪田正孝)や檜山(工藤阿須加)達、従業員は毎月、現金での手渡しの給料であった。給料を受け取り、満面の笑みを浮かべる咲人に檜山は「何か買うのか?」と聞くと、咲人は「おりこうになって、めんきょをとります。」と返答。 その時、柳川の母親・京子(田中美奈子)がドリームフラワーサービスにやってきた。竹部社長に挨拶を、と言う京子だったが、柳川は受け取ったばかりの給料を京子に渡す。一連のやり取りを咲人と檜山に目撃されていた柳川は、気まずそうな顔をしていた。
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第2話 感想
昨夜は 咲人一緒に泣いてしまいました。 咲人の感情がストレートに響いてきました。「普通じゃないって何?」 何だろうと。 誰もが納得できる説明できる答えなんて1つではないですよね。とても考えさせられます。 「対等って何?」と疑問に思う咲人にどう説明できのでしょうか。咲人は「対等」の意味を知っていて「自分に友達はいない」と思ってしまったのかな?その咲人になんて言ってあげられるんでしょう。 咲人は自分は馬鹿だと思っていて、馬鹿な自分が嫌い自分が馬鹿だから母親からも嫌われてる自分は馬鹿だから友達が悲しい時に 「いいこと言ってあげられない」 「何もできない」って泣くんですよね。 2話は、かなり考えさせられる回でした。

第3話『超知能への手術!世界一好きな人の為』

動画サイト
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第3話 あらすじ
咲人(山下智久)は、知能を飛躍的に向上させる研究を行なっているというチームリーダーの蜂須賀(石丸幹二)から、「魔法をかけてあげよう」と声をかけられた。その後、ほどなくして、咲人の適正テストが行われたが著しい向上結果は見られず、蜂須賀ら研究チームは表情を曇らせていた。遥香(栗山千明)が、咲人を被験者として推薦していたが、咲人のテストに取り組む姿勢や向上心、思い入れには特筆すべきものがあると言う。そんな遥香に咲人の人間らしい行動や感情、喜びや悲しみ、怒り、他にも様々な欲求などを観察することを指示する。 そんな時、ねずみのアルジャーノンのお世話をしていた小久保(菊池風磨)は、咲人へアルジャーノンの嫁さんについての話をする。小久保は咲人に世界でいちばん好きな女の子はいないのかと尋ねるが、咲人は考え込んでしまう。
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第3話 感想
いよいよ、作品の核心に迫ってきたセリフ。これから知能が急成長する咲人(山下智久)が苦しんでしまう「子供のままの心。」この核心となっていくキーワードを、柳川(窪田正孝)らの別荘で楽しんでいるシーンで、さりげなく伝えられたのが良かったです。知的障がいという難しいテーマを扱うのにファンタジックな描写が、私は良かったと思います。今回は「切なさ」に加えて「微笑ましさ」が二力的に描かれていたと思いました。別荘でのやりとりの中で、梨央(谷村美月)の胸を触ってしまった咲人だったが、特別反応はしなかったり、かと思えば、遥香(栗山千明)との別れのシーンでは遥香を「抱っこしたい」と言ってみたり、胸を触り何かを感じたような?そうでもないような?もちろん、「微笑ましさ」は「子どものままの心」があるからですけどね。悲しいだけでないのが本作らしいです。

第4話『手術失敗!?あなたの為に起きて…奇跡』

動画サイト
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第4話 あらすじ
咲人(山下智久)は、いよいよ知能を飛躍的に向上させる手術を受けた。効果を確認したい蜂須賀(石丸幹二)たち研究チームは、術後にテストを重ね経過の観察・検証を行なっていたが、咲人には大きな変化は確認できなかった。同じ手術を受けたねずみのアルジャーノンには手術後目覚ましい効果が出ていたのだが・・・。「おりこうになった?」と遥香(栗山千明)に質問する咲人だが、遥香の答えは「信じて待ってみよう」と。ドリームフラワーサービスへ復職した咲人を、竹部(萩原聖人)が「無事でよかった」と安堵の表情で出迎えた。一方で咲人の快気祝いを開くことにした柳川(窪田正孝)と檜山(工藤阿須加)は、梨央(谷村美月)と舞(大政絢)に声を掛け、数日後に予定している草野球への試合の応援に来て貰いたいと誘う。
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第4話 感想
手術前に遥香(栗山千明)との関係の中に変化が見られましたが、咲人(山下智久)に状尾的な所で変化が見られました。しかし、今回は手術から1週間が経過しても特に大きな変化は見られない状況からのスタートでした。しかし、スタート直後で梨央(谷村美月)達と鍋を囲むシーンで咲人に、かすかな変化が見られるシーンがありました。いや、描かれたと言って良いのかもしれません。 それは、柳川(窪田正孝)の「咲人は何も変わってない」の一言の直後、咲人が梨央から箸を受け取ろうとした時。最初、咲人の視線は箸のみに注がれていましたが、梨央が丁寧に咲人に渡すと、かすかだが梨央にお礼をしているかのような言動をする咲人。お利口になりたい、と感じている咲人の思いから出た行動なのか、はたまた手術による変化の1つなのか・・・。今後の展開に期待を持たせる咲人の変化をさりげなく魅せた良いシーンでした。

第5話『輝く世界の果てに待つ愛奪われたキス』

動画サイト
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第5話 あらすじ
ついに手術の効果が目に見えるようになってきた咲人。野球の試合に出場した咲人(山下智久)は、ホームランを打ち、大活躍することが出来た。蜂須賀(石丸幹二)達のケンキュウチームのテストでも成績が飛躍的な向上を見せていた。咲人は、お利口になった事を少しずつ実感しつつ、意識するようになった。今まで見えていた世界が違う世界に見えるようになったと実感していた。また、遥香(栗山千明)に自分でも分からない特別な感情がある事も実感していたが、どう理解して良いのか分からず戸惑っていた。しかし、仕事でのミス起こさなくなり、“知”に対しての欲求が深まっていく咲人は、時間があれば知識を深めたいと、色々なジャンルの本を読み、知識を深めていくのだった。
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第5話 感想
初めて電話で花の注文を受けた咲人(山下智久)の場面が印象的でした。特に印象的だったのは、前回とはまるで別人のような集中力を魅せるような演技力、目力(“眼差し”と言いますか)、と表情から訴えてくる咲人が「数奇なる人生」を踏み出したことを表現しているのが上手でした。更に「初受注成功」と言う社会人としての成長まで描き、竹部社長(萩原聖人)達と共に拍手喝采を送りたくなった視聴者がどれだけいたのでしょうね。これぞ、登場人物たちに共感できる楽しさです。そして今回の “俳優・山下智久” の眼の芝居の鋭さと的確さに、驚きました。

第6話『孤独が天才を連れてくる…蓋された心』

動画サイト
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第6話 あらすじ
咲人は、遥香(栗山千明)と蜂須賀(石丸幹二)がキスしているところを見てしまった。そのまま梨央(谷村美月)を呼び出して共に一夜を過ごす咲人。その翌日、蜂須賀から部長室へ呼び出された遥香は、咲人と顔を合わせるが、どこか気まずい空気が流れた。その様子を見ていた、蜂須賀は遥香に、咲人の母親・窓花(草刈民代)の住所を教えてくれと頼む。咲人が「手術が成功した今の自分を見てもらったら、母にも喜んでもらえる」と考えている為、母・窓花に会いたいと蜂須賀に頼んだというのだ。それならば、遥香が付き添い案内すると申し出るが、一人で大丈夫だと断る咲人だった。
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第6話 感想
今回からの咲人の変化は、これまでの咲人とは比べものにならない事を予感させる演出と演技が印象的でした。センター内でのやり取りが素晴らしかったです。遥香(栗山千明)に咲人の母親の樹書を咲人に伝えるように迫る蜂須賀(石丸幹二)。「案内する」と言う遥香に、「案内は要りません」と数歩進鵜咲人の眼に宿る光が良かったです。窓の外からの光を上手く反射させている演出もさり気なさが出ていてとても良かったが、これまでの咲人とは違うように見える、透明感だけではない何か。冷静さや今までとは違う知性を兼ね備えた不思議な光が放っているような眼差し。次回からはもう今回の咲人が見られないかと思うと、1話1話がとても大切になってくると思いました。

第7話『壊れる絆…全てを失っても愛に生きる』

動画サイト
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第7話 あらすじ
咲人(山下智久)は、蜂須賀(石丸幹二)の研究成果を学会で発表する場に居た。自分の知能を向上させた薬である“ALG”を一般の人にも利用できれば、差別や戦争がなくなり平和な社会が作れると学会の場の人々へ語り掛けた。拍手が湧き起こっている中で、客席に亡くなったはずの父・久人(いしだ壱成)の姿を見て唖然とする。なぜ久人がそこにいたのか? ほどなく控室に戻ると、長年音信不通となっていた咲人の妹である花連(飯豊まりえ)が居た。久保(菊池風磨)が手を貸し再会出来るよう仕向けたのだった。再会出来たことで胸がいっぱいになる花連に対し、咲人は出て行け、と冷たく言い放つのだった。遥香(栗山千明)は、そんな咲人の態度に腹を立て思わず平手打ちをしてしまう。その後、遥香は研究センターから姿を消し、咲人の前からも居なくなってしまった。
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第7話 感想
今回は内容がたくさん詰まった1時間だった。特に “ロボ咲人” から “第3の新生咲人”へ変化する連ドラとして次なる章への重要な回であったように思います。今は亡き父・久人の幻を何度か目撃する咲人。その度に幼き頃の自分を唯一受け入れてくれた父を思い出す体験をフラッシュバックし、そして、その経験が咲人の脳を刺激したように思いました更に10数年ぶりに再開した妹・花連(飯豊まりえ)に対しても、「人間は自分に不利な記憶を都合良く忘れてしまうものだから」と冷たく言い放つ咲人。そう、今はもう人間ではないとでも言いたげに。遥香(栗山千明)は、そう言い放つ咲人に「咲人さんを悪く言うのは辞めて」と、自身の複雑な心境をぶつけるが、「私も咲人ですよ。」と交わす手術後のロボ咲人は少し目が泳いでいました。いよいよ “ロボ咲人” が変わる片鱗が見えた2人のやり取りでした。

第8話『最終章!儚い夢の終焉と最後の希望!』

動画サイト
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第8話 あらすじ
研究センターから解雇を言い渡された遥香(栗山千明)を追いかけるように咲人(山下智久)は蜂須賀(石丸幹二)の元から去って行った。出て行ったものの、ドリームフラワーサービスに戻る事も、竹部(萩原聖人)を頼ることも出来ず行き場のない咲人は、遥香のマンションを訪ねる。咲人は、「あなたをたくさん心配させてしまった。」と素直に気持ちを話し、対する遥香も自分の気持ちを素直に咲人に伝えるのだった。そして互いの心が通い合った二人だった。その頃、梨央(谷村美月)の病気には、蜂須賀が発見したALGの効果がない事が判明。ショックを受ける河口(中原丈雄)の元へ杉野(河相我聞)が梨央を救える可能性があると声をかけてくる。その方法とは、長い年月をかけて蜂須賀達の研究チームが開発したALGの最終的な効果の発揮方法を、たった2週間という年月で突き止めることが出来た咲人に梨央の治療法を見つけてもらうというものであった。
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第8話 感想
番組中盤で、咲人が母親の窓花(草刈民代)に会いに行くシーン。息子と母の緊張感漂うやり取りが素晴らしかったです。私としては遥香に連れられてでなく、咲人自身が自発的に訪問した方が、咲人の中の葛藤に自身で決着を着けたいと言う強い意志が表現できただろうし、「僕には家族がいない」と言う悲しみもより強く描けたと思うのですが、、。 とは言え、「お利口になったんですってね」と大きく手を広げて抱擁しようとする窓花の胸に飛び込むことが出来ず、「そう言うところはまだ子どもなのね」と追い打ちをかけられ、母の手を跳ね除けて去る時の咲人の何とも言えぬ複雑な表情はとても印象的。そして今週は “俳優・山下智久” の表情に身を詰まらせることになります。

第9話『終幕…対等のトモダチとの永遠の別れ』

動画サイト
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第9話 あらすじ
ある朝、檜山(工藤阿須加)は梨央(谷村美月)の病気の事で悩んでいた。ひょんなことから鹿内(勝矢)と喧嘩になってしまった。柳川は「檜山がむしゃくしゃするのもわかる・・・」と檜山を庇うが、興奮した鹿内は「ぶっ殺してやる!」と気持ちが収まらない。そんな騒動の中、竹部(荻原聖人)が現れ、「くだらない・・・、やるならやれ!」と二人をたきつけた。二人はそんな竹部の態度を見て、冷静さを取り戻す。その日の夜、竹部は食堂で休憩している従業員に自分の過去を静かに打ち明け始めた。
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第9話 感想
ここ数話で “俳優・山下智久” の成長や存在感に驚きと称賛をしたくなる場面が増えています。例えば花屋での喧嘩の場面の直後、咲人が咲ちゃん時代の自分の映像を見る場面です。咲人の咲ちゃんを見る目はどこか軽蔑するような冷たい視線だったが、精神的な成長と後退のバランスの変化で、冷静な中でも優しさや温かさや問いかけのようなものを感じました。そして、亡き父、久人からの言葉「お前には愛嬌があるじゃないか。あいきょでしょ」の回想が入り混じった場面もそうです。あの親しみを込めた愛嬌を咲人は取り戻せるのでしょうか。友達との関係も気になるところですが、喧嘩の場面と同様に何かが始まる予感を上手く漂わせたプロローグでした。

第10話『奇跡のラスト〜私から僕への遺言』

動画サイト
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第10話 あらすじ
「この知能は誰かを救うために使わなければ・・・私とアルジャーノンの存在は無意味になってしまう」と咲人(山下智久)と杉浦(河相我聞)、小久保(菊池風磨)達はチームを組み、梨央(谷村美月)を助ける事を決意した。柳川(窪田正孝)と檜山(工藤阿須加)も事態を知り、希望を持つことができた。ところが、遥香(栗山千明)は、咲人を一刻も早く助けたい一心で、蜂須賀(石丸幹二)に頼み込むが、蜂須賀の答えは、「咲人のいない研究チームでは困難だ」と手詰まり感が出ていた。そんな時、遥香は咲人の母・窓花(草刈民代)に咲人を説得して欲しいと依頼していた。咲人の母・窓花(草刈民代)が咲人を訪ねてくるが、はたして咲人をどのように説得するのか?
ドラマ「アルジャーノンに花束を」第10話 感想
竹部との関係修復はとてもストレートな表現で好感が持てました。竹部が発信する言葉は物語のターニングポイントとなり本当に心に響くし、毎回グッときます。今回も咲人が梨央(谷村美月)の治療に専念できるようそっと後ろから背中を押す優しさ。父親のような包容力。咲人も、そんな竹部を素直に受け入れていているのはとても素敵な関係に思えました。愛する遥香(栗山千明)の心には、今の「知の巨人」状態となっているお利口の頂点の自分だけを刻んで欲しいという咲人の切なる願い。遥香にとっては、どんな状態の咲人でも愛することが出来るはずだが、その事実を受け入れる“覚悟”がない。それを十分承知した上で、現実的に「別れ」を告げるのが咲人の最後のプライドだった。ここからエンディングに向かっていくことになる「脳と心のバランス」が崩れた男の愛の形が最終局を迎えます。そして、咲人と蜂須賀(石丸幹二)のたどり着いた結論は「誰もが愛に包まれた世界なら、世界は穏やかになる」だったホテルでのワンシーン。二人の天才がたどり着いた究極の愛の力の理論を信じて、帰りのタクシーの中で涙を見せる「もう1人の父」横須賀と神様に祈りを捧げる遥香の2シーンこそ、地位がった角度からではあるが咲人を愛する2人がしっかりと描かれていました。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「アルジャーノンに花束を」の動画は1話から最終回までフル視聴できるものがありません。

また、そのような違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、広告が多く、画質や音も悪いなどストレスがかかります。

TSUTAYA DISCASなら、安心して「アルジャーノンに花束を」のフル動画を、無料で楽しむことができるのでおすすめです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円も費用はかかりません。

 

ドラマ「アルジャーノンに花束を」のあらすじと見どころ

32歳になっても、幼児の知能しかない白鳥咲人の人生は、世間の差別や偏見、悪意に満ちていた。昼間は花屋で働き、夜は頭が痛くなるほど勉強の毎日。そんな日々の中で、突然彼に夢のような話が飛び込んできた。大学の偉い先生が、知能の回復の治療をしてくれるというのだ。願ってもないこの申し出に飛びついた白鳥咲人を待っていた連日の苛酷な検査。検査の比較対象は、アルジャーノンと呼ばれる白ネズミだった。アルジャーノンも脳外科手術を実験的に受けさせられ、知能が爆発的に上がった事に白鳥咲人は奇妙なしんきんかんを抱きはじめる。やがて、脳外科手術を受けた白鳥咲人に新しい世界が開かれた。しかし、新たな世界は何も知らなかった昔の世界より素晴らしいものとは決して言えないものだった。今や超知能をもつ天才に変貌した白鳥咲人にも解決しがたい様々な困難が待ち受けていた。友愛と性愛、愛情と悲しみと憎しみが交差し、科学では推し量れないヒューマニズム。人生とは何かを繊細な感性で描き出す感動の物語。

ドラマ「アルジャーノンに花束を」の出演者や主題歌

白鳥咲人:山下智久
望月遥香:栗山千明
柳川隆一:窪田正孝
檜山康介:工藤阿須加
鹿内大:勝矢
神田勇樹:前田公輝
波田光佑:斎藤嘉樹
小久保一茂:菊池風磨Sexy Zone
河口梨央:谷村美月
小出舞:大政絢
蜂須賀大吾:石丸幹二
白鳥花蓮:飯豊まりえ
小沼由美子:松本若菜

主題歌:ベット・ミドラー「ローズ」

放送月日:2015年

テレビ局:TBS

ドラマ「アルジャーノンに花束を」の見所や感想

40代女性
人が進化し、知識を蓄え技術を築いていく事は、人間の個々の幸せに結びつくのであろうか。競争する事は、人々の進化に貢献するが、他者と比べる事で幸せからかけ離れるようにも思いました。今一度、進化と幸福について深く考えるべきなのかと考えさせられました。本当に大切なものとは何なのか。花束を供えるよう求めるのだ。 人に与えられ、奪われたものに愛を与えるみたいでした。 そして、咲人変化の描写は見事だと思いました。周りの人々に対する認識の変化、自分の変化に対するとまどい、などとても鮮やか。最後の最後まで、周りのみんなに恋しい気持ち、優しい気持ちを持ちながらも、自分と同じ種類の存在として心にいたのはアルジャーノン、というところが少し切なかったです。もう一度見たい、そう思える内容でした。
30代女性
“このドラマは、2002年に菅野美穂とユースケ・サンタマリアが主演のドラマでした。
ユースケ・サンタマリアが演じるハルは、知的障害者でIQが幼稚園レベルの20代の青年で、脳を外科的に手術することで、科学者並みの能力になる様子が描かれたシーンが印象的でした。脳機能が向上する事によって、恋愛などの感情に芽生え、先生役の菅野美穂に恋をしたシーンが有りました。感情年齢と実年齢が一致しないことでこの感情は何なのかが理解できないもどかしさを如実に描かれています。また、ハルが脳機能向上による副作用の研究をしたとき、このプロジェクトは失敗だったことを数学的に示し、IQが日を追うごとに低下していくことを証明しました。また、このような経緯によって、普通の人の感情が理解出来、優しい人間になった後に、もとのハルよりIQが低いハルになってしまい、アルジャーノンも死亡し、かすかに記憶にあるハルは、花束を捧げました。”

関連動画

コードブルー
プロポーズ大作戦
ドラゴン桜
インハンド
野ブタをプロデュース

 

まとめ

ドラマ「アルジャーノンに花束を」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

障がいがあっても優しく明るい性格の主人公の咲人、「賢くなりたい」咲人の切実な思いに胸が痛くなります。

手術を受けた咲人自身、そして周りの人間関係がどのように変わっていくのかが本作の見どころです。

ドラマ「アルジャーノンに花束を」の動画は、TSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)のみで視聴が可能です。

ジャニーズは著作権が厳しいため、ネットでの動画配信サービスで視聴できる作品はほとんどないからです。

TSUTAYA DISCASなら、「アルジャーノンに花束を」以外も、たくさんのジャニーズ出演作品を視聴することができます!

30日間も無料期間がありますので、ぜひお得に、お楽しみいただければと思います♪

(画像引用:TSUTAYA DISCAS)

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

※無料期間内で解約すれば1円も費用はかかりません。