ジャニーズが出演しているテレビ番組やオンライン限定動画の視聴可能サイト、またお得に見れる方法をまとめました。

ドラマ|水曜日の情事の動画を無料で1話から最終回まで視聴する方法

「水曜日の情事」は2001年10月10日から12月19日に放送されていた元シブがき隊の本木雅弘さん主演ドラマです。

本木雅弘さん演じる敏腕編集者・佐倉詠一郎と、天海祐希さん演じる住宅リフォーム会社を経営する佐倉あいは、結婚3年目のおしどり夫婦だったが、15年間疎遠だった石田ひかりさん演じるあいの親友・天地操との再会によって、次第に夫婦生活が変化していく姿が描かれています。

この記事では、本木雅弘さん出演ドラマ「水曜日の情事」の動画を1話から最終回まで全話を無料視聴できる方法を調査しています。

いろんな動画配信サービスやサイトを10社以上比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ドラマ「水曜日の情事」の動画はどこで観れる?動画配信サービス一覧

どこの動画配信サービスならドラマ「水曜日の情事」が無料で視聴できるのか調査したものをまとめています。

「水曜日の情事」の動画配信サービス状況の一覧表

配信サービス名 配信状況 無料お試し期間 月額
(毎月配布無料ポイント)

TSUTAYA DISCAS
× 30日間無料 月額2,417円
(1,000円分)

Paravi
× 2週間無料 月額1,017円

U-next
× 31日間無料 月額1,990円
(600円分配布)

FOD
× 2週間無料 月額888円
(900円分配布)

Hulu
× 2週間無料 月額1,026円
(ポイントなし)

Music.jp
× 30日間無料 月額1,958円
(1,600円分)

Netflix
× 無料期間なし 月額800円
(ポイントなし)

dtv
× 31日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Telasa
× 30日間無料 月額562円
(550円分配布)
Amazon prime × 30日間無料 月額500円
(ポイントなし)

Video market
× 初月無料 月額550円
(ポイントなし)
クランクイン video × 初月無料 月額550円
(ポイントなし)

(2020年9月10日の時点の情報)

ご覧いただきました通り、残念ながら、ドラマ「水曜日の情事」が無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんでした。

ドラマ「水曜日の情事」の動画を無料視聴

ドラマ「水曜日の情事」を無料で視聴できる動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスはありませんと説明致しました。

ですが、動画視聴サイトに登録せずYouTubeなどで動画が落ちてたら1番嬉しいなぁ・・・と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、いくつか無料の違法サイトに「水曜日の情事」の動画がアップされているか調べてみました!

ドラマ「水曜日の情事」の動画は無料の違法サイトで見れる?

結論から言うと、下記に検索結果と共にまとめましたが、いくつか無料の違法サイトに「水曜日の情事」の動画がアップされているか調べてみましたが、アップされているのもありますが、画質や音が悪いので見づらくなっています。

違法サイトは、ウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかります。

ウィルス感染や動画の読み込みの遅延が気になる方は、動画配信サービスの扱いもないので、DVDを購入しての視聴になります。

ドラマ「水曜日の情事」のDVDをできるだけ安く購入したい方のために、主要なネット通販サイトの3社でどこが安いのか調査してみました。

ネット通販サイト 中古 新品
楽天 取扱なし 取扱なし
Amazon 取扱なし 取扱なし
Yahoo!ショッピング 取扱なし 取扱なし

主要なネット通販3社を調査しましたが、ドラマ「水曜日の情事」のDVDは発売されていませんでした。

ドラマ「水曜日の情事」の各話のあらすじと感想

「水曜日の情事」を既に視聴の方は、どんな内容だったのかを思い出す為に、まだ視聴されたことがない方は、「水曜日の情事」がどんなドラマなのかを把握する為に、各話のあらすじと感想もまとめてみました!

第1話『生涯妻を愛する男』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」第1話 あらすじ
大手出版社の文洋書店に勤務する佐倉詠一郎(本木雅弘)はやり手の文芸編集者。妻のあい(天海祐希)とは結婚して3年目、あいは大手住宅メーカーを辞めた後、こじんまりとしたリフォーム会社を営んでいた。詠一郎は新進気鋭のアクション作家、前園耕作(原田泰造)に、今までとは全く趣の違う恋愛小説を書かせ、新たな一面をみせて飛躍させようとしていた。ある日、15年もの間、ずっと音信不通だったあいの親友、天地操(石田ひかり)の夫が亡くなった知らせが入り、詠一郎と二人で葬儀に参列する。そこで詠一郎が見たものは、詠一郎をじっと見つめながら何かを口ずさんでいる操の姿で・・・。
ドラマ「水曜日の情事」第1話 感想
大手出版社に勤めるやり手の編集者・詠一郎と妻のあい。あいの親友・操と再会することで少しずつ、あいと詠一郎の関係も変わっていきます。夫の葬儀に喪服姿で詠一郎をじっと見つめ、奥村チヨの恋の奴隷を口ずさむ操の姿はかなり異様な光景ですが、どこか小悪魔的な雰囲気を醸し出している操に詠一郎が少し心を奪われた瞬間だったかも知れないなと感じます。なぜ、自分の夫の葬儀で操はそんな事をしたのか、なぜ親友だったあいと15年も音信不通だったのか、色々な謎がこれからどういう風に分かってくるのか楽しみです。

第2話『肉体の小悪魔』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」第2話 あらすじ
文壇が集まるバーで作家の耕作(原田泰造)に詠一郎(本木雅弘)は操(石田ひかり)について話している。操が自分に挑発的なのはなぜかと考えながらも、どこかそれを楽しんでいた。詠一郎には操とあいが親友でありながら15年も会わないことが疑問だったが、そのうち操は詠一郎の家からほど近い所に引っ越してくる。そして、耕作やあいがいる前で、ふとした瞬間に二人の目を盗んで詠一郎を誘うのだった。前から疑問だったあいと操の関係について、詠一郎は直接あいに確かめると、あいは過去に二人の間に起こったある事を話し始めた。翌朝、朝食がトーストだったことに、たまには和食が食べたいと口にする詠一郎。あいが仕事に行くのを見送った後、身支度を始めた詠一郎は、ふとした好奇心から操の家の前に行く。玄関先でどうしたものか迷っていると、その時、扉が開いて操が出迎える。テーブルには詠一郎が食べたがっていた和食がのっていて・・・。
ドラマ「水曜日の情事」第2話 感想
詠一郎はあいの親友・操に興味を持ちはじめます。操が喪服姿で自分に向かって口ずさんでいたのは何故か、耕作に話す詠一郎は操の行動の意味を想像するのも楽しんでいる気がしますね。作家にもっと違った作品を書かせて飛躍させたいと考えていた詠一郎は、そんな自分の操との実体験をネタにして、担当している耕作に恋愛小説を書かせようと考えます。逆に言えば、恋愛小説のために自分は操の誘いにのるのだと、自分に言い訳しているようにも見えますね。それにしても、あいや耕作がいるというのに詠一郎を誘惑しようとする操の行動はかなり大胆です。操のこうした行動は、あいと操の間に起こった過去の出来事が影響しているのでしょうか。あいがトーストの朝ごはんを作るのに対して、操は和食を用意する、二人の対称的な感じも、詠一郎の不倫を予感させます。

第3話『恐るべき妻の正体』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」第3話 あらすじ
操から来週の水曜日、待っていると言われた詠一郎。あいが仕事で軽井沢に行っている間、自分は夫の納骨で実家に行くということにして実は行かないからアリバイは完璧だと言うのだ。操の家を出た時、あいの弟・明洋(谷原章介)がハコ(金子さやか)をつれて詠一郎に声をかけてくる。心臓が止まりそうな程驚く詠一郎だったが、明洋から頼まれたのはあいとの仲直りの仲裁だった。出社後、担当している作家の溝口(田村亮)に電話を掛ける詠一郎だったが、日光に取材に出かけた溝口は留守だった。あいへ罪悪感を持ちつつ、操に誘われた水曜日を実現しようとあれこれ企む。その頃、操は詠一郎が、自分に本気なのか遊びなのか、その本心を探ろうと、作家の耕作(原田泰造)の元を訪ねていた。浮気を嗜める耕作に、操は、男女の問題ではなくて、女と女の問題なのだと言い放つ。週末、佐倉家を訪ねてきた明洋とハコ、愛は元々憎めないという明洋を許して料理を振る舞う。明洋を庭に連れ出した詠一郎は、あいと操の関係を尋ねるが・・。
ドラマ「水曜日の情事」第3話 感想
操はしっかりアリバイまで用意して用意周到に詠一郎の事を誘いますが、詠一郎もまんざらでもなさそうです。女性から誘われているのに断るなんて男がすたると詠一郎なら考えそうですね。どこかこの不倫に対して、ゲーム感覚を持っているのではないでしょうか。あいに対する罪悪感よりも好奇心の方が上回って、あいに見つからないように操との不倫を楽しんでいるという気がします。操が作家の耕作を訪ねて、詠一郎が自分に対して遊びなのか、本気なのか探るシーンで、操が耕作にいった「男女の問題ではなくて、女と女の問題」という言葉は操が何を目的に行動しているのか、その鍵になりそうです。

第4話『シチューに夫の・・・』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」第4話 あらすじ
操(石田ひかり)のベッドの中で目を覚ます詠一郎(本木雅弘)。操の家を出て、詠一郎がチェックした留守電には、耕作(原田泰造)からのメッセージが入っていた。溝口先生と仕事ということにしていた詠一郎だったが、テレビに出ている溝口先生を見た耕作が言い訳を考えるように助言したのだ。自宅のドアをあけた詠一郎は、目の前に湯上がりで髪を乾かしているあい(天海祐希)から、夫婦で朝帰りだねと声をかけられて、どんな顔をするべきか困っていた。いつものバーで耕作に助けられた詠一郎は頭をさげる。その帰り、操からの電話が鳴ると、又、操は詠一郎を誘うのだった。詠一郎は操のこと、昔のあいに関する話を色々きいていたことを思い出しながら、なんでこの女を自分の前に連れてきたのかという疑問を感じていた。操の家ではいつものように朝、玄関の呼び鈴がなった。いつもより少し早いと思いながら、戸を開けた操の目に映ったのはあいだった。
ドラマ「水曜日の情事」第4話 感想
操との不倫関係にはまっていく詠一郎。溝口先生と泊まりの仕事ということで操と会っていた詠一郎は、耕作から先生がテレビに出ていたと聞いて焦ったでしょうね。もしかしたらもっと前にあいには不倫を見抜かれていたかもしれませんが、あいの言動から知っていて何も言わなかったのかなとも思えます。操との関係を続ける詠一郎ですが、ふと、なぜあいは自分の前に操を連れてきたのか疑問を抱きますね。その鍵となるのはやはりあいと操の二人の過去なのかもしれません。

第5話『妻と愛人の記念日』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」第5話 あらすじ
詠一郎(本木雅弘)と操(石田ひかり)はデートの後ホテルで抱き合う。そして操は誕生日に一緒にいて欲しいと詠一郎にお願いする。一緒にいてくれないなら遺書に名前を書くと冗談とも本気とも取れない感じで話す操に、それが本気のようにも思えて身震いがする詠一郎。きっと操は詠一郎とあいが結婚記念日には二人で北京ダックを食べることを知っていて、自分にあいと操どちらを選ぶのかという、操の挑戦なのだと詠一郎は思った。詠一郎の帰りを寝ずに待っていたあいに、ホテルの石鹸の匂いをさとられまいと、慌てて風呂に飛び込む。なぜかご機嫌なあいに、二人は結婚記念日の北京ダックの話で盛り上がる。2つの予定を同じ日にこなすために必死に考える詠一郎。バーで助けが欲しいと頼み込まれた耕作は、あいを不憫と思いながらも、事の成り行きへの興味から詠一郎への協力を約束してしまい・・・。
ドラマ「水曜日の情事」第5話 感想
結婚記念日に妻をとるか、不倫相手を取るかという状況に迫られる詠一郎。両方取ろうとする所が詠一郎らしいですね。それにしても操の要求はどんどん大胆になっていきます。二人が結婚記念日に毎年決まって北京ダックを食べるという事を操は知っている上で、その日にあいと自分のどちらを選ぶのかという選択をぶつけてくる、対抗心が浮き彫りになってきて、詠一郎を試しているようです。2つのイベントをどちらもこなすために、耕作に力を借りる詠一郎。興味本位とはいえ、アリバイ作りに協力してしまう耕作もどうかと思いますが、ここからどうなっていくのか・・・。

第6話『愛人、壊れる』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」第6話 あらすじ
操(石田ひかり)と詠一郎(本木雅弘)はホテルで抱き合い、詠一郎が帰ろうとした時、帰らないでと甘える操。それを穏やかにかわしながら出ていこうとする詠一郎に、バッグから文化包丁を出した操は、これであいを殺してきてと放り投げる。包丁が床に突き刺さる様子を見てゾッとする詠一郎だったが、その包丁を持ち帰ると何事もなかったように、コーヒーを飲んでいた。あいから声をかけられふとテーブルの上をみると、生命保険のパンフレットが目に入る。なんでも操にもっと高額な保険にしたほうが良いと進められたのだという。包丁の事といい、詠一郎の頭の中は恐ろしさでいっぱいだった。あいは耕作(原田泰造)が結婚記念日の夜になくしたという原稿を見せて欲しいと、耕作のマンションを訪ねてくる。この日はまっすぐ家に帰った詠一郎は、あいを近くのバーに呼び出して、久しぶりに話がはずみ心が通じるのを感じるのだった。その頃、操は自分の店にいた。携帯を鳴らしても電話に出ない詠一郎に苛ついていたが、帰宅途中、あいと詠一郎が仲良く歩く姿を見てしまう。その翌日、操が訪ねたのは詠一郎の会社で・・・。
ドラマ「水曜日の情事」第6話 感想
詠一郎と関係が深まるほど、操の行動はどんどんエスカレートしていきます。文化包丁を差し出して、あいを殺してくるように詠一郎に言う場面は、操の独占欲を考えると、脅しだとしてもこわいですね。詠一郎が家に帰ると、操からもっと高額な生命保険に入ったほうがいいと言われたといって生保のパンフレットが家にあったというのも、詠一郎にしてみれば、包丁を渡されているので、あいを殺したら次は自分も…?と連想してしまい、本人は怖くなったでしょうが、自業自得という感じです。あいから夫を奪うような事をしているのに、あいと楽しそうに過ごす詠一郎に激しく嫉妬する操、そろそろ色々な事が限界を向かえてしまいそうです。

第7話『怖い女』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」第7話 あらすじ
シーンとなった部屋では皆があい(天海祐希)の反応を探っていた。詠一郎(本木雅弘)が操(石田ひかり)と「何度も寝た」と告白したからだ。耕作(原田泰造)や晶午(北村一輝)そして、操本人がいる場で、あいはそうなるように仕向けたのは自分かもしれないと切り出す。嘘を付かずに正直に話したということは浮気ではないとあいに言われた詠一郎。二人の関係は決定的となり、詠一郎に出ていくように言うあい。外に出たあいはそこにいた操と対峙する。翌日になって会社の近くのカフェで会った晶午に考え直すように言われたあいだったが、自分の償いの道具に詠一郎を利用してしまったという自分の思いを話すと、晶午に離婚の証人になって欲しいと頼む。あいの事でやり切れない思いの耕作は、いつものバーで志摩子(木村多江)や由香子(伊東美咲)が心配する中、飲みすぎて泥酔し、由香子と一緒に店を出る。由香子が住む家の前にタクシーがついた時、意外なことを口にする。
ドラマ「水曜日の情事」第7話 感想
あいはやはり詠一郎の浮気を知っていました。知っているうえで、浮気なら許せると思っていたけれど、詠一郎が正直に全て話したことで本気だと受け止めたのでしょう。こんな展開になってもどこか淡々としている操の悪女ぶりが際立ちますね。そんな話があった翌日、あいは「自分の償いの道具に詠一郎を利用してしまった」と晶午に打ち明けます。あいは15年前に操の彼を奪ってしまった罪悪感をずっと持っていて、再び出会った操に、今度は自分の大事な夫を奪われるかも知れないと不安があったのかも知れないですね。だから実際に二人が不倫関係になっても何も言わずに我慢していたとしたら辛いです。いよいよ離婚に向けて動き出してしまった二人。この後、二人はどうなっていくのでしょうか。

第8話『逆転不倫』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」第8話 あらすじ
文豪バーで耕作(原田泰造)から、操(石田ひかり)とうまく行かなかったらまたあいに戻ろうと思っていないかと念を押される詠一郎。あいと離婚届を出し、操と生活していた詠一郎だったが、玄関先で待っている愛人ではなくなった操が、かえって不安でいる様にみえた。詠一郎が出ていった家の壁をチェーンソーで切り崩し、改装を始めたあい。その様子にびっくりしながらも耕作はそれに手を貸す。あれから一年、隅田川を超えればすぐのあいのいる街だったが、詠一郎は足を踏み入れることはなかった。しかし、ある時、何かを見ても動じないつもりであいの家に行ってみる。改装された玄関先から中を伺うことはできず、逆戻りして駅へ向かおうとした時、ハコ(金子さやか)に呼び止められる。明洋(谷原章介)との間に子供が生まれ、2階に子供部屋を作ってくれて、住んでいると聞いた詠一郎は、4人で住んでいるのかとハコにきいた。するとハコは時々お姉さんのボーイフレンドがきて5人になると答え・・・。
ドラマ「水曜日の情事」第8話 感想
離婚したあいと詠一郎、そして詠一郎を自分のものにした操。詠一郎は、不倫だったからこそ、そのスリルを含めて操との関係を楽しんでいたところもあったのではないかと思います。詠一郎を奪った操にしても、今度はあいに取り返される不安があるのかもしれません。自業自得だとは思いますが・・・。一年が経ち、これまで足を踏み入れることのなかったあいの住んでいる街に久しぶりにあいの様子を見に行きます。心のどこかにまだあいへの未練があるのでしょうか。あいのボーイフレンドが時々来るというハコの言葉を聞いて、詠一郎はちょっと動揺しています。

第9話『追憶・・・会いたい・・・愛の告白』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」第9話 あらすじ
詠一郎(本木雅弘)はあい(天海祐希)とキスしてしまうが、詠一郎の様子を見た操は何かあったことを悟っていた。あいとの関係が影響したのか、企画会議での詠一郎は弁舌をふるっていた。その頃、前園優作(原田泰造)はあいの会社を訪ねていたが、風邪で会社を休んでいたあいの代わりに対応した晶午(北村一輝)に、あいへの思いをぶつけていた。一方、家にいたあいのもとには操が来ていた。風邪を引いたあいの為に、りんごをすってやる操。その時、急に「誠一郎に会ってない?」と鋭い質問をする操に、あいはキスのことは何もなかったように平静をよそおい、何もないと答えるのだった。そんな中、耕作のマンションの改装が終わり・・・。
ドラマ「水曜日の情事」第9話 感想
こういう時の操の勘はかなり鋭い気がしますが、あいから詠一郎を奪って以来、二人が戻ってしまうことを常に警戒していたのかもしれませんね。自分が二人の関係を壊したのであり、二人の関係が先に壊れていたわけではなかったのですから・・・。風邪を引いたあいにりんごを擦りながら、「昔もよくこうしていた」と振り返る操。りんごを引き合いにしてあいに過去を突きつけているようにも思えます。そして単刀直入に誠一郎に会っていないかと確認する操は、きっと二人が会っていることは知っていて、あいがどんな答えをするのかを確かめているのかなという怖さを感じます。何よりも、こんな関係なのによくあいの家にいけるなと思います。

第10話『最後の最後に・・・』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」第10話 あらすじ
詠一郎は頭の中であいのことばかり考えていた。もう一度やり直さないかとあい(天海祐希)に自分の思いをぶつけ、帰宅して操(石田ひかり)が話かけても頭に入らない。あいの方も、詠一郎からやり直そうと言われて、自分がまだ愛している事に気がついて、取り乱した心を晶午(北村一輝)に癒やしてもらいながら、やっと眠りについた。翌朝、操の見送りで出かけた詠一郎は、あいの家に向かっていた静まり返った家には誰もいないようだったが、中にあいがいるとわかった詠一郎は、自分の気持ちを語る。しかしやり直すことなど出来ないというあいの言葉に対して、諦めずに語り続ける詠一郎にあいは、確かにあなたを待っていたと、自分の本当の気持ちを打ち明ける。そして詠一郎は、初めてデートした場所で明日の夜待っている、もし来なかったらあきらめるとあいの気持ちに賭けた。その頃、操の店に仕事用のランプを買いに来ていた耕作(原田泰造)。あいを自分のものにしたい耕作と、詠一郎を失いたくない操の二人は利害が一致して・・・。
ドラマ「水曜日の情事」第10話 感想
あいとよりを戻したい詠一郎。あいにも詠一郎への思いがまだ残っていることがわかります。この3人の関係をみていると、不倫というよりも、相手に取られたら負けという詠一郎を取り合うゲームをしているように見えてしまいます。もしこれであいと詠一郎が復活しても、操はきっとまた詠一郎を取り返しに来るんだろうなという気がします。詠一郎があいの元に戻らないようにしたいと考える操と、あいを自分のものにしたい耕作。利害の一致している二人は手を組もうとしますね。果たしてあいと詠一郎はもとに戻るのか、それとも新たな展開があるのか、この後も目が離せません。

最終回『結婚式の悲恋』

動画サイト
ドラマ「水曜日の情事」最終回 あらすじ
詠一郎(本木雅弘)はあいの気持ちを再確認したと思ったその時、その場に突然現れた操(石田ひかり)。何事もなかったように自宅に連れ戻された詠一郎は、操が作った料理を食べる。まるでさっき見たことが何もなかったように、詠一郎に結婚式をあげようと言い出す操。あっけにとられる詠一郎をよそに式にはあいも呼ぶといって・・・。結婚式には耕作に、明洋夫婦、晶午、それに由香子に志摩子、そしてあいも参加する。あいは詠一郎に、あなたにとっては結婚式、私にとっては離婚式と行って明るく振る舞う。そんなあいの様子に気づいた操は、父親にかわってあいにバージンロードをエスコートして欲しいといわれてそれに従う。牧師から誓いの言葉を尋ねられた時、あいがそれを止める。そして、詠一郎なしで自分は幸せになると宣言し、あいは教会を後にする。そして再び牧師から誓いの言葉を尋ねられた操は、「いえ、誓いません」と答えると、操とあいは二人共バージンロードを去り、3人はバラバラになった。3年後、再び3人は会うことに・・・。
ドラマ「水曜日の情事」最終回 感想
詠一郎のことが好きだからあいから取り返すというよりも、あいには絶対に詠一郎を取られたくない、そんな感じに見えます。しかも、何事もなかったように詠一郎と結婚式をし、そこにあいを呼ぶという操。普通では考えられない展開が次々と続きますが、あいは二人の結婚式に参加します。操と詠一郎の結婚式をあいは自分の離婚式として、詠一郎との関係に区切りをつけ、その場を立ち去りますが、その場で操も詠一郎との結婚を放棄するという更に驚きの展開を向かえます。そして意外な形で3角関係は終りを向かえます。結局、操はあいのものを奪いたかっただけで、あいがいらないものは自分もいらないということなのでしょうか?この辺りの捉え方は色々あるかも知れません。自業自得といえばそれまでですが、二人の間で踊らされたようにも見える詠一郎。それぞれが別々の人生を進み、3年後に再会した時、3人はどんな言葉を交わすのでしょうか・・・。

ご覧頂きましたように、無料サイトに「水曜日の情事」の動画はアップされているものの画質や音が悪いのが現状です。

仮にあったとしても、そのような違法サイトはウイルスの危険性や偽の悪質なサイトへ飛ばされるリスク、動画内に広告が多いなどストレスがかかるリスクが生じますので、利用しないのが一番です。

ドラマ「水曜日の情事」のあらすじと見どころ

大手出版社に勤める佐倉詠一郎はやり手の文芸編集者で作家の前園耕作に何か新たな小説を書かせようとしていた。妻のあいとは結婚3年目を向かえ仲良く暮らしていたが、ある日、15年も疎遠だったあいの親友・操の夫の葬儀に、共に参加した詠一郎は、そこで操が詠一郎を見つめて何かを口ずさむ姿を目にする。喪服姿で自分に向かって歌を口ずさむその光景が頭から離れない詠一郎は、操からの誘惑にのっていく中で、自分の経験をネタ元に、不倫を題材にした小説を耕作に書かせることを思いつく。作家の前園は最初、そんな詠一郎を理解できずにいたが、小説を書くためのネタとして聞いているうちに、詠一郎、あい、操の3人の関係に自分も関わっていく。詠一郎が操と不倫関係にはまっていく様子を、知らないふりをしながら、すべて知ってたあい。あいに悪いと思いながらも、操との関係をどこか楽しみながら不倫を続ける詠一郎。あいから詠一郎を奪うことが目的とも思える操、操がそうする理由・・。様々な思いの中、3人が向かえる結末とは・・・。

ドラマ「水曜日の情事」の出演者や主題歌

佐倉詠一郎:本木雅弘(元シブがき隊)
佐倉あい:天海祐希
前園耕作:原田泰造(ネプチューン)
岡島明洋:谷原章介
浜崎由香子:伊東美咲
小暮志麻子:木村多江
沖野晶午:北村一輝
田畑ミチル:眞鍋かをり
都山ハコ:金子さやか
平松瑛子:蓼沼千晶
溝口美紀子:林真奈美
倉木景子:永松恵子
大森年宏:田山涼成
溝口興三郎:田村亮
天地操:石田ひかり

主題歌:久保田利伸「Candy Rain」

放送年:2001年

テレビ局:フジテレビ

ドラマ「水曜日の情事」の見所や感想

50代女性
一見、親友の夫を寝取ってしまう不倫ドラマのように見えますが、ドラマの根底には、あいと操の女同志の友情や過去が根強く影響している様に感じます。
詠一郎は操と出会ってから程なく、操に誘われて不倫関係になっていきますが、出版社の編集者をしている詠一郎は、自分のこの経験をもとに、作家の耕作に恋愛小説を書かせようと思いつきます。
自分があいを裏切る行動をしていることも、恋愛小説の為と自分の中で正当化しながら不倫を続けていく詠一郎。
飄々としていて、罪悪感を感じているのかいないのか、楽しんでいるようにさえ見えてしまいます。
一方で、操と詠一郎が不倫をしていることを分かっていながら、あいは気づかないふりをしています。
そこには15年前に操の彼氏を寝取ってしまったあいの操に対する罪悪感があったのかもしれず、操の遠回しな復讐にも見えます。
その根底があるからこそ、ハッキリその事を言わなくても、二人の間ではお互いの行動の意味がわかっていたのかも知れず、だからこそ、最後、あいが詠一郎に見切りをつけた時、操も同じ様に詠一郎から去ったのだろうと・・・。
そしてそんな二人の関係に、詠一郎は結局踊らせれてしまったのかもしれません。
バラバラになった3人が3年後に再会したとき、それぞれどんな人生を送っているか、色々な考え方、捉え方ができるドラマです。
50代女性
出版社で編集者をしている夫と会社を経営する妻。
誰もが羨やむ幸せな二人だったが、夫の不倫をきっかけに妻、そして妻の友人の女性との3角関係、そしてその周辺の人も巻き込んだ形でストーリーが展開していく。
きっかけは出版社に勤める夫が担当している作家に恋愛小説を書かせようとその材料を探すうち、目につけたのが自分の不倫の実体験を書かせるというもの。
突拍子もない発想だが、夫を演じる本木雅弘のキャラクター的にそれ程違和感を感じない流れでドラマは進んでいく。
夫は心のなかで、自分の不倫は小説の為になるという言い訳をしながら、妻にばれないよう女性との関係性をゲームのように楽しんでいる様子が細かく描かれている。
このドラマの見どころは夫、妻、親友の女性の思惑や心の描写、駆け引きなどを細かく丁寧に描いている点で、登場人物それぞれの立場から楽しめると思う。
ドラマの中に出てくる食器や料理など、細かいアイテムも効果的にストーリーと絡んでいるので注目してみると面白い。
又、ストーリーは一見、よくある不倫ドラマのようだが、少し違う趣がある。
女性が親友の夫と不倫関係になったのは、親友の夫を好きだったからではなく、親友にその様子を見せつけることが目的だったのかもしれない。
親友に対する強い独占欲のようなものがあり、夫を親友から引き離したいという思いからだったのではないかと結末まで見ていくと感じる。
妻は苦悩するものの最後は夫との別れを選び、結局最後は二人のどちらからも選ばれないで終わる夫という展開。
数年後、二人は互いに新たな家庭を築いて3人で久しぶりに会う事になるが、その先又何かが起こりそうな余韻を残した終わり方にも注目。

関連動画

抱きしめたい!
太平記
最高の片想い WHITE LOVE STORY
君と出逢ってから
徳川慶喜
ブラック・ジャックI
ブラック・ジャックII
ブラック・ジャックIII
今夜ひとりのベッドで
坂の上の雲
運命の人
麒麟がくる

まとめ

ドラマ「水曜日の情事」を無料で1話から最終回までの全話を視聴する方法をお伝えしてきました。

「水曜日が男性が最も不倫をする可能性が高い曜日だから」という理由で、水曜9時に放送された「不倫」という大人向けのテーマを取り扱った作品です。

ただ現状では、動画配信サービスやDVD宅配レンタルサービスがありませんので、動画配信サービスの開始、またはDVDの発売を待つしかなさそうです。